温州ミカンの越年採収に関する研究 II 着果の程度および蒸散抑制剤の濃度-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

温州ミカンの越年採収に関する研究

ⅠⅠ着果の程度および蒸散抑制剤の濃度

真部

桂,葦澤 正義

STUDIES ON THE DELAYED HARVESTING OF SATSUMA

MANDARIN

IIEffects of the degree of fruitingand the concentrations of

transpirationinhibiting agent

Katsura MANA】∋E and MasayoshiAsHIZAWA

Effects of fruitjng degree ofSatsuma manderin trees ontheinjuryand quAlity of fruits and

f】owering and fruitingin next year wereinvestigated duringthelate of Dec.,1976and the

early of March,1977.Application of a transpirationinhibiting agent,greener,at Various

COnCentrations wasalsotested fortheprotection ofpeelshrinkageoffruits.The fruitspicked

on the earlyof MaICh were mostlyiniured by chilling,but diseased and bird−injured fruits

were seldom.The rate of normalfruits over・tOtalfruits was par・al1elwith the degIee Of

fruitng.Most ofthe normalfIuits were peelpuffingandthenumberofmoderatelyorheavily

peelpuffingfruits waslarger as the degIee Of fruitingwaSlow.No diffeIenCein contents

of sugars and acids wasrecognized among the fruits harvested from various fruitingtrees.

Flowerlngln neXtyear On OVerfruiting trees waslargelylow,COmpared with thatonp工OPer

fruitingand under fruiting trees;h〇WeVer,On OVer fruitingtrees physiologicalfruit dropps

were supressed and consequently the fruiting was similar to that on proper fruiting trees.

Peelof fruits non−treated with gr・eener Obviously shrinked,but no shriknage of peeloccurred

on the treated fruits maintaining g00d outward appearance.Heavily granulated and peel

puffed fmitswereincreased onthe treatedtrees,however・Itwas suggested that the spray

of greener at40−80dilution on trees atdelayed harvesting after maturityis suitable for the

protection ofpeelshrinkage.

温州ミカン樹に.ついて,1976年12月下旬∼1977年3月上旬の間,着果の多少が果実の傷害,品質および次年の開花, 結実紅及はす影響,ならびに果皮の萎縮防止のためグリンナ■一(蒸散抑制剤)の濃度に∵ついて調査した. 3月上旬の採収において−,病害果と鳥書果はいちぢるしく少なかったが,寒害果はかなり多か・クた.これらの傷害果 率は着果の少ない樹はど高く,健全果率は逆紅着果の多い樹紅おいて高かった・健全果は大部分が浮皮具で,着果の少 ない樹ほど浮皮の中∼強度果が多かった.なお,果汁の糖患および酸皇紀は差が認められなかった.着果多樹の次年の 開花数は着果中および少樹よりいちぢるしく少なかった.しかし,着果数は生理的落果が少なかったので,着果中樹に 近い有様であった.グリンナ・一無散布果の果皮はかなり萎縮したが,散布果の果皮は健全で,外観が良好であった.グ リンナ・」一散布異にはす上りのひどい果実が多かった.この果実は中∼強度の浮皮を示した.越年採収紅おけるグリンナ −の散布濃度は40∼80倍が適当と認められた.

(2)

緒 口 前報冊)に.おいて,温州ミカンの樹上越年果ほカンレインヤ,ワヲコモなどの防寒資材で被覆しても,採収時期が2 月ないし3月と遅くなるにつれて,果実が縮少するが,蒸散抑制剤のグリンナ−の散布後に.被覆した場合に.は,その縮 少の少ないことを報告した.本線では,前年紅引続いて一緒実の多少が,樹上越年果の傷害,浮皮,品質および次年の開 花,結実把及ぼす影響,ならびにグリンナ−の効果的な散布濃度について検討したので,その結果を報告する. 材料および方法 香川大学農学部附属農場果樹園の9年生普通温州樹(林系)を用いた. 実験1着果程度の影響:試験区は1976年12月20日に結実状態より供試樹を選び,多着果樹区,中着果樹区(標準), 少者果樹区の3区を設け,防寒や鳥に・よる食害防止のため,黒色カンレイジヤ(#100)で樹冠部を被覆した. とれとは別に√,多着果の2樹について側枝別に多着果枝区,中着果枝区(標準),少者果枝区の3区を設け,同様に 黒色カソレイレヤで被覆した・枝別処理でほ,果実を採収して着果数を,多着果枝…約60果,中巻果枝約40果,少着 果枝1約20果とした・各区とも樹別処理でほ2樹,枝別処理では3側枝とした・ 3月1日に.カンレイジヤを取り除いて果実を採収し,健全果(浮皮の程度別)および傷害果(寒害果,病寄果,鳥善 果)の果数をかぞえ,健全果について浮皮の程度別紅果皮萎縮度(無1,軽′・−強度,2∼3{ノ4∼5),糖度(BI・ix 度),敵意(0.1NNaOH措定法)を謂べた・樹別処理3区の着花数を開花時の5月中旬紅,結実数を生理的落果が終り 結実の安定した9月上旬に調査した・ 実験2 グリンナー・の散布汲皮:側枝別にグリンナーの20倍,40倍,80倍の3散布区と機械油乳剤の35倍散布区,無 散布区の5区を,12月26日紅設断罪ユ報におけると同様に白色カンレイジヤ(#100),黒色カンレインヤ(#100), ワラコモ(梱包用コモ)で樹冠部を被覆した・12月26日のグリンナ一散布前と約1カ月後の1月30日および3月2日に 果実横径を100としで比数であらわした・1月31日と3月3日に各区よりL∼M級果をランダム紅15果ずつ採収し,果 肉す上り度,果肉水分率(定法),糖度,酸患の調査をおこなった・ 実 験 結 果 実験1着果程度の影響 1.収穫果の状態 3月1日における樹別処理の着果の程度別収穫果の状態は,第1図の通りである・ 果重 欝1図 樹別着果数の多少と収穫果の状態

(3)

すなわち,多着果樹,中巻果樹,少着果樹のいずれにも,30∼50果の傷害果の発生がみられた・この傷害果の発生率

ほ少者果樹でほ果実数が少ないだけに高く,多着果樹では逆に果実数が多いため低かった・・なお,傷害果のうちに偲樹

冠を被覆した黒色カンレイジヤが果実に接触しておりこの部分の果皮に寒害を生じたものが相当数あった・

次に.,3月1日における枝別処理の収穫果の状態ほ,第2図のようで,多,中,少の3着果枝とも,樹別処理におけ

るよりも傷害果の発生が多く,傷害果率ほA樹の中着果枝をのぞいて‥,50%ないしこれを少し超えた・黒色カンレイジ

ャの接触部における寒害果の発生は,枝別処理の場合とほぼ同様であった・

[=コ健全果 骸詔傷害果 異重甲鍵墓右左意蒜 O ︵U ︵U 0 2 4 6 異 数

嘉是姦悪姦悪嘉票姦悪

A 樹 B 樹 第2区Ⅰ枝別着果数の多少と収穫果の状態 2.浮皮果,傷害真の発生率

健全果,寒害果,病害果,烏害果の外観ほ屠3図のようで,傷害果はそ・の原因別に識別が容易であった・一つの果実

第3区Ⅰ健全果と傷害果の状態 1‥健全果,2‥寒害果,3:病害果,4:烏害果

(4)

に2ないし3の原因による傷害の発生している場合には,被害の大きな原因の傷害にかぞえて,比率を算出した.浮皮 の程度別状態は第4図のようで,浮皮の無と軽度の果実ほ識別が困難であったので,同じグループとした. 寛4図 浮皮果の程度別状態 左より無∼軽度,申度,強度 多,中,少の3着果樹における浮皮の程度別,傷害の原因別のそれ虻れの果実の発生率は,貨5図の通りである. ⊂:コ多着果樹 田中// 軸少//  ̄ .. ニ 度

l ! l

I ! l 傷害累 算5図 樹別着果数の多少と浮皮果・傷害課の発生率 すなわち,中および少の雨着果樹では浮皮強度の果実が∽%前後で特紅多く,傷害では病害果と烏害果はわずかで, 寒害果が多かった.大体の傾向としては,多着果樹でほ果実数が多いだけ紅浮皮強度果や寒害果を或程度生しても,そ の比率はそれ程高くなく,少者果樹では果実数が少ないため紅,発生異数が多着果樹より少なくとも,その比率は相当 に高かった,緒論として,着果数の多少にかかわらず3月初めまで樹上紅着生させておくと,浮皮強度果や寒害果をい ちぢるしく多く発生して,経済的紅はマイナスのことが認められた. 3,浮皮果の状態 多着果樹と中着果樹紅おける浮皮の程度別果実の状態は,第1表の通りである.

(5)

算1表 浮皮の程度別果実の状態 浮皮の 程 度 果実横 径mm 果肉横 径mm 果 皮 萎縮度 果実厚 さmm 果肉す 上り度 すなわち,浮皮強度果は果皮と果肉の間の空隙が5mm紅も達し,果皮をはば健全で,果肉す上り度は反対に高い. 換言すれば,浮皮強度巣は果肉より果皮への水分の移行が多いため,果皮ほ健全であるが,果肉のす上りがいちぢるし く,したがって果肉率が低い.なお浮皮無∼軽度果におけるこれらの状態ほ強度果とは逆である. 浮皮の程度紅よって果肉の糖度には一定の傾向が認められず,はば同程度であるが,酸盈ほ浮皮強度果で幾分低くな るようである. 4.着花,結実状態 次年の開花状態ほ儲6図,着花数と結実数ほ第7図の通りである〃 200 結 100 実 数 0 多 中 少 着果 着果 着果 瑚 樹 樹 第7区l翌年の着花数と結実数 第6図 開花状態 1:少者果樹 2:多着果樹 すなわち,多着果樹の着花数は少者果樹の2分の1以下で相当に少なく,中着果樹の着花数ほ多着果樹紅近いが,結 実数は3区ともはば等しい有様である..着花数の多いことは必ずしもベターとはいえ・ず,着花数が或程度少なくとも, その樹に見合った結実数が得られればよいわけで,とのような見地からすると本実験の範囲では,多着果樹でも次年の 結実紅さしたる恵影響を及ばしていないり

(6)

実験2 グリンナ−の散布濃度 1.果実の縮少 蒸散抑制剤の散布後に,白カンレイジヤおよび黒カソレイジヤを樹冠へ被覆した場合の,果実の縮少状態は儲8図の ようで12月26日に比して3月2日の果実横径ほ,無処理区と機械油乳剤35倍散布区は縮少が幾分大きいが,グリンナ− 散布の3区はいずれも少ない.なお,グリンナ一散布の3区間では.80倍区の縮少がわずか紅大きいようである. 白色カンレイシャ 0 0 秩 径︵比規︶ ■印lほ/26⊂=コ3/2 匹2Z】り30 黒色カンレイシヤ 無処理区 G20倍区 G40倍区 第8図 蒸散抑制剤の散布と果径の縮少 数字は12月26日の横径mm G‥“グリンナ−,Mい機械油乳剤 自力ンレインヤ被覆と黒カンレインヤ被覆紅よる果実の縮少程度はほぼ同様で,差異が認められない・ト 2.収穫果の状態 3月1日紅樹冠の被覆を取り除いた時の葉色は,黒色カン1ノインヤおよびコモの両被覆樹では濃緑色で鮮度が高く, 白色カンレインヤの被覆樹ではわずかに.糞味を帯びた緑色で,鮮度がやや劣った1・なお,冬季に季節風に・さらされた自 然状態における樹(無被覆)の葉色は黄緑色で,10%程度の落葉をみたl・ 当地方の通常の収穫期より1‖5カ月はど遅い1月31日における果実の状態は第2表,これよりさらに約1カ月遅い3 月3日の果実の状態は算3表のとおりである. すなわち,1月31日における黒色および白色の両カンレイジヤ披鬱樹の果肉のす上り度は,無処理区ではわずかで, グリンデーおよび機械油乳剤散布の各区では白色カンレインヤ被覆グリンナ・−80倍区をのぞいて,いずれの区もはば中 位であった.なお,コモ被覆樹の果肉のす上り度は無ないしわずかであった∴糖度,酸度は試験区によってやや高いな いしは低く示したが,これは個体差で,一足の傾向は認められない. 次に.,3月3日に.おいては,グリンナーおよび機械油乳剤散布の各区の果肉のす上り度は1月31日より一層大となっ たが,無処理区のす上り度はわずかに大の程度に過ぎない.果皮の萎縮度はこのす上り度とは逆に無処理区でいちぢる しい.糖度,酸鼻は1月31日に.おける状態とはぼ同で,試験区に・よる−・定の傾向が認められない・ 要するにリ グリソナーおよび機械油乳剤の散布は果面蒸散を抑制して果皮を健全に保つが,浮皮と果肉のす上りを大 きぐするので,長期の樹上着生にほかえってマイナスであるいグリンナ−の濃度は40∼80倍が適当と思われるい

(7)

発2表1月31日採収果のす上り皮と果実の品質

−」∴‥∴ニ∴∴二二‥∴∴_‥  ̄−∴. ̄l二 ̄ ̄、−・

算3表 3月3日採収果のす上り皮と果実の品質 縮 巣雷重l果芝率重芸霊l≡冒芸l霊肉芸 芸慧讐l雷雲慧1芸慧讐1ミ票Jl果g蛋 無散布 G 20 G 40 G 80 M 35 0 6 2 4 2 3 1 1 1 1 8 8 8 8 ︵1.〇 7 7 ︵む 8 8 4 2 7 7 3 ・ 5 3 4 1 9 1 2 3 3 2 1 1 1 0 0 9 0 9 5 4 4 1 8 0 0 0 0 0 6 5 9 7 0 9 9 ︵○ ︵バ︶ 9 0 0 0 1 0 1 1 1 1 1 9 9 6 6 9 1 5 5 6 ︵八︶ 0 5 1 1 2 5 5 5 5 5 1 3 6 5 4 9 9 7 3 9 2 0 0 3 5 7 6 5 3 4 5 6 6 6 6 2 3 3 3 3 6 3 4 2 4 無散布 G 20 G 40 G 80 M 35 6 2 只︶ .4 5 2 1 9 1 1 1 0 9 6 1 4 2 6 ▲‖0 0 9 1 8 7 4 4 3 2 1 1 1 1 1 3 4 4 4 6 4 1 5 2T 9 7 8 7 6 只︶一只﹀ ▲=0 8 8 1 6 4 6 ▲‖0 9 0 9 9 0 4 3 4 4 8 1 1 2 0 1 2 6 ︵1.〇 9 9 9 9 0 0 0 0 0 0 ︵む 00 0 8 3 3 3 4 3 5 5 2 5 0 6 1 1 3 6 5 5 5 5 5 6 6 3 3 6 3 9 只︶ ︵3 7 6 6 6 7 6 5 4 3 2 3 1 1 0 0 1 1 1 1 1 1 布20408035 散

無G G G M

3 1 1 1 1 2 3 4 4 2 1 2 3 3 3 8 5 2 4 4 8 7 ︵0 0U 7 8 ︵0 8 ︵0 8 4 5 0 3 6 9 0 0 9 9 8 4 3 00 7 1 1 7 6 0 6 5 9 00 9 8 ︵0 0 0 0 0 0 9 3 3 0 0 3 6 ︵1.〇 4 の0 5 5 5 5 5 26406 4 911 3 6 6 ハb︹ト 2 4 6 6 6 2 3 4 刊﹁﹂川﹁﹂矧﹁一川ハ叫 74 鰭 鰭 69 66 3 9 1 只︶ ■4 6 5 5 00 9 2 3 3 3 3 1 1 1 1 1 0 2 1 1 1 l 1 4 4 4 4 9 9 4 5 1 7 1 ︵H﹀ 2 6 6 7 6 7 考 察 温州ミカンの越年採収に.おける問題点は,11∼12月の通常の収穫期より大幅に収穫を遅らせた場合に,どの程度果実 匡傷害を発生したり,品質が不良に.なるかということと,次年の開花,結実にいか程の悪影響を及ばすかである・聾者

(8)

らは前報(14)において,適度の着果樹へ防寒のために4種の被覆資材をかけるとともに.,その一部の果実へグリンナー 20倍液を散布した場合の,越年採収果の状態粧ついて報告した.本報では着果の多少ならびにグリンナーの適切な渋皮 について検討した.そ・の結果,着果多,中,少のいずれの樹でも前報におけると同様に傷害果を発生したが,その発生 率は着果の多い樹はどやや低い傾向があった.3月初めの採収果紅は浮皮強度呆と寒害呆が多く,着果の少ない樹ほど 多い傾向であった.なお,糖度,酸盈には一定の傾向が認められなかった.このように潜果の多少と浮皮強度果,寒害 果の間に偲ば逆比例的関係が認められたことは,着果の少ない樹はど樹冠周辺部の着果が多く,この果実は樹冠内側の 果実よりも発育が良好で,低温にさらされ易いためと思われる. 着果多樹の次年の開花数は相当紅少ないが,結実数は着果中樹および少樹に近く,新棺の生長は着果多,中,少樹と もはば同様であった.温州ミカンの花弁の分化期紅ついては高田および倉岡(18),松原および速\山(15),岩崎(10・11) ,伊 東ら(9)ABBOTT(1)その他多くの報告があり,研究者に.よって或程度のずれはあるが,いずれも1月から3月の間紅分 化がおきるとしている.着果の多少との関係では,川口(18),長田(16),藤田(6),湯田ら〈19),大垣ら(17)その他の報告 があり,いずれも早期摘果が翌年の開花,結実を多くし,−・果当り20∼25葉把摘果した場合に.,摘果した結果枝の栄養 条件が良好になり,翌年着花し易くなることを認めてこいる.採収期の早晩との関係では,HoDGSONら(8)はバレン1ンア オレンジを2月15日から9月15日の間で,時期をかえて5回匿わけて採収した鰭果,早期に′採収したものは遅くまで果 実を着けておいたものに比べて,次年の収穫異数および果重を多くし,なお,早期に果実の単数を収穫して樹の負担を 軽くしたものは,類似の効果のあることを述べている. 岩崎(1ヱ)は温州ミカンについて早期に採収するほど翌年の着花が多くなるが,11月中旬と12月中旬の2回にわけて採 収したものは,仝果を12月中旬に.採収したものと大差がないとしている.本実験では花芽の分化期の冬期に果実を樹上 に.着生させておいたが,中および少者果樹では開花数にそれ程の悪影響がなく,多着果樹では従来の研究に周様に.開花 数が相当に減少した.なお,多,中,少の着果樹で結実数紅それ程の差のないことは,多,中の両者果樹では生理落果 が一層多かったためで,これには天候と樹勢が大きく影響していると思われる. カソキツに対する蒸散抑制剤の研究でほ,ALBRIGO(2∼4),DAVENPORTら(5),GARDNERandHoRANIC(7)ほ ずれも葉面および果面からの蒸散抑制効果を認めているが,その効果程度ほ薬剤の霹類で相当紅異なっている. 本実験でも,グリンナ−・および機械油乳剤の散布は果面恭敬の抑制紅効果があるが,1月末ないし3月初めまでの着 生では浮皮中∼強度果が多くなり,逆効果である.実用的にほグリンナ−40倍ないし80倍散布,一月中旬までの着生が 適当と思われる. 引 用 文 献 94−100(1958). (10)岩崎藤助:園芸学会昭和31年度春季大会研究発表 要旨,5,(1956)。

(11)∵

:東海近畿農試研報,5,1−76(1959).

(12)∵

:園学雑,30,197−202(1961). (13)川口正英:農及園,8,1903−1908(1933). (14)真部 桂,翠渾正義:香川大農学報,28,203− 208(1977). (15)松原茂樹,遠山良樹:柑橘の研究,10,61−75 (1841). (16)長田 実:園芸の研究,27,71∼78(1931). (17)大垣智昭,藤田克治,伊東秀夫:関学雄,34,1− 8(1965). (18)高田邦輔,倉岡 繹:園芸の研究,31,85−92 (1935). (19)軌11勇,八木利幸,板倉清:神奈川良試眉研報, 3,28−35(1955). (1977年10月13日 受理) (1)ABBOTTJ,C.E・:A弼卯・.ル膨・β扉,22,476− 485(1935). (2)ALBRIGO,L.G.:助7’f∫cよ♂〝Cβ,7,247−248 (1972). (3)ALBRIGO,L・G・:.J・A研β7・∫鋸・肋7■才・ぶc査\, 102,270−273(1977). (4)AlBRIGO,L.G.,G.E・BROⅥ7Ⅳand P..J・ FELlERS:P7βC.ダJα.ぶ≠α才β肋タ■才.∫〃C。,83, 263−267(1970). (5)DAVENPORT,I).C′′,P.E.MARITIN andR. M.HAGAN:月わイ5七g紹Cβ,7,511−512(1972). (6)藤田克治:農及園,31,803−806(1956). (7)GARDNER,F.E.and G.E.HoRANIC:Proc. A椚〝■.∫郎.助7■≠.∫c査.,91,128−137(1967).

(8)Ho工)GSON,R.Wい,S.H.CAMERON and E.

R.EGGERS:Pγ¢C.A仇♂′・.ぶ〃C.助γ・f.ざわー., 38,196−・202(1941).

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :