実験的検証モデルを用いたヒト眼球損傷過程に関す る数値解析

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

実験的検証モデルを用いたヒト眼球損傷過程に関す る数値解析

アリレザ, キャリミ

https://doi.org/10.15017/1807025

出版情報:Kyushu University, 2016, 博士(工学), 課程博士 バージョン:

権利関係:Fulltext available.

(2)

(様式5-2)

氏 名 アリレザ キャリミ

論 文 名 Computational analysis for the human eye injury using an experimentally verified anatomical-based model

実験的検証モデルを用いたヒト眼球の損傷過程に関する数値解析

論文調査委員 主 査 九州大学 教授 工藤 奨 副 査 九州大学 教授 澤江 義則 副 査 九州大学 准教授 東藤 貢

論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨

本論文は,眼球障害過程におけるバイオメカニクスに関する研究成果をまとめたものであり,眼 球組織の変形・応力状態を有限要素解析により予測する眼球モデルを構築し,提案された眼球モデ ルは従来までのモデルと比較して高精度に眼球内部の変形・応力状態を予測することを可能として おり,機械工学上価値ある業績と認める.

Updating...

参照

関連した話題 :