医薬系学生 における麻疹抗体価 の推移 と今後 の課題

全文

(1)

医薬系学生 における麻疹抗体価 の推移 と今後 の課題

富 山大 学保 健 管理 セ ンター杉 谷支 所

松 井   祥 子、 四間丁   千 枝、 桑守   美 千 代、 酒 井   渉 、谷 野  幸 子 、舟 田  久 Shoko Ⅳ ratsui, chie Shikencho, ヽ lichiyo Ku、 vamori, ヽ 〜 rataru Sakai, Yukiko Tanino, Hisashi Funada:

Recent Trends of Seruln Antibody Titers against Ⅳ [easles in ⅣIedical Students

キ ー ヮー ド

麻疹 抗体価 、 医薬系学部生、感染予 防

要 旨

麻疹の感染予防対策 を目的 として、医薬系学生 1,500名を対象 に、 2003年か ら2007年までの 5年 間、罹患歴 と予防接種歴のア ンケー ト調査を行 い、

麻疹抗体価 を測定 した。 その結果、 5年 間の平均 抗体 陰性率 は HI法 にて29.7%であ った。 検査開 始 当初 の2003年の陰性 率 は13.3%であ ったが、

2007年には45.5%と3倍 以上 に上昇 し、特 に1987 年、1988年生 まれの学生 の陰性率が高か った。入 学時 ア ンケー ト調査 によれば、麻疹 ワクチ ンの接 種率 は646%で あ ったが、罹患歴 は若年 にな るに つれて減少傾向がみ られた。 自然感染 の機会の減 少 に伴 い、感染者 によるブースター効果をえない まま、成人を迎える世代が急増 したために、2007 年春 の成人麻疹にみ る outbreakが起 こった と考 え られ る。 今後 の MR.ヮ クチ ン 2回 接種 の効果 に期待す るが、感染予防 に対す る知識 の普及 も重 要 な課題 と考え られた。   │

は じめに

麻疹 は、感染力が きわめて強い疾患である。我 が国においては1978年に麻疹 ワクチ ンが定期接種 とな ってか らは、麻疹の発症が減少 し、 またワク チ ンの 1回 接種でほとん どの者が一生罹患 しない ものと考え られて きた。 しか し、1990年代 にな っ

て若年層を中心 とした成人麻疹の流行が数年 ごと に繰 り返 され るよ うにな り、2007年春 にはこれま でにない規模で、高校生や大学生を中心 とした成 人麻疹 の Outbreakが 発生 した1)2)。この背景 に は、厚生労働省調査での麻疹予防接種率が80%程 度 に しか達 していないために、成人での初感染が 起 こり得 ることや、予防接種 による麻疹流行 の減 少 の結果 として野生株 によるブースターを得 る機 会がな くなって きたことなどがあげ られている 3ゝ

我 々は医薬系学部 の大学生への感染予防対策 と して、2003年か ら大学入学時に小児 ウイルス感染 症 (麻疹、風疹、 ム ンプス、水痘)の 既往や ワク チ ン接種 についてのア ンケー ト調査 を行 うととも に、 それ ら感染症 に対す る血清抗体価測定 と抗体 陰性者に対するワクチ ン接種の勧奨を行 って きた。

その中で2007年度 に全国規模で流行 した麻疹抗体 陰性者の現状 を把握 し、今後 の課題を検討 したの で、 ここに報告す る。

対象 と方法     ―

富山大学医薬系 キ ャンパ ス (旧 富 山医科薬科

大学)の 医学部 (医学科、看護学科)、薬学部学

生 計 1,500名 (男性726名、女性774名)を 対象

に、2003年か ら2007年の 5年 間、麻疹感染症 に関

す る罹患歴 :接 種歴のア ンケー ト調査 を行 い、そ

(2)

の血清抗体価 を測定 した。測定法 は、赤血球凝集 阻止反応法 (HI法 )を 用 い、一部の検体 には酵 素免疫測定法 (EIA法 :IgG測 定)を 用 いた再 検査 を行 った。抗体陰性者 の判定基準 は HI法 で 8倍未満、EIA法 で は20未 満 とした。

ア ンケー ト調査の方法 は、入学時 に提 出す る書 類一式 として保護者 に送付 し、母子手帳等 による 確認 の後、 ワクチ ン接種歴や罹患歴 を記入す るよ うに依頼 した。入学後 に上記 4種 のウイルス感染 症 に関す る抗体価測定検査の申込書 とともに、 ア

ンケー ト用紙 を回収 した。

結果

1.麻 疹 に対する抗体陰性率の推移

2003年か ら2007年における、麻疹抗体の陰性率 の平均 は29.7%であ った。 これを検査年度別 でみ ると、 2003年は13.3%であ った陰性率 が、2006年 は35.2%、2007年は45.5%、と最近 2年 間で急激 な 上昇 を認 めた。 (図 1)。 これを出生年別で検討す ると (図 2)、 1987年および 1988年生 まれの学生 に、有意 な陰性率 の上昇 を認 めた (分散分析 p

<0̀01)。男女別 の検討 で は、特 に性差 は認 めな か った。

2.抗 体価測定法の比較 (Hl法、EIA法 ) 麻疹 の HI法 は EIA法 に比 して感度 の低 い こ とが報告 されているため4)5)、2006年および2007

600%

500%

40000

豊 300%

200%

100%

00%

200411         20054F         2006笙 F 検査 年 度

図 1   検 査年別抗体陰性率の推移

1982    1983    1984    1985    1986 生 年 度

図 2 生 年 別抗 体 陰性率 の推 移

(3)

EIA

+一 +

Hl

8倍 >

13 24

132

8倍

0

16倍

0 0 34 34

321曽

0 2 2

64倍

0 1 1

EIA 2.0未 満 :一 ′  2.0… 3.9: ± ′ 4.0以上 :+

表1 麻 疹抗体 H:法 と EIA法 の比較

年 の検査 において抗体陰性 と判定 された1 3 2 検体 を無作為抽 出 し、 EIA―IgG法 にて再検査 を行 ら た。 その結果、E I A 法 にて2 0 未 満 の抗体 陰性者 は1 3 / 1 3 2 名(9.8%)、 2 . 0 以上4 . 0 未満 の判定保留者 は2 4 / 1 3 2 ( 1 8 . 2 % ) で あ り、 HI法 陰性 者 に 占め る E I A 法 陰性者 の割合 は37/132名(28.0%)で あ った

( 表 1 ) 。

ちなみに、HI法 で8倍以上 を示 した陽性者48名 を E I A 法 につ いて も検討 した ところ、全例 が陽 性 で あ った。 陽性検体 の E I A ―I g G 抗 体価 と HI

3

抗体価 には相 関が認 め ら― れ、 相 関係数 は0.5309 (p<0.0001)であ った (図 3)。

3.ア ンケー トの調査結果 と感度

入学時のア ンケー ト調査 にて、 「ワクチ ン接種 歴 あ り」 と答えた ものは、平均64.6%であ り、「罹 患歴 あ り」 と答えた ものは12.5%であ った。 また、

これ らの内訳を生年別 に示 した ものを図 4に 示 し た。 生年別 にお いて、 ヮクチ ン接種歴 は60‑70%

と大 きな差 はみ られなか ったが、 「麻疹罹患歴 な しJの 回答が若年 にな るにつれて増加す る傾向に あ った。

大学入学時のア ンケー ト調査 につ き、 ア ンケー トが どの程度正確 に麻疹 の免疫状態を反映 してい るか、を検討 した。すなわちア ンケー ト調査にて、

「 罹患歴 あ り」 もしくは 「ヮクチ ン接種歴 あ りJ を 「麻疹非感受性者」、 「罹患歴 な し」 も しくは

「ワクチ ン接種歴な し」 を 「感受性者」、その他を

「 不 明者Jと して分類 し、 それぞれの麻疹抗体 の 有無を表 2に 示 した。非感受性者中の抗体陽性者 は786/1106名 (71.1%)で あ り、罹患歴 や接種歴 があ って も明 らかに抗体陽性 と判断で きるものは

暉 曇 爆 く ロ

30

H I 抗体価 (2n)

図 3   麻 疹抗体陽性者 における H l 法 と E I A 法 の比較 y = 9 . 6 6 9 5 x - 1 0 . 8 3 3

R2 = 0 5309

( P < 0 . 0 0 0 1 )

(4)

瑯 叫 琳 孤 瑯 郷 剛 瑯 醐 瑯 蝸 瑯 郷 剛 鍋

麻疹 ワクチ ン機種歴       麻 疹 罹 患歴

‐ あり  ‐ なし │     1 不明

図 4     生 年度別麻疹 ワクチン接種歴 と罹患歴

表 2 ア ンケー ト調査結果 と抗体 の比較 ア ンケー ト調査

非感 受性 者 感 受性者 不 明者 計

抗 体

52.4% 1.1% 251 16.7% 1054 70.3%

320 21.3% 1.1% 110 7.3% 446 29.7%

計 1106 73.7%

33

2.2% 361 24.10/● 1500 100%

約 7割 であ り、 これは測定法の感度 によるか、 も しくは抗体価 の減衰 に起因す る可能性が考え られ た8逆 に、罹患歴や接種歴がないと回答 した感受 性者 は16/33名 (48.5%)で あ り、 感受性者 の半 数 は自然感染で抗体が獲得 された可能性が示唆 さ れた。

考察

世界保健機構 (WHO)は 、麻疹を ワクチ ンに よる予防可能 な感染症 として、2012年までに排除 (麻疹の発症が 1年 間 に人 口100万人あた り 1例 未 満であ り、かつ ウイルスの伝播が継続 しない状態 の こと)す ることを目標 としている。米国や韓国 は2007年現在、すでに排除宣言 を出 している。 し か しなが ら、我が国では1978年に麻疹の予防接種 が定期化 された ものの、実際の接種率 は国立感染 症研究所感染情報 セ ンターの統計 で は、80%を超 えた程度 と言 われてお り 2)3)、 世界の 目標 と大 き

く乖離 している。 このように麻疹流行が中途半端 に抑制 された社会背景 の中で、近年、未接種者 や 接種 を して もブースタ ーを得 る機会がなか った者 を中心 に、麻疹が各地で小規模流行 を繰 り返 して

いた。小規模流行が各地で増加 している報告 を う けて、 国 は2006年か らMRワ クチ ンの 2回 接種 の勧奨 を決定 したが、その直後 の2007年春 に、高 校生、大学生 を中心 と した成人麻疹 の Outbreak が発生 した。麻疹 は例年、春か ら夏 にかけて流行 がみられることが多い力ヽ 2007年はゴールデンウィー ク期間には じまり、 またた く間に全国各地 に流行 が広が った。高校や大学 の体校が相次 いだだけで な く、 マスコ ミ報道 によって、多 くの若者が医療 機関を一時期 に受診 し、検査試薬や ワクチ ンが不 足す るなどの社会問題 も生 じた。

国立感染症研究所感染情報 セ ンターでの2007年 第25週までの麻疹報告例で は10歳以上が約60%を 占めていたが、我 々の調査か らみて も、大学生の ここ 1〜 2年 の麻疹感受性者の増加 は著 しいと推 定 され る。我 々が用 いている HI法 での抗体価測 定 は、感度が70%程度 と低 いため偽陰性者がでや すぃが4),)、同一測定法での 5年 間の継続調査で の抗体陰性率 は10%台 か ら50%近 くへ と急増 して 来,り、  prirnary / secOndary vaccine failureが 若年世代に急速 に増加 していることが うかがえる。

強力 な感染力を もつ麻疹 の対策 に最 も有効 な対

(5)

策 は、その発症 の予防であるとい う観点か ら、国 は麻疹 に関す る特定感染症予防指針 を策定 し、

2008年 1月 1日 に告示 した。 その中には、麻疹発 症を全例報告す ることや、2008年 4月 よ り 5年 間 の時限措置で中学1年生及 び高校 3年 生 に対 して 定期接種 を行 う内容が含 まれている。.そ して、市 町村行政 を主体 と したワクチ ン接種勧奨の推進が 掲 げ られている。 しか しヽ どのような基準で麻疹 を届 け出るのか、 ヮクチ ン接種 を勧奨す るのか、

またその結果 として生 じた事象 (ワクチ ンの副作 用 など)に どのよ うな対策 を とるのか、 とい った 具体策の表記 にまでは至 っていない。 また現時点 では、 どの測定法で抗体陽性であれば麻疹 の発症 を予防で きるか とい った明確 な基準がない。2007 年 の Outbreakの 際 に麻疹抗体価測定 EIAキ ッ トが国内に不足 し、 大 問題 とな ったが、EIA陽 性を もって麻疹の発症 を予防で きるか どうかは疑 間の残 るところである。国立感染症研究所では、

従来 HI法 による抗体価測定 を行 っていたが、感 度 の問題か ら1996年か らPA法 (ゼラチ ン粒子凝 集法)に 変更 し調査 を行 っている。 しか し、実地 医家 にはこの検査法 は全 く普及 してお らず、保険 点数 の低 い HI法 、NT法 、 もしくは保険点数 は 高 いが感度 の良 い EIA法 (IgM, IgG)を 採用 している検査機関が多い。当キ ャンパ スは、将来 医療従事者 となる学生を教育す る場であることか ら、 ウイルス抗体が陽性であるだけでな く、感染 予防 レベルまでの抗体保有 が望 ま しいため、 HI 法 による検査を採用 している。我 々の調査か らみ て、HI法 陰性者 の約 7割 は EIA法 陽性者 と推定 され るが、HI法 陰性者の全例 に接種勧奨 を行 い、

ワクチ ン接種 を行 っている。 ちなみに2006年にワ クチ ン接種者 を対象 に接種後 ア ンケー ト調査を実 施 したが、感 冒様症状が 1例 あったのみで、大 き な副作用 は認 め られなか った。

成人麻疹 の診断 は、決 して容易ではない。実際 に、医療機関にて成人麻疹 と診断 されての入院 は 稀であるとの報告がある 6)。 成人麻疹 を診察す る 窓 回は内科 医で あ るが、 小児科 医 のよ うに発疹 (コプ リック斑や皮疹)な どの病状経過か らの臨

5

床 診 断 に は不 慣 れ で あ るた め、 2007年 の Out―

breakで も確定診断のための検査法 の選択や検査 値の解釈 に悩んだ臨床家が多か ったと思われる。

検査法の選択、 ワクチ ン接種対象者の基準、 ワク チ ン副作用 における救済措置など、一般臨床医の 現場 に即 した基準の整備 を行 うことを、関係 当局 に強 く要望 したい。近年 は MRワ クチ ン接種等 を含めて、 ヮクチ ン接種関連法令が頻回に改正 さ れ、臨床現場 は困惑 している。内科医を含 めた現 場の臨床家 に対 して、全年齢層 に対す る各種 ウイ ルス感染症の検査法や ワクチ ン接種基準のガイ ド

ライ ンを整備 し、十分 に浸透 させ ることは今後の 重要 な課題 と思 われる。

我が国では、予防接種 ワクチ ン禍の歴史か ら、

国民の中にはワクチ ンに対す る根強い不信感が底 流 にあるため、米国のよ うな義務接種ではな く勧 奨接種が行われて きた。 その結果、感染症 の既往 歴や接種歴 を確認す る機会がないまま成人 になる ことが多 い。我 々のア ンケー トで も接種歴や罹患 歴の不明の割合が25%程 度 にみ られた。医薬系大 学生 の保護者 を対象 とした調査であるに もかかわ らず、 ワクチ ン接種歴や罹患歴がはっきりしない 状況 は、国民全体が小児 ウイルス感染症 に対 して 関心が低 い ことを うかがわせ る。 ある特定 のウイ ルス感染症 の感受性者 を予測す るには、 ア ンケー ト調査だ けでは困難であ り、抗体検査が必要であ るとの報告 7)8)が散見 されてお り、我 々の調査か らも同様の印象を受 けた。富山大学 は、2007年度、

2008年度 において全キ ャンパ スの学生 を対象 とし た小児 ウイルス感染症抗体検査 を実施す るという 画期的な対策 を うちだ したが、 自主的にこのよう な対策をたてた学校 は少数である。 しか し、不確 かな記憶 は2007年春のよ うな社会混乱 を招 く可能 性があるため、進学や就職 などの節 目ごとの既往 歴や接種歴の確認 は大切 なことと思われ る。我 々 は、入学時のア ンケー ト調査を、学生 とその保護 者への感染症 に対す る最初の啓発 と考えている。

終生免疫 と考え られていた小児 ウイルス感染症

が、実 は年齢 と共 に抗体価が減衰 し、必ず しも抗

体価が維持で きないことが、次第 に明 らかになっ

(6)

て きた。 )。ワクチ ン接種の普及 とともに自然感染 の機会が減少 し、 ブースタ‐効果をえ ることが困 難 にな って きた ことが原因で あ り、 その意 味で MRワ クチ ン 2回 接種法 の意義 は非常 に大 きい。

しか し今後 も我が国において、 ワクチ ン接種が義 務ではな く勧奨接種である以上、進学の節 目ごと の調査を徹底す ることは、 きわめて重要であ り、

一般への感染症に対する啓発や教育活動につながっ てい く。2007年の Outbreakを 教訂││にして、感染 症 の罹患歴や ワクチ ン接種歴の確認 を推進 してい くことは、今後の大学 の保健管理を行 う上での課 題 と考える。

結語

大学 は、集団での教育を行 う最後の場である。

また、世界各地か らの留学生 も多 い。医薬系のみ な らず、全学生 に対 して感染予防の知識 を普及 さ せ ることは重要 な課題である。今後 は有効 な感染 予防対策 を行 いえるよ うに、保健管理従事者 と、

学生、大学が機能的に連携 をはか ってい く必要が ある。

参考文献

1)大 学での成人麻疹集団感染 と緊急 ワクチ ン接 種 による流行阻止 .越 田理恵 ,川 島ひろ子 , 申村英夫 ,他.日 本小児科学会雑誌2005;109:

351‑358

2 ) 国 立感染症研究所感染症情報 セ ンター : 「麻 疹 の現状 と今後 の麻疹対策 について」. 「我が 国 の健常人 にお け る麻疹 P A 抗 体保有率」.

http://idsc nih go.jp/disease/measles/ind e x . h t m l

3 ) 岡 田晴恵. 成 人麻疹 総合臨床2 0 0 3 ; 5 2 : 2 3 4 ‑ 2 3 9

4)寺 田喜平.ウ イルス抗体価の診断基準 と問題 点 麻疹、風疹、 ム ンプス、水痘 ・帯状疱疹 ウ イ ル ス . Medical Technology 2005;33:

563‑567

5 ) 宮 津光伸 . 小 児感染症 の変遷 と予防接種 現 代医学2 0 0 6 ; 5 4 : 3 4 3 3 5 0

宮 崎千 明、水 野 由美 、 肘井 孝 之 、 他 .北 部 九 州 にお け る成 人麻疹 の実態 :病 院 ベ ースの調 査 .「 成人麻疹 の実態把握 と今後 の麻疹対策 の方 向性 に関す る研究」斑 3:178181:2002 真砂 州宏 、吉 永 正 夫 、 西順一 郎、他 医療系 学生 にお ける麻 疹、 水痘、 風 疹、 ム ンプ ス抗 体 陽性率 と病 院感 染対 策 と して の ア ンケー ト の有用性 環境感染2004;19:471474

寺 田喜平 、小坂康子、新妻 隆広、 他 .大 学入 学 時 にお け る既 往歴 お よび接種 歴調 査 と抗 体 検 査 の比較 .日 本 小 児科 学 会雑 誌 2006;110:76 7 ‑ 7 7 2

千葉 昭典 、 川 瀬 茂子 . 麻 疹 抗 体 の各 年 齢 層 に お ける低下 をめ ぐって。日本 医事 新報 2 0 0 4 ; 4 182:29‑32

Kremer 」 R, Schneider F, Ⅳ luller CP.

ヽ Vaning antibOdies in measles and ru―

bella vaccines― a longitudinal study. ヽrac―

clne 2006;24:2594‑2601

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :