• 検索結果がありません。

第7章 中国の知的所有権法制の発展−特許法を中心 として

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "第7章 中国の知的所有権法制の発展−特許法を中心 として"

Copied!
35
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

第7章 中国の知的所有権法制の発展−特許法を中心 として

著者 大来 俊子

権利 Copyrights 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア

経済研究所 / Institute of Developing

Economies, Japan External Trade Organization (IDE‑JETRO) http://www.ide.go.jp

シリーズタイトル 経済協力シリーズ 

シリーズ番号 165

雑誌名 中国の開発と法

ページ 185‑218

発行年 1992

出版者 アジア経済研究所

URL http://doi.org/10.20561/00030641

(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)
(24)
(25)
(26)
(27)
(28)
(29)
(30)
(31)
(32)
(33)
(34)
(35)

参照

関連したドキュメント

本論文の構成は、第 1 章から第 3 章で本論文の背景と問題の所在について考察し、第 4

③本事業中は、プロジェクトマネージャを中心に発注者との打合せを定期的に実施し、納入

本マニュアルに対する著作権と知的所有権は RSUPPORT CO., Ltd.が所有し、この権利は国内の著作 権法と国際著作権条約によって保護されています。したがって RSUPPORT

【名例勅乙 33】諸僧道亡失度牒。還俗。 a〔名例勅甲 58〕 【名例勅乙 34】諸稱川峽者。謂成都府。潼川府。利州夔州路。 a〔名例勅甲

〔注〕

1.はじめに

[r]

てて逃走し、財主追捕して、因りて相い拒捍す。此の如きの類の、事に因縁ある者は