302-331302-331302-33132

全文

(1)

【事前確認シート】

1. 平成23年度「科学研究費補 助金(研究成果公開促進費)」の 応募書類の提出に当たって 「学術定期刊行物」

応募書類を提出するに当たっては、以下のことを確認してください。 ①必要な応募書類・提出部数は全て揃っていますか? ※必要とされる応募書類の提出がない場合は、審査に付すことができなくなり ますので、提出する前に必ず確認をしてください。 ※特に、複数の「審査希望分野」での審査を希望<広領域応募>される場合に は、選択した「審査希望分野」の数によって、必要とされる①「計画調書」 ②「「経理管理及び監査体制」についての添付資料」、③「直接出版費見積 書」の提出部数が異なりますので、必ずもう一度確認をしてください。 ②「計画調書」「応募カード」「直接出版費見積書」は、平成23年度応募用の 所定の様式を使用していますか? 成23年度研究成果公開促進費査希望分野 ③「計画調書」は、正本・副本ともに、きちんと両面印刷となっていますか? また、「計画調書」の左側がきちんと糊付けされていますか? 副本のうち、糊付けをしないクリップ留めのものが1部用意されていますか? ④「応募カード」は、片面印刷となっていますか? また、「応募カード」の左側がきちんと糊付けされていますか? ⑤「計画調書」及び「応募カード」に、乱丁・落丁などはありませんか? ※これらの書類に乱丁・落丁があった場合は、適切な審査が行えなくなりま す。(場合によっては、審査に付すことができなくなります) ⑥応募書類に必要事項の記載漏れはありませんか? ⑦「見積書」からの数字(金額・回数・部数・頁数・その他の数字・記載事項等) の転記に誤りはありませんか? (なお、見積書において「円単位」となっているものを、計画調書作成・記入要領の注意書きに従っ て、「千円未満の端数を切り捨てて千円単位に修正」したことに伴う金額の相違については、この 限りではありません。) ⑧「計画調書」及び「応募カード」に記載された、金額・件数・回数・部数・頁数 ・その他の数字及びその合計に誤りはありませんか?

必要な書類及び部数 募に必要な書類 学術定期刊行調部(正1部、副4部) ※副1 「広領域」での審査を希望する場合 審査希望分野が2つの場合 審査希望分野が3つの場合0部(正1部、副9部) 5部(正1部、副14部) ※副1 「経理及び監査体制」につい添付資料(規則5部 「広領域」での審査を希望する場合 審査希望分野が2つの場合 審査希野が3つの場合10部 15部 応募カード1部 見積書部(正1部、副4部) 「広領域」での審査を希望する場合 審査希望分野が2つの場合 審査希望分野が3つの場合0部(正1部、副9部) 5部(正1部、副14部 その他の審査資料 (1)最新刊行物 (2)学会等規則 (3)投稿規程 (4)最新年度決算書 収入出版に係る経費が記載されているもの) (5)レフェリー制等の規定 差審等について定めた規程、基準、指針

各1部

2 - 3

査希望分野番号 哲学110哲学・倫理学 中国哲学 度哲学・仏教学 宗教学 思想史 美学・美術史 文学A120日本文学 文学B130語系文学 各国文学・文学論  の他文学A該当し 言語140言語学 日本語学 英語学 日本語教育 国語教育 史学A150日本史 史学B160史学一般 東洋史 西洋史 考古学  の他史学A該当し 人文地理学・ 文化人170人文地理学 文化人類学・民俗学 法学210基礎法学 公法学 国際法学 社会法学 事法学 民事法学 新領域法学 政治220政治学 国際関係 経済230理論経済学 経済学説・経済思想 経済統計学 応用経済学 経済政策 財政学・融論  経営240経営学 商学 会計学 社会250社会学 社会福祉 心理260社会心理学 教育心理学 臨床心理学 実験心理学 教育学A270教育学 教育社会学 特別支援教育 教育280教科教育学  の他教育学A該当し 数物系科学A310数学 天文学 物理学 科学 数物系科学320地球惑星科学  の他数物系科学A該当し 化学330基礎化学 複合化学 材料化学 工学A340応用物理学・工学基礎 電気電子工学 材料工学  工学B350機械工学 土木工学 建築学 総合工学  の他工学A該当し 生物410基礎生物学 生物科学  農学420農学 農芸化学 林学 水産学 農業経済学 農業工学 産学・獣医学 境界農学 医歯430薬学 基礎医学 医歯薬学440内科系臨床医学 外科系臨床医学 歯学 医歯450境界医学 社会医学 看護学  の他医歯薬学歯薬学B該当し

参考と連専門分野

(2)

2. 「応募カード」の記載事項を確認するに当たって 「応募カード」 は、 ・応募課題を審査するに当たっての審査資料の作成 ・採否の結果をお知らせする際の通知文書の作成 ・採択のあった課題に対して、交付 決定を行う際の通知文書の作成 ・補助金額の決定 ・その他、採択課題として決定した後の事務処理 を行う際の基礎となる、 非常に重要な応募書類 です。 「計画調書」に正しい記載があっても、「 応募カード」に正しく転記がなさ れていなかったり、記載漏れがあった場合 には、審査に付すことができなく なったり、「応募カード」に記載さ れた誤った情報のまま審査に付され、 その後処理されることになりますので、記 載漏れ・記載情報の誤りが無いか、 次頁以降の注意書きの内容を参照の上、確認してください

3 1

(3)

この欄は記入しないでください。 受付番号 平成23年度学術定期刊行物応募カード (応募カード作成・記に基づき記入してください。 1.応募代表者の職名・氏名に誤りはありませんか? 募代表者職名・氏名(記名押印又は署名)・記名、押印又は署名(直筆)がありますか? 術花子・押印は、応募代表者本人の印(個人印)となっていますか? 応募団体の公印・職印が誤って押されていませんか? 郵便物等送書類送付の際の宛名シールの基本となります 2.(1)郵便番号、(2)住所、()宛名に誤りはありませんか? (1)郵便番号この欄に記載された住所に、「科学研究費補助金(研究成果公開促進費)」の関係書を送付 -456することになりますので、誤りがないか確認をしてください。 (2) ○○県△△△町大字◇なお、この住所(応募団体所在地)が日本国内でない場合は、審査に付すことがでなくな 字☆☆☆☆1522-ります。 【参照】:公募要「(1)学術定期刊行物」 (3) ○○大学部文学科 △△研究室 学振太郎3.「審査希望分野」は正しく記載されていますか? ・審査希望分野が1つ分野である場合 上段にのみ、対応する審査希望分野の番号が正しく記載されてること。 審査希望分計画調書1 (対応する番号を記入)・審査希望分野が2つ上の分野にまたがる場合<広領域応募> 下段にのみ、対応する審査希望分野の番号が正しく記載されてること。 <広領域応募の場合のみ記入>【計画調書1-2 (対応する番号を記入)なお、以下①~④に該当する場合は、審査に付すことができなくなます。 審査希望分号の記入が無い。 応募団体名計画調書3上段、下段に審査希望分野の番号が記載されている (1)フリガナ「審査希望」に存在しない番号が記載されている。 シャタ゛ンホウシ゛ンニホンカ゛クシ゛ュ「広領域応応募課題で、同じ「系(人文科学系・社会科学系・理工系 ツカ゛ッカイ生物系)」の中から2つ上の審査希望分野の番号が記載さている。 【参照】:計画調書1頁。「1査希望分野(番号)」及び「1-2審査希望分野(番号) (2) 社団法本学術学 計画調書1頁。「3団体名称」と同一ですか? 「フリガナ」に記入漏れはありませんか? 濁点・半濁点も「1文字」として正しく記載されていますか? 応募代表者【計画調書4】 (1)フリガナ カイチョウカ゛クシ゛ュツハナ 4.計画調書1頁。「4表者職名・氏名」と同一ですか? 「フリガナ」に記入漏れはありませんか? (2)職名と氏名の間、氏名の姓と名の間には、1枠分のスペースが空いていすか? 会長学術花子濁点・半濁点も「1文字」として正しく記載されていますか? ournalofGakujyutsu刊行物の名称は正しく記載されていますか? の名

(4)

5.「4種類」欄に、該当する区分(特定欧文総合誌、欧文誌、欧文抄録を有する和文誌)の番号 4種類【計画調書6】が正しく記載されていますか? 2(1:特定欧文総合誌2:欧文誌3:欧文抄録を有する和文「学術定期刊行物」は、種類ごとに応募の条件が異なるため、この欄に記載の誤り、空欄」 または、1~3以外の番号が記載されていた場合は、審査に付すことがきなくなります。 5刊行物の名称【計画調書7】 JournalofGakujyutsなお、当該「応募カード」の3頁「15年間総頁数(平成23年度)」に記載された欧文・和文 uの頁数をもとに、以下の要領で、選択した区分に誤りが無いかを確認してください。 【欧文の率】=欧文頁数×100(少数第2位を切り捨て) 欧文頁数+和文頁数 *上記で算出した結果 6創刊年月【計画調書11】100%の場合=「1」又は「2」 元号:1.明治2.大正3.昭和4.平成・50.0%以上(50%ちょうどを含みます)の場合=「2」 3(対応する番号を記入)32年1月・50.0%未満の場合=「3」 7判型【計画調書12】 電子版、A46.「5刊行物の名称」欄に記載された名称に誤りはありませんか? ※注意:「計画調書」に正しい記載があっても、「応募カード」に誤った名称での載があ 8年間刊行回数(平成23年度)【計画調書15】る場合は、当該「応募カード」に記載のある名称で審査に付され、また、択課題 4回として公表されることとなります。 【参照】:計画調書1頁「7刊行物の名称」 9平成23年度刊行スケジュール【計画調書16】 Vol.38No.4 ~Vol.39No.37.この欄は、平成23年度に継続内約があり、かつ大幅な事業計画の変更を行おうとする課題 に該当する場合に使用する欄です。 平成23年度に継続内約の無い応募課題であるにも関らず、誤ってこの欄に記入されている ようなことはありませんか? 10課題番号及び内約を受けた額(継続課題についてのみ、その内期間に限り記入のこと)※平成22年度の「科学研究費補助金(研果公開促進費)」の交付決定を受けてい 【計画調書17】課題番号223456も、同時に翌年度23年度)以降の補助金の交付予定額の内約を受けていない課題 は、今回応募をすは「新規応募課題」としての扱いとなりますので、この欄には 平成23年度3000千円何も記入しないで 平成24年度3000千円 平成25年度1500千円8.「11補助要求額」欄に記載されている金額に誤りはありませんか? 計画調書3頁の「18補助要求額(D)-(E)」欄に記載された金額が正しく転記されているか 11補助要求額【計画調書18】平成23年度3000千円を確認してください。 (1,000千円以上)平成24年度3000千円なお、今回応募しようとす期間中の、ごとの補助要求額が「100万1000千 平成25年度1500千円未満」または「無記入」である場合は、審査に付すことができなくなます。 平成26年度千円【参照】:計画調書3頁「18補助要求額(D)-(E)」 【参照】:公募要領6頁「(1)対象②」 12補助対象経費合計平成23年度6500千円 【計画調書19】平成24年度6500千円 〔(A)+(B)+(C)〕平成25年度3300千円9.「12補助対象経費合計」欄に記載された金額は、「11補助要求額」を回っていませんか? (補助対象経費合計平成26年度千円【参照】:計画調書3頁「19刊行経費補助対象経費合計(A)+(B)+(C)」 ≧補助要求額(12)) 13刊行経費合計(D)平成23年度7500千円 【計画調書19】平成24年度7500千円10.「13刊行経費合計(D)」欄に記載された金額に誤りはありませんか? 平成25年度4300千円【参照】:計画調書3頁「19刊行経費合計(D)」 平成26年度千円 141回当たり発行部数(計)【計画調書21】2000部11.「141回当たり発行部数(平成23年度)」欄に記載の部数に誤りはありませんか? (平成23年度)(うち海外発送部数)840部(うち海外有償頒布部数)は、計画調書の「会員有料頒布部数(▲)」と「売上げ部数(■)」 (うち海外有償頒布部数)350部のそれぞれの「(うち海外発送部数)」の合計と一致していますか? 【参照】:計画調書3頁「211回当たり発行部数」

3 3

(5)

15年間総頁数(計)【計画調書23】 (平成23年度)欧文970頁12.「15年間総頁数(平成23年度)」欄の欧文・和文のそれぞれの頁数に誤り又は記入漏れはあり 和文20頁ませんか? 当該「応募カード」の2頁種類」でされた区分が正しいか否かを判断する基礎と 16刊行における協力体制【計画調書24】なる重要な数字ですので、誤りが無いことを確認してください 協力体制にある他の学会等を含めた数2団体 会員数の合計27400人【参照】:計画調書4頁「23年間総頁数等」 17編集委員長(編集責任者)の氏名・任期【計画調書29】 (1)氏名 学術花子 (2)任期 平成20年4月1日~平成23年3月31日 18編集委員数【計画調書32】 (うち外国人) 平成23年度10人(3人) 19レフェリー数【計画調書33】(うち外国人) 平成23年度16人(8人) 20投稿論文取扱状況【計画調書34】 (うち海外からの件数)13.「20投稿論文取扱状況」欄に記載された件数に誤りはありませんか? 平成21年度投稿論文数373件(30件) 平成22年10月1日現在の(うち海外からの件数)【参照】:計画調書6頁「34投稿論文取扱状況」 掲載(採用)件数147件(14件) 審査中件数20件(5件) 不採用件数206件(11件) 投稿から掲載までの平均期間・最短期間 平均期間30日最短期間20日 21掲載論文の状況【計画調書35】 (うち海外からの件数)14.「21掲載論文の状況」「22海外有償頒布部数実績(1回当たり)」欄に記載した件数・部数 平成21年度122件(12件)に誤り又は記入漏れはありませんか? 平成20年度131件(10件) 平成19年度119件(8件)なお、今回応募しようとする学術誌が創刊号である場合等を除いて当該2ヶ所とも、 過去3年間の実績が「0(ゼロ)」または記載がない場合は、審査にすことができなく なります。 22海外有償頒布部数実績【計画調書36】平成21年度200部 (1回当たり)平成20年度160部【参照】:計画調書6頁「35掲載論文の状況」「36海外有償頒布部数実績国別内訳 平成19年度150部(1回当たり)」 【参照】:公募要領6頁「(1)対象⑥」 23海外学術雑誌における掲載論文の引用状況【計画調書38】 引用件数Impactfactor値 2008年件該当なし 2009年408件1.687 刊行物JournalofGakujyutsu15.刊行物の名称は、正しく記載されていますか? の名称

(6)

【事前確認シート】

1. 平成23年度「科学研究費補 助金(研究成果公開促進費)」の 応募書類の提出に当たって 「データベース(研究成果データベース)」

応募書類を提出するに当たっては、以下のことを確認してください。 ①必要な応募書類・提出部数は全て揃っていますか? ※必要とされる応募書類の提出がない場合は、審査に付すことができなくなり ますので、提出する前に必ず確認をしてください。 ※特に、複数の「審査希望分野」での審査を希望<広領域応募>される場合に は、選択した「審査希望分野」の数によって、必要とされる①「計画調書」、 ②「「経理管理及び監査体制」についての添付資料」(学術団体等が応募する 場合に該当)、③「入力作業委託費見積書」、④「CD-ROM又はDVD-ROM等作成 委託費見積書」の提出部数が異なりますので、必ずもう一度確認してくださ い。 ②「計画調書」「応募カード」「入力作業委託費見積書」「CD-ROM又はDVD-ROM等作成 委託費見積書」「CD-ROM又はDVD-ROM等配布先一覧」は、平成23年度応募用の所 定の様式を使用していますか?平成23年度究成果公開促進費審査希望分野表 ③「計画調書」は、正本・副本ともに、きちんと両面印刷となっていますか? また、計画調書の左側がきちんと糊付けされていますか? 副本のうち、糊付けをしないクリップ留めのものが1部用意されていますか? ④「応募カード」は、片面印刷となっていますか? また、「応募カード」の左側がきちんと糊付けされていますか? ⑤「計画調書」及び「応募カード」に、乱丁・落丁などはありませんか? ※これらの書類に乱丁・落丁があった場合は、適切な審査が行えなくなりま す。(場合によっては、審査に付すことができなくなります) ⑥応募書類に必要事項の記載漏れはありませんか? ⑦「見積書」からの数字(単価・員数・金額・その他の数字・記載事項等)の転記 に誤りはありませんか? (なお、見積書において「円単位」となっているものを、計画調書作成・記入要領の注意書きに従っ て、「千円未満の端数を切り捨てて千円単位に修正」したことに伴う金額の相違については、この限 りではありません。) ⑧「計画調書」及び「応募カード」に記載された、単価・員数・金額・件数・人数 ・その他の数字及びその合計に誤りはありませんか?

に必要な書類及び提出部 応募に必要な書類 データベ計画調書5部(正1部、副4部) ※副のうち1部はクでとめる 広領域」で希望 審査希2つ 審査希3つ10部(正1部、副 9部) 15部(正1部、副14部) ※副のうち1部はクでとめる 「経理管及び監査体制」についての添付資 (経理管関係規※学術団体等が応募する場合に該当5部 広領域」で希望 審査希2つ 審査希3つ10部 15部 応募カー1部 入力作業積書5部(正1部、副4部) 広領域」で希望 審査希2つ 審査希3つ10部(正1部、副 9部) 15部(正1部、副14部) CD-ROMDVD-ROM作成委託5部(正1部、副4部) 広領域」で希望 審査希2つ 審査希3つ10部(正1部、副 9部) 15部(正1部、副14部) その他の審査資料 (1) (2)索過程・結果 検索開始から検索結果が表れるまで面上の過程を それぞプリントスクリーン等で印刷し、 おける流れたも (3)索マニュアル (4)CD-ROM又はDVD-ROM等配布先一覧

各1部

3 5

査希望分野番号 110哲学理学 中国哲学 印度哲学・仏教学 宗教学 思想史 美学・ 文学A120日本文学 文学B130パ語系文学 各国文学・文学論  の他文学A該当し 140言語学 日本語学 語学 日本語教育 外国語教育 史学A150日本 史学B160史学一般 洋史 西洋史 考古学  の他史学該当 人文地理学・ 文化人類学170人文地理学 文化人類学・民俗学 210基礎法学 法学 際法学 社会法学 刑事法学 民事法学 新領域法 220政治学 国際関係論 230理論経済学 経済学説・経済思想 経済統計学 用経済学 経済政策 財政学・金融論 経済史 240経営学 商学 会計学 250社会学 社会福祉学 260社会心理学 教育心理学 臨床心理学 実験心理 教育学A270教育学 教育社会学 特別支援教育 280教科教育学  の他教育学A当し 数物系科学A310数学 天文学 物理学  数物系科学320地球惑星科学  の他数物系科学A該当し 330基礎化学 合化学 材料化学 工学A340応用物理学・工学基礎 電気電子工学 料工学 工学 工学B350機械工学 木工学 建築学 総合工学  の他工学A該当し 410基礎生物学 生物科学 人類学 420農学 農芸化学 林学  経済学 農業工学 畜産学・獣医学 境界農学 医歯薬学430薬学 基礎医 医歯薬学440内科系臨床医学 外科系臨床医学 歯学 450境界医学 会医学 看護学  の他医歯薬学A及び医歯薬学B

参考関連専門分

(7)

2. 「応募カード」の記載事項を確認するに当たって 「応募カード」 は、 ・応募課題を審査するに当たっての審査資料の作成 ・採否の結果をお知らせする際の通知文書の作成 ・採択のあった課題に対して、交付 決定を行う際の通知文書の作成 ・補助金額の決定 ・その他、採択課題として決定した後の事務処理 を行う際の基礎となる、 非常に重要な応募書類 です。 「計画調書」に正しい記載があっても、「 応募カード」に正しく転記がなさ れていなかったり、記載漏れがあった場合 には、審査に付すことができなく なったり、「応募カード」に記載さ れた誤った情報のまま審査に付され、 その後処理されることになりますので、記 載漏れ・記載情報の誤りが無いか、 次頁以降の注意書きの内容を参照の上、確認してください

(8)

この欄は記入しないでください ※応募(代表)者が研究機関名称○大学.この欄は、学術団体等が応募する場関係せん。 *受付番号属する研究 が記入する事機関345整理番号 平成23年度データベース応募カード (応募ード作成・記入要領に基づき記入してください。希望する「応募区分」がきちんと選択る番号を記入)されていますか? この応募区分に誤り又は選択が無いは、審査ができなくなる場合がありますの必ず該当 応募区分:1.研究成果DB2.学術誌DB(対応する番号を記入)の区分を正しく選択してください。 応募(代表)者の職名・氏名(記名・署名(直筆))は正しく記載されいますか リガナ研究者番678募代表者の職名は、当該データベース作成組織における代職名(委・会長等) (代表)者職名・氏名ガクジハナコすか?(また、学術団体等が応募場合募代表者が当該団体の長になっていま?) (記名押印又は署名)委員長押印は、応募代表者本人の印(個人印ていますか? (生年月日:○○年○○月○○日生)「フリガナ」「生年月日」は正しくされすか? 郵便物付先(書類送付の際の宛名シールの基(1)郵便番号、(2)住所、(3)宛名にりませんか? (1)便番この記載された住所に、「科究費補助金(研究成果公開促進費)」係書類を送付するこ 1234567なりますので、誤りがないか確認をしい。 (2)この住所(作成組織所在は応募者自宅住所)が、日本国内でな合は、審査に付すこ △△市◇区××1ー5ー9ができなくなります。 【参照】:公募要領11頁「(3)データベース」 (3) ○○大○○学部○○研究 ○○テータベース作成委員会 学振 「審査希望分野」は正しく記載されて 審査希[共通]【研究成果DB、学術誌DB計画調・審査希望分野が1つの分野である場 (対応する番号を上段にのみ、対応する審査希望号が正しく記載されていること。 <広領域応募の場合のみ記入【研究DB、学術誌DB計画調書1-2】・審査希望分野が2つ以上の分野にま合<広領域応募> (対応する番号を記入)下段にのみ、対応する審査希望号が正しく記載されていること。 作成組は応募団体の名称【研究成果DB、学誌DB調書3】(注なお、以下①~④に該当する場合は付すことができなくなります。 【共通①審査希望分野の番号の記入い。 (1)リガ②上段、下段の両方に審査希野の記載されている。 ○○テ゛ータヘ゛ースサセイイインカイ③「審査希望分野表」に存在い番載されている。 ④「広領域応募」の応募課題同じ人文科学系・社会科学系・理工系・ 生物系)」の中から2つ以上望分野の番号が記載されている。 【参照】:計画調書1頁「1希望(番号)」及び「1-2審査希望分野(番号) (2) ○○テ゛ータヘ゛ース作委員会 計画調書1頁。「3作成組織の名と同 「フリガナ」に記入漏れはありません 濁点・半濁点も「1文字」としてく記ていますか? データベースの名称は正しく記載されか? データベース○○○○○○○○○データベース の名

3 7

【記入例】

(9)

3応募(代表)者の職名・氏名【共通】【研究成果DB、学DB計画調書4】8.計画調書1頁。「4応募(代表)者の職名・氏名」と同一ですか? (1)フリガナ「フリガナ」に記入漏れはありませんか? イインチョウカ゛クシ゛ュツハナコ濁点・半濁点も「1文字」として正しく記載されていますか? 職名と氏名の間及び氏名の姓と名の間は1枠分のスペースが空いていますか? (2)漢字 委員長学術花子 4データベースの名称(日本語名及び英語名略称)【共 【研究成果DB、学術誌DB計画調書6】 (1)日本語名9.計画調書1頁。「6データベースの名称」と同一ですか? ○○○○○○○○○テ゛ータヘ゛ース濁点・半濁点も「1文字」として正しく記載されていますか? (2)英語名略称 ABCDB 以下5~、応募区分が「研究成果DB」の場合ださい。 5対象分野【研究成果DB計画調書7】 ○○○○の分野10.計画調書1頁。「7対象分野」と同一ですか? 6データベースの種類・性格【研究成果DB計画調書9】 <上段>1234561.書誌情報2.数値情報3.画像情報11.計画調書1頁。「9データベースの種類・性格」と同一ですか? (複数選択可)4.音声情報5.動画情報6.その他上段・下段ともに記載漏れはありませんか? <下段>123(1.レファレンス2.論文3.ファクト) (複数選択可)

(10)

以下7~、応募区分が「学術誌DB」の場合のさい。 12.応募区分が「研究成果データベース」の応募課題であるにも関らず、誤って記入されていませんか? 7データベースの種類【学術誌DB計画調書9】 1234561.書誌情報2.数値情報3.画像情報 (複数選択可)4.音声情報5.動画情報6.その他 8投稿論文取扱状況【学術誌DB計画調書22】 (うち海外からの件数) 平成21年度投稿論文数件(件) 平成22年10月1日現在の(うち海外からの件数) 掲載(採用)件数件(件) 審査中件数件(件) 不採用件数件(件) 投稿から掲載までの平均期間・最短期間 平均期間日最短期間日 9海外学術雑誌における掲載論文の引用状況【学術誌DB計画調書25】 引用件数Impactfactor値 2008年件 2009年件. 13.データベースの名称は正しく記載されていますか? データベース○○○○○○○○○データベース の名称

3 9

【記入例】

(11)

以下は、区分が「研究成果DB」「学術誌DB」の場合も記入してください。 ただし、応区分がいずれかの場合にのみ記入する旨注記がある記入欄(12、15)について は、該当し応募区分の場合には記入しないでくだ14.計画調書1頁。「10公開状況」と同一ですか? 10公開開始年月もしくは公開予定年月【研究成果DB、学術誌DB計画調書10】 【共通昭和平成19年3月 (元号はい○で囲むこと)15.計画調書2頁。「14入力予定データ量」欄に記載された <レコード数> 11入力予定データ量【研究成果DB計画調書14】【学術誌DB計画調書13】「平成23年度」のレコード件数及び「今回応募する事業期間(1~5年)」の合計のレ 【共通コード件数と同一ですか? レコード数:平成23年度分1500件<総データ容量> 作成期間の合計10500件「平成23年度」の総データ容量及び「今回応募する事業期間(1~5年)」の合計の総 データ容量と同一ですか? 総データ容量:平成23年度分200.0MB 作成期間の合計1600.0MB 12公開利用件数(アクセス数)の推移【研究成果DB計画調書16】【学術誌DB計画調書15】 【共通16.【参照】:計画調書3頁。「16公開利用件数(アクセス数)の推移」欄に記載された件数と同一 平成19年度実績件ですか? 平成20年度実績件 平成21年度実績件 平成22年度見込み0件 平成23年度見込み10000件 17.応募区分が「研究成果データベース」の応募課題であるにも関らず、誤って記入されていません (うち有償アクセス件数の推移)【学術誌DB計画調書15】か? 学術誌DB」の場合にのみ記入】 (平成19年度実績件) (平成20年度実績件) (平成21年度実績件) (平成22年度見込み件) (平成23年度見込み件) (うち海外からのアクセス件数の推移)【学術誌DB計画調書15】 学術誌DB」の場合にのみ記入】 (平成19年度実績件) (平成20年度実績件) (平成21年度実績件) (平成22年度見込み件) (平成23年度見込み件) データベース○○○○○○○○○データベース18.データベースの名称は正しく記載されていますか? の名称

(12)

4 1

【記入例】 19.この欄は、平成23年度の継続内約があり、かつ大幅な計画変更を行おうとする課題に該当する場合 13課題番号及び内約を受けた額【研究成果DB計画調書20】【学術誌DB計画調書18】に使用する欄です。 題にいてのみ、その内約期間に限り記入の平成23年度に継続内約の無い応募課題であるにも関らず、誤ってこの欄に応募額等が記入されてい 課題番号227890ることはありませんか? 平成23年度6600千円H22年度の「科学研究費補助公開促進費)」の交付決定を受けいても、 平成24年度7200千円翌年度(平成23年度)以降の交付予定額の内約を受けていない題が今回 平成25年度7200千円する際には「新規応募課題」といとなりますので、この欄には何記入しなくだ 平成26年度8000千円さい。 20.「14補助要求額」欄に記載された各年度の金額に誤りはありませんか? 14補助要【研究成果DB計画調書21】【学術誌DB計画調書19】計画調書に記載した、 【共通平成23年度5261千円「入力作業協力に対する謝金等」、「入力作業委託費」、「著作権使用料」、「国内連絡旅 平成24年度5591千円費」、 平成25年度5241千円「消耗品費」、「CD-ROM又はDVD-ROM等作成委託費」、「その他」の各経費の合計 平成26年度4091千円額が正しく記載されていますか? 平成27年度3710千円 【参照】:計画調書4頁。「21研究成果データベースの作成に直接必要となる経費」 15補助要求額の内訳(平成23年度)なお、今回応募しようとする期間中のごとの補助要求額が「0(ゼロ)円または 「研究成果DB」の場合にのみ記入】【研究成果DB計画調書21】ある場合は、当該年度の補助金が交付とはありません。なお、平成23度の補助 入力作業協力に対する謝金等2250千円「0(ゼロ)」円または無記入である審査に付すことができなくなりま 入力作業委託1440千円 著作権使用料400千円 国内連絡旅費81千円(100千円程度) 消耗品費460千円21.「15補助要求額の内訳」欄に記載された平成23年度の各経費の金額に誤りはありませんか? CD-ROM又はDVD-ROM等作成委託費380千円 その他250千円なお「国内連絡旅費」は、10万円千円)程度までです。 「学術誌DB」の場合にのみ記入】【学術誌DB計画調書19】【参照】:計画調書4頁「21研究成果データベースの作成に直接必要となる経費」 入力作業協力に対する謝金等千円【参照】:公募要領10頁「(3)応募対象経費①d)国内連絡旅費」 入力作業委託千円 著作権使用料千円22.応募区分が「研究成果データベース」の応募課題であるにも関らず、誤って記入されていませんか? 消耗品費千円 CD-ROM又はDVD-ROM等作成委託費千円 その他千円 データベース○○○○○○○○○データベース23.データベースの名称は正しく記載されていますか? の名称

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :