白河市地域公共交通総合連携計画(概要版)

Free

0
1
16
10 months ago
Preview
Full text
(1)白 河 市 地域公共交通総合連携計画 概要版 成 22 3月 白 河 市

(2) 計 画 白河 域 全域を対象 共交通 白河 現状 共交通 路線あ 東 新白河駅 白河駅を 点 白河 行 人口 路線維持 大 人口 新幹線 本線 ほ を 表郷地域 大信地域 東地域 ほ 病院や企業 大 独自 行 路線 射状 行さ 行 あ 22 い い 送迎 利用者 減 民 移動手段 あ 不採算路線 共交通 廃止や 確保 そ 維持 い 路線 齢構成 成 17 2 万 6 千世 減 傾向 65 歳以 成 29 鉄道 減 や自家用車 普及 伴い 行 負担 課 移 福祉 東 人口 約 6 万 6 千人 世 数 人口 成 12 を あ 人口 成 17 民 3 割を占 予測さ 約 ク 輸送人員 移 路線 輸送人員 々減 傾向 あ 度 輸送人員 約 73 万 4 千人 成 16 130 万 7 千人 比 4割 減 い 成 20 度 約 2割 人 80,000 1,400 65,702 60,000 13,723(20.9%) 人口 歳以上 生産 齢人口 ~ 歳 人口 ~ 歳 輸送人員 千人 老 70,000 63,978 17,571(27.5%) 50,000 1,200 輸 送 1,000 人 員 800 1,307.1 1,109.8 928.1 756.4 600 40,000 千 人 41,668(63.4%) 30,000 37,736(59.0%) 734.3 400 200 20,000 0 10,000 10,311(15.7%) 8,671(13.6%) 0 成 成 推計値 福島交通(株)資料 白河市第一次総合計画 路線 補助金及 利用者一人あ 補助金 路線 維持 支払 い 補助金 成 20 度 7,572 万 成 18 度以降増加 傾向 あ 利用者 白棚線を除 一人あ 補 助 い 金 々増加傾向 あ JRバス関東(株)資料 共交通空白地域 人口 集積 い 路線 行さ い い 共交通空白地域 あ (金勝寺地 ,白坂勝多石地 ,舟 地 ,金山地 , 幡地 ) 58 白河 国 県 利用者一人当た 200,000 補助 てい 金額 356.8 補 150,000 助 金 264.7 195.6 千 9 2 ,8 8 4 100,000 / 7 3 ,5 4 9 7 5 ,8 1 5 25,437 21,289 48,112 54,526 17,164 400 350 補 助 300 利 て用 250 い 者 一 200 金 人 額あ た 150 294 金勝寺地区 舟田地区 11 凡例 路線 停 白坂勝多石 地区 駅 50,000 75,720 0 人 100 / 人 50 0 停圏域 駅圏域 人口密度 人/k㎡ 400以上 400未満 200未満 100未満 50未満 空白 0 幡地区 289 金山地区 白河市資料 人口 H17 国勢調査

(3) 路線 利用実態 利用者 民ニ 齢層 利用目的 日 利用者 19 歳以 齢者層 7 割を占 い 利用目的 通学 割を占 い 0% 25% 行 若 65 歳以 層 4 割弱 買物 50% 高 3 通院 75% <買物> 民 多 白河地域 <通院> 民 5 割 利用 <通勤 通学> 民 多 高校 自宅 高校 休日 回答者 69人 5.0 6.1 4.2 7.8 4.4 5.5 37.7 5.82.9 2.9 20.3 20代 30代 1.9 26.0 14.5 40代 通勤 通学 通学 い 白河実業 学校法人 修明高校 石川高校 光南高校 高校 石川高校 総計 白河地域 89 80 82 20 0 9 23 303 表郷地域 5 9 20 16 0 3 7 60 大信地域 6 6 11 0 0 0 6 29 東地域 8 13 9 7 7 2 10 56 21 21 19 3 0 0 15 79 129 107 91 0 0 0 1 328 8.7 7.2 白河 居住地不明 ~19歳 白河地域 遠い 白河旭 高校 白河高校 39.1 白河厚生総合病院や白河病院を 100% 居住地域 日 回答者 361人 店舗を利用 50代 外 60~64歳 65~69歳 70歳以上 無回答 3 1 2 0 0 0 0 6 261 237 234 46 7 14 62 861 無回答 合計 路線バス利用実態調査 市民意向調査 高校生の通学実態調査 移動 路線 時間 7 時~8 時 通勤 通学 8 時~10 時 10 時 買い物 出 傾向 あ 宅時間 傾向 11 時~12 時 買い物 時~12 時 通院先 15 時 30 分 学生 宅 そ 20 時 通勤 通学先 宅 い 利用 行時間 い 民 通院 い点 不満点 改善 目的地 11 路線 0 利用 たい時間 25 自宅 時間通 路線や運賃 20.6 い 7.0 来 い 5.9 わ 100 (%) 21.3 遠い 運賃 高い 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 時台 75 25.8 い 停 停 椅子や日 け 行 50 求 40.5 運行 てい い 目的地 行 路線 整備 改善 バス会社と ため 、 協議が必要 項目 18.0 い 通勤・通学 通院 あ の わ 16.3 い 乗 継 い 乗 換え わ PR不足を改善した 場合 解決する項目 10.1 買い物 い 通勤・通学 停を利用 1.5 交通安全上の危険を感 危険箇所 検証が必要 項目 通院 14.1 その他 ※回答者724人 買い物 市民意向調査 市民意向調査 高校生 利用転換意識 現在送迎 や 行時間 車 路線 通学 問 転換 自家用車 通勤者 路線 い 高校生 半数 改善さ いい 考え い 料金 自家用 利用 通勤 一 通学者 路線 を利用 賃 高い あ 共通回数券 得 簡 支払い 改善 求 い 無回答 2.6% 0 10 利用 たい時間 運行 てい い 利用 い 50.0% 送迎 通学 てい 回答者156人※ 目的地 行 路線 い 運賃 高い 路線や運賃 利用 47.4% わ 自宅 わ 時間通 い バスの時間帯 合 通学し い 回答者 40 50 (%) 26.1 22.0 21.1 19.4 い い 9.1 6.7 来 い 6.2 い 停を利用 交通安全上の危険を感 その他 高校生の通学実態調査 30 29.6 い 停 椅子や日 け ※路線バスを利用し い理由 路線バス わ い 料金 高い を選択した 送迎 支払い方法 民意向調査 い わ 理 44.9 停 遠い あ の 乗 継 乗 換え 20 い点 い大 0.0 14.7 ※自家用車通勤を て い 回答者341人 市民意向調査

(4) 問 課 ●公共交通サ ビ 提供 いっ 全体的 視点 問題・課題1 今後 増加 高齢者 移動手段 学生 通学手段 うやっ 維持 問題・課題 市民へ 公平 公共サ ビ 提供 いう観点 今 サ ビ を受け い 便利 い地域住民 対 動手段 確保を う いく 課題 ●公共交通 運行 あ い 免許を持 いく 課題 い 公共交通 公共 移 関 問題・課題 市内中心部 い 一般路線バ 環バ 二 運賃 利用者を 環バ 偏 要因 改善 課題 複区間 っ い 問題・課題 市内 一般 路線バ 以外 様々 民間 無料送迎バ 運行さ い 独自 運行 利用者 っ 利 便性や各々 運営 効率性 いっ 点 見直 必要 問題・課題 利用者 ゼロ 日 あ う 極 需要 少 い地区 い 同 う 定時定路線運行 っ い 利用実態や地区住 民 ニ 応 改善 必要 問題・課題 路線バ 乗 降 供 足 問題・課題 路線バ 距離制 運賃体系 市域 広い白河市 市中心 部ま 距離 長く 1回 往 費用負担 大 い地区 あ 利用者 生活感 あっ 運賃体系 再考 必要 複雑 系統 曜日 運行状況 運賃体系 さ 方 わ くい点 多い 関わ 情報提 い 利用促進 向け 情報提供 改善 必要 ●市民 利用意識 面 問題・課題 地域 現状 公共交通 利用者 減っ い 背景 市民 公共交通 対 意識 薄 い こ 起因 い 考え 日頃 公共 交通を利用 う 意識 醸成 課題 公共交通 現状 路線バ 利用実態 市民ニ 市民 高校生

(5) 基本方針 方針 : 共交通 不便さを改善 自動車を 転 い 民 転を え う 民 遠距 通学 学生 将来 わ 安全 移動手段を提供 う 現在 共交通 維持 現在 共交通 不便 地域 い 何 共交通を実現 わ い いう 不便さ を解消 わ や い情報提供を行い 共交通を 賃 民 使え 高い い 遠 方針 う 不便さ 中心部 複 利用者 い :地域 現在 い 協力 柔軟 白河 賃水準を検討 見直 路線を再考 間 限 あ や 行 能 限 い路線や 潜在需要 路線 方針 応 行 場所 配慮 路線 生活感 共交通 出 :利用実績やニ 民 を解消 行 集約 い地域 を 利用実態や地域 ニ を踏 え を検討 効率的 を構築 路線 さ 需要 対応 サ を提供 い状況 あ 当面 路線 い 効率 そ 共交通 維持 図 全体 サ そ 立 向 共交通 サ 進 行 多様 事業主体 行 わ 持 い 必要 あ 送迎 等 連携を を増やさ 利用 多様 機関 将来 負担を抑え い コ 利便性を高 関 い 柔軟 進を図 連携 利用者 う 目線 立 調整組織 求 そ い 利用 : 維持 を総合的 企画 管理 改善 等を支援 う や利用 う 実現 向 負担 交通 投入さ 提供 共交通 方針 行 民 関 を目指 民 利用意識を高 共交通 関わ 全 事業者 共 を享 現在 自家用車を利用 不便 い 民 将来 転を え う 時 共交通 必要 そ 共交通を持 い い そ 民 利用 責任 を今以 意識 う必要 あ 共交通 利用意識 薄 い 現状 共交通を利用 う いう意識 変 さ い 共交通を利用 方 自分 社会 多 ※ い そ を 民 伝え 際 行 地球環境問 共交通を利用 ン 率先 利用 CO2 削減 面 ンテ を講 組 を実施 自家用車 等 動機付 を行う い 過度 利用を え 方向 ※ ンセンテ …人の意欲を引 出すため 与え 刺激のこ

(6) 目 標 目標 目標1 公共交通の運営を持続し ていく あたって 行政 負担が現状を上回 い う す 目標2 現在値 目標値 補助金額 7,500万円 7,500万円 成20 公共交通の利用数が減 い う す 目標3 評価指標 路線バスの 利用者数 公共交通サ ビス 対す 市民の満足度を向上 させ 度 次 成26 度 成26 度 現状維持 734,308人※ 成20 目標 734,000人 度 現状維持 アンケ ト 満足 度調査結果 成23 度 実施予定 計画 路線計画 ○人口分 基本的 基本的 考え方 利用 考え方 施設配置 道路網 自発的 地域 構造を 案 地域 点 需要 い各地域 コ 対応 中心部 人 利便性を向 回 ニテ わ を支え 路線 性を高 療施設 送迎 等 特性 配慮 い い 所 い い 人 賃制度を見直 計画 少 い 集落 大信 石川 人 少 い 集落 人 少 い 集落 東 人 少 い 集落 人 少 い 集落 白河 人 少 い 集落 基幹路線 コ ュニテ 路線 人 少 い 集落 循環路線 表郷 人 少 い 集落 ネ い情報を提供 情報を発信 支払い方法を改善 矢吹 人 や 連携 対応 民 移動時間 テ 路線 さ 共交通空白地域 ○ 共交通を選択 ン 中心部 基幹路線 方法 を図 基本的 考え方 意識を育 計画 柔軟 進計画 人 少 い 集落 棚倉 情報を発信

(7) 路線計画 基本的 基幹路線 通学 通勤 時間 考え方 コ ニテ 中心部循環路線 表郷地域 棚倉方面 現 行 基幹路線を軸 新白河駅 や白河駅 行 基本的 定時定路線 基幹路線 循環路線 型 行※ 駅 白河高校 白河旭 高校 白河実業高校を 路線 東地域 石川方面 基幹路線を基本 行 現行 白河駅 基幹路線やコ ニ テ 路線 乗 利便性 配慮 大信地域 白河 舎 白河駅 大信庁 行 白河地域 そ 高校や駅 を経 方 合理的 あ 基 幹路線 接 最終目的 地 行 基幹路線的 行 表郷地域 を想定 最 通院 買物 時間 路線 限 利便性 2 便/日以 動 循環路線 慮 高校 行 基本的 様 あ 各方面 行を確保 中心部 移 委 通学利用 接 大信地域 矢吹方面 現行 自主 行 を基本 白河 基幹路線 接 を想定 行 配 東地域 想定 通学 通勤 現行 路線を維持 需要を見極 見 直 通勤 通学 様 考え方 各路線 駅を始発 17 時~19 時をコ 最 限 便/日程度 確 宅 時間 基幹路線 行 基幹路線 行 基本的 通学 通勤 様 あ 需要を見極 形式を設定 定時定路線 or ン ク 型 行 通勤 通学 接 を 行 様 中心 街地 回 性を高 多 民 利用 病院 中心 街 地を結ぶ循環 を基本 高校 基幹路 線やコ ニテ 路 線 ク 利便性 配慮 保 備考 ※ コ ニテ 路線や循環路線 乗 時 賃 乗 券 等 調整 乗 関 料金抵抗を 減 ダ い地域 型の運行…一定の需要 枝線運行す 方法 見込め 共交通空白地域 い 既 存 ク 事業者 テ を活用 ク 借 等 行を検討 賃 わ や 利用 や 一 200 基幹路線や循環路線 乗 時 賃 乗 券 等 調整 乗 関 料金抵抗を 減 ため輸送サ 共交通空白地域 配慮 料金 現行 200 基幹路線やコ ニ テ 路線 乗 時 賃 乗 券 等 調整 乗 関 料金抵抗 を 減 ビスを高めた基幹路線のバス停ま 周辺の需要の少

(8) 実施事業及 実施主体 地域別路線計画 白河地域 現行路線 事業 及 事業概要 ※網掛 実施主体 事業 既存基幹路線 活用 現行 路線を活用 基 幹 路 線 白坂線 白河 関 コ 線 ミ ュ ニ テ 大沼線 ィ 路 線 川線 循環 事業者 白坂線 行形態 検討 利用実態 応 行形態 ン ク 行 能性 い 検討 関 者間 調整を図 白河 関線 行時間 見直 朝 通学時間 25 人程度 利用 あ 現行を維持 夕方 一定 利用 あ 時間 を改善 関 者間 行 大沼線 行形態 検討 利用実態 応 行形態 行 能性 い 検討 関 ン 調整を図 者間 川線 行形態 検討 昼間 需要 い ン い 検討 関 者間 調整を図 事業者 移 ク 事業者 白河 事業者 白河 調整を図 ク ク 移行 移 能性 通院 配慮 循環 循環 構築 周 7km 白河駅 中心 街地 白河厚生総合病院や白河病院を含 を設 定 金勝寺 共交通空白地域をカ 買い物 配慮 循環 循環 構築 周 16km 白河駅 中心 街地 さ 団地を結ぶ を設定 白坂線をカ 通学 配慮 循環 中循環 構築 周 14km 白河駅 新白河駅 白河高校 白河旭高校 白河実業高校を結ぶ を設定 中 心 部 循 環 路 線 北 中 南 料金 一 200 そ 他 通院 配慮 行 路線 生 必要 環 環 環 循環 連携を図 病院 い 行 白河厚生総合病院 互い 経費削減 道路 送法 諸手 事業者 ク 事業者 白河 事業者 事業者 ク 白河 事業者 白河

(9) 表郷地域 現行路線 基 幹 路 線 現行 棚倉方面 路線 事業 及 事業概要 ※網掛 棚倉方面 既存基幹路線 現行 路線を活用 実施主体 事業 活用 事業者 表郷ク ニ ク患者送迎用巡回 コ ニテ 路線 表郷ク ニ ク患者送迎用巡回 をコ ニテ 路線 置付 基幹路線 連携 行 ■経路 現行 表郷庁舎を起点 東 西 を基本 地元協議を踏 え 行 を設定 料金 一 200 そ 他 道路 送法 従 手 を行う コ 至 白河駅 ニ テ 基幹路線 表郷クリニックバ 小松 関方面コ 路 線 表郷庁舎前 至 棚倉方面 表郷クリニックバ 下羽原 社 犬神方面コ 白河

(10) 大信地域 現行路線 路線 再編 事業 及 事業概要 ※網掛 大信~白河間 基幹路線 行 大信庁舎 白河駅を結ぶ路線 朝2便 を想定 地元協議を踏 え具体 基 幹 路 線 実施主体 事業 事業者 夕方 2 便程度 白河 大信地域 自主運行バ 中 幼 大信庁舎前 至 矢吹方面 大信庁舎~白河地域間 基幹路線 至 白河駅 屋線 屋線 廃止 屋線を廃止 大橋 滑 川間 主 行 を延長さ 大信庁舎を経 信庁舎~白河駅 対応 事業者 い 大信地域自 記基幹路線 大 白河 コ ニ テ 路 線 大信地域 自主 行 大信地域自主 行 屋線 廃止 基幹路線 を確保 料金 一 200 伴い 乗 行 見直 路線 見直 を図 利便性を高 白河 待合

(11) 東地域 現行路線 基 幹 路 線 現行 石川 方面 路線 事業 及 事業概要 ※網掛 石川方面 既存基幹路線 現行 路線を活用 生活支援巡回 生活支援巡回 幹路線 ■経路 現行 定 活用 事業者 コ ニテ 路線 をコ ニテ 路線 連携 行 を基本 実施主体 事業 地元協議を踏 白河 置付 え 行 基 を設 料金 一 200 コ そ 他 道路 送法 従 手 を行う ニ テ 基幹路線 至 石川方面 路 線 刈敷坂 至 白河駅 東地域生活支援巡回バ 釜子地区コ 東庁舎前 東地域生活支援巡回バ 小 田地区コ 若栗 コミュニティ路線 至 棚倉方面

(12) 実施事業及 考え方 テ ネ ン 実施主体 利用 進計画 事業 及 事業概要 ※網掛 職場 テ ネ ン 通勤者 現在 交通手段 個人 健康 地域社会 地球環境 意識 機会を 的 コ ニケ 一人 自身や社会 択 う 実施主体 事業 事業者 経済性等 い 選択 う ョンを通 提供 あ 交通手段を選 白河 学校 テ ネ ン 免許 得予備軍 あ 子供 将来 ク 依存 生 活習慣 前 社会 個人 い 交通手段 選択 い 教育 長期的 民 共交 通 対 意識 底 を図 新 高校 入学 学生 高校入学案 一緒 路線 使い方 時刻表 自家用車送迎 場 合 利用 場合 健康的 環境的 経済的 を試算 比較 を配 自発的 自家用車送迎 を 選択 意識を醸成 い わ や い 情報提供 作成 配 全 路線図や路線毎 整理 路線図 道路網や施設 白河 地図を 作成 ケ 時刻表 作成 自分 利用 時刻表を作成 事業者 時刻表 配 時刻表を持 利用方法 をわ 置関 わ や 歩 う ケ 停表示 改善 停 路線別 経路 通過 線図を設置 民 多 利用 い 病院や商業施設 時間 情報を 停 掲載 停 や い う サ わ う 鉄道 路 乗 白河

(13) 考え方 い い 所 情報発信 事業 及 事業概要 ※網掛 各家庭 ン や 交通 点 白河駅 を設置 配 時刻表を全世 ン 新白河駅 事業者 配 白河商工会議所 商工会 白河 配 交通 点 時刻表 共施設 ン 配 役所や庁舎 図書館等 病院 商業施設 時刻表を設置 他 必要 応 事業者 ケ い い 人 情報発信 情報発信 利用方法 得 賃情報 や時刻表 情報を載 ウン を 能 連携さ サ 乗 員 乗 換え 方 乗 情報発信 時刻表情報をケ 情報発信 時間や割引 員 声 を 定期券購入支援 定期券利用を 度を検討 賃制度 見直 集 定期券等 申込用紙 を開設 役所や 発信 事業者 得 テ を利用 い い 白河 案 料金制度や割引情報 広 ICカ を 入 賃支払い 際 入 利便性を高 人 サ 役所 情報発信 路線 路線や時刻 変更及 報紙を通 民 情報発信 支払い方法 改善 実施主体 事業 乗 サ 進 事業者 銭 心配 を 定期券代 割引 入 基幹路線 コ ニテ 路線 循環路線 料金 加算さ い配慮を行う 券等 発行 利用 進 中心 買い物を 人 街 買い物サ 高 街地 来訪 利用券を 券を発行 ICカ 一部を 負担 白河 制 事業者 乗 利用 初乗 白河商工会議所 商工会 白河 進を図 を多 街 利用 人 ン ンテ を

(14) 計画期間 成 22 度 成 31 度 期を 成 27 度 成 31 度 計画期間 5 間 前期 い 本計画 定 期 果を い 事業 前期を 成 22 5 事業を実施 即 実現を図 前期 い 事業 検証を行い そ 結 い 前期 取 組 事業 度 度 度 度 度 度 度 後期 度 度 白坂線の運行形態 の検討 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 白河の関線の 運行時間 の見直 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 大沼線の運行形態 の検討 白河地域 度 間 い 試行を踏 え 社会情勢 変 等 成 26 度 実施結果検証 事業実施 田川線の運行形態 の検討 調査 研究、関 者調整 実施結果検証 事業実施 試験運行 計画 循環 調査結果をふ えて適宜実施 本格運行の検証 事業実施 本格運行 の構築 路 線 表郷ク ニック 計 表郷地域 患者送迎用巡回 画 コ ュニテ 路線化 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 の 大信~白河間の基幹 路線の運行 計画 試験運行 本格運行 本格運行の検証 事業実施 関 者調整 廃止 大信地域 上 屋線の廃止 大信地域自主運行 の運行 の見直 生活支援巡回 ュニテ 路線化 東地域 計画 試験運行 本格運行の検証 事業実施 のコ 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 ネ ン 学校 ビ テ ネ ン 実施結果検証 事業実施 協議結果を踏 え適宜実証運行 関 者 の協議 共交通空白地域の解消 職場 ビ テ 本格運行 実施 適宜方法の見直 実施 適宜方法の見直 作成 配 適宜見直 配 適宜見直 配 ップ作成 配 作成 配 ケッ 時刻表の作成 配 適宜見直 順次改善を実施 停表示の改善 作成 配 適宜見直 配 作成 配 適宜見直 配 作成 配 適宜見直 配 各家庭への ンフ ッ 配 交通拠点への ンフ ッ 配 利 用 共施設への ンフ ッ 配 進 計 画 ケ タ サ 順次実施 適宜見直 実施 情報発信 順次実施 適宜見直 実施 情報発信 順次実施 適宜見直 実施 順次実施 適宜見直 実施 乗務員 の情報発信 役所 の情報発信 Cカ 入 入 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 調査 研究、関 者調整 調査結果をふ えて適宜実施 実施結果検証 事業実施 定期券購入支援 乗 継 割引 の 入 サ ビ 券等の発行 度

(15) 現状 路線 東 北 新 幹 線 東 北 本 線 58 294 金勝寺地 久田野駅 白河駅 舟 地 11 新白河駅 白坂勝多石地 白坂駅 幡地 289 金山地

(16) 計 画 路 線 コ ニテ 東 北 新 幹 線 路線 東 北 本 線 58 幹線路線 294 金勝寺地 幹線路線 久田野駅 白河駅 舟 地 11 新白河駅 白坂勝多石地 白坂駅 幡地 コ ニテ 中心部循環路線 北 289 環 金山地 通学 通勤 環 幹線路線 コ 南 ニテ 路線 環 白坂勝多石地 や舟 地 を活用 ク 借 空白地域 等 行や 療施設 い 送迎 既存 等 ク 連携 事業者 テ 行を検討 路線

(17)

Tags

Related documents

昭和における日本の絵本の成立 ―翻訳が果たした役割を知るための資料― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部
2
18
18
日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部
1
22
13
計算機にまつわる宗教戦争 TA小話
0
7
9
中小保険|日本政策金融公庫 graph syushi tiiki
0
2
1
平成27年9月 毎月の融資実績|日本政策金融公庫
0
4
1
≫ 一括 国民生活事業のご案内 2010|日本政策金融公庫
0
1
22
融資の特徴 国民生活事業のご案内 2015|日本政策金融公庫
0
1
12
新型インフルエンザ対策ガイドラインの見直しに係る意見書 概要
0
2
9
様式08_特定 計画変更願doc
0
4
1
職務経歴書(職種別)・履歴書 【マイナビ転職】職務経歴書の書き方マニュアル完全版
0
1
2
職務経歴書(職種別)・履歴書 【マイナビ転職】職務経歴書の書き方マニュアル完全版
0
6
3
教科書正誤表(初版2刷)pdf 最近の更新履歴 奥野『ミクロ経済学』
0
3
3
1年男子シングルス結果pdf 最近の更新履歴 熊本県中学テニス連盟
0
45
2
H29全会津中体連役員名簿pdf
0
2
1
エントリーシート2017HP用pdf 最近の更新履歴 長野県高等学校文化連盟 軽音楽専門部 Power Live 公式HPへようこそ♫
0
2
1
Show more