HEADlines 34 (04/15) 日本語版

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Spring 2015 • No. 34

HEADlines

Sound

Scape

HELLA

環境試験所が

認証取得

運転状況の

リアルなシミュレーション

labCOMPACT12 –

コンパクトな

"one-module"

システム

HEAD Recorder 4.0 –

新しいオプション

HEAD VISOR PROBE

音響心理学とサウンドスケープ

今年5月、

“Psychoacoustics and Soundscapes“

(音響心理学とサウンドスケープ)“ セミナーが初めてドイツの アーヘンに近いヘルツォーゲンラート(

Herzogenrath

)で開催されます。

Prof. Dr. Brigitte Schulte-Fortkamp

Prof. Dr. Klaus Genuit

が、音響心理学とサウンドスケープのアプローチが現在の都市で増加している騒音レベル に対してどのように効果的に対処できるかを解説します。またセミナーでは参加者の方々に、音響測定技術の使用 方法や適切な心理音響解析関数の計算方法、サウンドスケープの改善に効果的な手段を導き出すための調査の実 施方法についても説明します。詳細は弊社ウェブサイトをご覧ください。

(2)

HEADlines - Spring 2015

2

ご存知でしたか?

ページ 4

HEAD Recorder 4.0

ページ 5

HEAD acoustics

の技術に基づく、

ISO/IEC 17025

の認定を受けた試験所

ページ 7

labCOMPACT12 –

コンパクトで静かな

„one-module“

システム

ページ 4

AAC 2015 – Call for papers

ページ 8

展示会 & コンファレンス

ページ 8

HEAD VISOR PROBE

ハムノイズの原因を捜し当てる

ページ 6

リラクゼーションの場所としての

サウンドスケープ

Prof. Dr.-Ing. Klaus Genuit

現在、わたしたちは日常的に大き な音、時には耳をつんざくような音 に曝されています。もはや休息する 空間がないほど、しばしば現代社会 の騒音に悩まされます。それどころ か、わたしたちの日常生活は都市 化、産業化、そして現代的なテクノロジーによって形成されたサ ウンドスケープに支配されています。 この音の耐え難い負荷を解消するために、さまざまな規制値を 用いた多くの新しい騒音規制法やガイドラインが制定されてき ました。

German Federal Environmental Agency

(ドイツ連邦 環境庁)によると、ドイツ人の半数以上がいまだに騒音に悩まさ れていると感じており、それらの取り組みの成果は乏しいと評価 せざるを得ません。 静粛性と音響的な快適性に対する人々の根源的な要求につい て、より強化して重点的に取り組むことが必要です。わたしたち の音環境を、知覚的な視点から評価して改善することが緊急を 要する問題になってきました。わたしたち

HEAD acoustics

では、 日常生活のサウンドスケープを改善するために音響心理学と音 質の分野での豊富な経験を活用しながらこの課題に取り組んで います。

運転状況のリアルなシミュレーション

ページ 3

Acoustics Tutorial がダウンロード可能に!

音と振動の理解、分析、評価。これらが

Acoustics Tutorial

の目的であり、わかりやすく実践的な音の例 を用いて音事象の分析・評価について紹介しています。多数のサンプル音を交えつつ音響振動分析 の手法や応用を説明しており、この分野における日常業務のしっかりとした基礎を提供します。お気 軽に当社にご連絡いただき、DVDに収録されているものと全く同じコンテンツをダウ ンロードしてください。下記URLのフォームに入力いただくだけです。音響分析の世界 の発見をお楽しみください。

インフォメーション

www.head-acoustics.de/eng/nvh_acoustics_tutorial.htm

社長挨拶

目次

(3)

車室内騒音の多感覚的な再生のために、

HEAD acoustics

は 新しい「

SoundSeat

」を開発しました。このキャリブレーショ ンされた4チャンネル再生システムにより、空気伝搬する音成 分、さらにハンドルと座席からの振動をリアルに再現するこ とができます。運転状況のインタラクティブでリアルな音響 シミュレーションのための

H3S

シミュレーションシステムと 組み合わせて、車室内騒音は本物のコンテキストの中で提示 されます。このようなシステムにより、試作品を作る前であっ ても、意思決定者や被験者と協議してターゲットとする音を 定義することができます。試作品を製作し、運転体験を評価 するためにテスト走行を実施するという開発プロセスにおけ る労力を大きく軽減し、大幅なコスト削減を可能にします。

SoundSeat

では、実際の車を運転(加速、ブレーキ、ギアチ ェンジ)しているかのように、被験者がそれを操作すること ができます。騒音振動は対応する運転状況(車両速度、回転 速度、エンジン負荷)にマッチした状態で再生されます。イン タラクティブな制御、そして変更された音と音のデザインコ ンセプトの比較再生により、被験者はリアリティーのある全 体的な印象をリアルタイムに受けながら、変更前と変更後の 音を直接比較することができます。 空気伝搬音の成分は、正しくイコライズされたヘッドホンから バイノーラルで再生されます。最適な振動励起のため、加振 機が座席の下とハンドルに取り付けられています。

H3S

シミュ レーションは、アクセルとブレーキ用の高品質なペダル、ギア チェンジのレバーで操作されます。さらに、回転アームの付い たタッチスクリーンが操作コンソールに取り付けられており、 例えば違うノイズへの切り替えといった

H3S

の操作がしやす くなっています。模擬運転の間、

H3S

はハンドルの後方中央 に置かれた大きなスクリーンに現在の回転数と速度の値だけ でなく、視覚的な風景も表示することができます。

SoundSeat

は座席と操作コンソール、そして

19

インチのラ ックで構成されています。コンソールは中央で分かれ、ま たキャスターが付いているため簡単に運ぶことができま す。

19

インチのラック内の電子装置は、機器自体のノイズが リスニングテストを邪魔しないよう静かな部品を使用して います。中央制御装置としての機能を果たすパワフルなコン ピューターは、

H3S

シミュレーション・ソフトウェアの実行に 理想的に適しています。聴覚的に正確なヘッドホン再生を 行なうため、オーディオ信号は

labP2

ユニットから、振動信 号は

labO2

ユニットとアンプから出力されます。

運転状況のリアルなシミュレーション

車室内騒音評価のための新しい SoundSeat

車室内における騒音は振動と相関することが多く、振動は騒音の知覚と判断に直接影響をおよぼします。そのためこの騒 音の知覚的な評価は、被験者に多感覚的な刺激を加える必要がある多次元タスクです。したがってリスニングテストでは、 再生音の正確性だけでなく、心理的・認知的な面の考慮も必要です。音に関連した本物のコンテキストを被験者に提示する ことで、これを実現することができます。

製品のお知らせ

(4)

HEADlines - Spring 2015

4

アプリケーション

...SQuadriga II

で記録されたGPSデータは、

HEAD

SQuadriga II Tools

でダイレクトにデコードし、

ArtemiS

suite

でさらに処理することができます。 • .

..HEAD Updater

の最新バージョン1.3では、標準ユーザ ーアカウントに必要な権限がない場合、管理者がソフトウェ アインストールのための専用ユーザーアカウントを作成でき ます。 •

...HEAD Updater 1.3

では、管理者がコンピューターのす べてのユーザーに対する書き込み禁止設定を保存することが できます。

labCOMPACT12

コンパクトで静かな "one-module" システム

labCOMPACT12

は、

labCTRL

ユニット(

CAN、Pulse、HMS

入力なし)と

labV12

ユニットのベーシックな機能を兼ね 備えた、コンパクトで簡易化された

HEADlab

システムで す。

“one-module“

テクノロジーは多チャンネル分析、特 に家庭やオフィス向け電化製品の開発においてフレキシ ブルかつ手頃な解決策を提供します。labV12ユニットと同 様、

labCOMPACT12

12

チャンネルの

Line/ICP

モジュー ルで、オプションでチャンネルごとにハイパスフィルターを 備えています。センサーは前面にある

D-Sub

コネクター 経由で接続されます。アナログ入力は12チャンネルすべ てで最高サンプリングレート

48 kHz

、もしくは

6

チャン ネルまで

96 kHz

で動作します。持ち運びに便利なこの モジュールは高い位相精度、

24-bit

データ、そして通常

107 dB(A)

SN

比という点で優れています。

HEADlink

イ ンターフェースにより、

HEADlab

モジュールを追加して簡 単にシステムを拡張することができます。カスケード接続 や、お使いの

labCOMPACT12

をSYNCコネクター経由で他 の

HEADlab

システムと同期させることも可能です。

USB

また は

LAN

経由でダイレクトにノート型もしくはデスクトップ

PC

に接続することで、信頼性の高いデータ伝送が保証されま す。あらゆる

HEAD acoustics

のフロントエンドと同様に、こ のモジュールは

HEAD Recorder

ソフトウェアを使って設定、 コントロールすることができます。

製品のお知らせ

(5)

HEAD Recorder 4.0

ワークフロー最適化のための新しいオプション

HEAD Recorderソフトウェアの最新バージョンをご入手いただき、ワークフローを最適化、拡張する重要な新機能をご活用 ください。測定時のワークフローが、Flow Controlブロック(ユーザー・インターフェース用の追加設定オプション)、チャンネ ル・リストやオフライン・フロントエンドの新機能追加によって単純化されました。新バージョンの詳細については、下記の DownloadCenterをご覧ください。

www.head-acoustics.de/eng/nvh_head_recorder_software_download.php.

Flow Controlプログラム内で使用可能なAutomation Project

Flow Control

機能を備えた

HEAD Recorder

では、複雑な測 定手順を簡単に実行することができます。ユーザーはプログ ラミングの知識がなくても、エディターを使って単純または 複雑なプログラム・シーケンスを組み合わせることができ、 そしてボタンをクリックするかイベントによるトリガーで実 行できます。 今回

Flow Control

機能の拡張によって新しいプログラム・ブ ロックが追加され、測定イベントを便利に記録する音声メモ などが可能になりました。しかしさらに重要なことは、お使 いの

Flow Control

に、ユーザーによる操作なしで計測データ を処理するような

Automation Project

を組み込むことが可 能になったことです(上図を参照ください)。

Flow Control

Automation Project

を組み合わせることにより、お持ち のライセンスに応じて多様な可能性の広がりを享受できま す。

ASM 01

では、新規または既存の

Automation Project

ArtemiS

suiteで開き、現在の計測データをこの

Project

す。

ASM 05

は、

Project

を開くことなく既存の

Automation

Project

によって計測データを処理することができます。この 利点は、全過程(レコーディング、処理、結果の出力)が一回 のクリックで実行でき、それ以上の操作の必要がないことで す。ユーザー・インターフェースのカスタマイズ機能によってボ タンを拡張し、一回のクリックで

Flow Control

を再起動する ことができます。 オフライン・フロントエンド機能が新たなフロントエンドにも対応

新しいバージョン4.0では、

“offline front end

(オフライン・ フロントエンド)

機能が

HEADlab

システムに加えて

labV12

DualLink

labSG6

または

labT6

といった新しい

HEADlab

モ ジュールにも対応しています。フロントエンド・ビューでは、 フロントエンドを物理的に接続することなく(プリ)構成でき ます。このように、オフライン・フロントエンドにより、例えば 異なる場所で使用するためのチャンネル・リストの作成や 保存が可能です。後で実際のフロントエンドを接続したとき に、オフラインモードで作成した設定全体をそれに移すこと ができます。 リモート・コントロールに直接リンク コンピュー ターが 近くに置 かれて いな い 測 定 環 境 で は、

HEAD Recorder

をリモートで操作すると便利です。ウェ ブブラウザでレコーダー画面を開き、スマートフォンまたはタ ブレットから操作することができます。ウェブ・インターフェー スを使いやすくするため、新しい

HEAD Recorder

はウェブの

URL

だけでなく、リ モートコントロール・ インターフェースへの リンクを含むQRコー

ソフトウェア・アップデート

(6)

HEADlines - Spring 2015

6

HEAD VISOR PROBE

ハムノイズの原因を捜し当てる

低く続くブーンという音(

drone

)、大きなブンブンという音(

hum

) – 機械によりたびたび引き起こされ放射される低周 波騒音は、不快感の原因となります。機械部品から放射される、時として非常に大きなノイズ成分を効果的に減らすために は、音事象の発生源を特定することが不可欠です。

HEAD VISOR PROBE

は低周波数の空気伝搬音源のローカライズに有用 なツールです。

音響に関するリサーチ

Prof. Dr. Klaus GenuitがINCE-USAの名誉会員に

HEAD acoustics

の最高経営責任者

Prof. Dr. Klaus Genuit

が、米国騒音制御工学会(INCE-USA)の名誉会員に選出さ れました。

INCE-USA

は、環境、製品、機械、工業騒音の改善 のためのエンジニアリング・ソリューションの開発と促進を 目的とした非営利団体です。

インフォメーション

400 Hz

以下の周波数では、音波は

80 cm

以上の波長で放 射されます。遠距離場において、これらの波長はビームフォ ーミング法では正確に分解できず、音源までたどることがで きません。一方、機械にごく近い近距離場での音圧レベル測 定は、音の正確なマッピングを可能にします。これらの分析 手順を手助けするのが

HEAD VISOR PROBE

であり、

HEAD

VISOR

システムの補完としての役割を果たします。

この軽量でフレキシブルなプローブの先端には2つのマイ クロホンがあり、測定者は測定対象物の表面に沿ってプロー ブを動かします。それらは正確な位置と方向とともに、測定 対象物表面から放射されるすべての周波数成分を検出しま す。プローブの位置は

HEAD VISOR (Tool Pack 01)

の3つ

のカメラで自動的にトラッキングされます。この目的のため に、

12

個の

LED

がプローブの先端に取り付けられており、こ れによりシステムはプローブがどの方向を向いていても確 実に音源位置を検出します。埋め込みのプッシュボタンで試 験対象物の各部を測定し、そして全体のイメージを合成する ことができます。 近距離場計測は

HEAD VISOR

ソフトウェアの直感的なワー クフローでダイレクトに評価されます(下図を参照ください) 。

HEAD VISOR PROBE

はこのように、一回のレコーディング で近距離場と遠距離場計測の両方が得られる有益なソリュー ションを提供します。このようにして、放射音に対して

20

Hzか ら

20 kHz

までの周波数帯域全体を評価することができます。

(7)

NVH

試験所に関して、これには例えば

ISO 3744

に準拠し た音響パワー測定、そして顧客特有の規格に基づいた測 定も含まれます。音響測定に加えて、振動試験の分野にお いても数多くの標準化された試験方法が認定されてきまし た。

HELLA

は実施する試験のために、最先端技術のパワフ ルな製品に信頼をおいています。無響室および半無響室(ど ちらもクラス1が完全に保証された部屋)と多数の最新式の 振動制御システムを除き、

HELLA

ArtemiS

suiteの包括的

なソフトウェア・パッケージと、

HEAD acoustics

製品ライン の様々なフロントエンドを運用しています。 音響パワー測定には、

HEADlab

シリーズの

18

チャンネルフ ロントエンドが使用されています。また振動試験には、最大

2

台の

SQuadriga II

フロントエンドが使用されます。モバイ ル録音再生フロントエンドの優れたフレキシビリティによ り、

HELLA

は測定装置を顧客先で操作することもできます。既 存のマイクロホン、加速度計、ダミーヘッド、そしてレーザー計 測システムとの

100

パーセントの互換性が、音響測定と振動 試験のためのパワフルなソリューションを完成させます。 欠くことのできないサポートサービスとして、

HEAD acoustics

ISO/IEC 17025

に準拠した

DKD

校正を提供しています。 測定結果が再現可能であることを確実にするために、これを 受けることがハードウェアにとって必須です。このように検査 された測定システムの精度は、規格の高い要求を順守して いる根拠となります。

NVH

試験所の次の展開ステージとして、

HELLA

はさらなる 測定室を計画しています。特別な壁のコーティングが施され たこの部屋は、特定の温度でのキーキーという音(

squeak

) やラトル音(

rattle noise

)を専門にレコーディングして分析 するために使用されます。

HEAD acoustics

ハードウェアお よびソフトウェア製品の一貫した使用により、それらの測定 の技術的な基礎が得られます

HEAD acoustics

の技術に基づく、認定を受けた試験所

HEAD acoustics

製品に信頼をおく

HELLA

NVH

試験所、最高標準規格

ISO/IEC 17025

の認証取得

サプライヤーとの連携において、自動車メーカーは再現可能で正確な結果を要求します。試験所・校正機関に対する規格 ISO/IEC 17025の順守は、国際的にこの要求を満たしている根拠として欠かせません。このため、HELLA はこの規格の認証を 取得した環境試験所をいくつか所有しています。

(8)

HEAD acoustics GmbH • info@head-acoustics.co.jp • www.head-acoustics.co.jp © Copyright HEAD acoustics GmbH 2015

DAGA 2015 • Nuremberg, Germany; March 16 – 19, 2015

Abstracts NVH:

• Loudness perception and modeling of time-varying sounds; German; Authors: Dr. R. Sottek, T. Moll

• Determination of critical transfer paths in the BTPA; German; Authors: B. Philippen, Dr. R. Sottek

• The application of psychoacoustics in the context of environmental noise assessment; German;

Authors: A. Fiebig, Prof. Dr. K. Genuit

Abstracts Telecom:

• Listening effort vs. speech intelligibility in car environments; Authors: Dr. H.-W. Gierlich, Dr. G. Mauer, J. Reimes

• Instrumental testing of in-car communication systems; Authors: F. Kettler, U. Müsch

• Detection of "silent calls" in emergency call scenarios; Authors: F. Kettler, S. Poschen, R. Serafimov

15. Internationales Stuttgarter Symposium • Stuttgart, Germany; March 17 – 18, 2015

International Conference on Fan Noise • Lyon, France; April 15 – 17, 2015

169

th

Meeting of the ASA • Pittsburgh, Pennsylvania; May 18 – 22, 2015

Abstracts:

• Environmental noise assessment by means of psychoacoustics and its relation to in-situ annoyance

judgments of urban noise; Author: A. Fiebig

• The character of noise and its relation to noise effects; Author: A. Fiebig

• Status of psychoacoustics in noise analysis; Author: Prof. Dr. K. Genuit

• Psychoacoustically-based tonality model for the evaluation of noise with tonal components; Author: Dr. R. Sottek

EuroNoise 2015 • Maastricht, Netherlands; May 31 – June 03, 2015

Abstracts:

• Loudness perception and modeling of impulsive sounds; Authors: Dr. R. Sottek, T. Moll

• Influence of context effects on sound quality assessments; Author: A. Fiebig

SAE 2015 Noise and Vibration Conference and Exhibition • Grand Rapids, Michigan, USA; June 22 – 25, 2015

Abstracts:

• Application of a new perceptually-accurate tonality assessment method; Authors: Dr. R. Sottek, W. Bray

• Parameterizing mount models from in-situ measurements; Authors: B. Philippen, Dr. R. Sottek

inter.noise 2015 • San Francisco, California, USA; August 09 – 12, 2015

Automotive Testing Expo 2015 China • Shanghai, China; September 15 – 17, 2015

170

th

Meeting of the ASA • Jacksonville, USA; November 02 – 06, 2015

Aachen Acoustics Colloquium 2015 • Aachen, Germany; November 23 – 25, 2015

展示会 & コンファレンス

アーヘン音響コロキウム

(Aachener Acoustics Colloquium) 2015 –

論文募集のご案内

今年、第7回となるアーヘン音響コロキウムが、特に工業分 野や音響研究の専門家に向けて開催されます。

2015

4

24

日までに、音質、サウンドデザイン、

NVH

測定、測定技術 解析、エンジン・駆動系・ギアボックスの音響特性、路面-タイ ヤノイズ、数値解析法、マルチ・モダリティと いったテーマについて要旨を投稿してくださ い。コンファレンスは英語とドイツ語で行な われます。

http://www.head-acoustics.de/aac/de/pdf/Call_for_papers_2015.pdf

お知らせ

November 23 – 25, 2015 Pullman Aachen Quellenhof, Germany www.aachen-acoustics-colloquium.com www.aachener-akustik-kolloquium.de Development and Research in

AUTOMOTIVE ACOUSTICS

CALL FOR PAPERS

Updating...

関連した話題 :