香川県におけるアライグマの野生化-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

香川生物(KagawaSeibulsu)(33):13−14,2006

香川県におけるアライグマの野生化

川 口 〒769−2102 香川県さぬき市鴨庄994−6

InvasionoftheraccoonintoKagawaprefecture,Japan

SatoshiKawaguchi,タタイー6.ぬ/〃0∫ゐq∫α〝以たf乃クー2ノ0之J‘甲α〝 の媒介が危惧されており,速やかな駆除を必 要としている(哺乳類保護管理専門委員会, 1999)。 これまで四国におけるアライグマの野生化 は確認されていなかったが,香川県では, 1995年からアライグマ保護の記事が新聞に掲 載されることが多くなり,著者もアライグマ の死体を拾得したので報告する。 食肉目アライグマ斜に属するアライグマ アm叩0〝/0わ「は,北米から中米にかけて自然分 布し,フランス,ドイツ,旧ソ連に人為的に 導入されている(Wilson and Reeder,1993)。

日本でも,北海道と本州において野生化が確 認され(阿部ほか,2005),本種による農水産 業被害の増加,捕食・競合・病原体の感染に よる在来種の減少,および人猷共通感染症へ 図1.さぬき市鴨庄で拾得されたアライグマの死体. 右前足にハサミ罠でつぶされたような圧迫痕がある. −13 −

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(2)

聞,2004)。 (4)2005年11月14日,発かがわ市松原の民

家の車庫で生後1,2年ほどのアライグマが

2頭保護された(四国新聞,2005)。 一卜般に保護または拾得されたアライグマが ペットであったものか,それとも自然繁殖し たものかを判定することは難しい。しかし, 管理下にないアライグマの幼獣が発見されて いることから(四国新聞,2001),香川県でも すでに自然繁殖して−いると考えられる。今後 アライグマの増加に伴い,保護や死体の採集 例も増えると予想される。

引用文献

阿部 永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・ 前田喜四雄・三.浦慎憶・米田政明、2005. 日本の晴乳輯[改訂版].東海大学出版会, 東京. 哺乳類保護管理専門委員会.1999l移入晴乳 類への緊急対策に閲す−る大会決議り 哺乳類 科学39:115−129.

四国新聞.1995自由隠.1995年10月17日付

け記事. 四国新聞.2001.アライグマの赤ちゃん保 護.2001年4月4日付け記事( 四国新聞.2004.珍客!?アライグマ来訪. 2004年10月13日付け記事. 四国新聞.2005lアライグマ2匹東かがわで 掃獲.2005年11月17日付け記事…

Wilson,D.Eand D.M”Reeder(Eds.),.1993。

Mammalspeciesoftheworld:ataxonomicand

geogr・aPhicrefbrence−2ndedhSmithsonianIn−

StitutionPress,WashingtonandLondon.

2005年11月4日,さぬき市鴨庄大串の路上 (北緯340 21′11”,東経134012′ 51”,標高 60m,3次メッシュコ・−ド5134−4127)でアラ イグマの死体を拾得した。頭胴長548mm,尾長

242mm,後足長120mm,耳長63mm,体重5.1kgの

雄であった(図1)。 ロと肛門に多数のウジが認められたので, 死後数日が経過しているものと推測される。 右前足にハサミ罠でつぶされたような圧迫跡

がある以外に,目立った外傷はなかった。ま

た,胸腔内と腹腔内に出血は認められず,右

前足以外の骨折も認められなかった。した

がって,死因は交通事故によるものではな

く,罠にかかって衰弱死したものをだれかが 路上に遺棄した可能性がある。 歯はすべて永久歯であったが,犬歯4本の 歯根が完成していなかったので,亜成体と考

えられる。また,精巣上体からは成熟した精

子が検出されず,非繁殖状態であった。 過去約10年間の四国新聞を調べた結果,ア ライグマの保護に関する記事を4件見つける ことができた.ので,その要約を以下に記す。 (1)1995年10月14日,高松市内のス・−パー の従業員専用門近くで,体長約80cm,体長約

5kgの1歳半から2歳になる雌のアライグマ

が1頭保護された(四国新聞,1995)。 (2)大内町中筋の与田寺境内にある焔魔堂 の天井裏で,体長14cm,体重50gの生後10日 あまりと見られるアライグマの幼獣(性別は 不明)が1頭保護された(四国新聞,2001)。 (3)2004年10月11日,多度津町の桃陵公園

束部にある民家で,体長約60cm,体重約4kg

の雄のアライグマが1頭保護された(四国新 ー14 −

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :