フライス盤作業編 はじめに い は の の めの め の と の と 行 い の の め の めの い 平 度 の は の い と 平 度は の の めの い の と ( ) の い い の 合 めの とは い の めの とと い の は と の の い の い の と 平

全文

(1)
(2)

フライス盤作業編

はじめに

い は の の めの め

の と の と

行 い

の の め の

めの い 平 度

は の い と

平 度は の の めの

い の

と ( )の い

い の 合 めの と

は い の めの とと

の は と の

の い の い

の と

(3)

( の )

行 ( の )

( の )

( )

(4)

フライス盤作業編

1  このマニュアルの使い方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーー

1

2  フライス盤作業に求められる技能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2

(1)安全

(2)設備概要

(3)作業に求められる技能

3  実技課題の概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーー

5

(1)課題

(2)課題条件

(3)製作物

4  実技課題に含まれる技能の内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーー

7

(1)実技課題に含まれる技能

(2)必要となる技能

5  課題の実施方法(作業手順)

ー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーー

9

(1)使用工具類・測定具の確認

(2)作業手順

(5)

1

の は の の と

の の ( ) い

の ( ) い は

行 い

の は の の

合 と め

は の 合 の

は い の の と い め の

は と は い と と

の の の は のと

項 目 概 要

2 フライス盤作業に求められる技能 め い

3 実技課題の概要 い の

4 実技課題に含まれる技能の内容 行 の

5 課題の実施方法(作業手順) の とと 行

の と の い

(6)

2

2 作業

い の い

め い

(1)安全

[1] 作業行動

の と は の い

の は 行

の の は め 行

は い

[2]服装等

は い

作業服姿

(2)設備概要

とは 行 めの と 部

平 行 行

の めの

と の ( )

と の

(7)

は 直 の

と 平 の と の

フライス盤

(3)作業に求められる技能

の と

の め と め

[1]バイスの取付け

の の

[2]バイスの精度確認

の 度

部 部の平行度 と 部の

直角度 い 合

[3]材料の固定

の の 部 い と 直 平行

の め

い と め

[4]刃物の取付け

直 は の 平

行 平 直

(8)

4

[5]切削条件

① の

の ( は ) の 度(

は ) は の ( は )

度( )と の め

度( )

( ) ( )( )( )

( め)( )

( )

の ( )

( め)( )

の 合は

② の

の の い め

度 は

合 の は

[6]溝加工

は と い の は の

は い め の の 直 は の

と い い は の

い い 合は 度

と の め の

は 部品の 部 と は

とい の の は

いの 度 合 の め

とは い め いと 度 い

[7]斜面加工

の 部 角度の は ( ) 平

と 直 い い の

角度 め は の と

(9)

実 課題の

3

平 度 の ( ) の

(1)課題

[1]材料

[2]課題図   部品①

60

5

50 1

0

50 050 10

15

0 01

部品②

5

60

16

0

50 10

50 1 01

(2)課題条件

部品①と部品② 部品①と部品② は

禁転載複製

(10)

6

(3)製作物

完成品部品①と部品②

(写真は部品①が右側)

完成品組合せ

(11)

実 課題

4

(1)実技課題に含まれる技能

[1] 必要な工具類がすぐ使用できる状態であることを確認できること

[2] フライス盤を安全確実に操作でき、正面フライス、エンドミルの着脱が確実にできること

[3] 測定具、工具の使い方を熟知していること

[4]溝加工を含め外形加工が図面指示寸法どおりにできること

度は のはめ合い め は い 平行度 直角度

5

60

0

5 0 10

60 5

5 0 1

5 0 1

0

5 0 050 10

15

0 01

1601

部品②とのはめ合い部(平行度と直角度)

部品①

部品①とのはめ合い部(平行度と直角度)

部品②とのはめ合い部(平行度と直角度)

禁転載複製

(12)

8

(2) 必要となる技能

[1] バイスの検査ができ工作物の基準面を正確に固定できること

の 度 合の い と と

と の め の 合

[2] 六面体を平行度と直角度が出るように加工できること

の の 平行度と直角度 と の 直角

め の は の

のと と の

と と と は と

の と の 度 い 合 の

と との の直角度の 度

角 の い と

[3] 基準面を決めバイスの固定側に合わせて通常の山型加工と溝加工ができること

部品①( )と部品②( )の の と の平行度と直角

度 と 部品①( )と部品②( ) はめ合 と

と と

の ( いと の め

と の )

(13)

(1)使用工具類・測定具の確認

と のの

課題の実施方法(作業手順)

5

正面フライス エンドミル キャリパ形内側マイクロメータ

外側マイクロメータ デプスマイクロメータ スコヤ

ダイヤルゲージ ノギス ハイトゲージ

(14)

10

a バイスの精度検査

の の の め 部

【平行度の測定】

バイス固定側にダイヤルゲージの測定子を当てテー ブルを左に移動し、ダイヤルゲージの変化量を確認 する。

の の

の の

の (

)の 部 直 の と

の 合

( )

い 合 の の い の 合 の

(2)作業手順

[1]材料の六面体加工準備

(15)

【垂直度の測定】

バイス固定側にダイヤルゲージの測定子を当てテー ブルを上に移動し、ダイヤルゲージの変化量を確認 する。

の (

)の 部 直 の と

の 合

( )

b 正面フライスの取付け

の 度

(16)

12

c 材料の寸法確認

の の

の の の

の の

d 材料の固定

直 の

の め 部 い 度

(17)

直 平行

直 の め

め と

合 め 直

度 い

(18)

14

角 の

い と

【加工順序】

のと

(部品①)と (部品②)の

の は と

 本項では、1 つの材料をとり上げ、加工手 順を紹介する。

a A面の荒加工

( )

切削工具 正面フライス

(サーメット 5 枚刃 / 径 100mm)

切削速度 100m/min 送り 210mm/min 切込み 2mm

( )

( )の 合

( )

の は

[2]材料の六面体加工

(19)

の 合

の の

b A 面の仕上げ加工

の ( )

( と め

の と め )

切削工具 正面フライス

(サーメット 5 枚刃 / 径 100mm)

切削速度 150m/min 送り 100mm/min 切込み 0.5mm

の の

(20)

16

c A面の手入れ

d B面の荒加工、仕上げ加工

の の

め と と

の の

e D 面の荒加工

の と

f D 面の仕上げ加工 と の

( い )

切削工具 正面フライス

(サーメット 5 枚刃 / 径 100mm)

切削速度 150m/min 送り 100mm/min 切込み 0.5mm

の の

(21)

と の

g C 面の荒加工

の と

h C 面の仕上げ加工 と の

( い )

の の

と の

i E 面の荒加工

の 部

の は の

との直角度 め

は の直角度 は

(22)

18

j E 面の仕上げ加工

の と

k F 面の荒加工

の と

l F 面の仕上げ加工 と の

( い )

の の

と の

m 加工面角部の手入れ

角部 い

部の 行 と

い の

の め い

の の角部は ( い

と ) の の い

n 正面フライスの取外し

の め め

(23)

[3]部品①と部品②のけがき

a 部品①のけがき

部品① の の

の の

の ( )

部 品 ① の の

60 5015

005 010

15 00 1

b 部品②のけがき

部 品 ② の の

60 5

01 0

501

160 1

(24)

20

a 25mm と 10mm 幅谷部荒加工準備

b  幅 25mm 谷部荒加工 部品①の

部品①の突出し量の確認

部の 部品①

( )

切削工具 ラフィングエンドミル

(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 20m/min

送り 手送り

切込み 14.5mm

[4]部品①(凸型)荒加工

(25)

1 5

60 1

基準面B

( )

振動に注意 !!

部品②( )の 部

い 度

切削状態に注意 !!

(26)

22

1 5 基準面B

( )

c 凸型形状の 10mm 幅谷部荒加工

1 5

1

基準面B

( )

部の

(27)

部の

部と 部の

(28)

24

a エンドミルの取付け

b 25mm 幅谷部仕上げ前の加工

( )

切削工具 エンドミル(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 25m/min 送り 0.05mm/ 刃 切込み 14.8mm

( )

部の の

1

1 1

基準面B

1

5

基準面B

[5]部品①(凸型)の25mmと10mm幅谷部仕上げ加工

(29)

( ) の

部の

c 25mm 幅谷部仕上げ加工

部 の

の の 合

切削工具 エンドミル(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 25m/min 送り 0.05mm/ 刃 切込み 14.95mm

1 5

1

基準面B

( )

(30)

26

( )

5

基準面B

1 5

部の

の と

部の

の と

d 10mm 幅谷部仕上げ加工

の の

1 5 10

基準面B

5 0 050 10

(31)

( ) 部

部の の

の は の の

部品 直

e 部品①の加工終了 部品①

部品① い

(32)

28

a 溝部荒加工準備

b 溝部荒加工

部品②の ( )

( )

切削工具 ラフィングエンドミル(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 20m/min

送り 手送り

切込み 15.5mm

の は

部の

( と の

の )

15 5 5

5

基準面B

( ) 部

の 部

[6]部品②(凹型)荒加工

(33)

a 仕上げ加工準備

b 溝部(奥側)仕上げ前の加工

( )

切削工具 エンドミル(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 25m/min 送り 0.05mm/ 刃 切込み 15.5mm

( )

15 5 5 5

5 5

基準面B

( ) 部の

[7]部品②(凹型)仕上げ加工

(34)

30

c 溝部(奥側)仕上げ加工

( )

16 5

5

基準面B

切削工具 エンドミル(4 枚刃 / 径 20mm)

切削速度 25m/min 送り 0.05mm/ 刃 切込み 16mm

( ) 部

部の

の の

d 溝部(手前側)仕上げ前の加工

( )

16 5

5

基準面B

(35)

( ) 部の の

e 溝部(手前側)仕上げ加工

( )

16 50

30 基準面B

( ) 部

の と

(36)

32

f バイス上での精度確認(組付け)

部品②の 部 部品①の 部 と

部品 い ははめ合 部品

い 合は 度 部品②

g 加工面角部の手入れ 部品②

部 い

部の

行 と い

の の い

の の 部は (

は いと )

h 部品②の加工終了

部品② い

(37)

a 加工済み部品の再確認

部品①と部品②の の角部の い

部品①と部品②の の

b 部品のはめ合わせ確認 部品①と部品② はめ合

c 部品の完成

部品①と部品② はめ合 の

[8]精度確認(組付け)

(38)

34

a エンドミルの取外し

の の

の の

b 切り屑の掃除

の部 の め

c バイスの掃除

d フライス盤の停止位置

の は

は の は

( は

い )

e 設備電源の遮断

[9]後片付け

(39)

f 使用工具類の整理整頓

g  作業範囲の清掃

( )

h 照明灯電源の遮断

(40)

3級技能検定の実技試験課題を用いた人材育成マニュアル

平 行

( )

(41)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP