〈翻字・影印〉鶴屋南北作合巻「睦月深仲町」

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 〈翻字・影印〉鶴屋南北作合巻「睦月深仲町」 中村, 恵 九州大学大学院博士後期課程. https://doi.org/10.15017/10368 出版情報:文獻探究. 33, pp.1-41, 1995-04-30. 文献探究の会 バージョン: 権利関係:.

(2) 印. ﹀. 鶴 屋 南 北 作 合 巻. ︿翻字・影. 月 深 仲 町 ﹂. む つ ま しづ き ふ か い な か て う. ﹁睦. 本 書 は︑ 鶴 屋 南 北 作 と し て天 保 五 年 に 和 泉 屋 市 兵 衛 か ら 刊 行 さ れ た も の で あ るが ︑ 四 世 鶴 屋 南 北 は 文 政 十 二年 に 没 し て お り ︑ 作 者 に さ●豊鑑魯く ︑ひ己 勢し 序 に か え て ︑ 芝 居 の 看 板 風 の 前 書 き に ﹁去 大 奥 よ り 藤 間 を 召 て. つい て疑 問 のあ る 作 品 で あ る︒. 宝 も 半 七 の手 に 入 る と こ ろ で幕 切 れ と な る大 団 円 の 本 書 の 構 成 は︑. 国 の 短 刀 の 柄 が 抜 け て 飛 ぶ と こ ろ は ﹁御 国 入 曽 我 中 村 ﹂ に 見 ら れ る ︒. ﹁伊 勢 平 氏 額 英 幣 ﹂に 類 似 し て い る ︒ ま た ︑ 細 か な 趣 向 で あ る が ︑ 天. 本 書 と 最 も 上 演 さ れ た 年 が 近 い ﹁菊 月 千 種 の 夕 映 ﹂ は ︑ 半 七 の 愛 想. 尽 か し に︑ 妖 刀 を 手 に し て の 三 勝 の 五 人 切 り と い う 書 き 替 え の た め ︑. 類 似 点 は ほ と ん ど な い が ︑ こ こ で 半 七 を 演 じ た 三 枡 源 之 助 (五 世 沢. 授 ﹂ と あ り︑ 続 く 板 元 の 言 葉 か ら︑ そ の藤 間 門 弟 の芝. 村 宗 十 郎 ) は ︑ 本 書 で も 半 七 と し て似 顔 絵 が 使 わ れ て いる ︒ そ の 他 ︑. 伝. 抱 き 子 を 抱 え て 登 場 す る 男 ︑ 酒 に 酔 って 己 の悪 事 を 暴 露 し 女 に殺 さ. 原. 居 の様 を 国 貞 に 描 か せ ︑ そ れ に 南 北 の 世 話 狂 言 を 取 り 入 れ て合 巻 に. 慰. れ る 敵 役 な ど ︑ 随 所 に南 北 作 品 を 思 わ せ る 点 が あ る ︒. 菅. 仕 立 て た こ と が わ か る ︒ そ の た め 口 絵 に は ︑ 二 丁 裏 ・三 丁 表 に ﹁向. ﹁寅 年 の 草 稿 ゆ へ流 行 に お く れ 候 事 も. 島 藤 間 の 寮 ﹂ と し て︑ 藤 間 り え 以 下 の 門 弟 ︑ 常 磐 津 文 字 民 ︑ 四 世 市. 前 述 の板元 の前書き には︑. 有 之 可 申 候 得 共 ﹂ と あ る こと か ら︑ 寅 年 であ る 天 保 元 年 の草 稿 と 考. (三 世. え ら れ る︒ 古 井 戸 秀 夫 氏 は︑ 南 北 作 合 巻 の代 作 者 に南 北 の息 子 直 江. 川 八 百 蔵 が 描 か れ て い る︒ 四 世 市 川 八 百 蔵 は 初 世 藤 間 勘 十 郎 勘 兵 衛 ) の 弟 で あ り ︑ 藤 間 り え は初 世 勘 十 郎 の娘. 重 兵 衛 を あ て て お り ︑ 本 書 も ︑ 重 兵 衛 が 天 保 元 年 の十 二 月 に 没 す る. (五 世 勘 兵 衛 ) の. 養 女 と な り 六 世 勘 兵 衛 を 嗣 い だ も の で あ る︒ 三 丁 裏 か ら 五 丁 表 に か. 鶴 屋 南 北 の名 が︑ 合 巻 に見 ら れ る よ う にな る のは ︑ 文 政 五 年 か ら. け て御 屋 敷 で の菅 原 伝 授 の女 芝 居 の様 子 が 描 か れ る が ︑ これ ら は 本. で あ る が ︑ そ れ ら は ﹁鶴 屋 南 北 門 葉 亀 屋 東 作 ﹂ も し く は ﹁南 北 門 亀. 以 前 に書 き た め て い た も のと 推 測 さ れ る︒. 半 七 の紛 失 し た 宝 が 菅 家 の 色 紙 であ る こ と と ︑ 御 屋 敷 狂 言 の 小 道 具. 東 ﹂ と い う 作 者 名 に な つ て い る ︒ こ の ﹁亀 東 ﹂ の ﹁東 ﹂ が ︑ 直 江 重. 文 の 内 容 と は ほ と ん ど 関 わ り は な い︒ あ え て 関 わ り を あ げ る な ら ︑. 口 絵 の 五 丁 表 で藤 間 門 弟 の菅 原 狂 言 の幕 引 き と し て描 か れ て お り ︑. を 調 達 す る 幕 引 き の 喜 太 郎 が 登 場 す る こ と で あ る︒ こ の 喜 太 郎 は ︑. 兵 衛 が ︑ 板 東 鶴 十 郎 と し て 役 者 を し て い た 頃 の 俳 名 ﹁東 水 ﹂ に 通 う. ﹁東 海. 藤 間 の 御 屋 敷 狂 言 と 本 文 を つな ぐ 役 割 を し て い る︒. こと が ︑ 重 兵 衛 を 代 作 者 と す る 一つ の根 拠 であ る︒ そ の 後 ︑. 道 四 谷 怪 談 ﹂ (文 政 八 年 七 月 ・中 村 座 ) が 大 当 り し た 翌 年 の 文 政 九. 本 文 の内 容 は 三 勝 半 七 の 世 話 狂 言 で︑ 台 詞 と ト 書 と い う 歌 舞 伎 の 台 帳 の 形 式 のま ま 書 か れ て い る ︒ 偽 小 判 ︑ 三 勝 の 愛 想 尽 か し な ど ︑. 年 に は ︑ ﹁鶴 屋 南 北 作 ﹂ の 合 巻 が 出 板 さ れ ︑ ﹁伊 勢 平 氏 額 英 幣 ﹂ (文 政 三 年 十 一月 ・河 原 崎 座 ) ︑. て い な い︒ 重 兵 衛 は 文 化 十 二年 に 役 者 を 廃 業 す る が ︑ そ の頃 に七 世. 人 物 ︑ つま り 直 江 重 兵 衛 の代 作 と 考 え ら れ る の だ が ︑ 確 証 は 得 ら れ. ら れ な く な る ︒ そ こ で ︑ こ の ﹁鶴 屋 南 北 作 ﹂ の 合 巻 も ﹁亀 東 ﹂ な る. ﹁亀 東 作 ﹂ の 合 巻 は 見. 従 来 の 三 勝 半 七 も のと 比 べ て際 だ った 改 作 は み ら れ な い︒ 南 北 の 三. ﹁菊 月 千 種 の 夕 映 ﹂. 勝 半 七 物 に は︑. (文 政 十 二 年 九 月 ・河 原 崎 座 ) が あ る が ︑ 三 勝 の 愛 想 尽 か し が 半 七. 市 川 団 十 郎 の合 巻 を 代 作 し て い る 可 能 性 も いわ れ てお り︑ ま た ︑ 天. ﹁御 国 入 曽 我 中 村 ﹂ (文 政 八 年 一月 ・中 村 座 ) ︑. の 三 勝 殺 し に至 ら ず し て 明 か さ れ ︑ 半 七 の 兄 に す り 替 え ら れ て いた. 一1一. 中.

(3) 保 元 年 間 の 重 兵 衛 の数 少 な い 立 作 者 と し て の 台 本 と︑. 書 二 六 ﹄ (大 正 十 五 年 ) に 掲 載 さ れ て い る が ︑ 本 文 は 所 々 改 訂 さ れ. 行 の も の ま で で ︑ 本 書 は 採 ら れ て い な い ︒ 翻 字 は ﹃人 情 本 刊 行 会 叢. ﹁亀 東 作 ﹂. 及 び ﹁鶴 屋 南 北 作 ﹂ の 合 巻 と の 類 似 点 も あ げ ら れ て お り ︑ 重 兵 衛 が. て お り︑ 挿 絵 も 数 丁 し か 載 せ ら れ て い な い た め︑ 挿 絵 と 共 に 本 文 を. ﹁勝 相 撲 浮 名 花 触 ﹂ (文. 事 を 漏 ら し た 仁 三 を 三 勝 が 殺 す と こ ろ は︑. ﹁桜 姫 東 文 章 ﹂. 化 七 年 三 月 ・市 村 座 ) の 下 駄 の 歯 入 れ 権 助 ︑ 酒 に 酔 っ て 悪. (1 ) 抱 き 子 を 抱 え た 鰻 掻 き 彦 介 は ︑. 読 む 合 巻 の性 質 を 考 え ︑ こ こ に 翻 字 と 影 印 を 紹 介 す る︒. 合 巻 の 代 作 者 で あ る 可 能 性 は 十 分 に あ る と 思 わ れ る︒ し か し︑ 重 兵 衛 を 代 作 者 と 考 え ても ︑ ま だ 問 題 が 残 る︒ 本 書 は ︑ 前 述 の 理 由 か ら 重 兵 衛 の 草 稿 と い う こと も 可 能 だ が ︑ こ の 翌 年 の 天 保 六 年 の ﹁當 穐 八 幡 祭 ﹂ ︑ 天 保 七 年 か ら 同 十 二 年 に か け て 出 さ れ た ﹁東 海 道 五 十 三 次 ﹂ な ど の 合 巻 の 出 板 に は ︑ 重 兵 衛 が 関 わ る こ と は 常 識 的 に は無 理 で あ る︒ ま た︑ 刊 年 不 明 だ が ︑ 描 か れ た 役 者 名 か ら. ︿文 化 十 四 年 二 月 ・河 原 崎 座 ) の 桜 姫 の 権 助 殺 し を 思 わ せ. (昭 和. る︒. 五十 六年六 月 ). (2 ) ﹁鶴 屋 南 北 ( 一) ﹂ 近 世 文 芸 研 究 と 評 論 第 二 十 号. そ の 成 立 が 天 保 二 年 以 後 ︑ 同 四 年 以 前 で あ る と さ れ る ﹁三 都 俳 優 水. と す る と 孫 太 郎 は︑ 南 北 襲 名 以 前 か ら 南 北 の名 で 初 編 を 著. (叢 書 江 戸 文 庫 2 4 ) 解 説. (3 ) 佐 藤 悟 氏. ﹃役 者 合 巻 集 ﹄. (4 ) 三 浦 広 子 氏 ﹁二 代 目 勝 俵 蔵 の 世 界 ﹂ ﹃論 集 近 世 文 学 2 ﹄. (一 一 = 書 房 )解説. って い る可 能 性 も あ る の で は な い だ ろ う か ︒ こ の点 は い ま 少 し検 証. (平 成 三 年 五 月 ). (5 ) ﹃鶴 屋 南 北 全 集 ﹄ 第 六 巻. ﹁鶴 屋 南 北 作 ﹂ の 合 巻 の 代 作 が ︑. い ま 述 べ た よ う な 形 で 重 兵 衛 か ら 孫 太 郎 へ移 っ て い く 接 点 に 位 置 し. (五 ウ 六 オ ) ︑ お 園 に つ い て ﹁紫 若 丸 向 で. ご ざ り ま す ﹂ (十 ウ ) と あ る 以 外 は ︑ 顔 の 特 徴 な ど か ら 判. 夫 さん丸向 だ﹂. (7 ) 似 顔 絵 の 役 者 名 は ︑ 本 文 中 に 小 勝 に つ い て ﹁大 和 屋 の 太. (6 ) ﹃日 本 古 典 文 学 大 辞 典 ﹄ (岩 波 書 店 ) 鶴 屋 南 北 五 世 の 項. (七 世 半 四 郎 ) ︑ 半 七 兄 宵 寝 の 仁 三 が 五 世 松 本 幸 四 郎 ︑. 断 した︒. (8 ) ﹁善 右 衛 門 さ ん と し つ ぼ り 抱 か れ て 寝 て ﹂ と あ る と こ ろ. (五 世 半 四 郎 ) ︑ 平 三 が 七 世 市 川 団 十 郎 な ど で あ る ︒. 表 紙 は ︑ 上 巻 に半 四 郎 の三 勝 ︑ 中 巻 に団 十 郎 の平 三 ︑ 下 巻 に紫 若 の. の は ︑ 訥 升 と 団 十 郎 の 格 の 違 い か ら で あ ろ う ︒ ま た ︑ 一丁 裏 二 丁 表. 松 浦家 旧蔵草 双紙. 縦 十 七 ・八 糎 ︑ 横 十 二 ・ 一糎. 中 本 三 冊 (上 巻 十 丁 ︑ 中 巻 十 丁 ︑ 下 巻 十 丁 ︑ 広 告 一丁 ). 九州大 学. 底 本書誌. を ︑ ﹁善 右 衛 門 さ ん の 心 に 従 つ て ﹂ と す る よ う な 改 訂 ︒. 小勝 が岩井 杜若. 園が 岩井紫 若. る と ︑ 三 勝 が 六 世 岩 井 半 四 郎 ︑ 半 七 が 沢 村 訥 升 (五 世 宗 十 郎 ) ︑ お. 挿 絵 は 役 者 の 似 顔 絵 で書 か れ てお り ︑ 天 保 五 年 当 時 の 役 名 で 述 べ. て いる ︒. が 必 要 な と こ ろ で あ る ︒ 本 書 は︑. し た こ と に な り ︑ 本 書 も 含 め て︑ 鶴 屋 南 北 作 の合 巻 に孫 太 郎 が 関 わ. ︑ い諺 しる力. れ た 天 保 八 年 三 月 に五 世 鶴 屋南 北 を 襲 名 し た 孫 太 郎 の作 だ と さ れ て. 濟 伝 ﹂ も 出 て い る ︒ こ の う ち ﹁東 海 道 五 十 三 次 ﹂ は ︑ 二 編 が 刊 行 さ. 所 蔵 書 型. お 園 が 描 か れ て い る ︒ 三 勝 お 園 の間 に半 七 で は な く 平 三 が描 か れ る. の最 初 の 口絵 に︑ 内 容 的 に は 比 重 の 少 な い平 三 と 小 勝 が 描 か れ る の. (昭 和 四 十 六 年 二 一 = 書 房 )には︑存 疑作 も含. も同 様 の理由か ら であると 思わ れる︒ ﹃鶴 屋 南 北 全 集 ﹄. め て ほ と ん ど の合 巻 の 翻 字 と 影 印 が 収 め ら れ て い る が ︑ 天 保 二年 刊. 一2一.

(4) 外 題. 睦. 見返し題. 月. 深 仲. 町 こ 瀞 つ へいど う. ふ か い仲 町. さ ん鎗 つ は んし ち. 月. 三勝 半七 /小勝 平 三 睦. 和 泉 屋 市 兵 衛 (甘 泉 堂 ). 西馬. 月. 深. 仲. 町. (下 巻 ). 鮒 つ 塞し つ 8み ひ い なか て う. 睦 中 の巻. む つま し 月. 下 の巻. (上 巻 ・中 巻 ). 仲町. む つま し 月 柱題 歌 川 国 貞 (表 紙 ・上 巻 ). 筆耕. 貞 斎 泉 晃 (中 巻 ・下 巻 ). 画 工. 板元 天保 五年. 上 の巻. 上 中 下 巻 の 表 紙 に ﹁平 戸 藩 蔵 書 ﹂ の 印 を 貼 付 ︑ 見 返 し に. 刊年 蔵書印. った ︒. ﹁九 州 大 学 図 書 ﹂ の 印 ︒. 翻 字 は 次 の よ う な 方 針 で行. 一︑ 原 文 の ほ と ん と か 平 仮 名 書 き て あ る の で ︑ 読 み 易 い よ う に 適 宜 漢 字 に改 め た ︒. [術. ・. ] と し て 示. ﹁マ マ﹂ と. 二 ︑ 仮 名 遣 い︑ 送 り 仮 名 ︑ 濁 点 ︑ 半 濁 点 ︑ 人 名 等 の 異 動 な と は ︑ 原. った︒ ま た 術 字 は. =. 〜し な か った ︒ た た し ︑ 明 か な 誤 字 に は に 字 を 補. ル ヒ を 振 り ︑. 文 を 尊 重 し 統. し た︒. ︻ 一オ ︼ の 形 て 本 文 中 に 付 し た が ︑. 三 ︑ 句 読 点 ︑ 鈎 括 弧 を 施 し ︑ 内 容 に応 じ て段 落 を 分 け た︒. 巻 数 ︑ 合 印 な と は 省 略 し た︒. 四︑ 原 文 と 対 照 す る た め 丁 付 け を. 翻 字 に あ た って古 井 戸 秀 夫 氏 に 御 蔵 本 を 見 せ て いた だ く な ど貴 重 な ご教 示を いたた きま した︒ 心より御 礼申 し上 げます︒. ︻表 紙 ︼. 一3一.

(5) 1. ︻一オ ︼. ︻ 一ウ 二 オ ︼. 秘. 一4一.

(6) ︻二 ウ 三 オ ︼ ︻三 ウ 四 オ ︼. 一5一.

(7) ︻四 ウ 五 オ ︼. ︻ 一オ ︼. さく. いつ も. く隠. 去大 奥 より 藤 間 を 召 て. は蔚りげ 験しや. う奮 な. 魁う δ. に より. な. 慰 菅. は んし ら. 授. あて b官 ひ. 原 伝. かた 壊さ Ψ●. 劇な. さ やてう "し. みサ 翌. 曽ん 触嶺ひ. さ ん飴 つ. しよ くわ 験. 舟︑初 会. 劇く りみ 亀. も 羽織 芸 者 ︑ 浮名 辰 己 に半 七 は ︑ 刀差 身 が鞘 町 河岸 の送. 作 は出 雲 のお 国 と は ︑似 寄 の名 をば 当 仕 舞 ︑ 同 じ 世渡 の女 舞 ︑ 三 勝. の客 に相 方 の女 郎 は ︑ 言 号 が 狂 言 の八幡 鐘 ︑ 呑 明 し て も鐘 埴 の半. 兵 衛 が 買 論 ︑船 宿 の簑 や平 三 が 済 すま し︑ 丸 納 床 の内 ︒. 御 ひ ゐ き 様 よ り 被 仰 下 候 は ︑ 去 御 方 二 て 菅 原 の狂 言 を 藤 間 門 弟 打 寄. 致 候 処 ︑ 殊 の 外 奇 麗 候 侭 ︑ 其 画 面 を 国 貞 二書 せ 候 が 宜 敷 と 任 御 差 図 ︑. 右 口絵 仕 ︑南 北 が愚 作 の世 話 狂言 を 取 入 奉 御 覧 入候 ︒ 尤 寅 年 の草稿. 板元. 甘 泉堂. ゆ へ流 行 に お く れ 候 事 も 有 之 可 申 候 得 共 ︑ 不 相 替 御 用 伺 偏 二奉 希 候 以上. ︻ 一ウ ニ オ ︼. 千鶴. 後 二船 宿 美 濃 屋 平 三. 後 二平 三 女 房 お か つ. 厚倉 次 郎太 夫 家 来 宇 治 市 蔵 傘 屋 の抱 芸 者 小勝 ︻ニ ウ 三 オ ︼ 向 嶋藤 間 の寮 四 代目 市 川 八 百蔵 中 車 事 知 速 藤 間お らく 藤 間お ち よ ほ 藤 間 り へ俳 名 梅 車. 梅車. ︻三 ウ 四 オ ︼. 常 磐津 文 字 民. 松王. おまき. さ く ら丸 八重. 一6一.

(8) ︻五 ウ 六 オ ︼. ︻四 ウ 五 オ ︼. ﹁こ れ よ り 二 番 目 始 ま り ︑ さ や う に ︒ ﹂. おまき. おきち. 梅車. 千代. おせ い. となみ. 松 王. 源蔵. ︻五 ウ 六 オ ︼ 幕 引 付 け る と ︑ 雷 へ佃 節 を か む せ ︑ 向 か ふ よ り 今 市 善. の 傘 を さ し 出 て 来 り ︑ 花 道 に て ︑ 善 ﹁何 と 長 九 郎 ︑ 時 な ら ぬ 雷 で は. 右 衛 門 ︑ 侍 の形 ︑ 渋 蛇 の 目 の傘 さ し︑ 後 よ り長 九 郎 ︑ 町 人 に て梅 本. 雷 と はあ まり 手 回 し で ござ りま す ︒ ﹂ ト 舞. な い か ︒ ﹂ 長 ﹁左 様 で ご ざ り ま す ︒ な ん ぽ 土 用 の う ち 大 福 餅 を 売 る と い つて︑ 初 春 さ う く. 台 へ来 た る ︒ 幕 の 引 付 け よ り 喜 太 郎 ︑ 木 綿 や つ し 浅 黄 の 股 引 に て 芝. ﹁モ シ く. ︒ ﹂善. ﹁そ れ に し て は. ︑ そ の筈 でご ざ り ま す ︒ こ. ﹁ヤ ア ︑ 雪 が 降 つ て き た く. 居 の綿 を つけ た る 傘 を さ し︑ 色 々 の狂 言道 具 を持 ち 出 で来 た る ︒ 両 人 これ を 見 て︑. 身 共 が 傘 へは 積 も ら ぬ ︒ ﹂ 喜. し かも 二 の 口村 の孫 右衛 門 の でご ざ り ま す︒ ﹂ ト これ に て長 九郎 ︑. れ は綿 サ ︒ さ る お 屋 敷 に お狂 言 が ご ざ り ま す で︑ そ の小 道 具 の傘 ︑. ほ ん に お ま へさ ん は 道 具 屋 の 長 九 郎 さ ん だ ね ︒ ﹂ 長 ﹁お ぬ し の や う. 喜 太 郎 を 見 て ︑ ﹁そ う 言 ふ は 幕 引 き の 喜 太 郎 じ や ア ね へか ︒ ﹂ 喜 ﹁. に 稼 い ぢ や ア ︑ 金 の 置 き 所 が あ る め へ︒ ﹂ 喜 ﹁そ り や 違 へな し サ ︒. お め へさん ︑ ち よ つと出 る にも 小 判 で五十 両持 つて出 や す ︒ ﹂ ト 財. 布 入 り の 五 十 両 を 見 せ る ︒ 長 ﹁そ り や ア ど ふ し た の だ ︒ ﹂ 喜 ﹁こ り. ヤ 早 野 勘 平 か ら 塩 冶 判 官 の 石 碑 料 ︒ 大 星 由 良 之 介 様 へ持 つて 行 く の. さ ︒ ﹂ 長 ﹁起 き や ア が れ ︒ ド レ ︑ 見 せ ろ ︒ ﹂ ト 取 つ て 見 る ︒ 喜 ﹁モ. シ ︑ 小 道 具 も 素 敵 に よ う な り や し た ︒ ﹂ 長 ﹁こ り や ア 縁 起 が い ゝ︒. な ん と こ れ を 俺 に 貸 さ ね へか ︒ ﹂ 善 ﹁そ れ を お 身 借 り て 何 に す る ︒ ﹂. 一7一.

(9) ︻六 ウ 七 オ ︼. 長 ﹁こ れ を 見 せ び ら か し の ︑ ぐ つ と 惚 れ さ せ る つも り さ ︒ ﹂ 善 ﹁小. さ ん と い ふ の は 今 船 宿 の 美 濃 屋 の か み さ ん の こ と か へ︒ ﹂ 長 ﹁そ ふ. 勝 に 凝 り を つ た と 見 え て 計 略 を め ぐ ら せ を る な ︒ ﹂ 喜 ﹁モ シ ︑ 小 勝. よ ︒ あ れ に や ア素 敵 な目 にあ つた が︑ 今 だ に未 練 が残 つて ゐる ︒ ﹂. 喜 ﹁そ の筈 さ ︒ 大 和 屋 の 太 夫 さ ん 丸 向 だ ︒ ﹂ 長 ﹁違 へ ね へ︒ 時 に 善. 右 衛 門 ︑ か の 一件 を 喜 太 郎 に 頼 ん で は ど う で ご ざ り ま せ う ︒ ﹂ 善 ﹁. 商 売 柄 と い ひ ︑ そ れ は 一チ段 と よ か ろ う ︒ お 身 に 折 り 入 つ て 頼 み が あ. る ︒ ﹂ 喜 ﹁エ ゝ︑ 素 人 狂 言 で も ご ざ り ま す か ︒ 秩 父 屋 の り つさ ん も. ど こ ぞ あ る な ら 出 て へと 言 ひ な す つ た ︒ ﹂ 長 ﹁イ ヤ ︑ そ ん な こ と じ. や ア ね へが ︒ 立 ち な が ら 相 談 は 出 来 め へ︒ 抜 裏 の キ ン フ ラ へ で も ︻. 六 ウ 七 オ ︼ 行 き や せ う ︒ ﹂ 喜 ﹁ア リ や 素 敵 と 評 判 が よ う ご ざ り ま す ︒ ﹂. 善 ﹁そ れ が よ い ︒ 然 ら ば 喜 太 と や ら 一所 に 参 り や れ ︒ ﹂ 喜 ﹁お 供 い. た し ま せ う ︒ ﹂ 長 ﹁サ ア ︑ 行 き ま せ う ︒ ﹂ ト や は り 佃 に て 幕 の 引 付 け へ入 る ︒. 本 舞 台 一面 の 黒 幕 ︒ 石 崖 を 見 せ ︑ 舞 台 前 波 板 ︒ 下 の 方 ︑ 小 舟 に 着. 物 を す つほ り被 り 寝 てゐ る ︒ 上 の方 に屋 根 船 ︑ 船頭 伊 之 介 ︑ 船 を も. や つて ゐ る ︒ 桟 橋 の 上 に 鰻 掻 き 彦 介 ︑ 手 拭 い に て 足 を 結 は へ て ゐ る ︒. の 体 ︒ や は り 唄 を か む せ 速 く 開 く ︒ 伊 之 ﹁お め へ ︑ 足 を ど う し た の. そ の側 に天 国 の短 刀 の中 子 放 り 出 し てあ り ︑ 全 て門 前 河 岸 の辺 り 夜. だ ︒ ﹂ 彦 ﹁何 サ ︑ 鰻 を 掻 い て ゐ た が ︑ こ ん な 刺 身 包 丁 の や う な も の. が 有 つ て足 を 切 り や し た ︒ ﹂ 伊 之 ﹁そ れ は 危 な い事 を し た の ︒ ﹂ 彦. ﹁さ よ う サ ︒ し か し 此 包 丁 を 古 金 買 ひ に 売 つ て酒 に で も し や せ う ︒ ﹂. つ てこ よ う︒ ﹂彦 二. 緒 に行 き や せう ︒ ﹂ ト や は り佃 に て両 人 下座. 伊 之 ﹁酒 と い え ぱ 旦 那 も }杯 機 嫌 で よ く 寝 て ご ざ る ︒ わ し も 一杯 や. へ入 る ︒. 向 か ふ よ り娘 分 お 留 ︑ ぶ ら提 灯 を持 ち ︑ 後 よ り芸 者 三 勝 出 て来 た. り ︑ 三 ﹁お 留 さ ん ︑ お ま へば か り 承 知 し て ︑ 何 処 へ行 く の だ へ︒ ﹂. 一8一.

(10) ︻七 ウ 八 オ ︼. ﹁そ し て お 客 は 何 方. ﹁ パ テ ︑ 何 処 へ行 く の だ か 知 ら ね へ け れ ど ︑ お 客 は 待 ち に 待 つ て. いな さ る ︒ 大方 平清 へでも 行 く の だ らう ︒ ﹂ 三. 留. ﹁お 客 は ︑ お め へ の 惚 れ て い な さ る 今 市 善 右 衛 門 さ ん よ ︒ ﹂. ﹁エ ゝ ︑ 好 か ね へ の ふ ︒ お め へ も わ た し が 事 を 知 っ て ゐ な が ら 頼. だ へ︒ ﹂ 留 三. も し く も ね へ︒ 早 く そ ふ 言 つ て お く れ だ と 用 事 で も 付 け る も のを ︒ ﹂. ﹁親 切 ら し く 言 わ れ る 程 ︑ 身 の 毛 が よ だ つ 程 嫌 だ よ ︒ わ つ. ﹁そ ん な に 言 ふ も ん じ や ア ね へ ︒ 善 さ ん は お 前 に や ア 実 を 尽 く す. よ︒ ﹂ 三. 留. ﹁そ ん な 事 を 言 ふ も ん じ や ア ね へ ︒ い ゝ人 に ば か. ﹁そ れ で も 虫 が 好 か ね へ ︒ ﹂ 留. ﹁そ ん な. り会 つてゐ るく ら ゐ なら 誰 でも 芸者 に なる いな ︒嫌 な客 でも勤 め る. ち や帰 る よ ︒ ﹂ 留. の が︑ そ こが 苦 界 だ︒ ﹂ 三. ﹁. ﹁わ た し や ア 癩 が 痛 く な つ た よ ︒ ﹂. ﹁三 勝. ﹁そ の 癩 も 善 右 衛 門 さ ん に 押 し て も ら ふ と 直 に 治 る は な ︒ ﹂ 三. こ と を 言 ふ う ち 船 へ来 た よ ︒ ﹂ 三 留. 嫌 な 事 だ ︒ ﹂ ト 船 へ無 理 に 乗 せ る ︒ 半 七 ︑ 戸 を 開 け 見 て ︑ 半. ﹁お 留 さ ん ︑ い つ も な が ら. ﹁な ん と い ゝ 善 右 衛 門 さ ん で あ ろ う ね ︒ ﹂. ﹁何 に も 申 ま せ ん ︒ ﹂ 半. ﹁半 七 さ ん か ︒ ﹂ 留 ︻七 ウ 八 オ ︼ 三. か︒ ﹂ 三. ﹁そ ん な に お だ て ち や ア 悪 い ぜ へ ︒ ﹂. ﹁義 理 を 言 わ ず と た ん と お 楽 し み な さ れ ま. ﹁イ ヨ ︑ 通 り 者 め ︒ ﹂ 留. お ま へのお 世 話 で︒ ﹂留 し ︒ ﹂半. ﹁ヲ ヤ ︑ き つ い 事 だ ︒ そ. ﹁あ ん ま り そ ふ で も あ る め へ ︒. ﹁善 右 衛 門 が 熱 く な っ て 来 る じ や ア ね へ か ︒ ﹂. ﹁う る さ く つ て な ら な い よ ︒ ﹂ 半. 両人 こ な しあ つて︑半. ト 佃 に て 下 座 へ入 る ︒. 三. 足 が近 く な る と可 愛 ゆく な る や つヨ︒ ﹂ 三. ﹁イ ヤ モ ウ ︑. これ ぞ と い ふ手 掛 か り も無 し︒ ど ふ そ し て 尋ね 出 し ︑ 元 の身 にな つ. れ は そ ふ と 尋 ね る 品 の手 掛 か り で も 有 つ た か へ︒ ﹂ 半. た 時 に や ア︑ あ の善 右衛 門 に負 け は せ ねど ︑ 何 を 書 ふ に も 日陰 者 ︒. ﹁会 ふ も た ま さ か ︑ 例 へ の 通 り ︑ 一 時 の 栄 華 も 千 歳 の や う じ や わ. 我 身 に さ へ晴 れ て会 はれ ぬ今 の身 の上 ︒ そ れを 察 し てお 留が 世 話 ︒ ﹂ 三. いな ア ︒ し た が ︑首 尾 よ ふ 尋 ぬ る品 が 出 て︑ 元 の身 にな ん なす る 時. 一9一.

(11) ︻八 ウ 九 オ ︼. に は ︑ お 園 さ ん と い ふ 許 嫁 の あ る お ま へ︒ ﹂ 半. ﹁そ り や お ま へ ︑ ほ. ﹁パ テ ︑ お 園 の 事 は. ﹁パ テ ︑ 女 房 に 嘘 を 言 ふ も の か ︒ ﹂ 三. 捨 て ゝ お き や ︒ 我 身 を 捨 て ・よ い も の か ︒ ﹂ 三 ん ま の事 でご ざ ん す か ︒ ﹂ 半. にな り ︑ 向 か ふよ り お 園 妬 き 娘 の持 へに て駆 け. ﹁そ の 口 を お 忘 れ で な い よ ︒ ﹂ ト 抱 き つ き 簾 を お ろ す ︒. 時 の鐘 ︒ ば た く. て 来 た り ︑ こ な し あ つ て ︑ 園 ﹁思 へば 思 ひ 廻 す 程 ︑ わ し ほ ど 因 果 な. も の は な い︒ 御 家 中 で も よ い 殿 御 と 噂 す る 半 七 様 と 許 嫁 ︑ 言 は ゴ 女. り の天 国 の短 刀 ︑菅 家 の色 紙 紛 失 ︒宝 詮 議 の為 半 七様 は家 出 ︒ 様 子. 子 の手 柄 ぞ と ︑ 喜 ぷ 甲 斐 も 情 け な い 今 度 の 御 難 儀 ︒ 殿 様 よ り お 預 か. を 聞 け ば 三 勝 さ んと いふ 芸 者 に馴染 ん で︑ わ た し が事 は よ そ吹 く 風 ︒. 所 詮 添 は れ ぬ 上 か ら は ︑ 淵 川 へ身 を 沈 め て 死 に ま す る ︒ せ め て 不 欄. ︒ ﹂. と 思 し 召 し ︑ 一遍 の 御 回 向 を わ た し や 楽 し み に 死 に ま す る ︒ か う 言. ふ うち も 人 目 にか ゝれば 身 の妨 げ ︒少 し も早 う ︑ そ ふ じ や く. ト 小 石 を 拾 ひ な が ら 下 座 へ入 る ︒. 引 き 違 つ て 鰻 掻 き 彦 六 ︑ 長 九 郎 を 引 張 り 出 で 来 た り ︑ 彦 ﹁モ シ く. 長 九 郎 さ ん ︑ これ を 買 つてお く ん なさ い︒ 酒 屋 に居 る う ち 砥を 借 り. て 錆 を 取 つた ら ︑ ど ふ か 切 れ そ う な ︻八 ウ 九 オ ︼ 此 脇 差 し ︒ そ し て ︑. 天 の字 と 分 か ら ぬ字 が彫 つてあ り やす ︒ 買 つてく ん な さ い︒ ﹂ 長 ﹁. 随 分 買 つ て や ろ う が ︑ 明 日 ま で 待 た つ し や い ︒ 今 ︑ 金 が ね へ︒ ﹂ 彦. ﹁嘘 を 言 ひ な さ い ︒ お あ へ︑ 財 布 へ入 れ た 金 を 先 刻 女 に 見 せ び ら か. し て ゐ な す つ た ︒ ﹂ 長 ﹁こ り や ア 端 に や ア さ れ な い ︒ ﹂ 彦 ﹁是 非 貸. し な さ い ︒ ﹂ ト 財 布 へ手 を 掛 け る ︒ 長 九 郎 は 短 刀 を 取 ら ふ と す る ︒. 両 人 引合 ふ て ゐ る︒ 舟 の簾 を上 げ ︑ 三 勝 半 七︑ 川 水 に て手 を 洗 ひ ゐ. る ︒ 両 人 引 合 ふ は つ み に 財 布 の 紐 切 れ ︑ 下 の 小 舟 へ打 ち 込 む ︒ 此 時. 小 舟 に 寝 て ゐ た り し 宵 寝 の 仁 三 が 顔 へ当 り ︑ び つく り し て 起 き 上 が. つた り と 笑 ふ ︒ 此 時 ド ン と 水 音 す る ︒ 仁 三 ﹁身 投 げ か ︒ ﹂ 三 ﹁ア レ. る ︒ 彦 ・長 ﹁南 無 三 ︑ 金 を ︒ ﹂ 仁 ﹁ヤ ア ︒ ﹂ ト 財 布 の ま ゝ 拾 ひ ︑ に. ︑. 一10一.

(12) ﹁そ ら ︑ 三 勝 さ ん が 嬉 し が る や つ さ ︒ ﹂. ﹁何 ︑ ど ふ で 用 事 で ゐ る か ら こ れ で い ゝ よ ︒ ﹂ 房. ﹁小 万 さ ん ︑ お ま へ ︑ あ ん ま り 髪 が 悪 う な つ た ︒ ち よ つ と 結 ん で. 仙. ﹁ヲ ヤ ︑ き つ い 事 だ ね へ ︒ ﹂ 房. 故 ︑ ど ふ と 舟 へ尻 餅 を つ く 木 の頭 ︒ 仁 ﹁と ん だ 話 だ ︒ ﹂ ト こ れ を 刻 あ ぎ や うか ︒ ﹂小. エ︒ ﹂ ト 半 七 に 抱 き 付 く ︒ 此 声 に 仁 三 び つ く り す る 拍 子 に舟 揺 れ る. み に て幕 ︒. 女 髪 結 い お 仙 ︑ お 房 の 髪 を 結 ん で ゐ る ︒ お 夏 ︑ 身 持 へを し て ゐ る ︒. 皆 々 ﹁ヲ ヤ く. 小. ﹁畳 が 湿 つ ぼ く な つ た ︒ ﹂. ﹁わ た し も 覚 え が あ る が ︑. ﹁そ の か は り わ た り は 山 口 だ ︒ そ り や ア そ ふ と ︑ 抜 裏 の キ ン プ ラ. ︑ を つに の ろけ る よ ︒ ﹂ 房. ﹁た ま さ か に や ア い ゝ の さ ︒ し か し 三 五 郎 野 郎 の 稼 ぐ に も 恐 れ る ︒ ﹂. 三 勝 ︑ 文 を書 い て ゐ る︒ お 初 ︑ 三味 線 を 弾 い てゐ る ︒ 小 万︑ 鉢 巻 で. ﹁色 男 に 仕 掛 を 借 り ら れ て 用 事 を つ け ら れ ち や ア ︑ お 部 屋 難 儀 だ ︒ ﹂. 酒 を 飲 ん でゐ る︒ お梅 ︑ 大 肌 脱 ぎ に て掃 除 を し てゐ る ︒ 小間 物 屋 の. へ豆 を や つ た が ︑ ま だ 帰 つ て こ ね へ ︒ ﹂ 三. 小. 本舞 台 通 し の 三階 ︒ こ ゝにお房 ︑ 鏡 台 に向 か ひ煙 草 を喫 み ゐ る︒. 万 吉 ︑ 状 使 い の 貞 ︑ 立 か ゝり ゐ る ︒ 全 て 子 供 屋 二 階 の体 ︒ 流 行 り 唄. ﹁真 つ. つた つけ ︒ ヲヤ ︑ わ たし の年 が 知 れ る よ︒ ﹂仙. ﹁ド レ ︑ 行 つ て 参 り. ﹁何 を. ﹁お 梅 さ ん ︑ 出 ま す よ ︒ ﹂ 梅. ﹁ア. ﹁呆 れ ま す よ ︒ ﹂. ﹁嬉 し い の ふ ︒ ﹂ 房. ﹁わ た し が お さ つ の 大 き い の. ﹁ア イ ︑ 蓋 物 の 中 へ 買 つ て 来 た よ ︒ ﹂ 梅. ︻九 ウ 十 オ ︼ 梅. ﹁キ ン プ ラ に お 客 が つ か へ て い. 引 違 つて小 職 ︑岡 持 ち と 蓋茶 碗 を持 って上 が つて来 る ︒ 小. は ︒ ﹂. ﹁. ほ ん に三勝 さ ん がお 通 と い つて 小職 で い たの は ︑ こ の間 のよ う に 思. 一ツ く ん な ︒ ﹂ 万. 外 へ出 る と 余 所 の 小 職 と 付 き 合 つ て歩 く か ら ツ イ 遅 く な る ︒ ﹂ 房. ﹁俺 に も. へ通 り 神 楽 を か ぶ せ て 幕 開 く ︒ 夏 ﹁万 吉 ど ん ︑ 仙 女 香 と 青 藁 を く ん. ︒ ﹂ ト 箱 よ り出 し て やる ︒ 梅. な ︒ ﹂ 初 ﹁わ つ ち に も 伊 勢 吉 の歯 磨 き と 両 房 を お く れ ︒ ﹂ 万 ﹁ハ イ く. ま せ う ︒ ﹂ ト や は り 流 行 り 唄 に て 下 へ降 り る ︒. し てい る な︒ 早 く 帰 ら ね へのか ︒ ﹂. ﹁い ゝ じ や ね へ か ︒ ﹂. ﹁イ ヤ ︑ 問 屋 で た ゴ は く れ ま せ ぬ ︒ ﹂ 梅. ﹁ア イ ︑ 今 封 じ て ゐ. ﹁な ん だ ︑ 好 か ね へ の ふ ︒ ﹂. 万 ﹁三 勝 さ ん ︑ お 手 紙 は で き ま し た か ね ︒ ﹂ 三. て待 つて ゐ ま した ︒ ﹂. 平 御 免 な さ い ︒ よ つぼ ど た ま つ て ゐ ま す ︒ ﹂ 梅. 貞. ﹁又 半 七 さ ん か ︒ ﹂. ﹁貞 さ ん ︑ こ り や ア 本 町 丸 へ 行 つ て ︑ 綱 さ ん に. る はな ︒ 小 万 さ ん ︑ 上書 き を し て お く れ ︒ ﹂小. ﹁色 気 が あ る の ︒ ﹂ 梅. ト 上 書 き を す る︒ 房. ト 此時 下 よ り 廻 し の声 に て︑ 佐 介. ﹁食 気 じ や わ い な ︒ ﹂ 皆 々. ﹁こ り や ア お 店 の 清 十 郎 さ ん へ 届 け て 返. ﹁左 様 サ ︒ 天 気 が 変 は る の サ ︒ お ま へ方 の や う に 流 行. ﹁ヲ ヤ ︑ お 梅 さ ん が 口 が か つ た ︒ 天 気 が 変 は ら ね へ け り や. ﹁わ つ ち の も 徳 兵 衛 さ ん に 届 け て お く れ ︒ ﹂. イ ︒﹂ 小. い ゝが ︒ ﹂ 梅. し い︒ ﹂ 梅. ﹁ア イ サ ︑ ふ さ く. し い の サ ︒ ど う ふ で 一ト 勘 定 に. ﹁何 だ な ︑ お か し な 事 を 言 ふ ぜ ︒ 部 屋 番 を し や ア し ね へ よ ︒ ふ さ. る 羽織 衆 と は 違 ひ ま す よ︒ そ の代 は り気 侭 用 事 を つけ はし な いよ ︒ ﹂ 小. ﹁何 ︑. ﹁お 房 さ ん ︑ 洗 ひ. ︒ ﹂ ト 文 を 取 り 小 間 物 屋 と 一所 に 下 へ 降 り る ︒. 会 つて渡 し てく ん な︒ ﹂ 夏. ﹁ハ イ ー. 事 を 聞 か し てお く れ︒ ﹂ 初 貞. お仙 髪 を 結 び し ま ひ ︑手 を 紙 で拭 き なが ら︑ 仙. ﹁お 房 さ ん は 結 び 髪 が よ く 似 合 ふ よ ︒ ﹂ 皆 々 ﹁. 髪 は思 ふ や う に でき ま せ ん︒ 又 明 日 でも結 ひ直 しま せう ︒ ﹂ 房 と ん だ い ゝよ ︒ ﹂ 小. く. 七 十 つ ゝも売 る 羽織 衆 と ︑ ツの 字勘 定 のわ た し ら と は違 ふ のさ︒ な. ︑. ﹁お 梅 さ ん も 口 が 過 ぎ る は な ︒ 万 事 小 万. ﹁マ ア く. ﹁お ま へ ︑ 行 つ た ら 小 春 さ ん に よ く. 小 万 さ ん ︑ い ゝは な ︒﹂ 房. ﹁ど ふ し た と へ ︒ ﹂ ト 立 ち か ゝ る ︒ 皆 々 止 め る ︒ 皆 々. ん ぼよ く 商 いを す る と い つ て︑ 自慢 を ば し た く ね へも んだ よ ︒ ﹂小 ﹁ 一座 を す る と 紙 治 さ ん の 事 ば. ︒ ﹂ 房. ﹁ア ノ 子 も 紙 店 の 治 兵 衛 さ. ﹁お 仙 さ ん ︑ こ れ か ら 何 処 へ お 出 で だ ︒ ﹂. ﹁ハイ く. ﹁紀 ノ 国 屋 へ 参 り ま す ︒ ﹂ 小. い ゝ格 好 に で き た ︒ ﹂ 三 仙. 言 つて おく れよ ︒ ﹂ 仙. ﹁お ま へ の 半 七 さ ん と い ふ も の だ ︒ ﹂ 三. ん に は ひど く 惚 れ てゐ る のふ︒ ﹂ 三 か り の ろけ て いる よ ︒ ﹂ 小. 一11一.

(13) ︻九 ウ 十 オ ︼. ﹁そ れ で も あ ん ま り し や べ る か ら ︒ ﹂ 三. ﹁ま ア ー. ︑. の 世 話 に な つ て ゐ な が ら ︒ 小 万 さ ん も 大 人 げ ね へ︒ ア ノ 子 に 構 ひ な さ ん な ︒ ﹂小. い ㌧は な ︒ ﹂ 房 ﹁お 部 屋 へ で も 知 れ て み な ︒ お か し く ね へは な ︒ わ. ︒ ﹂ ト支 度 にか ゝ. た し が 二 階 を 預 か つ て ゐ て あ ん ま り 締 ま り が ね へや う だ は な ︒ お 梅. ﹁ア イ く. ﹁三 勝 さ ん ︑. ﹁ど こ だ へ ︒ ﹂. ﹁出 番 は お そ れ る の ︒ ﹂ 佐. 一所 に 出 ま す ︒ ﹂ 房. ﹁お 梅 さ ん ︑ お 待 ち な さ い ︒ さ し で ご ざ り ま す ︒ お. さ ん︑ は や く支 度 を し て行 き な ︒ ﹂梅 る ︒ 下 よ り︑ 佐. ﹁粂 本 で ご ざ り ま す ︒ ﹂ 房. 房 さ ん ︑ お初 さ ん ︑お 夏 さ ん ︑御 佐. ﹁何 ︑. を か む せ ︑道 具. ﹁ヲ ヤ ︑ き つ い 事 だ ね へ ︒ ﹂. ﹁又 善 右 衛 門 さ ん か ︒ ﹂ 小. ﹁嬉 し い の ふ ︒ ﹂ 皆 々. 粂 本 か ら 江 戸 でご ざ りま す ︒ ﹂ 三 半 七 さ ん サ︒ ﹂ 三. ト 皆 々よ ろ しく 此 道 具 回 る ︒. 本舞 台粂 本 座 敷 の体 ︒ や は り流 行 り 唄 へど ろ く. 止 ま る と胡 蝶 二 わ舞 ふ てゐ る︒ や はり 流 行 り 唄 に て娘 分 お 留 ︑後 よ. り 半 七 ︑ 羽 織 袴 大 小 に て 出 で 来 た る ︒ 留 ﹁半 七 さ ん ︑ お 見 限 り で ご. ざ り ま し た ね ︒ ﹂ 半 ﹁イ ヤ ︑ 身 共 も 尋 ぬ る 宝 の 有 所 が 知 れ ︑ 早 速 取. 喜 ん で た も ︒ ﹂ 留 ﹁そ れ は お め で た う ご ざ り ま し た ︒ ﹂ 半 ﹁三. り 得 て 殿 へ差 し 上 げ し 故 ︑ 屋 敷 へ帰 参 を な し ︑ 元 の 茜 半 七 郎 ︒ ま ア く. ︒ ﹂ 半 ﹁亀 八 や 助 治 も 呼 ん. で く れ ︒ ﹂ ︻十 ウ ︼ 留 ﹁確 か こ ち の 家 に出 て お り ま し た ︒ そ れ に 三. 勝 を 呼 び に や つ て く れ ︒ ﹂ 留 ﹁ハ イ ー. 誰 ぞ呼 ん でた も︒ 久 しぶ り でチ ト浮 か れ. 勝 さ ん は 生 憎 江 戸 行 き で ︑ 確 か 向 島 へ行 き な さ ん し た ︒ ﹂ 半 ﹁そ り や 悪 い 間 じ や ナ︒ ま アく. ﹁折 悪 く 江 戸 行 き サ ︒ ﹂ 助. ﹁. ﹁お. ﹁流 行 り つ 子. こな た衆 にも 会 わ れ る やう にな つた︒ ﹂亀. ﹁お 噂 ば か り 申 し て お り ま し. ﹁こ れ は 半 七 さ ま ︑ お 珍 し い ︒ ﹂ 亀. 一ツ お 上 り な さ れ ま し ︒ ﹂ ト 酒 肴 を 持 つ て 来 る ︒ 封 間. よ う か ︒ ﹂ 留 ﹁肝 心 の 三 勝 さ ん が な ふ て は あ ま り 浮 き も な さ る ま い が ︑ ま ア ー. 亀 八 ︑助 作 出 で来 た り ︑ 両人. ﹁や う く. あ ま り お見 限 り でご ざ り ま し た︒ ﹂ 助 た ︒ ﹂半. 留 さ ん︑ 三勝 さ ん は︒ ﹂ 留. 一12一.

(14) ︻十 ウ ︼. は ど う も な ら ね へ︒ ﹂ 留. ﹁お 留 さ ん ︑ 旦 那 と 御. ﹁そ. 一緒 に 向 島. ﹁ま ア ︑ 酒 で も 流 行 ら せ ね へ か ︒ ﹂ 半. れ が よ い︒ ﹂ ト皆 々酒 に な り︑ 亀. ﹁ア ノ 時 に は 大 層 に 騒 い. ﹁吉 原 の 考 三 が 酔 つ て 土 手 に 寝 て ゐ た の も お か し か つ. へ行 つ た の も ︑ モ ウ よ つ ぼ ど な る ね ︒ ﹂ 留. ﹁今 じ や ア 方 々 で 弾 く が ︑ 芸 者 商 売 を 持 へ た ば か り だ と い. だ の ふ︒ ﹂ 助 た ︒ ﹂亀. ﹁ア ノ. ﹁そ り や. ﹁可 愛 そ. ﹁ア ノ 位 悪 い 声 も ね へ ︒ ﹂ 半. ﹁確 か 死 ん だ と い ふ 事 だ ね へ ︒ ﹂ 亀. つて弾 い て聞 か せ た つけ ︒﹂ 助. ﹁モ ウ ︑ ア ノ 位 な も の も で き ね へ︒ ﹂ 亀. 人 はど う ふ し た︒ ﹂ 留 ふ な こと さ ︒ ﹂ 助. ﹁ほ ん に 誰 そ あ る ま い か ︒ ﹂ 助. ﹁妙. ア そ ふ と ︑ 誰 ぞ 呼 ば ふ じ や ね へか ︒ 野 郎 頭 じ や ア さ え ね へど 言 ふ と ︑ ど ふか 俺 が 旦 那 のや うだ ︒ ﹂半. ﹁ア ノ 子 は 福 島 屋 か ら 出 る よ ︒ ﹂. と い ふ のが あ り ま す ︒此 間 出 る お 園 さ ん と い ふ の はよ つほ ど い ゝね︒. ﹁そ れ を 呼 ん で 見 た い ︒ ち. ﹁そ. ﹁パテ わ し が よ. ﹁そ り ゃ 悪 い ︒ ひ よ つ と 三 勝 さ. ﹁ア ノ 子 な ら 旦 那 に う つ て つ け ︒ ﹂ 半. お 留 さ ん ︑ ど こ か ら 出 る へ︒ ﹂ 留 亀. よ つと 口 を か け て や つ て た も ︒ ﹂ 留. ﹁そ し て 内 が 違 ふ か ら い ゝ は な ︒ ﹂ 留. ん でも 聞 い て見 な さ ん せ︒ わた し が恨 ま れ る︒ ﹂ 半 い から 呼 ん でた も ︒ ﹂亀. ﹁山 鐘 時 分 の. ﹁そ の 時 は 罷 り 出 で き つ と. ﹁酒 に 酔 つ て 管 の 如 し か ︒ ﹂ 留. ん な ら 知 れ る 科 人 は お ま へ方 じ や ︒ ﹂ 助 埼 明け 申 べく 候 ︒ ﹂亀. ﹁確 か 内 へ 出 て ゐ な さ る と 思. ﹁初 寄 合 に 大 分 面 白 い 事 が あ つ た で は な. ﹁早 ふ 呼 ん で た も ︒ ﹂ 留. ﹁此 親 父 の 大 音 寺 前 の 蜂 蛇 と い ふ の に 皆 や ら れ て し ま い. つ た ︒ ﹂ ト 下 座 へ入 る ︒ 半. 洒 落 だ ︒ ﹂ 半. い か︒ ﹂ 助. ﹁そ れ は 見 た い も の じ や ︒ ﹂ 亀. ﹁ま ア ︑. ﹁何 ︑ さ の み の 事 で も な け れ ど ︑ 若 い 者 の 目 を 驚 か さ ふ と 一チ番 や り や し た ︒ ﹂ 半. ま した ︒ ﹂ 亀. ﹁そ れ は 妙 だ ︒ ﹂ 留. ﹁ち や う ど 今 お 客 が お 帰 り で ︑ 空 い て い ゝ 所 で ご ざ. こ ん な つ ま ら な い事 サ ︒ ﹂ と 宜 し く あ る ︒ 此 う ち お 留 ︑ 羽 織 の お 園 ︑ 出 で来 た り ︑ 留. ﹁お 園 さ ん ︑ こ ち ら へ お 出 で な. り ま し た ︒ ﹂ 亀. さ り ま し ︒ ﹂ ト こ れ に て お 園 ︑ 黙 つ て 入 り 壁 の 方 へ寄 つ て 斜 に 座 る ︒. 一13一.

(15) ︻十. 一オ ︼. ﹁助 治 ﹂ ト 小 声 に な り ︑ 半. ﹁半 七. ﹁素 敵 な 者 じ や の う ︒ ﹂. ﹁お 園 さ ん ︒ ﹂ ト こ れ に て お 園 ︑. ﹁紫 若 丸 向 で ご ざ り ま す ︒ ﹂ ト お 留 ︑ 銚 子 と 杯 を 持 ち ︑ 留. 半 七 一寸 見 て ︑ 助. さ ん ︒ ﹂ ト こ ち ら へ持 つ て 来 て ︑ 留. ﹁. ﹁お 園 さ ん ︑ こ ち ら へ お 出 で な さ り ま し ︒ ﹂. ﹁そ ん な ら 又 後 に お あ が り な さ り ま し ︒ ﹂ ト. ﹁ハ イ ︒ ﹂ ト ば か り 恥 ず か し き 思 入 ︒ 半 七 も こ な し あ つ て ︑ 半. 杯 を 取 り そ こ へ置 く ︒ 亀 園. モウ酒 はよ さ う ︒ ﹂ 留. ﹁ま ア く. ・助. ﹁こ れ は あ り が た. ち つと 横 に お なり な さ れ ま せ︒ ﹂ ト. ﹁こ れ は 半 七 さ ん が ︒ ﹂ ト 両 人 に や る ︒ 亀. 半 七 ︑紙 入 れを 出 だ し お留 に渡 し 囁 く ︒ お留 ︑ 飲 み 込 み 金 を 出 し︑ 留. う ご ざ りま す︒ ﹂ 留. い てあ る ︒半. ﹁ひ ど ふ 酔 ふ た ︒ ﹂ 留. ︒ ﹂ ト 下座. へ入 る ︒. ﹁後 に 来 な よ ︒ ﹂ 三. ﹁た ゴ 今 お 湯 を 持 つ て 参 り ま す ︒ ﹂. 床 を 敷 き ︑ あ り あ ふ 屏 風 を 立 て る ︒ こ れ に 丸 太 鳥 居 ︑ 杉 の木 の 絵 描. ﹁ハイ く. ・助. ﹁さ や う な ら お 園 さ ん ︑ よ ろ し う ︒ ﹂ 半. 亀. 此 間︒ ﹂ 半. ﹁そ ふ か へ ︒ ﹂ 園. ﹁わ た く し は や. ﹁イ エ ︑ 初 め て. ﹁あ な た ︑ 三 勝 さ ん が お い で. ﹁ど こ ぞ に 出 て ゐ た の か へ ︒ ﹂ 園. ﹁コ ウ ︑ お め へ い つか ら 出 る ︒ ﹂ 園. 一オ ︼ 両 人 残 り ︑ こ な し あ つ て お 園 煙 草 を つ け て 出 だ す ︒ 半. 人. ︻十. う く. 七 側 へ寄 り ︑ 半. ダご ざ り ま す ︒ ﹂半. ﹁よ ふ 存 じ て. ﹁パ テ ︑ そ り や 随 分 呼 び は 呼 ん で ゐ て た か ︑ お ま へ. ﹁ナ ニ ︑ 三 勝 だ と い ふ て ︑ ツ イ 一卜通 り の 事 サ ︒ ﹂ 園. な さ れ ぬ の で︑ わ た し の や う な 者 が 出 て お 気 の 毒 で ご ざ り ま す ︒ ﹂ 半. お りま す ︒ ﹂半. ﹁お ま へ さ ん も よ い 口 な ︒. の やう な 者 が あ つて は︑ 三 勝 は よ し てし ま う の さ︒ 嫌 であ ら う が こ. れ から 付 き 合 つても らは ね ば な ら ぬ︒ ﹂ 園. ﹁. ほん ま の事 じ や︒ そ し て︑. ﹁何 で あ ら ふ と 三 勝 は モ ウ や め て ︑ そ な た に 限 る は い の ︒ ﹂ 園. ま ア言 ふ て見 や ふ な ら︑ 深 山 木 と都 の花 ほ ど 違 ひ ま す は いな ア︒ ﹂ 半. ﹁イ ヤ く. ﹁お 園 ︑ 聞 い. し ら み\ し い 嘘 ば つ か り ︒ ﹂ 半. ﹁ど ふ や ら 見. ﹁ハ イ ︑ 園 と 申 ま す る ︒ ﹂ 半. た や う な 名 じ や ︒ ﹂ ト 側 へ寄 り ︑ 顔 を 見 て こ な し ︑ 半. 名 は何 と いふ た な ︒﹂ 園. 一14一.

(16) ︻十. 一ウ 十 二 オ ︼. た や う な ︒ ﹂ 園 ﹁お ゝ︑ 覚 へが ご ざ り ま す る か ︒ ﹂ 半 ﹁ど ふ で も 見. 知 つた ︒ ﹂ ト 考 へ て 思 入 ︒ お 園 こ な し あ つ て ︑ 園 ﹁少 し は ご 存 知 で. ご ざ り ま せ う ︒ ﹂ 半 ﹁ど ふ も ︑ 思 ひ 出 せ ぬ が ︑ こ な た は わ し を ︒ ﹂. 園 ﹁よ ふ 知 つ て お り ま す る ︒ 左 枝 の 御 家 中 茜 半 七 様 で ご ざ り ま せ う. が ︒ ﹂ 半 ﹁そ の 名 を 知 つ た こ な た に は ︒ ﹂ 園 ﹁許 嫁 の お 園 で ご ざ り. ま す る ︒ ﹂ 半 ﹁エ ゝ ︒ ﹂ ト び つく り す る ︒ 園 ﹁お ま へ 様 は の う ︒ ﹂. ト 胸 づ く し を 取 る 思 入 ︒ 相 方 に な り ︑ 園 ﹁奥 表 と 隔 た つ て も ︑ 子 供. の う ち か ら 親 々 の許 嫁 せ し 女 房 を 忘 れ て か い な ア 半 七 さ ん ︑ と 言 ふ. の が や つば り 野 暮 と や ら ︒ 粋 な 流 れ の 深 川 に ︑ 浮 き 名 立 つ身 の 三 勝. さ ん に は 及 ば ね ど ︑ 芸 者 に な つ た ら 少 し でも 優 し い 事 言 ふ て く だ さ. ん せ う と ︑ 辛 い 勤 め の甲 斐 あ つ て ︑ 嘘 に も 嬉 し い お 言 葉 は ︑ わ た し. や 死 ん で も 忘 れ ぬ わ い な ア ︒ ﹂ 半 ﹁イ ヤ モ ウ ︑ そ の や う に 言 は れ て. 穴 へも 入 り た い が ︑ 三 勝 が 馴 染 ん だ も ︑ 人 の 出 入 り の 多 い 場 所 だ か. ら ︑詮 議 の為 ば か り ︒何 の色 に 染 ま ろ ふ ぞ︒ それ 故 宝 も 手 に入 て︑. ゐ や つた の ふ ︒ 屋 敷 者 で ゐ た 時 で さ へ満 更 で な い も の が ︑ 又 こ う 派. 今 で は 元 の 茜 半 七 郎 ︒ そ な た の 行 方 も 尋 ね て ゐ た ︒ よ ふ ま ア無 事 で. 三 勝 の 事 は 捨 て ゝ︑ そ な た. ﹁ア イ タ ゝ ゝ ︒ こ れ は 大 分 趣 が あ る は へ︒ ﹂ ト. ﹁口 先 で 人 を 喜 ば せ て お い て ︑ エ ゝ 憎 ら し. 手 に 作 つた し ︑ ど う も 言 へぬ ︒ モ ウ く. い ︒﹂ ト 詰 め る ︒半. と 見 立 て替 へじ や︒ ﹂ 園. ﹁そ れ な. ﹁お ま へ は ムニ言 は し や ん し た 事 は ほ ん ま の. ﹁パ テ ︑ ほ ん で な ふ て ︒ 女 房 じ や も の ︒ ﹂ 園. 手 を 取 り 引 き寄 せる ︒ 園 事 か へ︒ ﹂ 半. ﹁そ れ じ. ﹁ハ テ ︑ 三 勝. れ ば 嬉 し い け れ ど ︑ も し 三 勝 さ ん が こ ゝ へ来 な さ ん し た ら ︑ ど ふ し. た も の であ ら ふと わた し や 案 じ ら れ る わ いな ア︒ ﹂半. が 来 た と て そ な た は 先 口 の 女 房 じ や ︒ 構 ふ事 は な い ︒ ﹂ 園. す るや う な ︒ ﹂. ﹁何 の 大 事 な い は い の ふ ︒ ﹂. ﹁ど ふ か 嬉 し い や う で ︑ 恥 ず か し い や う で ︑ ぞ く く. や と 言 ふ て︑ ど ふ やら 気 の毒 ら し い︒ ﹂ 半 園. ﹁お れ も 寒 い や う じ や ︒ ﹂ 園. ﹁ほ ん に 寒 い は い な ア ︒ ﹂ ト 抱 き つ. 半. 一15一.

(17) ︻十 二 ウ 十 三 オ ︼. き 屏風 を引 廻 す ︒. 速 き 唄 に て三 勝 上 手 よ り出 で ゝ来 た り ︑ 三. ﹁今 ︑ 下 で 聞 い た ら ︑. 半 七 さ んが 来 てお 園 さ ん を呼 ん でゐ な さ ん す そ ふじ や が︑ ア ノ子 も. ア ノ子 な ら ︑ 半 七 さ ん も あ ん ま り 浮 気 が 過 ぎ る わ い な ア︒ 何 で も 捕. ﹁ホ イ ︑. ら へて 思 入 言 は に や な ら ぬ ︒ 確 か に 此 屏 風 の 内 が そ ふ で あ ら う ︒ ﹂. ト 屏風 を取 る︒ 両 人 び つくり し て︑園. ﹁あ ん. ﹁ヤ ︑ 三 勝 さ ん ︒ ﹂ 半. し ま ふ た り ︒ ﹂ ト 逃 げ 出 る を ︑ 三 勝 両 人 の 帯 を 捕 ら へ て︑ 三. ﹁半 七 さ ん ︒ ﹂ 半. ﹁ヲ イ ︒ ﹂. ︻十 一 ウ 十 二 オ ︼ 三. ﹁お 園 さ ん ︒ ﹂. ま り 呆 れ て 物 も 言 へぬ わ い な ア ︒ ﹂ ト こ れ に て 両 人 術 な き こ な し ︑ 三. ﹁ア イ ︒ ﹂ 三. ﹁油 断 も 隙 も な る も の じ や な い ︒ 半 七 さ ん ︑ お ま へ. 園. も あ ん ま り 悪 性 で ご ざ ん す ︒ ッ イ 一ト 通 り の 仲 か ひ な ア ︒ 二 人 が 中. に は お 通 と い ふ 子 ま で有 る は い な ア ︒ 口 先 ば か り で ヤ レ 他 の 女 は 見. ﹁イ ヤ ︑ 何 ︑ お 園 が 悪 い 事 は 何 に も な い ︒ 久 し ぶ り で こ ゝ へ. しなが. 此 頃 出 て︑ 人 の客 へ足 を付 ける と は︑ ほ ん に呆 れ て. 向 き も せ ぬ の何 のと 言 ふ てお い て︑ こり や何 でご ざ ん す︒ 又 ︑ お 園. さ ん も やう く. ら︑ 半. 物 が 言 はれ ぬ わ いな ア︒ ﹂ト 涙 ぐ み ︑ 思入 ︒ 半 七 も も ち く. 来 た 故 ︑ そ な た を 呼 び に や つ た ら 居 ぬ と 言 ふ 故 ︑ 一人 リ で 居 て も お. ﹁お ま へ が お 園 さ ん を 庇 護 ふ ほ ど ︑ 尚 腹 が 立 つ は い な ア ︒ ﹂. ﹁三 勝 さ ん ︑ お ま へ が 腹 立 て な さ ん す も ー 尤 じ や が ︑ 又 お ま へ が. い の︒ ﹂三. か し う なし ︑ そ こ で ッイ お園 を 呼 ん だ の じ や︒ アノ 子 に智 は な いわ. 園. 半 七 さ ん に会 ふ てゐ な さ んす が ︑ わ た し や腹 が 立 つは い な ア︒ ﹂ 三. ﹁こり や を か し い ︒ お ま へ は 此 頃 出 な さ ん し た 新 子 の 子 供 衆 ︒ わ た. し は 三年 も 後 か ら 馴 染 ん で ゐ て︑ 互 いめ 見 栄 も 打過 ぎ て︑ 子 中 ま で. ︻十 二 ウ 十 三 オ ︼ ア イ ︑ 半 七 が 女 房 じ や は い な ア ︒ ﹂ 園. ﹁. 有 る 此 三 勝 ︒ 今 で は 人 の 諺 り を も 構 は ゾ こ そ ︑ お 部 屋 へま で も 知 れ て ゐ る︑. アイ ︑許 嫁 の園 でご ざ ん す は いな ア︒ ﹂ 三. ﹁エ ゝ ︑ そ ん な ら お ま へ. そ り や お ま への 手 前 極 め と や ら ︒ わ た し は 親 の許 し た 半 七 さ ん の ︑. 一16一.

(18) ︻十 三 ウ 十 四 オ ︼. が ︒﹂ 園. ﹁ア イ ︑ 許 嫁 の 女 房 で ご ざ ん す は い な ア ︒ ﹂ 半. ﹁イ エ く. ﹁コ レ ー. ︑ 言 ふ ても 大 事 ご ざ ん せ ぬ︒ 今 ま で はと も か く も︑ こ. ︑. そ のや う に 言 ふ て ︑人 が 聞 く と よ う な い︒ ま ア︑ 静 か にし や い のふ ︒ 園. れ か ら は半 七 さ ん は わた し の夫 でござ ん す︒ ま ア︑ そ ふ 思 ふ てく だ. ﹁エ ゝ ︑ 面 倒 な ︒. ﹁イ エ ︑ わ た し が 夫. ︑ 許 嫁 であ ら ふ が ︑ わ た しが 方 には 子 があ. れ ば ︑ わ た し の男 に違 ひは な いは い な ア︒ ﹂ 園. さ ん せ ︒ ﹂ 三 ﹁イ エ く. で ご ざ ん す ︒ お ま へが 構 ふ 事 は ご ざ ん せ ぬ ︒ ﹂ 三. ﹁イ ゝ エ ︑ 半 七 様 は お. ﹁イ ゝ エ ︑ わ た し が ︒ ﹂ ト 両 方 へ 半 七. 半 七 さ ん ︑ わ た し と 一緒 に 来 な さ ん せ ︒ ﹂ 園 屋 敷 へお 連 れ 申 ま す る ︒ ﹂ 三. 一. チ 面 に黒 幕 を 降 り 落 とす ︒ 半 七 を す つほ ん に て消 す と ︑大 きな る牛. を 引き 合 ふ う ち ︑後 ろ の屏 風 の 絵 の丸 太 鳥 居 と 杉 林 ば か り残 り ︑. に なる ︒ 三 勝 ︑ お園 ︑び つく り し て飛 び 退 く 拍 子 に︑両 人 髭 割 れ て. と. に て以 前 の蝶 々舞 ふ ︒. に て 両 人 寄 ろ ふ と し て 牛 に恐 れ た ち く. さ ら け に な り ︑ 白 の 形 に な り ︑ 胸 へ鏡 を 掛 け ︑ 高 足 駄 ︑ 金 槌 を 持 ち. き つと な る ︒ 大 ど ろ く. す る︒ これ に て両 人 を消 す と ︑ や は り と ろ く 後 ろ の黒 幕 を 切 つて落 と す ︒. 本 舞 台 真 中 に九 尺 の宮 ︑ 左 右 狐 格 子 ︑本 縁 側 ︒ こ ゝ にや つし娘 の. に て 道 具 お さ ま る ︒ ト 蝶 々 ︑ 二 人 の 後 ろ へ消 へる ︒ ど う ー. 打. て 酒 に酔 ふ て寝 てゐ る︒ 全 て牛 の御 前 の社 内 の道 具 立 ︒ や はり ど ろ. お 園 寝 てゐ る ︒ 下 の方 に石 の大 牛 ︑ こ れ に三 勝 ︑ 他所 行 き の持 へに. く. 上 る ︒ 本 釣 鐘 の 頭 を 打 つ︒ こ れ に て 心 付 き ︑ 両 人 ﹁夢 で あ つ た か い. な ア ︒ ﹂ 三 ﹁ほ ん に 日 頃 尋 ね な さ ん す 宝 が お 手 に 入 り ︑ 元 の お 身 と. な つ た ら 許 嫁 の あ る そ の 人 に ︑ も し や と 思 ふ 迷 ひ か ら ︒ ﹂ 園 ﹁つ ひ. に 見も せぬ 遊 屋 に︑ 派手 な 芸 者 の身 と な つて︑ 思 ふ お 方 と嬉 し い逢. 瀬 ︒ ﹂ 三 ﹁妬 ま し と 女 子 の あ る ま い浅 ま し い ︒ ﹂ ︻十 三 ウ 十 四 オ ︼. の 羨 ま し く ︑ 心 の 念 が 恐 ろ し い ︒ ﹂ 園 ﹁胸 の 鏡 の 曇 り が ち ︒ ﹂ 三 ﹁. 園 ﹁恪 気 す る 気 は な け れ 共 ︑ さ ぞ 今 頃 は 睦 ま じ う ︒ ﹂ 三 ﹁二 人 添 寝. 一17一.

(19) ︻十 四 ウ 十 五 オ ︼. ﹁恥 ず か し い ︒ ﹂. ﹁あ ら う な ア ︒ ﹂ ト 心 々 の 思 入 ︒ チ ヨ. ﹁夢 と は い へ ど ︒ ﹂ 三. ﹁ど ふ し た も の で ︒ ﹂ 両 人. 晴 れ ぬ は牛 の刻 参 り ︒ ﹂園 園. ﹁そ こ に お 出. ﹁. ﹁わ た く し は 此 牛 の 御 前 様 へ 御. ﹁お ま へ さ ん も 派 手 な 女 中 さ ん ︒ ﹂ 三. ン と 空 へ朧 の 月 出 つ る ︒ こ れ に て 両 人 透 か し 見 て ︑ 三 で の は 女 中 さ ん か へ︒ ﹂ 園. 何 を し て ゐ な さ ん す の じ や へ︒ ﹂ 園. ﹁わ た し や. 文 七 か ら こ ゝ へ来 て ︑ ツ イ と ろ く. 願 が あ つ て 参 り ま し た 者 ︒ シ テ ︑ お ま へ さ ん は へ︒ ﹂ 三. ﹁そ ふ で ご ざ ん し た か ︒ わ た し も 御 願 を こ め な. お 客 が 無 理酒 に︑ 酔 ふて ぷ ら く 寝 た わ いな ア︒ ﹂園. ﹁似 た と 申 せ ぱ ︑ こ れ. ﹁パ テ ︑ 似 た 事 も あ る も の. 透 か し 見 て︑園. が ら︑ こ ゝ で思 はず 寝 た わ い な ア︒ ﹂ 三 じ やな ア︒ ﹂ ト両 人 よ く く. 程 に ︒ ﹂ 三 ﹁ほ ん に ︑ ど ふ や ら 夢 に 見 た ︒ ﹂ ト 両 人 き つ と 見 る ︒ 此. ま へが ︒ ﹂ ト 寄 ろ ふ と す る ︒ 此 時 ル ウ フ ル に て ︑ ﹁竹 や ア ー ︒ ﹂ ト. 時 後 ろ に て 大 勢 の 声 に て ︑ ﹁お 園 さ ん ヤ ア ー イ ︒ ﹂ 園 ﹁そ ん な ら お. 此 声 に驚 き 両人 へ つたり と座 る木 の頭 ︒ こ れ に て月 隠 れ る ︒ 暗 く な. 本舞 台 三 間 の間 ︑真 ん 中 に 入り 口︑ これ に御 料 理 平 清 と 書 き し簾. り し思 入 に て両 人透 かし 見 る を刻 み に て拍 子幕 ︒. を か け︑ 左 右 建 仁寺 垣 ︒ こ ゝに船 頭 伊 之 介 ︑ 刺 身包 丁を 振 り 上 げ ゐ. る︒ これ を 料 理 人豆 久 ︑ 止 め て ゐ る︒ 雁 介 ︑奴 の形 ︑ 酔 う た る持 へ. に て立 か ゝり い る ︒ 鰻 掻 き 彦 介 ︑ 懐 へ抱 き 子 を 入 れ ︑ 干 し 蝶 と 大 き. ︒ ﹂ 伊 之 ﹁い や だ ー. ︒ ﹂. と. 一本 棒 あ ︒ 喰 ら い 酔 つ て ゐ る と 思 つ て よ け. ﹁お の れ ︑ 武 士 の 家 来 を 何 と い. 伊 之 公︑ 不 請 さ つし や い く. な る 鰻 を さ げ 止 め て ゐ る ︒ 流 行 り 唄 へ八 幡 の 大 拍 子 を か む せ 幕 開 く ︒. ﹁ナ ニ ︑ 此. ﹁奴 さ ん も 了 見 す る が い ゝ ︒ ﹂ 雁. 豆 ﹁ま ア く 彦. た す ︒ ﹂伊 之. て お け ば い ゝか と 思 つ て ︑ 俺 が 乗 せ て き た 客 を 毒 づ い て 船 頭 く. や す く す る が ︒ う ぬ ︑ 叩 つ斬 つ て や る ぞ ︒ ﹂ 雁 ﹁う ぬ ︑ 武 士 の 家 来. ﹁か う く. ︑ 折 さ んど ふ し た も. を 斬 る ︒ 面 白 い ︒ わ れ が 斬 れ ば ︑ 俺 の 此 竹 光 で 田 楽 の ︻十 四 ウ 十 五. オ ︼ や う に 突 つ刺 し て や る ぞ ︒ ﹂ 彦. 一18一.

(20) ︻十 五 ウ 十 六 オ ︼. ん だ ︒ 又 伊 之 公 も 大 人 し く ね へ︒ 生 酔 ひ だ は な ︒ ﹂ 伊 之 ﹁お め へ方. が 止 め る に 大 人 し く ね へ や う だ が ︑ こ ん な や つ は 叩 き し め ね へと 癖. に な る は な ︒ ﹂ 雁 ﹁ナ ニ ︑ 癖 に な る も す さ ま じ い ︒ ﹂ ト 立 ち か ゝる ︒. に止 め て雁 介 を逃 がす ︒ 雁 介 ︑ 口小 言 を い ひ なが ら逃 げ て. 々 これ を 知 ら ず ︒ 伊 之 介 は む や み に 雁 介 を く ら は す 故 ︑ 豆 久 と 彦 介. 両 人 止 め る う ち 刺 身 包 丁 の 柄 抜 け て ︑ 身 は 飛 ん で 天 水 桶 へ入 る ︒ 皆. やうく. 向 か ふ へ入 る ︒ 久 ﹁伊 之 さ ん ︑ 傷 で も 受 け ち や ア 悪 り い は な ︒ ﹂ 彦. 心 付 き ︑. ﹁そ. ﹁そ こ ら に あ ら う ︒. ﹁ど こ へ と ん だ 知 ら ん ︒ ﹂. ﹁ほ ん に お ら ア お め へ 方 が 取 つ た と 思 つ た が ︑ 柄. ﹁そ り や ア そ ふ と 包 丁 は ど ふ し た ︒ ﹂ ト こ れ に て み る く 柄 を見 付 け ︑ 伊 之. ﹁困 つ た 事 を し た の ︒ ﹂ 久. ﹁さ. ﹁こ り や ア 里 に と り や. ﹁モ シ ︑ 久 さ ん ︑ 置 い て 行 き や せ う ︒ ﹂ 久. ﹁危 ね へ の ︒ ﹂ 伊 之. が あ る か ら ど こ へか と ん だ と 見 え る ︒ ﹂ 久 彦. 探 させ よ う よ ︒ ﹂彦. ﹁お め へ の 子 か ︒ ﹂ 彦. 一杯 や ら う じ や ア ね へ か ︒ ﹂ 伊 之. ﹁わ た し も ち つ と 待 つ 人 も あ れ ば ︑ お 相 で も い た. ﹁伊 之 さ ん ︑. ふ す る が い 〜︒ ﹂ 伊 之 し た のサ ︒ ﹂ 久. ﹂ と言 ふ ︒捨 て鐘 に て向 か ふ. ﹁サ ア ︑ 来 な せ へ ︒ ﹂ ト 門 の 内 へ 入 る ︒. う し や せう ︒ ﹂ 彦 し やせ う ︒ ﹂ 久. と ︑ 向 か ふ に て 大 勢 ﹁ど ろ ぼ う く. ︑ 天 水 桶 で足 を洗 つて や ろう ︒ ﹂ ト 足 を 入. ﹁ア. ﹁エ ゝ︑ 俺 が 事 じ や ア ね へか ︒. よ り︑ 仁 三 ︑ ど て ら の形 ︑ 草 履 を手 に持 ち駆 け て出 で来 た り ︑舞 台. に て ホ ット 息 を つ き ︑ 透 か し 見 て ︑ 仁. ゝ︑平 清 だ ナ ︒ よ し く. 忌 々し い︒ 逃 げ る と い つて泥 檸 へ入 へ つた︒ ﹂ト 辺 り を 見 て︑. れ て 洗 ふ と て ︑ 件 の 刺 身 包 丁 を 取 り 出 し 見 て ︑ ﹁何 だ ︑ こ り や ︒ 刺. 身 包 丁 だ ナ ︒ 二 三 百 に や ア な る べ い ︒ な る と い へば 此 間 ば ん 河 岸 で. 舟 に 寝 て ゐ た 時 ︑ 放 り こ ん だ 金 財 布 ︒ ち つと の う ち 嬉 し か つ た が ︑. て ︑ 今 に 持 つ て い る が ︑ ど ふ か し て 使 い て へも ん だ ︒ パテ ︑ い ゝ い. 見 り や ア 百 足 よ り ︻十 五 ウ 十 六 オ ︼ 悪 り い が ︑ 何 ぞ に な ら ふ と 思 つ. き かた が 有 り そ ふ な も のだ な ア︒ ﹂ ト 思 入︒ 佃 に なり 此道 具 回 る︒. 一19一.

(21) 本 舞 台 三 間 の間 ︑ 二 重 舞 台 ︒ 正 面 障 子 立 て ・あ り ︑ 上 の 方 四 目 垣 ︑ 下 草 ︑ 振 り よ き 松 ︑ 全 て 平 清 座 敷 の体 ︒ こ ゝ に 娘 お き ん ︑ 道 具 屋 長 ﹁お き ん さ ん ︑. ﹁ハイ ︑ 先 刻 御 家 来. 九 郎 ︑ 酒 を 飲 ん で ゐ る︒ や はり 佃 に て道 具止 ま る ︒ 長 善 右 衛 門 さ ん は お 見 へな さ れ ま せ ぬ か ︒ ﹂ き ん 衆 がお 出 でな さ れ て ︑今 に 行く 程 に座 敷 を開 け てお け と 言 ふ てお 出 ﹁そ れ じ や ア ︑ モ ウ お 出 で な さ ・ る であ ら ふ ︒ ﹂ ﹁ア レ ︑ 善 右 衛 門. ﹁モ ウ 酔 つ て ゐ る 様 子 だ の ︒ ﹂ ト 流. ﹁又 長 酒 で あ ら う ︒ ﹂ ト 向 か ふ を 見 て ︑ き ん. で なさ れ ま し た ︒ ﹂ 長 き ん さ んが お出 で なさ れ ま す ︒ ﹂長. 二. 花 開 く れば 天下 皆 春 なれ や︒. 行 り 唄 に な り︑ 向 か ふ よ り 善 右 衛 門︑ 三勝 ︑ お留 ︑ 雁 介 ︑ 廻し の佐 介 ︑ 長 箱 を 持 ち 出 で ゝ来 た る ︒ 善. ﹁外 の お 客 も あ る に ︑ ﹁こ. ﹁. ﹁イ ヤ. ﹁そ り や 三 勝 さ ん の 気 に 違 ふ た ぞ へ ︒ ﹂ 善. イ ヤ ア ︒ ﹂ ト 謡 ひ を う た ひ ︑ 扇 で 手 を 打 つ︒ 三 気 の毒 ら し い ︒ ﹂ 留. ﹁旦 那 も 三 勝 さ ん に あ つ て は 猫 に 鼠 だ ︒ ﹂ 雁. ﹁何 を 申 ス ︒ サ ア ︑ 参 ら う ︒ ﹂ ト 舞 台 へ 来 る ︒ き ん. れ は閉 口︒ ﹂ 佐 鰹 節 だ ︒ ﹂ 善. ﹁長 九 郎 何 を 盗 ん だ ︒ 油 断 の な ら ぬ 男 じ や ︒ ﹂. こ れ は 善 右 衛 門 様 ︑ あ ま り 待 ち く た び れ ま し た か ら ︑ ち よ つと 盗 み. ﹁さ や う か ︒ た. ﹁こ れ は わ た く し が 粗 相 ︒ お 待 ち か ね 申 て ︑ ち よ つ と お 名 前 で 御. を やり ま し た ︒ ﹂善 長. 酒 を い ただ き ま し て︑ あ り がた う ご ざ り ま す︒ ﹂ 善. ﹁ま た お ま へ ︑ そ ん な け ち な 事 を お 言 い だ ︒ ﹂ ﹁ハ. ︒ ﹂ 善 ﹁長 九 郎 ︑ 何 か 身 ど も に 見 せ る も の が あ る と 申 た が ︑. ﹁又 候 閉 口 ︒ イ ヤ お き ん ︑ 肴 を た く さ ん に 出 し や れ ︒ ﹂ き ん. ん と は な ら ぬ ぞ︒ ﹂ 三 善. イく. ︑ 何 か 身 が 尋 ね て を る 甘 口 な 酒 か ︑ そ ふ か,. ﹁ヘ イ ︑ あ な た が お 尋 ね な さ る 天 国 が ︑ ﹂ ト 言 は ふ と. ﹁コ リ ヤ く. 何 じや ︒ ﹂ 長 す るを ︑ 善. ︑ さ やう でご ざ り ます る︒ ﹂. つ て こ よ う ︒ ﹂ 雁 ﹁下 郎 も 供 部 屋 へ で も 参 ら う ︒ ﹂ 三 ﹁サ ア ︑ 来 な. さ ん せ ︒ ﹂ ト 三 勝 ︑ お 留 ︑ お き ん は 上 の方 ︑ 佐 介 ︑ 雁 助 ︑ 下 の 方 へ. 入 る ︒ 両 人 残 り ︑ 善 ﹁辺 り に 心 を 付 け て 物 を 言 や れ さ ︒ ﹂ 長 ﹁差 合. の 人 で も ご ざ り ま し た か ︒ ﹂ 善 ﹁ア ノ 三 勝 め は 半 七 め に 惚 れ て を れ. ば ︑ き や つが 聞 い て は 面 倒 ︒ ト 言 ふ 訳 は ︑ 天 国 の短 刀 ︑ 菅 家 の 色 紙 ︑. ち 悪 さ に勘 当 ︒ 彼 を 語 ら い奪 は せ し に︑ そ の夜 短 刀 を取 り失 ひ行 方. 身 が殿 より 半 七 が 養 父半 右衛 門 が預 か り ︒ 然 る に実 子 の仁 三 郎 身 持. 知 れ ず︒ 色 紙 は 仁 三 め が 所持 な し行 方 知 れ ず ︒ それ 故 半 右 衛 門 め は. 蟄 居 な し ︑養 子 の半 七 め は 宝 詮議 の た め町 家 の交 は り ︒ そ のう ち 身. が 手 よ り差 し上 げ れ ば 此 身 は 出世 ︑ 遺 恨 あ る半 右衛 門 め は切 腹 ︑ 半. 七 も 智 は逃 れ ぬ︒ さす れ ば 枕 を高 ふ ︑ 三勝 は身 が女 房 ︒ なん と よ い. 塩 梅 で は な いか ︒ ﹂ 長 ﹁誠 に 福 徳 の 三 年 で ご ざ り ま す ︒ ﹂ ト 天 国 の. 短 刀 を 見 せ ︑ ﹁さ や う な ら 約 束 通 り 百 両 で ご ざ り ま す か ︒ ﹂ 善 ﹁承. ︒ これ に金 子 五十 両 所 持 いた せ ど︑ これ は 三 勝 が 手付 け の金 ︒. 明 日金 子 は 渡 し つか はす ま で︑ 天 国 は や は り そ の方 大 切 に︒ ﹂長 ﹁. 知 く. イ ヤ も う 大 金 の 代 物 し つか り と 持 て を り ま す ︒ た と へ三 勝 さ ん が 半. ﹁サ ア ︑ 来 や れ ︒ ﹂ ト 両. 百 両 と いふ 金 が出 来 る気 遣 ひ な し さ︒ ﹂. ﹁前 祝 ひ に ︒ ﹂ 善. ︻十 六 ウ 十 七 オ ︼ 様 子 と い ゝ ︑. ﹁半 七 さ ん が 日 頃 尋 ね し 天 国 の 短 刀 ︒ あ の 品 故. ﹁そ れ も そ う よ ︒ ﹂ 長. 七 に此 事 を 言 は ふ が ︑ な か く 善. 三勝 出 て来 り ︑ 三. 人 上 手 へ入 る ︒. に 日陰 の お 身 ︒ 殊 に 善 右 衛 門 が 話 の. ﹁何 は と も あ れ ︑ 短 刀 の 在 処 知. 買 い求 め る に は 百 両 の 金 ︒ と い ふ て も 当 て は な し ︒ パ テ ︑ ど う し た. も の であ ら うな ア︒ ﹂ ト 思 案 し て︑. ︒ ﹂ ト 帯 に 挟 み し 鏡 袋 よ り 紅 筆 出 だ し 鼻 紙 へ書 き か ・る ︒. る れ ば ︑此 事 を 半 七 さん にお 知 ら せ申 し︑ 会 ふ て の上 で︒ ヲ ゝ︑ そ. う じや く. ﹁ヘ イ く. 独 吟 唄 に な り ︑ 唄 ﹁朧 夜 の 闇 は あ や な し 梅 が 香 に ︑ な ま じ 思 ひ の 増. ︒ ﹂ ト のみ 込ま せる ︒ 長. ト 此 う ち 三 勝 ︑ 天 国 と 聞 い て こ な し あ つ て ︑ 留 = 一階 か ら 人 丸 様 の. 穂 草 ﹂ ﹁ほ ん に 便 り も 知 ら で 此 文 を ︑ 気 は 急 く ま ゝ に書 い て は み た. く. り そ う じ や ︒ お 留 さ ん ︑ 来 な さ ん せ ︒ ﹂ 佐 ﹁わ た し も 箱 を 置 い て 行. 方 を 見 よ う じ や な い か へ︒ ﹂ 三 ﹁そ う し や う ︒ 何 か お 邪 魔 な 話 が あ. 一20一.

(22) ︻十 六 ウ 十 七 オ ︼. が ︑ ど う し て 届 けた も の であ ら う な︒ ﹂ 唄. ﹁筆 の 命 毛 短 く も せ め て. と ば か り 文 の つ て ︑ 心 細 く も 帰 る 雁 が ね ﹂ ト 独 吟 一杯 に 文 を 書 き し. ﹁三 勝 さ ん ︒ ﹂ 三. ﹁久 し く お. ﹁わ た し や ど な た か と. ﹁エ︒ ﹂ ト び つく り す る ︒ 彦. ま い ︑ 封 じ て い る ︒ 彦 助 ︑ 何 心 な く 抱 子 を 抱 き 出 て来 た り ︑ 三 勝 を 見 て ︑彦. 目 に か ゝり ま せ ぬ ︒ 彦 助 で ご ざ り ま す ︒ ﹂ 三. ﹁イ エ ︑ お と な し い お 子 さ ︒ 此 頃. 思 ふ て び つく り し た は い ナ ア︒ よ う 来 な さ ん し た ナ ア︒ お 通 は さ ぞ. わ やく を言 ふ でご ざ ん せ う︒ ﹂ 彦. ﹁イ エ ︑ 此 頃 幸 せ と ︑ 内 へ 余 所 の 娘 子 が よ ん ど こ ろ. ﹁そ れ は お 悪 る ふ ご ざ ん す な ︒ ち や つ と こ ゝ へ 来 や ︒ ﹂ ト 取 つ て. は 内 の も 風 邪 で寝 て お り ま す 故 ︑ 大 き に 御 無 沙 汰 を い た し ま し た ︒ ﹂ 三. 抱 い て ゐる ︒ 彦. な い事 で来 てゐ な さ るが ︑ よ く 馴 染 ん で ゐな さ る のさ ︒ あ まり 久 し. で な さ れ た か ら ︑ ち よ つと お 会 は せ 申 ま す る ︒ ﹂ 三. ﹁よ ふ 連 れ て 来. く お 会 は せ 申 さ ぬ か ら ︑ 今 日 中 裏 へお 連 れ 申 し た 所 ︑ こ ち ら へ お 出. て下 さ ん し た︒ さり なが ら 現 在 の我 が 子 に母 じ や と も い はれ ぬ 身 の. ﹁イ エ モ ゥ ︑ 色 を 商 ふ 芸 者 衆 に 子 ど も が 有 つ て は じ み ま す ︒. ﹁ア ︑ も し ー. ﹁そ ん な ら も う 行 き な さ ん す か ︒ ﹂ 彦. ︒ ﹂ 彦. ﹁ ハイ ︑. ﹁ま た 此 頃 に お. お目 にか ゝれば これ でよ し ︒ ド レ ︑お 連 れ 申 し ま せ う か︒ ﹂ ト 子 を. 上 ︒﹂ 彦. 取 り抱 く ︒ 三. ﹁ア イ ︑ 悼 り な が ら 此 手 紙 を 助 次 さ. 連 れ申 し ま せ う︒ ﹂ ト 行 き か ゝる︒ 三 何 ぞ御 用 で ござ り ま す か ︒ ﹂ 三. ﹁お ま へ ︑ こ れ で お 内 へ 何 ぞ 口 に 合 ふ 物 を 買. ﹁畏 ま り ま し た ︒ ﹂ ト 文 を 取 る ︒ 三 勝 ︑ 鏡 袋 よ り 金. ん の 所 の婆 さ ん に ︑ 急 な 用 ゆ へ半 七 さ ん に 届 け て 下 さ ん せ と 渡 し て 下 さん せ ︒ ﹂彦. を 出 し 紙 に包 ん で︑ 三. ﹁お 頼 み 申 し ま し. ﹁お よ し な さ れ は よ い に ︑ こ れ. ふ て い てあげ て下 さ ん せ ︒ ま た︑ お 目 には か ゝら ぬが 宜 し く申 て下. さ ん せ ︒﹂ ト 渡 す ︒ 彦助 取 つて︑ 彦. は有 難 ふご ざ り ま す ︒ さ や う な ら三 勝 さ ん ︒ ﹂三. 出 て 来 り ︑ 仁 ﹁モ シ ー. ︑ 女中 さん ︑ 三. た そ へ ︒ ﹂ ト 唄 に な り ︑ 彦 助 ︑ 手 紙 を 持 向 か ふ へ入 る ︒. 引 き違 へて仁 三 う そ く. 一21一.

(23) ︻十 七 ウ 十 八 オ ︼. ﹁ア イ ー. ﹁ア イ く. ﹁エ ︒ ﹂ 三. ﹁よ ふ. ︑ 何 方 さ ん で︒ ﹂. ︑ わ つち はち つと お ま へに用 が. ﹁ヤ ア ︑ 仁 三 さ ん か へ ︒ 折 の 悪 い ︒ ﹂ 仁. 勝 さ ん を お 呼 び な す つてお く れ ︒ ﹂ 三 ト 見 て ︑. 来 な さ ん し た ナ ア︒ ﹂仁. あ つ て ︒ ﹂ 三 ﹁話 が あ る な ら こ ゝ は わ た し も 客 先 じ や に よ つ て ︒ ﹂. 仁 ﹁お め へ客 先 か ︒ 俺 ア 幸 先 が 悪 ひ は ︒ い つ て へ俺 を 何 だ と 思 ふ よ ︒. 三 ﹁知 れ た 事 ︒ 半 七 さ ん の お ま へ は 兄 さ ん ︒ ﹂ 仁 ﹁そ れ ︑ 見 た か ︒. ふ 事 ば か り 聞 い て ︑ 俺 が 言 ふ 事 は 聞 か ね へ の か ︒ ﹂ 三 ﹁そ う で は な. 半 七 が 兄 な ら ︑ て め への た め に は 義 理 の あ る お 兄 い 様 だ ︒ 半 七 が 言. い が ︑ 気 が 揉 め て い る 最 中 に ︒ ﹂ 仁 ﹁そ り ア ︑ 俺 ア 知 ら ね へ︒ お 兄. ︑ すう ぐ. と 煙 草 を 喫 ん で ゐ る . 三 ﹁そ ん な. イ様 が 妹 に用 を 言 ふ のだ︒ マア︑ 下 に居 て 聞き やな ︒ 手 間 は 取 ら せ ね へよ ︒ ﹂ ト 下 へ讐. ﹁さ う 素 気 無 く 言 ふ も ん じ や ア ね へ ︒ 落 ち 着. ﹁素 敵 と 光 る の ︒ そ の し の ぎ は 東 屋 の 金. い て聞 い て も ら は に や ア な ら ね へ︒ 話 と 言 ふ は 外 で も ね へが の ︒ ﹂. ら 早く お 言 いな ︒ ﹂ 仁. ト 三勝 が 頭 のも のを 見 て ︑. ﹁い く ら で も よ い わ い な ア ︒ ﹂ ト 立 ふ. ﹁な ん の 浮 気 ら し い ︒ そ ん な 事 す る く ら い. ﹁こ れ さ ︑ さ う ︑ ひ よ こ す か す る と 半 七 に 三 勝 は 色 男 が. 八 か ︒ い く ら で 買 つた ︒ ﹂ 三 と す る︒ 仁. で き た と 言 ふ ぜ へ︒ ﹂ 三. 一両 ︑ 又 弐 両 と 度 々 聞 い. ﹁又 か い な ア ︒ 半 七 さ ん に. ﹁無 い な ら 無 い で い ゝ が ︑ ど う. ぞ 又 ち つ と ば か り 貸 し て く ん ね へ︒ ﹂ 三. な ら今 の苦 労 は せ ぬ は いな ア︒ ﹂仁. つ な が る お ま へ故 ︑ 折 々 の 用 無 心 も ︑ 今 は. て ゐる わ い な ア︒ な ん ぼ可 愛 ひ 男 の 兄 さん じ や と いふ て あん ま り で. ︻十 七 ウ 十 八 オ ︼ ご ざ ん せ う そ へ ︒ ﹂ ト こ れ に て 仁 三 急 に 畏 ま り ︑. と 泣 く 真 似 を し て ︑ 仁 ﹁て め へ に さ う は 言 は れ て 蟻 の 穴 へ. 実 の 妹 で も こ う は な ら ね へと 心 の 内 で は ど ん な に 思 つ て ゐ. でも 入 り た い︒ 半七 が陰 にな り 日 向 に なり 俺 の世 話 を し てく れ る ︒. ぐずく. なか く. ﹁エ ゝ ︑ も う そ の 空 拝 み. る だ ら う ︒ 昼 寝 を す る に も お ぬ し が 方 へ足 を 向 け て は 寝 ね へよ ︒ ﹂. ト こち ら を 向 き ︑ 舌 を出 し笑 つてゐ る︒ 三. ﹂. 一22一.

(24) ﹁か う し て く ん ね へ ︒ お め へ の 前 差 し を 貸 し. は お い てお く れ︒ ﹂ 仁. ﹁半 七 さ ん ︑ よ う 来. ﹁あ ま り よ ふ も あ る ま い ︒ ア ノ 善 右 衛 門 と. て下 さ んし た な ア︒ ﹂半. お ま への酒 も 困 る は いナ ア︒ ﹂ ト 半 七 を見 て︑. し て いる ︒ 三. ﹁エ ゝ︑ 機 嫌 ら し い ︒ そ ん な ど こ. お 楽 し み な事 で︑ お 羨 ま し い 事 で︑ 腹 が立 つて な る事 では. ゝ ゐ な さ ん す ︒ ﹂ 半 ﹁こ れ が 腹 が 立 た い で か い ︒ 人 を 呼 ん で お い て ︑. ﹁文 が き た か ら 来 た の じ や は い の ︒ ﹂ 三 ﹁何 を そ の よ う に 腹 を 立 て. ろ じ やあ る ま いは い な ア︒ 先 刻 文 を あ げた が 届 いた か い な ア︒ ﹂ 半. な い︒ ﹂ ト つん く. 毎 日 ー. て く ん ね へ︒ 俺 に す る と 思 へば 腹 が 立 つ が ︑ 半 七 に や つた と 思 ひ な ︒. ︑ 善右 衛 門 旦 那 が お め へが居. ﹁ア レ ︑ 悪 い 事 を ︒ ﹂ ト 取 り に か ゝ る ︒ 此 時. 満 更 の他 人 でも な し ︒ ど ふ か半 七 に似 て いる だ ら う︒ ﹂ ト 三勝 が前 差 しを 引 つ こ抜 く ︒ 三. 奥 よ り 長 九 郎 出 て ︑ 長 ﹁三 勝 さ ん く ︒ ﹂. ﹁こ り や ア 俺 が 借. ね へと 言 つ て や か ま し い ︒ お 留 さ ん も 困 つ て い る ︒ 来 な せ へ く. こ れ見 よ が し に善 右 衛 門 と 面 白 さ う に酒 を 飲 ん でいく さ る によ つ て. ト 手 を 取 り 引 つ張 る ︒ 仁 三 ︑ 前 差 し を 取 つ て ︑ 仁. ﹁仁 三 さ ん ︑ そ の. ︒ ﹂ 三. ﹁長 九 郎 さ ん ︑ お ま へ に ち つ と 用 が あ る は い な ア ︒ ﹂. さ ん︒ 言 わ い で も知 れ てゐ る 事 な れど ︑初 め て会 ふた は 粂 本 で︑ 屋. 腹 が 立 つの じ や ︒ ﹂ 三 ﹁ま だ そ の や う な 事 を 言 ふ て か い な ア ︑ 半 七. ﹁俺 に 用 も 聞 か う が ︑ ま ア 来 な さ い く. り だ よ ︒ ﹂ 三 長 ︒ ﹂ ト. 敷 衆 一座 の そ の 仲 に ︑ す つ か り と し て こ ふ と う な ︑ と て も 一生 任 す. ﹁ま あ ︑ 来 な よ く. な らあ ゝし たお 方 と 思 へど も︑ ま た な 芸者 の新 子 のわ た し ︑ 言 ひ寄. 前 差 し ば か り は堪 忍 し て下 さ ん せ ︒ ﹂長. い さ ん だ け 損 は し ね へ︒ よ つぼ ど 踏 め る は へ︒ 岡 本 と き め よ ふ ︒ き. 無 理 矢 理 に 引 つ 張 り 奥 へ入 る ︒ 仁 三 見 送 り ︑ 仁 ﹁お 兄 い さ ん ︑ お 兄. る汐 も な か く. 子 では 天 国 の 在処 が 知 れ ︑ そ れ を善 右 衛 門 め が 買 う と言 ふ 相 談 ︒今. 嫌 な お 客 を あ や な し て︑ 好 か ぬ 座 敷 も 浮 か れ 節 ︑ 酒 に 紛 ら せ ︑ 三 味. 浪 人 ︑ な さ れ つ け な い町 家 の 交 は り ︒ そ の ご 苦 労 を さ せ と む な さ ︑. な ア︒ そり やあ ん ま り むご いと いふも の でご ざ ん す︒ 殊 に今 では こ. い ふ ︻十 八 ウ 十 九 オ ︼ 娘 ま で あ る 女 房 の 心 が ︑ お ま へ に 知 れ ぬ か い. に ︑ 恥 つ か し い の が 先 に立 ち ︑ 心 で あ ら ゆ る 神 頼 み ︑. め る と い へ ば 此 酒 と 肴 を そ こ ら へ持 つ て 行 つ て き め よ う は へ︒ ﹂ ト. 念 が 通 つ て 嬉 し い 逢 瀬 ︒ 一度 が 二 度 と 深 ふ な り ︑ 二 人 か 中 に お 通 と. ︑ 三勝 に会 ふた 上 の. 線 の身 は ど ふ な ら う と 構 は ね ど ︑ 愛 し 可 愛 ゆ ひ そ の 人 の こ 難 儀 を 救. 向 か ふ よ り 半 七 ︑ 今 の 文 を 読 み な が ら 出 て 来 た り ︑ 半 ﹁此 文 の 様. 流 行 り 唄 に な り ︑ そ こ に あ る 酒 肴 を 持 て 下 手 へ入 る ︒. 事 ︒ ど う ふ か し て取 り 戻 し た いも の じ や な ア︒ ﹂ ト思 案 し な が ら舞. 宵 中 のう ち 手 に入 る やう にと あ れ ば ︑ マア く. ﹁半 七 さ ん ︑ よ う. ﹁こ れ は お 留 さ ん ︒ 三 勝 は こ つ ち の 家 へ 出. 屋 の 長 九 郎 が 持 て 来 り し 短 刀 は ︑ 天 国 と 聞 く と そ の ま ゝ お ま へ に知. の︑ も し 一つ は 尋 ぬ る 品 の 手 筋 も と 思 ひ し 甲 斐 も 今 日 こ ゝ へ︑ 道 具. ふ 為と ︑ そ れ を 力 に気 に染 ま ぬ善 右 衛 門 が 気 障 聞 い て受 け て いる も. 台 へ来 る ︒ 奥 よ り お 留 出 て 来 り ︑ 半 七 を 見 て ︑ 留. ﹁ア イ ︑ い つ も の. ら せ︑ 会 ふ た 上 に て買 ひ戻 す 金 の 工面 や 何 や か や︑ 相 談 し や う と 思. 来 な さ ん し た な ア︒ ﹂半. てゐ る で は な いか︒ そし て客 は 善 右衛 門 か ︒ ﹂ 留. ﹁ど う そ お 頼 み 申. 無 理 酒 ︒ ま こ と に 困 る は い な ア ︒ お ま へ︑ そ こ に ゐ な さ ん せ ︒ 今 都. ﹁人 の 心 も 知 ら い で 騒 ぎ く さ る 事 は へ ︒ 元 の 茜 半 七 な ら. ﹁ド レ ︑ 呼 ん で あ げ や う か ︒ ﹂ と 奥 へ 入 る ︒ 半 七 こ な し. ふ て こそ ︑ わざ く. 合 し て三勝 さ ん を呼 ん であ き や う は い な ア︒ ﹂半 ま す ︒ ﹂留. 人 も や つたれ ど ︑ そ で も な い怨 み 聞 か ふ と文 は. あ つて ︑半. ︒ そ なた の心 を知 らぬ か な ん ぞ の やう に疑 ふ た は︑ わ し. し な が ら ︑ 半 ﹁三 勝 ︑. やり ま せ ぬ ︒ ほ ん に逆 ね ち の 程が あ る は い な ア︒ ﹂ ト 涙 ぐ み色 々 こ. 謝 つた く. な し あ つて言 ふ︒ 半 七 も塵 を 捻 つても ち く ﹁. 何 に善 右 衛 門 に負 け る も のか ︒ 此 三勝 は 何 を し て ゐ る事 じ や や ら ︒ ほ ん に や る せ は な い は い の︒ ﹂ ト此 う ち 奥 よ り 三勝 出 て来 り ︑ 三. 一23一.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP