2019 年度制御工学 I 第 3 回レポート ( 模範解答 )

Loading.... (view fulltext now)

全文

(1)

2019 年度 制御工学 I 第 3 回レポート (模範解答) 1

2019 年度 制御工学 I 3 回レポート ( 模範解答 )

4

E

科 番号 氏名

[問題 1]

教科書【例

2.12】(p. 24-25)

の磁気浮上系に ついて,線形化された方程式が

M d

2

Δx(t)

dt

2

= K x Δx(t) K i Δi(t) (1) L dΔi(t)

dt + RΔi(t) = Δe(t) (2)

で与えられている。以下の問いに答えよ。

(1)

入力電圧

Δe(t)

から入力電流

Δi(t)

までの伝達関 数を求めよ。

(2)

入力電流

Δi(t)

からギャップ

Δx(t)

までの伝達関 数を求めよ。

(3)

入力電圧

Δe(t)

からからギャップ

Δx(t)

までの伝 達関数を求めよ。

Mg x

0+@x(t)

f

m

(t) e

0+@e(t)

i

0+@i

( t )

1:

磁気浮上系

【解答】

(1)

L[Δi(t)] = I(s), L[Δe(t)] = E(s), L[Δx(t)] = X (s) (3)

と定義して,式

(2)

をラプラス変換すると

LI(s)s + RI (s) = E(s) (4)

となる。よって,以下のようになる。

I(s)

E(s) = 1

Ls + R (5)

(2)

(1)

をラプラス変換すると

M X(s)s

2

= K x X(s) K i I(s) (6)

となる。よって,以下のようになる。

X (s)

I(s) = −K i

M s

2

K x (7)

(3)

(5),(7)

から

X (s)

E(s) = X (s) I(s)

I(s)

E(s) = −K i

M s

2

K x

1

Ls + R (8)

を得る。よって,定常状態における入力電圧から ギャップの変化までの伝達関数

G(s)

G(s) = X (s)

E(s) = −K i

(M s

2

K x )(Ls + R) (9)

と求まる。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :