• 検索結果がありません。

今後の難病対策の方向性

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "今後の難病対策の方向性"

Copied!
1
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

53:1282

<シンポジウム(4)-8-2 >今後の難病医療

今後の難病対策の方向性

山本 尚子

1)2) (臨床神経 2013;53:1282) 我が国の難病対策は,昭和 47 年の「難病対策要綱」の策 定により本格的に推進され,すでに 40 年が経過した.その間, 各種の事業に取り組んできた結果,難病の実態把握や治療方 法の開発,難病医療水準の向上,患者の療養環境の改善およ び難病に関する社会的認識の促進に一定の成果をあげてき た.しかしながら,医療の進歩や患者およびその家族のニー ズの多様化,社会・経済状況の変化にともない,①原因の解 明すら未確立の疾患でも研究事業や医療費助成の対象に選定 されていないものがあることなど難病の疾患間で不公平感が あること,②医療費助成について都道府県の超過負担が続い ており,この解消が求められていること,③難病に関する普 及啓発が不十分なこと等により国民の理解が必ずしも十分で ないこと,④難病患者の長期にわたる療養と社会生活を支え る総合的な対策が不十分であることなど様々な課題が指摘さ れている.そのため,もはや個々の事業に若干の手直しを加 える程度では課題の解決が困難であり,難病対策全般にわた る改革が強く求められている状況にある. こうした状況を踏まえ,厚生科学審議会疾病対策部会難病 対策委員会は,今後の難病対策の在り方について一昨年 9 月 より検討をおこない,計 17 回にわたる審議の結果を「難病 対策の改革について(提言)」として本年 1 月に取りまとめ られたところである. 本報告書において提言された難病対策の改革を早急に実現 するには,財源の確保,関係各方面との調整等まだ審議すべ き事項はあるものの,今回,法制化の検討をはじめとした様々 な改革の内容とあわせて,臨床研究の分野における学会との 新たな連携についてもご紹介することとしたい. ※本論文に関連し,開示すべき COI 状態にある企業,組織,団体 はいずれも有りません. Abstract

The prospective program for intractable diseases

Naoko Yamamoto, M.D., M.P.H., Ph.D.

1)2)

1)Health Service Bureau, Ministry of Health, Labour and Welfare 2)Present Address: National Center for Child Health and Development

(Clin Neurol 2013;53:1282)

 

1)厚生労働省健康局〔〒 100-8916 東京都千代田区霞ヶ関 1-2-2〕

2)現 独立行政法人国立成育医療研究センター

参照

関連したドキュメント

4/1 ~ ICU 30.1 万円、 HCU 21.1 万円、 その他 5.2 万円. ※ 療養病床である休止病床は

七,古市町避難訓練の報告会

・難病対策地域協議会の設置に ついて、他自治体等の動向を注 視するとともに、検討を行いま す。.. 施策目標 個別目標 事業内容

本事業は、内航海運業界にとって今後の大きな課題となる地球温暖化対策としての省エ

障害福祉課 王子障害相談係 3908-1359 FAX 3908-5344 赤羽障害相談係 3903-4161 FAX 3903-0991 東京都保健政策部疾病対策課難病認定担当.

→ 震災対策編 第2部 施策ごとの具体的計画 第9章 避難者対策【予防対策】(p272~). 2

ポンプ1 共沈 タンク 供給 タンク.

2011 年度予算案について、難病の研究予算 100 億円を維持したの