< F2D E95F E6338FCD2E6A7464>

56 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

第3章

加工食品の輸出入動向

利用者のために

加工食品の輸入動向

総論

加工食品の輸出動向

総論

輸入の部

畜産食料品

水産食料品

農産食料品

製穀粉加工品

糖類

菓子

飲料

調味料

加工油脂

10

その他の調製食料品

11

酒類

輸出の部

畜産食料品

水産食料品

農産食料品

製穀粉加工品

糖類

菓子

飲料

調味料

加工油脂

10

その他の調製食料品

11

酒類

(2)

利用者のために

本調査の目的

本調査は、財務省「貿易統計」から、加工食品に分類される製品についての月別輸入数量、輸

出数量指数及び輸入金額、輸出金額を収集し、品目別に集計した後、輸入数量指数、輸出数量指

数および輸入価格、輸出価格を算出することによって、加工食品の輸出入動向を明らかにするも

のである。

加工食品の対象範囲

本調査で対象とする加工食品は、貿易統計の調製食料品に分類されているもので、付加価値が

高く、保存性のあるもの(単に冷凍したもの、塩蔵したものは除く)及び飲料、酒類とし、具体的

には下記のように分類している(表3-1)。

表 3 - 1

加 工 食 品 の 関 税 分 類

1601 ~ 1603 - 00 - 010

1603 - 00 - 090 ~ 1605 - 90 - 299

2001 ~ 2008

製 穀 粉 加 工 品 部 門

1901 - 20 ~ 1904、1905 - 10 - 000、1905 - 20 - 000

1905 - 40 - 000、1905 - 90

1701 ~ 1703

1704、1806、1905

(ただし-10-000、-20-000、-40-000、-90-100 を除く)

2009、2201、2202、2101-11-210、2101-12-121、2101-20-110

調

2103、2209 - 00 - 000、2922 - 42 - 100

1517

そ の 他 調 製 食 品

1901 - 10、1901-20-111 ~ 117、20 - 211、219、1901 - 90 - 131

~ 229、

2101-11 ~ 20(ただし飲料部門を除く)

、2104 - 10、2106

2203 ~ 2208

(3)

輸入数量指数、輸出数量指数

輸入数量指数は、対象品目別に基準数量で比較月の輸入量を除し、品目指数を計算し、次にそ

れらの品目指数を部門別、さらに総合として品目ウェイトで加重平均して算出する。基準数量と

品目ウェイトはあらかじめ算定し、固定しておき、ラスパイレス式指数算式(加重相対法)を用

いて算出する。この指数算式は以下のように定義される。

ラスパイレス式(加重相対法)

q:輸入量、輸出量

w:輸入額ウエイト、輸出額ウエイト

i:採用品目を示す添字

0:基準時を示す添字

t:比較時を示す添字

輸入数量指数の基準年は平成 17 年とし、基準数量は対象品目ごとの 17 年月平均輸入数量

)とする。ウェイトは、平成 17 年における輸入金額を基準とする。輸出についても同様

である。

輸入価格、輸出価格

輸入価格及び輸出価格は、各品目ごとの輸入金額、輸出金額を輸入量、輸出量で除した値(そ

れぞれ CIF 価格、FOB 価格)である。

用語の解説

寄与度=各部門指数(当年指数-前年指数)×ウェイト

÷(総合指数(前年指数)×ウェイト)× 100.0

本報告書では上昇、低下、増加、減少の表現区分は次のようにしている。

前年並み

±1%未満

わずか

±1~3%未満

やや

±3~6%未満

かなりの程度

±6~11%未満

かなり大きく

±11~16%未満

大幅に

±16%以上

i

q

0

0

.

100

1 0 0 1 0 t

×

= = n i i i n i i ti

w

w

q

q

(4)

加工食品の輸出入動向

(1)加工食品の輸入動向

総論

平成 19 年における加工食品(総合)の輸入数量指数(平成 17 年= 100)は 104.0 で対前年

比 1.0 %とわずかに増加した。また、輸入額は約 1 兆 6,385 億円で対前年比 3.9 %とやや増加、

輸入価格は 110.1 で対前年比 6.1 %とかなりの程度上昇した。加工食品(酒類を除く)の輸入数

量指数は 104.2 で対前年比 1.2 %とわずかに増加した。また、輸入額は約 1 兆 3,997 億円で対前

年比 3.8 %とやや増加、輸入価格は 109.1 で対前年比 5.3 %とやや上昇した。

輸入数量指数を分野別にみると、糖類がかなり大きく増加し、飲料がかなりの程度増加し、畜

産加工品、農産加工品がやや増加し、菓子、その他の調製食料品がわずかに増加した。一方、製

穀粉加工品がかなり大きく減少し、水産加工品がやや減少した。加工油脂、調味料、酒類は前年

並みであった。

輸入額指数を分野別にみると、飲料、加工油脂がかなり大きく増加し、糖類、菓子がかなりの

程度増加し、畜産加工品、調味料、その他の調製食料品、酒類がやや増加し、農産加工品がわず

かに増加した。

一方、水産加工品がやや減少し、製穀粉加工品がわずかに減少した。

輸入価格について分野別にみると、糖類、飲料が大幅に増加し、菓子がかなり大きく増加し、

畜産加工品、調味料、酒類がかなりの程度増加し、水産加工品がわずかに増加した。一方、加工

油脂がかなり大きく減少し、製穀粉加工品、その他の調製食料品がかなりの程度減少した。また、

農産加工品は前年並みであった。

図3-1 加工食品の輸入数量指数の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 100.0 91.5 92.0 92.3 81.5 86.5 90.4 97.4 103.0 104.0 85.6 104.2 102.9 100.0 95.7 87.1 83.0 77.7 70.0 80.0 50 60 70 80 90 100 110 120 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19年 加工食品(総合) 加工食品(酒類除く) 平成17年=100

(5)

表3-2 加工食品の輸入数量指数の推移 ウェイト 寄与度 (17年) 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 19/18年 加工食品総合 10,000.0 90.4 97.4 100.0 103.0 104.0 ▲ 1.2 7.7 2.7 3.0 1.0 1.0 加工食品(除く酒類) 8,689.9 87.1 95.7 100.0 102.9 104.2 1.8 9.9 4.5 2.9 1.2 1.0 畜産加工品 1,944.6 78.5 83.9 100.0 104.1 107.4 4.0 6.8 19.2 4.1 3.2 0.3 水産加工品 1,903.1 94.3 108.3 100.0 106.7 101.9 ▲ 8.5 14.9 ▲ 7.7 6.7 ▲ 4.5 ▲ 1.1 農産加工品 1,431.1 91.7 101.6 100.0 100.4 104.5 3.8 10.7 ▲ 1.5 0.4 4.0 0.6   野菜部門 977.4 94.1 105.6 100.0 102.3 109.3 4.8 12.2 ▲ 5.3 2.3 6.8 0.7   果実部門 453.6 86.7 92.9 100.0 96.4 94.1 1.6 7.2 7.6 ▲ 3.6 ▲ 2.4 ▲ 0.1 製穀粉加工品 420.1 92.5 99.0 100.0 99.4 88.4 2.6 7.1 1.0 ▲ 0.6 ▲ 11.0 ▲ 0.4 糖類 367.3 103.2 100.7 100.0 95.5 106.7 ▲ 0.1 ▲ 2.5 ▲ 0.6 ▲ 4.5 11.7 0.4 菓子 567.5 93.8 99.2 100.0 103.9 106.0 9.5 5.7 0.8 3.9 2.0 0.1 飲料 823.2 77.3 87.7 100.0 106.2 113.5 8.5 13.4 14.0 6.2 6.9 0.6 調味料 213.6 85.8 92.2 100.0 105.0 104.5 5.8 7.5 8.5 5.0 ▲ 0.4 ▲ 0.0 加工油脂 16.1 76.3 80.6 100.0 104.2 104.5 ▲ 11.7 5.7 24.0 4.2 0.3 0.0 その他の 調製食料品 1,003.4 80.2 88.9 100.0 96.7 98.7 10.6 10.8 12.5 ▲ 3.3 2.0 0.2 酒類 1,310.1 112.5 108.3 100.0 103.2 103.1 ▲ 14.0 ▲ 3.7 ▲ 7.7 3.2 ▲ 0.1 ▲ 0.0  資料:財務省「貿易月表」より作成 輸入数量指数 (17年=100) 対前年増減率 (%)

図3-2 加工食品の輸入数量指数の対前年増減率、寄与度

対前年増減率

寄与度

加工食品総合

加工食品(除く酒類)

畜産加工品

水産加工品

農産加工品

  野菜部門

  果実部門

製穀粉加工品

糖類

菓子

飲料

調味料

加工油脂

その他の

調製食料品

酒類

1.0 1.2 3.2 -4.5 4.0 6.8 -2.4 -11.0 11.7 2.0 6.9 -0.4 0.3 2.0 -0.1 1.0 1.0 0.3 -1.1 0.6 0.7 -0.1 -0.4 0.4 0.1 0.6 0.0 0.0 0.2 0.0

(6)

図3-3 加工食品の輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 114.5 84.9 74.4 110.3 100.0 91.5 84.8 86.9 74.9 113.7 80.5 109.5 100.0 89.7 82.1 83.6 70.5 68.0 60 70 80 90 100 110 120 11 12 13 14 15 16 17 18 19年 17年=100 加工食品(酒類除く) 加工食品(総合)

表3-3 加工食品の輸入額の推移

ウェイト (17年) 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 加工食品総合 10,000.0 12,139 13,093 14,307 15,775 16,385 ▲ 2.5 7.9 9.3 10.3 3.9 加工食品(除く酒類) 8,689.9 10,102 11,044 12,313 13,489 13,997 ▲ 1.9 9.3 11.5 9.5 3.8 畜産加工品 1,944.6 1,383 1,526 2,050 2,291 2,381 0.2 10.3 34.3 11.8 4.0 水産加工品 1,903.1 2,522 2,938 2,896 3,119 3,011 ▲ 12.0 16.5 ▲ 1.4 7.7 ▲ 3.5 農産加工品 1,431.1 1,855 1,994 2,178 2,365 2,434 ▲ 1.4 7.5 9.2 8.6 2.9   野菜部門 977.4 1,238 1,368 1,487 1,620 1,676 ▲ 0.5 10.5 8.8 8.9 3.5   果実部門 453.6 616 627 690 745 758 ▲ 3.1 1.7 10.1 7.9 1.7 製穀粉加工品 420.1 576 610 639 672 662 3.6 5.9 4.8 5.0 ▲ 1.4 糖類 367.3 469 452 559 741 796 ▲ 0.6 ▲ 3.6 23.6 32.6 7.5 菓子 567.5 807 847 864 955 1,039 6.1 5.0 2.0 10.5 8.8 飲料 823.2 994 1,109 1,253 1,463 1,685 5.8 11.6 12.9 16.8 15.2 調味料 213.6 272 284 325 374 392 0.9 4.3 14.5 15.1 4.7 加工油脂 16.1 17 19 25 23 26 ▲ 10.5 9.5 29.3 ▲ 6.7 14.5 その他の 調製食料品 1,003.4 1,206 1,265 1,527 1,488 1,571 4.8 4.9 20.7 ▲ 2.6 5.6 酒類 1,310.1 2,037 2,049 1,993 2,286 2,388 ▲ 5.5 0.6 ▲ 2.7 14.7 4.5  資料:財務省「貿易月表」 輸入額 (億円) 対前年増減率 (%) 図3-4 加工食品の輸入価格の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 110.1 97.2 96.4 91.2 99.4 97.1 96.3 100.0 109.7 109.1 100.7 106.4 100.0 96.9 100.9 94.0 101.4 98.0 80 90 100 110 120 130 140 11 12 13 14 15 16 17 18 19年 17年=100 加工食品(酒類除く) 加工食品(総合)

(7)

加工食品の輸出動向 総論

平成 19 年における加工食品(総合)の輸出数量指数(平成 17 年= 100)は 104.2 で対前年

比 4.2 %とやや増加した。また、輸出額は約 1,657 億円で対前年比 9.0 %とかなりの程度増加、

輸出価格は 106.1 で対前年比 6.1 %とかなりの程度上昇した。また、加工食品(酒類を除く)の

輸出数量指数は 104.6 で対前年比 4.6 %とやや増加した。また、輸出額は約 1,518 億円で対前年

比 8.5 とかなりの程度増加、輸出価格は 105.3 で対前年比 5.3 %とやや上昇した。

輸出数量指数について分野別にみると、畜産加工品が大幅に増加し、製穀粉加工品がかなり大

きく増加し、農産加工品、糖類、飲料、調味料がかなりの程度増加し、菓子、その他の調製食料

品がやや増加した。一方、加工油脂がかなりの程度減少し、水産加工品がわずかに減少した。ま

た、酒類は前年並みであった。

輸出額について分野別にみると、畜産加工品が大幅に増加し、水産加工品、製穀粉加工品、飲

料、酒類がかなり大きく増加し、農産加工品、加工油脂がかなりの程度増加し、調味料、その他

の調製食料品がやや増加し、糖類、菓子がわずかに増加した。

輸入価格について分野別にみると、糖類、飲料が大幅に増加し、菓子がかなり大きく増加し、

畜産加工品、調味料、酒類がかなりの程度増加し、水産加工品がわずかに増加した。一方、加工

油脂がかなり大きく減少し、製穀粉加工品、その他の調製食料品がかなりの程度減少した。また、

農産加工品は前年並みであった。

図3-5 加工食品の輸出数量指数の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 121.0 96.5 94.3 88.4 85.9 92.2 100.0 104.2 122.6 104.6 100.0 97.7 95.0 91.2 84.1 84.4 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150 12 13 14 15 16 17 18 19年 加工食品(総合) 加工食品(酒類除く) 平成17年=100

(8)

図3-6 加工食品の輸出数量指数の対前年増減率、寄与度

対前年増減率

寄与度

加工食品総合

加工食品(除く酒類)

畜産加工品

水産加工品

農産加工品

  野菜部門

  果実部門

製穀粉加工品

糖類

菓子

飲料

調味料

加工油脂

その他の調製食料品

酒類

16.2 17.2 82.9 15.6 14.3 8.2 25.2 11.6 112.1 12.0 24.5 7.0 0.1 18.1 3.7 16.2 14.0 10.6 3.6 2.3 0.8 1.7 0.5 4.8 0.6 2.0 0.1 0.0 1.5 0.7 表3-4 加工食品の輸出数量指数の推移 ウェイト 寄与度 (17年) 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 19/18年 加工食品総合 10,000.0 94.3 96.5 100.0 104.2 121.0 2.2 2.4 3.6 4.2 16.2 16.2 加工食品(除く酒類) 9,198.2 95.0 97.7 100.0 104.6 122.6 4.1 2.9 2.3 4.6 17.2 14.0 畜産加工品 103.7 133.0 129.6 100.0 144.9 265.0 11.3 ▲ 2.5 ▲ 22.8 44.9 82.9 10.6 水産加工品 2,707.7 99.9 96.9 100.0 98.3 113.7 5.7 ▲ 3.0 3.2 ▲ 1.7 15.6 3.6 農産加工品 257.2 92.9 104.3 100.0 108.9 124.4 ▲ 3.3 12.3 ▲ 4.2 8.9 14.3 2.3   野菜部門 179.8 95.4 108.9 100.0 100.2 108.4 3.1 14.1 ▲ 8.2 0.2 8.2 0.8   果実部門 77.4 87.1 93.8 100.0 129.0 161.5 ▲ 16.4 7.7 6.6 29.0 25.2 1.7 製穀粉加工品 687.3 96.5 100.2 100.0 113.1 126.1 ▲ 3.7 3.8 ▲ 0.2 13.1 11.6 0.5 糖類 158.0 97.8 82.3 100.0 106.9 226.8 13.4 ▲ 15.9 21.5 6.9 112.1 4.8 菓子 1,012.9 88.7 89.7 100.0 104.8 117.4 ▲ 3.4 1.2 11.5 4.8 12.0 0.6 飲料 532.9 97.5 95.5 100.0 107.6 133.9 61.2 ▲ 2.1 4.7 7.6 24.5 2.0 調味料 1,561.4 93.1 100.1 100.0 106.1 113.5 ▲ 6.3 7.5 ▲ 0.1 6.1 7.0 0.1 加工油脂 17.2 97.3 105.2 100.0 91.3 91.4 34.0 8.1 ▲ 4.9 ▲ 8.7 0.1 0.0 その他の 調製食料品 2,160.0 90.2 99.3 100.0 105.4 124.5 7.1 10.1 0.7 5.4 18.1 1.5 酒類 801.8 86.1 82.3 100.0 99.3 103.0 ▲ 16.4 ▲ 4.4 21.5 ▲ 0.7 3.7 0.7  資料:財務省「貿易月表」より作成 輸出数量指数 (17年=100) 対前年増減率 (%)

(9)

図3-7 加工食品の輸出額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 84.9 81.2 91.8 100.0 115.6 74.9 75.6 70.5 80.5 81.8 92.2 100.0 116.0 75.4 60 70 80 90 100 110 120 13 14 15 16 17 18 19年 17年=100 加工食品(酒類除く) 加工食品(総合) 点線は、生産指数

表3-5 加工食品の輸出額の推移

ウェイト (17年) 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 加工食品総合 10,000.0 1,253 1,346 1,521 1,657 1,916 0.4 7.4 13.0 9.0 15.6 加工食品(除く酒類) 9,198.2 1,145 1,242 1,399 1,518 1,760 2.7 8.5 12.6 8.5 16.0 畜産加工品 103.7 15 17 16 20 30 18.5 9.8 ▲ 5.4 24.5 51.0 水産加工品 2,707.7 297 317 412 466 574 3.2 6.7 29.8 13.2 23.2 農産加工品 257.2 33 36 39 43 46 ▲ 0.9 9.5 8.4 9.5 6.4   野菜部門 179.8 24 25 27 29 30 0.0 6.8 8.3 4.6 5.9   果実部門 77.4 9 11 12 14 15 ▲ 3.2 16.5 8.8 21.0 7.4 製穀粉加工品 687.3 95 101 105 118 132 ▲ 2.1 5.9 3.4 12.8 12.0 糖類 158.0 21 19 24 24 27 28.9 ▲ 7.1 24.4 1.7 10.7 菓子 1,012.9 124 130 154 158 177 0.2 4.9 18.1 2.5 12.4 飲料 532.9 71 76 81 90 116 33.4 7.1 7.1 11.3 28.6 調味料 1,561.4 225 234 237 251 269 ▲ 7.1 3.6 1.6 5.7 7.2 加工油脂 17.2 3 3 3 3 3 21.0 ▲ 1.0 1.9 8.4 ▲ 1.8 その他の 調製食料品 2,160.0 260 309 328 345 387 6.1 19.0 6.2 5.0 12.0 酒類 801.8 108 104 122 139 156 ▲ 18.5 ▲ 4.3 17.5 14.2 11.9  資料:財務省「貿易月表」 輸出額 (億円) 対前年増減率 (%) 図3-8 加工食品の輸出価格の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 99.4 91.2 97.2 97.1 96.3 100.0 109.7 94.0 106.4 100.0 101.4 100.9 98.0 96.9 80 90 100 110 120 130 140 13 14 15 16 17 18 19年 17年=100 加工食品(酒類除く) 加工食品(総合)

(10)

輸入の部

畜産加工品

平成 19 年の畜産加工品の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、107.4 で、対前年比 3.2 %と

やや上昇した。また、平成 19 年の畜産加工品の輸入額は、2,381 億円で、対前年比 4.0 %とや

や増加した(図 3-9)。

品目別にみると、ビーフジャーキーが大幅に増加し、ソーセージがかなりの程度増加し、豚肉

調製品、れん乳類がやや増加し、ハム・ベーコンがわずかに増加した。一方、牛肉調製品が大幅

に減少した(表 3-6)。

ソーセージ、ハム・ベーコン、豚肉調製品等の豚肉関連製品は輸入増も牛肉は大幅減

平成 19 年のソーセージの輸入量は、対前年比 6.6 %とかなりの程度増加した。また、ハム・ベ

ーコンの輸入量は、対前年比 2.3 %とわずかに増加、豚肉調製品の輸入量は、対前年比 4.8 %と

やや増加した。国内における原料価格の高騰を背景に、業務用需要を中心に豚肉加工品の輸入量

が増加している。牛肉調製品は年間を通じて前年を下回っており、大幅減となった(表 3-4)。

乳製品ではプロセスチーズが減少も軒並み輸入増

平成 19 年のナチュラルチーズの輸入量は、対前年比 9.2 %とかなりの程度増加した。また、

プロセスチーズの輸入量は、対前年比▲ 5.5 %とやや減少した(表 3-4)。

平成 19 年のれん乳類の輸入量は、対前年比 3.9 %とやや増加した。粉乳類の輸入量は、対前

年比 23.3 %と大幅に増加、バターの輸入量は、対前年比 189.9 %と大幅に増加した(表 3-4)

脱脂粉乳、バターでは国際相場の高騰により、国産品と海外製品の価格差が逆転する現象もみら

れ、輸出量が大幅に伸びたが、その後、国内の品薄感から国内価格も高騰し、輸入量も大幅に増

加した。

図3-9 畜産加工品の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 107.4 100.0 83.9 78.5 75.5 71.9 70.0 67.3 49.3 61.5 67.5 74.4 100.0 104.0 116.2 20 40 60 80 100 120 140 平.12 13 14 15 16 17 18 19 輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(11)

図3-10 畜産加工品の輸入量と価格の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 れん乳類 その他畜産調製品 豚肉調製品 牛肉調製品 コンビーフ ハム・ベーコン ソーセージ ビーフジャーキー -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -50 -30 -10 10 30 50 輸入量 単 価 単位:%

表3-6 畜産加工品の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 ソーセージ 26.9 28.8 33.7 40.7 43.4 458 419 437 434 455 ハム・ベーコン 2.3 3.1 3.5 4.4 4.5 1,048 992 1,060 1,086 1,185 コンビーフ 1.0 1.1 1.3 1.1 1.2 384 395 454 536 567 ビーフジャーキー 0.4 0.4 0.4 0.6 0.8 2,577 2,066 2,116 2,060 2,212 牛肉調製品 13.6 14.7 21.8 17.0 11.0 314 437 497 486 515 豚肉調製品 82.9 107.6 132.6 156.4 163.9 284 318 324 331 345 その他畜産調製品 239.7 237.5 339.7 355.8 355.0 367 372 367 389 404 れん乳類 1.6 1.7 1.6 1.5 1.5 282 280 311 322 359 粉 乳 類 42.5 36.8 34.0 28.5 35.2 181 200 224 234 364 バ タ ー 13.2 6.6 5.5 3.9 11.4 205 260 318 335 432 プロセスチーズ 8.0 7.7 8.6 9.5 9.0 540 550 545 557 601 ナチュラルチーズ 185.7 211.0 203.1 197.9 216.1 334 338 376 398 432 アイスクリーム類 20.4 22.1 20.4 18.9 14.5 309 327 318 336 352 フローズン - 0.0 0.0 0.0 0.0 - 303 252 251 233 対前年増減率  (%) ソーセージ ▲ 3.9 7.2 16.9 20.8 6.6 ▲ 2.0 ▲ 8.6 4.2 ▲ 0.7 5.1 ハム・ベーコン ▲ 2.7 32.3 14.2 27.2 2.3 ▲ 1.2 ▲ 5.3 6.9 2.4 9.1 コンビーフ 16.8 11.6 15.6 ▲ 12.8 0.1 ▲ 8.0 2.8 15.0 17.9 5.8 ビーフジャーキー 12.1 ▲ 13.7 15.2 39.4 33.5 ▲ 5.5 ▲ 19.9 2.4 ▲ 2.6 7.4 牛肉調製品 77.2 8.3 48.1 ▲ 22.1 ▲ 35.1 0.7 39.3 13.8 ▲ 2.1 6.0 豚肉調製品 17.3 29.7 23.3 17.9 4.8 ▲ 1.6 12.0 1.9 2.4 4.1 その他畜産調製品 4.4 ▲ 0.9 43.0 4.8 ▲ 0.2 ▲ 8.0 1.5 ▲ 1.3 5.8 3.8 れん乳類 ▲ 13.8 3.3 ▲ 1.4 ▲ 9.7 3.9 6.5 ▲ 0.7 11.1 3.7 11.3 粉 乳 類 ▲ 3.8 ▲ 13.3 ▲ 7.7 ▲ 16.1 23.3 ▲ 1.3 10.1 12.1 4.7 55.1 バ タ ー 211.3 ▲ 50.1 ▲ 15.9 ▲ 29.0 189.9 24.4 27.2 22.3 5.1 29.2 プロセスチーズ 14.2 ▲ 3.2 11.5 10.9 ▲ 5.5 ▲ 0.9 1.8 ▲ 0.9 2.2 7.8 ナチュラルチーズ ▲ 5.5 13.6 ▲ 3.7 ▲ 2.6 9.2 ▲ 3.7 1.4 11.1 5.9 8.5 アイスクリーム類 ▲ 0.2 7.9 ▲ 7.5 ▲ 7.5 ▲ 23.2 ▲ 4.8 6.0 ▲ 2.7 5.6 4.5 フローズン - - ▲ 32.3 ▲ 63.6 313.9 - - ▲ 17.1 ▲ 0.2 ▲ 7.2  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(12)

水産加工品

平成 19 年の水産加工品の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、101.9 で、対前年比▲ 4.5 %

とやや低下した。また、平成 19 年の水産加工品の輸入額は、3011 億円で、対前年比▲ 3.5 %と

やや減少した(図 3-11)。

品目別にみると、かつお缶、かつお・まぐろ類調製品、かに缶が大幅に増加し、さけ調製品が

かなりの程度増加し、いか調製品がやや増加した。一方、いわし缶、魚卵調製品、あわび調製品

が大幅に減少し、にしん、かつお節がかなり大きく減少し、まぐろ缶、さば、かに調製品がかな

りの程度減少し、さけ缶、いわし調製品、かたくちいわし、えび調製品、その他水産調製品がや

や減少した(表 3-7)。

水産缶詰はかつお缶を除き軒並み減少

平成 19 年のさけ缶の輸入量は、対前年比▲ 4.3 %とやや減少した。また、かつお缶は対前年

比 59.4 %と大幅に増加、まぐろ缶は対前年比▲ 8.9 %とかなりの程度減少、いわし缶の輸入量

は、対前年比▲ 18.2 %と大幅に減少となった(表 3-5)。水産缶詰では中国、台湾等の東アジア、EU

諸国等で水産物需要が高まっていることから、原料価格が高騰しており、輸入量も減少している。

また、原油高による製造コスト、資材コスト、輸入コストの増加も輸入量減少の遠因とみられる

加工うなぎ等の魚介類の調製品は安全性の問題から中国産製品の輸入減で軒並み減少

平成 19 年の加工うなぎの輸入量は、対前年比▲ 0.2 %と前年並みであった。また、魚卵調製

品の輸入量は対前年比▲ 17.2 %と大幅に減少、えび調製品の輸入量は、対前年比▲ 3.5 %とや

や減少した(表 3-5)。加工うなぎは、部分的に輸入禁止措置が取られている影響で前年並みの

水準にとどまった。また魚卵調製品、えび調製品などでは、中国産製品の輸入量が減少したこと

により前年を下回った。

図3-11 水産加工品の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 101.9 106.7 100.0 108.3 94.3 103.0 99.8 97.1 93.3 94.2 87.1 101.4 100.0 107.7 104.0 94.2

70

80

90

100

110

120

130

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(13)

図3-12 水産加工品の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 加工うなぎ えび調製品 いわし缶 さけ缶 さけ調製品 にしん いわし調製品 かつお缶 まぐろ缶 かつお・まぐろ 類調製品 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -50 -30 -10 10 30 50 輸入量 単 価 単位:% 表3-7 水産加工の輸入量の推移 年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 さけ缶 0.3 0.6 0.7 1.3 1.3 874 504 522 493 617 さけ調製品 5.2 8.2 9.2 8.6 9.6 782 581 657 714 757 にしん 1.9 2.7 2.8 3.2 2.7 366 315 337 372 384 いわし缶 0.3 0.4 0.9 0.6 0.5 897 687 518 622 547 いわし調製品 2.1 2.3 2.3 2.7 2.5 302 319 320 345 361 かつお缶 3.0 4.2 4.3 4.9 7.8 428 391 414 440 479 まぐろ缶 23.9 29.5 29.5 28.6 26.0 407 364 410 434 481 かつお・まぐろ類調製品 7.9 8.9 9.8 7.3 8.7 424 378 401 436 502 かつお節 4.7 5.0 5.7 7.1 6.0 431 423 441 449 518 さば 6.1 9.4 10.0 10.5 9.7 524 467 529 579 592 かたくちいわし 3.8 5.5 3.3 1.9 1.8 945 897 971 982 1,116 加工うなぎ 42.3 48.8 32.4 35.5 35.4 974 1,347 1,542 1,555 1,445 魚卵調製品 13.6 15.3 13.4 17.1 14.2 1,744 1,663 1,754 1,681 1,628 かに缶 0.2 0.4 0.3 0.2 0.3 877 863 727 933 1,615 かに調製品 15.0 14.9 16.2 16.1 14.5 1,635 1,712 1,639 1,458 1,608 えび調製品 48.1 57.8 60.2 69.4 66.9 1,003 902 870 895 897 いか調製品 31.3 42.2 44.1 47.4 49.8 500 425 471 458 423 あわび調製品 0.5 0.4 0.5 0.4 0.3 5,514 5,470 5,770 6,239 6,699 その他水産調製品 126.8 160.0 157.9 159.2 150.4 527 441 482 501 521 対前年増減率  (%) さけ缶 ▲ 26.5 96.6 9.5 103.5 ▲ 4.3 7.8 ▲ 42.4 3.6 ▲ 5.6 25.3 さけ調製品 ▲ 1.9 56.5 12.4 ▲ 6.1 10.8 16.9 ▲ 25.6 13.0 8.8 5.9 にしん ▲ 11.0 39.6 4.5 14.1 ▲ 15.7 21.4 ▲ 13.8 7.0 10.2 3.2 いわし缶 0.9 22.9 128.4 ▲ 34.4 ▲ 18.2 11.5 ▲ 23.4 ▲ 24.5 20.0 ▲ 12.0 いわし調製品 7.8 8.4 2.4 14.3 ▲ 5.6 1.9 5.6 0.3 7.8 4.8 かつお缶 37.6 40.5 3.2 12.4 59.4 ▲ 2.8 ▲ 8.5 5.9 6.1 8.8 まぐろ缶 ▲ 5.8 23.5 ▲ 0.1 ▲ 3.0 ▲ 8.9 8.9 ▲ 10.5 12.6 5.8 10.8 かつお・まぐろ類調製品 ▲ 13.8 13.3 10.0 ▲ 25.3 18.7 6.4 ▲ 11.0 6.1 8.9 15.0 かつお節 5.7 5.2 14.7 24.4 ▲ 16.0 ▲ 4.2 ▲ 1.9 4.3 1.8 15.3 さば 13.9 53.9 5.9 5.3 ▲ 7.5 ▲ 5.4 ▲ 10.9 13.4 9.3 2.2 かたくちいわし ▲ 55.4 42.9 ▲ 40.3 ▲ 42.8 ▲ 5.0 ▲ 22.4 ▲ 5.1 8.2 1.2 13.6 加工うなぎ ▲ 29.2 15.2 ▲ 33.5 9.5 ▲ 0.2 ▲ 6.9 38.2 14.5 0.8 ▲ 7.1 魚卵調製品 ▲ 8.3 12.3 ▲ 12.0 27.7 ▲ 17.2 ▲ 11.8 ▲ 4.6 5.5 ▲ 4.2 ▲ 3.2 かに缶 269.4 64.1 ▲ 33.2 ▲ 15.8 39.9 ▲ 34.3 ▲ 1.6 ▲ 15.7 28.3 73.0 かに調製品 8.5 ▲ 0.9 8.9 ▲ 0.5 ▲ 10.0 6.7 4.7 ▲ 4.3 ▲ 11.1 10.3 えび調製品 13.2 20.2 4.2 15.2 ▲ 3.5 ▲ 10.3 ▲ 10.0 ▲ 3.6 2.9 0.2 いか調製品 ▲ 11.3 34.7 4.5 7.5 5.2 6.5 ▲ 15.0 10.9 ▲ 2.7 ▲ 7.8 あわび調製品 ▲ 2.1 ▲ 15.8 21.4 ▲ 14.6 ▲ 29.5 5.0 ▲ 0.8 5.5 8.1 7.4 その他水産調製品 ▲ 9.8 26.2 ▲ 1.3 0.8 ▲ 5.6 2.8 ▲ 16.2 9.2 4.0 4.0  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(14)

農産加工品

野菜部門

平成 19 年の野菜部門の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、109.3 で、対前年比 6.8 %とか

なりの程度上昇した。また、平成 19 年の野菜部門の輸入額は、1,676 億円で、対前年比 3.5 %

とやや増加した(図 3-13)。

品目別にみると、豆缶が大幅に増加し、トマトピューレ・ペースト、ばれいしょがわずかに増

加した。一方、アスパラガスが大幅に減少し、梅調製品がかなり大きく減少し、ピクルス類、ス

イートコーン、その他の野菜調製品がかなりの程度減少し、調製きのこ計、きのこ缶、きのこ他

調製品、たけのこがやや減少し、ヤングコーンコブ、豆類他調製品がわずかに減少した(表 3-8)。

トマト関連製品は前年並みからわずかに増加

平成 19 年の調整トマトの輸入量は、対前年比 0.9 %と前年並みであった。また、トマトピュ

ーレ・ペーストの輸入量は、対前年比 1.5 %とわずかに増加した(表 3-8)

トマトピューレ・

ペーストではトマトソースの需要が堅調であったものの、中国でのトマト原料の減産からペース

トの価格が高騰し、結果的にわずかな増加にとどまった。

ばれいしょは対前年比2.4%とわずかに増加、スイートコーンは減少

平成 19 年のばれいしょの輸入量は、対前年比 2.4 %とわずかに増加、スイートコーンは対前

年比▲ 6.3 %とかなりの程度減少した(表 3-8)

ここ数年伸び続けていたばれいしょはわずか

な増加となったものの、穀物価格の上昇に伴い、輸入量の伸びが鈍化している。また、スイート

コーンも穀物価格の上昇に伴い、輸入量が減少した。

図3-13 野菜部門の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 109.3 102.3 100.0 105.6 94.1 89.7 88.6 81.9 75.4 85.8 83.3 92.0 100.0 108.9 112.7

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(15)

図3-14 農産加工品・野菜部門の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 -15 -10 -5 0 5 10 15 -10 -5 0 5 10 輸入量 単 価 スイートコーン トマトピューレ・ペースト 調製きのこ たけのこ アスパラガス 豆類 その他の野菜調製品 ピクルス類 調整トマト 単位:% ばれいしょ 表3-8 農産加工品・野菜部門の輸入量の推移 年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 ピクルス類 31.6 38.1 36.7 38.8 36.4 165 155 171 165 163 梅調製品 4.8 8.2 9.6 10.3 9.0 272 249 314 352 443 調整トマト 71.5 91.2 95.6 92.1 92.9 110 104 105 104 114 トマトピューレ・ペースト 81.7 99.6 110.9 109.6 111.3 98 85 84 90 101 調製きのこ計 29.6 34.3 34.0 34.6 32.8 240 215 215 236 263 きのこ缶 19.4 19.0 18.3 18.3 17.3 184 186 182 207 234 きのこ他調製品 13.3 15.2 15.6 16.4 15.5 267 252 254 268 294 ばれいしょ 236.8 265.3 277.9 298.2 305.4 109 105 107 114 121 スイートコーン 53.1 51.9 51.7 52.5 49.1 148 139 150 163 166 ヤングコーンコブ 3.5 4.1 3.7 3.5 3.4 130 115 124 132 152 たけのこ 113.5 120.8 112.4 115.4 108.8 107 112 115 122 135 アスパラガス 4.9 4.7 4.4 3.0 1.9 176 168 179 234 382 豆類計 84.0 88.7 94.8 95.4 94.8 87 86 90 95 96 豆缶 0.2 0.1 0.1 0.1 0.7 160 164 188 244 158 豆類他調製品 75.5 88.6 94.8 95.4 94.1 97 85 90 95 96 その他の野菜調製品 183.9 249.6 273.8 277.5 259.4 217 184 192 207 220 対前年増減率  (%) ピクルス類 ▲ 1.9 20.6 ▲ 3.7 5.8 ▲ 6.1 10.9 ▲ 6.3 10.5 ▲ 3.4 ▲ 1.3 梅調製品 ▲ 13.9 71.3 17.6 7.3 ▲ 13.1 ▲ 4.4 ▲ 8.7 26.4 12.1 25.6 調整トマト ▲ 14.1 27.6 4.8 ▲ 3.7 0.9 25.7 ▲ 5.8 1.1 ▲ 1.1 9.9 トマトピューレ・ペースト ▲ 5.4 22.0 11.3 ▲ 1.2 1.5 4.5 ▲ 13.5 ▲ 0.9 7.7 11.4 調製きのこ計 ▲ 8.5 15.9 ▲ 0.8 1.9 ▲ 5.3 ▲ 1.4 ▲ 10.3 ▲ 0.2 9.8 11.2 きのこ缶 2.5 ▲ 1.8 ▲ 3.6 ▲ 0.4 ▲ 5.4 ▲ 9.9 1.2 ▲ 2.3 14.2 12.9 きのこ他調製品 ▲ 1.0 14.6 2.8 4.7 ▲ 5.3 ▲ 11.0 ▲ 5.5 0.8 5.5 9.8 ばれいしょ ▲ 10.0 12.0 4.7 7.3 2.4 ▲ 3.6 ▲ 3.6 1.8 6.9 6.2 スイートコーン 3.5 ▲ 2.2 ▲ 0.4 1.4 ▲ 6.3 ▲ 10.6 ▲ 6.1 7.7 8.7 1.9 ヤングコーンコブ ▲ 9.1 16.4 ▲ 11.2 ▲ 3.7 ▲ 2.5 ▲ 7.9 ▲ 11.5 7.6 6.4 15.0 たけのこ 3.2 6.4 ▲ 6.9 2.7 ▲ 5.7 ▲ 10.1 5.4 2.5 6.0 10.7 アスパラガス ▲ 8.0 ▲ 3.5 ▲ 8.1 ▲ 31.9 ▲ 35.9 ▲ 7.8 ▲ 4.4 6.6 30.2 63.6 豆類計 0.7 5.6 6.9 0.6 ▲ 0.7 ▲ 7.5 ▲ 2.1 5.6 5.8 0.5 豆缶 ▲ 3.1 ▲ 37.1 ▲ 20.8 ▲ 31.4 1078.5 4.6 2.5 14.5 29.6 ▲ 35.1 豆類他調製品 ▲ 9.3 17.3 6.9 0.6 ▲ 1.3 2.7 ▲ 11.7 5.6 5.8 0.1 その他の野菜調製品 1.9 35.7 9.7 1.4 ▲ 6.5 14.8 ▲ 15.0 4.1 7.6 6.4  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(16)

果実部門

平成 19 年の果実部門の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、94.1 で、対前年比▲ 2.4 %とわ

ずかに低下した。また、平成 19 年の果実部門の輸入額は、758 億円で、対前年比 1.7 %とわず

かに増加した(図 3-15)。

品目別にみると、果実・ナットのピューレ・ペーストが大幅に増加し、パイナップル調製品、

なし缶がかなり大きく増加し、ストロベリーがやや増加した。一方、いった落花生、なし調製品、

さくらんぼが大幅に減少し、ジャム・ゼリー、ナット調製品がかなり大きく減少し、パイナップ

ル缶、ミックスドフルーツがかなりの程度減少し、ピーナツバター、落花生調製品、かんきつ類、

あんず、桃缶、桃調製品がやや減少した(表 3-9)。

落花生関連製品、ナット調製品は中国製品の輸入禁止措置により減少

平成 19 年の落花生調製品の輸入量は、対前年比▲ 4.8 %とやや減少した。また、いった落花

生は、対前年比▲ 43.5 %と大幅に減少し、ナット調製品は、対前年比▲ 11.1 %とかなり大きく

減少した(表 3-9)

中国産落花生で国内の基準を超える残留農薬が確認されたことから

中国

側が輸出を自主的に停止する措置が取られた影響により、いった落花生等で前年を下回った。

パイナップル缶の輸入量は、対前年比▲12.2%とわずかに減少、中国からの輸入が激減

平成 19 年のパイナップル缶の輸入量は、対前年比▲ 6.7 %とかなりの程度減少した。また、

なし缶は対前年比 15.1 %とかなり大きく増加、桃缶は対前年比▲ 3.3 %とやや減少した(表 3-9)

果実缶ではカップ・袋詰め商品に押され、国内の需要が低迷していること、市販用では中国産製

品が敬遠されている等の影響から、なし缶を除く果実缶詰で前年を下回った。

図3-15 果実部門の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 77.8 78.2 85.3 86.7 92.9 100.0 96.4 94.1 86.1 109.8 107.9 100.0 90.8 89.3 86.1 78.1

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(17)

図3-16 農産加工品・果実部門の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 ミックスド フルーツ その他の 果実調製品 桃缶 かんきつ類 落花生調製品 いった落花生 ナット調製品 パイナップル缶 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -20 -10 0 10 20 輸入量 単 価 単位:% 表3-9 農産加工品・果実部門の輸入量の推移 年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 ジャム・ゼリー 10.6 13.5 15.7 15.7 13.6 341 286 292 314 345 3.7 3.2 3.3 5.2 8.8 386 356 292 216 180 ピーナツバター 3.8 5.1 4.6 5.3 5.0 223 189 188 208 226 落花生調製品 35.0 38.5 39.7 43.6 41.5 150 138 133 139 159 いった落花生 17.7 18.2 15.6 15.6 8.8 147 127 130 136 155 ナット調製品 23.6 26.8 31.4 34.1 30.3 392 363 360 371 383 パイナップル缶 47.1 51.6 50.9 44.7 41.7 94 88 90 94 104 パイナップル調製品 0.6 0.7 0.6 0.4 0.5 114 122 159 194 232 かんきつ類 72.0 74.4 76.1 72.1 68.9 95 87 98 111 112 なし缶 6.9 7.7 7.4 7.4 8.5 117 114 115 124 127 なし調製品 0.2 0.2 0.5 0.2 0.2 187 212 181 274 311 あんず 2.5 2.4 2.7 2.6 2.5 151 149 152 160 167 さくらんぼ 6.0 5.7 5.8 5.9 4.8 229 219 217 254 247 桃缶 50.8 55.4 56.9 53.1 51.3 120 109 111 118 124 桃調製品 5.5 4.8 6.7 7.1 6.8 69 69 61 84 78 ストロベリー 1.1 1.7 2.0 2.4 2.6 394 341 333 348 369 ミックスドフルーツ 13.1 16.6 17.7 17.4 15.8 136 122 122 129 138 その他の果実調製品 98.6 122.7 138.4 125.9 126.1 162 137 142 170 188 対前年増減率  (%) ジャム・ゼリー 9.9 27.3 16.2 ▲ 0.1 ▲ 13.4 8.8 ▲ 16.3 2.3 7.4 10.0 ▲ 9.4 ▲ 13.9 4.7 55.4 70.1 25.6 ▲ 7.7 ▲ 18.1 ▲ 26.0 ▲ 16.6 ピーナツバター ▲ 22.3 33.6 ▲ 9.9 15.4 ▲ 5.3 12.3 ▲ 15.3 ▲ 0.6 10.9 8.7 落花生調製品 ▲ 4.4 10.0 3.2 9.9 ▲ 4.8 6.6 ▲ 8.0 ▲ 3.5 4.3 15.0 いった落花生 ▲ 21.8 2.7 ▲ 14.3 ▲ 0.1 ▲ 43.5 19.2 ▲ 14.2 2.4 5.3 13.3 ナット調製品 3.5 13.7 16.9 8.7 ▲ 11.1 ▲ 8.3 ▲ 7.5 ▲ 0.7 3.0 3.2 パイナップル缶 ▲ 6.8 9.7 ▲ 1.3 ▲ 12.2 ▲ 6.7 ▲ 3.3 ▲ 6.9 2.2 4.6 10.9 パイナップル調製品 23.5 18.7 ▲ 18.5 ▲ 27.0 14.0 ▲ 8.2 6.9 30.3 21.9 19.5 かんきつ類 8.4 3.4 2.4 ▲ 5.3 ▲ 4.5 ▲ 2.4 ▲ 8.1 12.1 13.1 1.3 なし缶 ▲ 1.7 10.8 ▲ 3.1 ▲ 0.5 15.1 ▲ 4.3 ▲ 2.2 0.4 8.2 2.1 なし調製品 ▲ 32.5 11.1 124.1 ▲ 53.1 ▲ 22.8 30.5 13.5 ▲ 14.5 51.1 13.4 あんず 9.1 ▲ 3.9 14.7 ▲ 3.8 ▲ 4.1 ▲ 3.8 ▲ 1.8 2.4 5.0 4.9 さくらんぼ ▲ 10.3 ▲ 6.3 2.9 0.9 ▲ 18.4 ▲ 2.8 ▲ 4.4 ▲ 0.9 16.8 ▲ 2.4 桃缶 ▲ 10.5 9.0 2.8 ▲ 6.8 ▲ 3.3 3.3 ▲ 9.4 1.5 6.1 5.7 桃調製品 ▲ 24.7 ▲ 12.5 38.5 6.4 ▲ 4.0 4.2 0.2 ▲ 12.1 37.6 ▲ 6.4 ストロベリー ▲ 27.2 56.5 19.6 23.2 5.6 16.8 ▲ 13.5 ▲ 2.3 4.3 6.3 ミックスドフルーツ ▲ 15.7 26.9 6.8 ▲ 1.9 ▲ 8.9 5.5 ▲ 10.5 0.2 5.7 6.9 その他の果実調製品 ▲ 6.7 24.5 12.7 ▲ 9.0 0.2 2.4 ▲ 15.6 4.2 19.4 10.7  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg) 果実・ナットの ピューレ・ペースト 果実・ナットのピューレ・ ペースト

(18)

製穀粉加工品

平成 19 年の製穀粉加工品の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、88.4 で、対前年比▲ 11.0

%とかなりの程度低下した。また、平成 19 年の製穀粉加工品の輸入額は、662 億円で、対前年

比▲ 1.4 %とわずかに減少した。(図 3-17)。

品目別にみると、穀粉調製品、ピザが大幅に増加し、その他の穀物加工品がかなり大きく増加

し、ケーキミックス、朝食用シリアルがかなりの程度増加し、うどん・そうめん・そばがやや増

加した。一方、米粉調製品、他製穀粉調製品、ビーフン、その他のパスタ、食パン・乾パン類が

大幅に減少し、小麦粉調製品、詰物パスタがかなり大きく減少し、もち・団子がかなりの程度減

少し、パスタがやや減少し、加熱調理した穀物調製品がわずかに減少した(表 3-10)。

製穀粉加工品では、小麦をはじめとした穀物相場の高騰により、一部品目を除いて、輸入量は

伸び悩んだ。

小麦粉調製品、米粉調製品、他製穀粉調製品は軒並み減少

平成 19 年の小麦粉調製品の輸入量は、対前年比▲ 15.5 %とかなり大きく減少した。また、

米粉調製品は対前年比▲ 16.3 %と大幅に減少、他製穀粉調製品は対前年比▲ 32.4 %と大幅に減

少した(表 3-10)。長引く石油価格の高騰、高止まりを背景にバイオ燃料の需要が高まっており、

燃料作物と競合する穀物の供給量が減っていることから穀物価格が高騰している。各粉調製品に

ついても輸入価格の高騰により、軒並み前年割れとなった。

パスタ類は軒並み減少

平成 19 年のパスタの輸入量は、対前年比▲ 4.9 %とやや減少した。詰物パスタは対前年比▲

13.5 %とかなり大きく減少、その他のパスタは対前年比▲ 18.2 %と大幅に減少した(表 3-10)

図3-17 製穀粉加工品の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 88.4 99.4 100.0 99.0 92.5 90.1 86.5 77.9 71.5 85.2 90.1 95.4 100.0 105.0 103.5 85.2

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(19)

図3-18 製穀粉加工品の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年) .  資料:財務省「貿易月表」 パスタ ケーキミックス 小麦粉調製品 穀粉調製品 米粉調製品 その他のめん類 その他の 穀物加工品 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 食パン ・乾パン類 詰物パスタ 単位:% 表3-10 製穀粉加工品の輸入量の推移 年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 穀粉調製品 0.1 0.3 0.3 0.3 0.4 236 279 231 306 306 米菓生地 0 0 0 0 0 - - - - - もち・団子 2.5 3.4 3.5 3.8 3.4 335 267 282 300 300 米粉調製品 111.8 122.5 120.6 107.8 90.2 75 73 77 87 97 小麦粉調製品 132.6 135.2 139.8 138.5 117.0 103 104 111 119 141 他製穀粉調製品 4.8 7.9 8.4 10.4 7.1 247 149 135 135 202 ケーキミックス 8.9 8.4 9.5 5.9 6.4 82 81 87 96 113 パスタ 107.8 111.5 109.6 109.8 104.4 112 113 115 119 133 ビーフン 6.0 6.2 7.5 7.2 5.6 177 177 206 217 232 うどん・そうめん・そば 2.2 1.5 1.8 1.7 1.8 246 259 240 258 240 その他のめん類 15.9 20.2 21.9 23.0 23.0 294 304 319 320 330 詰物パスタ 21.0 25.8 24.3 25.1 21.7 382 323 327 329 338 その他のパスタ 4.1 5.8 6.2 6.5 5.3 340 303 311 321 343 朝食用シリアル 2.7 3.5 3.2 3.1 3.3 330 269 275 281 312 食パン・乾パン類 7.1 9.1 9.5 10.1 8.1 306 263 269 304 338 ピザ 0.0 0.0 0.1 0.2 0.2 759 626 649 540 541 加熱調理した穀物調製品 2.8 3.3 3.2 2.7 2.7 124 116 124 182 150 その他の穀物加工品 9.6 6.0 4.5 4.5 5.0 158 160 179 197 204 対前年増減率  (%) 穀粉調製品 ▲ 46.7 144.5 17.9 ▲ 0.6 25.5 21.3 18.2 ▲ 17.1 32.7 ▲ 0.2 米菓生地 - - - - もち・団子 ▲ 4.9 34.8 1.1 9.3 ▲ 10.0 15.8 ▲ 20.3 5.4 6.5 ▲ 0.2 米粉調製品 9.0 9.6 ▲ 1.5 ▲ 10.6 ▲ 16.3 ▲ 3.7 ▲ 2.3 5.2 12.2 11.5 小麦粉調製品 1.3 2.0 3.4 ▲ 0.9 ▲ 15.5 2.2 0.6 6.4 7.4 18.4 他製穀粉調製品 0.8 65.6 6.7 23.6 ▲ 32.4 5.1 ▲ 39.6 ▲ 9.8 0.1 49.8 ケーキミックス ▲ 19.4 ▲ 6.3 14.0 ▲ 38.1 8.6 2.6 ▲ 0.6 6.7 10.5 18.0 パスタ 6.3 3.5 ▲ 1.7 0.2 ▲ 4.9 6.1 0.9 0.9 4.1 11.9 ビーフン ▲ 3.1 4.0 20.3 ▲ 3.8 ▲ 22.4 ▲ 9.0 ▲ 0.3 16.3 5.3 7.2 うどん・そうめん・そば ▲ 16.2 ▲ 31.6 19.9 ▲ 7.8 5.6 19.3 5.4 ▲ 7.3 7.5 ▲ 7.1 その他のめん類 4.9 27.1 8.6 4.8 ▲ 0.0 5.1 3.3 4.9 0.3 3.2 詰物パスタ ▲ 8.6 22.7 ▲ 6.1 3.3 ▲ 13.5 4.1 ▲ 15.3 1.2 0.4 3.0 その他のパスタ 17.4 42.9 5.9 5.2 ▲ 18.2 0.7 ▲ 11.0 2.7 3.1 7.0 朝食用シリアル 2.3 33.5 ▲ 9.4 ▲ 3.5 6.9 ▲ 0.6 ▲ 18.5 2.2 2.2 11.0 食パン・乾パン類 1.7 28.5 5.0 6.1 ▲ 19.8 12.1 ▲ 14.1 2.5 12.8 11.2 ピザ ▲ 12.2 110.0 294.7 10.3 44.6 ▲ 0.0 ▲ 17.5 3.6 ▲ 16.7 0.1 加熱調理した穀物調製品 66.9 20.7 ▲ 5.5 ▲ 15.1 ▲ 1.1 ▲ 6.5 ▲ 6.6 7.3 46.4 ▲ 17.3 その他の穀物加工品 ▲ 43.8 ▲ 37.5 ▲ 24.2 ▲ 1.5 11.4 21.4 1.0 11.9 10.4 3.2  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(20)

糖類

平成 19 年の糖類の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、106.7 で、対前年比 11.7 %とかなり

大きく上昇した。また、平成 19 年の糖類の輸入額は、796 億円で、対前年比 7.5 %とかなりの

程度増加した。(図 3-19)。

品目別にみると、粗糖が大幅に増加し、精製糖がかなりの程度増加し、メープルシロップがや

や増加した。一方、カラメルがかなりの程度減少し、含みつ糖がやや減少し、その他の糖類がわ

ずかに減少した(表 3-11)。

粗糖の輸入量は、対前年比16.6%と大幅

平成 19 年の粗糖の輸入量は、対前年比 16.6 %と大幅に増加した(表 3-11)。粗糖は昨年、ニ

ューヨーク市場において現物、先物ともに価格が高騰した影響から輸入量が減少していたが、19

年に入り価格が落ち着きをみせたことから、前年の反動により輸入量は増加した。しかし、砂糖

価格については、原油価格の高騰に伴うバイオ燃料の需要増により、原料となるサトウキビの供

給量の減少やエタノール仕向けの割合が増加し、需給がひっ迫しており、価格水準は以前より高

止まりしている。

図3-19 糖類の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 108.7 105.9 103.3 103.2 100.7 100.0 95.5 106.7 84.4 142.5 132.6 80.9 84.0 103.1 81.0

70

80

90

100

110

120

130

140

150

160

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(21)

図3-20 糖類の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年) 含みつ糖 粗糖 精製糖 メープルシロップ カラメル その他の糖類 -40 -35 -30 -25 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 25 30 35 40 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 単位:%

表3-11 糖類の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 含みつ糖 13.8 15.7 19.2 17.7 17.1 70 66 65 75 84 粗糖 1,461.5 1,386.0 1,329.0 1,292.1 1,506.3 22 22 29 43 33 精製糖 3.0 4.4 4.6 4.8 5.1 109 108 125 155 146 てん菜糖 0.0 0.0 - 0.0 - 692 - - 604 - メープルシロップ 1.9 2.1 2.8 2.6 2.8 738 760 827 936 1,041 カラメル 1.5 1.3 1.3 1.2 1.0 109 101 110 118 129 その他の糖類 243.3 251.3 259.8 235.9 233.2 48 46 49 60 106 対前年増減率  (%) 含みつ糖 ▲ 4.9 14.5 22.2 ▲ 7.8 ▲ 3.8 0.3 ▲ 5.0 ▲ 1.7 15.2 11.9 粗糖 0.1 ▲ 5.2 ▲ 4.1 ▲ 2.8 16.6 ▲ 1.4 ▲ 1.3 33.9 46.2 ▲ 22.8 精製糖 0.0 45.9 5.0 3.7 7.3 ▲ 1.8 ▲ 0.8 15.7 24.0 ▲ 6.1 てん菜糖 - - - - メープルシロップ 13.8 11.5 34.5 ▲ 7.3 5.7 ▲ 1.5 3.0 8.8 13.2 11.2 カラメル 4.0 ▲ 7.2 ▲ 3.0 ▲ 11.8 ▲ 9.1 ▲ 16.2 ▲ 6.9 8.5 7.1 9.1 その他の糖類 ▲ 2.3 3.3 3.4 ▲ 9.2 ▲ 1.1 3.2 ▲ 3.7 5.0 22.8 76.7  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(22)

菓子

平成 19 年の菓子の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、106 で、対前年比 2.0 %とわずかに

上昇した。また、平成 19 年の菓子の輸入額は、1,039 億円で、対前年比 8.8 %とかなりの程度

増加した(図 3-21)。

品目別にみると、チューインガム、キャラメルが大幅に増加し、ポテトチップスがかなり大き

く増加し、あられ・せんべい、その他の穀粉、菓子類がかなりの程度増加し、ココア粉がやや増

加し、チョコレート・ココア調製品がわずかに増加した。一方、チョコレート菓子がかなりの程

度減少し、他の砂糖菓子、ビスケット・クラッカーがやや減少した。(表 3-12)。

チョコレート・ココア調製品の輸入量は、対前年比3.6%とやや増加

平成 19 年のチョコレート菓子の輸入量は、対前年比▲ 7.1 %とかなりの程度減少した。また、

ココア粉の輸入量は、対前年比 3.4 %とやや増加、チョコレート・ココア調製品は、対前年比 1.8

%とわずかに増加した(表 3-12)。カカオ関連製品では少子高齢化の進展から、ヘビーユーザー

である小中高生の人口が減少しており、20 代、30 代といった大人をターゲットとした商品開発

がみられる。特にチョコレートでは、ナッツ系チョコスナック等の国産商品が堅調で、原料とな

るチョコレート・ココア調製品が前年を上回った。原料となるカカオ豆においては、中国、イン

ド等、新興国の所得増加に伴って国際的な需要が高まっており、調製品についても輸入価格が高

騰している。

あられ・せんべい、ポテトチップスは増加

平成 19 年のあられ・せんべいの輸入量は、対前年比 7.5 %とかなりの程度増加した。また、

ビスケット・クラッカーの輸入量は、対前年比▲ 5.7 %とやや減少、ポテトチップスは、対前年

比 14.6 %とかなり大きく増加した(表 3-12)。

図3-21 菓子の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 58.1 73.4 85.7 93.8 99.2 100.0 103.9 106.0 73.0 120.3 110.5 100.0 98.0 93.4 73.0 59.6

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(23)

図3-22 菓子の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 あられ・せんべい チョコレート・ココ ア調製品 ココア粉 チョコレート菓子 キャンデー類 チューインガム 他の砂糖菓子 ポテトチップス ビスケット・クラッ カー その他の穀粉、 菓子類 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -20 -10 0 10 20 輸入量 単 価 単位:%

表3-12 菓子の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 チューインガム 1.5 1.7 1.3 1.4 1.7 1,395 2,035 2,069 2,171 1,326 キャンデー類 12.6 13.2 12.1 11.8 11.9 536 554 538 569 566 キャラメル 0.1 0.1 0.1 0.2 0.2 528 575 771 558 925 他の砂糖菓子 3.8 4.8 5.7 5.1 4.8 608 507 460 515 548 チョコレート菓子 17.0 20.3 19.9 20.3 18.9 948 825 871 929 998 ココア粉 31.0 36.5 34.2 37.7 38.9 227 192 152 161 165 チョコレート・ココア調製品 98.1 109.8 110.2 114.1 116.1 211 195 209 225 266 あられ・せんべい 6.7 9.0 9.5 10.8 11.6 411 340 342 337 324 ビスケット・クラッカー 18.1 25.2 23.9 24.5 23.1 396 323 334 345 391 ポテトチップス 9 7.4 9.0 8.6 9.8 505 446 456 512 559 その他の穀粉、菓子類 37.8 34.8 49.0 54.7 59.4 287 333 274 289 293 対前年増減率  (%) チューインガム 15.7 18.3 ▲ 24.2 3.7 28.1 15.7 18.3 ▲ 24.2 3.7 28.1 キャンデー類 14.4 4.4 ▲ 8.3 ▲ 2.1 0.6 14.4 4.4 ▲ 8.3 ▲ 2.1 0.6 キャラメル ▲ 57.7 ▲ 35.7 ▲ 5.5 204.4 22.0 ▲ 57.7 ▲ 35.7 ▲ 5.5 204.4 22.0 他の砂糖菓子 ▲ 2.2 27.2 20.1 ▲ 11.9 ▲ 4.5 ▲ 2.2 27.2 20.1 ▲ 11.9 ▲ 4.5 チョコレート菓子 ▲ 10.9 19.4 ▲ 2.0 2.0 ▲ 7.1 ▲ 10.9 19.4 ▲ 2.0 2.0 ▲ 7.1 ココア粉 1.8 17.9 ▲ 6.5 10.3 3.4 1.8 17.9 ▲ 6.5 10.3 3.4 チョコレート・ココア調製品 ▲ 0.8 12.0 0.3 3.6 1.8 ▲ 0.8 12.0 0.3 3.6 1.8 あられ・せんべい 0.5 34.0 5.0 13.9 7.5 0.5 34.0 5.0 13.9 7.5 ビスケット・クラッカー 22.7 39.0 ▲ 4.9 2.3 ▲ 5.7 22.7 39.0 ▲ 4.9 2.3 ▲ 5.7 ポテトチップス ▲ 8.4 ▲ 21.5 21.6 ▲ 4.5 14.6 ▲ 8.4 ▲ 21.5 21.6 ▲ 4.5 14.6 その他の穀粉、菓子類 6.5 ▲ 7.8 40.8 11.6 8.5 6.5 ▲ 7.8 40.8 11.6 8.5  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(24)

飲料

平成 19 年の飲料の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、113.5 で、対前年比 6.9 %とかなり

の程度上昇した。また、平成 19 年の飲料の輸入額は、1,685 億円で、対前年比 15.2 %とかなり

大きく増加した(図 3-23)。

品目別にみると、野菜ジュース、混合ジュース、インスタントティが大幅に増加し、りんご果

汁がかなり大きく増加し、ぶどう果汁、清涼飲料がかなりの程度増加し、他のかんきつ果汁がや

や増加した。一方、トマトジュースがかなり大きく減少し、オレンジ果汁がかなりの程度減少し、

パイナップル果汁、その他の果汁、インスタントコーヒーがやや減少した(表 3-13)。

清涼飲料の輸入量は、対前年比7.9%とかなりの程度増加

飲料水の輸入量増加

平成 19 年の清涼飲料の輸入量は、対前年比 7.9 %とかなりの程度増加した(表 3-13)。国内

におけるミネラルウォーター需要が堅調で前年を上回った。また輸入価格も低下しており、米国、

フランスを中心にミネラルウォーターの輸入量が増加しており、全体を押し上げた。

野菜ジュースの輸入量は、対前年比21.1%と4年連続の大幅増

平成 19 年の野菜ジュースの輸入量は、対前年比 21.0 %と大幅に増加した。また、トマトジ

ュースの輸入量は、対前年比▲ 15.9 %とかなり大きく減少した。(表 3-13)。果実系飲料が苦戦

する中、野菜ジュースは消費が拡大しており、4年連続の大幅増となった。トマトジュースは野

菜ジュースに需要を奪われる格好で、前年を下回った。

図3-23 飲料の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 113.5 106.2 100.0 87.7 77.3 71.3 70.8 63.0 67.0 74.3 79.4 88.6 100.0 116.8 134.6 74.3

50

60

70

80

90

100

110

120

130

140

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(25)

図3-24 飲料の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 トマトジュース その他の果汁 りんご果汁 ぶどう果汁 他のかんきつ果汁 グレープフルー ツ果汁 オレンジ果汁 パイナップル果汁 混合ジュース 野菜ジュース 清涼飲料 パイナップル果 汁 インスタントティ -30 -25 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 25 30 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 単位:%

表3-13 飲料の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 オレンジ果汁 72.4 87.7 88.6 80.1 73.8 191 161 157 231 339 グレープフルーツ果汁 29.7 32.6 31.9 23.4 23.5 208 180 257 295 270 他のかんきつ果汁 14.2 16.7 17.5 19.5 20.3 222 209 221 235 284 パイナップル果汁 6.4 8.1 10.9 10.1 9.6 193 178 184 188 188 ぶどう果汁 22.5 26.7 29.3 31.0 34.0 219 212 229 241 259 りんご果汁 60.5 75.7 84.5 81.0 93.5 147 147 150 169 198 その他の果汁 9.3 9.7 12.0 9.8 9.5 415 454 570 605 678 トマトジュース 0.7 2.1 0.7 0.7 0.6 171 84 127 165 173 野菜ジュース 16.7 20.5 33.7 40.8 49.4 354 305 296 310 339 混合ジュース 4.9 7.2 7.1 6.7 8.0 224 153 179 245 348 清涼飲料 431.8 516.9 617.5 755.3 814.9 95 93 82 84 81 インスタントコーヒー 8.2 7.6 7.8 7.4 7.1 932 781 929 1052 1161 インスタントティ 0.9 1.8 1.4 1.0 1.2 1,932 1,649 1,425 1,215 1,429 対前年増減率  (%) オレンジ果汁 ▲ 14.8 21.1 1.1 ▲ 9.6 ▲ 7.9 ▲ 7.1 ▲ 15.5 ▲ 2.9 47.3 46.7 グレープフルーツ果汁 0.2 9.9 ▲ 2.3 ▲ 26.7 0.6 ▲ 7.0 ▲ 13.6 43.1 14.7 ▲ 8.4 他のかんきつ果汁 4.1 17.2 5.0 11.5 4.2 ▲ 2.7 ▲ 5.6 5.6 6.3 20.8 パイナップル果汁 2.1 27.2 34.5 ▲ 7.8 ▲ 4.6 ▲ 4.0 ▲ 7.3 3.2 2.3 ▲ 0.1 ぶどう果汁 4.5 18.2 9.9 5.8 9.6 ▲ 14.6 ▲ 3.2 8.2 5.1 7.2 りんご果汁 ▲ 0.4 25.2 11.6 ▲ 4.2 15.5 ▲ 5.8 ▲ 0.0 2.3 12.0 17.5 その他の果汁 17.4 4.4 24.3 ▲ 18.3 ▲ 3.0 ▲ 3.4 9.5 25.4 6.2 12.0 トマトジュース ▲ 31.5 186.3 ▲ 65.9 3.9 ▲ 15.9 31.3 ▲ 50.6 50.2 29.9 4.9 野菜ジュース 0.7 22.7 64.8 21.1 21.0 17.3 ▲ 13.9 ▲ 3.1 5.0 9.4 混合ジュース ▲ 6.7 49.0 ▲ 2.0 ▲ 5.4 19.3 2.2 ▲ 31.7 16.9 36.6 42.4 清涼飲料 14.1 19.7 19.5 22.3 7.9 11.2 ▲ 1.1 ▲ 12.6 3.4 ▲ 3.8 インスタントコーヒー ▲ 3.3 ▲ 6.7 1.9 ▲ 4.3 ▲ 4.8 1.5 ▲ 16.2 18.9 13.2 10.4 インスタントティ 58.0 94.4 ▲ 21.6 ▲ 27.5 19.2 28.3 ▲ 14.6 ▲ 13.6 ▲ 14.7 17.6  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(26)

調味料

調味料の輸入数量指数は、対前年比5.0%とやや上昇

平成 19 年の調味料の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、104.5 で、対前年比▲ 0.4 %と前

年並みであった。また、平成 19 年の調味料の輸入額は、392 億円で、対前年比 4.7 %とやや増

加した(図 3-25)。

品目別にみると、マスタードがかなり大きく増加し、マヨネーズがやや増加し、醤油、うま味

調味料、その他の混合調味料がわずかに増加した。一方、インスタントカレーが大幅に減少し、

トマトソース、食酢類がかなり大きく減少し、ドレッシング、その他のソースがわずかに減少し

た(表 3-14)。

うま味調味料の輸入量は、対前年比2.6%とわずかに増加

平成 19 年のうま味調味料の輸入量は、対前年比 2.6 %とわずかに増加した

表 3-14)。うま

味調味料では海外展開が進んでおり、輸入体制が確立されているため、大手メーカの工場が立地

しているベトナム、タイを中心に輸入が増加している。

トマト関連製品の輸入量は、前年割れ

平成 19 年のトマトケチャップの輸入量は、対前年比▲ 0.8 %と前年並みであった。また。マ

トソースの輸入量は、対前年比▲ 15.9 %とかなり大きく減少した(表 3-14)。

その他のソースの輸入量は、対前年比▲2.5%とわずかに減少

平成 19 年のその他のソースの輸入量は、対前年比▲ 2.5 %とわずかに減少した(表 3-14)。

図3-25 調味料の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 69.8 76.6 81.0 85.8 92.2 100.0 105.0 104.5 83.0 120.5 115.1 100.0 87.3 83.7 75.7 63.8

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(27)

図3-26 調味料の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 インスタントカレー その他のソース ドレッシング マヨネーズ トマトソース トマトケチャップ 醤油 マスタード 食酢類 うま味調味料 その他の混合調味料 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 単位:%

表3-14 調味料の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 醤油 0.8 1.2 1.1 1.1 1.1 95 77 80 90 92 トマトケチャップ 5.3 6.6 7.7 7.0 6.9 96 88 95 105 113 トマトソース 0.6 0.5 0.5 0.6 0.5 204 190 205 199 245 マスタード 3.0 3.5 3.9 3.3 3.8 259 255 253 297 290 マヨネーズ 2.5 0.7 0.5 0.5 0.5 230 279 302 349 375 ドレッシング 0.8 0.9 0.8 0.7 0.7 313 329 362 336 342 その他のソース 46.6 54.1 59.7 62.9 61.3 240 233 240 253 271 インスタントカレー 1.8 1.6 1.7 1.7 1.4 287 301 342 340 369 うま味調味料 69.0 69.7 77.1 86.6 88.8 107 101 107 126 127 食酢類 5.1 5.9 4.8 4.3 3.7 221 228 263 273 317 その他の混合調味料 28.1 33.2 36.8 38.1 39.2 168 143 155 171 179 対前年増減率  (%) 醤油 49.1 52.0 ▲ 11.9 ▲ 2.4 2.8 ▲ 14.0 ▲ 19.2 3.7 12.6 2.7 トマトケチャップ ▲ 12.6 26.2 15.4 ▲ 8.9 ▲ 0.8 1.1 ▲ 7.7 8.0 10.3 7.1 トマトソース ▲ 7.9 ▲ 14.9 5.5 12.3 ▲ 15.9 ▲ 4.4 ▲ 6.5 7.7 ▲ 2.8 23.4 マスタード ▲ 5.2 15.9 11.9 ▲ 15.1 12.8 3.8 ▲ 1.6 ▲ 0.7 17.4 ▲ 2.2 マヨネーズ 7.1 ▲ 73.4 ▲ 20.0 ▲ 3.8 5.2 ▲ 17.7 21.3 8.2 15.6 7.5 ドレッシング ▲ 17.3 11.4 ▲ 17.8 ▲ 9.3 ▲ 1.3 3.3 5.2 10.1 ▲ 7.2 1.8 その他のソース 0.7 16.1 10.4 5.4 ▲ 2.5 ▲ 0.8 ▲ 2.7 3.0 5.2 7.4 インスタントカレー 13.8 ▲ 10.4 7.8 ▲ 2.0 ▲ 20.1 ▲ 3.0 4.9 13.7 ▲ 0.7 8.6 うま味調味料 4.5 1.1 10.6 12.3 2.6 ▲ 7.6 ▲ 5.7 6.3 17.5 0.8 食酢類 61.4 16.2 ▲ 19.4 ▲ 10.4 ▲ 13.7 ▲ 13.2 3.3 15.5 3.5 16.5 その他の混合調味料 4.2 18.2 10.8 3.6 2.9 3.4 ▲ 14.7 8.2 10.6 4.9  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(28)

加工油脂

平成 19 年の加工油脂の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、104.5 で、対前年比 0.3 %と前

年並みであった。また、平成 19 年の加工油脂の輸入額は、26 億円で、対前年比 14.5 %とかな

り大きく増加した(図 3-27)。

図3-27 加工油脂の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 79.9 91.4 86.5 76.3 80.6 100.0 104.2 104.5 74.1 106.9 93.3 100.0 77.3 70.6 74.1 56.9

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(29)

図3-28 加工油脂の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 マーガリン類 -30 -25 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 25 30 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 単位:%

表3-15 加工油脂の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 マーガリン類 4.5 5.2 6.5 6.8 6.8 354 305 296 338 385 対前年増減率  (%) マーガリン類 ▲ 20.7 17.6 24.0 4.2 0.3 17.3 ▲ 13.9 ▲ 3.1 14.2 14.1 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(30)

10

その他調製食料品

その他の調製食料品の輸入数量指数は、対前年比2.0%とわずかに上昇

平成 19 年のその他の調製食料品の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、98.7 で、対前年比 2.0

%とわずかに上昇した。また、平成 19 年のその他の調製食料品の輸入額は、1,571 億円で、対

前年比 5.6 %とやや増加した(図 3-29)。

品目別にみると、たんぱく質調製品が大幅に増加し、栄養補助食品、コーヒーをもととした調

製品がかなりの程度増加した。一方、育児用調製品が大幅に減少し、ミルク調製品、茶をもとと

した調製品がかなりの程度減少し、酵母・イーストがやや減少した(表 3-16)。

育児用調製品の輸入量は、脱脂粉乳の高騰により対前年比▲50.7%と大幅に減少

平成 19 年の育児用調製品の輸入量は、対前年比▲ 50.7 %と大幅に減少した(表 3-16)。原料

となる脱脂粉乳の価格高騰が原因とみられる。

コーヒーをもととした調製品の輸入量は、対前年比7.7%増

平成 19 年のコーヒーをもととした調製品の輸入量は、対前年比 7.7 %とかなりの程度増加し

た。また、茶をもととした調製品は、対前年比▲ 9.6 %とかなりの程度減少した(表 3-16)。

ミルク調製品の輸入量は、対前年比▲6.4%とかなりの程度減少

平成 19 年のミルク調製品の輸入量は、対前年比▲ 6.4 %とかなりの程度減少した(表 3-16)。

図3-29 その他の調製食料品の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 98.7 96.7 100.0 88.9 80.2 72.5 76.4 64.8 55.6 73.2 79.0 82.9 100.0 97.4 102.9 73.2

50

60

70

80

90

100

110

120

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(31)

図3-30 その他の調製食料品の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年  資料:財務省「貿易月表」 その他調製品 その他加糖調整品 たんぱく質調製品 育児用調製品 酵母・イースト スープ類 栄養補助食品 ミルク調製品 コーヒーをもととした調 製品 茶をもととした調製品 -30 -25 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 25 30 -30 -20 -10 0 10 20 30 輸入量 単 価 単位:%

表3-16 その他の調製食料品の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 育児用調製品 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 662 153 277 285 337 酵母・イースト 8.0 9.1 10.3 11.4 10.7 643 669 574 521 514 スープ類 13.5 15.2 16.1 18.7 18.6 325 307 329 328 349 たんぱく質調製品 5.7 5.9 6.4 6.9 21.2 352 310 325 345 108 栄養補助食品 0.9 1.0 1.1 0.9 1.0 8,592 7,622 7,434 7,555 8,306 ミルク調製品 142.5 151.5 147.6 143.7 134.4 171 163 176 194 236 コーヒーをもととした調製品 11.6 12.1 13.4 11.3 12.1 355 354 389 474 544 茶をもととした調製品 1.3 1.5 1.2 1.4 1.2 1,169 1,005 946 937 1,047 その他調製品 137.7 165.1 200.0 190.1 189.3 426 382 423 395 406 その他加糖調整品 170.4 180.8 189.7 198.1 197.0 75 71 74 91 93 対前年増減率  (%) 育児用調製品 1081.3 141.3 45.9 78.9 ▲ 50.7 7.8 ▲ 76.8 80.7 3.0 18.0 酵母・イースト ▲ 5.4 14.1 13.9 9.9 ▲ 5.9 22.0 4.0 ▲ 14.2 ▲ 9.3 ▲ 1.2 スープ類 0.9 12.5 5.7 16.4 ▲ 0.9 2.5 ▲ 5.5 7.2 ▲ 0.3 6.4 たんぱく質調製品 9.8 3.6 7.6 7.7 207.3 0.2 ▲ 12.0 5.0 6.0 ▲ 68.5 栄養補助食品 ▲ 6.8 10.9 12.0 ▲ 20.2 9.4 45.5 ▲ 11.3 ▲ 2.5 1.6 10.0 ミルク調製品 ▲ 5.1 6.3 ▲ 2.6 ▲ 2.6 ▲ 6.4 3.2 ▲ 4.9 8.4 10.0 21.7 コーヒーをもととした調製品 ▲ 19.6 4.9 10.4 ▲ 15.9 7.7 ▲ 0.9 ▲ 0.3 10.0 21.8 14.6 茶をもととした調製品 11.7 18.3 ▲ 16.9 8.9 ▲ 9.6 2.7 ▲ 14.1 ▲ 5.8 ▲ 1.0 11.8 その他調製品 21.7 19.9 21.1 ▲ 4.9 ▲ 0.4 ▲ 12.1 ▲ 10.4 10.9 ▲ 6.7 2.8 その他加糖調整品 8.1 6.1 4.9 4.4 ▲ 0.5 ▲ 7.3 ▲ 5.0 3.5 23.1 2.2  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

(32)

11

酒類

平成 19 年の酒類の輸入数量指数(平成 17 年=100)は、103.1 で、対前年比▲ 0.1 %と前年

並みであったまた、平成 19 年の酒類の輸入額は、2,388 億円で、対前年比 4.5 %とやや増加し

た(図 3-31)。

品目別にみると、リキュール類がかなり大きく増加し、合成清酒がわずかに増加した。一方、

ビール、清酒がかなり大きく減少し、ブランデー、ウィスキーがやや減少した(表 3-17)。

ワインの輸入量は、対前年比0.7%と前年並み、EU諸国からの輸入量が増加

平成 19 年のワインの輸入量は、対前年比 0.7 %と前年並みであった。ワインの輸入量は、フ

ランス、イタリア、ドイツ等 EU 諸国からの輸入が堅調で、前年並みの水準に落ち着いた(表

3-15)。

高アルコール飲料は、需要減に歯止めがかからず前年割れ

平成 19 年のブランデーの輸入量は、対前年比▲ 3.2 %とやや減少した。また、ウィスキーの

輸入量は、対前年比▲ 5.9 %とやや減少した(表 3-17)。高アルコール飲料は近年の需要低下に

歯止めがかからず、前年を下回った。

輸入ビールは前年割れ、低アルコールブームからリキュール類が増加

平成 19 年のビールの輸入量は、対前年比▲ 15.6 %とかなり大きく減少した。また、リキュ

ール類の輸入量は、対前年比 12.1 %とかなり大きく増加した(表 3-17)。輸入ビールが前年割

れする中、低アルコールブームを背景にカクテル類が好調で、リキュール類の輸入が増加した。

図3-31 酒類の輸入数量、輸入額の推移  資料:財務省「貿易月表」より作成 103.1 103.2 100.0 108.3 112.5 130.7 151.6 145.0 102.6 113.3 102.2 102.8 100.0 114.7 119.8 113.3

60

70

80

90

100

110

120

130

140

150

160

170

平.12

13

14

15

16

17

18

19

輸入数量指数 輸入額指数 17年=100

(33)

図3-32 酒類の輸入量と単価の増減率(2007年/2006年)  資料:財務省「貿易月表」 ウィスキー ビール ワイン ブランデー 清酒 合成清酒 リキュール類 その他の酒類 -20 -15 -10 -5 0 5 10 15 20 -20 -10 0 10 20 輸入量 単 価 単位:%

表3-17 酒類の輸入量の推移

年 次 品 目 15年 16年 17年 18年 19年 15年 16年 17年 18年 19年 ビール 38.4 32.9 37.9 37.7 31.8 135 140 143 163 184 ワイン 169.6 175.4 166.1 175.3 176.6 621 655 691 782 837 ブランデー 6.8 6.1 5.3 4.8 4.7 2,436 2,531 2,504 2,609 2,628 ウィスキー 27.6 19.7 17.9 18.0 16.9 1,145 1,240 1,307 1,432 1,498 清酒 2.3 2.6 3.0 3.5 3.1 121 106 102 102 106 合成清酒 15.9 18.1 17.4 17.4 17.7 96 83 83 87 94 リキュール類 16.9 19.0 18.7 18.8 21.0 672 646 648 644 580 その他の酒類 261.9 284.9 233.2 242.3 242.8 122 110 123 137 137 対前年増減率  (%) ビール 8.1 ▲ 14.3 15.2 ▲ 0.6 ▲ 15.6 0.0 4.2 2.1 13.8 13.2 ワイン ▲ 3.7 3.4 ▲ 5.3 5.5 0.7 7.9 5.5 5.4 13.2 7.0 ブランデー ▲ 9.5 ▲ 10.2 ▲ 13.8 ▲ 8.8 ▲ 3.2 ▲ 15.1 3.9 ▲ 1.1 4.2 0.7 ウィスキー ▲ 35.0 ▲ 28.4 ▲ 9.1 0.4 ▲ 5.9 27.3 8.3 5.4 9.5 4.6 清酒 ▲ 8.9 13.3 15.6 17.2 ▲ 11.5 2.4 ▲ 12.4 ▲ 4.1 ▲ 0.2 4.6 合成清酒 ▲ 10.1 13.8 ▲ 3.7 ▲ 0.5 1.9 0.5 ▲ 14.2 0.4 5.3 8.1 リキュール類 24.4 12.2 ▲ 1.4 0.2 12.1 ▲ 6.3 ▲ 3.9 0.3 ▲ 0.6 ▲ 9.9 その他の酒類 ▲ 34.5 8.8 ▲ 18.1 3.9 0.2 28.4 ▲ 9.5 11.6 11.1 0.5  資料:財務省「貿易月表」 輸入量  (千トン) 単価  (円/kg)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :