• 検索結果がありません。

センター試験への確率の応用

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "センター試験への確率の応用"

Copied!
1
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

2009年度 自主課題研究

センター試験への確率の応用

情報システム工学科 3 50番 松田泰明

1.

課題設定

C

言語の

rand

関数により乱数を得てセンター試験に解答し採点するプログラムを作成 し、ランダムで何点とれるか評価する。

2.

プログラム概要

配列により問題の選択肢数・解答番号・得点を設定し、

rand

関数で選択肢数分の乱数 を生成する。そして解答番号と一致したら得点を与えるようにし最後に合計得点を表示 させる。

上記を

1

回として

for

文でループさせ平均得点・最高得点・最低得点を求め表示させる。

各得点がどれだけの確率でとれるかを数え上げ、得点分布を作る。

3.

結果・評価

プログラムの実行結果より平均得点は

16

点、最低得点は

0

点、最高得点は

61

68

点 だった。

得点分布は下図

1

参照。

分布より

10

20

点台の低得点に集中していることがわかる。

60

点近くとれることもあるが非常に確率が非常に低く約

0.000067

%である。

よってランダム解答ではセンター試験で高得点をとるのは難しい。

参照

関連したドキュメント

いてもらう権利﹂に関するものである︒また︑多数意見は本件の争点を歪曲した︒というのは︑第一に︑多数意見は

この点について結果︵法益︶標準説は一致した見解を示している︒

図表の記載にあたっては、調査票の選択肢の文言を一部省略している場合がある。省略して いない選択肢は、241 ページからの「第 3

(注)本報告書に掲載している数値は端数を四捨五入しているため、表中の数値の合計が表に示されている合計

このように、このWの姿を捉えることを通して、「子どもが生き、自ら願いを形成し実現しよう

(注)本報告書に掲載している数値は端数を四捨五入しているため、表中の数値の合計が表に示されている合計

、肩 かた 深 ふかさ を掛け合わせて、ある定数で 割り、積石数を算出する近似計算法が 使われるようになりました。この定数は船

1地点当たり数箇所から採取した 試料を混合し、さらに、その試料か ら均等に分取している。(インクリメ