4月26日民生.doc

全文

(1)

平成17年白老町民生常任委員会会議録

平 成 1 7 年 4 月 2 6 日 ( 火 曜 日 ) 開  会   午後   1 時 0 2 分 閉  会   午後   4 時 1 7 分     

○調査事項   所 管 事 務 調 査

  特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 「 寿 幸 園 」 の 今 後 の 方 向 性 に つ い て  

○ 出 席 委 員 ( 7 名 )

委員長   鈴  木  宏  征   君      副委員長  土  屋  か づ よ   君 委  員   近  藤   守   君       氏  家  裕   治   君 谷  内    勉  君      根   本  道  明  君 議  長   堀  部  登志雄   君

 

○ 欠 席 委 員 ( 0 名 )  

○ 説 明 の た め 出 席し た 者 の 職 氏 名

助  役   三 國 谷   公  一  君 参  事   丸   山  伸  也  君 参  事   山   口  和  雄  君 寿 幸 園 長   千   石  講  平  君  

○ 職 務 の た め 出 席 し た 者 の 職 氏 名

事務局主幹  中   村  英  二  君 書   記  渡   辺  博  子  君

(2)

2  

◎ 開会の宣言

○ 委 員 長( 鈴 木 宏 征 君 )  それでは、民生常任委員会を開催いたします。本 委 員 会 に つ い て は 、 傍 聴 を 許 可 す る こ と に ご 異 議 あ り ま せ ん で し ょ う か 。

〔「 は い 」 と 呼 ぶ 者 あ り 〕

○委員長(鈴木宏征君)  ご 異 議 な し と 認 め ま す 。よって、委員会条例第16条 の規定により、

委 員 長 に お い て 傍 聴 を 許 可 い た し ま す 。  

○委員長(鈴木宏征君)  次に、本日の委員会の日程について、事務局から説明をいたします。

○ 事 務 局 主 幹 ( 中 村 英 二 君 )  本 日 の 委 員 会 は 所 管 事 務 調 査 と し ま し て 、 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 寿 幸 園 の 今 後 の 方 向 性 等 に つ い て を 予 定 し て お り ま す 。 午 前 中 、 施 設 等 の 確 認 、 説 明 を 受 け て お り ま す 。 こ れ か ら 関 係 資 料 に 基 づ い て 説 明 し て い た だ く 中 で 、 今 日 と 明 日 と 二 日 間 予 定 し て お り ま す が 、 こ れ に つ い て は 進 行 状 況 を 見 て と い う こ と に な る と 思 い ま す 。 以 上 で す 。

○ 委 員 長 ( 鈴 木 宏 征 君 )  それでは、 こ れ よ り 所 管 事 務 調 査 を 行 い ま す 。 そ れ で は 、 執 行 部 の 方 か ら 説 明 を お 願 い し ま す 。 丸 山 参 事 。

○参 事 (丸山 伸 也君)  寿 幸 園 の 改 築 を 担 当 し て お り ま す 、 丸 山 で ご ざ い ま す 。 座 っ て 説 明 を さ せ て い た だ き ま す 。 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 私 の 方 か ら 今 回 3 月 の 末 に 出 て き ま し た 、 改 築 事 業 の 基 本 計 画 書 と 。 そ れ と 、 当 然 こ の 計 画 を 遂 行 す る に あ た っ て 、 建 設 費 の 問 題 が ご ざ い ま す の で 、 従 来 、 社 会 福 祉 施 設 整 備 補 助 金 と し て 国 費 補 助 が ご ざ い ま し た が 、 こ の 制 度 が 変 わ り ま し て 、 地 域 介 護 ・ 福 祉 空 間 整 備 等 交 付 金 と い う こ と に な っ て ま す 。 こ の ス ケ ジ ュ ール等 申 請 内 容 に つ い て 、 実 は 定 か で な い と こ ろ が あ る ん で す が 、 大 ま か な 内 容 に つ い て 説 明 を さ せ て い た だ き た い と 思 い ま す 。 な お 、 先 ほ ど 議 会 事 務 局 さ ん の 方 か ら お 話 あ り ま し た と お り 、 こ の 基 本 計 画 の 中 身 に つ い て 専 門 的 な 部 分 に つ き ま し て は 、 設 計 コ ン サ ル タ ン ト の 日 本 都 市 設 計 さ ん に も お じ ゃ ま さ せ て い た だ い て お り ま す の で 、 専 門 的 な 説 明 に つ い て は 都 市 設 計 さ ん の 方 か ら お 願 い す る よ う な 形 に な り ま す 。

そ れ で は 、 お 手 元 に お 配 り し て ま す 基 本 計 画 書 の 方 を 先 ず 。 中 身 に つ き ま し て は 、 1 月 の 2 7 日 に か な り の 部 分 を 説 明 し て お り ま す の で 、 1 月 2 7 日 に 説 明 し た 以 外 の 事 項 で 概 要 に つ い て 若 干 説 明 を さ せ て い た だ き た い と 思 っ て ま す 。 一 番 後 ろ を お 開 き い た だ き た い と 思 い ま す 。 こ の 基 本 計 画 に つ き ま し て は 、 策 定 委 員 会 を 設 定 い た し ま し て 、 委 員 長 に 寿 幸 園 の 千 石 園 長 さ んにやってい た だ き ま し て 、 委 員 に は 寿 幸 園 の 管 理 栄 養 士 で ご ざ い ま す 池 田 ま る み 。 主 任 寮 母 の 前 川 み ど り 。 都 市 整 備 課 の 方 か ら は 田 中 主 幹 、 瀬 賀 重 史 主 任 。 更 に は 健 康 福 祉 課 の 方 の 山 口 和 雄 参 事 の 方 に 参 加 を い た だ き ま し て 、 私 が 事 務 局 長 を 務 め さ せ て い た だ き ま す 。 な お 、 こ の 策 定 委 員 会 に 部 外 委 員 と い た し ま し て 、 日 本 都 市 設 計 の 佐 藤 常 務 と 中 塚 主 査 の 方 か ら 出 席 を い た だ い て 、 こ の 計 画 書 を と り ま と め て ご ざ い ま す 。

そ れ で は 、 1 ペ ー ジ 目 か ら 簡 単 に 説 明 を し て き た い と 思 っ て ま す 。 基 本 計 画 の 策 定 の 目 的 で ご ざ い ま す が 、 こ れ は 1 月 に 説 明 し て お り ま す が 、 と に か く 入 居 者 が 住 み 慣 れ た 町 で 、 住 み 慣

(3)

れ た 施 設 に 入 っ て い た だ く と 。 心 身 共 に 安 定 し た 中 で も っ て 、 快 適 な 特 養 と し て の サ ー ビ ス を し て い た だ け る よ う な 形 で 策 定 を 検 討 し た と 、 こ う い う こ と に な っ て ご ざ い ま す 。 計 画 の 賦 与 条 件 Ⅱ の 2 で ご ざ い ま す け れ ど も 、 先 ほ ど 午 前 中 見 て い た だ き ま し た と お り 、 い き い き 4 ・ 6 の 前 で 基 本 的 な 設 計 を 組 ん で ご ざ い ま す 。 敷 地 面 積 が 約 3 6 , 1 0 9㎡。 こ の 内 で 既 に い き い

き4・6として 3,858㎡ が建設済みでございます。計画の条件としましては、概ね 7億 8 ,

0 0 0 万 円 以 内 で 建 物 が 建 て ら れ る よ う な 形 で 、 外 構 工 事 を 除 い て 設 計 を し て お り ま す 。 収 容 規 模 に つ き ま し て は 、 特 養 部 分 が 5 0 名 。 シ ョ ー ト ス テ イ が 1 0 名 。 合 わ せ て 6 0 名 、 6 ユ ニ ッ ト で 括 っ て お り ま す 。 老 人 ホ ー ム 施 設 内 必 要 室 と し ま し て は 、 こ れ は 法 律 上 、 制 度 上 施 設 要 件 が 定 め ら れ て お り ま す の で 、 老 人 福 祉 法 、 あ る い は 介 護 保 険 法 に 基 づ い て 必 要 な 施 設 を 置 く と い う 形 の 中 で 整 理 を さ れ て お り ま す。

2 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 2 ペ ー ジ 目 に は 、 こ の 特 養 を 建 て る 際 に 建 築 関 係 の 基 準 と な り ま す 法 律 に つ い て 列 記 を さ れ て お り ま す 。 当 然 建 築 基 準 法 あ る い は 消 防 法 、 更 に は 老 人 福 祉 法 、 介 護 保 険 法 に 基 づ く 所 定 の 法 律 、 法 令 を 守 り な が ら 建 設 を さ れ て い く と 。 そ れ と も う 1 つ は 右 側 に 、 ハ ー ト ビ ル 法 、 北 海 道 福 祉 の ま ち づ く り 条 例 が ご ざ い ま す 。 こ れ は 高 齢 者 を 含 め て 人 に 優 し い 建 物 を 造 っ て い き ま し ょ う と 、 こ う い う こ と が 北 海 道 の ま ち づ く り 条 例 の 中 で 規 定 を さ れ て ご ざ い ま す の で 、 例 え ば こ の 項 目 で 何 項 目 か あ り ま す が 、 こ う い っ た 項 目 に つ い て は 出入り 口 、 廊 下 等 、 こ う い っ た 項 目 に つ い て は き ち ん と 配 慮 す る よ う な 形 で 施 設 を 建 て て い た だ き た い と 。 い わ ゆ る バ リ ア フ リ ー を 考 え て 建 物 を 造 っ て く だ さ い と い う 形 の 中 で 基 本 設 計 が 作 ら れ て お り ま す 。

  3 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 3 ペ ー ジ 目 に つ き ま し て は 、 1 月 2 7 日 の 全 員 協 議 会 の 中 で 説 明 を さ せ て い た だ い て い る と お り で ご ざ い ま す 。 基 本 理 念 と い た し ま し て は 、 こ の 基 本 理 念 だ け 朗 読 を さ せ て い た だ き ま す 。 基 本 理 念 。 長 寿 社 会 に お い て 最 も 大 切 な こ と は 心 身 共 に 健 康 で あ る こ と で す 。 長 寿 社 会 に お け る 課 題 点 は 、 お 年 寄 り が 抱 え る こ れ か ら の 生 活 へ の 不安、地 域 社 会 と の 繋 が り の 希 薄 化 、 肉 体 的 精 神 的 虚 弱 化 に よ る 活 力 の 低 下 が 考 え ら れ ま す 。 こ れ ら の 課 題 点 を 解 決 す る た め に は 、 段 階 的 虚 弱 化 に 対 応 し 、 入 居 者 が 安 心 し て 定 住 お よ び 社 会 に 参 加 し 続 け ら れ る 施 設 づ く り が 最 も 重 要 で す 。 健 康 な お 年 寄 り か ら 介 護 を 必 要 と さ れ る 入 居 者 ま で の あ ら ゆ る ニ ー ズ に 対 応 し 、 心 身 共 に 健 康 で あ り 続 け ら れ る プ ラ イ ベ ー ト か ら パ ブ リ ッ ク へ の 段 階 的 ケ ア を 提 案 し ま す 。 小 規 模 生 活 単 位 型 と い う 新 し い 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム を 基 に 、 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 寿 幸 園 の あ り 方 を 、 次 の よ う に 考 え ま す 。 右 下 の 方 の 図 を 見 て い た だ け れ ば 分 か る と 思 い ま す が 、 プ ラ イ ベ ー ト か ら パ ブ リ ッ ク へ 段 階 的 に ケ ア を 行 っ て い き ま す と 。 個 室 、 共 同 生 活 室 、 そ れ に 続 く パ ブ リ ッ ク ゾ ー ン に 出 て 、 順 々 に 段 階 的 に 入 居 者 を パ ブ リ ッ ク の 場 に も う 一 度 戻 っ て い た だ こ う と 、 こ う い う よ う な 形 の 中 か ら 段 階 的 ケ ア と 、 そ の 施 設 の 設 定 を し て い く 形 に な り ま す 。 当 然 入 居 者 の 生 活 の 質 を 確 保 す る た め の ゾ ー ニ ン グ を 目 的 と し て お り ま し て 、 長 期 的 介 護 計 画 に 基 づ い て サ ポ ー ト が 可 能 に な る よ う な 施 設 づ く り を イ メ ー ジ を し 、 更 に は 段 階 的 に ケ ア を 進 め て 、 出 来 る こ と で あ れ ば ご 自 宅 に 帰 っ て い た だ け る よ う な ケ ア も 進 め て い た だ きた い と 、 こ の よ う な 観 点 か ら こ の 施 設 が 造 ら れ て お り ま す 。

(4)

  4 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 今 回 の 基 本 計 画 の 中 で 重 要 な コ ン セ プ ト に つ い て 何 点 か こ こ に 記 載 を さ れ て ま す 。 一 つ は 当 然 安 全 性 に 対 す る 考 え 方 で ご ざ い ま す 。 こ の 施 設 に 入 居 さ れ る 方 々 は 、 当 然 身 体 的 虚 弱 を お 持 ち に な っ て る 方 が ご ざ い ま す の で 、 こ う い っ た 虚 弱 化 を 少 し で も 軽 減 す る 。 あ る い は こ う い っ た 負 担 に 感 じ な い よ う に 日 常 の 生 活 を 安 全 性 を 確 保 し な が ら ケ ア を 進 め て い く こ と が と て も 重 要 に な っ て き ま す 。 具 体 的 に は 一 つ に は 施 設 内 の 感 染 の 防 止 。 結 構 ノ ロ ウ イ ル ス と か イ ン フ ル エ ン ザ と か い ろ ん な 問 題 が 起 き て ま す が 、 こ う い っ た こ と に つ い て 十 分 対 応 で き る よ う に 考 え て ご ざ い ま す 。 ま た 、 も う 一 つ は 騒 音 対 策 。 騒 音 対 策 の 中 で も 特 に 痴 呆 症 の 方 が 居 室 内 で 大 き な 声 を 出 さ れ る と 。 今 ま で の 4 人 部 屋 、 6 人 部 屋 で す と 、 そ れ が 即 、 隣 の 入 居 者 の 方 に ご 迷 惑 を か け る と い う 形 に な り ま す が 、 今 後 は 単 独 の 個 室 に なります の で 、 そ う い っ た 面 で は か な り 軽 減 が 図 ら れ る と 思 い ま す 。 そ れ と も う 一 つ は 、 当 然 衛 生 の 問 題 が 出 て き ま す 。 衛 生 の 問 題 に つ き ま し て は 清 掃 の し や す さ が 重 要 に な っ て く る で し ょ う 。 そ れ と 、 厨 房 で す ね 、 今 厨 房 の ハ サ ッ プ 、 非 常 に 衛 生 管 理 、 今 厳 し く な っ て お り ま す 。 後 ほ ど 図 面 の 中 で も ご 説 明 し た い と 思 い ま す が 、 厨 房 の 中 も 水 を 使 う 部 分 、 使 わ な い 部 分 。 そ れ と 、 床 に つ き ま し て は ド ラ イ と い う 形 の 中 で 設 計 を 組 ん で い か な き ゃ な ら な い と 。 こ う い っ た 設 計 姿 勢 も い れ な が ら 、 最 大 限 お年 寄 り の 安 全 に 対 す る 配 慮 を や っ て い き た い と 、 こ の よ う に 考 え て ます。

も う 一 つ は プ ラ イ バ シ ー の 保 護 に な り ま す 。 こ こ の 部 分 に い き ま す と 、 と に か く 居 室 に つ き ま し て は 、 基 本 的 に セ ッ テ ィ ン グ を 今 考 え て る の は 、ベ ッ ド 、 洗 面 台 、 こ れ に つ い て はベ ッ ド は 移 動 式 で す け れ ど も 、 洗 面 台 だ け が 作 り 付 け に な る で し ょ う と 。 極 力 ご 家 庭 の 中 で 自 分 の 居 間 、 自 分 の 居 室 で 使 い 慣 れ た も の を 持 っ て 来 て い た だ い て 、 出 来 る だ け ご 家 庭 に い た 時 の 雰 囲 気 を か も し 出 せ る よ う な 形 で 、様 々 に レ イ ア ウ ト し て い た だ い て 快 適 性 を 保 っ て い た だ き た い 。 そ う す る こ と が 痴 呆 症 の 方 々 に 対 し て も 精 神 の 安 定 と い う 形 に つ な が っ て く と 、 こ の よ う に 考 え て ま す 。 で す か ら 、 一 番 こ の 施 設 で 目 指 し て い か か け れ ば な ら な い の は 在 宅 に い た 時 の 環 境 と 、 全 て イ コ ー ル と い う 訳 に は い き ま せ ん が 、 極 力 同 じ よ う な 、 少 し で も 近 づ け る よ う な 形 で 造 っ て い き た い と 思 っ て お り ま す 。 当 然 施 設 の 状 況 と し まし て は 、 例 え ば 採 光 だ と か 。 採 光 に つ き ま し て は 、 結 構 窓 も 大 き く と っ て お り ま す し 、 十 分 明 る さ も 確 保 で き る と 、 こ の よ う に 考 え て ま す 。 そ の 他 、 室 温 、 臭 気 あ る い は 火 事 が 出 た 場 合 の 消 化 設 備 等 も 当 然 考 え な が ら や っ て おります。

そ れ と 当 然 施 設 と し て は 、 耐 震 構 造 、 耐 震 設 備 に つ い て も 十 分 考 え て い き た い と 思 っ て お り ま す 。 こ の 計 画 の 基 本 コ ン セ プ ト の 中 で 、 実 は も う 一 点 非 常 に 大 き く 私 共 が 考 え た 事 例 が 一 点 あ り ま す 。 そ れ は 、 介 護 サ ー ビ ス の 動 線 を 確 保 し た い と 。 確 保 す る と い う こ と は ど う い う こ と か と い う と 、 極 力 働 い て る 方 が 、 介 護 さ れ て る 方 が あ っ ち に 行 っ た り こ っ ち に 行 っ た り 、 施 設 の 中 を 端 か ら 端 飛 ん で 歩 く よ う な こ と が な い よ う に と い う の が 先 ず 一 つ な ん で す け れ ど も 、 出 来 る だ け 隣 の ユ ニ ッ ト に 移 る 、 あ る い は 介 護 師 室 に 移 る 動 線 を 短 く し て い き ま し ょ う と 。 そ う し な い と 、 ど う し て も 入 居 者 の 方 の 介 護 は お ろ そ か に な り が ち に な っ て し ま う と 。 当 然 移 動 距 離 が 長 い と い う こ と は そ れ だ け 時 間 を 食 い ま す か ら 、 そ の 分 入 居 者 に 対 す る サ ー ビ ス あ る い は

(5)

接 触 す る 時 間 が 短 く な っ て く る と 。 そ う い っ た 形 の 中 で 作 業 動 線 を き ち っ と や っ て い き ま し ょ う と 。 居 室 、 浴 室 。 居 室 の ス ペ ー ス に つ き ま し て は 1 3 . 2 ㎡ 以上 を 確 保 し て お り ま す し 。 い ざ と い う 場 合 に は こ の 居 室 の 入 り 口 か ら ぱ っ とベ ッ ドご と お 出 し で き る と い う こ と も 考 え て ま す 。 そ れ と 、 ユ ニ ッ ト に は 2 ユ ニ ッ ト に 一 つ な ん で す が 、 浴 室 ス ペ ー ス を 作 っ て お り ま し て 、 あ る い は 特 殊 浴 室 、 こ う い っ た も の も き ち ん と 整 備 し な が ら 満 足 を い た だ け る よ う な 生 活 を し て い た だ け る よ う な こ と も と 考 え て ま す 。 そ れ と 実 は 、 多 分 こ の 施 設 が 新 し く な る と 、 今 現 寿 幸 園 で は ご 家 族 の 方 が お 見 え に な っ て も 、な か な か 入 居 さ れ て る お じ い ち ゃ ん 、おばあちゃん、

あ る い は お 父 さ ん 、 お 母 さ ん の お 世 話 が で き な い と い う 状 況 に な る と 思 い ま す 。 今 度 は 施 設 の 居 室 も 十 分 大 き く ご ざ い ま す の で 、必 要 に 応 じ て 管 理 運 営 の ま た 事 項 に も な る か と 思 い ま す が 、 でき れ ば入居 者 の方の ベ ッ ド の 隣 に 持 ち 運 び 用 の ベ ッ ド を 持 寄 っ て 、 一 緒 に 泊 ま っ て い た だ け る よ う な こ と も 考 え て も い い ん で は な い だ ろ う か と 考 え て ま す 。 ま た 、 あ る い は 日 常 結 構 起 き て 共 同 生 活 ス ペ ー ス 等 も 生 活 さ れ ま す し 、 あ る い は い ろ ん な 形 の 中 で 多 目 的 な ス ペ ー ス の 中 に も 出 て 来 ら れ る と 。 そ う す る と 、 私 服 を 着 る と い う こ と も 当 然 出 て き ま す の で 、 こ う い っ た 場 合 の ち ょ っ と 来 て 、 お 父 さ ん の ポ ロ シ ャ ツ を 洗 っ て あ げ た い と 。 あ る い は お ば あちゃんのちょ っ と し た ス カ ー ト を 洗 っ て あ げ た い と 、 こ う い っ た も の に も 十 分 対 応 で き る よ う に 入 居 者 用 の 洗 濯 用 の ス ペ ー ス な ん か も 考 え て ご ざ い ま す 。 後 で 中 で 説 明 い た し ま す が 、X 字を作って何処 か ら 何 処 へ 行 く に も 必 ず 介 護 室 の 真 ん 中 を 通 っ て 行 く と い う よ う な 形 の 中 で こ の 基 本 設 計 は 出 来 て お り ま す 。

  5 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 こ こ は 建 築 計 画 の 中 で 配 置 計 画 で ご ざ い ま す 。 基 本 的 に は 道 の 方 と 今 日 皆 様 に 提 出 さ せ て い た だ き ま し た 基 本 計 画 書 は 既 に 胆 振 支 庁 の 方 に 持 参 を し ま し て 、 中 身 の 検 討 を 願 っ て る 最 中 で ご ざ い ま す 。 基 本 的 に 建 物 を 建 て る 位 置 で ご ざ い ま す が 、 未 だ 最 終 的 に は 確 定 は し て ご ざ い ま せ ん け れ ど も 、 3 月 の 議 会 で ご 説 明 し て お り ま す が 、 基 本 的 に は い き い き の 前 が や は り 最 良 の 場 所 で は な い か と い う 具 合 に 事 務 局 と し て は 考 え て お り ま し て 。 今 、 道 の 方 と こ の 場 所 で 道 の 計 画 に 整 合 性 が 持 て る の か 持 て な い の か 、 そ れ の 話 も お 聞 き し て ま す が 、 基 本 的 に は よ ろ し い ん で は な い で し ょ う か と い う よ う な 内 話 の 話 し も い た だ い て ご ざ い ま す 。 基 本 的 に は こ の 計 画 に つ き ま し て は 、 い き い き の 前 と い う こ と で 整 備 を 考 え て ご ざ い ま す 。 現 地 に つ き ま し て は 、 見 て い た だ い た と お り で ご ざ い ま す 。 多 少 い ろい ろ 盛 り 土 あ る い は 実 施 設 計 の 時 に い ろ い ろ 検 討 し な け れ ば な ら な い 事 項 が ま だ ま だ こ れ か ら あ る の は 事 実 か と 、 こ の よ う に 考 え て ご ざ い ま す 。 基 本 的 に は 渡 り 廊 下 を 持 っ て 、 こ の 特 養 と い き い き 4 ・ 6 を つ な げ る と 。 そ の 目 的 と し ま し て は 、 い き い き 4 ・ 6 に お 見 え に な る 様 々 な 、 例 え ば 社 会 福 祉 団 体 の 方 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 方 、 あ る い は い ろ い ろ 研 修 を さ れ る 研 修 の た め に こ の 特 養 に お 見 え に なる方。こ う い う 方 々 も 十 分 受 け 入 れ で き る 。あ る い は 例 え ば 寿 幸 園 の 盆 踊 り 等 で 後 援 会 の 方 々 に い ろ い ろ お 世 話 に な っ て ま す が 、 こ う い っ た 中 で い ろ ん な 地 域 の つ な が り も 持て る と い う よ う な こ と も 考 え ま し て 、 是 非 こ の 位 置 に 建 設 を し た い と い う 具 合 に 私 共 と し て は 考 え て ご ざ い ます。

  6 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 6 ペ ー ジ 目 に つ き ま し て は 、 1 月 2 7 日 の 全 員 協 議 会 の 中 の

(6)

説明させてい た だ い て い ると お り で ご ざ い ま す 。 若 干 、 施 設 の 中 身 が 変 わ っ て ご ざ い ま す が 、 ユ ニ ッ ト 構 成 、 あ る い は 平 面 の 構 成 に つ き ま し て は こ の と お り で 、 1 月 2 7 日 の 説 明 し た と お り で ご ざ い ま す 。 特 に 変 わ っ て ご ざ い ま せ ん 。 シ ョ ー ト ス テ イ 含 め て 、 6 つ の ユ ニ ッ ト を 大 き く 3 つ の グ ル ー プ と 1 つ の 管 理 塔 の グ ル ー プ に 区 切 っ て 使 い ま す 。 そ の セ ン タ ーの 中 に パ ブ リ ッ ク ゾ ー ン を 設 け ま し て 、 地 域 交 流 ス ペ ー ス と い う 形 の 中 で 施 設 整 備 を 行 っ て い こ う と 、 こ の ように考えております。特に X 字 型 に し ま し た の は 、 介 護 作 業 が 何 処 の ラ イ ン か ら 来 て も 非 常 に 作 業 が し や す く な る だ ろ う と 。 こ こ で あ え て 言 わ せ て い た だ き ま す と 、 夜 間 の 管 理 が ど う し て も 最 小 の 人 員 で 最 大 の 効 果 を 上 げ る よ う に し な け れ ば な ら な い だ ろ う と い う こ と に な り ま す と 、 今 の 基 準 で 言 い ま す と 介 護 職 員 3 名 が 深 夜 の 勤 務 に 当 た ら れ る こ と に な る で し ょ う と 。 そ う な り ま す と 、 そ の 3 名 の 方 が 有 効 に 行 き 来 す る た め に は 、 例 え ば 右 上 の ユ ニ ッ ト か ら 左 下の ユニットに移るという、この X 字 を 交 点 と し ま し て 、 最 小 減 の 移 動 距 離 と い う 形 の 中 で 移 れ る で あ ろ う と 、 こ の よ う に 考 え て お り ま す 。 他 の 施 設 、 何 ヶ 所 か 見 せ て い た だ き ま し た が 、 施 設 の 端 か ら 端 ま で 行 く の に 約 2 5 0 m 移 動 し な き ゃ な ら な い と 。走 っ て も 結 構 な 時 間 が か か る と 。 緊 急 の 通 報 が あ っ た 場 合 、 ナ ー ス コ ー ル 等 が あ っ た 場 合 、 対 応 を ひ っ く る め て 、 や は り 作 業 動 線 は 短 く し た い と い う 形 の 中 で 、 日 本 都 市 設 計 さ ん の 方 か ら こ う い う 提 案 が ご ざ い ま し て 、 そ れ を 採 用 さ せ て い た だ い た と い う よ う な 形 に な っ て お り ま す 。 プ ラ イ ベ ー ト ゾ ー ン 、 セ ミ プ ラ イベ ー ト ゾ ー ン あ る い は パ ブ リ ッ ク ゾ ー ン の 位 置 付 け に い た し ま し て は 、 説 明 し た と お り で ご ざ い ま す 。 段 階 を 経 て 順 次 順 次 パ ブ リ ッ ク の ゾ ー ン に 入 居 者 を 移 っ て い た だ い て 、 自 宅 に い る 時 か ら ち ょ っ と 一 歩 足 を 踏 み 出 し て 隣 の お 家 に 遊 び に 行 く よ う な 感 覚 を 持 っ て 、 こ の 中 で 生 活 を し て い た だ き た い な と 、 こ の よ う に 考 え て ご ざ い ま す 。

  7 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。7 ペ ー ジ 目 は 本 来 、色 が 付 い て る と 分 か る か と 思 う ん で す が 、 こ れ は 後 ほ ど ホ テ ル コ ス ト の 計 算 書 が 出 て ま い り ま す の で 、 そ の 時 に 使 う 図 面 で ご ざ い ま す 。 ホ テ ル コ ス ト の 対 象 に な り ま す の は 、 管 理塔 を 除 く 部 分 が ホ テ ル コ ス ト の 対 象 面 積 に な っ て ま い り ま す 。 ユ ニ ッ ト の 1 か ら 5 ま で の 間 が 1 , 4 6 8 . 7 3 ㎡ と 。 シ ョ ー ト ス テ イ が 2 9 3 . 96㎡ 。こ れ が ホ テ ル コ ス ト の 対 象 の と お り に な っ て ま い り ま す 。な お 、共 用 等 含 め ま し て 1 , 235.45 ㎡が 加 入 部 分 に 係 る 部 分 と 、 こ の よ う に な っ て ま い り ま す 。

  8 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 8 ペ ー ジ に 段 々 図 面 を 含 め て 出 て ま い り ま す 。 立 面 計 画 に つ き ま し て は 、外 観 に つ い て も ち ょ っ と 注 文 を さ せ て い た だ い て お り ま す 。真正面 に いきい き 4・

6 。 そ し て 左 側 に 保 養 ホ ー ム が 見 え て ま い り ま す の で 、 と に か くこ れ ら と マ ッ チ ン グ を し た 建 物 の イ メ ー ジ で 図 面 を し て い た だ き た い と い う こ と を 考 え て ま す 。 壁 の 色 に つ き ま し て も 、 い き い き 4 ・ 6 あ る い は 厚 生 年 金 と 一 緒 に 合 わ せ る よ う な 形 で 暖 色 系 の 物 、 外 壁 も 考 え て い た だ き た い と い う ふ う に 考 え て ご ざ い ま す 。 後 ほ ど 、 こ ち ら に パ ー ス 持 っ て 来 て ま す の で 、 後 ほ ど パ ー ス を 持 っ て 来 た い と 思 い ま す が 、 3 棟 合 わ さ っ た 時 に 結 構 し っ く り い く よ う な 形 で 出 来 て る ん で は な い か な と 考 え て お り ま す 。 中 に つ き ま し て は 、 内 装 計 画 を 考 え て 。 内 装 計 画 に つ き ま し て は 、 特 に お 願 い を し た 部 分 に つ き ま し て は 、 ユ ニ ッ ト 毎 に カ ラ ー リ ン グ を 若 干 変 え て ほ し い と 。 そ れ は ど う い う こ と か と い う と 、 例 え ば 公 営 住 宅 で も 同 じ よ う な 屋 根 の 色 、 同 じ よ う

(7)

な 壁 の 色 、 同 じ よ う な 建 物 と い う こ と に な り ま す と 、 お 年 寄 り が 、 自 分 が 何 処 の 部 分 に 行 っ た ら い い の か な と 、 分 か ら な く な る の が 結 構 出 て く る と 思 い ま す 。 そ れ で 、 出 来 れ ば 壁 の 色 、 あ る い は 床 の 色 、 あ る い は 出 入 り 口 の 色 に よ っ て 、 こ こ は 自 分 の ユ ニ ッ ト だ と 。 こ こ が 自 分 の 家 だ と 。 こ う っ た も の も き ち ん と 分 か る よ う な 形 で カ ラ ー リ ン グ の コ ン セ プ ト も 考 え て い た だ き た い と い う 形 で お 願 い を し て ご ざ い ま す 。 ま た 、 構 造 計 画 に つ き ま し て は 、 当 然 基 礎 、 加 工 含 め ま し て 、 大 き な 地 震 に 堪 え う る も の と い う よ う な 形 で 、 安 全 性 を 確 保 す る よ う に 基 本 計 画 を お 願 い し て ご ざ い ま す 。 構 造 設 計 の 概 要 等 に つ き ま し て は 、 記 載 の と お り 。 あ ま り 私 は ち ょ っ と 分 か ら な い ん で す け ど も 、 十 分 こ れ で 対 応 で き る と い う よ う な 形 に な っ て ご ざ い ま す 。

9 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 9 ペ ー ジ 目 に は 、 こ れ か ら の 主 要 諸 室 の 計 画 が 出 て き ま す 。 こ れ も 1 月 の 2 7 日 の 説 明 の 所 か ら 変 わ っ て は ご ざ い ま せ ん 。 こ の 中 で 特 に お 話 を さ せ て い た だ き た い の は 、 共 同 生 活 室 の 部 分 に 当 然 な り ま す 。 こ れ は セ ミ プ ラ イ ベ ー ト 空 間 と し て 、 環 境 変化 に 対 す る 段 階 的 対 応 を 図 り ま す 。難 し い こ と 書 い て あ り ま す が 、何 の こ と は ご ざ い ま せ ん 。 居 室 の 中 に 閉 じ こ も っ て い な い で 、 こ の 共 同 生 活 の 中 に ち ょ っ と 出 て 来 て い た だ く と 。 そ う す ることによって、家 族 が 集 ま っ て 団 ら ん を す る と い う イ メ ー ジ を 膨 ら ま さ せ て い く よ う な 形 で 、 施 設 の 職 員 の 方 に は 是 非 運 営 を し て い た だ き た い と 思 っ て ま す 。 こ う し な い と 、 な か な か 居 室 に 閉 じ こ も り と い う こ と に な り ま す の で 、 せ っ か く こ の 施 設 に 来 て い た だ い た 意 味 も な い だ ろ う と 。 共 同 生 活 に 来 て 、 入 っ て 来 て い た だ く 形 の 中 で 徐 々 に 徐 々 に こ の 共 同 生 活 か ら 交 流 ス ペ ース、 更 に は 地 域 交 流 ス ペ ー ス に 出 て 行 っ て い た だ い て 、 相 手 さ ん の 方 々 、 調 子 が 良 け れ ば 隣 の ユ ニ ッ ト に 遊 び に 行 っ て い た だ く よ う な こ と も 考 え て も 良 い だ ろ う し 、 場 合 に よ っ て は い き い き 4 ・ 6 に 売 店 、 あ る い は 温 泉 の 浴 場 も ご ざ い ま す の で 、 こ う い っ た 所 に も 出 て 行 か れ る よ う な 形 の 中 で 施 設 運 営 を 是 非 し て い た だ き た い な と い う ふ う に 考 え て お り ま す 。

そ れ と も う 一 点 は 、 当 然 非 常 時 、 災 害 時 の こ と も ご ざ い ま す 。 安 全 対 策 も 後 ほ ど 出 て 来 ま す け れ ど も 、 居 室 の 周 囲 に デ ッ キ を 作 っ て ご ざ い ま す 。 そ れ で 非 常 扉 が 開 い た と 共 に 、 各 居 室 か ら ベ ッ ド が ス ム ー ズ に デ ッ キ 沿 に 別 な 場 所 に 避 難 が で き る と い う よ う な 形 も 検 討 し て ご ざ い ま す 。 後 は こ の 2 つ の ユ ニ ッ ト で 1 つ の 構 成 を し て ま す 。 前 に も ご 説 明 し ま し た 、 こ の 特 徴 と し ま し て は 、 セ ン タ ー に 一 般 浴 室 と 脱 衣 場 と 更 に 汚 物 処 理 室 を 置 い て る と 。 2 つ の ユ ニ ッ ト を 1 つ の 軸 で つ な げ て 、 効 率 的 な 運 用 を 図 っ て い き た い と 思 っ て ま す 。 こ の 2 つ の ユ ニ ッ ト の 中 に 当 然 介 護 材 料 室 。 従 来 で あ れ ば 遠 い 物 置 ま で 取りに 行 く と 。 そ ん な 使 用 頻 度 の 少 な い 物 は 遠 い と こ で も 構 わ な い と 思 い ま す け れ ど も 、 常 時 使 う 消 耗 品 等 に つ き ま し て は 、 手 近 な 所 か ら ぱ っ と 出 来 る よ う な 形 の 中 で 、 介 護 材 料 室に つ い て も 考 え て ご ざ い ま す 。 ま た 、 一 般 浴 室 に つ き ま し て は 、 家 庭 用 の ユ ニ ッ ト バ ス 。 こ れ の 少 し 大 き な も の と い う 具 合 に 考 え て い た だ け れ ば 結 構 な の か な と 思 っ て ま す 。 若 干 の 介 助 を お 手 伝 い す れ ば 、 十 分 に 入 っ て い た だ け る 方 も 結 構 ま だ 多 い か と 思 い ま す 。 当 然 、 特 殊 浴 場 に つ い て も 用 意 は で き て ご ざ い ま す が 、 ち ょ っ と 自 分 で ぬ る 目 の お 湯 に 長 く 浸 か り た い な と 、 こ う い う よ う な 方 も お ら れ る か と 思 い ま す の で 、 そ う い っ た 方 に も 十 分 対 応 し て い け る よ う な 形 の 中 で 、 こ う い う こ と に つ い て も 用 意 し て お り ま す 。 ま た 、 見 て い た だ く と 分 か り ま す け れ ど も 、 こ の浴 室 の 中 か ら 坪 庭 が 見 え る よ う に な っ て ご ざ い

(8)

ま す 。 外 か ら は 覗 け な い よ う に な っ て ま す が 、 お 風 呂 に 入 り な が ら ち ょ っ と 外 の 庭 を 見 て い た だ く よ う な 形 で 、 癒 し の 空 間 も 造 っ て い た だ い た と 、 こ の よ う な 形 に な っ て ご ざ い ま す 。 居 室 ユ ニ ッ ト の 中 に ト イ レ が 3 ヶ 所 造 ら れ て お り ま す が 、 こ の 3 ヶ 所 の ト イ レ に つ き ま し て も 、 い ず れ も 車 椅 子 に 十 分 対 応 で き る よ う な 形 の 中 で 取 り 組 み を し て ご ざ い ま す 。

  1 0 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 1 0 ペ ー ジ 目 は 、 こ れ は 管 理 に 係 る 部 分 の 特 色 に つ い て 若 干 載 せ て ご ざ い ま す 。 職 員 の 出 入 り 口 が 上 の 方 に 出 て ご ざ い ま す が 、 現 地 で ご 説 明 し ま し た と お り 、 基 本 的 に は 裏 側 か ら 職 員 に 入 っ て い た だ き ま し ょ う と 。 職 員 に つ い て は 、 今 の 計 画 で は ナ ン バ ー の 電 子 錠 を 付 け ま し て 、暗 証 番 号 、自 分 の 職 員 番 号 等 を 打 ち 込 む と 入 っ て 来 れ ま す と 。 当 然 、 朝 の 早 い 時 間 あ る い は 深 夜 に 早 退 出 と い う の が 想 定 さ れ ます の で 、 そ う い っ た 安 全 性 の 確 保 の 問 題 。 そ れ と も う 一 つ は 、 日 中 に つ き ま し て は 、 い き い き 4 ・ 6 か ら お 越 し に な ら れ る 方 に つ い て は 、 イ ン タ ー ホ ン 等を利 用 し て 事 務 室 内 で 本 人 を 確 認 さ せ て い た だ き な が ら 、 鍵 を お 開 け す る と 。 こ う い う よ う な 形 で 管 理 を し て い き た い な と 思 っ て ま す 。 当 然 、ここの渡りの 廊 下 の 部 分 に 外 部 か ら の 感 染 症 を 予 防 す る た め の う が い と 手 洗 い の 設 備 。 寿 幸 園 に 入 っ た 時 に 直 ぐ 手 を 消 毒 し て ま し た け ど も 、 こ れ プ ラ ス う が い の 設 備 を 義 務 付 け を す る よ う な 形 で セ ッ テ ィ ン グ を し て い き た い な と 思 っ て お り ま す 。 ま た 、 更 衣 室 に つ き ま し て は 、 実 は 最 近 男 性 の 介 護 師 さ ん が 非 常 に 多 く な っ て き て ま す 。 専 門 学 校 を 卒 業 さ れ て 、 結 構 男 性 の 介 護 師 が 特 養 の 中 に も 進 出 を し て お り ま す 。隣 の 緑 樹 園 と か 、そ う い う と こ 行 き ま す と 男 性 の 方 お り ま す 。当 然 、 わ が 町 の 施 設 に つ い て も 、 当 然 男 の 方 が 進 出 し て 来 る だ ろ う と い う こ と も あ り ま す の で、更衣 室 に つ い て は 、男 女 比 で 対 応 出 来 る よ う 壁 の 間 仕 切 り を 可 動 式 に し て ご ざ い ま す 。ま た こ れ も 、 今 回 の 策 定 委 員 会 の 中 の 委 員 さ ん か ら 要 望 が ご ざ い ま し た 。 是 非 、 職 員 用 の シ ャ ワ ー を 付 け て ほ し い と 。 シ ャ ワ ー 何 で い る の か な と 思 っ て 聞 い て み ま し た ら 、 入 浴 を 介 助 し ま す と 相 当 汗 を か か れ る と 。 な か な か 汗 を そ の ま ま ご 自 宅 に 帰 ら れ る の は 大 変 だ と 。 仕 事 が 一 段 落 つ い た 時 点 で 自 分 も か い た 汗 を 流 し た い ん だ と い う よ う な 要 望 も ご ざ い ま し た の で 、 こ の 更 衣 室 に 添 う よ う な 形 で シ ャ ワ ー 室 も 2 つ 用 意 し て ご ざ い ま す 。

そ れ と メ イ ン ア プ ロ ー チ と い う と こ が あ ろ う か と 思 い ま す 。 そ こ に 救 急 車 の 画 が 描 か れ て る か と 思 い ま す 。 メ イ ン ア プ ロ ー チ に 当 然 、 今 の 救 急 車 が 結 構 大 型 化 し て ま す ね 。 結 構 大 き な 車 体 が 入 っ て き ま す の で 、 こ の 救 急 車 が 十 分 に 入 れ る よ う な 高 さ と 幅 と 長 さ を 一 応 造 っ て ご ざ い ま す 。 そ れ と 、 玄 関 以 降 に 車 庫 と い う の が 造 っ て お り ま す 。 議 会 含 め て い ろ ん な 皆 様 方 か ら 、 冬 の 寒 い 時 期 に 入 居 者 を 病 院 に 送 り 迎 え を す る の は 大 変 辛 い 事 だ と い う お 話 を 聞 い て お り ま す 。 そ れ で 、 こ の 中 に 病 院 の 例 え ば い ろ ん な 形 の 中 で 送 迎 す る 際 に 、 少 な く と も あ る 程 度 暖 房 の 利 い た 車 内 に 乗 っ て い た だ け る 。 あ る い は 風 に 吹 き さ ら し に な ら な い よ う な 形 で 車 に 乗 り 降 り し て い た だ き た い と 、 こ う い う 観 点 か ら 玄 関 脇 に 車 庫 を 設 け ま し て 。 当 然 こ の 中 で ア イ ド リ ン グ し て も 大 丈 夫 な 形 の 中 で 換 気 扇 も 下 の 方 に 一 応 付 け る こ と に な っ て ご ざ い ま す 。 十 分 に 車 を 暖 め て 乗 っ て い た だ け る と 。 冷 た い 風 に 当 た ら な い で 乗 っ て い た だ け る 、 こ ん な 形 で 設 備 を 考 え ております。

そ れ と 、 一 般 用 の ト イ レ で ご ざ い ま す が 、 今 後 こ の 施 設 に 来 ら れ る 方 が 非 常 に 多 く な る だ ろ

(9)

う と 、 こ う い う よ う に 考 え て お り ま す 。 従 い ま し て 、 当 然 女 性 用 の ト イ レ の 中 に は 、 小 さ い 男 の 子 用 の 男 児 用 の ト イ レ 。 あ る い は 子 供 用 の 手 洗 い 器 。 そ れ と 、 当 然 赤 ち ゃ ん も お 見 え に な る と い う こ と も 考 え て お り ま す の で 、 ベ ビ ー シ ー ト を 敷 け る よ う な 棚 と か 、 こ う い う も の に つ き ま し て も 設 置 を す る 予 定 で ご ざ い ま す 。 も う 一 点 は 、 オ ス ト メ イ ト 用 の ト イ レ を 介 護 室 の 横 に つ け て 考 え て ご ざ い ま す 。 現 在 聞 く と こ ろ に よ る と 、 オ ス ト メ イ ト ご 利 用 さ れ て る 方 が 、 入 居 者 1 名 と い う 具 合 に 聞 い て お り ま し て 、 今 後 多 分 オ ス ト メ イ ト 利 用 し な け れ ば な ら な い 方 が 多 く な る だ ろ う と 考 え て ご ざ い ま す の で 、 そ う い っ た こ と も 考 え な が ら 、 こ ち ら の ト イ レ に つ い て オ ス ト メ イ ト も 対 応 で き る よ う に し て ご ざ い ま す 。

1 0 ペ ー ジ の 右 側 の 方 に 書 い て ご ざ い ま す が 、 厨 房 は ド ラ イ 方 式 と 。 先 ほ ど 申 し 上 げ ま し た と お り 、 ハ サ ッ プ に つ い て 十 分 検 討 し て る と い う こ と で す 。 最 終 的 に は こ の 厨 房 の 区 画 割 が 若 干 変 わ る こ と も ご ざ い ま す が 、 基 本 的 に は ド ラ イ ス ペ ー ス と 。 下 処 理 、 あ る い は 前 処 理 。 そ し て 更 に は 配 膳 と 下 が っ て き た 食 器 を 洗 う 場 所 と 。 こ れ も き ち ん と 区 分 け を し な が ら 、 少 な く と も 、 こ の 施 設 の 中 か ら 食 中 毒 や 厨 房 が 原 因 と な る よ う な 病 気 は 起 こ さ せ な い と い う 形 の 中 で 考 え て ご ざ い ま す 。また、特殊浴槽につきましては、ストレッチャー浴槽。あるいはリフト浴槽、

そうい っ た 必 要 な も の に つ い て は 整 備 を し て い き ま し ょ う と 考 え て ご ざ い ま す 。 そ れ と 、 こ の 地 域 交 流 ス ペ ー ス な ん で す が 、 こ こ の 場 所 と い う の は 結 構 重 要 な 場 所 に な っ て く る だ ろ う と 思 っ て ま す 。 こ の 設 備 全 体 の 中 で 、 町 長 か ら も 強 く 言 わ れ て お り ま す の は 、 今 後 白 老 町 民の 高 齢 化 が 進 ん で い く だ ろ う と 。 そ う す る と 老 後 の 介 護 含 め て 、 ど う し て も 家 庭 の 中 で 介 護 を 必 要 と す る 、 施 設 に 入 所 す る ま で も な い ん だ け ど も 、 あ る 程 度 介 護 の 知 識 を 持 つ 必 要 が あ る と 思 わ れ る 方 々 が 、 ご 家 庭 が 増 え て い く だ ろ う と 。 そ う い っ た 方 々 に 勉 強 す る 機 会 も き ち ん と 保 障 し て い か な き ゃ な らな い だ ろ う と 。 そ う い っ た 中 で 言 わ れ て お り ま し た の は 、 こ の 施 設 の 中 に 研 修 を 行 う ス ペ ー ス を き ち ん と 盛 り 込 め と 。 そ れ と 、 も う 一 つ は い ろ ん な 意 味 で ボ ラ ン テ ィ ア の 方 が た く さ ん お 見 え に な る と 思 い ま す 。そ う い っ た ボ ラ ン テ ィ ア の 方 が 、活 動 で き る よ う な 場 所 。 あ る い は お 泊 り に な っ て 、 一 晩 ボ ラ ン テ ィ ア を さ れ る と い う 場 合 も 当 然 ご ざ い ま し ょ う し 、 そ う い っ た 形 の 中 で ボ ラ ン テ ィ ア 室 な る 理 念 も き ち ん と 入 れ て ほ し い と い う 形 で 要 望 が ご ざ い ま して、それは研修室、あるいはボランティア室として、設 計 を 組 ま さ せ て い た だ い て お り ま す 。 ま た 。 こ の 地 域 交 流ス ペ ー ス は 可 動 式 の 間 仕 切 り に す る こ と が で き ま す 。 斜 め の 稼 動 式 に な る か と 思 い ま す が 、 こ の 中 で ま た 別 な 研 修 も 可 能 で し ょ う し 、 あ る い は こ こ の 部 分 が 地 域 交 流 ス ペ ー ス ギ ャ ラ リ ー の 部 分 に 移 動 用 の 畳 を 実 は セ ッ ト を し て お り ま す 。こ の 可 動 用 の 畳 を 集 め て 、 ス テ ー ジ を 作 っ て 、 ス テ ー ジ の 上 で い ろ ん な 例 え ば 催 し 物 な り 、 あ る い は こ の ス ペ ー ス を 利 用 し て い ろ ん な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 図 る と 、 こ ん な こ と も 可 能 で は な い か な と 考 え て ご ざ い ま す。

  1 1 ペ ー ジ 目 を ご 覧 く だ さ い 。 1 1 ペ ー ジ に は 、 施 設 の 詳 細 計 画 含 め て 、 他 施 設 の 例 等 も 載 せ て ご ざ い ま す 。 ご覧 い た だ け れ ば よ ろ し い か と 思 い ま す 。 カ ウ ン タ ー に つ き ま し て も 、 車 椅 子 で も 十 分 に 対 応 で き る よ う な カ ウ ン タ ー 。 あ る い は 洗 面 台 に つ き ま し て も 、 屈 ん で も 車 椅 子 で も 十 分 使 い や す い よ う な も の を 考 え て き た と 思 い ま す 。 ま た 今 、 蛇 口 も い ろ い ろ 良 い も の が

(10)

10

出てきてますので、どん な も の が 使 い や す い 蛇 口 に な る の か 、 こ の 辺 も 是 非 今 後 実 施 す る 時 に は 検 討 し て い き た い な と 思 っ て お り ま す 。ま た 、当 然 足 腰 弱 い 方 が つ た い 歩 き 等 さ れ ま す の で 、 手 す り に つ き ま し て は 握 り や す い も の の 、 そ れ と も 丸 み を ち ょ っ と 付 け て 、 冷 た い 金 属 製 の も の で は な く て 、 木 質 の も のも 配 慮 し て い き た い な と 思 っ て ま す 。 そ れ と 、 床 だ と か あ る い は 、 柱 が ど う し て も付 かな き ゃ な ら な い 部 分 が 出 て く る と 思 い ま す が 、 そ こ の 面 取 り も 極 力 丸 み を 付 け て 、 ど ん と 当 た っ て 痛 い 思 い を し な い と い う よ う な 形 の 中 で や っ て い き た い な と 思 っ て ま す 。 そ れ と 、 腰 壁 あ た り ま で 、 当 然 ス ト レ ッ チ ャ ー が 結 構 の 頻 度 で も っ て こ の 施 設 で 使 わ れ る と 思 い ま す 。 ス ト レ ッ チ ャ ー が 当 た っ た 場 合 の 衝 撃 を 吸 収 す る 。 あ る い は 壁 に 傷 が 付 か な い よ う に す る と い う こ と も 当 然 必 要 で す の で 、 そ う い っ た 腰 回 り の ス ト レ ッ チ ャ ー あ た り も き ち ん と 考 え て い き た い な と 、 こ の よ う に 考 え て ご ざ い ま す 。

  1 2 ペ ー ジ を お 開 き く だ さ い 。 1 2 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 電 気 設 備 計 画 で ご ざ い ま す 。 当 然 こ の 中 で は 電 気 あ る い は 電 話 、 更 に は 一 番 問 題 に な っ て く る の は ナ ー ス コ ー ル 、 あ る い は 火 災 報 知 器 と 、 こ う い っ た も の か と 思 い ま す 。 こ う い っ た も の に つ き ま し て も 、 機 器 の 選 定 も ひ っ く る め ま し て 、 き ち ん と し た も の を 造 っ て い き た い な と 思 っ て ま す 。 自 家 発 電 に つ き ま し て は、大体80KVA位 の も の で 賄 え る の で は な い か な と い うふうに考えてございます。こういっ た も の も 、 き ち ん と 配 置 を し な が ら 、 い ざ 非 常 時 の 場 合 、 最 低 限 の 電 源 を 確 保 してくというよ う な 形 で 考 え て い き た い と 思 っ て ま す 。 ま た 、 電 灯 設 備 に つ き ま し て は 、 で き る だ け 個 別 の ス イ ッ チ を 多 く し て 、 省 エ ネ と い う わ け で は ご ざ い ま せ ん け ど も 、 こ ま め に 調 整 す る こ と に よ っ て 、 快 適 な 雰 囲 気 を 演 出 す る 必 要 も あ る で し ょ う と い う こ と に な る と 思 い ま す ん で 、 あ る い は 例 え ば 蛍 光 管 に し て も 、 白 色 が い い の か 昼 光 色 が い い の か 、 あ る い は 白 熱 灯 で も い ろ ん な 色 あ り ま す よ ね 。 赤 の 強 い も の も あ れ ば 、 白 の 強 い も の も あ り ま す ん で 、 こ う い っ た も の も 全 体 の 壁 の 色 だ と か 床 の 色 だ と か 、 あ る い は 建 具 の 色 等 に 合 わ せ て 気 配 り を し な が ら カ ラ ー リン グ も 考 え て い き た い と 思 っ て お り ま す 。 火 災 報 知 器 に つ き ま し て は 、 こ れ は も う 重 要 な 設 備 に な り ま す の で 、 こ れ に つ い て は 万 全 な も の を 設 定 を す る と い う こ と で お 願 い を し て ご ざ い ま す 。   1 3 ペ ー ジ で ご ざ い ま す 。 1 3 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 機 械 設 備 で ご ざ い ま す 。 当 然 、 機 械 設 備 の 中 で 一 番 メ イ ン に な っ て く る と 思 う の は 、 衛 生 設 備 に な ろ う か と 思 っ て ま す 。 給 水 に つ き ま し て は 町 の 水 道 を い た だ く と 。 4 0 m m の 給 水 管 で 、 あ る 程 度 地 下 タ ン ク を 設 け ま し て 、 そ こ に 貯 水 し な が ら ち ょ っ と 圧 を か け て 、 各 ユ ニ ッ ト に 送 水 を し て く と い う よ う な 形 に な る と 思っ て ま す 。 そ れ と 、 お 湯 で す 。 お 湯 に つ き ま し て は 、 こ れ は 若 干 系 統 を 少 し 考 え ま し ょ う と い う こ と で 考 え て ま す 。 特 に お 湯 の 温 度 に つ き ま し て は 、 よ く 居 室 に 洗 面 台 に 結 構 熱 い お 湯 を 供 給 し て る 所 が あ り ま す 。 顔 を 洗 う の に 何 で こ ん な 熱 い の が 必 要 な の か な と い う こ と も ご ざ い ま す し 、 最 初 か ら 混 合 栓 で セ ッ ト し て あ れ ば い い ん で す が 、 熱 い 方 あ る い は 水 だ け と い う こ と に な り ま す と 、 ま か り 間 違 っ て 熱 い お 湯 が そ の ま ま 手 を つ け た り 顔 を つ け た り と い う こ と が あ りますので、こ れ は お 願 い を し ま し て 、居 室 に は 概 ね 4 0 度 の お 湯 し か 行 か な い よ う に す る と 。 で す か ら、 ボ イ ラ ー で 沸 か し た お 湯 を 一 定 減 の 冷 ま す の か 上 げ る の か 分 か り ま せ ん け ど も 、 4 0 度 の お 湯 の タ ン ク 。 そ れ と 、 浴 室 に 4 2 度 の お 湯 が 出 先 で 、 蛇 口 を 捻 っ た 時 に 4 2 度 に な る

(11)

11

よ う な お 湯 を 供 給 し て い た だ く よ う な こ と も 考 え て ま す 。 ま た 、 ユ ニ ッ ト に 造 ら れ て る 個 浴 な ん で す が 、 大 体 お 湯 の 量 で 2 5 0 リ ッ ト ル か ら 多 く て 3 0 0 リ ッ ト ル 位 の お 湯 に な る か と 思 っ て ま す 。 こ の 個 浴 は か な り 頻 度 が 多 く な る で し ょ う と 。 そ れ と 、 も う 一 つ は 当 然 皮 膚 病 の 問 題 等ありますので、こ の お 湯 に つ い て は 全 部 投 げ 捨 て と 。一 回 入 っ た ら お 風 呂 を さ さ っ と 洗 っ て 、 次 の 方 に 入 っ てい た だ く と い う 形 で 考 え て ま す 。で す か ら 、こ の 4 2 度 の お 湯 に つ き ま し て は 、 結 構 大 き な 貯 蔵 用 の タ ン ク が 必 要 に な る か な と い う よ う に 考 え て ま す 。 ま た 、 こ の お 湯 を 各 ユ ニ ッ ト に 供 給 す る に は 、 今 の 家 庭 の お 風 呂 で す と 2 0 分 位 か か る ん で す よ ね 。 毎 分 1 0 リ ッ ト ル も 出 な い と 、 5 リ ッ ト ル か そ ん な も ん で し ょ う か ら 。 そ う し ま す と 、 だ ま っ て て 2 0 分 も 3 0 分 も 次 の 人 入 る の に 待 つ と 。 こ ん な 訳 に い き ま せ ん の で 、 概 ね 5 分 以 内 に お 風 呂 に 入 れ る だ け の 量 を 入 れ て ほ し い と い う 形 の 中 で お 願 い は し て あ り ま す 。 そ の 辺 も 今 検 討 さ れ て い る か と 思っております。

それ と 、 暖 房 、 換 気 設 備 で ご ざ い ま す が 、 当 然 、 施 設 内 の 院 内 感 染 、 こ れ も 考 え て い か な け れ ば な ら な い と い う こ と で す の で 、 当 然 外 気 に 対 す る 排 気 口 と 吸 気 口 は 近 く に 設 け な い よ と 、 そ う い っ た も の も 考 え な が ら き ち ん と 換 気 を 図 っ て い き た い と 、 こ の よ う に 考 え て お り ま す 。 も う 一 つ は 、 こ れ は 私 の 方 か ら 検 討 委 員 会 の 方 に お 願 い し た の は 、 何 れ 配 管 設 備 が 古 く な っ て 替 え な き ゃ な ら な い 時 が く る で し ょ う と 。 そ う す る と や っ ぱ り 1 0 年 か ら 1 5 年 位 で 一 度 更 新 し な き ゃ な ら な い で し ょ う と 、 こ う い っ た こ と も あ り ま し て 、 で き る だ け 床 下 に こ う い っ た 管 類をまとめて ピ ッ ト を 作 っ て 、 出 来 る だ け 交 換 に 手 間 が か か ら な い よ う な こ と も 是 非 考 え て ほ し い と い う よ う な こ と も 考 え て ご ざ い ま し て 、 ま た 例 え ば ト イ レ あ る い は 洗 面 台 に 結 構 異 物 が 詰 る と 思 い ま す 。 い ろ ん な も の を 流 し た り 、 入 れ 歯 を 落 と さ れ た り 、 そ ん な こ と も あ ろ う か と 思 っ て ま す 。 そ う い っ た 場 合 、 保 守 が 楽 な よ う に 是 非 こ う い っ た 設 備 関 係 に つ い て も 、 そ う い っ た 保 守 が 楽 な よ う に し て い た だ き た い と い う こ と で 考 え て ご ざ い ま す 。

  1 4 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。 約 3 、 0 00㎡ の 6 0 ベ ッ ド の 特 養 で 電 気 あ る い は 上 下 水 道 、 燃 料 ど れ 位 使 う の か と い う こ と で 、 実 は 試 算 を し て ご ざ い ま す 。 正 直 申 し 上 げ ま し て 、 か な り 想 定 し た よ り も 結 構 か か る ん だ な と 思 っ て お り ま す 。 電 力 使 用 量 に つ き ま し て は 、 大 体 年 間 6 0 0 万 位 と い う よ う な 試 算 結 果 が 出 て お り ま す 。 エ ア コ ン に つ き ま し て も 、 年 間 の 稼 動 日 数 は 大 体 暑 い 日 だ け つ け る と い う 形 に な り ま し て 、 年 間 3 0 日 あ る か な い か と い う よ う な こ と で ご ざ い ま す け れ ど も 、 年 間 の 使 用 量 と し て は 電 気 代 が 6 0 0 万 。 そ れ と 、 暖 房 に つ き ま し て は 、 こ れ は 灯 油 ボ イ ラ ー を 想 定 し て ご ざ い ま す 。 灯 油 ボ イ ラ ー に つ き ま し て は 、 今 非 常 に 灯 油 が 上 が っ て お り ま す 。 5 4 円 と 、 リ ッ タ ー と い う こ と に な っ て ま す 。 こ う い っ た も の が 年 間 の 灯 油 料 金 は 試 算 で は 5 8 0 万 。 更 に は 給 湯 用 の 部 分 に つ き ま し て は 、 1 8 8 万 位 。 厨 房 に つ き ま し て は 、 一 応 プ ロ パ ン ガ ス を 使 う と い う こ と で 考 え て お り ま し て 、 こ れ も 年 間 で 合 わ す と 2 0 0 万 位 の ガ ス 代 が か か ろ う か と こ の よ う に 考 え て ま す 。 上 下 水 道 に つ き ま し て は 、 上 水 道 は 1 0 9 万 。 下 水 は 1 4 0 万 と 。 合 わ せ て 年 間 1 , 8 0 0 万 位 の 光 熱 費 が か か る の で は な い か な と い う 試 算 を し て ご ざ い ま す 。

  1 5 ペ ー ジ に つ き ま し て 、 設 計 の 仕 上 げ 表 で ご ざ い ま す 。 面 積 及 び 内 部 の 仕 上 げ は ど ん な 型

(12)

12 にするかという形で表が 載 っ て お り ま す 。

1 6 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 配 置 、 い き い き と の 配 置 で ご ざ い ま す 。 現 地 で ご 説 明 い た し ま し た が 、 盛 り 土 を し な き ゃ な ら な い 部 分 も 相 当 あ ろ う か と 思 っ て お り ま す 。 こ う い っ た も の も ひ っ く る め て 、未 だ 高 低 測 量 あ る い は 実 施 設 計 の た め の き ち っ と し た 本 測 量 も し て お り ま せ ん 。 場 合 に よ っ て 、 こ の 建 物 位 置 が こ の 図 で い う と 下 の 方 に 若 干 ず れ て く る と い う こ と も あ ろ う か な と 。 渡 り 廊 下 が 若 干 長 く な ろ う か な と い う こ と も 想 定 さ れ て お り ま す 。

  1 7 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 こ れ は 平 面 図 で ご ざ い ま す 。 中 身 に つ き ま し て は 、 先 ほ ど ご 説 明した とお り でござ います。

  1 8 ぺ ー ジ に つ き ま し て は 、 基 本 設 計 図 。 断 面 図 と い う 形 の 中 で 思 っ て ま す 。 室 内 は 一 番 高 い 所 で 3 m を 想 定 し て ご ざ い ま す 。 こ れ 以 上 高 く し ま す と 、 自 分 の 家 の 居 間 の 天 井 が 高 い と 多 分 あ ん ま り 落 ち 着 か な い と 思 う ん で す よ ね 。 ご 自 宅 の 居 間 の 天 井 の 高 さ と い う の は 、 そ ん な に 高くないと。し か し あ る 程 度 の 空 間 を 取 ら な き ゃ な ら な い と い う よ う な こ と も ご ざ い ま す の で 、 3 m 程 度 で 抑 え よ う と い う 形 に な っ て ご ざ い ま す 。 こ の 詳 細 図 の 下 の 方 に 描 い て あ り ま す と お り 、 ベ ッ ド 1 台 と 。 そ れ と 家 族 介 護 用 の ベ ッ ド も 置 く こ と が で き る と 。 4 m3 5 c m と 3 m5 0cm の こ の 四 角 の 中 で セ ッ テ ィ ン グ を し て い た だ く と 。 そ れ と 、 一 般 浴 室 の 手 回 り で ご ざ い ま す が 、浴 室 が 斜 め に ふ っ て ご ざ い ま す 。どちらの壁にもくっ付けてございません。両 側 か ら 、 右 が 使 え な い 方 に は 右 に い っ て 、 左 の 使 え な い 方 は い っ て 介 助 さ れ る と 。 そ れ で 、 窓 を 見 て 入 ら れ ま す と 、 窓 の 外 に は 坪 庭 が 見 え る と い う よ う な 形 で の 考 え で ご ざ い ま す 。 脱 衣 場 に は ど ち ら の ユ ニ ッ ト か ら も 入 っ て い く こ と が 出 来 る 。 結 構 広 い ス ペ ー ス か と 思 い ま す 。 ま た 、 中 に は ち ゃ ん と ト イ レ も 造 っ て ご ざ い ま す の で 、 中 で 十 分 に 用 が 足 せ る こ と が 出 来 る と 思 っ て ま す 。 特 殊 浴 槽 も 同 じ よ う に 特 殊 浴 槽 に 入 り な が ら お 庭 が 見 え る よ う な 形 に も 造 り 込 み を し て ご ざ い ま す 。 ゆ っ く り 入 っ て い た だ け る の で は な い か と 思 い ま す 。 ま た 、 脱 衣 室 も 結 構 広 く 取 っ て お り ま す の で 、 ス ト レ ッ チ ャ ー で 入 っ て 来 ら れ て も 。 先 ほ ど 寿 幸 園 で 脱 ぐ と こ と 入 る と こ と 別 と 別 と い う こ と が ご ざ い ま し た け ど も 、 こ の 施 設 は そ う い う こ と は な い だ ろ う と 考 え て ご ざ い ま す。

  1 9 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 外 観 パ ー ス で ご ざ い ま す 。 後 ほ ど パ ー ス を 持 っ て 来 た い と 思 っ て ま す 。

2 0 ペ ー ジ で ご ざ い ま す 。 2 0 ペ ー ジ に つ き ま し て は 、 実 は 基 本 設 計 を 出 し た 時 点 で 、 こ れ か ら ご 説 明 し ま す 交 付 金 の 関 係 が 未 だ 確 定 し て な い と い う こ と な も ん で す か ら 、 こ れ に つ き ま し て は 補 助 金 で や る と す れ ば ど う な ん だ と 。 工 事 工 程 、 日 程 等 は ど う な ん だ と い う 形 の 中 で 作 ら せ て い た だ き ま し た 。 こ れ に つ き ま し て は 、 間 違 い な く 交 付 金 の 申 請 を す る 場 合 は こ こ の 部 分 は 差 し 替 え に な る と い う 具 合 に 考 え て ご ざ い ま す 。

  2 1 ペ ー ジ で ご ざ い ま す 。 2 1 ペ ー ジ つ き ま し て は 、 建 設 事 業 費 に つ い て 内 訳 を 記 載 し て ご

ざいます。建設事業費が 7億7,700万。7億8,000万程度という中でやっております。

当 然 、 実 施 設 計 し ま す と 、当 然 凸 凹 等 ご ざ い ま す が 、 大 体 当 初 の 予 定 ど お り の 金 額 で 間 に 合 う の か な と と い う よ う な 考 え を 持 っ て お り ま す 。 こ の 建 物 の 他 に 必 要 に な っ て き ま す の は 、 当 然

(13)

13

渡 り 廊 下 に 係 る 部 分 等 に つ い て も 出 て 来 ま す 。 外 構 工 事 に つ い て も 、 こ れ 別 途 積 算 と な っ て お り ま す の で 、 こ う い っ た も の も 入 れ な が ら で き れ ば 8 億 6 , 0 0 0 万 位 で 考 え て お り ま す 。 ま た 、 実 施 設 計 に つ き ま し て は 来 年 度 、 現 地 の 測 量 等 行 っ た 上 で 最 終 的 な 設 計 に な る と い う ふ う に考 え てござ い ます。

  2 2 ペ ー ジ を お 開 き く だ さ い 。2 2 ペ ー ジ つ い て は 、ホ テ ル コ ス ト 一 応 試 算 し て ご ざ い ま す 。 試 算 の 条件 は 幾 つ か ご ざ い ま し て 、 光 熱 費 の 部 分 と 施 設 建 設 費 の 部 分 と 分 け て 考 え て ま す 。 当 然 、 お 金 を 借 り て 物 を 建 て る と い う こ と に な り ま す と 金 利 も 計 算 し な け れ ば な り ま せ ん し 、 そ う い っ た も の を 含 め て 計 算 を し て ご ざ い ま す 。 原 価 の 算 定 期 間 に つ き ま し て は 、 何 れ も 3 0 年 と い う 形 で 計 算 を し て お り ま す 。 金 利 あ り の 場 合 、 特 養 の 部 分 で 言 い ま す と 、 光 熱 水 費 の 部 分 が 1 3 , 8 8 0 円 。 上 の 建 設 費 用 の 部 分 で 言 い ま す と 2 万 9 , 0 0 0 円 と 。 合 わ せ て 4 3 , 1 6 8 円 と い う 形 に な り ま す 。 金 利 無 し で 計 算 を い た し ま す と 3 万 3 , 8 8 4 円 と い う ふ う な 形 でホテルコストが 試 算 さ れ て お り ま す 。 当 初 、 私 共 で 考 え て た 光 熱 費 の 部 分 で 言 い ま す と 、 光 熱 費 大 体 5 , 0 0 0 円 位 高 い な と 。 金 利 無 し で 計 算 し た 場 合 は 大 体 こ の 位 の 金 額 か な と い う ふ う に 考 え て ご ざ い ま す が 、 何 れ に し ま し て も 最 終 的 に 実 施 設 計 を 組 ん で 、 最 終 的 に 落 札 さ れ た 建築費によって、こ の ホ テ ル コ ス ト に つ い て も 若 干 変 わ っ て く る だ ろ う な と 思 っ て ま す 。た だ 、 大 体 予 定 さ れ た ホ テ ル コ ス ト 位 か な と い う よ う な 気 が し て お り ま す 。 以 上 、 雑 駁 で ご ざ い ま す け れ ど も 、 こ の 基 本 計 画 の 主 な 中 身 に つ い て 説 明 を さ せ て い た だ き ま し た 。

引 き 続 き 、 先 に こ の 建 設 費 の 交 付 金 の ス ケ ジ ュ ー ル 等 に つ い て お 話 を さ せ て い た だ き た い と 思 っ て ま す 。 こ ち ら に 地 域 介 護 ・ 福 祉 空 間 整 備 等 交 付 金 の 資 料 が 行 っ て る か と 思 い ま す が 、 こ ち ら で 説 明 を さ せ て い た だ き ま す 。 3 月 の 議 会 で 加 藤 議 員 さ ん か ら 質 問 が あ り ま し た 、 交 付 金 の 中 身 ど う な ん だ と 。 分 か っ て な い の か と い う こ と で お 話 が ご ざ い ま し た 。 3 月 の 議 会 の 時 点 で は 、 そ の 交 付 金 の 中 身 に つ い て は 一 切 分 か り ま せ ん と い う こ と を お 話 を さ せ て い た だ い た ん で す が 、 実 は 4 月 の 2 0 日 に 胆 振 支 庁 並 び に 道 の 方 に ち ょ っ と 行 っ て 来 ま し て 、 確 認 を し て ま い り ま し た 。 そ の 結 果 か ら 言 い ま す と 、 3 月 の 議 会 か ら 一 歩 も 出 て な い と い う よ う な 状 況 で ご ざ い ま す 。 道 の 方 も 3 月 の 末 時 点 で 、 こ ち ら の 方 に 当 初 予 定 と い う ス ケ ジ ュ ー ル が 書 い て ご ざ い ま す が 、 地 域 交 付 金 の 作 業 事 務 の ス ケ ジ ュ ー ル が 、 道 の 方 も 国 の 交 付 金 の 内 示 が 4 月 上 旬 に は あ る だ ろ う と 。 そ の 金 額 を 見 て 市 町 村 に 対 し て あ る い は 法 人 に 対 し て 、 道 の 方 針 を 通 知 す る と 、 こ う い う よ う な 予 定 に な っ て ご ざ い ま し た 。 と こ ろ が 今 現 在 、 4 月 2 0 日 現 在 全 く 交 付 金 の 内 示 も な い と い う こ と で 、 1 7 年 度 事 業 ま だ 手 に 付 か な い の が 現 状 に な っ て ご ざ い ま す 。 当 初 、 予 定 に つ き ま し て は 、 5 月 下 旬 位 に は 私 共 の 交 付 金 の 交 付 要 綱 も 上 げ よ う と い う こ と で 段 取 り を し て お り ま し た が 、 こ れ に つ い て も 、 ひ ょ っ と し て 7 月 位 ま で ず れ て い く の か な と い う よ う な こ と も 考 え て お り ま す 。 た だ 、 残 念 な が ら 交 付 金 の 交 付 要 綱 の 中 身 が 正 直 言 っ て 全 く 分 か っ て な い と い う よ う な 状 況 で ご ざ い ま す の で 、 こ の ス ケ ジ ュ ー ル あ る い は そ の 中 身 等 に つ い て ど ん な も の が 必 要 に な っ て く る の か 、 こ れ に つ い て も 全 く 分 か ら な い よ う な 状 況 に な っ て ま す 。 た だ 、 道 の ス ケ ジ ュ ー ル と し ま し て は 、 道 の 予 算 編 成 が 1 1 月 に は ほ ぼ 確 定 し ま す と い う こ と な も ん で す か ら 、 間 違 い な く 6 月 か ら 7 月 位 に か け て 各 市 町 村 の要 望 を 上 げ て 、 ヒ ア リ ン

(14)

14

グ を 行 っ て 、 道 の 予 算 に 1 1 月 に 上 げ て 、 国 庫 協 議 に 1 月 に は 入 っ て い く と 。 こ ん な 段 取 り に な っ て い く に は 間 違 い な い 。 で す か ら 、 最 後 の 部 分 に つ い て は 決 ま っ て る と い う よ う な 形 に な り ま す 。 何 れ に し ま し て も 、 国 の 1 7 年 度 の 交 付 金 の 内 示 が 来 た 段 階 で 、 お お よ そ い つ 頃 こ の 要 項 が 出 て く る の か な と い う こ と に つ い て は 明 ら か に な っ て く る の か な と 考 え て ご ざ い ま す 。 2 ペ ー ジ 目 を お 開 き く だ さ い 。寿 幸 園 に 係 る 今 後 の ス ケ ジ ュ ー ル の 見 込 み で ご ざ い ま す 。今 、 申 し 上 げ ま し た と お り 、 正 直 言 い ま し て 具 体 的 に 書 け る も の は ご ざ い ま せ んが 、 も う 既 に こ の 基 本 計 画 に つ き ま し て は 道 の 方 に お 持 ち を し ま し て 、 中 身 を チ ェ ッ ク し て も ら っ て る 状 況 に な っ て ま す 。 交 付 金 の 交 付 要 項 が 示 さ れ た 時 点 で 、 こ う い っ た も の も 変 え ろ と 、 あ る い は 修 正 を し ろ と い う よ う な 指 示 等 も あ ろ う か と 思 っ て ま す 。 私 共 の 考 え と し ま し て は 、 概 ね 今 年 度 一 杯 は 施 設 の 実 施 設 計 の 準 備 と い う 形 に な り ま す 。 そ れ と 、 当 然 新 し い 施 設 に 対 し て い ろ ん な 機 械 等 が 入 っ て き ま す の で 、こ う い っ た 機 器 の 中 身 、種類、これも来年度の予算編成時期までには、

概 ね 粗 方 決 め て く 必 要 が あ る の か な と 思 っ て ま す 。 そ れ と 、 も う 一 つ は 一 番 大 事 な こ と は 、 ユ ニッ ト のケア の 研修を、こ れ は も う 順 次 に 進 め て い た だ く と い う こ と に な ろ う か と 思 っ て ま す 。 ま た 、 ユ ニ ッ ト ケ ア で ど ん な 処 遇 を さ れ て い く の か と 、 こ れ に つ い て も 今 計 画 も 作 っ て い た だ い て 、 あ る 程 度 計 画 を 決 定 し て い た だ い て 、 次 の 処 遇 方 針 を 決 め て い く と い う 形 に な ろ う か と 思ってます。

そ れ と 、 も う 一 つ 重 要 な こ と は 、 こ の 間 道 に 呼 ば れ て 言 わ れ た の は 、 今 回 の 地 域 介 護 ・ 福 祉 空 間 整 備 等 交 付 金 の 交 付 に つ き ま し て は 、 原 則 単 年 度 で す と い う こ と を 言 わ れ て ま す 。 こ れ は 何 を 意 味 す る か と 言 い ま す と 、 当 初 補 助 金 は 道 は 2 ヶ 年 の 継 続 事 業 で 、 補 助金 の 交 付 が 行 わ れ て お り ま し た 。 今 回 施 設 交 付 金 に な っ た こ と で 、 単 年 度 事 業 で や っ て く だ さ い と い う こ と で 言 わ れ て お り ま す 。 上 手 い 具 合 に 1 8 年 度 、 採 択 と い う こ と に な れ ば 、 1 8 年 度 中 に 少 な く と も 建 物 が 出 来 上 が る と い う よ う な 状 況 も 現 れ る の か な と 、内 心 期 待 を し て い る 次 第 で ご ざ い ま す 。 こ れ は 私 共 の 勝 手 な 推 測 で ご ざ い ま す が 、 ひ ょ っ と す る と 来 年 の 3 月 の 国 の 予 算 が ほ ぼ 見 え て き た 段 階 で 、 内 示 の 前 の 内 示 く ら い は 来 る の か な と 考 え て ご ざ い ま す 。 そ う し ま す と 、 当 然 4 月 の 交 付 金 の 交 付 決 定 が あ っ た 段 階 で 直 ぐ 実 施 設 計 の 契 約 に つ い て 着 手 出 来 る よ う な 、 例 え ば 臨 時 会 の 日 程 で す と か 、 そ う い っ た も の に つ い て も 年 度 内 に あ る 程 度 準 備 し な け れ ば な ら な い と 考 え て ま す 。 実 施 設 計 含 め て 、 多 分 4 月 か ら 3 ヶ 月 な い し 4 ヶ 月 位 か か る か と 思 っ て ま す 。 8 月 位 に は 出 来 れ ば 工 事 契 約 を し て 、 9 月 位 に は 着 工 出 来 れ ば な と 。 そ う す る と 約 半 年 で 建 物 の 外 構 は 除 い て 出 来 る の か な と 思 っ て お り ま す 。 で き れ ば 1 9 年 の 4 月 に は 新 し い 施 設 を 何 と か 開 所 に 持 っ て い き た い な と 。 交 付 金 の 交 付 要 綱 が ど う な る か 、 ち ょ っ と 分 か り ま せ ん の で 、 何 と も 言 え な い と こ ろ が 不 確 定 な 要 素 が ご ざ い ま す け れ ど も 、 何 と か そ ん な 形 で や っ て い きた い な と 思 っ て ま す 。

そ れ と 、 現 施 設 に つ き ま し て は 、 新 施 設 が 出 来 た 段 階 で 解 体 処 分 と い う 形 に な ろ う か と 思 っ て ま す 。 今 回 の 交 付 金 の 中 で は 、 解 体 す る 費 用 も 含 め て 交 付 さ れ る と い う 位 置 付 け に な っ て ご ざ い ま す の で 、 も し 解 体 し な い で 、 別 な 利 用 と な り ま す と 、 交 付 の 申 請 の 仕 方 が 若 干 変 わ っ て き ま す の で 、 そ れ に つ い て も 後 ほ ど 理 事 者 と も 最 終 的 に 残 っ た 建 物 ど う す る の か と い う こ と に

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP