ガ行音の習得 ―スピーチ発表の分析から一

全文

(1)

ガ行音の習得 ―スピーチ発表の分析から一

加 藤 扶 久 美

要 旨

富山大学留学生セ ンタニの大学院入学前予備教育 日本語研修 コースに在籍 した 日本語ゼロ初級 レベルの学生を対 象に して,同 じ日本語音声環境において,ガ 行音の習得が どのようになされてい くのかについて調べてみた。まず, 発音の手本 となる日本語教科書 『みんなの 日本語 初 級 I』 付属テープの 「ガ行音」の発音 について調べ,次 に学 生のス ピーチ発表の録画テープの 「ガ行音」が どのように発音 されているかにういてまとめてみた。手本 となるべ き教科書テープに一貫性がないことや,学 生 によって濁音だけ しか発音 しなかった り,鼻 濁音 と濁音を両用 してい たりしている。この調査をもとにして,今 後,学 生の母語との関係や,日 本語を教えている教室の中で,教 授者が

どの よ うな意識 で どのよ うに 「ガ行音」 を発音 して るのか につ いて も調査 を続 けていきたい。

【 キーワー ド】ガ行音の習得, 日本語ゼロ初級レベル, 日本語教科書テープ,ガ 行濁音,ガ 行鼻濁音

1 は じめ に

富山大学留学生センターでは,大 学院入学前予備教育 日本語研修 コースを1999年10月に 1期 を開講 し, 2002年3月 に5期を終了 している。 この 日本語研修 コースでは15週間の 日本語集中授業を行い, 2つ の 能力別 日本語 クラスを編成 している。各期には必ず 日本語ゼロ初級 レベルの学生を対象 とした初級 クラ スを開講 している。 コースが始まって約 5か 月後 に,そ れぞれの専門課程に進む前の段階で,「私の専 門」 という題で自分の専門の内容について 日本語で簡単に説明するスピーチ発表を行 っている。

初級 クラスで使用す るテキス トは 『みんなの 日本語 初 級 I, Ⅱ』(スリーエーネ ッ トワーク)で あ る。 コース開始時にテープレコーダーを 1人 に 1台 貸与 して,『みんなの 日本語』付属カセ ッ トテープ 教材を予習 ・復習 ・宿題の際, くり返 して聞 くように指導 している。また,授 業の時には,独 自開発教 材 『リズムで学ぶ 日本語発音あいうえお』を使 った発音練習がなされている。

日本語ゼロ初級 レベルの学生 にとっての発音モデルで, くり返 し聞きなが ら練習できるものは,こ れ らの教科書テープと発音教材であると言 って もよい。

このような 日本語音声環境で,ガ 行音が どのように習得 されてい くのか,『みんなの 日本語 初 級 I』

カセ ッ トテープと 「 私の専門」 スピーチ発表の録画 ビデオテープで調べてみることにする。すなわち, 助詞 「が」 と語中 ・語尾の 「ガ行音」 について,ガ 行濁音が使われているのか,ガ 行鼻濁音が使われて

いるのかについて調査す る。 ここでは,ガ 行濁音を 「ガ,ギ ,グ ,ゲ ,ゴ 」,ガ 行鼻濁音を 「ガ,ギ , ク °

,ゲ , ゴ」 と表示することにする。

2 『 みん な の 日本語  初 級 l』 カセ ッ トテー プ にお けるガ行音 の発音

『みんなの 日本語 初 級 I』 カセ ッ トテープは全部で 4巻 ある。そこには,本 冊巻頭の 「日本語の発 音」,第 1課 か ら第25課までの語彙 ・文型 ・例文 ・練習C・ 会話 ・問題が収録 されている。そ して,「み んなの 日本語初級 Iカ セ ッ トテープ使用説明書」 の 「Ⅱ。 発音 ・アクセ ン ト・イ ン トネーション」 で は,「収録 にあたっては共通語のアクセ ン トとイ ン トネーションを採用 し,語 彙の部分 はアクセ ン トと 明確な発音を,ま た語彙 ・文型 0例文 ・練習CO会 話の部分はより自然な会話の リズムとイン トネーショ

ンを習得できるように,配 慮 しま した。」 と記載 されている。

学生が 自主学習の時にモデル としているテープの中身が,使 用説明書に記載 されているように,共 通

(2)

語 で明確 な発音 で録音 されているとすれば,助 詞 「が」 と語 中 ・語尾の 「ガ行音」 は鼻濁音 で発音 され ていると推測 され る。

ここでは,ま ず 「語彙」 の部分 を調べてみ る。 そ して,そ の語彙 の発音 を規範 と考 えて練習 した場合 に矛盾 のあ る部分 があるか どうかを調べ る。最後 に,質 問 と答えのよ うな対 にな っている会話等 につい て調べ る。

2日 1 新 出 語 彙

助詞 「が」 と語 中 0語 尾 の 「ガ行音」 は,ほ とん どが,共 通語 のガ行鼻濁音 にな っている。 しか し,

「日本語 の発音」 の大阪 ア クセ ン ト以外 で濁音 にな って いる部分 は,共 通語 の枠 か らはみ出て いて,ガ 行濁音 とガ行鼻濁音 とを聴 き分 ける能力 のある学生 を混乱 させ る要素 にな る可能性 がある。 ここでは, ガ行濁音 にな っている部分 を取 り出 してみ ることにす る。

I 日 本語 の発音   り ん 「ゴ」,お ん 「ガ」 く (大阪 ア クセ ン ト) 12課       す 「ゴ」 いですね

13課       お なか 「ガ」す きま した,お なか 「ガ」 い っぱいです, の ど 「ガ」 かわ きま した

19課        お か 「ゲ」 さまで

21課        す 「ゴ」 い, しかた 「ガ」 あ りません 25課        か ん 「ガ」 えます, り ゅう 「ガ」 くします

2.2 新 出語 彙 と文 型 の 単 語 の 発 音 が 異 な る も の

新 出語彙 のガ行 の発音 が鼻濁音 であるのに対 して,文 型 の中でのガ行 の発音 が濁音 にな っている単語 が見 られ る。

7課 あ 「ゲ」 ます

2.3 新 出 語 彙 と例 文 の 単 語 の 発 音 が 異 な る も の

新 出語彙 のガ行 の発音 が鼻濁音であるの に対 して,例 文 中の単語 のガ行 の発音 が濁音 にな っている も のが見 られ る。

2課 か 「ギ」 (例文8)

4課 で んわばん 「ゴ」 う (例文6) 5課 ろ く 「ガ」つ (例文6)

8課 ――はい,に 「ギ」 やかです。 (例文1)

̲ど んな え い 「ガ」ですか。 (例文6) 11課 3か 「ゲ」つ (例文6)

13課 か い 「ギ」 (例文3) 16課 背 「ガ」高 くて (例文4)

2.4 新 出 語 彙 と会 話 の 単 語 の 発 音 が 異 な る も の

新 出語彙 のガ行 の発音 が鼻濁音であるの に対 して,会 話 中の単語 のガ行 の発音 が濁音 にな っているも

のが見 られ る。

(3)

5課  つ 「ギ」 の

11課  1か 「ゲ」つ 「グ」 らい 14課  し ん 「ゴ」 う

2.5 新 出 語 彙 と練 習 Cの 単 語 の 発 音 が 異 な る も の

新 出語彙 のガ行 の発音 が鼻濁音 であるの に対 して,練 習Cの 中での単語 のガ行 の発音 が濁音 にな って いるものが見 られ る。

1課  さ くらだい 「ガ」 く,失 礼 です 「ガ」

4課  で んわばん 「ゴ」 う

5課  せ ん 「ゲ」 つ,さ ん 「ガ」つ,つ 「ギ」

6課  え い 「ガ」, て 「ガ」 み, 11課 4日 「グ」 らい

12課  6「 ガ」つ,8「 ガ」つ, 1「 ガ」つ 17課  ぬ 「ギ」 ます, う わ 「ギ」, し た 「ギ」

22課  め 「ガ」ね

2.6 質 問 と答 え で ガ 行 の 発 音 が 異 な る も の

質問 と答 えでガ行 の発音 が異 な るものがあ り,一 方 は濁音 で, もう一方 は鼻濁音 にな っているものが ある。

8課  ・ 大阪 は に 「ギ 」 やかですか。

…はい,に 「ギ」やかです。 (例文1)

・きの う え い 「ガ 」 を 見 ま したか。

… どんな え い 「ガ」ですか。 (例文6)

・だい 「ガ 」 くの 寮

―だい 「ガ」 くの寮 は ど うですか。 (練習C12) 10課 ・庭 に だ れ 「ガ」 い ますか。

…だれ も い ません。 猫 「が 」 い ます。 (例文3) 12課 。日本料理 の中で 何 「ガ 」 いちばん 好 きですか。

…てんぶ ら 「ガ」 いちばん 好 きです。 (例文8)

・  6「 ガ 」 つ

‑6「 ガ」つが い ちばん い いです よ。 (練習C3,1) 0 8「 ガ 」つ

‑8「 ガ」つが い ちばん い いです よ。 (練習C3,2) 0 1 「 ガ 」つ

‑1「 ガ」つが い ちばん い いです よ (練習C3, 3) 22課  ・ め 「ガ 」 ねを か けて い ます

一め 「ガ」 ねを か けて い る 人 です6(練 習C 2‑1) 23課  0100メ ー トル 「ク °

」 らい 歩 きます

‑100メ ー トル 「グ」 らい 歩 くと (練習C3‑3)

24課  0〜 お母 さん に 何 を し て あ 「ゲ 」 ますか。

(4)

一ピアノを 弾 いて あ 「ゲ」 ます。 (例文3)

。  あ り 「力 °

」 とう ご ざいます。

一あ り 「ガ」 とう ご ざいます。 (練習Cl) 25課  ・ 日本人 は グ ループ旅行 「ガ」 好 きですね。

一 〜  わ た しは グ ループ旅行 「ガ 」 き らいです。 (例文8)

2.7問 題 点

『みんなの 日本語 初 級 I』 カセ ッ トテープにおけるガ行音 の発音 に関 しては,テ ープ使用説 明書で 共通語 を採用 していることを明示 しているに もかかわ らず,助 詞 「が」 と語 中 ・語尾 の 「ガ行音」 が, 鼻濁音 でな く濁音で発音 されている箇所 が数多 く観察 された。

これは,発 音 している人が,無 意識 の うちに,自 分 自身 の母語 であると推測 され る濁音 で発音 して し まった としか考え られない。学生 にとっての教科書付属 テープは,第 一の手本 となる。テープ編集者 は, 一貫性を もってテープ収録をする必要性があるのではなかろうか。

3 『 リズ ム で 学 ぶ 日本 語 発 音 あ い う え お 』 にお け る ガ 行 音 の 指 導 につ い て

『リズムで学ぶ 日本語発音 あい うえお』 では,第 7回  ガ 行 ・ガ行 (鼻濁音),第 43回 ナ 行 とガ行 (鼻濁音)及 び第44回 ガ 行 とガ行 (鼻濁音)で 練習す るよ うにな ってい る。 また,「教師用指導 の手引 き」では,第 7回 で 「ガ行鼻濁音 を全 く使 わない人 も増 えて きているが,規 範的な ものを 旨とし,こ こ で はガ行鼻濁音 も練習す る。鼻濁音 とそ うでないの とを教師が発音 し,聞 いてわか るよ うにす る。」 と 書 かれてお り,「 コラム̲ガ行音 につ いて― 」 では,「鼻濁音 を徹底 して練習 させ ることの弊害 を,タ イ語 母語話者 を例 に とって」考察 されている。

この ように 「規範的な ものを 旨と し」,教 室 におけるガ行音 の発音 に関 して は,助 詞 「が」 と語 中 ・ 語尾 の 「ガ行音」 は鼻濁音 「が ,ギ ,ク °

,ゲ , ゴ 」 が使 われていると推測 され る。 だが,発 音練習, 教科書の模読, 日本語 での指示の際,教 科書付属 テープ と同様 に必ず しも一貫性 がな く,時 には 「ニホ

ンゴ」 と 「ニホ ンゴ」 が混在 している可能性があることも否 めない。

4 ス ピー チ 発 表 にお け る 学 生 の ガ行 音 の発 音

富 山大学留学生 セ ンターの大学院入学前予備教育 日本語研修 コースでは, 日本語 を学 び始 めて約 5か 月後 に 「 私の専門」 とい う題 でス ピーチ発表 を行 う。学生 たちはそれ まで に学習 して きた 日本語 の能力 を出 しきって,自 分の専門の内容 につ いて説明す る。 このス ピーチ発表の時に,ガ 行音が どのように発 音 されているか, 日本語 ゼ ロ初級 レベルの学生21人の録画 ビデオテ ープを聴取 して,ま とめてみること

にす る。

4.1ガ 行 濁 音 だ け を使 用 して い る者

3期 に 1人 (メキ シコ人), 4期 に 4人 (中国人 2人 ,ス リラ ンカ人,モ ル ドヴ ァ人), 5期 に 1人 (ス リラ ンカ人)で 合計 6人 いた。 4期 の 5人 の うち 4人 がガ行濁音 を使用 していることが特徴的であ るが,そ の原因はつかめていない。

4.2 ガ 行 鼻 濁 音 とガ 行 濁 音 の 両 方 を使 用 して い る者

1期 に 3人 (イ ン ドネ シア人, タイ人, フ ィ リピン人), 2期 に 6人 (タイ人 2人 , コ ンゴ人, イ ン

ドネ シア人,モ ンゴル人,ブ ータ ン人), 3期 に 2人 (タイ人,中 国人), 4期 に 1人 (タイ人), 5期

に 3人 (中国人 2人 ,フ ィ リピン人)で ,合 計15人いた。

(5)

︲︲︲︲ト

この中で,鼻 濁音を助詞 「が」にだけ使用 している者が10人で,語 中 ・語尾の 「ガ行音」 も鼻濁音で 発音 しているのは, 1期 のイ ン ドネシア人の 「チ ョーコ ° 一」(調合), 3期 のタイ人の 「セーヤクガ イ

シャ」 (製薬会社), 4期 のタイ人の 「セーヤクガ ク」 (製薬学)と 「右力 °

ワ」 (右側), 5期 のフィリピ ン人の 「ダイカ °

ク」 (大学)と 「キ ョー ドーカ °

クシュー」 (共同学習)で ある。 また, 1期 のタイ人だ けは,助 詞 「が」 も語 中 ・語尾の 「ガ行音」 も鼻濁音で発音す る方が多 く,「 ミノガ セナイ」 (見のが せない),「ロクカ °

ツ」 (6月 ),「ジューカ ° ツ」 (10月),「タイコ °

」 (タイ語)と い う語が観察 された。

5 ま とめ と今 後 の 課 題

教科書 テープの鼻濁音 の発音 には一貫性がな く,ス ピーチ発表の録画テープを調べて得 られた資料 に は,「 ガ行音」 を,濁 音 だ けを使用 して発音 してい る学生 と鼻濁音 と濁音 の両方 を使用 して発音 してい る学生 が観察 され る。

鼻濁音 の方 を多 く使用す るのが 1期 のタイ人で,濁 音 だけを使用す るのが 4期 の 4人 である。鼻濁音 と濁音の両方 を使用す る 4期 の タイ人 は,助 詞の 「が」 の発音 をすべて濁音 で発音 している。 4期 の特 異性 の原因は何 か,こ れか らの課題 であ る。

これ らの結果 を もとに,教 科書 テー プ聴取時間 との関係,学 生 の母語 との関係,そ して 日本語教授者 の教室での 「ガ行音」 の発音 が どの よ うにな され,そ の発音が意識的にな されているのかにつ いて も調 査 していきたい。

参考文献

(1)刀ヽ 西光子 ・後藤寛樹 ・松岡裕見子 ・要門美規 (2001)『リズムで学ぶ日本語発音あいうえお』(独自開発教材) (2)陣 内正敬 (1996)「 鼻持ちならない?ガ ギグゲゴー 『ガ行鼻濁音』の行方」F月刊言語』

1996年6月 号 pp.34‑35

(3)ス リーエーネットワーク (1998)『みんなの日本語 初 級 I』

に)文 化庁 (1984)『日本語教育指導参考書 I』大蔵省印刷局

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :