香川県高松市沖における文鎮漕ぎ試験操業で混獲された2種の非造礁性イシサンゴ類-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

香川生物(KagawaSeibutsu)(35):27−32,2008

香川県高松市沖における文鏡漕ぎ試験操業で混獲された

2種の非造礁性イシサンゴ類

明 石 英 幹・吉 松 定 昭

〒76ト0111香川県高松市屋島東町75−5 香川県水産試験場

TwospeciesofahermatypICCOralscollectedbydragcombed−hookfishery

inoffTakamatsu,KagawaPrefecture

HidekiAkashiandSadaakiYoshimatsu,KagawaPr(痴ctuYalFisheriesExpe(imenEalStation,75−5 yd5ゐ血α−〟なd5ぁら花々α明αよ5〟,肋gd棚乃J一朗〃ノゆ朋 2006年12月に実施された,香川県水産試験 場環境資源部門による5回のイカナゴA〝Z∽0− みお5クe/50乃α加資源調査のうち,同年12月14 日に実施された,第2次試験操業1日目の調 査に同行する機会を得た。調査はイカナゴ資 源量の把握を目的としており,イカナゴ以外 の混獲物は,一・般的な漁業における漁獲物の 仕分け作業と同様に,船上で選別された後, 廃棄されていたが,著者らが乗船した際の混 獲物については,調査地点ごとに全てを回収 して当水産試験場へ持ち帰り,構成される生 物種の組成分析を行なった。結果の詳細につ いては別にまとめる予定であるが,分析を進 める中で,2種類の非造礁性イシサンゴ類骨 格が見出されたことから,高松市沖合におけ る確認例として報告する。 なお,本報告に関連して行なわれた「文鎮 漕ぎ」と呼ばれる漁法は,瀬戸内海漁業取締 規則第3条の規定によって禁止されており, 使用にあたっては農林水産大臣に対する特別 採捕許可の申請と認可が必要であること,調 査海域が地区漁業協同組合に免許された漁業 権漁場であり,試験操業の実施にあたっては 漁業協同組合遊漁規則に基づく組合承認が必 要であることから,所定の手続きを経た上で 調査を実施した。 方 法 1..試験操業を実施した場所 著者らが調査に同行する機会を得た,2006 図1.試験操業の実施場所および非造礁性 イシサンゴ類の得られた場所 ◎・●:試験操業を行なった場所, ●:非造礁性イシサンゴ類の得られた場所り 1:オーソノ瀬西側,2:オーソノ瀬東側,

3:中瀬,4:カマ瀬,5:稲木出シ.

− 27 −

(2)

その後,3分間曳行してから漁具を引き揚

げ,船上でイカナゴとそれ以外に選別した。 ここまでの作業を1回とし,各調査地点にお いて2回ずつ試験操業を行なった。船上での

選別作業後,イカナゴ以外の混獲物を回収

し,調査地点・回次ごとに袋に入れて氷威

し,当水産試験場に持ち帰って分析を行なっ た。 分析のための二次選別をする中で,非造礁 性イシサンゴ類が見出された場合は,生物学 御研究所編(1968)の記載に従って簡易同定 を行ない,さらに,キサンゴ属と思われるも のについては小川・高橋(1995)およびOgawa and Takahashi(2000),シオガマサンゴ屈また はチョウジガイモドキ属と思われるものにっ いては小川ほか(1996,2000)の記載に従っ

て精査した。また,非道礁性イシサンゴ頬が

貝殻に着生していた場合は,奥谷編(2000)

の記載に従って,着生基質の同定を行なっ

た。 結 果 1.試験授業で混捺された非道礁性イシサン ゴ頸の同定 イカナゴ資源調査のための試験操業が行な われた5箇所延べ10回の調査場所のうち,調

査地点3(中瀬)2回次,調査地点4(カマ

瀬)1回次および2回次において,非道礁性 年度第2次イカナゴ資源調査1日目では,高

松市沖合の5箇所で試験操業が行なわれた

(図1)。 調査地点1および2は,備讃瀬戸東航路北 側に位置し,航路に沿うようにして大槌島西 沖から直島沖に浮かぶ相島北西沖にかけて広 がる,「オーソノ瀬」と呼ばれる区域に設定さ れた(図1−1・2)。同区域は,東西約10lくm, 南北約1iくm,周囲約241くmの大きな瀬で,海図に

記された水深は8∼20mとなっており,緩や

かな丘の点在する,平坦な海底地形を形成し ている。 調査地点3は,高松市神在沖約4kmの字高 連絡船東航路口付近から男木島にかけて傭讃 瀬戸東航路南側に沿うように延びる,「中瀬」 と呼ばれる区域に設定された(図1−3)。同

区域は,東西約7km,南北約2km,周囲約

19kmの大きな瀬で,海図に記された水深は2 ∼10mと浅く傾斜があり,瀬の男木島寄りに は藻場の存在が記されている。 調査地点4は,大崎山・大崎ノ鼻東側地先 から女木島・帆槌身の西方沖にかけて広が る,「カマ瀬」と呼ばれる区域に設定された (図1−4)。同区域は,東西約9km,南北約 0.5km,周囲約201Ⅷの大きな瀬であり,海図に

記された水深は5∼10mと浅く,瀬周辺の水

深も10∼20mと,平坦な海底を形成してい

る。 調査地点5は,高松市屋島・長崎ノ鼻西側 に位置する,「稲木出シ」と呼ばれる区域に設

定された(図1−5)。同区域は,東西約

1.51くm,南北約1血,周囲約4kmの′ト規模な瀬

で,海図に記された水深は5∼10mとなって

おり,周囲(水深10∼15m)よりも浅い,丘 のような状態になっている。 2.調査方法および試料の処理

試験操業は空釣り漁業の一種,文鎮漕ぎ

(金田,1977)により行なわれた。 調査地点に到着すると漁具を投入し,漁具 が着底したことを確認して調査開始とした。 図2.試験操業で混獲されたオノミチキサン ゴ伽〃dr叩毎措αCr肋・0∫α骨格片. 一 28 −

(3)

イシサンゴ類が見出された(図1)。 確認された非造礁性イシサンゴ類試料は, 簡易同定の結果,2属に分類され さらに精

査した結嵐 キサンゴ属1種2個体,シオガ

マサンゴ属1種28個体に分類することができ た。 キサンゴ属1種2個体は,実の芽生に偏り がないこと,実の突出はわずかであること, septa(隔壁)が5系4回を示していること, 等の点において,オノミチキサンゴβe乃dro一 〆〆′gαC′・gムro∫αの指標とよく一致したことか ら,本種と同定された(図2)。 シオガマサンゴ属1種28個体は,着色個体 がほとんどなく,英内部が磨耗するなど,風 化の進行したものが多かったため,同定は困 難であったが,一部個体を除いて,サンゴ体 が浅い円盤状であること,骨格が厚く堅固で あること,等の点において,シオガマサンゴ 仇南関由比血流′∽〝沼わ扇の指標とよく一致し たことから,本種と同定された(図3)。英に 高さがあり,英内部が深いなど,チョウジガ イモドキ屈に似た特徴を示した個体について も,精査した結果,同属の日本産既知種に該

当するものはなく,一方で

,SePtaが鋸歯状で あること,等の点において,シオガマサンゴ の指標と一致したことから,同種の変異個体 であると同定された(図3)。 2.調査地点3(中瀬)で混捺された非造礁 図3.試験操業で混獲されたシオガマサンゴ仇血∼gね∫わ丘e∫加〟用招0〝∫の例. A:アカニシ尺呼α′王αVe〃0∫αに着生していた事イ軋 B:アワブネガイβ0∫∫ワC甲∼血∫gr〟Vf甲f′王0∫‘‘∫に着生していた事例, C:オオヘビガイ∫叩〟わrム血J/〃みricα加に着生していた事イ軋 D:産業廃棄物とみられる金属塊に着生していた事例. 一一 2!)l

(4)

考 察 保存状態の良いシオガマサンゴ骨格は,濃 い茶色または茶褐色で,Septa上線が白色を呈 することに加え,糞が浅く低い円盤状である こと,総てのseptaが細かな鋸歯状であるこ と,表面の顆粒が鰊状であること,等の点に おいて−特徴的であり,他の単体サンゴと間違 えることはないという(小川ほか,1996)。し かしながら,今回確認された個体の中には, 英が深く高さのあるものが見られ 状態の良 いものほどその傾向が強かった点で,同定指

標との間に差がみられた。このことについ

て,/J、川(未発表)は,香川県沿岸海域産シ オガマサンゴ標本群について調べ,同海域産 の個体群が,亜種レベルで扱うことも可能と いえるほどに特有な形状を示していたことを 確認している。その理由について,小川(私 信)は,堆積物の多い極めて特異な生育環境 における,変異個体群なのであろうと推察し ている。稲葉(1988)は,瀬戸内海における シオガマサンゴの分布について,水深20∼30 m以浅の全域に普通で,岩礁帯および礫性の 環境に生息するとして−いるが,今回の調査海 域は,底質が細砂または砂泥で構成されてい るとみられたことから,そのような場所に散 在する礫様基質に着生して生育したことで, 本来とは異なる形状を呈するようになったも のと考えられた。 今回の調査で得られたシオガマサンゴ個体

群が着生していた基質は,アカニシ殻6個

体,オオヘビガイ殻2個体,アワブネガイ殻 1個体,金属塊1個であり,アカニシ殻への 着生が突出していた。試験操業における混獲

物全体に占めるアカニシ殻の割合が高くな

かった(明石,未発表)ことを考えると,こ の結果は,シオガマサンゴ幼生の着生基質選 択時の指向性を知る上で,興味深いものであ るといえる。 今回の調査では他に,2個体のオノミチキ サンゴ骨格片が確認された。明石ほか 性イシサンゴ類 同所で行なわれた2回の試験操業のうち, 2回目の調査で得られた28個の混獲物を分析 した結果,アカニシ月呼α〝αVe〝05α殻にシオ ガマサンゴ1個体の着生しているのが確認さ れた。一い部が欠けていたものの,英の大きさ

は,径4い4mmX4.Omm,高さ1.8mⅢであった。深

さは欠損のため測定できなかった。 3‖ 調査地点4(カマ瀬)で混獲された非違 礁性イシサンゴ類 同所で行なわれた2回の試験操業のうち, 1回目の調査で得られた19個の混獲物を分析 した結果,オオヘビガイぶe岬〟わ/わ‘5j朋ム′血血5 殻2個体に各1個体,アワブネガイ β05坤− c叩〟血5g用り∼甲∫〝0ぶ〟5殻1個体に2個体,アカ

ニシ殻2個体にそれぞれ3個体および9個

体,産業廃棄物とみられる金属塊1個に3個

体のシオガマサンゴの着生しているのが確認 された。これら19個体のシオガマサンゴを測 定した結果,実の大きさは,径2..2∼5…6m皿× 1り8∼5..Omm(平均3…7mmX3.1mm),高さ0い4∼ 3“6mm(平均1…9皿m),深さ0..2∼1.9Ⅰ皿(平均 0一.8Ⅱl皿)であった。 同所で行なわれた2回目の調査で得られた 23個の混獲物を分析した結果,アカニシ穀3

個体にそれぞれ1個体,1個体,6個体のシ

オガマサンゴの着生しているのが確認され

た。これら8個体のシオガマサンゴを測定し

た結果,英の大きさは,径2..8∼軋OmmX2り5∼ 4…8Ⅲm(平均4..7皿mX3..8mm),高さ1.0∼4い2mm (平均2い3mm),深さ0り2∼1..餌m(平均0一.6皿m) であった。また,混獲物の中から,オノミチ

キサンゴ骨格片2個体が見出された。長さは

それぞれ,27..3mm,29.6mmの小片−であった。 27..3mmの個体は,5個の英を測定することが できた。測定結果は,径4り0∼4..5皿mX3.5∼ 4。2m皿(平均4.2血mX3..9mm)であった。29い6mm の個体は,10個の英を測定することができ た。測定結果は,径3‖2∼4い5mmX2=8∼4り5mm (平均4.Om皿×3..7mm)であった。 − 30 −

(5)

(2007)は,香川県海域におけるオノミチキ サンゴの産地情報をまとめた中で,本種の分 布が,庵治町(現高松市)∼土庄町にかけて−の

海域と,坂出・丸亀市境∼詫間町(現三豊

市)にかけての海域に大別できることを示し たが,高松市中部沖合については,標本採取

事例や目撃情報がなく,空白海域であった。

今回得られた2個体はいずれも,風化の進ん だ小片であったため,他海域から運ばれてき たものかもしれないが,一・方で,新たな産地 発見につながる可能性もあり,今後の調査が 期待される。 謝 辞 本稿をまとめるにあたり,イカナゴ資源調 査に同行する機会を与えて頂き,また,調査 で得られた観測データ等を提供して頂いた, 香川県水産試験場環境資源部門主任研究員,

安部事利氏(2007年3月で退職)に深謝す

る。船上における繁雑多忙な作業の中で混獲 物の選別と回収にご協力頂いた,同水産試験 場所属調査船「やくり」船長,西尾修治氏を はじめとする乗組員各位に感謝申し上げる。 引 用文献 明石英幹・藤原宗弘・吉松定暇2007,香川 県海域で確認されたオノミチキサンゴβe〝_ d′甲々y〟ねc/肋′〃5αい 香川生物34:21−27.. 稲葉明彦.1988日 刺胞動物門.増補改訂瀬戸 内海の生物相ⅠⅠ:246−2抑.広島大学理学部 附属向島臨海実験所,広乱 金田禎之‖1977… 空釣り漁業一.日本の漁具・ 漁法図説:557−566.成山堂書店,東京 小川数也・高橋秋之介小1995..日本産非造礁 性イシサンゴ類の再検討と同定の手引−ⅠⅠ, キサンゴ届い 南紀生物37(1):15−33り Ogawa,Kazunariand Kounosuke Takahashi“

2000”Notesonjapaneseahermatypiccorals−ⅠⅠ, NewspeciesofDendrqphylliaPubl.SetoMar” Biol..bb.39(1):9−16.. 小川数也・高橋秋之介・立川浩之・千葉潤‥ 1996,.日本産非道礁性イシサンゴ類の再検 討と同定の手引−ⅠⅠⅠ,タコアシサンゴ属・ ジャワサンゴ属・アサガオサンゴ属・ジュ ズサンゴ属・イボヤギモドキ属・シオガマ サンゴ鼠南紀生物38(1):37−48一. 小川数也・高橋秋之介・立川浩之・坂井恵 一‥千葉潤.2000,日本産非道礁性イシサ ンゴ類の再検討と同定の手引−ⅤⅠ,チョウジ ガイモドヰ属・ツタチョウジガイ属・ニセ ツボサンゴ属・ツツサンゴ嵐.南紀生物42 (1):55−63. 奥谷喬司編.2000..日本近海産貝類図鑑日 東 海大学出版会,東京. 生物学御研究所編..1968‖ 相模湾産ヒドロ珊 瑚類および石珊瑚類ハ 丸善株式会社,東 小 − 31−

(6)

∞Q吋小e畢∽ Se吋.︹Q畢∽ 寸e吋小e畢∽ のQ坤小e畢¢ Ne叫小e璽¢ ∽Q吋I︹e寧∽ Ne小爪e畢の 一e岬小e畢の のe吋Ine寧の ∞e村中e寧の トe吋小Q撃の 讐臼吋小R虚言 ∽e吋小e寧の 寸e吋小e畢の ∽e小爪e畢の Ne吋小Q寧の 二じ叫小e虚言 一e ∽e脚小台寧∽ NQ圃小e畢の tQ脚小e寧∽ Ne坤小e寧N Te脚小Q寧N 柑 準 小e畢∽ ∋雇風葛奉還邑已き童† 聖ミ岩亡霊雇 ンミ、⊇、ミミ⋮、≒、、、︷ト、、Jン.し﹁†〓︺′⊥...F ⋮、章ご、ミ、一−言、ハ〓﹁T﹁

耀輔剥碑

鳥モQ、3き童† 営室志さS昌象遥﹁ふ︷−只ト 、.三⋮、童、、言、、!こ﹁丁∵ りミニH毒.り﹂† 、一三ニこ.ミ一≒、、ハ∴、丁∴︰ミニ﹁ニ叫∴︹、. ≡、ミ一こ一ミミ、一≒、∵﹁丁、∴ニュご◆一㌧、﹁﹁ 、一ン、ミノ=ミ、一キ∼、小・.﹂T﹁ 蜜蜂儲か 喜瓦丁寒け東 素直丁摩巨束 素直l寒け只 素直N擬せ 嘔蛍慮建 l尊け只 l摩け只 ぎ霊室ミ、至、、ミ、弓、モづこン≦ぎ苫︼ ∝.− ぜ華 ︵∃︶埴鞍 ︵呂︶的場 正華 #麒 N.〇 淀華 ぜ磯 ∽.1 並製 N.〇 N.1 N.〇 ∽.〇 の.〇 〇.1 ¢.〇 ∞.1 #麒 #麒 ¢.〇 ぜ磯 淀華 的.の #戦 寸.〇 t.∽ l.r⊃ く⊂〉 〇.t N.寸 〇.N の.N 〇.寸 〇.N ▼・・・■ ∽ の.∽ め.寸 × 〇.り ﹁寸 × ∽.寸 〇.寸 × S.寸 隼勅㌣地震愈吏Q強堅悪︽ ∽.∽ × 〇.∽ 隼勅㌣頒素食吏e塗璽悪︽ 隼咄㌢恨蚕食吏e塗寧悪︽ 〇.銅 × N.N の.N X ∽.N S.N X ∽.N S.寸 × り.∽ 隼勅㌣摂蚕食吏e牽畢肇︽ ∞.1 × 寸.N 〇.S X S.∽ 〇.寸 × N.の × 〇.寸 × 〇.寸 N X ∽ × L︰︰キト﹁T﹁小.⋮こ・− ∼吏e牽寧悪︽ × N.N X ∽.N × 〇.寸 × 寸 × 卜 × 寸.寸 ; ︵日6︶ 恕 ∽ てr l∫つ くD 【ヽ− 00 ぐ勺 N ぐq N N N 00 ⊂丸 く⊃ ▼・・→ ▼−■ ぐQ ⊂乃 ⊂⊃ ▼−■ N の 寸l∫つ く⊂〉 卜 く=〉 【■ ▼−{ ▼・・一 ▼・J・・・■ ▼−■ ▼■−} ▼ ̄1 く⊂) ト 00 くっ くっ く> ー 32 −

Updating...

参照

Updating...