薬生薬審発 第 3 号 平成 3 0 年 7 月 1 9 日 各都道府県衛生主管部 ( 局 ) 長殿 厚生労働省医薬 生活衛生局医薬品審査管理課長 ( 公印省略 ) 医薬品の残留溶媒ガイドラインの改正について 新医薬品の製造又は輸入の承認申請に際して検討される医薬品中の残留溶媒の規格及び

全文

(1)

薬 生 薬 審 発 0 7 1 9 第 3 号 平 成 3 0 年 7 月 1 9 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 ・ 生 活 衛 生 局 医 薬 品 審 査 管 理 課 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン の 改 正 に つ い て 新 医 薬 品 の 製 造 又 は 輸 入 の 承 認 申 請 に 際 し て 検 討 さ れ る 医 薬 品 中 の 残 留 溶 媒 の 規 格 及 び 試 験 方 法 上 の 取 扱 い に 関 し て は 、 平 成 10 年 3 月 30 日 付 医 薬 審 第 307 号 医 薬 安 全 局 審 査 管 理 課 長 通 知「 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン に つ い て 」に よ り 定 め ら れ て い る と こ ろ で す が 、 今 般 、 日 米 EU 医 薬 品 規 制 調 和 国 際 会 議 (以 下 、 「 ICH」 と い う 。 ) に お い て 、 ト リ エ チ ル ア ミ ン 及 び メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン の Permitted Daily Exposure (PDE 値 ) に つ い て 別 紙 の と お り 合 意 さ れ た こ と か ら 、 「 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン に つ い て 」 の 一 部 を 下 記 の と お り 改 め 、 2019 年 8 月 1 日 以 降 に 申 請 さ れ る 新 医 薬 品 に 対 し 適 用 す る こ と と す る の で 、ご 了 知 の 上 、貴 管 下 関 係 業 者 に 対 し 周 知 徹 底 方 ご 配 慮 お 願 い い た し ま す 。 な お 、本 通 知 の 写 し を 日 本 製 薬 団 体 連 合 会 会 長 ほ か 、関 連 団 体 の 長 あ て に 発 出 し て い る こ と を 申 し 添 え ま す 。 記 上 記 通 知「 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン に つ い て 」の 別 紙「 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン 」 に つ い て 以 下 の よ う に 改 め る 。 1. 表 2.「 | メ チ ル シ ク ロ ヘ キ サ ン | 11.8| 1180| 」の 次 に「 | メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン | 45| 4500」 を 加 え る 。 2. 表 3. 「 メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン 」 を 削 る 。 3. 表 3. 「 酢 酸 プ ロ ピ ル 」 の 次 に 「 ト リ エ チ ル ア ミ ン 」 を 加 え る 。

(2)

パ ー ト 5:

不 純 物 : 残 留 溶 媒 ( メ ン テ ナ ン ス )

ト リ エ チ ル ア ミ ン 及 び メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン の PDE

ICH 調 和 化 ガ イ ド ラ イ ン

ト リ エ チ ル ア ミ ン

は じ め に ト リ エ チ ル ア ミ ン( TEA)は 、化 学 合 成 に お い て 触 媒 作 用 を 有 す る 溶 媒 と し て 使 用 さ れ て い る (1、 2)。 こ の 物 質 は 無 色 の 液 体 で 、 水 、 エ タ ノ ー ル 、 四 塩 化 炭 素 及 び エ チ ル エ ー テ ル に 可 溶 で あ り 、ア セ ト ン 、ベ ン ゼ ン 及 び ク ロ ロ ホ ル ム に 極 め て 高 い 溶 解 性 を 示 す 。 TEA の 蒸 気 圧 (20°C) は 、 54 mmHg で 、 強 い ア ン モ ニ ア 臭 を 有 し 、 肺 と 鼻 腔 を 刺 激 す る こ と が 報 告 さ れ て い る (2、 3)。 ヒ ト を 用 い た 試 験 デ ー タ に よ る と TEA は 、 経 口 ま た は 吸 入 経 路 に よ っ て 容 易 に 吸 収 さ れ 、 主 に 尿 中 に 未 変 化 体 及 び /ま た は N-Oxide 体 と し て 速 や か に 排 泄 さ れ る (4-6)。 ヒ ト ボ ラ ン テ ィ ア に お け る 試 験 で は 、 2.5 ppm (10 mg/m3)を 超 え る 曝 露 濃 度 で は 、 局 所 作 用 に よ る 角 膜 の 腫 脹 に よ っ て 一 過 性 の 視 覚 障 害 (4、7) を 引 き 起 こ し た 。角 膜 に 影 響 を 及 ぼ す 曝 露 濃 度 で は 、全 身 性 の 影 響 が 認 め ら れ な か っ た 。臭 気 の 閾 値 は 、0.0022~ 0.48 mg/m3で あ っ た (8-10)。 遺 伝 毒 性 Ames 試 験 で は 、標 準 的 な サ ル モ ネ ラ 菌 株 に 対 し て 代 謝 活 性 化 存 在 下 及 び 非 存 在 下 の い ず れ の 条 件 で も 、 変 異 原 性 を 示 さ な か っ た (11)。 チ ャ イ ニ ー ズ ハ ム ス タ ー 卵 巣 細 胞 に お い て 、 代 謝 活 性 化 存 在 下 及 び 非 存 在 下 の い ず れ の 条 件 で も 姉 妹 染 色 分 体 交 換 を 誘 発 し な か っ た (12)。 In vivo 試 験 に お い て は 、 ラ ッ ト に 30 日 ま た は 90 日 間 TEA を 1 mg/m3 (0.25 ppm)及 び 10 mg/m3 (2.5 ppm) 連 続 吸 入 曝 露 し た 後 の 骨 髄 に お い て 、 異 数 性 の 誘 発 を 認 め た が 染 色 体 構 造 異 常 の 誘 発 は 認 め ら れ な か っ た (13)。 こ の 弱 い 異 数 性 誘 発 性 の 影 響 は 低 濃 度 か つ 曝 露 早 期 の み に 認 め ら れ た が 、 試 験 に 不 備 が あ る た め こ の 所 見 の 妥 当 性 は 非 常 に 疑 わ し い 。 全 体 と し て 、 利 用 可 能 な デ ー タ か ら は TEA に 遺 伝 毒 性 が あ る と い う 証 拠 は 認 め ら れ な い 。 が ん 原 性 試 験 報 告 は な い 。

別 紙

(3)

生 殖 毒 性 生 殖 毒 性 に つ い て の 信 頼 で き る 情 報 は な い 。TEA を 0、2 及 び 200 ppm( 約 0、0.14 及 び 14 mg/kg/day) の 用 量 で ラ ッ ト (10 匹 /性 /群 )に 飲 水 投 与 し た 3 世 代 生 殖 試 験 は 、 米 国 環 境 保 護 局 ( US EPA) の 統 合 リ ス ク 情 報 シ ス テ ム の 評 価 レ ビ ュ ー に 引 用 さ れ た (14)。 こ の 試 験 で は 、高 濃 度 で 症 状 が 観 察 さ れ な か っ た た め 、第 三 世 代 で は 高 用 量 群 の 濃 度 を 500 ppm に 増 加 し た 。 200 ppm 群 で は 二 世 代 に 渡 っ て 明 白 な 影 響 は 認 め ら れ な か っ た 。 し か し 、 測 定 し た エ ン ド ポ イ ン ト が 不 足 し て お り 、 こ の 試 験 デ ー タ は 一 日 許 容 摂 取 量 ( PDE) の 算 定 に 利 用 さ れ な か っ た 。 反 復 投 与 毒 性 ラ ッ ト を 用 い た 亜 慢 性 吸 入 毒 性 試 験 ( OECD TG 413 及 び 452 と 同 様 ) は 、 PDE を 算 出 す る う え で 最 も 信 頼 性 の 高 い 公 表 さ れ た 動 物 実 験 で あ る と 考 え ら れ る 。 こ の 試 験 で は 、 F344 ラ ッ ト ( 50 匹 /群 /性 ) に 気 中 濃 度 と し て 0、 25 及 び 247 ppm( 0、 0.10 及 び 1.02 mg/L)、1 日 6 時 間 、週 5 日 で 28 週 間 全 身 吸 入 曝 露 し た (15)。被 験 物 質 投 与 に 関 連 し た 統 計 学 的 に 有 意 な 全 身 影 響 は 、全 て の 用 量 群 に 認 め ら れ な か っ た 。雄 ラ ッ ト に 用 量 依 存 性 の あ る わ ず か な 体 重 減 少 が 観 察 さ れ た が 、 体 重 増 加 率 は 統 計 学 的 に 有 意 な 影 響 で は な か っ た 。 こ の 試 験 の 無 影 響 量 ( NOEL) は 、 247 ppm で あ っ た 。 TEA の 分 子 量 : 101.19 g/mol NOEL: 247 ppm mg/L 022 . 1 mg/m³ 1022.2 = 24.45 101.19 x 247 = ppm 247  mg/L 0.183 = 7 x 24 5 x 6 x 1.022 = 連続曝露濃度 mg/kg/day 124.9 = kg 0.425 day L 290 x L 0.183mg = -1 -1 一日曝露量 ラットの呼吸気量: 290 L day-1 ラット体重: 0.425 kg mg/day 62.5 = 1 x 1 x 2 x 10 x 5 50 x 124.9 = PDE

(4)

F1 = ラットからヒトへの外挿を行う係数 5 F2 = 個人差を考慮した係数 10 F3 = 投与期間(28 週間)の補正係数 2 F4 = 重篤な影響が認められていないため 1 F5 = NOEL が設定されているため 1 ppm 6250 = 10 1000 x 62.5 = 許容濃度値 そ の 他 の 公 表 さ れ た 動 物 を 用 い た 毒 性 試 験 デ ー タ は 、 明 ら か な 試 験 の 不 備 の た め PDE 算 出 に 用 い な か っ た 。 結 論

ラ ッ ト の 亜 慢 性 吸 入 投 与 試 験 の NOEL に 基 づ い て TEA の PDE は 、62.5 mg/day と 計 算 さ れ る 。 提 案 さ れ た PDE は 、 50 mg/day よ り 大 き い こ と か ら 、 TEA は 、 ICH Q3C ガ イ ド ラ イ ン「 医 薬 品 の 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン 」中 の 表 3 の ク ラ ス 3( 低 毒 性 の 溶 媒 )に 分 類 す る こ と が 推 奨 さ れ る 。

参考文献

1. Lide, D.R. CRC Handbook of Chemistry and Physics 86TH Edition 2005-2006. CRC Press, Taylor & Francis, Boca Raton, FL 2005, p. 3-498.

2. Lewis, R.J. Sr.; Hawley's Condensed Chemical Dictionary 14th Edition. John Wiley & Sons, Inc. New York, NY 2001., p. 1125.

3. OECD SIDS Initial Assessment Profile: Tertiary Amines. CoCAM 2, 17/04/2012, assessed. (available from the OECD Existing Chemicals Database) (http://webnet.oecd.org/hpv/ui/Default.aspx).

4. Akesson, B., Skerfving S. and Mattiasson L. (1988). Experimental study on the metabolism of triethylamine in man. Br. J. Ind. Med. 45: 262-268.

5. Akesson, B., Vinge E. and Skerfving S. (1989). Pharmacokinetics of triethylamine and triethylamine-N-oxide in man. Toxicol. Appl. Pharmacol. 100: 529-538.

6. Akesson, B., Skerfving S., Stahlbom B. and Lundh T. (1989). Metabolism of triethylamine in polyurethane foam manufacturing workers. Am. J. Ind. Med. 16: 255-265.

7. Akesson, B., Floren, I. and Skerfving S. (1985). Visual disturbances after experimental human exposure to triethylamine. Br. J. Ind. Med. 42: 848-850.

8. Amoore, J.E. and E. Hautala (1983). Odor as an aid to chemical safety: Odor thresholds compared with threshold limit values and volatilities for 214 industrial chemicals in air and water dilution. J. Appl. Toxicol. 3:272-290.

(5)

9. Ruth, J.H. (1986). Odor thresholds and irritation levels of several chemical substances: A review. Am. Ind. Hyg. Assoc. J. 47: A142-A151.

10. Nagata, Y. (2003). Measurement of odor threshold by triangle odor bag method. In: The Ministry of the Environment of Japan (2003): Odor measurement review, Booklet of international workshop on odor measurement, 118-127.

11. Zeiger E. et al. (1987). Salmonella mutagenicity tests: III. Results from the testing of 255 chemicals. Environ. Mutagen. 9: 1-110.

12. Sorsa M. et al. (1988). Biological and environmental monitoring of occupational exposure to cyclophosphamide in industry and hospitals. Mut. Res. 204: 465-479.

13. Isakova, GE. Ekshtat, B.Y. and Kerkis Y.Y. (1971). On studies of the mutagenic properties of chemical substances in the establishment of hygenic standards. Hygiene Saint. 36: 178-184. 14. U.S EPA Integrated Risk Information System: Triethylamine (CASRN 121-44-8) (Last revised at

04/01/1991) (http://www.epa.gov/iris/subst/0520.htm)

15. Lynch, D.W., Moorman, W.J. Lewis, T.R., Stober, P., Hamlin, R. and Schueler, R.L. (1990). Subchronic inhalation of triethylamine vapor in Fischer 344 rats: Organ system toxicity. Toxicol. Ind. Health. 6: 403-414.

(6)

メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン

は じ め に

メ チ ル イ ソ ブ チ ル ケ ト ン (MIBK) は 、 当 時 利 用 可 能 で あ っ た 毒 性 デ ー タ の レ ビ ュ ー に よ り PDE が 100 mg/day と 設 定 さ れ た こ と に 基 づ き 、 1997 年 に ICH Q3C ガ イ ド ラ イ ン に ク ラ ス 3、す な わ ち 低 毒 性 の 溶 媒 、と し て 収 載 さ れ て い た (1)。専 門 家 作 業 部 会 は 、 米 国 国 家 毒 性 計 画 (NTP) に よ る ラ ッ ト 及 び マ ウ ス を 用 い た 2 年 間 の 吸 入 曝 露 発 が ん 性 試 験 及 び 公 表 さ れ た 生 殖 発 生 毒 性 試 験 を 含 む 新 し い 毒 性 デ ー タ に 基 づ き MIBK の PDE を 再 評 価 し た 。 遺 伝 毒 性 1997 年 に 最 後 の 評 価 が 実 施 さ れ て 以 来 、 遺 伝 毒 性 に つ い て の 追 加 情 報 は 報 告 さ れ て い な い 。 利 用 可 能 な デ ー タ は 、 MIBK は 遺 伝 毒 性 が な い こ と を 示 唆 し て い る 。 が ん 原 性 MIBK は 、 NTP に よ っ て ラ ッ ト 及 び マ ウ ス を 用 い た 2 年 間 の 吸 入 曝 露 試 験 が 実 施 さ れ て い る 。 F344/N ラ ッ ト 及 び B6C3F1 マ ウ ス ( 各 50 匹 /性 /群 ) に 、 0、 450、 900 及 び 1800 ppm の MIBK 気 中 濃 度 を 1 日 6 時 間 、 週 5 日 で 2 年 間 曝 露 し た 。 生 存 率 は 、 雄 ラ ッ ト の 1800 ppm 群 で 低 下 し た (4)。体 重 増 加 は 、雄 ラ ッ ト の 900 及 び 1800 ppm 群 及 び 雌 マ ウ ス の 1800 ppm 群 で 低 下 し た 。 MIBK の 一 般 毒 性 と 発 が ん 性 に 関 す る 主 要 な 標 的 は 、ラ ッ ト で は 腎 臓 で あ り 、マ ウ ス で は 肝 臓 で あ っ た 。NTP テ ク ニ カ ル レ ポ ー ト は 、ラ ッ ト 及 び マ ウ ス に 対 し て MIBK に は い く ら か の 発 が ん 性 の 証 拠 が あ る と 結 論 し た (4、 5)。 こ れ ら の NTP デ ー タ に 基 づ き 、 IARC は MIBK を グ ル ー プ 2B 発 が ん 物 質「 ヒ ト に 対 し て 発 が ん 性 の 可 能 性 が あ る 」 に 分 類 し た (6)。 ラ ッ ト の NTP 試 験 で は 、MIBK は 高 用 量 群 の 雄 に お い て 、慢 性 進 行 性 腎 症( CPN)の 増 加 を 引 き 起 こ し 、尿 細 管 腺 腫 お よ び 尿 細 管 癌 の 発 現 を 僅 か に 増 加 さ せ た 。さ ら な る 機 構 研 究 に よ り 、雄 ラ ッ ト で 認 め ら れ た 尿 細 管 腫 瘍 は 、よ く 知 ら れ て い る 雄 ラ ッ ト 特 有 の α2u-腎 症 を 介 し た 作 用 に よ る 可 能 性 が 高 い こ と が 明 確 と な り 、ヒ ト に お け る 関 連 性 は な い と 考 え ら れ る (7)。 ま た 、 雌 ラ ッ ト に お け る CPN の 悪 化 ( 全 投 与 群 に お け る 発 現 率 及 び 1800 ppm 群 に お け る 重 篤 度 の 増 加 )が 認 め ら れ 、こ の 所 見 の ヒ ト に お け る 関 連 性 は 今 の と こ ろ 不 明 で あ る 。1800 ppm 群 の 雄 ラ ッ ト に お け る 単 核 細 胞 白 血 病 の 増 加 及 び 、 1800 ppm 群 の 雌 ラ ッ ト に 2 例 の 腎 間 葉 系 腫 瘍( 極 め て 稀 な 腫 瘍 で NTP の 背 景 デ ー タ は な い ) は 、 MIBK 曝 露 と の 関 連 性 が 不 明 な 所 見 で あ っ た (5)。

(7)

MIBK の ラ ッ ト の 発 が ん 性 試 験 の 結 果 か ら 、 PDE は 2 つ の 異 な る シ ナ リ オ に 基 づ い て 計 算 さ れ る 。 (i) 雌 雄 ラ ッ ト に み ら れ た 腫 瘍 は 、投 与 に 関 連 す る も の で も 、ヒ ト に 関 連 す る も の で も な い こ と か ら 、最 低 用 量 (LOEL= 450 ppm) で 認 め ら れ た 雌 ラ ッ ト の CPN を PDE の 算 出 に 用 い る 。 ま た は 、 (ii)1800 ppm 群 の ラ ッ ト で み ら れ た 雄 の 腫 瘍( 単 核 細 胞 白 血 病 )や 雌 の 腫 瘍( 腎 間 葉 系 腫 瘍 )の MIBK 曝 露 と の 関 連 性 や 、ヒ ト に お け る 関 連 性 は 排 除 で き な い の で 、腫 瘍 形 成 の NOAEL で あ る 900 ppm を PDE の 算 出 に 用 い る 。 MIBK の 分 子 量 : 100.16 g/mol シ ナ リ オ 1: LOEL ( CP N ) 450 ppm( ラ ッ ト ) mg/L 843 . 1 mg/m³ 1843 = 24.45 100.16 x 450 = ppm 450  mg/L 0.329 = 7 x 24 5 x 6 x 1.843 = 連続曝露濃度 mg/kg/day 225 = kg 0.425 day L 290 x L mg 0.329 = -1 -1 一日曝露量 ラットの呼吸気量: 290 L day-1 ラット体重: 0.425 kg mg/day 45 = 5 x 1 x 1 x 10 x 5 50 x 225 = PDE F1 = ラットからヒトへの外挿を行う係数 5 F2 = 個人差を考慮した係数 10 F3 = 長期の試験期間(2 年間)により係数 1 F4 = ヒトに対して不明瞭な関連性を持つ影響の低重篤度(雌の CPN)1 F5 = CPN の NOEL が設定できなかったため 5

(8)

ppm 4500 = 10 1000 x 45 = 濃度限界値 シ ナ リ オ 2: NOEL (腫 瘍) 900 ppm( ラ ッ ト ) mg/L 687 . 3 mg/m³ 3687 = 24.45 100.16 x 900 = ppm 900  mg/L 0.658 = 7 x 24 5 x 6 x 3.687 = 連続曝露濃度 mg/kg/day 449 = kg 0.425 day L 290 x L mg 0.658 = -1 -1 一日曝露量 ラットの呼吸気量: 290 L day-1 ラット体重: 0.425 kg mg/day 44.9 = 1 x 10 x 1 x 10 x 5 50 x 449 = PDE F1 = ラットからヒトへの外挿を行う係数 5 F2 = 個人差を考慮した係数 10 F3 = 長期の試験期間(2 年間)により係数 1 F4 = エンドポイントの重篤度(発がん)10 F5 = NOEL が設定されているため 1 ppm 4490 = 10 1000 x 44.9 = 許容濃度値 マウスの試験では、MIBK は 1800 ppm の雌雄両群で肝細胞腺腫と、腺腫または肝細胞癌の(合 算した)発生率を増加させた。さらなる機構研究から、これらのマウス肝腫瘍については構成的 アンドロスタン受容体(CAR)が媒介する作用機序(MOA)が明らかである (8)。この作用機序 はヒトへの関連性がない (9) ので、マウスの 2 年間試験のデータに基づく PDE の算出はなされな かった。

(9)

生 殖 及 び 発 生 毒 性 発 生 毒 性 試 験 で は 、妊 娠 F-344 ラ ッ ト に 気 中 濃 度 と し て 0、300、1000 及 び 3000 ppm の MIBK を 1 日 6 時 間 で 、 妊 娠 6~ 15 日 に 吸 入 曝 露 し た 。 3000 ppm 群 で 認 め ら れ た 胎 児 毒 性 ( 体 重 の 低 下 及 び 骨 格 骨 化 の 減 少 ) は 母 体 毒 性 の 二 次 影 響 と 考 え ら れ た 。 1000 ppm 群 で は 、 母 体 、 胚 及 び 胎 児 に 対 し て 如 何 な る 毒 性 も 認 め ら れ な か っ た (2)。 二 世 代 生 殖 試 験 に お い て は 、SD ラ ッ ト に 気 中 濃 度 と し て 0、500、1000 及 び 2000 ppm の MIBK を 1 日 6 時 間 で 、 F0 世 代 の 交 配 前 の 期 間 を 含 む 70 日 間 か ら F2 世 代 の 授 乳 期 間 ま で 全 身 吸 入 曝 露 し た 。生 殖 毒 性 に 対 す る NOEL は 最 高 曝 露 群 で あ る 2000 ppm で あ り 、 新 生 児 に 対 す る 毒 性 の NOEL は 急 性 の 中 枢 神 経 系 の 抑 制 性 の 影 響 に 基 づ い て 1000 ppm と 判 断 し た (3)。 結 論

こ れ ま で の MIBK の PDE は 50 mg/day よ り 大 き い( 100 mg/day)こ と か ら 、ク ラ ス 3 の 溶 媒 と し て 分 類 さ れ て い た 。新 し く 算 出 さ れ た MIBK の PDE は 、NTP の 2 年 間 の 吸 入 曝 露 試 験 に お け る 雌 雄 ラ ッ ト の 腫 瘍 の NOEL お よ び 雌 ラ ッ ト の 慢 性 進 行 性 腎 症 の LOEL に 基 づ い て 45 mg/day と な る 。 し た が っ て 、 MIBK は 、 ICH 不 純 物 : 残 留 溶 媒 ガ イ ド ラ イ ン の 表 2 に 示 さ れ る ク ラ ス 2 と し て 分 類 す る こ と が 推 奨 さ れ る 。

参考文献

1. Connelly JC, Hasegawa R, McArdle JV, Tucker ML. ICH Guideline Residual Solvents. Pharmeuropa 1997;Suppl 9:57.

2. Tyl RW, France KA, Fisher LC, Pritts IM, Tyler TR, Phillips RD, et al. Developmental toxicity evaluation of inhaled methyl isbutyl ketone in Fisher 344 rats and CD-1 Mice. Fundam Appl Toxicol 1987;8:310 -27.

3. Nemec MD, Pitt JA, Topping DC, Gingell R, Pavkov KL, Rauckman EJ, et al. Inhalation two-generation reproductive toxicity study of methyl isobutyl ketone in rats. Int J Toxicol 2004;23:127 -43.

4. NTP. Toxicology and Carcinogenes is Studies of Methyl Isobutyl Ketone (CAS No. 108-10-1) in F344/N Rats and B6C3F1 Mice (Inhalation Studies). US Department of Health and Human Services, Public Health Service, National Institutes of Health; Research Triangle Park, NC: 2007. Technical Repor t Series No. 538.

5. Stout MD, Herbert RA, Kissling GE, Suarez F, Roycroft JH, Chhabra RS et al. Toxicity and carcinogenicity of methyl isobutyl ketone in F344N rats and

(10)

6. IARC. Some Chemicals Present in Industrial and Consumer Products, Food and Drinking-water. IARC Monographs 2012;101:305 -24.

7. Borghoff SJ, Poet TS, Green S, Davis J, Hughes B, Mensing T, et al. Methyl isobutyl ketone exposure-related increases in specific measures of α2u-globulin (α2u) nephropathy in male rats along with in vitro evidence of reversible protein binding. Toxicology 2015;333:1-13.

8. Hughes BJ, Thomas J, Lynch AM, Borghoff SJ, Green S, Mensing T, et al. Methyl isobutyl ketone-induced hepatocellular carcinogenesis in B6C3F(1) mice: A constitutive androstane receptor (Car) -mediated mode of action. Regul Toxicol Pharmacol. 2016;doi:10.1016/j.yrtph.2016.09.024. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 27664318.

9. Elcombe CR, Peffer RC, Wolf DC, Bailey J, Bars R, Bell D, et al. Mode of action and human relevance analysis for nuclear receptor -mediated liver toxicity: A case study with phenobarbital as a model constitutive androstane receptor (CAR) activator. Crit Rev Toxicol 2014;44:64 -82.

Updating...

参照