• 検索結果がありません。

なにがデザイン(では)な(い)のか

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "なにがデザイン(では)な(い)のか"

Copied!
20
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

な に が デ ザ イ ン ( で は ) な ( い ) の か

h o w w e c a n d e s c r i b e : t o d e s i g n a n d d e s i g n n o t 関

口 久 雄

章 デー タは 燃え ず︑ ただ 消え 去る のみ

︑そ こに 余白 はあ るの か 2

chapter2:itwouldnʼtbemake-believeifyoubelievedinthefutureandthepast

︑メ ディ ア︑ デジ タル とい うこ とば が流 通す るこ とに よっ てア ナロ グと 呼ば れる よう にな った 存在

︒た だ 当然 のご とく

︑ア ナロ グは アナ クロ では ない

︑時 代遅 れ︑ とい う意 味は 持た ない

︒亀 甲︑ 獣骨

︑石 材︑ 粘

︑竹

/木 簡︑ 貝葉

︑絹 布︑ パピ ルス

︑羊 皮等 々を 経て

︑後 のル ネサ ンス の原 動力 とな る火 薬︑ 羅針 盤と と オリ ンピ ック の開 会式 で LE Dに よる 巨大 な巻 物と して 誇示 され たよ うに

︑中 国で 麻く ず・ 樹皮 等の 繊維 料に 紙漉 きの 方法 が洗 練さ れる こと によ って 実用 に値 する もの がつ くら れ普 及し はじ めた のが 約1 90 0

︒当 時は 最先 端︑ 現在 でも 重要 な知 の記 録媒 体で ある こと にな んの 変わ りも ない

︒以 下に 綴る こと を試 み

(2)

るの は︑ それ を情 報伝 達手 段と して 用い る際 には 欠く こと ので きな い大 事な 要素

︑印 刷・ 文字

・イ ンク

/イ ン キ等 々の 詳細 な歴 史や 社会 的文 化的 役割 の分 析で はな い︑ 最低 限の 常識

/俗 説を 前提 に︑ この メデ ィア を巡 る 今を

︑軽 薄に

︑素 朴に

︑考 えて みる こと であ る︒ 紙は

︑変 わっ た︑ 変わ ろう とし てい る︒ その 変容 に伴 う社 会生 活の さま ざま な変 化で 混乱 も起 きて いる

︒振 り 返れ ば︑ シル クロ ード を通 じて 伝搬 した 紙︒ ただ し︑ 交易 の最 貴重 品の 製法 を中 国は 明か さな かっ た︑ 最重 要 なソ ース コー ドの 伝来 は︑ かな り後

︑日 本へ は 世紀 頃︑ ヨー ロッ パへ は

世紀 頃︒ 声と いう メデ ィア には 7

12 時間 と空 間の 制約 があ る︑ 文字 によ って メッ セー ジは 時空 を超 える よう にな った

︒紀 元前 約

年頃 の石 35 00 や粘 土に 楔を 打ち 込み

︑象 形︑ 聖刻

︑人 類は 記号 を伝 達手 段と して 活用 でき るよ うに なっ た︒ 紙を 相棒 に︑ 墨 と筆 によ る書 写︑ 拓本 や印 章か ら連 なる 木版

︑情 報の 記録

/複 製の テク ノロ ジー は︑ 活版 印刷 によ って 世界 を 一変 させ るこ とに なる

世紀 の半 ばに

︑圧 力を かけ る= pr es sと いう 過程 をブ ドウ 絞り 機を ヒン トに 制作 15 した とい う活 版印 刷機 によ って

︑四 十二 行の 聖書 が出 版さ れた

︒活 字の 組み 合わ せに よっ て情 報の 大量 複製 が 可能 にな った

︑社 会の ごく 一部 の階 層に 秘匿 され てい た知 の解 放が はじ まっ た︑ それ は大 量伝 達= マス メデ ィ アの はじ まり でも あっ た︒ けれ ども

︑言 うま でも なく

︑メ ディ アの 進化 の道 は つで はな い︒ その よう ない わ 1 ゆる 鉛合 金の 活字

︑そ の土 台と なる 黄銅 の母 型︑ 印刷 とい う作 業に 適し たニ ス状 の油 性イ ンク

/イ ンキ 等々 を 使用 した 機械 作業 への 移行 だけ が正 解で はな い︒ たと えば

︑当 初中 国は 活版 印刷 が普 及し なか った

︑そ れは 文 字の 数が

文字 では なく

︑数 千も の活 字を えて おく こと が困 難だ った から とい われ る︒ 日本 も同 様に 文字 26

(3)

の数 が多 く︑ しか も縦 書き の崩 し字 等が 用い られ たた め自 由度 が高 い木 版の 方が 効率 的で ある と活 版印 刷は 選 択さ れな かっ た︑ 本は 大量 生産 され ず高 価な まま であ った

︒で も︑ それ は退 化を 意味 しな かっ た︑ その 結果

︑ 江戸 時代 に浮 世絵 等の 木版 技術 や庶 民の ため の貸 本と いう 出版 文化 が発 展し たの であ るか ら︒ 印刷 の技 術も

︑ 凸版 から はじ まり

︑用 途に 応じ て凹 版︑ 孔版

︑つ いに は版 と紙 が直 接触 れな い平 版/ オフ セッ トへ

︑そ して 色 の濃 淡を 再現 する 網点 等々 によ って 表現 の幅 はど んど ん広 がっ てい った

︑さ らに 企画

・組 版・ 校正

・製 版= プ リプ レス 工程 すべ てが コン ピュ ータ のデ スク トッ プ上 で作 業可 能に なっ た別 次元 の DT Pへ

︑と 進化 を続 ける (同 時に

︑名 刺・ はが き程 度な らと もか く本 を 冊活 版で 印刷 する こと は︑ 日本 では すで にほ ぼ不 可能 にな っ 1 てし まっ たの も見 逃せ ない 現実 であ る)

︒報 道= th ep re ss は紙 から はじ まっ た︑ そこ には 諸々 の大 きな 力が 必 要だ った のか もし れな い︑ だが

︑印 刷を 示す 単語 がい つの 間に か pr es sか ら pr in tに 変わ って いっ たの と呼 応 する かの よう に︑ そし て︑ DT Pの pは pu bl is hで ある よう にだ れも が容 易に 発信 者に なれ る時 代が 訪れ てい た︑ そこ では もう 紙は 要用 では ない のか もし れな いが

︒ 紙は

︑モ ノで もあ る︒ JI Sに よれ ば︑ 植物 繊維 その 他の 繊維 を膠 着さ せて 製造 した もの

︑と 定義 され る︒ いわ ゆる 和紙

︑洋 紙か らト イレ ット ペー パー

︑テ ィッ シュ ペー パー

︑段 ボー ルま で多 種多 様な 紙が 製造 され 使用 さ れて いる

︒大 きさ の基 準も ある

︒比 率

をそ れぞ れ半 分に 次々 に分

1:2841×1189mm1030×1456mm

割し てい くと 日々 の事 務作 業の 道具

を に裁 断す れば 日本 の書 店に 並ぶ 一般 的な 紙の 束に な

788×1091mm32

る︒ もち ろん 重さ も厚 さも ある

︒ 平方 メー トル あた りの 紙 枚の 重さ

=坪 量︑ 紙

枚の 重さ

=連 量の 1

1

10 00

(4)

単位 で取 引さ れ︑ ごく 薄い 取る に足 らな い存 在だ と思 われ がち だが

︑新 聞紙

枚を

回折 るこ とが でき たな 1 42 らば 月ま での 距離 にな って しま う( 折る こと は不 可能 であ るが )︒ そし て︑ モノ なら 触れ られ る︑ たと えば

︑こ の点 線に 沿っ て折 るこ とが 可能 であ る︒ 切る こと もで きる

︑点 線に 従わ ずく しゃ くし ゃに もで きる

︑ぐ ちゃ ぐち ゃに 破る こと もで きる (も し試 しに 破 いて みた いの なら ば︑ 他の 執筆 者に 迷惑 がか かる ので

︑こ のペ ージ だけ にし てい ただ きた い)

︒そ のよ うな 特 質を 持つ 紙が

︑物 質性 を伴 わな い電 子に 装い を替 えよ うと して いる (こ の文 章も

︑い ずれ はw eb で公 開さ れる であ ろう が︑ その PD Fフ ァイ ルを

︑く しゃ くし ゃに も︑ ぐち ゃぐ ちゃ にも する こと はで きな い)

︒油 性︑ 水 性︑ ジェ ル等 の種 類が ある 顔料

・染 料を 含有 する イン ク/ イン キと いう 液体 は︑ それ を使 用す る代 名詞 であ っ た万 年筆 から イン クジ ェッ トプ リン ター へと 日常 的な 関わ り方 は変 化し

︑つ いに は透 明な マイ クロ カプ セル の 中の 白色 と黒 色の 顔料 粒子 に電 圧を 掛け て移 動さ せ表 示を おこ なう 媒体 とな った

︒そ の新 しい イン ク/ イン キ を用 いる 電子 ペー パー と呼 ばれ るニ ュー カマ ーは 表示 内容 を電 気的 に変 える こと がで きる

︑消 しゴ ムや 修正 液 等を 使わ ずに

︑瞬 時に 書き かえ 可能 な紙 が誕 生し たの であ る︒ 紙は

︑文 字と 出会 い︑ 歴史

/物 語は 綴ら れる よう にな った

︑エ クリ チュ ール は快 楽と なっ た︒ しか も︑ その 産 物で ある テキ スト

/テ クス トは 紙と 別離 して 迷子 にな るこ とが でき る( そし て︑ 享楽 にふ ける こと にな る)

︒た とえ ば︑

年前 に︑ どこ かで

︑筆 者自 らが 書い た文 章を

︑今

︑こ こに

︑そ のま ま︑ 引用 が可 能で ある ( 年前 6

6 の肉 声を

︑こ こに 再現 する こは 容易 では ない )︒

(5)

人類 にと って

︑大 きな 力を 持ち 得て きた (と いわ れる ) 読書 (本 を読 む) と いう 社会 的/ 文化 的営 みが

〝何 度目 か〟 の転 機を 迎え よう とし てい る( らし い)

︒た とえ ば︑ 近年

〝か たい 本〟 が売 れな くな って きて いる

︑と のこ とだ が︑ その 主な 原因 は︑ TV やV ID EO (D VD )そ して コン ピュ ータ (イ ンタ ーネ ット )等 の 新し い メデ ィア が 広く 普及 し︑

〝読 書時 間〟 が減 った から

︑と いわ れる (マ ジ逢 )︒ そし て︑ その よう な〝 読書 離れ

〟は 概し てネ ガテ ィブ に語 られ がち であ る︒ しか し︑ 一方 で︑ 情報 のチ ャン ネル が増 加し

︑ 単な る 文字 だ けで はな く 音声 や 映 像 を幅 広く 扱え るこ とを ポジ ティ ブに とら える 声も 増え て いる

︒ま た︑ その よう な賛 否に 加え

︑ これ まで 近代 社会 を支 えて きた 本と いう メデ ィア の代 わり に何 が 文化 的公 共圏 を支 える のか 逢 とい った 議論 が展 開さ れ︑ 同時 に アナ ログ か ら デジ タル へ の技 術 の進 化( 転換 )に 伴い

︑ 紙 と 活字 に よっ て構 成さ れる 本 に 加え

︑ ディ スプ レイ で 読む とい う

〟の デ ータ の 集積 であ る〝 本〟 が登 場し

︑ネ ット 上の 掲 示板 ブロ グ 等と とも に︑ 新た な

1/0

る〝 文字 文化

〟と して 力を 持ち はじ めて いる

︒そ もそ も私 たち は︑ なぜ

/ど のよ うに 本を 読ん でい るの で あろ うか

︒そ して

︑今 後私 たち の本 を読 むと いう 行為 のな にが どの よう に変 容す る( かも しれ ない )と いう のだ ろう か⁝ 一読 者/ 一利 用者

/一 消費 者/ 一著 者と して

︑〝 永遠 の過 渡期

〟で ある 本を 巡る 混沌 とし た 状況 を︑ 無責 任に 楽し んで いる 今日 この 頃で ある

︒ ただ し︑ その まま

︑と 書い たが

︑厳 密に いえ ば︑ その まま では ない

︒い わゆ るオ リジ ナル の記 述は

︑ま ず紙 に 印刷 され 全国 の図 書館 等に 配布 され

︑そ の後

︑ネ ット 上で PD Fフ ァイ ルと して 公開 され てい るが

︑そ れは 横 書き で︑ 引用 の文 章と は︑ フォ ント

︑行 数︑ 文字 間︑ 改行 位置 等々

︑ま った く異 なる

︒文 字に は︑ 表音

︑表 意

(6)

が︑ そし て︑ 日本 語の 表記 では

︑縦 書き と横 書き

︑漢 字︑ ひら がな

︑カ タカ ナ︑ 英数 字︑ ルビ を混 在さ せて 意 思伝 達を して いる

︒私 たち は︑ それ らを 操作 して コミ ュニ ケー ショ ンを 成立 させ てい る︒ けれ ども

︑コ ンピ ュー タの フォ ント は 種類 も必 要な い︑ と考 える 人も いれ ば︑ 大学 を中 退後 に︑ わざ わざ ca ll ig ra ph yの 授業 2 を盗 講し て︑ それ を後 の DT Pの 進歩 に活 かす 人も いる

︒無 意識 的に

/意 識的 に︑ 私た ちは 文字 と接 して いる

︒ いわ ゆる 一般 的な 社会 生活 を営 むほ とん どの 人た ちは 前者 であ ろう

︑そ の人 たち は︑ その よう なオ リジ ナル と 引用 に差 異を 感じ ない

︒他 方︑ 少数 であ ろう 後者 の人 たち は︑ それ らを まっ たく 別物 と考 えて しま う︒ この 文 章自 体も 縦書 きで 印刷 され 読ま れる こと を想 定し て︑

の Wr it eR oo mと Ma cB oo kの Si mp le Te xt .

iPhone3GS

ws をエ ディ タと して 書い てい る︑ とい って も︑ フリ ック で︑ キー ボー ドで

︑入 力し てい る︑ 横書 きで

︒そ し て︑ 資料 のた めの 書籍 や雑 誌等 を除 き︑ 校正 のた めに プリ ント アウ トす るま で紙 とは 無縁 の執 筆を おこ なっ て いる

︒ 紙は

︑読 みや すい

︑持 ちや すい

︒し かし

︑書 きや すい

︑と いう 物言 いが 聞か れな くな って 久し い︒ 今︑ 世の 中 に︑ 書く

︑は

︑あ ふれ てい る︑ いわ ゆる 非プ ロの 文章

=悦 楽を これ だけ 目に する こと はこ れま でな かっ たは ず︑ でも

︑そ れは

︑い わゆ る手 で書 いた もの では ない

︒い わゆ る文 筆を 生業 とす る人 たち にお いて も︑ すで に生 原 稿と いう 単語 も死 語に なり つつ ある

︑一 部の 例外 を除 いて

︑か つて のい わゆ る文 豪の 記念 館等 での 展示 品が ほ とん ど最 後の もの にな るの かも しれ ない

︒す でに 主流 とな って しま った

︑コ ンピ ュー タで 書く こと によ って

︑ その 文章 は︑ 紙と イン ク/ イン キの よう な質 料性 を持 たな くな る︑ 脱物 質的 な性 質を 持つ 電子 的な デー タと な

(7)

る︒ 私た ちが コン ピュ ータ のデ ィス プレ イ上 で見 てい るの は依 然と して 文字 では ある が︑ テキ スト

/テ クス ト は電 子テ キス ト/ テク スト に生 まれ 変わ って しま った (同 時に

︑キ ーボ ード 等の 入力 に依 存す る者 は︑ たと え ば︑ 筆者 は︑ 漢字 のど 忘れ だけ でな く︑

字程 度の 文章 もな にか しら の装 置が ない と文 章が まと まら ない

︑ 10 0 その 程度 の筆 記で も腕 が筋 肉痛 にな って しま う)

︒新 たに 登場 した 書き かえ 可能 な紙 は︑ 従来 のい わゆ る紙 を 目指 して

︑よ り読 みや すく

︑よ り持 ちや すく

︑そ して

︑電 化製 品が どう して も避 けら れな い消 費電 力を 低下 さ せる こと へと 進化 を続 ける

︒た だし

︑内 容は とも かく

︑薄 い/ 軽い

︑と いう 形容 詞は

︑も うそ の紙 には 伴わ な い︑ それ は︑ その デバ イス のも のと なる

︒新 たな 紙は

︑自 分の 好き なフ ォン トで

︑自 分の 好き な大 きさ で︑ 文 章を 読む こと が可 能と なる

︒た とえ ば︑ この 文章 もな にか しら の合 理的 な理 由に よっ て選 択さ れた であ ろう 明 朝体

字×

行と いう 枠の 中に 組ま れて 出版 され る︒ その よう な︑ いわ ゆる プロ によ る伝 統芸 的な グリ ッ 49 17 ドか ら解 放さ れる

︑そ のデ バイ ス等 の環 境に 依存 しな がら も︑ 個々 人の 好む 新た なグ リッ ドを 選択 でき るよ う にな る︒ もと もと 本と 無縁 な若 者た ちよ りも

︑本 は読 みた いが 近く のも のに うま く焦 点を 合わ せる こと がで き なく なっ た高 齢者 たち にと って の︑ 便利 な道 具に なる かも しれ ない

︒だ が︑ その 可変 性は

︑新 たな 問題 も引 き 起こ す︒ ディ スプ レイ の大 きさ が変 わら ず︑ 文字 の大 きさ を変 化さ せれ ば︑ おの ずと ペー ジの 文字 数も 変化 1 する

︑総 文字 数は 変わ らな い︑ よっ て全 体の ペー ジ数 が変 化す る︒ する とな にが 起き るの か︑ これ まで のよ う な引 用等 の位 置の 指定 が意 味が なく なっ てし まう

︒け れど も︑ それ は黎 明期 ゆえ の混 乱の つ︑ いず れル ール 1 は統 一さ れる であ ろう

︑引 用等 のタ グは

︑何 頁の 何行 目か ら︑ 何文 字目

/総 文字 数に なる のか もし れな い︒ 文 字が デー タに なれ ば︑ すべ ての 文字 が検 索の 対象 にな る︒ キー ワー ドを 入力 し︑ そこ にそ のま ま飛 んで いく

(8)

これ まで の表 から はじ まり 表 で終 わる

︑と いう シー ケン シャ ルな 読み 方も

︑選 択肢 の つで しか なく なる

︒ 1

4

1 閉じ られ た世 界の 中で のハ イパ ーテ キス ト/ テク スト との 新た な関 係性 の構 築( 原理 的に は開 かれ た世 界と の リン クも 可能 )︒ それ は文 字︑ 文章

︑あ るい は画 像や 図版 等を 情報 して 活用 する とい うこ と︑ re ad er は us er とな る︑ 新た な本 との 対峙 がは じま る︒ 定着

/不 動を 絶対 とす る︑ 実は 堅固 で︑ 融通 のき かな い︑ 紙と 離別 し︑ いわ ゆる 読者 と呼 ばれ

︑い わゆ る主 体と はみ なさ れて こな かっ た人 たち が︑ これ まで の抽 象的 な試 みと は異 な り︑ 限ら れた もの とは いえ

︑よ り具 体的 に︑ 主体 的な 選択 をす るこ とが でき るよ うに なっ た︑ そし て︑ 唯一 の 主体 と考 えら れて きた

︑い わゆ る作 者が

︑す でに さま ざま なカ タチ で語 られ てき た死 の絶 望/ 欲望 を止 揚す る だけ では なく

︑そ の新 しい 条件 を前 提に

︑思 い/ 考え を作 文す るこ とに よっ て︑ はじ めて テキ スト

/テ クス ト が透 明な メデ ィア にな (れ )る のか もし れな い( そこ には 振る べき 骰子 があ るの であ ろう か)

︒た だし

︑こ の一 連 の変 容は

︑テ キス ト/ テク スト のも うひ とつ の不 可能 性/ 可能 性も 露に して しま った

︒完 結し てい ると 偽ら さ れ続 けて きた 未完 にな らざ るを えな いテ キス ト/ テク スト が︑ 時代 の要 請な のか

︑神 様の 戯れ なの か︑ 清書 と いう プロ セス を排 除し

︑映 像制 作と 同様 に︑ 永遠 のベ ータ 版の まま でい られ るデ ジタ ルな 媒体 をパ ート ナー と して プレ ゼン トし ても らっ たの であ る( いわ ゆる we bな らば

︑そ の途 上の まま 公開

/共 有も 可能 )︒ それ は︑ 新た なる

︑解 放な のか

︑逃 走な のか

︑現 実社 会を 司る 強固 なデ ィス クー ルか らの

︒ 紙は

︑日 々消 費さ れて いる

年に 全国 放送 され

︑V HS に 倍速 で録 画し てあ った

︑あ るノ ンフ ィク 19 87

3 ショ ンの テレ ビ番 組を

︑デ ータ 化し て iP ad で見 てみ る︒ 本が 読ま れな い︑ でも

︑本 がど んど ん出 版さ れて い

(9)

る出 版の 現状 を某 脚本 家が リポ ート して いる

︒最 盛期 に

万部 を発 行し ギネ スブ ック にも 登録 され た遊 栄 65 3 社の 週刊 少年 ジャ ック とし て NH Kの アニ メに も登 場す る雑 誌の 流通 が報 告さ れる

︒漫 画家 が作 品を 書き 上げ

︑ 日間 終日

カ所 の印 刷所 で毎 週

万部 を印 刷さ れ︑ 東京 では 月曜 日発 売︑ でも 船輸 送等 しな けれ ばな ら 4

6

41 0 ない 石垣 島の 書店 に届 くの が 日遅 れ︑ 本屋 さん のな い西 表島 には

日遅 れ︑ しか も輸 送料 がプ ラス され 4

7

50 円高 い︒ そし て︑ ベス トセ ラー を中 心に 都会 の大 書店 は本 がÔ れ︑ 地方 の本 屋さ んに は本 を注 文し ても なか な か届 かな い︒ 大多 数の 人の ため の商 売だ けで なく

︑少 数の 人の ため の少 部数 の出 版が でき ない ので あろ うか

⁝ とま とめ られ る︒

年後 の今 も状 況は そん なに 変わ らな いで あろ う︒ 本が 読ま れな い︑ とい う状 況は さら に 20 進行 して いる のか もし れな い︒ しか し︑ 全国 への 配本 の問 題等 は電 子化 で解 決し える であ ろう

︑少 数の ため の 作品 でも 全世 界同 時に 配信 する こと が可 能で ある

︒そ もそ も楮 や三 椏や 雁皮 等を 原料 とし 傘や 提灯 や扇 子の 材 料に もな る和 紙は 少量 生産

/消 費さ れる

︑一 方︑ 大量 消費 を目 的と する 洋紙 の原 料は 自然 破壊 の元 凶と いう 視 点か ら針 葉樹 や落 葉樹 を原 料と する 木材 パル プか ら非 木材 植物 や古 紙の 利用 へ︑ と試 行錯 誤が くり 返さ れて い る︒ かつ てコ ンピ ュー タが 普及 すれ ば︑ ディ スプ レイ です べて を確 認で きる から 印刷 しな いで 済む

︑紙 の消 費 量は 減少 する

︑究 極的 には ペー パー レス 社会 が訪 れる と囁 かれ た︒ だが

︑現 実は

︑透 過光 での 文字 読み は眼 に はや さし くな く結 局は プリ ント アウ トし て校 正を する こと に︑ それ とと もに

︑む しろ 気軽 に自 分の 文章 や資 料 等を どん どん プリ ント アウ トし てし まい

︑そ れら が会 議等 で配 布す るた めに 大量 にコ ピー され てい る︒ ある い は︑ 押し 紙・ アジ ャス タブ ル目 標・ 残紙 等々

︑都 市伝 説と して 隠õ され る数 字も 含ま れて いる であ ろう 公称 部 数は

︑い まだ にビ ッグ

と呼 ばれ る 社だ けで も︑ おお よそ

万部

︑そ のよ うな 3

3

10 00

79 0 36 0

546

(10)

で約

頁が

︑印 刷さ れ︑ 輸送 され

︑毎 朝家 庭に 届く

︑そ れら の紙 はお そら くそ の日 のう ちに ゴ

×406サ5mm

32 ミに なる

︑少 なく とも 新し い情 報で はな くな る︒ そし て︑ いわ ゆる ベス トセ ラー と持 て囃 され る本 の多 くは

︑ いわ ゆる 実用 書︑ 必要 とさ れる のは

︑多 くの 場合 は最 新の 情報 のみ

︑そ れら は手 沢に はな らな いで あろ う︒ 読 み捨 てら れる こと が前 提の 諸々 の情 報媒 体が 紙で ある 必要 があ るの か︑ 逆に

︑全 文検 索等 でい ろい ろな 活用 で きた 方が 有用 なの では ない か︒ 紙は

︑物 神崇 拝

つき まと う︒ 切手

︑カ ード

︑チ ラシ 等の コレ クタ ーだ けで なく

︑い わゆ る読 書好 きで はな く︑ 本好 き︑ 愛書 家と 呼ば れる 人た ちは

︑読 むこ とを 求め てい るの か︑ 収集

/所 有す るこ と求 めて いる のか

︑書 豚

/書 狼/ 書痴 とな り︑ 稀 本を

︑世 界に 冊の 本を

︑独 占し たく なる

︑そ の執 着は 病い であ る︒ その よう な人 1 たち に出 会う と︑ 適当 に文 字や 写真 を並 べプ リン トア ウト した 紙束 を単 に綴 じれ ば本

/雑 誌に なる

︑と 安易 に 考え る見 識の ない 人た ちの 方が マト モに 思え てく る︒ そこ まで いか なく とも

︑本

/雑 誌に さま ざま な書 き込 み をす る人 がい る一 方で

︑い わゆ るア ンダ ーラ イン や折 り曲 げる のも 嫌な 人た ちも いる

︒本

/雑 誌と の関 わり 方 は十 人十 色︑ たと えば

︑多 感な 時期 を今 泉棚 の立 ち読 みで 我慢 して いた 貧乏 学生 たち は︑ 老眼 と格 闘し なが ら 松丸 本舗 で喜 々と して 大人 買い をし てい る︒ 大宅 文庫 や六 月社 のコ ピー では 満足 でき ず︑ ブッ クオ フや ヤフ オ クで 珍奇 な雑 誌を 狩猟 する こと に生 活の 大半 を費 やし てい る人 も少 なく ない

︒オ リジ ナル のか わい い豆 本を 自 ら手 作り する 女子 たち も話 題に なっ てい る︒ 僥倖 的な 本/ 雑誌 との 出会 い︑ その 後の 人生 に与 えた 影響 等々 は︑ いろ いろ なカ タチ で甘 美に 語ら れる

︒本 を読 む︑ とい う行 為も 神聖 視さ れて しま う( 本も 読み すぎ れば 眼が 悪

(11)

くな る︑ 本を 買え ばお 金は なく なる 等の 当た り前 なこ とは 無視 され る)

︒読 書は 習慣

︒習 慣は 無意 識の 記憶 の 反復

︑継 続を 受け いれ るの なら ば︑ 新た な学 習等 を必 要と しな くて 済む

︑身 体を 用い るの であ れば なお さら で ある

︑手 癖の なす がま まは 心地 よい

︒そ れら の行 為︑ 付随 する 道具 等を 当然

/常 識/ 絶対 と考 えが ちで ある

︑ そし て︑ それ らの ふる まい は既 得権 にも なり うる

︒新 しい 本は

︑そ のよ うな 人た ちに は好 まれ ない

︒特 に︑ 多 くの 人た ちか ら批 判さ れる のが

︑ペ ージ の物 理性 がな くな ると

︑ど こを 読ん でい るの かわ から ない

︑栞 や指 を 挟ん だ時 のだ いた いの 残り のペ ージ 数が わか らな いの は︑ 読書 体験 では ない

︑分 厚い 本を 一頁 一頁 Gり なが ら 読み 切っ た後 の充 実感 こそ が大 事な んだ

︑と

︒そ れに 対し て︑ そも そも 直接 体験 は絶 対的 に必 要な もの なの で あろ うか

︑と いう 疑問 が出 てき ても なん ら不 思議 では ない

︒訪 れる 人た ちの 発す る湿 気や

で人 類の 偉大

CO2

なる 歴史 物の 損傷 を防 ぐた めに 閉鎖 され る世 界中 の遺 跡や 洞窟

︑そ れら をど うに かし て︑ より リア ルに 再現 し よう と目 論む

︑か つて はそ れが 映像 記録 であ った

︑今 では we b上 で仮 想空 間を 歩き 回れ る︒ 人類 の英 知の 歴 史が 刻ま れて いる 紙も

︑直 接触 るこ とは 防犯

/保 存の ため にも 許さ れな い︒ よっ て︑ 新た なテ クノ ロジ ーの 進 化は 進む

︒ス ロー ンZ の収 集か らは じま った とさ れる 世界 最大 の mu se um に所 蔵さ れて いる

︑世 界に

部 48 しか 残存 して いな い聖 書や 英国 憲法 の土 台と なっ た文 書や 天文 学の 父の 書簡 やア マデ ウス の手 書き の楽 譜が

︑ すで に iP ho ne /i Pa dの アプ リで

︑簡 単に 閲覧 でき る︑ 手元 でズ ーム でき る︒ 触る

︑は

︑t ou ch に︑ 感触 の︑ 感 は︑ セン サー を媒 介と した デジ タル なフ ィー リン グと して 共有 され よう とし てい る︒ だが

︑い わゆ るフ ェチ な 人た ちは 決し て認 めは しな いで あろ う︑ この よう な不 埒な こと を語 る者 は︑ 本を 断裁 する こと を前 提と する 電 子書 籍の 自炊 を奨 励し てい る人 たち とと もに

︑彼 ら/ 彼女 らの デス ノー トに 名前 を書 かれ てし まう かも しれ な

(12)

い︒ 紙は

︑記 号で もあ る︒ その 代表 的な もの は︑ 紙幣

︒文 字等 の情 報を 印刷 した 紙を 束ね た本 とい うモ ノに も︑ さ まざ まな イメ ージ がつ きま とう

︒本 の集 合体

=蔵 書は

︑本 を読 む= 賢そ うに 見え る等 々を さら に強 調す る︒ そ れが 壁一 面に なれ ば︑ 孤独 な老 教授 の閉 ざさ れた 内的 世界 の表 象に もな りう る︒ いわ ゆる 見栄 のた めの 道具 に もな って いる

︑住 宅や 店舗 の室 内装 飾用 とし てペ ーパ ーバ ック から 大型 百科 事典 まで 各種 洋書 が販 売さ れた り もし てい る︒ 新し い本 は︑ どの よう な記 号と して 社会 と折 り合 いを つけ てい くの であ ろう か︒ この 文章 の中 で は︑ 文字

・テ キス ト/ テク スト

・本

・書 籍・ 雑誌 等々

︑い わゆ る定 義づ けせ ず︑ あえ て混 同し て使 って いる が︑ 分類 はそ の存 在の 社会 での 位置 づけ であ るこ とは 言う まで もな い︒ ただ し︑ 新し いも のは

︑ま だそ のカ テゴ リー が存 在し てい ない

︑が ほと んど であ る︒ 有名 な逸 話と して

︑馬 車= ca rr ia ge が移 動手 段の 時代 に︑ いわ ゆ る車

=c ar が登 場し た︒ 当時 の人 たち は︑ それ は馬 なし 馬車

=h or se le ss ca rr ia ge と相 手に しな かっ た︑ 時代 を 経て

︑車 は車 とし て認 めら れる よう にな った

︑馬 車と の地 位を 逆転 しな がら

︒無 線= wi re le ss

=有 線で はな い︑ 動画

=m ov in gp ic tu re s= 動く 画︑ もす でに ポジ ショ ンを 確保 して いる

︑最 近で は︑ 電子 メー ルか ら電 子は 除 かれ 単に メー ルと 呼ば れる よう にな って いる

︒新 しい なに かが 登場 する 時︑ それ をど のよ うに カテ ゴラ イズ す るの か︑ で社 会は 混乱 する

︑そ して

︑そ の未 知な るも のを

︑そ れが 正し いか どう かは とも かく 従来 のな にか に 喩え

︑そ の新 しい 用途 等を 社会 に定 着さ せて いく

︒既 存の もの を整 理/ 再統 合す る場 合も ある

︑電 子の 本/ 書 籍/ 雑誌

/新 聞が 登場 する こと によ って

︑こ れま での もの が︑ 紙の 本/ 書籍

/雑 誌/ 新聞 と呼 ばれ るよ うに な

(13)

った

︑昔 の人 から みれ ば︑ 馬か ら落 馬し たの よう な誤 用に 思え るか もし れな いが

︒将 来的 に︑ 本/ 書籍

/雑 誌

/新 聞と して

︑一 般的 な名 詞と して 使用 され るの は︑ どち らな ので あろ うか

︒一 方︑ 本を 読ま ない

︑読 むこ と がで きな い︑ も象 徴と して 機能 する

︒な ぜ逢 とい う疑 問を もた ずに 生き る社 会を テー マに ディ スト ピア な未 来 はい くつ も描 かれ てき た︒ たと えば

︑そ の世 界で は︑ 思考 の単 純化 と思 想犯 罪の 予防 を目 的と して 語彙 の量 が 減ら され

︑歴 史を 参照 させ ない ため に︑ 過去 の文 学作 品も 政府 によ って 都合 よく 書き かえ られ る︒ 各家 庭に 常 備さ れた 大型 スク リー ンは

︑感 覚を 麻痺 させ る娯 楽情 報を

時間 供給 およ び国 民全 員を 監視 する 装置

︑そ こ 24 に救 世主

=M ac in to sh は登 場し ない

⁝こ こま では 納得 はで きる

︑そ のよ うな 社会 が訪 れな いよ うに しな けれ ば なら ない

︑と 強く 同意 でき る︒ が︑ 反社 会的 とい う理 由で 読書 は禁 止︑ 本は 焼き 捨て られ るス トー リー の結 末 は︑ すべ ての 本が 摂氏

度で 焼か れた とし ても

︑そ れを 後世 に残 せる よう にと

︑ 人 人が 本を 暗記 すれ 23 3

1 1 ばよ い⁝

︒そ こで 重ん じら れて いる のは 本と いう モノ では なく

︑本 のな かに 封じ 込め られ た知 識= 思想

=情 報 でし かな い︒ それ は本 でな くて も他 の情 報媒 体で も代 用で きる ので はな いか

︒検 閲の 合法 化と 言論 弾圧 に唯 一 対抗 でき る存 在= 図書 館が 主役 のフ ィク ショ ンも ある

︒だ が︑ 現実 的に は︑ 予算 削減 等で

︑専 門正 職員 も雇 わ ず︑ 本を 大切 に︑ と来 館者 に警 告し なが ら︑ 管理 のた めと はい えカ バー 等を 廃棄 し︑ 本を 選択 する

︑と いう 政 治性 に無 頓着 な多 くの 日本 の図 書館 にユ ート ピア は見 出せ ない

︒映 像や 音声

=感 覚的

︑文 字= 論理 的︑ 音も 映 像も ない

=想 像力 を喚 起す る等 につ いて の議 論は ここ では 割愛 する が︑ テレ ビや ネッ トが ない 時代 の人 たち が 愚か な戦 争を いく つも 起こ して きた など とい うつ もり は毛 頭な い︑ しか しな がら

︑本 から は知 識を 得ら れる が︑ 本に 書い てあ るこ とを その まま 鵜吞 みし てい る人 たち も少 なく ない

︑い わゆ る本 しか 読ま ない 人た ち= 活字 の

(14)

世界 に安 住す る人 たち にと って

︑そ の他 の情 報源 から の情 報︑ 否︑ 社会 自体 が非 存在 であ るこ とも 否め ない

︒ 他方

︑本 を読 まな い人 たち は︑ 今後

︑本 がど んな カタ チに なっ たと して も︑ 読ま ない であ ろう

︒た だし

︑言 う まで もな く︑ 本を 読ま ない こと は︑ 決し て罪 でも なん でも ない

︑そ の人 の選 択で ある (育 った 環境 等の 事情 が ある とし ても )︒ そし て︑ いわ ゆる 検閲 自体 も見 過ご して はな らな い大 きな 問題 であ るが

︑日 常的 な光 景︑ わ かり やす く書 き直 して 欲し い︑ とい う善 意も 検閲 の つで ある

︑そ れは

︑そ の文 章を 読む であ ろう 人た ちの 能 1 力を 過小 評価 し︑ あり えた かも 知れ ない コミ ュニ ケー ショ ンを 不成 立さ せよ うと して いる のだ から

︒知 識の 体 系化 の欲 望も とど まる こと をし らな い︑ ボル ヘス の妄 想は いつ の日 か実 現す るの かも しれ ない

︑D yn ab oo kの 創造 主が こと ある ごと に vi va ri um と例 示す るよ うに

︑デ ジタ ルの 住人 たち には

︑い わゆ る悪 意は ない のか も しれ ない

︒け れど も のシ ニフ ィエ はど うし ても ネガ ティ ブな もの にな って しま うの か︑ 無邪 気さ に潜 む暗

0/1

黒管 理社 会の 懸念 は残 る︑ 一私 企業 の安 定し た垂 直統 合で はな く︑ たと え不 安定 でも 公的 なま とめ 役が 求め ら れる

︒そ の主 体は 一国 家な のか

︑連 合的 なも のな ので あろ うか

︑そ こで はネ ット 社会 の正 邪含 めた 多様 性は 維 持で きる ので あろ うか

︒脱 部族 化/ 再部 族化 した 人た ちの ため の新 たな 公共 性が 求め られ てい るの かも しれ な い︒ 紙は

︑ほ とん ど話 題に はな らな かっ た︑

年は 電子 書籍 元年 と大 きく 騒が れた が︒ ただ し︑ 電子 の諸 々 20 10 は︑ 決し て新 しい もの では ない

︑す でに それ なり の歴 史と 失敗 の経 験を 蓄積 して いる

︒こ の年 は単 にネ ット の イン フラ が整 い︑ 念願 のい わゆ る課 金シ ステ ムが 確立 し︑ 持ち 運べ るデ バイ スが 登場 した だけ

︑と いっ ても 過

(15)

言で はな いか もし れな い( 話題 とな って いる to uc hと いう 操作 方法 は︑ タブ レッ トの 方が 開発 は先 と報 じら れ てい るが

︑再 定義 され た携 帯電 話が

年前 に販 売さ れ普 及す るこ とに よっ て浸 透さ せた もの )︒ それ らの 状況 3 に既 存の ビジ ネス で立 ち行 かな くな った 人た ちが 新た に狂 乱し てい るよ うに しか 思え ない

︑デ ファ クト を勝 ち 取る ため に︒ 新し いな にか が登 場す るこ とに よっ て︑ その 世界 が一 変す るこ とは ない

︑古 いも のと 新し いも の が並 立・ 共存 する とい う複 合/ 混沌 な状 態に なる

︑そ して

︑徐 々に

︑そ の役 割の 転換 が起 こる

︒し かし

︑た と えば

︑電 信や 電話 の登 場に よっ て郵 便が なく なら なか った よう に︑ テレ ビの 登場 によ って ラジ オが なく なら な かっ たよ うに

︑社 会が 必要 とす る手 段/ 道具 はそ の地 位を 変え よう とも

︑決 して 消滅 して しま うこ とは なか っ た︒ それ とと もに

︑メ ディ アに はメ ディ アそ れぞ れの 役割 と特 性が ある

︒た とえ ば︑ ケー タイ 小説 は未 成熟 な メデ ィア であ るこ とは 否め ない が︑ ケー タイ とい うメ ディ アに よっ て表 現を して いる

︑ケ ータ イと いう メデ ィ アを 選択 した 小説 であ る︑ 紙で 読ん で評 価す る作 品で はな い︒ いわ ゆる 作品 やジ ャン ルの 優劣 を問 題に して い るの では ない

︑ど の形 式を 選択 する かに 正否 や正 誤が ある わけ でも ない

︒ど のよ うな 形式 を選 ぶか で︑ その 時 点で 内容 が規 定さ れる

︑形 式は その 内容 の一 部で ある とと もに 全部 であ ると いう こと であ る︒ 一方

︑新 しい も のは

︑ダ メだ

/わ から ない

︑と 公然 と批 判/ 無視 する 人た ちが いる

︑で も︑ その 人た ちは

︑古 いも の︑ は知 っ てい るの であ ろう か︑ 自分 が生 まれ る以 前の 古い もの も︒ 経験 談は 説得 力が ある

︑た だし

︑人 間の 寿命 など た かが 知れ てい る︑ 人類 の過 去を 省み ない 者に は︑ 未来 を語 るこ とも でき ない

︒さ らに

︑古 い︑ 新し いか かわ ら ず︑ 可能 な限 り︑ 自ら

︑そ の道 具/ メデ ィア を使 用し ない 者は

︑そ れら を語 るこ とは 許さ れな いは ず( 使用 し たと して も訳 のわ から ない 持論 等を 押し つけ る方 々は 問題 外で ある が︑ 未使 用よ りも マシ であ る)

︒い ずれ に

(16)

して も︑ 混乱 は恒 常的 なも の︑ はじ まり も終 わり もな い物 語︒ けれ ども

︑い わゆ る本 をメ ディ アと して 真摯 に 対峙 して いる 者た ちに とっ ては 当然 の前 提が まっ たく 共有 され てい ない のも 明ら かで ある

︒た とえ ば︑ 紙を 束 ねた 冊子 の書 物と 電子 の書 物の 連続 性を 自明 とす るか どう か︑ 本は 単な る情 報の 器か 否か

︑で

︑議 論は まっ た く異 なる 方向 へ進 む︒ ある いは この 流れ を新 しき モノ

/者 たち によ る文 化の 破壊 とみ なす のか どう かで

︑一 歩 も進 まな いか もし れな い︒ それ は OS の変 更の よう な大 きな 作業 かも しれ ない

︑場 合に よっ ては

︑右 利き の人 に明 日か ら左 手に âを 持っ て食 事を して 下さ い︑ と強 いて いる のか もし れな い︒ だか らと いっ て︑ 立ち 止ま っ ては いら れな い︑ 少な くと も変 化へ の対 応の 準備 はし てお くべ きで あろ う︑ 幕末 のも のの ふを 気取 るか のご と く滅 びの 美学 に自 己陶 酔し ない 限り は︒ なぜ なら

︑後 漢代 の宦 官が

︑重 くて 高価 な媒 体は 不便 であ る︑ と紙 を 有用 なも のに 改良 して いっ たよ うに

︑各 時代 各地 域等 々で の合 理的 な選 択の 流れ は止 める こと はで きな いで あ ろう から

︒そ の流 れに 従え ば︑ より 合理 的な 情報 伝達 手段 が存 在す るの であ れば

︑そ れが 選択 され るこ とは 拒 めな いは ずで ある

︒そ して

︑い わゆ る既 存の 本と いう モノ は︑ 決し てな くな らな いで あろ う︑ しか し︑ それ は 一般 的な 消費 物で はな く︑ 贅沢 品あ るい は工 芸品 のよ うな もの にな るの かも しれ ない

︒そ の時 代に は︑ 装幀

/ 装丁

/装 釘家 は重 要無 形文 化財 の保 持者 とし て尊 敬さ れて いる ので あろ うか

︑一 方︑ ブッ ク・ ディ レク ター

︑ 本の ソム リエ

︑あ るい は編 集工 学者 たち は︑ 新し い領 域を 切り 開い てい るの か︑ それ とも 古き 良き 時代 を懐 古 して いる のか

︒い まだ 揺れ 動い てい る音 楽業 界以 上の 混乱 も予 想さ れる

︒C Dと いう 移行 期間 もな く︑ レコ ー ドか らそ のま まデ ータ へ︑ いわ ゆる パッ ケー ジは 単な るア イコ ンに なっ てし まう かも しれ ない

︑ジ ャケ 買い

/ 表紙 買い もな くな って しま うの か︒ 産業 構造 も変 わる であ ろう

︑絶 版/ 返本

/在 庫管 理は なく なる かも しれ な

(17)

いが

︑再 販と 委託 とい う制 度に 保護 され なく なる 世知 辛い が真 っ当 なビ ジネ スが はじ まる のか もし れな い︒ 流 通も 変化 する であ ろう

︑毎 日見 かけ る新 聞配 達や キオ スク への 大量 の雑 誌等 の運 搬も 懐か しい 光景 にな るの か もし れな い︒ 権利 の諸 問題 は時 間が かか るで あろ う︒ ペー ジの 可変 等に 伴う

︑新 聞の レイ アウ トに 代表 され る よう な版 面の 維持

=フ ォー マッ ト= ペー ジネ ーシ ョン

=編 集著 作権 は︑ 再考 され るで あろ う︑ その イン ター フ ェイ スと とも に︒ 必要 であ れば

︑電 気自 動車 にガ ソリ ン自 動車 の走 行音 の擬 音を 付加 した よう な︑ なに かし ら の擬 似的 な既 存の 模倣 は可 能で あろ う( たと えば

︑紙 のペ ージ の匂 い等 々も )︑ だが

︑ペ ージ をめ くる とい うメ タフ ァも 不要 とな る︑ これ まで とは 異な るア フォ ーダ ンス が当 然に なっ てい る時 代が いつ かは やっ てく るの か もし れな い︒ 図書 館で の全 体の 半分 を超 えな いコ ピー しか 許さ れな いと いっ た因 習も どう なる のか

︑複 製と い う概 念/ 行為 も改 めて 議論 され るの であ ろう か︒ これ まで の本 は︑ いわ ゆる 相続 可能 であ った

︑デ ータ とな っ た書 物は 財産 とな りえ るの か︑ いわ ゆる 古書 市場 はど うす るの であ ろう か︑ 既存 のも のだ けを 骨董 品の よう に 交換

/売 買す るだ けに なる のか

︒法 律的 には 厄介 なこ とで あろ うが

︑ク ラウ ドに ある 蔵書 の ID とパ スワ ード を移 譲す る時 代が 来る ので あろ うか

︒と ころ で︑ だれ もが 気軽 に参 加で きる ネッ ト社 会で はさ まざ まな 問題 が 起き る︑ いわ ゆる 知的 訓練 を受 けな い者 には 情報 発信 をさ せる な︑ とい う声 も日 増し に強 くな る︑ 一方 で︑ 新 しい 本で の出 版活 動は

︑す べて

人で まか なえ る︑ 編集 者不 要論 も囁 かれ る︒ けれ ども

︑そ れら の不 毛な 議論 1 に与 する 必要 はな い︑ 必要 なの は︑ その 前提 とな る︑ 各々 の状 況で 必要 とな る諸 々の リテ ラシ ーと はな にか

︑ それ を備 えた 者が いる のか

︑こ れま でに もい たの か︑ とい う検 討︑ 所属 や肩 書き では ない

︑い わゆ るプ ロの 再 定義 かも しれ ない

︒今 回の 騒動 の主 役と なっ てい る つの 存在

iP ad と Ki nd le は︑ 比較 され るこ とが 多い

︒ 2

(18)

ただ し︑

年の 初旬 にお いて

︑日 本語 の書 籍の 環境 がま だ不 十分 な米 国製 の機 器と いう 点は 共通 して い 20 11 るが

︑混 同さ れる こと も多 い︒ 前者 にお ける 読書 は幾 多あ る機 能の

つで しか ない

︑後 者の モノ クロ 画面 は文 1 字は 読み やす いが

︑触 って もな にも 起き ない

︑指 紋の 跡が つく だけ であ る︒ 雑誌 の電 子版 は非 常に 便利 であ る︑ 紙版 は保 管や 整理 や情 報の 検索 が難 しい

︑電 子版 は︑ それ らの 問題 を解 消/ 改善 して くれ る︒ しか し︑ 現状 の 日本 の電 子版 は紙 版と 異な るも ので しか ない

︒F ul l版 とさ れて いる のに

︑大 人の 事情 で︑ 紙版 に掲 載さ れて いる 広告 はカ ット され (雑 誌は 広告 もそ の内 容の 一部 とし て動 的な 社会 の今 を否 応な く表 象し てし まう 媒体 で ある はず なの に)

︑海 外の 通信 社等 が撮 影し た写 真は 載ら ない

︑い くら かの キャ プシ ョン が付 加さ れて いる と はい え︑ 写真 がな いと なん の記 事だ かわ から なく なる 場合 も多 々あ る( ちな みに

︑某 事務 所の 芸能 人の 写真 は︑ 表紙 にお いて さえ

︑灰 色の シル エッ トで 隠さ れて しま って いる )︒ 雑誌 を仕 事等 のた めの 資料 とし て使 うの な らば

︑そ れら の権 利関 係が クリ アさ れな い限 り︑ 電子 版は

︑購 入に 値し ない 不完 全な もの でし かな い( それ 以 前の 問題 とし て︑ 現時 点の 電子 雑誌 は︑ 雑誌 とい うメ ディ アを 愛し てい ない 人た ちが

︑単 なる ビジ ネス とは い わな いま でも

︑い わゆ るポ リシ ーも なく 運営 して いる とし か思 えな いの であ るが )︒ 現状 の曖 昧な シス テム が 維持 され ない と困 るこ とも ある

︒た とえ ば︑ 書店 やコ ンビ ニ等 での ケー タイ のカ メラ での 雑誌 のペ ージ の撮 影

=情 報の 万引 きが 話題 にな って いる が︑ その はる か以 前か ら︑ 毎日 どこ かで 合法 的に (逢 )情 報の 窃盗

=立 ち読 みが おこ なわ れて いる (筆 者自 身も すで に約

年ほ ぼ毎 日続 けて いる )︑ いわ ゆる 一部 読み では 意味 はな い︒ 40 もし 全面 的に 電子 化さ れた 場合

︑そ れら の雑 誌を 買う ので あろ うか

︑そ れと も読 まな くな るの であ ろう か︒

(19)

紙は

︑や はり 厄介 なメ ディ ア︑ が︑ 無視 する こと ので きな いメ ディ ア︑ 変わ った のか

︑変 わろ うと して いる の か︒ 媒体 の変 遷を 省み れば

︑文 字の 登場 は︑ 文字 を使 うと 記憶 力が 悪く なる

︑と 声の 文化 の住 人た ちに 辛辣 に 批判 され た︒ 印刷 技術 によ る情 報共 有の 出現 は︑ 知を 隠匿 して いた 権威 者た ちに 恐怖 をも たら した

︑そ して

︑ 今︑ 新た なな にか

︑否

︑本

/書 籍/ 雑誌

/新 聞︑ 読者

/利 用者

/消 費者

/著 者⁝ すべ てが 改め て問 われ てい る︑ その さま ざま な意 味で の存 在理 由を

︒新 たな 紙は

︑既 存の 体制 を大 きく 揺る がす

︑そ のや んち ゃな 暴れ っぷ り は︑ まさ しく メデ ィア 遊び であ る︒ それ とと もに

︑紙 の歴 史は 知の 蓄積 の歴 史︑ それ は内 容だ けで はな く形 式 の蓄 積で もあ る︒ 現在 の視 点か らは

︑い わゆ る綴 じ本 が当 然の よう に思 える が︑ かつ て書 物は 巻物 であ った (は だれ でも 知っ てい る)

︒横 長で 横組 とい う今 では あた りま えの 日本 の絵 本の 形式 も︑

年ほ ど前 には 縦型 50 で縦 組の もの しか 存在 して なか った (は あま り知 られ てい ない )︒ 美濃 半紙 をル ーツ とす る明 治政 府以 来の 日本 の公 文書 の標 準で あっ たB 版が

︑諸 々の 理由 によ り国 際的 なス タン ダー ド 版に 移行 して から

年し か経 っ A

20 てい ない (大 きな 問題 は起 きて ない よう であ る)

︒今 の姿 は︑ 常に 必然

+偶 然の 一時 の仮 のカ タチ

︒な にげ ない 日常 も揺 るぎ ない 永遠 のも のと 思い がち であ るが

︑そ れも うつ ろい やす いも の︑ 失っ た時

︑そ れが 大切 なも の だと 気が つく のか もし れな い︑ でも

︑時 が過 ぎる と人 は多 くの こと を忘 却し てし まう

︒紙 の本 は不 滅だ

︑と 幸 福な 記憶 を語 る人 たち は︑ ジョ バン ニが やっ てい たア ルバ イト の内 容を きち んと 説明 でき るの であ ろう か( ピ ンセ ット の使 用は 普通 なの か︑ 例外 なの か)

︒未 来の 可能 性は 無限

︑神 のみ ぞ知 る︒ fi re ma nの 意味 は︑ 将来

︑ 火を 消す 人︑ では ない のか もし れな い( その 時に は︑ それ は救 援で はな く攻 撃の 口火 を切 る人 を示 して いる の かも しれ ない

︑そ の球 技自 体が 存在 して いれ ばの 話だ が)

︑日 本語 に

の音 がな くて も︑ 実は

︑な んの 不便 50

(20)

もな いの かも しれ ない (濁 音を 加え た 種類 の音 から

音な くな って も︑ より 多く の語 彙が 必要 であ ろう 66

29 情交 の場 面の 描写 には 問題 はな いよ うで ある )︑ 気が つき さえ しな けれ ば︑ それ らを (日 )常 (の 良) 識と して 生 活し てい くの であ ろう

︒あ らゆ る新 しか った メデ ィア と同 様に

︑電 子の

○○ も︑ いつ かは 新参 者で なく なる

︑ 魑魅 魍魎 が跋 6す る保 守的 な出 版業 界の ゲリ ラで はい られ なく なる

︑そ のシ ステ ムの 一部 とし て機 能し なけ れ ばな らな い時 が訪 れる

︒た だし

︑そ んな こと には おか まい もな く︑ 生ま れた 時か らデ ジタ ルな 環境 で育 まれ る 子ど もた ちは

︑な んの 予断 も持 たず に︑ 素朴 に︑ 新し いな にか と戯 れる であ ろう

︑彼 ら/ 彼女 らは メー ルで プ ロポ ーズ 等す るこ とに なん の抵 抗も ない のか もし れな い︒ 人が 本を 選ぶ ので はな く本 が人 を選 ぶ︑ とい われ る よう に︑ 情報 も人 を選 んで いる はず であ る︒ これ まで とは 異な る新 たな アウ ラは

︑も うそ こに 存在 して いる の かも しれ ない

︑前 の世 代の 人た ちに は認 識さ れて いな いだ けで

http://bricolage.jp/design-not.html

参照

関連したドキュメント

主食については戦後の農地解放まで大きな変化はなかったが、戦時中は農民や地主な

• ネット:0個以上のセルのポートをワイヤーを使って結んだも

児童について一緒に考えることが解決への糸口 になるのではないか。④保護者への対応も難し

子どもたちは、全5回のプログラムで学習したこと を思い出しながら、 「昔の人は霧ヶ峰に何をしにきてい

巣造りから雛が生まれるころの大事な時 期は、深い雪に被われて人が入っていけ

単に,南北を指す磁石くらいはあったのではないかと思

2) ‘disorder’が「ordinary ではない / 不調 」を意味するのに対して、‘disability’には「able ではない」すなわち

下山にはいり、ABさんの名案でロープでつ ながれた子供たちには笑ってしまいました。つ