The Japanese Journal of Psychology 1994, Vol. 65, No. 5, Working memory capacity related to reading: Measurement with the Japanese version of

Download (0)

Full text

(1)The Japanese Journal of Psychology 1994, Vol. 65, No. 5, 339-345. 原. 著. 読 み とワー キ ング メモ リ容 量 ‑日. 本 語版 リー デ ィ ング スパ ンテ ス トに よ る測 定. 大阪外国語大学. 苧 阪 満 里 子1. 京 都 大 学. 苧. 阪. 直. 行. Working memory capacity related to reading: Measurement with the Japanese version of reading span test Mariko Osaka (Department of Psychology, Osaka University of Foreign Studies, Aomatani, Minoo, Osaka 562) and Naoyuki Osaka (Department of Psychology, Faculty of Let ters, Kyoto University, Sakyo-ku, Kyoto 606-01) The efficiencyof working memory capacity was measured with the Japanese reading span test (JapaneseRST), which was developedbased on the Carnegie-MellonRST (Daneman & Carpenter, 1980). The correlationbetweenthe Japaneseand the CMU RST was foundto be highlysignificant.The presentJapaneseRST seemsto predictreading efficiencyin the same way as does the CMU RST. The JapaneseRST was found to be correlatednot only with memoryspan but with readingcomprehension. However,it was not correlatedwith existingverbal intelligencetests. Key words: reading, working memory,reading span test. 文 の リ ー デ ィ ン グ(reading;以. 下 読 み と略)に. わ る処 理 は 並 列 的 な 処 理 を含 ん で い る.例. かか. え ば,文. を. Carpenter,. &. 1980).こ. van. Dijk,. 1978;. Daneman. &. の よ う な 情 報 の 処 理 と保 持 が 行. わ れ る よ うな一 一 旧寺的 な記 憶 は,ワ. ー キ ン グ メ モ リ(作. 読 む と き に は,こ. と ば の 意 味 を 追 い な が ら,少. 間 で は あ る が,既. に 読 ん だ 内 容 を心 の 中 に保 持 して お. 動 記 憶)と 呼 ば れ て い る.ワ. く必 要 が あ る.こ. の よ う な 一 時 的 な情 報 の 保 持 は あ ま. 現 は も と も と コ ン ピ ュ ー タ の メ モ リ の働 き の 部 分 的 な. り注 目 さ れ て こ な か つ た が,文 要 な 役 割 を果 た して い る.と セ ス で は,文. しの 時. れ て い る(Kintsch. の 読 み の 上 で 非 常 に重 い う の は,文. を読 む プロ. 字 の パ タ ー ン認 知 と単 語 の 意 味 処 理 は あ. ー キ ン グ メ モ リ とい う表. 概 念 と して 用 い られ て き た が,認. 知 心 理学 の領域 で も. 人 間 に もこの種 の一 時的 な記憶 が 存在 す るの で はない か と い う仮 定 の も と に, Baddeley. (1986)やCarpenter. る程 度 並 列 的 に 進 行 す る の で,処 理 内 容(product)を 一 旧 寺的 に保 持 し ,か つ そ れ ら の 情 報 を逐 時 統 合 し て ゆ. & Just (1989)た. か ね ば な ら な い か ら で あ る.そ. や 暗 算 な どの 過 程 に も関 与 し て お り,. う す る こ と に よ り,情. ま た,ワ. ち が 積 極 的 に 研 究 を 進 め て い る.. ー キ ン グ メ モ リ は,言 語 情 報 だ け で な く推 論 課題 の遂 行 と. 報 は い つ で も検 索 が 可 能 な 活 性 化 状 態 で 保 持 さ れ,そ. 情 報 の保持. れ に 基 づ い て 読 み が 進 め られ て ゆ くた め,例. 深 くか か わ つ て い る と考 え られ て い る.例. 中 に 多 義 語 が 出 現 し た 場 合 な ど で も,そ. え ば,文. の意味 の判 断. の ように一 時的. に 処 理 し た 内 容 を活 性 化 状 態 の ま ま 並 存 的 に保 持 しつ つ,次 1. の 情 報 処 理 に 対 処 す る とい う こ とが 絶 えず 行 わ. CMU版. か らの 日 本 語 版 を試 作 す る に あ た つ て ,カ. ー ネギ Just教 授, Patricia Carpenter教 授 と. ー ・メ ロ ン大 学 のMarcel 三 宅 晶 氏 の 協力 を 得 た.記 研 究 補 助 金# 05801013お みの国際比較. して 感 謝 す る.本. 研究 は文部 省科 学. よ び 日本 学 術 振 興 会 国 際 共 同 研 究"読. か らの 助 成 を受 け た.. え ば,暗. 算. を 行 つ て い る と き に 繰 上 りの 桁 情 報 を保 持 し な が ら, 次 の計 算 ス テ ッ プ に 進 む よ う な 心 的 プ ロ セ ス が そ れ に. に 困 る よ う な こ とが な い の で あ る. 読 み の 情 報 処 理 の プ ロ セ ス で は,こ. が 並列 的 に処理 され る ような記憶 過程 と. 当 た る. さ て,読. みの情報 処 理 に関連 した ワーキ ン グメモ リ. に一 定 の 容 量 限 界 が あ る と仮 定 す る と,我 々 は読 み の 処 理 に 当 た つ て テ キ ス トの 難 し さ な どの 制 約 諸 条 件 を 考 慮 し な が ら ワ ー キ ン グ メ モ リ の適 切 な 容 量 配 分 を行 つ て い る と推 定 さ れ る(Kahneman,. 1973).こ. こで 制. 限 され た 容 量 が 処 理 に 用 い られ る か あ る い は保 持 に 当 て られ るか の 容 量 配 分 の 問 題 が 出 て く る.つ. ま り,ワ.

(2) 340. 心. 理. 学. 研. 究. 第65巻. 第5号. ー キ ン グ メ モ リの 容 量 を 有 効 に 配 分 し得 る か ど う か. を 並 列 的 に保 持 す る こ とが で き よ う.し か し,不 得 意. が,読. な読 み手 で は,読. み の 処 理 の効 率 を決 め る こ と に な る.. リー デ ィ ン グ ス パ ン テ ス トは,こ. の よ う な 処 理 と保. み の 効 率 が 悪 い た め に 容 量 を使 い過. ぎ て 他 に 振 り分 け る こ とが 不 可 能 に な る.こ. の た め,. 持 の トレ ー ドオ フ の 関 係 を 想 定 し て 開 発 さ れ た テ ス ト. 彼 ら は指 示 さ れ た 単 語 を並 列 的 に保 持 して 再 生 す る こ. で あ る.ワ ー キ ン グ メ モ リの 働 き は,動. とが 困 難 に な る と考 え ら れ る の で あ る.. 物実 験 な どか. RSTに. ら大 脳 新 皮 質 の 特 に 前 頭 前 野 の 機 能 と か か わ る こ とが 示 唆 さ れ て い る(Goldman‑Rakic,. 1992).し. か し,読. よ り測 定 さ れ る ス パ ン は,従. た よ う な 数 字,無. 来行 わ れ て き. 意 味 綴 りや 単 語 な ど を,主. に聴 覚 的. み の 処 理 プ ロ セ ス で の ワー キ ン グ メ モ リが 脳 内 の ど の. に呈 示 した 直 後 に そ れ を再 生 さ せ る こ と に よ り測 定 さ. 部 位 に 主 に か か わ つ て い る か に つ い て は 明 らか で は な い.一 般 に ワ ー キ ン グ メ モ リ を 考 え る場 合,ま ず そ の. 憶 範 囲)と. 容 量 の 個 人 差 を 明 確 に お さ えて お く必 要 が あ る.と. は, RSTで. うの は,一 て も,そ. い. 律 に ワ ー キ ン グ メ モ リ に 負 荷 を与 えた と し. の 課 題 の 困 難 度 が 個 人 に よ り異 な れ ば,そ. れ. れ て き た,い. 頭. い うの. は単 語 を 保 持 す る こ と に の み ワ ー キ ン グ. に よ る読 み とい う認 知 処 理 が,一. し て,同. る.そ. で あ る.も. ー キ ング メ. span;記. メ モ リ を費 や す の で は な く,単 語 の保 持 と 同 時 に. は 均 質 な 課 題 負 荷 を 与 え た こ とに は な らな い か ら で あ の よ う な 個 人 差 を 考 慮 し た 上 で,ワ. わ ゆ る メ モ リス パ ン(memory. は 異 な る もの と考 え ら れ て い る.と. 種 の2重. 口. 課題 と. 時 に 並 列 的 に進 行 され な け れ ば な らな い た め ち ろ ん,強 制 で は あ つ て も. 口頭. での読. モ リ の 神 経 科 学 的 基 礎 を 探 索 す る 研 究 が 行 わ れ る必 要. み の運 動 プ ロ グ ラ ム を 実 行 させ る こ と は,文. が あ ろ う(苧 阪, 1994).ワ ー キ ン グ メ モ リ の 働 き の 一 端 を簡 単 な 心 理 的 手 法 で 評 価 で き れ ば ,こ の よ う な. 解 の プ ロ セ ス を 半 ば 自動 的 に 随 伴 さ せ る.従 つ て,リ ー デ ィ ン グ スパ ン の 測 定 とは ,読 み と並 列 的 に行 い 得. 問 題 に つ い て も大 き な 寄 与 が で き る と思 わ れ る.本. る 保 持 の 範 囲 の 測 定 とい う の が 正 し い 定 義 で あ ろ う.. 稿. で は 読 み に か か わ る ワ ー キ ン グ メ モ リの 働 き を 評 価 す. この こ とを 裏 づ け る よ う に, Daneman. る 方 法 と して,日. (1980)の. 本 語 版 リ ー デ ィ ン グ ス パ ン テ ス トの. 開 発 を行 つ た.. Carpenter. 成 績 が読 みの 内容 の理 解. と関 連 し て い る こ とが 報 告 さ れ て い る.こ て,多. リー デ ィ ン グ ス パ ン テ ス トに つ い て リ ー デ ィ ン グ ス パ ン テ ス ト(Reading 以 下RSTと. 報 告 で は,RSTの. &. 略)は,読. Span. Test:. み の プ ロ セ ス と直 接 関 連 す る. ワ ー キ ン グ メ モ リ の処 理 効 率(efficiency)の. 個人差 を. の意 味理. れ に対 し. くの 既 存 の メ モ リス パ ン の 評 価 値 は お お む ね 読. み の 理 解 との 相 関 が 認 め ら れ な い か,ま. た は ご く低 い. 相 関 し か もち 得 て い な い.更. &. (1992)は,ワ. に, Just. Carpenter. ー キ ン グ メ モ リ を 効 率 良 く用 い る こ と. が で き る か 否 か が,一 般 的 な 言 語 情 報 処 理 の 個 人 差 を. 測 定 す る た め に 開 発 さ れ た テ ス トで あ る(Daneman. 生 み 出 し て い る と指 摘 し て い る.と. & Carpenter,. の 得 点 の 高 い 被 験 者 と低 い 被 験 者 と の 間 で は,さ. 1980).. RSTで. は,読. みの過 程 にお け. い う の は, RST まざ. る,情 報 の 処 理 と保 持 とい う両 過 程 の 並 列 的 な処 理 効. ま な 言 語 処 理 に お い て 違 い が 認 め られ て い る か ら で あ. 率 が 測 定 さ れ る.具 体 的 に は,次. る.. を被 験 者 自身 に. 口頭. 々 と提 示 され る短 文. で 読 ませ な が ら,短 文 の 文 末. の 単 語 を保 持 させ て ゆ く.そ. こで は,視. 覚 的 に入 力 さ. れ た情 報 を 口 頭 で 強 制 産 出 させ る とい う運 動 プ ロ グ ラ ム を 遂 行 させ る こ と に よ り,ま ず ワ ー キ ン グ メ モ リの. こ の よ う に, RSTは,個. 人 の 読 み の能 力 と非 常 に. 密 接 に 関 連 した ワー キ ン グ メ モ リの 効 率 を 推 定 す る こ とが で き る ユ ニ ー ク な 評 価 法 と考 え られ て い る. 本 稿 で は,本 邦 に お い て も リー デ ィ ン グ ス パ ン を適. 容 量 の か な りの 部 分 を 消 費 させ て し ま う.こ の よ う な. 切 に測 定 で き る よ う な 日本 語 の 文 を 用 い たRSTの. 容 量 削 減 下 状 態 に 置 い た 上 で,い. 発 を 行 い,併 せ てJust & Carpenter (1992)に よ り用 い ら れ て い る 英 語 版 のRSTと 比 較 検 討 を し た(実 験. くつ まで 単 語 を 保 持. す る こ とが で き る か を 測 定 す る の で あ る.読 文 の 数 は, 2文 か ら次 第 に 増 し て い くた め,文. ませ る短 の 数が. 1).更. に,日. 本 語 版RSTで. 測 定 で きる ワー キ ング メ. 増 え る とそ れ だ け保 持 し て お か な け れ ば な ら な い 単 語. モ リ の 内 容 を 検 討 す る 目 的 か ら, RSTと. の 数 も多 くな る.こ. リ ス パ ン テ ス トの 評 価 値 と の 相 関 に つ い て(実. の よ う な 読 み と単 語 の 保 持 が ど の. 程 度 で き るか に よ り,読. み と関 連 した ワ ー キ ン グ メ モ. リの 個 人 差 を測 定 し よ う とす る も の で あ る. さ て,読 は,個. 2),ま. 開. 既存のメモ 験. た 言 語 検 査 との 関 係 に つ い て も検 討 を 行 つ た. (実験3お. よ び 実 験4).. み で 削減 され る ワー キ ン グ メモ リの容 量. 人 に よ り差 が あ る と考 え られ る.例. の 得 意 な読 み 手 で は,読 が な い た め,残 が で き る.従. え ば,読. み に さ ほ ど容 量 を用 い る こ と. さ れ た 容 量 を 他 の 処 理 に配 分 す る こ と. つ て,彼. 実. み. ら は読 み な が ら指 示 さ れ た 単 語. 験. 1. 読 み と関 連 す る ワ ー キ ン グ メ モ リの 処 理 の効 率 を測 定 す る た め,日. 本 語 の 短 文 を 用 い た 日 本 語 版RSTを. 作 成 し て,日 本 人 の 大 学 生 を対 象 に し て 実 施 し た.ま.

(3) 苧 阪 ・苧 阪:読 た, Daneman. & Carpenter. 日本 語 版RSTと. (1980)と. み と ワ ー キ ン グ メ モ リ容 量 Table. の 比 較 の た め,. 同 時 に現 在 カ ー ネ ギ ー ・メ ロ ン 大 学. で 行 わ れ て い るRST. 341. (以 下CMU版. と 略)も. Sample. sentences. 1. of the Japanese. reading. spantest. 同時 に. 実 施 し て 両 者 の比 較 を行 っ た. 方. 法 被 験者. 大 阪 外 国 語 大 学 の 学 部 生30名.. 刺 激 の文 章. 日本 語 の 短 文 は,高. ら80文. を 選 択 した.文. で20文. 字 か ら30文. につ い て は,あ た(1が. 等 学 校 の教 科 書 か. の 長 さ は,漢. 字 仮 名 交 じ り文. 字 の 長 さ の も の を選 ん だ. 80文. らか じ め7段. 階の難 易度 評定 が行 わ れ. 非 常 に や さ しい, 7が 非 常 に難 し い).大. 40名 の 評 定 結 果 は,各 の 範 囲 で あ つ た.こ. 正 面 の 読 書 距 離 にRSTの. の 中 か ら評 定 値 が 高 す ぎ る も の と. 低 い も の に つ い て は 削 除 し た.最 と し て70文. 学生. 文 の 評 定 値 が 平 均2.20‑5.12. を 採 用 した.な. 加 し た 学 生 は, RSTの. 終 的 に は,日. お,文. 本語 版. の難 易 度 評 定 に参. 被 験 者 に は加 わ つ て い なか つ. ペ ー ジ ご と に1文. 冊 子 が 置 か れ た.文. の み が 印 刷 さ れ て い た.被. は, 1. 験 者 は,. 実 験 者 が ペ ー ジ を め くる ご と に そ こ に 書 か れ た 文 を 声 に 出 して 読 む よ う に 指 示 さ れ た.被. 験 者 が1文. を読 み. 終 え る と,実 験 者 は 直 ち に ペ ー ジ を め く り,被 験 者 は 次 の ペ ー ジ の 文 を直 ち に 読 み 続 け る の で あ る.こ. た. RSTRSTは,. 2文 か ら5文. 試 行 ず つ 行 わ れ た.従. を禁 ず る た め で あ る.こ. つ て, 2文 条 件 で は 合 計10文,. れ. は,被 験 者 が 文 の 合 間 に単 語 の リハ ー サ ル を 行 う こ と の よ う に試 行 を 続 け て ゆ き,. 5文 条 件 で. 例 え ば2文 条 件 で は, 2枚 の カ ー ド に渡 つ て 書 か れ た. セ ッ ト内 の 短. 短 文 を読 ん だ 後 に 空 白 の カ ー ドが 出 現 す る と,被 験 老. き る だ け相 互 に意 味 的 関 連 性 を も た な い よ う. は す ぐに 下 線 の タ ー ゲ ッ ト語 を報 告 しな け れ ば な らな. 3文 条 件 で は15文, は25文. 条 件 ま で そ れ ぞ れ5. 4文 条 件 で は20文,. を 上 記 の70文. 文 は,で. 配 慮 され た.ま. か ら採 用 し た.各. た,報. い.タ. 告 す る単 語(タ ー ゲ ッ ト語)も,. セ ッ ト内 で は 意 味 的 に 関 連 し な い よ う に し た.短 は,縦13cm,横18cmの. 白 紙 カ ー ド に1行. る よ う に 黒 文 字 で 印 刷 さ れ,セ. 文. に収 ま. ッ ト間 に は 空 白 の カ ー. 性 効 果 を避 け る た め,セ. 報 告 す る タ ー ゲ ッ ト語 は, Daneman. &. Carpenter. ッ トの 最 後 の 文 の タ ー ゲ ッ ト. 文 を 読 む 速 度 は,被 験 者 の 通 常 の読 み の ペ ー ス に ゆ み の 速 度 は テ ス ト全 体 を 通 し て 一 定 に. な る よ う に教 示 を与 え た が,意. 図 的 に速 度 を 遅 く し て. い る よ う に判 断 さ れ た 場 合 に は 注 意 を与 え た.ま. は 各 短 文 の 最 後 の 単 語 で あ つ た.CMU版. 逝. 語 を最 初 に 報 告 す る こ とだ け は禁 止 さ れ た. だ ね られ た.読. ドが 挿 入 さ れ た. (1980)で. ー ゲ ッ ト語 の再 生 順 序 は 自 由 で あ つ た が,新. た,. で は タ ー ゲ ッ ト語 の ほ と ん ど は名 詞 で あ り,他 に 副 詞. 読 み に十 分 に 容 量 を消 費 さ せ る た め,あ. と動 詞 が 含 ま れ て い た が,日. 本 語 の 短 文 で,文. 声 で 明 瞭 に読 む よ う に 指 示 し た.更. 持 す る 単 語 を指 定 す る と,ど. う し て も動 詞 が 多 数 を 占. 中 で,文. め る こ と に な る.そ. の 点 を 考 慮 し て 日本 語 版. な場 合 や,タ. ー ゲ ッ ト語 を強 調 し て 読 む 場 合 に は注 意. 中 の 単 語 の 下 に赤 線 を 引 き そ の 単 語 を タ ー ゲ. を 与 え た.実. 験 者 が カ ー ドを め く る とす ぐ に文 章 を読. で は,文. ッ ト語 と し た2.タ. こで,こ. ー ゲ ッ ト語 に は 名 詞,副. 詞 や 動 詞 も含 ま れ る よ う に配 慮 し た.ま. 末 に保. 詞,形. た,タ. 容. ーゲッ. ト語 の 文 内 で の 出 現 位 置 は 文 章 ご と に ラ ン ダ ム と し た.タ. ー ゲ ッ ト語 の 表 記 は平 仮 名 表 記 の もの が10語,. 漢 字 表 記 は45語,漢 た. RSTの CMU版. 文 はTable. ら20単. お,. 語 で あ つ た.. 被 験 者 は 実 験 者 と対 面 し て 座 り,被 験 者 の. 赤 色 の 下 線 を ター ゲ ッ ト と した 理 由 は,予. 下 線,あ. であつ. 1の 例 文 に 準 じ る.な. の 文 の 長 さ は12か. 手続 き 2. 字 仮 名 交 じ り表 記 が15語. る い は 文 字 を 四 角 で 囲 ん だ り,括 弧 を 用 い た り して 比. 較 した と ころ,多. に よ り約10秒. か ら25秒. 文 条 件5試. くの 被 験 者 が 自然 な 読 み の状 態 を 維 持 で き る. の は 下 線 で あ り,ま た 黒 色 下 線 よ り も赤 色 下 線 の 方 が 明 瞭 に タ ー ゲ ッ トの 単 語 が 検 出 で き る と指 摘 した た め,こ れ を選 択 した.. 生 時 間 は,ス. パ ンの長 さ. と した.. 評 定 方 法 は, Daneman. & Carpenter. 行 の う ち3試. (1980)に. 基づ. 行正 解 の場 合 はそ の. セ ッ トを パ ス した も の と し, 2試 行 だ け正 解 の と き は 0.5点 の 評 価 と し た.リ. ー デ ィ ン グ ス パ ン は,パ ス で き. た 最 大 の セ ッ トの 数 に よ り決 定 さ れ た.例 3文 ま で パ ス で き た 場 合 に は,ス ま た, 3文 が3試. 備実 験で黒 色 の. ん で い る途. 節 の 切 れ 目 で 不 自然 な 読 み 方 が 見 られ る よ う. み 上 げ る よ う に 強 制 し た.再. い て,各. る程 度 大 き な. に,読. 行 で きて か つ4文. の場 合 に は ス パ ン は35と 版 とCMU版. のRSTの. ン ダ ム と し た.. え ば,最 大. パ ン は3.0と が2試. 評 定 さ れ た.な. な る.. 行 だ け正解 お,日. 本語. 測 定 の 順 序 は被 験 者 に よ り ラ.

(4) 342. 心 Table. Means. from. the. 学. 研. 2. Japanese. 究. 第65巻. 第5号. 漢 字 グ ル ー プ)と,方,則. and. Reading. 理. the. Span. Carnegie-Mellon. 漢 字(低. Tests. な ど の イ メ ー ジ 化 が 難 しい. 具 体 性 漢 字 グ ル ー プ)が 選 択 さ れ,そ. れ ぞれ. に つ い て メ モ リス パ ンの 測 定 が 行 わ れ た. 方. 法 被験 者. 大 阪 外 国 語 大 学 の 学 部 生30名.被. 中 に は,実 験1の. 検 査 を 受 け た 者5名. 験者 の. が 含 まれ て い. た. 刺激 結 果 と考 察. 雲,岩,刀,湖,鳥,寺. 被 験 者30名 値,お. の2種. 類 のRST得. 点 の 最 小 値 と最 大. よ び平 均 値 と標 準 偏 差 をTable. の 平 均 値 は 日 本 語 版 で3.45で Daneman. & Carpenter. ら最 大5.0で. 2に 示 す.得. あ つ た.こ. (1980)の. あ りか つ 平 均 値 が3.15. (SL)=0.93)で. は 平 均 値 が2.88で. り,日 本 語 版 と の 間 に差 が 認 め られ た(t=2.40, 本 語 版 に比 較 し てCMU版. の は, CMU版 と つ て)意. 点. の 値 は,. ス パ ンが 最 小2.0か. つ た の と ほ ぼ 一 致 す る. CMU版 0.05).日. あ あ p<. の値 が低 か つ た. で 用 い ら れ た 英 文 の 中 に(邦 人 学 生 に. 味 の わ か らな い 単 語 が あ つ た り,文 の 言 回. し に も な じ み の な い もの が あ っ た た め で あ ろ う.し. か. し,日 本 語 版 の 高 得 点(4.5‑5.0)の. 被 験 者 で は,こ. う し た 点 に も か か わ らず, CMU版. に も高 い 得 点 を 得. て い る こ と は注 目 す べ きで あ ろ う. さ て,日. 本 語 版 とCMU版. の 相 関 係 数 が0.72と た(p<0.001).両. ア ソン. 高 く,か つ 統 計 的 に 有 意 で あ つ. テ ス ト間 に 相 関 が 認 め ら れ た こ と CMU版. で 測 定 され る も. の と同 様 に ワ ー キ ン グ メ モ リの 容 量 を 測 定 し た こ とが. の. & Osaka. 均 値4.33,. 0.38)と,具. 知 体 性. が 低 く象 形 性 も低 い 漢 字39字(例;理,用,任,則, 代,相,究. な ど具 体 性 価7‑28,熟 SD. の評 価 は,北. 尾 ・八 田 ・石 田 ・馬 場 園 ・近 藤(1977). に基 づ い た.ま. 0.39)を. 知 性 価3.71‑5.16,. 平 均 値4.31,. た,両. 体 性 と象 形 性. 漢 字 群 と も画 数 が 極 端 に 少 な く. 極 め て 単 純 な 漢 字 や,反 両 群 で の,漢. 選 択 し た.具. 対 に複 雑 な 漢 字 は 除 外 した.. 字 の 熟 知 性 は ほ ぼ 均 等 と した.. メ モ リス パ ン テ ス ト が そ れ ぞ れ1行 11桁(字)の. 刺 激 は,カ. で 印 刷 さ れ た.メ. ー ドの紙 面 に 各 桁. モ リス パ ン は4か. ら. 範 囲 で 測 定 した .被 験 者 は 個 別 に, 4桁. で 約4秒, 11桁 で 約11秒 とい う よ う に,各 桁 ご と に 一定 の呈 示時 間 だ け ,記 憶 セ ッ トを 見 せ ら れ た 後,そ 生 方 法 は,紙. に書 き取 る方法. を用 い た.平 仮 名 と漢 字 の配 列 は,無 意 味 綴 り とな る よ う に,ま れ た.な. た 意 味 的 つ な が り の な い よ う に注 意 が 払 わ. お,メ. モ リ スパ ン テ ス トは,い. ずれ の刺激 の. 場 合 に も,各 桁 に つ き1試 行 が 行 わ れ た. RST日. 本 語 版RSTは,実. 験1と. 同様 の 方法 で 測. 定 が 行 わ れ た.日. 本 語 版RSTと. 大 学 生 に,上 記 のCMU版 as a second language)版. と は異 な るESL (English のRSTの 測 定 を行 つ た .こ. の 試 行 順 序 は,被. 験 者 に よ りカ ウ ン タ ー バ ラ ン ス し. の テ ス トは 文 がCMU版. よ り平 易 で あ る こ と以 外 は. と同 じ で あ る.こ. (1992)は,日. SD. 本人 の. CMU版. た, Osaka. な ど 具 体 性 価82‑99,熟. 性 価3.41‑4.89,平. の 再 生 を 求 め られ た.再. の 間 の 相 関 は,ピ. か ら,日 本 語 版 のRSTが, わ か る.ま. 刺 激 に 用 い た 漢 字 は す べ て 教 育 漢 字 で,そ. 中 で 具 体 性 が 高 く象 形 性 も 高 い 漢 字39字(例;兵,. のESL版. と上 記 の 日本 語. P<0.001).こ. の こ とか ら も今 回 の 日 本 語 版RST得. た. 結果 と考察 Table. 版 と の 相 関 も有 意 に 高 い 結 果 を 得 て い る(Y=0.84, 点. メ モ リス パ ン テ ス ト. 3に,被. 験 者30名. の,日. 本 語 版RSTと. リス パ ン テ ス トの 得 点 の 平 均 値 と標 準 偏 差 を 示 す.. が ワ ー キ ン グ メ モ リの 測 度 と して 適 切 な もの で あ る こ. RSTの. と が 示 唆 さ れ る.次. 1の 結 果 と ほ ぼ 一 致 し て い る .な お,実. RSTと. に,こ. メ モ リス パ ン との 関 係 に つ い て 検 討 した. 実. RSTで. こ で 作 成 し た 日.本語 版. 験. の 平 均 値 は3.35 測 定 され る ワー キ ング メ モ リの 内容 を更 に. 検 討 す る 目 的 か ら,日 本 語 版RSTと 従 来 の メモ リス パ ン と の相 関 に つ い て検 討 を行 つ た.メ モ リス パ ン テ ス トは,数 字 の メ モ リス パ ン の ほ か に,平 仮 名 と漢 字 に つ い て も比 較 を 行 つ た.漢. 字 に つ い て は,山,川. ど具 体 的 な 視 覚 的 イ メ ー ジ 化 が 容 易 な漢 字(高. 得 点 の 平 均 値 は3.37で. 被 験 者 を 除 い た25名. 2. な. 具 体性. メモ. あ り,こ. の 値 は,実 験 験1を. の 被 験 者 に つ い て のRSTの. (SD=0.90)で. 受 けた 得点. あ り,平 均 値 は30名. の 値 と差 異 は 認 め ら れ な い.メ. モ リス パ ン の 評 価 は,. 数 字,平. 試行 内 のす べて の記憶. 仮 名,漢. 字 と も に,一. 項 目を呈 示 順 序 どお りに再 生 で きた場 合 を正 解 と し て,最. 大 正 解 桁 数 の 値 を そ の メ モ リス パ ン と し た.. Table. 4に 日本 語 リー デ ィ ン グ ス パ ン と,メ モ リ ス. パ ン の 得 点 の相 互 間 の相 関 係 数 を示 す.メ とRSTの. 間 に は,お. モ リスパ ン. お む ね 有 意 な 相 関 が 認 め ら れ た..

(5) 苧 阪 ・苧 阪:読. み と ワ ー キ ン グ メ モ リ容 量. Table 3 Means from the Japanese Reading Span Test and four memory span tests (N=30). 注)Kanjt‑High:高. 日本 語 版RSTは,数. 字,平. *** p<0. 仮 名,高. (1980)で,単. 具 体 性漢 字 との. の 結 果 は, Daneman. &. 語 の メ モ リス パ ン とRSTと. の 相 関 を認 め て い る結 果 と一 致 す る. ま た,日. 本 語 版RSTと. .001. 字 との 間 で 最 も高 か つ た.し 果 を 導 い た 一 因 と し て,漢. 具体 性 漢. か し な が ら,低 具 体 性 漢. 字 と は有 意 な 相 関 が 認 め られ な か つ た.こ. の よ う な結. 字 を記憶 す る ときに用 い ら. れ た 方 略 の 差 異 が 考 え ら れ る.被. 験 者 の報 告 に よ る. と,具 体 性 の 低 い 漢 字 で は 音 韻 的 方 略,す. the. なわ ち記憶. ** p<0.01. 4 Japanese. span. RST. and. four. tests. * p<0.05. +p<0.1. RSTと 知 能検 査 の下位 検査 との間 の相 関 を求 めた. 方. 法 被験者. の 相 関 の 値 は,高. among memory. 具体 性 漢 字. 間 の相 関 が 有 意 で あ つ た.こ Carpenter. Table Correlations. 具 体 性 漢字. Kanji‑Low:低. 343. は,他. 大 阪 外 国 語 大 学 の 学 部 生30名.被. 験者 に. の 実験 に参 加 した 被 験 者 は含 まれ て い な か つ. た. 知能検査 が,こ. 知 能 検 査 は,集. 団 式 知 能検 査 を用 い た. こで は個 別 に行 わ れ た 。 用 い た 下 位 検 査 は,京. 大 式 知 能 検 査 のNX か ら 選 ん だ.文. 15とSX. 15の 集 団 式 知 能 検 査 の 中. 章 完 成(NX. 化 す る 方 略 が 多 く用 い られ て い た こ とが わ か つ た.こ. 査)と. 日常 記 憶(NX. れ を 裏 づ け る よ う に,低. た.検. 査 の 制 限 時 間 は 文 章 完 成 が1分30秒,乱. は,音 韻 的 な 誤 り,特. に,漢. が 非 常 に多 か つ た.例. え ば則 を速 と間 違 え て い る例 な. どで あ る.一 方,高. 字 の 音 読 み に 基 づ く誤 り. 具 体 性 漢 字 の 記 憶 に つ い て は,音. 成 が2分,単. 査),単. 査),乱. 成(NX. 具体 性 漢 字 の再 生 の誤 りに. 15,第10検. 15,第5検. す る と き に漢 字 を 音 読 み や 訓 読 み に して 音 韻 的 に符 号. 15,第6検. 語 連 想 が3分. 課 題 で は,文 章 の聴 取 りが2分 検 査 の 前 に 他 の3種 た.試. を除 い て ラ ン ダ ム と した.. べ き漢 字 を 見 た 途 端 に そ の意 味 が 浮 か ん で き た と被 験. に は,意 味 的 な 誤 り,例. た,漢 字 の誤 りの 中. え ば 林 を森 と間 違 え る例 や 馬. を牛 と間 違 え る例 な どが よ く見 ら れ た.こ. の よ う に,. 高 具 体 性 漢 字 の 記 憶 過 程 で は,漢 字 の 意 味 の 活 性 化 が. 類 であっ 文構. た,日. 生 お よび再認. 行 順 序 は,日 常 記 憶 課 題 が 最 後 に な ら な い こ と. RST日. 本 語 版RSTの. る. RSTと. 施 行 は,実. 験1と. 同様 で あ. 知 能 検 査 の 測 定 順 序 は被 験 者 に よ り ラ ン. ダ ム と した. 結 果 と考 察 Table. 5に,日. 本 語 版RST得. 点 と知 能 検 査 の 下 位. 強 く影 響 した も め と推 察 さ れ るの で あ る. 一方 , RSTも 文 の 意 味 の 理 解 を 含 む も の で あ る.. 検 査 の 平 均 値 と標 準 偏 差 を 示 す.日. 文 や 語 の 意 味 処 理 とい うRSTと. 能 検 査 の 得 点 間 の 相 関 係 数 を 見 た と こ ろ,日. 通 す る特 徴 が,両 で き る.他. 方, RSTは. 音 韻 的 な 方 略 に 強 く影 響 を 受. け る と は 考 え ら れ な い.そ RSTと. 高 具体 性 漢 字 との共. 者 の 相 関 を最 も高 く した も の と推 察 の た め,低. 具体性 漢字 と. 実 実 験3で. は, RSTで. 験. 本 語 版RSTと. 知. 本語版. いず れ の下 位検 査 との 間 に も有 意 な相 関 は認. め ら れ な か つ た(相. 関 の 値 は,文. 章 完 成,乱. 文 構 成,. 単 語 連 想 と 日 常 記 憶 の 順 に そ れ ぞ れ0.09, ‑0.18, の 結 果 は, RSTで. 測 定 して い. る内 容 は従 来 の 知 能 検 査 で 測 定 し得 る 内容 と関 連 し な 3. い こ と を 示 し て い る.知 能 検 査 は,容 量 を一 つ の 課 題. 測 定 され る ワー キ ン グ メモ リ. の 内 容 と言 語 検 査 との 関 係 を 吟 味 す る た め,日. RSTと. 0.02, 0.03で あ っ た).こ. の 相 関 が 低 くな つ た もの と推 定 さ れ る.. 常 記憶. 類 の 課 題 の 中 か ら1課 題 を 行 つ. な い.と. 者 が 報 告 して い る か ら で あ る.ま. 間 で,再. 文構. 15,第10検. 査)の4種. で あ つ た.ま. 韻 的 な 方 略 に強 く依 存 した もの で あ つ た と は 考 え られ い う の は,高 具 体 性 漢 字 の場 合 に は,記 憶 す. 語 連 想(SX. 本語 版. に集 中 的 に用 い る テ ス トで あ り,他 の 処 理 との 間 で 容 量 を 分 配 す る 必 要 は な い.こ. れ に 対 し てRSTは,容.

(6) 344. 心. 理. 学. 研. 究. 第65巻. Table 5 Means from the Japanese RST and the verbal intelligence tests (N=30). 第5号 Table. Means. from. the. 3と Sentence. Completion. Word. Order. Word. Association. Sentence. the Reading. あ つ た.こ. れ ら の 値 は,実. も に よ く一 致 す る 値 と な っ て い る .ま. (Y=0.50,. (乱 文 構 成). p<0.05).こ. Carpenter. (単 語 連 想). Memory. and test. 験1,. た,. 2,. RSTと. 読 解 力 テ ス ト との 間 に は有 意 な相 関 が 認 め られ た. (文 章 完 成). Completion. RST. Comprehension. の 平 均 値 は3.32で. 注). 6. Japanese. の 結 果. (1980)やMasson. &. リ ー デ ィ ン グ ス パ ン とVSATと. (日 常 記 憶). い る こ と と対 応 し,. RSTで. は,. Miller. Daneman. &. (1983)が,英. 語 の. の 間 で 相 関 を認 め て 測 定 さ れ る 内 容 は,一. 般. 的 な 読 解 力 の 影 響 を 受 け る も の と 考 え ら れ る.. 量 を使 い切 つた上 で他 の処 理 に残 りの容 量 を分配 す る 能 力 が 間わ れ,こ う した相 違が 相 関の認 め られ なか つ た原 因 の一 つ と考 え られ る.. な お,実. 験2で. はRSTと. 数 字,平. 仮 名,高. 具体性. 漢 字 の メ モ リス パ ン との 間 で 相 関 が 認 め られ た.そ. こ. で,実. に. 験2と. 実 験4と. に 参 加 し て い た 被 験 者16名. つ い て 両 テ ス ト間 の 相 関 を 求 め た と こ ろ,い ず れ の メ 実 実 験3で. は,日. 験. 4. 本 語 版RSTと. モ リ スパ ン も読 解 力 テ ス ト との 間 に 有 意 な相 関 が 認 め 知 能 下 位 検 査 問題 と. の 間 の 相 関 関 係 が 認 め ら れ な か つ た.し Daneman. & Carpenter. (1980)で. か し,. は,英. 語 の リー デ ィ. ン グ ス パ ン と標 準 言 語 学 力 検 査(VSAT)と. の 間 に相. 関 が 認 め られ て い る.そ. こで,大. 学 生 の標 準 的 な 読 解. 力 と リー デ ィ ン グ ス パ ン との 関 連 を 見 る た め,大. ら れ な か っ た.な. お,. 方. さ れ る. 総 合 考 察 本 研 究 の 実 験1, RSTの. 法 被験 者. 大 阪 外 国 語 大 学 の 学 部 生30名.被. れ て い た.他. み を 重 複 し て 受 け た 者16名. の 被 験 者 は,実. 験1,. 結 果 か ら 日本 語 版. い る.ま. が含 ま. く,か つ 読 解 力 と も相 関 す る 結 果 が 得 られ た こ と か. 2, 3の い ず れ の 実. た,日. よび. ず れ も よ く一 致 す る値 と な つ て. 験者 の. 験 に も参 加 し て い な か つ た. RST. 2, 3お よ び4の. 平 均 値 は そ れ ぞ れ, 3.45, 3.37, 3.33,お. 3.41と い う よ う に,い. 中 に は,実 験2の. の よ. モ リス パ ン. と は 異 な る読 み の 処 理 能 力 を評 価 して い る こ とが 示 唆. 学入. の 関 連 性 を 検 討 し た.. 読 解 力 テ ス トと p<0.05).こ. う な 結 果 か ら,リ ー デ ィ ン グ ス パ ン は,メ. 学 試 験 に類 似 した 国 語 の 長 文 読 解 の 問 題 を作 成 し,そ の 得 点 と 日本 語 版RSTと. 16名 のRSTと. の 相 関 は 有 意 で あ つ た(r=0.62,. 本 語 版RSTはCMU版. ら,日 本 語 版RSTは,. CMU版. と の 相 関 も高. と同 様 に 言 語 に 関 連. した ワー キ ン グ メ モ リ を測 定 し て い る もの と考 え られ. 日本 語 版RSTは,実. 験1と. 同 様 で あ る.. る.. 読 解 力 の テ ス ト 読 解 力 テ ス トは,大 学 入 試 セ ン タ ー 試 験 の 国 語 の 問 題(1992年 と1993年 の 長 文 読 解 問. 人 差,特. に 読 解 力 と比 較 的 よ く関 連 す る こ とが わ か つ. 題)を. た が,知. 能 検 査 の 言 語 性 下 位 検 査 とは あ ま り相 関 の な. 参 考 と して,類. 似 の 問 題 を 作 成 し た(得. 答 数 に 基 づ い て 算 出 した).問. 題 は,長. 点 は正. 文 を読 ん で そ. ま た,リ. ー デ ィ ン グ ス パ ン は読 み の 過 程 に お け る個. い こ とが 判 明 した.こ. の 点 に つ い て は,あ. く まで 類 推. の 内 容 に関 す る 質 問 に答 え る と い う もの で あ つ た.問. で は あ る が,神. 題 の 解 答 方 法 は,多. 損 傷 の あ る患 者 で は 日常 生 活 の 行 動 で の 知 識 の 利 用 の. 30分 間 で50点. 肢 選 択 法 で あ つ た.解. 答時間 は. を満 点 と した.. 様 式 に 障 害 が 現 れ る が,知 る. RSTの. Table 6に 日本 語 版RSTと 標 準 偏 差 を 示 す.日. 読 解 力 テ ス トの 平 均 値 と. 本 語 版RSTの. あ り,実 験2を. 被 験 者30名. の平 均. 受 け て い な い 被 験 者14名. 頭葉 に. 能 検査 の成 績 に変化 はなか. つ た と い う報 告(Goldman‑Rakic,. 結果 と考察. 値 は3.41で. 経 心 理 学 的 な デ ー タ と し て,前. 1992)と. も符 合 す. 測 定 内 容 に は,知 能 検 査 の 言 語 性 下 位 検. 査 の 測 定 内 容 と は異 な り,読 み の 認 知 処 理 を行 い な が ら も,残. さ れ た ワ ー キ ン グ メ モ リ を別 の 課 題 に 振 り分. け る とい う並 列 的 な 処 理 過 程 が 反 映 さ れ て い るの で あ.

(7) 苧 阪 ・苧 阪:読 ろ う.こ. の よ うな 並 列 処 理 は,絶. 報 を処 理 しな が ら,そ. み と ワ ー キ ン グ メ モ リ容 量. え ず 取 り込 まれ る情. の 内 容 を す ば や く保 持 統 合 す る. 過 程 の効 率 に大 き く影 響 を受 け る もの と考 え ら れ る. この 過 程 が い か に効 率 的 に行 わ れ る か は,ワ. ー キ ング. メ モ リの 残 存 容 量 に よ つ て 決 定 され る もの と推 測 され る. RSTの. 高 得 点 群 の 被 験 者(実. 日本 語 版RSTの. 得 点 が45以. 験1の. 被験者 の中で. 上 の 被 験 者5人. 全 員). の 内 省 に よ る と,文 の 数 が 増 え て 保 持 して お か な け れ ば な らな い 単 語 の 数 が 多 くな っ た と き に は,保 持 す る 単 語 の 意 味 を イ メ ー ジ に 置 き換 えた り,単 語 間 に 意 味 的 関 連 性 を も た せ る な どの 方 略 を と る こ とが,単 再 生 に 有 効 に働 い た と述 べ られ て い る.こ 略 が,高. 語の. の よ うな 方. 得 点 の 被 験 者 に 多 く報 告 さ れ た の は,彼. らが. 読 み に そ れ ほ ど容 量 を使 い切 つ て し まわ な い た め,そ の 容 量 を他 の 処 理 に 振 り分 け る こ とが で き,保 持 す べ き単 語 を イ メ ー ジ化 し た り,意 味 的 な つ な が りを 考 え る こ とが 可 能 とな つ た た め と考 え られ る. 実 験2と か ら,メ. 実 験4と. に重 複 し て加 わ つた 被 験 者 の 結 果. モ リス パ ン は リー デ ィ ン グ ス パ ン と は相 関 す. る も の の 読 解 力 とは 相 関 が 認 め られ な か つ た.こ 果 は,メ. の結. モ リス パ ンが 読 み の 理 解 と は相 関 が 認 め られ. な い とす る研 究 結 果 と一 致 す る も の で あ る(Perfetti & Goldman,. 1976).ま. た,神. 経 心 理 学 的 な症 例 か ら,. Oxford University Press. Carpenter, P.A., & Just, M.A. 1989 The role of working memory in language comprehension. In D. Klahr & K. Kotovsky (Eds.), Complex information processing: The impact of Herbert Simon. Hills dale: Lawrence Erlbaum Associates. Pp. 31-68. Daneman, M., & Carpenter, P.A. 1980 Individual differences in working memory and reading. Journal of Verbal Learning and Verbal Behavior, 19, 450 466. Goldman-Rakic, P.S. 1992 Working memory and the mind. Scientific American, 267, 72-79. Just, M.A., & Carpenter, P.A. 1992 A capacity theory of comprehension: Individual differences in working memory. Psychological Review,99, 122-149. Kahneman, D. 1973 Attention and effort. Engle wood Cliffs: Prentice-Hall. Kintsch, W., & van Dijk, T. A. 1978 Toward a model of text comprehension and production. Psy chological Review, 85, 363-394. 北 尾 倫 彦 ・八 田 武 志 ・石 田 雅 人 ・馬 場 園 陽 一 ・近 藤 淑 子1977教 育 漢 字881字 の 具 体 性,象 形 性 お よ び 熟 知性. 心 理 学 研 究, 48, 105‑111.. Masson, M.E.J., & Miller, J.A. 1983 Working memory and individual differences in comprehension and memory of text. Journal of Educational Psy chology, 75, 314-318.. 数 字 の メ モ リス パ ン に 強 い 障 害 の 認 め られ つ つ も文 の. 苧 阪 満 里 子1994ワ. 理 解 が 比 較 的 良 好 で あ る患 者 の 報 告 が な さ れ て い る こ. 学 的 研 究:脳. と も(Shallice,. 1988),今. 回 の結果 を裏 づ け る よ うで. あ る. 最 後 に, Just &. Carpenter. (1992)は,. の 高 い 被 験 者 と低 い 被 験 者 とで は,読. RSTの. 得点. み以外 の一 般 的. な 言 語 情 報 処 理 に も さ ま ざ ま な 違 い が 見 られ る こ と を 指 摘 して い る.そ. こで,読. み を含 む言語情 報 処理 の研. 究 に 際 し て は,本 稿 で 指 摘 し た よ う なRSTの. 評価 を. 考 慮 した 検 討 が 必 要 に な る も の と考 え られ る. ま た,日 と い う2種 て,そ. 本 語 の 読 み に 固 有 の 特 徴 と して 漢 字 と仮 名 類 の 表 記 形 態 の 混 在 が 挙 げ ら れ る.そ. し. れ に 対 応 し た 読 み の情 報 処 理 の 様 式 の 違 い な ど. も認 め ら れ る(Osaka,. Osaka, & Tsuji, Inpress).こ. の. 表 記 の 相 違 が ワー キ ン グ メ モ リ に どの よ う に 反 映 さ れ る か は,こ. れ か ら検 討 す べ き興 味 あ る研 究 テ ー マ とな. る で あ ろ う.. Baddeley,. A.. 1986. Working. memory.. New. York:. ー キ ン グ メ モ リの 認 知 神 経 心 理. 波 か らのア プ ローチ. 風 間 書房. Osaka, M., & Osaka, N. 1992 Language-independent working memory as measured by Japanese and Eng lish reading span test. Bulletin of the Psychonomic Society, 30, 287-289. Osaka, N., Osaka, M., & Tsuji, H. 1995 Effective visual field size necessary for proofreading during Japanese text editing. In J.M. Findlay, R.W. Kentridge & R. Walker (Eds.), Eye movement research: Mechanisms, processes and applications. Amsterdam: North Holland (In press). Perfetti, C.A., & Goldman, S.R. 1976 Discourse memory and reading comprehension skill. Journal of Verbal Learning & Verbal Behavior, 14, 33-42. Shallice, T. 1988 From neuropsychology to mental structure. Cambridge, England: Cambridge Univer sity Press. ‑1993. 引 用 文献. 345. .8.23受. 稿,1994.5.7受. 理‑.

(8)

Figure

Updating...

References

Related subjects :