• 検索結果がありません。

財団法人九州環境管理協会

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "財団法人九州環境管理協会"

Copied!
1
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

財団法人九州環境管理協会

代表者 所在地 設立年月日

URL

持田勲

〒813-0004 福岡市東区松香台 1-10-1 1971 年 10 月

http://www.keea.or.jp/index-j.html

 【設立趣旨】

 1971 年に公害防止に寄与する公益法人として発足しました。九 州地域の諸大学と連携して、排水管理および処理、生態系や環境放射 能管理、環境アセスメントとそれに続くモニタリング、環境計画・設 計、文化財保存環境管理、さらに地球温暖化防止や環境科学技術意識 の向上などの分野で技術や経験を深め、九州を中心に産学官の支援を いただいて、われわれの環境・文化財を守る啓発普及および調査研究 を実施しています。

 【沿革】

昭和 45 年 12 月 九州環境管理協会の前身「九州水質分析研究会」発足 昭和 46 年 10 月 九州環境管理協会の設立

平成 15 年 12 月 福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定 平成 17 年 9 月 エコアクション 21 地域事務局認定              

 【活動目的】

 当協会は、地域住民の健康と生活を守り、広く環境の保全と整備並 びに産業の健全な発展に寄与することを目的として活動しています。

主な具体的な活動内容は次のとおりです。

(1)地域の環境保全にかかる普及、啓発活動及び情報提供

(2)環境保全と整備にかかる調査、分析、研究及び計画、設計

(3)環境アセスメント、環境放射能並びに作業環境にかかる調査、 

 分析及び研究

(4)廃棄物の資源化並びに処理の調査、分析及び研究

(5)水道法に基づく飲料水の水質検査及び施設の検査

(6)温泉法に基づく温泉の成分の分析、検査

(7)会誌、書籍等の刊行及び講習会、講演会等の開催

(8)その他温暖化等、環境にかかる調査、研究、普及及び啓発

(9)内外関係機関との連絡及び協力

(10)前記各号のほか本会の目的を達成するために必要な事業

 【活動内容】

●文化財保存環境管理  博物館・美術館・神社等 の室内空気中アンモニア、

ギ酸・酢酸および揮発性有 機化合物等の化学物質調査

(図 1)、文化財害虫に関す る同定や被害把握、IPM 活 動支援(図 2 〜 4)、その 他の文化財劣化要因に関す る調査研究等を行っていま す。九州国立博物館におい ては、室内空気中の化学物 質調査等を行いました。空 気中化学物質の分析手法,

室内空気環境,昆虫分類,

さらに文化財資料の科学分 析に関する調査・研究等を 行っています。その成果は 国内外で学会発表または論 文として広く公開しています。

●文化財資料科学分析  当協会は文化財 資料の科学分析を 行っています。加 速器質量分析法に よる土器付着物や 木製品等の放射性 炭素年代測定(図 5)、EPMA、蛍光 X 線、ICP-MS 法 および GC-MS 法 等による土器や顔 料等の組成分析、

樹種同定、岩種同 定、起源推定のた めの鉛同位体比分 析や炭素・窒素同 位体比分析等を 行っています。実 施事例として、長 崎県鷹島海底遺跡 出土碇の年代測定 等を行いました。

●文化財施設の整 備・計画・環境影 響評価

 文化財 保存整備 計画設計 や、博物 館・美術 館等建設 にともな う環境影 響評価等 を行って います。

事例とし て、鴻臚 館跡覆屋 外整備設

計(福岡市)、九州国立博物館建設にともなう環境影響評価(福岡県)

等を行いました。

 【活動上の課題と今後の展望】

 これまで文化財害虫やカビの防除で使用されてきた臭化メチルを 含む燻蒸剤が禁止され、それにかわる IPM 活動が求められています。

IPM 活動ではたんに文化財を害虫やカビから守ることだけではなく、

長期保存を実現する管理体制を構築することが課題となります。そ のため「文化財保存環境づくり」は緊急性の高い社会的課題との認 識をもっています。今後は、大学、NPO 法人、ボランティア団体等 と協同関係を築き上げることが重要と考えています。

図 1  九州国立博物館における室内空気中化学     物質調査(写真提供:九州国立博物館)

図 2  九州国立博物館屋外での環境調査に関するボラ    ンティア研修支援(写真提供:九州国立博物館)

図 4  文化財害虫の同定と標本作成    (写真提供:九州国立博物館)

図 3  九州国立博物館での昆虫観察に関するボラン    ティア研修支援(写真提供:九州国立博物館)

図 5  放射性炭素年代測定のための加速器質量分析(AMS)装置(写真提供    :Center for Applied Isotope Studies,The University of Georgia)

参照

関連したドキュメント

(第六回~) 一般社団法人 全国清涼飲料連合会 専務理事 小林 富雄 愛知工業大学 経営学部経営学科 教授 清水 きよみ

★ IMOによるスタディ 7 の結果、2050 年時点の荷動量は中位に見積もって 2007 年比約3倍となり、何ら対策を講じなかった場合には、2007 年の CO2 排出量 8.4

「二酸化窒素に係る環境基準について」(昭和 53 年、環境庁告示第 38 号)に規定する方法のう ちオゾンを用いる化学発光法に基づく自動測

添付資料 3.1.2.5 原子炉建屋から大気中への放射性物質の漏えい量について 添付資料 3.1.2.6 解析コード及び解析条件の不確かさの影響評価について.. 目次

(公財) 日本修学旅行協会 (公社) 日本青年会議所 (公社) 日本観光振興協会 (公社) 日本環境教育フォーラム

6月1日 無料 1,984 2,000

条例第108条 知事は、放射性物質を除く元素及び化合物(以下「化学

高尾 陽介 一般財団法人日本海事協会 国際基準部主管 澤本 昴洋 一般財団法人日本海事協会 国際基準部 鈴木 翼