ページ 2 マイクロソフト認定トレーナーの登録と更新 このガイドの使い方 必要なものを選択してください : 新規 MCT としての登録 MCT 年間メンバーシップの更新 MCT Alumni メンバーシップへの申請もしくは更新 Alumni メンバーシップの更新 MCT プログラムへの再参加 これら

27 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

201511月発行

マイクロソフト認定トレーナー

(MCT) プログラムはマイクロソフト認定コー

スを教えるトレーナーのために作られた

1 年間の会員制プログラムです。最新

のトレーニング教材や、

Office、Windows、SharePoint、SQL Server、Online Services

などを含む、トレーニングに使用できるマイクロソフトのコア製品へのアクセ

スなど様々な特典が利用できます。

このガイドではメンバーシップのご登録および更新、またはプログラムにはア

クセスし続けたいが、コースを頻繁に教えているわけではない場合の

MCT

Alumni プログラムへの申請の方法について説明することが目的です。

このガイドのトピックには以下が含まれます:

IT ショーケース プロダクティビティ ガイド

新規

MCT としての

登録

MCT 年間メンバー

シップの更新

MCT Alumni メンバ

ーシップへの申請も

しくは更新

Alumni メンバーシ

ップの更新

MCT プログラムへ

の再参加

このガイドの使い方

(2)

このガイドの使い方

必要なものを選択してください:  新規 MCT としての登録  MCT 年間メンバーシップの更新  MCT Alumni メンバーシップへの申請もしくは更新  Alumni メンバーシップの更新  MCT プログラムへの再参加

これら申請プロセスには少し違いがありますが、認証および支払ステップは同じです。プ

ロセスを完了後、

確認と支払いの完了

欄を続けてください。

登録と更新のプロセスを開始する前に、以下が必要となります。  Microsoft アカウント (旧 Windows Live ID) メールおよびパスワード。

 Metrics That Matter (MTM) の ID。MTM ID がない場合、参加プロセスの一部である一つに申請して ください。  指導スキルの証明もしくは有効なプロフェッショナル(新規申請のみ)のデジタルコピー。  プログラム利用料金の支払い領収書。支払いのスケジュールについては、マイクロソフト認証トレー ナー ホームページの「MCT および MCT Alumni プログラム利用料金」をご覧ください。プログラム 利用料金は、地域によって異なります。

プログラムについてさらに質問がある場合は、

マイクロソフト認証トレーナ

ホームページ

をご参照ください。

新規

MCT としての登録

1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP)から 移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。

(3)

2. Microsoft アカウントのメールとパスワードを使用してサインインします。[プロフィール] ページが 表示されます。 重要:Microsoft IT Academy またはラーニング パートナー ID を取得しているが、その ID 番号 が分 からない場合は、プログラム管理者にお問い合わせください。セキュリティ上の制約により、地域サ ービス センターではこの番号をお知らせすることはできません。

(4)

3. [雇用形態] 欄で、一番当てはまる雇用形態を選択してください。

選択した雇用形態によって、追加情報の提供が必要になる場合があります。

Microsoft 従業員 (FTE)。ドメインおよび Microsoft エイリアスを入力し、[メールコード]を

クリックしてください。数分で Microsoft メールアカウントにワンタイムパスワードが送られて きます。  コードの有効期限は48 時間です。有効期限が切れた場合は新しいものをリクエストする必 要があります。  コードを入力して、[送信] をクリックします。  教育機関向け。機関名を入力して、[送信] をクリックします。  フリーランス。  政府機関。部門名を入力して、[送信] をクリックします。 IT アカデミー。会員 ID を入力して、[送信] をクリックします。 Microsoft ラーニング パートナー。会社の MPN ロケーション ID を入力して、[送信] をクリ ックします。  その他。

4. [開発者]、[IT プロフェッショナル]、および [Microsoft Dynamics] と表示される三つのオ プションからトレーニングの主な対象を選択します。

トレーニングの主な対象は、あなたのコンテンツが対象としている、ソフトウェア開発、IT サポート もしくは Microsoft Dynamics のユーザーといったユーザーのタイプです。

(5)

5. [次へ] をクリックします。[要件] ページが表示されます。

(6)

7. 次のいずれかの操作を選します。  認定。[認定資格の種類] ボックスから認定のタイプをクリックし、認定の証明を添付しますが、 照明は.jpeg、.doc、もしくは.pdf フォーマットのファイル形式である必要があります。 有効な認定を有していない場合、登録プロセスの最後にある [戻る] を選択し、[マイクロソ フト認定トレーナーになる] ページ ([申請プロセス]の下)の MCT プログラム ガイドをダウ ンロードしてください。サポートが追加で必要な場合は地域サービス センターにご連絡ください。

(7)
(8)

8. [利用条件]のページで利用条件を確認し、[MCT プログラム ガイドに同意する] および [MCT プロ グラム契約に同意する] のチェックボックスを選択します。

9. [次へ] を選択して続けます。

(9)

MCT 年間メンバーシップの更新

随時更新では、現在 MCT プログラムのメンバーであるお客様に 1 年間の年次応当日前に

電子メール メッセージ、および再確認用のメッセージが送信されます。

1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP) から移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。 [プロフィール] ページが表示されたら、年次日とメンバーシップの状態が表示されます。

(10)

2. [更新]を選択します。

あなたの雇用形態および主なトレーニングの主な対象は、現在の登録に基づき自動で記入されていま す。必要に応じて、この情報は変更することができます。

(11)

3. [次へ] を選択して続けます。[要件] ページが表示されます。

4. 認定と MTM スコアを確認します。必要に応じて、これら両方の情報は変更することができます。

(12)

6. [利用条件] ページで、利用条件を読み、同意したうえで [次へ]を選択します。

(13)

MCT Alumni メンバーシップへの申請もしくは更新

現在コースを教えていないが、安い会員価格になった MCT プログラムに引き続き接続し

たい場合、以下のステップに従ってください:

新しい MCT Alumni メンバーシップへの申請 1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP)から 移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。

(14)

2. [あなたはマイクロソフトの従業員ですか?]の下で、 [いいえ] もしくは [はい]をクリックし ます: いいえ。[専門分野]の下にあるオプションをクリックし、[次へ]をクリックします。 はい。ドメインおよびマイクロソフト エイリアスを入力し、[メールコード]を選択します。数分 で Microsoft メールアカウントにワンタイムパスワードが送られてきます。コードの有効期限は 48 時間です。有効期限が切れた場合は新しいものをリクエストする必要があります。  コードを入力したら、下に表示されるトレーニングの主な対象を選択します。  [次へ] をクリックします。 3. 利用条件を読み、[Alumni プログラム契約に同意します] チェックボックスをクリックします。 4. [次へ] を選択して続けます。 5. その後、「確認と支払いを完了」に記載されているステップに従ってください。

(15)

MCT Alumni メンバーシップを更新 1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP)から 移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。 [プロフィール] ページが表示されます。

(16)

2. Microsoft の従業員かどうかに関して、[いいえ] もしくは [はい] を選択してください。 [いいえ]を選択した場合、[専門分野]の下にあるオプションを選択し、[次へ]を選択します。 [はい]を選択した場合、ドメインおよびマイクロソフト エイリアスを入力し、[メールコード] をクリックしてください。数分で Microsoft メールアカウントにワンタイムパスワードが送られてき ます。コードの有効期限は48 時間です。有効期限が切れた場合は新しいものをリクエストする必要 があります。[次へ] をクリックします。

(17)

3. 利用条件を読み、[Alumni プログラム契約に同意します] チェックボックスをクリックします。

4. [次へ] を選択して続けます。

(18)

Alumni メンバーシップの更新

1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP)から 移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。 [プロフィール] ページが表示されます。 2. [今すぐアップグレードする]を選択します。[プロフィール] ページが表示されます。 3. [業務形態] を選択し、以下で必要とされる追加情報 (トレーニングの主な対象、メールエイリアス、 IT アカデミー ID もしくは機関か部門の名前などです)を記載してください。 4. [次へ] を選択し、[必要条件] ページに進んでください。

(19)

5. 認定と MTM スコアを確認します。必要に応じて、これら両方の情報は変更することができます。

6. [次へ] を選択して続けます。

(20)

MCT プログラムへの再参加

MCT メンバーシップ更新期間が過ぎてしまった場合、本プログラムへの再参加を再度申請

できます。

1. MCT の登録ページに直接サインインするか、マイクロソフト認証プロフェッショナル(MCP)から 移動し、[サインイン] を選択します。 重要:会社のメールが Office 365 サブスクリプションに関連付けてある場合、そのアカウントでログ インしようとしないでください。Microsoft アカウント (Hotmail.com/Live.com/Outlook.com)を使っ てログインする必要があります。 [プロフィール] ページが表示されます。

(21)

2. [再度申請]を選択します。[プロフィール] ページが表示されます。

3. 雇用形態が変更された場合、[雇用形態] 欄で、一番当てはまる雇用形態を選択してください。 選択した雇用形態によって、追加情報の提供が必要になる場合があります。

Microsoft 従業員 (FTE)。ドメインおよび Microsoft エイリアスを入力し、[メールコード]を

クリックしてください。数分で Microsoft メールアカウントにワンタイムパスワードが送られて きます。  コードの有効期限は48 時間です。有効期限が切れた場合は新しいものをリクエストする必 要があります。  コードを入力して、[送信]をクリックします。  教育機関向け。機関名を入力して、[送信]をクリックします。  フリーランス。  政府機関。部門名を入力して、[送信]をクリックします。 IT アカデミー。会員 ID を入力して、[送信]をクリックします。 Microsoft ラーニング パートナー。会社の MPN ロケーション ID を入力して、[送信]をクリ ックします。  その他。

4. [開発者]、[IT プロフェッショナル]、および [Microsoft Dynamics] と表示される三つのオ プションからトレーニングの主な対象を選択します。

(22)

5. [次へ] をクリックします。[要件] ページが表示されます。

6. MTM ID が変更された場合、[変更]を選択し、Metrics That Matter (MTM) スコア 欄で更新でき ます。 重要:Microsoft IT Academy またはラーニング パートナー ID を取得しているが、その ID 番号 が分 からない場合は、プログラム管理者にお問い合わせください。セキュリティ上の制約により、地域サ ービス センターではこの番号をお知らせすることはできません。 7. 利用条件を読み、[MCT プログラム ガイドに同意する] と [ MCT プログラム契約に同意する] チェックボックスを選択します。 8. [次へ] を選択して続けます。 9. その後、「確認と支払いを完了」に記載されているステップに従ってください。

(23)

確認と支払いの完了

全プログラム参加者は確認および支払手続きを完了するため次のステップに従ってくださ

い。

1. [支払い] ページが表示されます。[今すぐ支払う]を選択します。 重要:気持ちが変わったり、現段階で支払い準備が整っていない場合は[戻る]を選択してください。 [利用条件] ページに戻ります。 2. [カート] ページが表示されたら、選択した製品および価格が表示されます。[チェックアウト] を選択します。

(24)

3. [アドレス] ページで、名前、メールアドレス、住所及び電話番号を記入し、[続ける]を選択し てください。

4. [支払い] ページで支払い方法を選択し、クレジットカード情報を入力して、[続ける]を選択し てください。

(25)

5. [レビュー]ページで、支払い情報を確認し、[利用条件およびプライバシーステートメントを読み、 同意します] チェックボックスを選択します。

(26)

発注が完了します。[完了] ページで、必要に応じ注文のレシートを印刷したり、[ココをクリッ

(27)

助けが必要ですか

?

マイクロソフト地域サービス センター

では、以下のようなお問い合わせに対応いたしま

す。

 申請のステータスについてのお問い合わせ。  MCT プログラム全般についてのご質問。  成績証明書の更新。  処理中の更新手続きのキャンセル。

詳細情報

Microsoft 製品、サービスについてのお問い合わせは、Microsoft セールス・インフォメ

ーション・センター:電話(800) 426-9400 へ。カナダの場合は、Microsoft カナダ・オー

ダー・センター :電話(800) 933-4750 へ。米国 50 州、カナダ以外の場合は、お住まいの

地域の Microsoft 子会社へご連絡ください。ウェブサイトで情報をお求めになる場合は、

http://www.microsoft.com

にアクセスしてください。

マイクロソフト認定トレーナー メンバー サイト https://www.microsoft.com/learning/members/en/us/mct/mct-default.aspx Born To Learn トレーニングおよび認定資格コミュニティ http://borntolearn.mslearn.net/#fbid=j4cfuWPJyzP アクセス コード リセット ツール https://mcp.microsoft.com/Authenticate/ResetAccessCode/ResetAccessCode.aspx Metrics That Matter ID の申請

https://www.metricsthatmatter.com/NewMCTInMTM/EnrollMCT.aspx マイクロソフト パートナー ネットワーク https://mspartner.microsoft.com/ マイクロソフト IT

http://www.microsoft.com/ITShowcase

より詳細なプロダクティビティガイダンスは以下でご参照ください。

http://microsoft.com/ITShowcase/Productivity

© 2015 Microsoft Corporation.All rights reserved.Microsoft および Windows はアメリカおよびそのほかの国家における

マイクロソフト社の登録商標です。ここで言及されている現実の製品名あるいは会社名は、それぞれの保有者の商標で す。この文書は、情報提供のみを目的としています。本概要についてマイクロソフトは明示的、表現上および黙示の保 証を一切いたしません。

Updating...

関連した話題 :