• 検索結果がありません。

平成27年度歳入歳出決算に係る主要施策の成果等に関する報告書(50ページから259ページ)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2018

シェア "平成27年度歳入歳出決算に係る主要施策の成果等に関する報告書(50ページから259ページ)"

Copied!
210
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

所 管

*表中の予算現額 当初予算の補正や流用等をした後の額 す。 閉 会 中

 ※   本会議日数

総 務 常 任 委 員 会

議 会 運 営 委 員 会

委  員  会  名 委 員 数

7日 会 期 中

6日 7人

7人 7日 「日

15 「5

「1日 日 」

教 育 民 生 常 任 委 員 会

「日

259,022千円

0

決算

4 」 招 集 日 会議の種類 会  期

付 議 事 件

市長提出 議員提出 請願 陳情

259,024千円

常任委員会・議会運営委員会開催状況

開 催 日 数 定例会 「1日 日

成「7 9月 日 定例会 「7日 7日 定例会

議会事務局

事  業  の  内  容     成  果

議員報酬等経費

決算書P63

3.

成「7

度決算主要施策等成果表

一般会計

議                 会                 事                 務                 局

議会開催状況

4日 都 市 経 済 常 任 委 員 会 7人 7日 「日

9人

262,425千円

議会及び委員会を次の おり開催しました。

予算現額

定例会 「8日 5日

当初予算

成「7 月5日 0

0 0

0

成「8 月19日

0 0

成「7 11月「7日 「9

50

0 0 」

(2)

所 管

成「7 度 。」9回週

茨城県取手市 沖縄県名護市 兵庫県赤穂市 埼玉県草加市・ 川市 石川県七尾市 重県松阪市 大阪府吹田市 宮城県仙台市 兵庫県姫路市 滋賀県大津市 愛知県 よし市 東京都台東区 茨城県潮来市 静岡県富士市 鹿児島県鹿児島市 神奈川県大和市 東京都足立区・墨田区 兵庫県神戸市 滋賀県高島市 愛知県豊明市 大阪府堺市 埼玉県所沢市 千葉県船橋市 愛知県安城市 大阪府高槻市 奈良県橿原市 長崎県諫早市 京都府宇治市 鳥取県境港市 愛知県小牧市 広島県呉市 福岡県春日市 大阪府 尾市 千葉県佐倉市 愛知県春日井市 埼玉県所沢市 くすの 広域連合 広島県府中市 東京都 王子市

定例会   回 「10,000部 199,400部

決算

4,【05千円

臨時会  1回

市議会の活動状況を周知す た 議会 より を 回。5月 8月 11月 月の15日週及 び臨時会 つい 発行しました。

延折込部数 延発行部数

発行回数

5「,500部 51,550部

議会だより発行経費

決算書P【3

当初予算

3,】38千円

予算現額

3,088千円

決算

3,0】1千円

議                 会                 事                 務                 局

事  業  の  内  容     成  果

議会事務運営経費

決算書P【3

当初予算

【,255千円

予算現額

【,255千円

議会運営上必要 各種機器類の維持管理や図書の購入 市政概要の作成 を行い 議会事務 を 滑 進 こ ました。

また 他市 の視察 つい も随時 け入 を行いました。 視察来庁状況

本会議 おけ 速記者 よ 会議内容の反訳及び会議録の作成 一定例会75部 委託を行い 図書館及び情報公開コ ナ 等 配置しました。併せ 各種委員会の記録をテ プ起こしし ました。

会議録作成経費

決算書P【3

当初予算

【,3】0千円

予算現額

4,】20千円

決算

4,1】0千円

(3)

所 管

実施 月日

医療法人社団愛育会福田病院 おけ 少子

化対策 つい

石 川 県 金 沢 市

事  業  の  内  容     成  果

都 市 経 済 常任委員会

予算現額

2,450千円

決算

2,414千円

成「7 10月7日~    10月9日

熊 本 県 熊 本 市

兵 庫 県 伊 丹 市

常任委員会及び議会運営委員会の視察状況 次の おり す。

委員会名

議員研修費

決算書P【3

当初予算

4,400千円

金沢式無電柱化の推進 つい       

視 察 先 視  察  目  的

総 務

常任委員会 成「7 10月14日~    10月16日

鹿児島県 姶良市 地域情報共有プラットホ つい 構築事業の取

火山灰対策 つい

スマ ト りタウン熊本 おけ 住民参

加型ハザ マップ つい

鹿児島県 垂水市

成「7 10月14日~    10月16日

佐 賀 県 武 雄 市 佐(T利活用教育の推進及び図書館の指定管

理者導入 つい

くまも 森都心プラザ図書館の指定管理者

よ 運営状況 つい

自転車のまち・堺 の取り組 つい

熊 本 県 熊 本 市

大 阪 府 堺 市

議                 会                 事                 務                 局

安心・安全見 りカ ラの設置 つい

まち 自転車利用環境向上計画 つい

議 会 運 営

委 員 会

成「8 月1日~

    月 日

岐 阜 県 関 市 タ レット端 の導入 活用 つい

滋 賀 県 大 津 市 タ レット端 の導入 活用 つい

(4)

所 管

※上記のうち企画政策課分

 国県支出金 53,255千円

スマ トウ ルネス テ の実現を目指し 健康 くり無関心層の行動変容を促す ンセン

テ 策 し 産官学の連携 より健幸ポ ントプロ ェクト実証事業を実施しました。

健幸ポ ントプロ ェクト実証事業参加者数 「,119名

17,086千円 特定財源

 国県支出金 53,255千円 一般財源

15,768,000円 成28年度へ繰越明許

スマートウエルネスシティ推進事業

決算書P127

当初予算

17,498千円

予算現額

87,668千円

決算

70,341千円

5,500千円

予算現額

5,536千円

決算

予算現額

800千円

入船 小学校の跡利用 つい 行政課題・前提条件を整理したうえ 市 実施す 事業

を決定す も 事業 を広く募集し 公開プレ ンテ ョンを経 候補

事業を選定しました。候補事業の選定 あたり 募集要件の整理や募集要項の策定 候補事

業 ストの作成 つい 学識者等 構成さ 事業選定等委員会を設置し 公開プレ ン

テ ョン 加え5回の会議を開催しました。

内容・成果

企画部

入船北小学校跡利用調査検討経費

実施計画

*表中の予算現額 当初予算の補正や流用等をした後の額 す。

事  業  の  内  容     成  果

決算

776千円

                画                 政                 策                 課

内容・成果

専門的・学術的 視点や民間の経営感覚を市政 活 すこ を目的 有識者 構成す 賢

人会議を3回開催しました。賢人会議 人口ビ ョンや地方創生 つい またこ も

や子育 家庭への 目の い支援 婚姻歴の い り親家庭 対し基礎自治体 講

効果的 支援策 つい 意見をいた ました。

企画関係調査経費

実施計画

当初予算

決算書P71

当初予算

11,978千円

予算現額

16,879千円

決算

991千円

決算書P73

施策・事業等を立案す 際の基礎 タ す た 人口及び世帯数の将来推計を行い 全

庁的 共有化を図りました。

内容・成果

決算書P73

当初予算

賢人会議運営事業

928千円

当初予算

5,400千円

内容・成果

10,612千円

予算現額

80,782千円

決算

63,470千円

一般財源 10,215千円

特定財源

市長公室

*表中の予算現額は、当初予算の補正や流用等をした後の額です。

(5)

所 管

成果 ・

市長への手紙 封書 ル FAX等 市民 の意見や要望 苦情 を け付け ました。

」月 「月

市の施策や事業 の情報を多くの市民 提供す こ 市民生活 役立 も う も まち くりへの関心を深 も うこ ました。

811千円

予算現額

11月 4月 6月

成果

1,194,500部

数量 本

内容

当初予算

1,」」8,650部 ・

通  常  号

当初予算

市長への手紙経費

61,176千円

決算書P67

1 制  作

714

広報うらやす等発行費

こち 浦安情報局 」0分

62,302千円

行政情報番組及びコ ュニテ 番組制作・ 送実績 18,000部

  送

49

4,「00部

決算

480 成果

決算

                聴                 広                 報                 課

予算現額

62,302千円

行政情報番組及びコミュニティ番組制作事業

59 58

決算

45,569千円

予算現額

50,253千円

特  集  号 1」5,450部 1「5,644部 (じ下と Neてsう やす

「1,「40

決算書P67

805千円

市民 伝えたい情報を映像化し 送したこ より市民の市政への理解を深 も う

こ ました。

844千円

事  業  の  内  容     成  果

決算書P67

当初予算

57,253千円

市の施策や事業 市政 関す 情報を市民 わ りやすく 正確 提供す た 広報う やす を毎月1日 15日 発行しました。また 市内在住外国人 対し 市の 主催行事 の情報を提供す た 毎月1日 (じ下と Neてsう やす を発行しました。さ 広報紙内 出 く わ り くい言葉を親子の対話形式 明し いく こ も 向けのコ ナ を適宜 広報う やす 盛り込 家族 も うこ

広報う やす くり 努 ました。

折込部数 内容

区  分 発行部数

新春特別番組 」0分 内容

市の施策や事業 の行政情報や 市民生活 密着した地域情報を取り扱 た番組を制作 し ㈱ ェ コ 千葉浦安局 送しました。

51

分数 分

16 回数 回 番組名 1本の制作分数

7月 8月

4「 716件

67 61

寄せ た意見や要望 苦情 所管課等 連絡し問題解決 当た も 申し出人 迅速 回答を行いました。

5月 1「月

64 9月

5」

1月 合計

10月

66 57

(6)

所 管

セッ ョン数 月 均「「0,7」7件 ビュ 数 月 均754,.」47件

●重要 お知 せ ルサ ビス 録者数 成「7 度 現在の総数 「8,570件

」80 プレ 付 商品券 関す ンケ

「7 7月」0日~ 8月 5日

7,778千円

決算書P67 「7 8月1」日~ 8月19日

「7 11月19日~11月「5日

「8 1月 8日~ 1月14日 防犯意識 関す ンケ ト 「8 」月「5日~ 」月」1日

645

」64

」40

決算

当初予算

成果

1.公式ホ 運営経費

予算現額

7,537千円

回答者数

6」9 第18回浦安市環境 ェ 関す

ンケ ト

64「 」80

インターネットホーム

ージ作成事業

事  業  の  内  容     成  果

期間 録者数

決算書P67

決算

5,461千円

5,986千円

5,933千円

予算現額

インターネット市政モニター経費

実施計画

当初予算

」9「

7,765千円

● クセス数 成「7 度

成果 内容

市民 市 の情報の共有化を推進す た 公式ホ や携帯電話用ホ 緊急情報 ステ を利用した行政情報の提供を行いました。

市政情報の充実 努 も 利用者の環境 対応した情報提供を行いました。 広

                聴                 広                 報                 課

648 」」5

短期間 市民の意見を把握す 事 施策や事業の参考 しました。

「7 11月「7日~1「月 」日 644 」64

686 健康 くり 関す ンケ ト

テ プロ ョン 関す ンケ

ト 「7 10月16日~10月「「日

647

浦安震災 カ 関す ン

ケ ト 内容

件名

身近 行政課題 つい ンタ ネット環境を通 適時 市民の考えや意見を聞 くこ ンケ ト ステ を使用し 7回の ンケ トを実施しました。

分別 プ クル び 関す ンケ ト

市長公室

*表中の予算現額は、当初予算の補正や流用等をした後の額です。

(7)

所 管

内容

・ 内容

事  業  の  内  容     成  果

市民参加推進会議委員9名分報酬

決算書P67

408千円

市民参加・協働 つい の知識や理解を深 た 市民向けの協働講演会及び 職員向

け協働研修会を開催しました。また 市民参加・協働を一層推進し いくた 浦安市協働

バ ザ 協働の施策や事業 対し 必要 指導や助言を求 ました。

協                 働                 推                 進                 課

成果

市民参加・協働推進経費

当初予算

362千円

予算現額

市民活動の普及・促進を図 た 市民活動 関す 広報紙 あ U活ニュ スを発行し

全戸配 しました。また 市民活動従事者等の活動 伴う賠償責任や傷害を補償対象 す

市民総合補償保険 加入しました。

包括的連携協定を締結し い 明海大学 明治大学及び千葉工業大学 連絡協議会を開催し

ました。

市民の市民活動への関心を高 も 安心し 活動 よう 体制を整え こ

市民活動の促進を図 こ ました。また 包括的連携協定を締結し い 大学

連携事業 つい 協議を行うこ より 大学 の連携を推進しました。

成「7 5月」0日

開催日

成「7 6月1」日

成「7 4月「「日

成果

協働事業提案制度及び市民活動補助金制度の運用や市民活動支援 協働推進 関す 事項

つい 専門的見地 意見をいた ました。

498千円

351千円

504千円

当初予算

決算書P67

市民活動促進経費

・ ・

決算

予算現額

408千円

決算書P67

内容

市民参加を適正 推進す こ を目的 設置した市民参加推進会議 以 の事案 つい

審議をしました。

決算

2,693千円

成果

当初予算

3,273千円

予算現額

成「7 1「月10日

成「8 」月「4日

市民参加・協働 つい の理解を深 た 市民向け協働講演会及び 職員向け協働研

修会を実施し も 51名 参加しました。また 浦安市協働 バ ザ 後

の協働の広 り つい 助言をいた ました。 お 協働事業提案制度 「8 度

実施事業 し 」件の応募 あり 」件を採択しました。

2,800千円

決算

審 議 内 容

市民参加・協働の取り組 つい

市民参加推進会議の役割 つい

成「6 度協働提案事業評価 つい

成「6 度市民活動補助金自立促進事業評価 つい

成「6 度市民活動補助金活性化事業評価 つい

協働事業提案制度 つい

(8)

所 管

内容 ・

成果 ・

テ マ :語り場~子 もの未来を考え

開催日 : 成「7 11月11日。水週

開催場所:美浜公民館

講 師 :依知川 氏 NPO法人日本 バ サ クル連帯協議会

     宮澤宏樹氏 特定非営利活動法人ワ カ コ プ

参加者 :15人 市民活動サロ

録団体数 」「6 」」8 」65 」91 408

市民活動センタ 利用 録団体数の推移        団体

度 「」 度 「4 度 「5 度 「6 度 「7 度

来館者数 9,」86 10,」1「 11,」77 1「,01「 11,558

度 「」 度 「4 度 「5 度 「6 度 「7 度

・センタ ホ よ 市民活動 関わ 情報発信

・ タルサ ネ の市民活動 関わ 情報発信 逬 回更新

・ ルマ ンの発行 月 回

・市民活動センタ よりの発行 隔月

若者のた の

夏休 ラン

市民活動団体 応援講

テ マ :伝わ 広報 コ ワザ

開催日 : 成「8 「月「7日。土週

開催場所:日の出公民館

講 師 : 田知津子氏 ハン オン!埼玉 副代表理事

参加者 :41人

市民の関心を高 も 市民活動団体の活動への支援を おし 市民活動を促進す

こ ました。

市民活動センタ 来館者数の推移        人

特定財源

市民活動センタ の運営業務を特定非営利活動法人浦安まち くりネット 委託し 団体の交

流促進 市民活動 関す 情報発信・啓発・講 ・相談対応 の事業を行いました。

市民活動 ェ

ステ バル

市民活動団体の日頃の活動の発表 を通し 市民活動を啓発す も

団体交流の場 す た 実行委員会を組織し 開催

開催日 : 成「7 10月「5日。日週

開催場所: ト カ 新浦安店

参加団体:展示」0団体  マンス10団体 来場者:4,198人

テ マ :困難を抱え 子 もたち 寄り添い続け

開催日 : 成「7 10月」日。土週

開催場所:市民プラザ 中ホ ル

講 師 :高橋克己氏 児童養護施設 く の杜君津 施設長

参加者 :55人

まち くり

市民活動センタ の主 事業

事業区分 内 容

情報発信 協

                働                 推                 進                 課

市民活動センター管理運営経費

決算書P67

当初予算

21,818千円

7月 9月ま の期間 市内在住・在学の中学生以上 「0代ま の方

を対象 市民活動団体の活動体験を通し 社会貢献を学ぶ機会を提供

プロ ラ 数:」6 け入 団体数:「5

参加者   :「7」人

51千円 21,300千円

決算

21,351千円

一般財源

事  業  の  内  容     成  果

 その他

予算現額

21,782千円

市長公室

*表中の予算現額は、当初予算の補正や流用等をした後の額です。

(9)

所 管

・ 成果

市民活動団体の自立や発展 向け 活動を支援す こ ました。

申 請 事 業 数 」事業 18事業

交 付 決 定 事 業 数 「事業 14事業

。「週 活性化事業補助金。ステップ ップ週:1事業50万 以内

交付確定額  4,15「,「6「

活動期間 1 以上の団体 主体性を持 行う事業 公益性 高く 団体の活動を発

展させ の 効果的 事業 交付しました。

自立促進事業補助金

。 の一歩週

活性化事業補助金

。ステップ ップ週

1.補助金の概要

市民活動を促進す こ を目的 市民活動団体 自立や発展 向け 行う市民活動の事業

補助金を交付しました。

.補助金の種類・交付確定額

。1週 自立促進事業補助金 の一歩 :1事業10万 以内

交付確定額  17「,4「1

会員確保を目的 した団体活動の内容の宣伝 関す 事業 団体の自立を促進す の

効果的 事業 交付しました。

一般財源 -千円

特定財源

 その他 4,324千円

内容

事  業  の  内  容     成  果

協                 働                 推                 進                 課

市民活動補助金

決算書P67

当初予算

6,000千円

(10)

所 管

1 う やす市民大学運営事業

内容

・ 成「7 度 授業を17科目 オ プンカレッ を5回実施しました。

成果

浦安の再生街 くりを考えよう

「19 18

」7

416

成「7 度学生数 」09人

授業出席率

「1」

67

こ のう やすの学校を地域連携 支え 10 9」

8 「07

う やす街 くり 10 5「

地域の防災力を高 よう 18

う やす 護予防を進 た 15

168

「」0 「06

地球 優しいう やすの環境を り創 1」

う やすの地域コ ュニテ を創 10

高齢化社会を担う市民力 15

う やすの ラン を創 16 「9「

74.7%

う やす市民のた の経済 経営の基礎

関す ―考察・歴史 学び 現代を視 10

授業満足度 95.7%

授業科目名 延 講人数

世界 つ 。、We ぐちe てじ下し とoつ.、週う やすを創 11

一般財源 14,154千円

特定財源

 その他 2,718千円

事  業  の  内  容     成  果

協                 働                 推                 進                 課

うらやす市民大学事業

決算書P67

当初予算

18,543千円

予算現額

18,543千円

決算

16,872千円

地域 つ !う やすの私 しい子育 ラ 8 59

浦安の歴史未来学を学ぶ

集合住宅のこ の課題 備え 10

10

550

健康をう やすの文化 1「 500

授業回数

この他 学生 士の交流を深 いくた 学生会 協力し オ プン講 の開講や校外

学習会を行いました。

16人

15 456

「80

オ プンカレッ 講義テ マ

う やすの街を花 彩

講人数

首都直 地震 備え 事前防災 71人

格差社会を考え - 中流社会 崩壊したの - 」7人

ン ・オ ・ラ ケ 58人

権利を 地域 くり 市民後見人制度

人口減少・少子高齢化時代 おけ 持続可能 都市経営 」6人

市長公室

*表中の予算現額は、当初予算の補正や流用等をした後の額です。

(11)

所 管

成「7 度 先行事業

内容

内容・成果

編さ 準備作業 し 他市区の市史担当者への聞 取り調査や資料の収集及び整理を

行いました。

ポスタ 等の製作・掲出

・ポスタ #00 の製作

・ポスタ の掲出 市内公共施設 市内駅 近隣主要駅

 駅内訳:京葉線  新浦安駅 新木場駅

     東西線  浦安駅 茅場 駅 日本橋駅 大手 駅

     日比谷線  丁堀駅

・ 浦安のこ ワクワク! ンバッ の作製

・ テ プロ ョンのスタ ト あたり 市民や

の前 市長及び市民代表 キックオ を宣言

 開催日: 成「8 」月「7日

 場 所:新浦安駅前広場

キックオ 宣言

事  業  の  内  容     成  果

シティプロモーション調査検討経費

実施計画

決算書P73

当初予算

21,735千円

専門的 人材 用 より効果的 事業推進を図 た 公募型プロポ ザルを実施し 戦

略計画を策定す も キックオ 宣言等の先行事業を実施しました。

予算現額

21,672千円

決算

21,018千円

内容・成果

市史編さん準備経費

決算書P185

当初予算

194千円

予算現額

202千円

決算

46千円

当初予算

0千円

予算現額

0千円

決算

0千円

市     史     編     さ    

    プ     ロ    

ࠉ ࢩ

ࠉョ

限度額

  58,330千円

内容 成果

成」0 6月の発行 向け 成「8 度 本格的 編さ 作業 着手す た 成

「7 度 」0 度ま の債務負担行為を設定し 編さ 業務委託業者の選定及び当該業

者 の委託契約の締結を行いました

(12)

所 管

女性のた の相談事業 「7 度相談者数

相 談 延 相談者数

女性のた の相談 6「4人

女性のた の法律相談 55人

11,037千円

内容 成果

1 男女共 参画センタ 運営経費

男女共 参画社会 く を推進す 拠点 し 男女共 参画 関す 情報の収集 市民

の情報提供 講 等を行いました

「 女性のた の相談事業

女性の生 方や家庭 夫婦関係 女性 抱え 様々 問題 い 相談者自 問題を

解決 う 女性問題の視点 カ ンセ ング技法を備えた 女性のた の相談

14日/月 弁護士 女性のた の法律相談 「日/月 を実施しました 特

DV 緊急また 自立支援を要す 被害者 心理的負担の軽減を考え 職員 行し関

係部署 連携をし 支援を行いました

予算現額

11,928千円

決算

内容 成果

成「8 度 策定予定の 改訂第「次う やす男女共 参画プ ン の基礎資料 す た

市民意識調査 及びグ プインタ ュ 調査等を実施しました また 第「次う やす男

女共 参画プ ン 進捗状況 い 意見をいた くた 識者 市民団体 公募市民 構

成した浦安市男女共 参画推進会議を「回開催したほ 男女共 参画社会 対す 理解を深

意識の醸成を図 こ を目的 職員研修を実施しました

男女共同参画社会づくり事業

決算書P73

当初予算

11,928千円

様々 人権課題 い 市民 幅広く理解 共感 得 う ュ マンフ スタ

う やす や人権 関す 映画会 の人権啓発活動を実施しました ュ マンフ ス

タう やす 中学生 人権作文の朗読や講演会を行い 多くの市民の方 命の尊

さや他者を尊重す こ の大切さ を伝え 人権尊重意識の高揚を図 こ まし

また 中学生 人権問題 い の理解を深 うた 中学生の意見や考え方を取

入 た 人権 公民ノ ト を作成し 市内公立中学校」 生 配付しました

男女共同参画推進事業

決算書P73

3,974千円

予算現額

2,722千円

決算

2,390千円

当初予算

事 業 の 内 容 成 果

人権啓発推進事業

決算書P73

当初予算

1,901千円

予算現額

1,901千円

決算

1,779千円

一般財源 998千円

特定財源

 国県支出金 781千円

内容 成果

市長公室

*表中の予算現額は、当初予算の補正や流用等をした後の額です。

(13)

所 管

内容 成果

ステ ック レンス DV に い の正しい理解 DV被害者に対し のサ

支援を目的 し 職員研修を実施し した た 配偶者 の暴力を受けた女性

子 の自立を支援す 団体に対し 一時滞在の場を確保す た の経費の一部 し ス

テップ ウスの賃料の一部を負担し した

当初予算

1,0【】千円

予算現額

」 男女共 参画意識 く 事業

男女共 参画に対す 民意識の醸成を図 た 女 男う やす や フ ラ

や子育 をテ に 男女共 参画センタ 推進講座 を開催す に年2回情報紙を

発行し 新聞折込 や公共施設等 配 し した

講演 講座 延べ参加人数

女 男う やす や フ ラ 「0「人

事 業 の 内 容 成 果

男女共同参画センタ 推進講座 72人

ドメスティックバ

オレンス

DV

対策推進事業

1,0【】千円

決算

821千円

(14)

所 管

・ ・

諮問第39号 本 9月1日に社会福祉法人◯◯に市が求めた返還金 特定地域活動 支援センタ 経営事業費補助金385,005 身体障がい者福祉センタ 指定管理料 756,800 障がい者等一時ケアセンタ 指定管理料2,247,020 基幹相談支援セ ンタ 委託料1,391,400 夜間安心訪問 ルプサ ビス委託料1,978,800 の夫々 の明細が分かるもの

諮問第40号 本 9月1日に市が社会福祉法人◯◯に求めた返還金 特定地域活 動支援センタ 経営事業費補助金385,005 身体障がい者福祉センタ 指定管理 料756,800 障がい者等一時ケアセンタ 指定管理料2,247,020 基幹相談支援 センタ 委託料1,391,400 夜間安心訪問 ルプサ ビス委託料1,978,800 の明 細が分かるもの

平成28 月15日 第76回

諮問第39号 本 9月1日に社会福祉法人◯◯に市が求めた返還金 特定地域活動 支援センタ 経営事業費補助金385,005 身体障がい者福祉センタ 指定管理料 756,800 障がい者等一時ケアセンタ 指定管理料2,247,020 基幹相談支援セ ンタ 委託料1,391,400 夜間安心訪問 ルプサ ビス委託料1,978,800 の夫々 の明細が分かるもの

3月30日 第77回 ○

表中の予算現額 当初予算の補正や流用等をした後の額 す 総

当初予算

509千円

予算現額

平成26 度情報公開・個人情報保護制度実施状況について

諮問第40号 本 9月1日に市が社会福祉法人◯◯に求めた返還金 特定地域活 動支援センタ 経営事業費補助金385,005 身体障がい者福祉センタ 指定管理 料756,800 障がい者等一時ケアセンタ 指定管理料2,247,020 基幹相談支援 センタ 委託料1,391,400 夜間安心訪問 ルプサ ビス委託料1,978,800 の明 細が分かるもの

諮問第38号 浦安市情報公開条例及び浦安市個人情報保護条例の一部改正に伴う意 見について 諮問

325千円

平成27 6月18日

第75回

事 業 の 内 容 と 成 果

情報公開・個人情報保護事業

決算書P65

情報公開・個人情報保護審査会の開催状況 次のとおり す

開 催 日 審 議 内 容

507千円

決算

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(15)

所 管

1 1

市内に存する学校に在学する者 0 0

217 64

自己情報

開 示

市内に住所を有する者 7 6

市外に住所を有する者

人 数

公 文 書

開 示

市内に住所を有する者 145 18

市内に事務所又 事業所を有する個人及び法人その他の団体 34

市内に存する事務所又 事業所に勤務する者 0 0

公 文 書 開 示

処理件数

件 数

自 己 情 報 開 示 8 2 4 1 1

2 0

情報公開制度及び個人情報保護制度の実施状況 次のとおり す

。1) 公文書開示請求及び自己情報開示請求の状況

8 7

上記以外の者 理由を明示し請求する個人及び法人その他の団体

情報公開制度に る公文書の開示請求及び個人情報保護制度に る自己を本人とする保有個

人情報の開示請求の状況 次のとおり す

区 分

38 27

19

事 業 の 内 容 と 成 果

不開示 下

市 長

。2) 実施機関別の開示状況 単位:件

実 施 機 関

212 73 99

決 定 内 容

27 13

開 示 部分開示

消 防 長公 文 書 開 示 4 0 1 1

自 己 情 報 開 示 0 0 0 0

教 育 委 員 会公 文 書 開 示 33 18 11 3 1

自 己 情 報 開 示 0 0 0 0 0

選 挙 管 理

委 員 会

公 文 書 開 示 0 0 0 0 0

自 己 情 報 開 示 0 0 0 0 0

監 査 委 員公 文 書 開 示 0 0 0 0 0

自 己 情 報 開 示 0 0 0 0 0

固 定 資 産 評 価

審 査 委 員 会

公 文 書 開 示 1 0 1 0

251 91 113

0

自 己 情 報 開 示 0 0 0 0 0

16

自 己 情 報 開 示 8 2

259

0 自 己 情 報 開 示

32

合 計 225 71

0 0

93

0

1 17 1

4

31

0 1

合 計

公 文 書 開 示

議 会公 文 書 開 示 1

0 0 0

117

注: 請求1件に対し 件以上の決定となる場合があるため 。1)の表の請求件数とこの表の処

(16)

所 管

・公文書開示及び自己情報開示に対する不服申立て 次のとおり す

新たに 件の申立てがありました

○統計法に基 く各種統計調査について 法定受託事務として以下の調査を実施しました

なお 経済センサス-活動調査 について 平成28 度の調査に向けた準備作業を行い

また 2015 農林業センサス について 26 度に調査 終了しておりますが 調査報告等

の事後処理を行いました

調査目的 学校に関する基本的事項を調査し 学校教育行政上の基礎資料を得る

調査対象 全ての公立私立の小中学校及び幼稚園

調査目的 が国の人口・世帯の実態を明らかにすることを目的とする 大正9 以来ほ 5

とに行わ ており 平成27 国勢調査 その20回目に当たる

調査対象 全ての人・世帯

調査目的 平成23 経済センサス-基礎調査において設定した調査区を今後の経済センサス調

査区として管理し 必要な修正を行う

調査目的 が国の全産業分野における事業所及び企業の経済活動の実態を全国及び地域別

に明らかにするとともに 事業所及び企業を調査対象とする各種統計調査の精度

向上に資する母集団情報を得ることを目的とする

調査対象 全ての事業所及び企業

5.2015 農林業センサス

調査目的 が国の農林業の生産構造 就業構造を明らかにするとともに 農山村の実態を

総合的に把握し 農林行政の企画・立案・推進のための基礎資料を作成する

調査対象 農林業を営 全ての世帯や法人

本市の行政改革の り組みを実践していくため 学識者や公募市民な 構成する行政改革推

進委員会を 回開催しました

委員会 第3次行政改革推進計画 改訂版 の成果を踏まえ 第四次行政改革推進計画の

り組みな について 意見をいた きました

行政改革推進事業

当初予算

241千円

予算現額

239千円

決算

143千円

3.経済センサス調査区管理

.経済センサス‐活動調査

国委託統計調査費

決算書P91

予算現額

【8,】03千円

決算

【】,851千円

-千円 特定財源

 国県支出金 【】,851千円 認容

当初予算

】4,321千円

1.教育統計 学校基本 調査

2

棄却 却下

決算書P】3

.平成27 国勢調査

0 0

0 0

一般財源 0

0 2

0

決 定 決定

手続中

審査会に

諮問中 下

実施機関 検討中

事 業 の 内 容 と 成 果

。3) 不服申立ての状況

計 一部認容

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(17)

所 管

管理者研修 ・ 9級・8級・7級

部下育成や組織マネ メント能力の向上 半日間ェ2 ラス 職員

144名

管理者研修 平成27 度 組織の基本と管理者の任務・役割 事の管理 問 解決と意思 決定 シップとコミュニケ ション 人材育成 職場の 活性化と安全衛生等

1日間 課長級昇格者 14名 課長補 ・副主幹研修 平成27 度

求めら る役割 求めら る 像 シップと としての部下育成等

1日間 6級昇格者 13名 係長・主査研修 平成27 度

事の管理 指導・教育の イント 適 な業務分担 部下の意 欲向上・メンタルケア等

日間 5級昇格者 32名 副主査研修 平成27 度

キ アと 自己の理解 職場において必要とさ る自己の役 割 職場のマネ メント 自己実現のための目標設定等

1日間 級昇格者 18名

主任主事研修 主任主事昇格 創造性が求めら る背 発想や問 解決のための考え方 創造 的思考方法 業務改善の進め方 事や職場 の問 解決に活か す等

日間 5 目以降の職員 18名 15名

主任主事研修 平成27 度 アと 今ま 経験してきたことを振り返る 求めら 期待と役割 異なる立場の人を巻き込める うなコミュニケ ションスキルの習得 自己実現のための目標設定等

日間 3級昇格者 25名

こ ま のキ アを振り返る 求めら る立場と役割 主体的 行動のためのスキル 事の進捗管理等

日間 採用職員 14名 主事研修 平成23 度

政策形成が必要な背 現状把握 分析 政策形成の考え方 政 策形成に必要なプ セス 政策実現の為の政策形成実習等 日間 採用職員

後期 新規採用職員 接客に る接遇マナ の向上

11日間 31名 市内民間企業 清掃業務及び顧客の接客 案内等

子育て・少子化対策 液状化対策 防災トイレ組立て 浦安の変 遤 市内視察 グル プワ 防災対策

宿泊 新規採用職員

1泊 日 32名

新規採用職員研修 平成27 度 <派遣先> 49名

新規採用職員研修 平成27 度

研修名・期間 対象・人数 科 目

新規採用職員研修 平成27 度 ネスマナ 接遇 給与 福利厚生 安全衛生 地方自治 制度 地方公務員制度 浦安の 史とまち くり 公務員倫理 財政状況・予算執行の流 市の組織と 事 文書事務実務・情 報公開・個人情報保護 福祉体験 情報セキュ ティ・グル プ ア 普通救命 A*)) 伝票処理事務 み再資源化処理体験 フレッシュパト ル 法規実務 議会のしくみ 議会傍聴

前期 新規採用職員

13日間

予算現額

3,343千円

決算

2,922千円

内容

新規採用職員から管理職ま 階層別に分け 必修の研修として行いました

職員研修事業

職員の資質向上を図り 多様化する行政需要に対応するため 各階層別に実施する階層別研 修 特別研修及び外部研修機関に職員を派遣する派遣研修を実施しました

階層別研修

決算書P65

当初予算

3,343千円

各階層を対象に 職責に応 て必要となる知識の習得及び能力の向上を図ることが きまし た

成果

事 業 の 内 容 と 成 果

主事・主事補研修 人

(18)

所 管

一般財源   2,365千円 特定財源

 その他    374千円

中堅職員

10名

モチベ ションアップ研修 1 法制執務 基礎 研修 2

財務事務研修 2

特別研修

決算書P65

当初予算

1,102千円

予算現額

3,182千円

決算

2,739千円

161名

受講希望者

当初予算

3,688千円

職員の意識改革と シップの養成 人

予算現額

1,140千円

決算

行政諸問 への対応能力が向上しました

派遣研修

決算書P65

内容

専門的な知識や技術の習得並びに資格 得等を目的とすると同時に 他の団体職員との交流 を通 て 職員の意識改革を図ることを目的に行いました

派 遣 機 関 課 程 名 人数 課 程 名 人数

市町村職員 地方自治制度 研修講師養成 1 地方公務員制度 研修講師養成 1 中央研修所 住民窓口サ ビスの向上 1 住民とともにすすめる地域政策 1 17名 ステップアップ講座自治体 2 ICTに る情報政策 1

管理職に必要な組織マネ メント 2 住民税課税事務 1

障がい者福祉政策 1 生活保護と自立支援対策 1

児童虐待防 対策 1 観光地域 くり 1

選挙事務 1 環境問 に関する政策法務 1

子育て支援対策 1

千葉県自治 ハラスメント防 研修 1 住民協働推進研修 1

2 コンプライアンス研修 1

研修センタ ファシ テ ション研修 2 業務マニュアル作成研修 5 96名 衝・交 能力向上研修

コンプライアンスの意味と 要性の理解 ス マネ メ ントの基礎知識と対処 ス 対策手法の習得

科 目

女性職員スキルアップ研修 5 レ ム対応研修 3

4 プレ ンテ ション研修 5

議会答弁対応能力向上研修 1 カル・ライティング研修 4 メンタル ルス セルフケア 研修 1

ス マネ メント研修 1日間

人事評価制度の意義と目的の理解 評価における留意点の 確認

事 業 の 内 容 と 成 果

1,117千円

内容

行政目的を遉成するために必要な能力を醸成するため 特別研修を行いました 対象・人数

人事評価制度研修

コミュニケ ションスキルアップ研修

タイムマネ メント研修 15名 モチベ ション向上研修

1日間 研修名・期間 人事評価者研修

ティ マイン の体得 主体的に 事を実行する方法 組織全体の活性化

3日間 7級採用者

半日間ェ6 ラス

半日間ェ 回 3市合同研修

職員

成果

13名 平成27 度7級昇格

13名

人事評価を り巻く自治体の環境変化 人事評価と人材育 成 目標に る管理の 点 イント 面接の目的とすすめ 方等

9級・8級・7級・6級

受講希望者

1

契約事務研修 2

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(19)

所 管

自己啓発研修助成金

決算書P65

15名 土木工事積算

予算現額

500千円

決算

観まち くり 1

自主研究グル プ

職員の自己啓発意欲を高めるとともに 市行政の発展に寄与することを目的としたもの す 修了 1グル プ

成果

自己啓発意欲の向上に繋がりました

事務処理の簡素化・効率化を図ることが きました

り高度 専門的な知識及び技能の習得並びに他の団体職員との交流を通 て 職員の 意識改革を図ることが きました

1 建築確認実務 交通まち くり 都市再開発

都市計画

総合人事管理システム経費

決算書P65

内容

一般職員の人事 タと給与 タとの連携や 臨時的任用職員等に係る事務の簡素化を図 り こ ら事務を効率的に行うために必要な総合人事管理システムに係る現行システムの経 費及び人事管理システム導入に係る経費 す

成果

1 建築基準法 建築物の監視 1 住民参加に るまち くり

内容 成果

116千円

当初予算

500千円

通信教育講座等

職員の学習意欲を高め 能力開発と視野の拡大 知識の向上を目的としたもの す 修了者 4名

1

自治体建設行政職員に必須の法的知識と ス 対策 1 建築確認実務 1

建築工事の安全施工

1 下水道 2

山武地区研修会 1

1

1 1

全国建設 建築設備 電気 1

東葛・葛南地区研修会 8

債権管理・回収 基礎 研修 1 1

カ ンセ ング研修 1 まち くり研修 2

債権管理・回収 実務 研修

公会計基礎研修 2 行政課 調査研究 1

固定資産税関連講座

簿記研修 1 講義技法講座 1

2

課長補 研修 5 課長研修 2

災害危機管理研修 1 用地事務研修 1

1

新任係長研修 4 中堅職員研修 1

3

滞納整理マネ メント研修 1 主任保育士研修 4

固定資産税 土地 研修 1 行政広報研修

当初予算

52,470千円

予算現額

52,470千円

決算

税務事務研修

滞納整理事務 初級 研修

51,141千円

研修センタ 建築設備 空調 1

1 人事労務管理研修

固定資産税 家屋 研修 1 2

事 業 の 内 容 と 成 果

(20)

所 管

内容 ・

平成27 度職員採用試験

1.平成27 7月5日実施 第一回 1,597,806

.平成27 9月20日実施 第 回 419,342

3.平成27 12月12日実施 第三回 お任期付職員B

.平成27 12月20日実施 第四回 649,050

試験区分 申込者数 第1次試験 終試験 採用数 受験者数 合格者数 合格者数

作業療法士 2人 2人 2人 2人 2人

試験区分 申込者数 第1次試験 終試験 採用数 受験者数 合格者数 合格者数

6人 2人 1人 行政事務上級 274人 237人 30人 14人 14人

終試験合格者数に 補欠 合格者を含みます

計 282人 244人 36人 16人 15人 保健師 8人 7人

計 198人 166人 82人 27人 24人

行政事務初級 3人 3人 1人 0人 0人

。身体障がい者対象)

幼稚園教諭 32人 23人 12人 3人

保健師 7人 0人

3人 3人

0人 保育士 34人 30人 16人 9人 9人

行政運営に必要な人材を公正かつ効率的に採用するため 職員採用試験を実施しました

試験区分 申込者数 第1次試験 採用数

土木 5人 2人 0人 0人

職員採用経費

決算書P65

予算現額

2,958千円

決算

2,666千円

事 業 の 内 容 と 成 果

育児休業代替等臨時職員経費

決算書P65

240人

当初予算

25,741千円

職員が産前・産後休暇及び育児休業等を 得し 欠員を生 た所属 保育園 幼稚園につい て 保育幼稚園課が所管 に育児休業等代替職員を配置しました

育児休業等代替職員数 22人

39人 14人

第1次試験 終試験 申込者数

予算現額

20,441千円

決算

19,511千円

1人

内容

当初予算

2,958千円

受験者数 合格者数

成果

行政事務上級 647人 565人

試験区分

一時的な欠員補充を図ることに って 事務の停滞を防 とともに各職員が育児休業を 得 しやすい環境を整備しました

41人 37人 17人 4人 合格者数

3人 人

終試験

1人 採用数 受験者数 合格者数 合格者数

行政事務初級

7人 消防士上級 26人 23人 10人 2人

建築 10人

36人 19人 7人 消防士初級 40人

2人 1人 9人 5人 1人

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(21)

所 管

人 100.0 %

人 %

受検率 (景B)

人 100.0 % 合計 75 人 56 人 56

保健師 護師等 臨時的職員 45 人 35 人 35 人 100.0 %

対象職種 正規職員 30 人 21 人 21 人 100.0 %

予防接種 延人数

区 分 対象者。A) 希望者。B) 接種者 () 接種率 (景B) 合計 188 人 135 人 135

保健師 護師等 臨時的職員 72 人 62 人 62 人 100.0 %

対象職種 正規職員 116 人 73 人 73 人 100.0 %

。 ) 型肝炎予防接種 体検査

区 分 対象者。A) 受検希望者。B) 受検者 ()

合計 27 人 6 人 6

給食員 人 100.0 %

100.0 臨時的職員 11 人 3 人 3

対象職種 正規職員 16 人 3 人 3 人 100.0 %

100.0 % 頸肩腕検診

区 分 対象者。A) 受検希望者。B) 受検者 () 受検率(景B) 人 100.0 % 合計 886 人 87 人 87 人

人 100.0 %

消防士 保育士 給食 員 作業員等

臨時的職員 241 人 33 人 33 正規職員 645 人 54 人 54 区 分 対象者。A) 受検希望者

。B) 受検者 ()

受検率

(景B) 対象職種 100.0 %

特定業務従事者と 身体に負担や危険性の大きい業務や深夜業務等に従事する者となり ます

。3) 職員特別検診 腰痛検診

人 100.0 % 合計 173 人 173 人 173 人

人 100.0 %

消防士 給食員等 臨時的職員 11 人 11 人 11

正規職員 162 人 162 人 162

区 分 対象者 A 受検希望者。B) 受検者 () 受検率(景B) 対象職種 人 99.0 %

正規職員の対象者。A) 特別職・休職者等を除き 再任用職員を含 <正規職員健康診断受検状況>

定期健康診断受検者数411人と自己検診受検者数。人間 ッ 等)967人 総受検者数 1,378 人となり 全体の受検率 99.6%となります

。 ) 職員特定業務従事者健康診断

合計 2,023 人 978 人 968

一般健診者。34歳以下) 500人

総合健診者。35歳以上) 468人

臨時的職員 614 人 567 人 557 人 98.2 %

内 訳

正規職員 1,409 人 411 人 411 人 100.0 % 。1) 職員定期健康診断

区 分 対象者 A 受検希望者B) 受検者() 受検率(景B)

予算現額

7,496千円

決算

7,470千円

1.職員の健康管理について

職員の健康保持と各種疾病の予防 早期発見 治療に期するために次の事業を実施しました

職員健康診断経費

決算書P65

当初予算

9,190千円

事 業 の 内 容 と 成 果

(22)

所 管

人 人 人 人 人 人 人 人

調査対象者 。A)

検査対象者 。B)

131,875

受検率 (景B)

24 1 4 1,339 15 2

15,432

共 済 費 1,699,947 19,059 21,430 2,435 30,105 1,515 合 計 10,740,909

0 63,315 188,409 9,758 27,950 11,238,032 4,511 1,779,002 0 0 1,040 児 童 手 当 63,315 0 0 0 0 0

災 害 派 遣 手 当 0 0 1,040 0 0

0 1,000 27,787 2,845 38,237 1,928 5,553 2,236,965 0 7,560 1,117 461 2,474 24 315 114,599 0 56,344 0

夜 間 勤 務 手 当 7,560 0 0 0 0 0 休 日 勤 務 手 当 56,251 18 7 42 26

38,149 時 間外 勤務 手当 508,812 9,313 2,791 1,641 12,596 1,182 1,007 537,342 351 81,781 特 殊 勤 務 手 当 37,018 356 72 0 607 0 96

545 1,727 677,295 住 居 手 当 78,449 1,296 324 0 1,361 0

地 域 手 当 647,542 7,303 8,282 862 11,034

2,368 0 2,464 0 0 161,559 2,754 372 1,680 156 588 125,294 13,802 5,356,787 職 員 手 当 等 3,918,978 46,553 6,188 70,495 3,861 9,637 4,102,243 給 料 5,121,984 58,109 63,892 6,809 87,809 4,382

千 千

9,040,962 104,640 110,445 12,997 158,304 8,243 23,439 9,459,030 合 計

保 険 事 業 定

介 護

サ ビ ス

事 業 定

給 与 費 千 千 千 千 千 千

一 般 会 計

国 民 健 康

保 険

特 別 会 計

公 共 下 水 道 事 業 特 別 会 計

墓 地 公 園

事 業

特 別 会 計

介 護 保 険 特 別 会 計

後 期 高 齢

者 療

特 別 会 計

200人 1,454人 実 数 870人 10人 5人 5人 274人 175人 1,339人 定 数 880人 12人 7人 5人 350人

教 委 消 防

計 部 局 事務局 事務局 事務局 事務局 機 関

作業員等

○ 職員と給与について

一般職

1.職員数について

職員数及びその配置状況 次のとおり す 平成28 3月31日現在 区 分 市 長 議 会 選 管 監 査

対象職種 正規職員 94 人 20 人 20 人 100.0 %

。6) 破傷風予防接種

区 分 対象者。A) 希望者。B) 接種者 () 接種率(景B)

※ V T と ィ ス プ レ イ キ ボ 等 に り 構 成 さ る Vじ上つ遷l )じ上歳l遷と Tご三mじn遷l上 機器を使用して タ 入力・検索・照合等 文章・画像等の作成・編集・ 修正等 プ グラミング 監視等を行う作業 す

正規職員 991 人 763 人 85.2 % 受検者 ()

人 650

V T作業が1日平均 時間 以上の職員又 V T作業が 1日平均 時間未満 が自覚 症状の多い職員

。5) V T検診 区 分

996

管理職員特別勤務手当 1,000 0 0 0 0

123,699 職 員 数 1,279 14

0 期 ・ 勤勉 手当

通 勤 手 当 109,212

2,136,097 24,518 1,310 46,531 扶 養 手 当 118,434

管 理 職 手 当 155,288 1,439 会計区分

種 別

事 業 の 内 容 と 成 果

.職員の給与について

会計別給与費の決算状況 次のとおり す

対象職種

3 3 0 50 22 13 1 25 33 3

(23)

所 管

<総合事務組合負担金及び返還金>

平成27 度 累計収支差の状況

千 千

B)

千 退職者数

千 人

825,398

19,018,353 13,509,748 5,508,605 166,224 千

退職手当負担金累計額 退職手当支給累計額 累計収支差額

。A) A)-。B)

45

平成27 度総合事務組合負担金返還額

平成25 度からの退職手当支給水準の引下 に伴い 退職手当支給額が減額し今後の資金 需要額が大幅に減少することとなったため 平成20 度に導入さ た 定額負担金 の見直 しが行わ ました

その結果 平成26 度 り累計収支差額が黒字の団体 平成26 度から平成30 度の5 間の退職手当支給の予測額を当該期間の 数 除し 平準化した額を負担金とする 需要 額按分負担金方式 に変更さ ました

また 黒字額を縮減するため 累計収支差額が基準額 ある20億 を超えた部分を5 除し 需要額按分方式に り算出した負担金額から減額さ ることとなったため 本市 平成26 度から平成30 度ま の負担金の納付がなくなり 下記 金額が返還さ ることと なりました

県内37市の平均 100.8 37市中13番目 100.5 100.4

本市の指数 県内の順位 千葉県の指数

.退職手当総合事務組合負担金

・平成27 度の退職手当支給の状況 次のとおり す 退職手当支給額

事 業 の 内 容 と 成 果

3.ラスパイレス指数

平成27 4月1日現在のラスパイレス指数 次のとおり す

(24)

所 管

防災備蓄用品購入費

当初予算

27,510千円

予算現額

28,286千円

決算書P79

2,160千円

決算

当初予算

60,804千円

予算現額

事 業 の 内 容 と 成 果

予算現額

決算

当初予算

決算

2,160千円

7,193千円

浦安市地域防災計画 風水害等編・大規模事故編 の改定基本方針を定め 現計画を改定しま した

7,115千円

当初予算

6,480千円

実践型訓練事業

実施計画

23,167千円

決算

自主防災組織防災器材等購入補助金 61団体

大規模な災害発生に備えて 地域防災計画の実効性を高めるため 実践型の図上訓練を実施 し 応急対策体制の強化を図りました

予算現額

決算書P79

当初予算

自主防災組織防災器材等購入補助金 61団体

決算書P79

当初予算

災害に備える住民の自主的な組織を育成するため 自主防災組織に対して補助金の交付を行 なったほか 自治会自主防災組織連絡協議会の実施する研修会や会議運営の支援を行いまし た

・中央公園及び総合公園に設置する耐震性貯水槽の液状化対策工事を行いました

配付数 5,843セット

決算書P79

2,160千円

59,790千円

防災袋無償配付事業

予算現額

決算書P79

自主防災組織補助金 62団体

24,378千円

自主防災組織育成事業

決算

予算現額

61,009千円

9,429千円

決算

9,428千円

決算

災害非常用トイレ整備事業

実施計画

決算書P79

9,072千円

7,743千円

7,744千円

27,766千円

当初予算

9,783千円

決算書P79

予算現額

23,932千円

耐震性貯水槽維持管理費

購入数 6,000セット

地域防災計画事業

実施計画

市民の防災意識の高揚を図るため 防災セットを購入し 転入世帯に無償配 しました

災害時の避難生活 必要不可欠な備蓄食料・毛 ・マット等の防災備蓄品を購入しました

災害発生後に避難生活等 緊急な対応が求めら るトイレの備蓄を行うため 災害非常用トイ レを購入しました

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(25)

所 管

・ ・

(

成28年度へ繰越明許

62,964千円)

一般財源   87,039千円 特定財源

国県支出金 13,624千円 ・

事 業 の 内 容 と 成 果

決算書P81

9,246千円

決算書P81

当初予算

8,966千円

予算現額

決算

8,712千円

情報システムサーバ統合基盤経費

実施計画

予算現額

当初予算

133,321千円

100,663千円

193,155千円

情報セキュリティ対策費

実施計画

マイナンバ カ を利用したサ ビスとして コンビニ ンスストア 住民票や戸籍証明等 の各種証明書を交付するためのシステム導入を行いました

新庁舎における市民の利便性向上のために 窓口業務拡充及び各種申請業務の担当課間連携を 支援するシステムを導入しました

社会保障・税番号制度の開始に伴い 税システムや福祉システム 使用している宛名コ を 統一するための団体内統合宛名システム及び他機関との情報連携を行うための中間サ バ

ト イシステムの構築等を実施しました

当初予算

120,333千円

決算

情報セキュ ティ対策の意識向上を図るため 全庁職員を対象とした情報セキュ ティe- ラ ニングや標的型メ ル対応訓練等を実施しました

コン ュ タ イルス対策ソフトの運用や インタ ネットからのア セスに対し 不正なア セス情報が含ま ているか うかを24時間365日監視する 侵入防 システム。IPS)の運用な 技術的な対策を実施しました

インタ ネットに公開しているサ バや新たに構築や運用を開始したサ バな に対し 外部 機関に る情報セキュ ティ監査を実施しました

予算現額

102,753千円

決算書P81

130,013千円

住民情報システム基盤経費

決算

(26)

所 管

100万 以上

50万 以上

単位:件

単位:件

決算書P81

当初予算

310千円

検査事務運営費

予算現額

310千円

決算

298千円

2

計 65 31 80 7 2 185

中 間 0 0 1 0 1

分 納 0 6 2

計 製 本

0 8

25 77 7 1 175

0 種類別

検査種別

消耗品 印 刷 備 品 車両類 製造請負 84 96 14

0 出来形・清 算 0

245

物 品 検 査

8 0 52

49 2 38 0

0 41

56 14

2 0

2

事 業 の 内 容 と 成 果

工事及び物品検査の実施状況 次のとおり す

工種別 検査種別

造 園 その他

工 事 検 査

建 築 植 栽 設 備

2 191 土 木

完 成 78

中 間 6

完 納 65

3 3 0

50 22 13

1

25 33 3

(27)

所 管

・ ・

東日本大震災に係る復旧・復興事業等の実施のための特別の財政需要等 国の補正予算に る補助事業に関する地方負担額や単独災害復旧事業費 条例に る地方税 使用料・手数料 等の減免額な に対して交付さ ました

交付額 4,640,914千

表中の予算現額 当初予算の補正や流用等をした後の額 す 特別交付税

普通交付税における基準財政需要額の算定方法に って捕そくさ なかった特別の財政需要 がある場合な 災害や特別の事情を考慮して交付さ ました

交付額 37,833千

震災復興特別交付税

基準財政需要額 基準財政収入額 交付基準額

22,058,443千 33,651,460千 △11,593,017千

予算現額

4,546,090千円

決算

4,678,747千円

地方交付税に 普通交付税と特別交付税があり 普通交付税の額 地方交付税総額の94% 特別交付税の額 6%に相当する額となっています

事 業 の 内 容 と 成 果

地方交付税

決算書P25

当初予算

2,716,090千円

平成23 度から 東日本大震災に係る復旧・復興事業等の実施のための特別の財政需要等を考 慮して震災復興特別交付税が創設さ ています

普通交付税

(28)

所 管

20

屋内水泳プ ル特定天井改修事業 37,000 京 葉 銀 行 0.095 10

予算現額

7,544,600千円

決算

4,676,100千円

平成27 度の地方債の発行状況 次のとおり す

事 業 名 借 入 額 借 入 先 償還

期間

事 業 の 内 容 と 成 果

市債

決算書P55

当初予算

6,109,900千円

健康センタ 空調設備改修事業 93,300 京 葉 銀 行 0.095 利率

10

富 岡 公 民 館 大 規 模 改 修 事 業 152,600 京 葉 銀 行 入 船 中 学 校 校 舎 大 規 模 改 修

レ ベ タ 事 業 5,500 京 葉 銀 行 こ も の 広 場 整 備 事 業

平 成 26 度 繰 越 分 14,000

千 %

庁 舎 等 建 設 事 業 856,500 三 井 住 友 銀 行 0.51 20

10 み ほ 銀 行 0.51 20

道 路 等 整 備 事 業 1,125,000 京 葉 銀 行 0.095 10

10 道 路 等 復 旧 事 業 32,500

道 路 等 整 備 事 業

平 成 26 度 繰 越 分 516,300 京 葉 銀 行 0.095 10 京 葉 銀 行 0.095 道 路 等 復 旧 事 業

平 成 26 度 繰 越 明 許 分 44,700 京 葉 銀 行 0.095 京 葉 銀 行 0.095 158,000

0.51 20 高 規 格 救 急 自 動 車 購 入 27,000 千 葉 県 市 町 村 振 興 協 会 0.10 5 シ ン ボ ル 緑 道 部 整 備 事 業

平 成 26 度 繰 越 分 83,600 み ほ 銀 行

0.095 10 各 中 学 校 ト イ レ 改 修 事 業 174,200 京 葉 銀 行 0.095 10 入 船 南 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 修 事 業 284,500 京 葉 銀 行

0.095 10 入船中学校校舎大規模改修事業 492,000 京 葉 銀 行 0.095 10

0.51 管理棟・ア チ 場等整備事業

平 成 26 度 繰 越 分

0.095 10

管理棟・ア チ 場等整備事業 20

164,100 み ほ 銀 行 0.51

0.095 10 野 球 場 整 備 事 業 155,100 み ほ 銀 行 0.51 20 運 動 公 園 園 路 等 整 備 事 業 19,600 み ほ 銀 行

10 財

20 総 合 体 育 館 ア ナ

空 調 シ ス テ ム 改 修 事 業 225,600 京 葉 銀 行

み ほ 銀 行

15,000 0.51

道 路 等 復 旧 事 業 平 成 26 度 事 故 繰 越 分

18,692,388

2,637,797 16,054,591

6,491,017

1,097,865

8,330,657 5,393,152

4,326,766

4,003,891

244,859 244,859

1,176,495

1,176,495

34,935,416

参照

関連したドキュメント

1.制度の導入背景について・2ページ 2.報告対象貨物について・・3ページ

経験からモジュール化には、ポンプの選択が鍵を握ると考えて、フレキシブルに組合せ が可能なポンプの構想を図 4.15

の 45.3%(156 件)から平成 27 年(2015 年)には 58.0%(205 件)に増加した。マタニティハウ ス利用が開始された 9 月以前と以後とで施設での出産数を比較すると、平成

平成26年度事業報告には、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律施

[r]

[r]

[r]

給水速度はこの 1.2~1.3 倍に設定し、汽水分離タンク内の水位信号を基に、給水を ON-OFF で制御する方式が採られている。給水ポンプについても、表