2013 年 7 月 31 日

全文

(1)

2014 年 3 月期第 1 四半期 決算補足資料

2013 年 7 月 31 日

東京電力株式会社

(2)

〜将来見通しについて〜

東京電力株式会社の事業運営に関する以下のプレゼンテーションの中には、

「今後の見通し」として定義する報告が含まれております。それらの報告はこ

れまでの実績ではなく、本質的にリスクや不確実性を伴う将来に関する予想で

あり、実際の結果が「今後の見通し」にある予想結果と異なる場合が生じる可

能性があります。

(3)

Ⅰ. 2014 年 3 月期第 1 四半期決算の概要

(4)

○ 2014 年 3 月期の業績見通しについては、現時点において、停止している柏崎刈羽原子力発電所の運転 計画をお示しできる状況になく、予想を行うことが困難であることから、売上高・経常損益・当期 純損益ともに未定とし、今後、業績見通しがお示しできる状況となった段階で、速やかにお知らせ する。

2014 年 3 月期第 1 四半期決算のポイント 1

業 績 予 想

○ 昨年実施した料金改定の影響により電気料収入単価が上昇したことなどから、売上高は連結・単独 ともに増収。

○ 全社を挙げて徹底的な経営合理化に努めたものの、原子力発電が全機停止するなか、為替レートの 大幅な円安化の影響などにより燃料費が引き続き高い水準となったことなどから、経常損益は連 結・単独ともに損失(増益)。

○ また、特別損失として東北地方太平洋沖地震に伴う災害特別損失や、原子力損害について算定可能 な賠償の見積額を原子力損害賠償費に計上したものの、特別利益として原子力損害賠償支援機構資 金交付金を計上したことから、四半期純損益は連結・単独ともに利益(増益)。

概 要

 売上高 ::【連結】1兆4,377億円(前年同期比+1,280億円), 【単独】1兆3,938億円(同+1,392億円)

 経常損益 ::【連結】-294億円(前年同期比+947億円), 【単独】-416億円(同+924億円)

 四半期純損益 ::【連結】4,379億円(前年同期比+7,263億円), 【単独】4,308億円(同+7,164億円)

 自己資本比率 ::【連結】10.6%(前期末比+3.1ポイント), 【単独】8.8%(同+3.1ポイント)

(5)

業績概要(連結・単独) 2

(上段:連結、下段:単独) (単位:億円)

増減 比率(%)

(億kWh) 604 624 -20 96.8

(連) 14,377 13,097 1,280 109.8

(単) 13,938 12,545 1,392 111.1

14,612 14,185 426 103.0

14,260 13,761 499 103.6

-234 -1,088 853 -

-321 -1,215 893 -

14,658 13,347 1,310 109.8

14,172 12,807 1,364 110.7

14,953 14,590 363 102.5

14,589 14,149 440 103.1

-294 -1,242 947 -

-416 -1,341 924 -

6,662 62 6,600 - 6,662 118 6,543 -

1,936 1,610 326 -

1,936 1,610 326 -

4,379 -2,883 7,263 -

4,308 -2,855 7,164 -

10.6 3.5 7.1 -

8.8 1.7 7.1 -

-0.2 -0.7 0.5 -

-0.2 -0.8 0.6 -

273.29 -179.97 453.26 -

268.60 -178.03 446.63 -

1 株 当 た り 四 半 期 純 損 益 ()

営 業 損 益

経 常 収 益

経 常 費 用

経 常 損 益

特 別 利 益

特 別 損 失

四 半 期 純 損 益

比較

販 売 電 力 量

売 上 高

営 業 費 用

20143月期 第1四半期

20133月期 第1四半期

自 己 資 本 比 率 (%)

R O A (%)

(6)

(単位:億kWh% 見通し 前回見通し

4月 5月 6月 第1四半期 通期 通期

79.6 75.0 63.7 218.3 1,034.9 1,044.6

(-6.6) (-5.9) (-4.3) (-5.7) (-2.5) (-1.6)

72.2 67.3 56.5 196.1 936.4 946.3

(-6.3) (-5.8) (-4.6) (-5.7) (-1.7) (-0.7)

6.0 5.7 5.6 17.3 81.8 81.5

(-9.7) (-8.3) (-2.6) (-7.0) (-10.6) (-10.8)

1.4 1.9 1.6 4.9 16.8 16.8

(-6.3) (-0.3) (-2.8) (-2.9) (-3.8) (-4.0)

127.0 124.6 134.3 385.9 1,624.2 1,625.4

(-4.2) (-1.6) (0.7) (-1.7) (-0.3) (-0.2)

51.7 49.9 54.4 156.0 - -

(-5.6) (-2.6) (0.8) (-2.5) ( - ) ( - )

75.3 74.7 79.9 229.9 - -

(-3.3) (-1.0) (0.7) (-1.2) ( - ) ( - )

206.6 199.5 198.0 604.1 2,659.1 2,669.9

(-5.2) (-3.3) (-1.0) (-3.2) (-1.2) (-0.8)

(注)四捨五入にて記載。( )内は対前年伸び率。

2014年3月期

特 定 規 模 需 要 以 外

2014年3月期

(単位:億kWh、%)

4月 5月 6月 第1四半期

213.8 213.8 219.8 647.4

(-2.5) (-0.8) (0.8) (-0.8)

176.0 173.6 174.5 524.1

10.1 10.7 10.5 31.3

165.9 162.8 164.0 492.7

- - - -

新 エ ネ ル ギ ー 0.0 0.1 0.0 0.1

39.7 41.7 46.9 128.3

-1.9 -1.5 -1.6 -5.0

(注)( )内は対前年伸び率。

2014年3月期

3

販 売 電 力 量

【2014年3月期通期見通し】

2014年3月期は、第1四半期の

実績値を踏まえ、当初見通し から▲11億kWh下方修正。

【2014年3月期第1四半期実績】

3月から4月にかけて気温が前 年を上回って推移し暖房需要 が減少したことに加え、生産 水準の低下による影響などか ら、前年同期比▲3.2%となっ た。

発 受 電 電 力 量

2014 年 3 月期第 1 四半期 販売電力量・発受電電力量

【月間平均気温】

(単位:℃)

4月 5月 6月

今 年 14.1 18.9 22.2 前 年 差 0.5 0.1 1.3 平 年 差 0.3 0.7 0.8

(注)当社受持区域内にある9地点の観測気温を、当該気象台に対応       した当社支店の電力量規模 に応じて加重平均した平均気温。

<参考>

(7)

2014 年 3 月期第 1 四半期業績【対前年同期実績】 4

(注)費用等の差異要因は「費用等の対前年同期比較(単独)」P.15〜P.17参照

連結 単独 連結 単独 連結 単独

14,377 13,938 13,097 12,545 1,280 1,392

-234 -321 -1,088 -1,215 853 893

-294 -416 -1,242 -1,341 947 924

四 半 期 純 損 益

4,379 4,308 -2,883 -2,855 7,263 7,164

(単位:億円)

2014年3月期

第1四半期実績 2013年3月期 増 減

第1四半期実績

収支好転要因 (億円) 収支悪化要因 (億円) (億円)

・電気料収入の増 +1,073 1,073

・地帯間・他社販売電力料の増 +78 78

・その他収入の増 +213 213

・人件費の減 +115 115

・燃料費の増 -117 -117

・修繕費の減 +227 227

・減価償却費の増 -92 -92

・購入電力料の増 -320 -320

費 ・支払利息の減 +13 13

・租税公課の増 -83 -83

用 ・原子力バックエンド費用の減 +6 6

・その他費用の増 -190 -190 +924億円

・渇水準備金 +22 22

・原子力発電工事償却準備金 +0 0

・特別利益の増 +6,543 6,543

・特別損失の増 -326 -326 +7,164億円

<収支実績比較(単独ベース)>

経  常  損  益

四 半 期 純 損 益

【参考】

・販売単価の上昇(13/3 1Q : 18.81円/kWh → 14/3 1Q : 21.20円/kWh)

・燃調収入(13/3 1Q : 240億円 → 14/3 1Q : 380億円)

収支好転要因計 : 1,725億円程度

収支悪化要因計 : 800億円程度

【価格面】         -470億円  ・為替レートの円安化   -1,120億円  ・CIF価格の低下など     650億円

【消費量面】        +350億円  ・融通他社受電の増    380億円  ・発受電電力量の減    60億円  ・水力発受電の減    -90億円

【特別利益の増】      +6,543億円  ・支援機構資金交付金の増 6,662億円  ・有価証券売却益の減 -118億円

【特別損失の増】      -326億円  ・災害特別損失の増    -100億円  ・原子力損害賠償費の増 -225億円

・料金値上げによる影響約900億円

・燃料費調整制度による影響約140億円

(8)

東北地方太平洋沖地震による影響 (特別利益および特別損失、単独) 5

特別利益特別損失

◇原子力損害賠償支援機構資金交付金 (単位:億円)

(注) 借方:貸借対照表『未収原子力損害賠償支援機構資金交付金』に整理

※:原子力損害賠償補償契約に基づき受け入れた政府補償金1,200億円を控除した後の金額。

◆災害特別損失 (単位:億円)

○福島第一原子力発電所1〜4号機に関するもの

○その他

・福島第一原子力発電所7・8号機の増設計画の中止に伴う損失

合 計 

◆原子力損害賠償費 (単位:億円)

○個人に係るもの

 ・避難等対象者が負担した検査費用、避難費用、一時立入費用、帰宅費用等の損害見積額  ・避難等対象者の精神的苦痛に対する損害見積額

 ・自主的避難等対象者の生活費の増加費用や精神的苦痛等に対する損害見積額

 ・避難等対象区域内に住居又は勤務先がある勤労者の避難指示等に伴う給与等減収見積額

○法人・事業主に係るもの

 ・避難等対象区域内の農林漁業者・中小企業の避難指示等に伴う逸失利益見積額  ・政府等による農林水産物の出荷制限指示等に伴う損害見積額

 ・風評被害による農林漁業や観光業等に係る逸失利益見積額  ・間接被害等その他の損害見積額

○その他

 ・避難等対象区域内の財物の価値減少等に伴う損害見積額  ・福島県民健康管理基金

○政府補償金受入額

合 計 

37,893 6,662

9,662

○原子力損害賠償支援機構法第41条第1項第1号の規定に基づく交付金

内  訳 これまでの累計

これまでの 累計

・福島第一原子力発電所の事故の収束及び廃止措置等に向けた費用・損失

・福島第一原子力発電所1〜4号機の廃止に関する費用・損失

・福島第一原子力発電所5・6号機及び福島第二原子力発電所の原子炉の安全な冷温停止状態を維持する  ため等に要する費用

内  訳 2013年3月期 2014年3月期 これまでの累計

第1四半期 2011年3月期から

2012年3月期まで

内  訳

・火力発電所の復旧等に要する費用・損失   など

38,705 686

1,836 43

15,529

-1,200

 ・原子力損害賠償補償契約に関する法律の規定による補償金 (政府補償金) の受入額

13,150

2011年3月期から 2012年3月期まで

9,760 109

-9 446

24,262

2011年3月期から 20123月期まで

9,204

14,712 3,892 13,653 100

-44 402 3,946

6,968

1,105

2013年3月期 2014年3月期 1四半期

2013年3月期 2014年3月期 第1四半期

11,619 3,103

3,741

4,774

25,249

11,740

9,865

4,843 -1,200

(9)

2014 年 3 月期業績予想 【主要諸元・影響額】 6

20143月期

今回(7月31日時点) 前回(4月30日時点)

604 2,659 2,670

107.75 - -

98.79 - -

94.0 - -

- - -

【参考】

販売電力量 (億kWh) 624 2,690

全日本通関原油CIF価格 ($/b) 122.56 113.89

為替レート (円/$) 80.19 82.92

出水率 (%) 103.6 91.4

原子力設備利用率 (%) - -

(単位:億円)

今回(7月31日時点) 前回(4月30日時点)

- - 220程度

- - 320程度

- - 20程度

- - -

- - 260程度

(注)影響額のうち「全日本通関原油CIF価格」「為替レート」「出水率」「原子力設備利用率」は、

   年間の燃料費への影響額を、「金利」は支払利息への影響額をそれぞれ示している。

販売電力量 (億kWh) 為替レート (円/$) 出水率 (%)

原子力設備利用率 (%)

全日本通関原油CIF価格 ($/b)

金利(1%)

全日本通関原油CIF価格(1$/b) 為替レート(1円/$)

出水率(1%)

原子力設備利用率(1%)

20133月期実績

通期 通期見通し

第1四半期 1四半期実績

2014年3月期 通期見通し

【参考】

2013年3月期 通期実績

影 響 額

主 要 諸 元

(10)

【参考】燃料消費実績および見通し

石 油 LNG 石 炭

原油

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度

イ ン ト ゙ ネ シ ア 901 1,355 1,480 1,800 ア ラ ス カ 422 418 オ ー ス ト ラ リ ア 3,384 2,915 3,310 3,187

フ ゙ ル ネ イ 158 フ ゙ ル ネ イ 4,122 4,122 4,015 3,744 40

ア フ ゙ タ ゙ ヒ ゙ 4,870 4,761 4,914 4,804 南 ア フ リ カ

ヘ ゙ ト ナ ム 45 174 マ レ ー シ ア 3,862 3,874 3,867 3,439

オ ー ス ト ラ リ ア 141 150 306 194 イ ン ト ゙ ネ シ ア 109 166 54 カ ナ タ ゙ 87 70

ス ー タ ゙ ン 157 70 566 367 オ ー ス ト ラ リ ア 281 352 239 296 イ ン ト ゙ ネ シ ア 48 94

カ ゙ ホ ゙ ン 120 540 カ タ ー ル 238 292 178 902

チ ャ ト ゙ 31 タ ゙ ー ウ ィ ン 2,388 2,131 1,950 2,063 受 入 計 3,424 3,050 3,310 3,351

そ の 他 79 38 64 64 カ ル ハ ッ ト 757 561 689 689

受 入 計 1,323 1,613 2,535 3,328 サ ハ リ ン 1,807 2,069 2,119 2,898 重油 (単位:千kl) スポット契約 723 2,042 6,063 6,032 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 受 入 計 19,579 20,788 24,088 24,867 受 入 計 3,055 3,002 5,774 7,454

(単位:千kl) (単位:千t) (単位:千t)

国別・プロジェクト別受入実績

7

2010年度 実績

2011年度 実績

2012年度 実績

2013年度 今回見通し

2013年度 第1四半期実績

【参考】

2012年度 第1四半期実績

LNG(万トン)

1,946 2,288 2,371 - 559 541

石油(万kl

475 808 1,050 - 110 229

石炭 (万トン)

302 322 289 - 160 66

(注)月次消費実績については、当社ウェブサイトをご参照ください。 

URL:http://www.tepco.co.jp/tepconews/pressroom/consumption-j.html うちLNG短期契約・スポット

調達分は約128万t

燃 料 消 費 量 実 績

(注)端数処理の関係で合計が一致しない場合があります。

(11)

経営合理化方策 8

【総合特別事業計画における経営合理化方策】

<コスト削減>

総合特別事業計画で掲げた、東電本体: 2,719 億円、子会社・関連会社: 280 億円を達成見込み。

これに加え、それぞれ 1,000 億円規模、 100 億円規模の上積みを目指す(下表※)。

<資 産 売 却>

第 1 四半期末時点の累計実績は、不動産が 2,245 億円、有価証券が 3,258 億円、子会社・関連会社が 1,262 億円。

計画 実績 計画 達成見通し

2,719億円 達成できる見込み

280億円 達成できる見込み

2011年度 2012年度 2013年度

第1四半期

2011-2013年度 累計

(進捗率)

不動産 ・ グループ全体で2,472億円売却 502億円 1,634億円 108億円 2,245億円

(90%)

有価証券 ・ グループ全体で3,301億円売却 3,176億円 72億円 9億円 3,258億円

98%)

子会社・

関連会社 1,301億円相当売却 470億円 755億円 36億円 1,262億円

(97%)

合計 ・ 7,074億円売却 4,148億円 2,462億円 155億円 6,765億円

(95%)

2012‐2021年度の計画 2012年度 2013年度

東電本体 ・ 10年間で、3兆3,650億円の削減 3,518億円 4,969億円

2011-2013年度(原則)の計画

+1,000億円規模の上積みを目指す(※)

+100億円規模の上積みを目指す(※)

実績 子会社・

関連会社 ・ 10年間で、2,478億円の削減 280億円 317億円

(12)

スマートメーター導入に向けた取り組み 9

総合特別事業計画で掲げた合理化の一環として、スマートメーターの導入を推進。2013年度に機器の設計、生 産準備を完了し、2014年度より設置開始予定(2014年度:約190万台、2015年度以降各年度約320万台、2018 年度までに1,400万台以上)。遅くとも2023年度までに約2,700万台(全戸)設置予定。

2012年11月19日、スマートメーターの調達・展開業務、スマートメーターを活用した新たなサービスの企画・

立案業務などを実施する組織として、「スマートメーター戦略委員会」を設置。

本年5月1日、スマートメーター設置後・電力全面自由化後の新たな電力会社の在り方を検討するとともに、他 業種とのアライアンスなどにより、お客さまにスマートメーターのメリットを実感していただけるような新た なサービスを開発・提案する組織として、「新成長タスクフォース」を設置。

本年6月19日、通信システム・運用管理システムの開発やスマートメーターの入札などを遅滞なく進め、全社 を挙げて来年4月からのスマートメーター導入を推進する組織として、「スマートメーター推進室」を設置。

「スマートメーター推進室」は「スマートメーター戦略委員会」の事務局として関係部門と連携を図っている。

<スマートメーター戦略委員会、スマートメーター推進室、新成長タスクフォースの概要>

原子力損害賠償支援機構 委 員

副委員長

:必要があれば原子力損害賠償支援機構 と合同会議を開催

取締役会 取締役会長 執行役社長

フュエル&パワー・カンパニー 新成長タスクフォース事務局

スマートメーター推進室 経営改革本部

福島本部

パワーグリッド・カンパニー

委員長

事務局

連 携 スマートメーター戦略委員会

コーポレート各部

新成長タスクフォース タスクフォース長 タスクフォース長代理 タスクフォース事務局長

【事務局員】

中堅・若手クラスの社員10名程度 社外専門家複数名

(マーケティング、システムエンジニアなど)

カスタマーサービス・カンパニー

連 携 連 携

(13)

原子力安全改革プランの進捗報告 10

 本年3月29日に開催された第3回原子力改革監視委員会において「福島原子力事故の総括および原子力安全 改革プラン」が承認され、取締役会の決議を経て公表。本プランは、福島原子力事故の技術面での原因分 析に加え、事故の背景となった組織的な原因について分析した結果を、「福島原子力事故に対する反省」

とこれを踏まえた対策である「原子力安全改革プラン」として取りまとめたもの。

 本年7月26日に開催された第4回原子力改革監視委員会において、原子力改革特別タスクフォースから原子 力改革監視委員会へ「原子力安全改革プラン」の進捗報告を行い、本プランの状況を確認していただくと ともに、原子力改革監視委員会から当社取締役会が監視結果について答申を受けた。

本プランの状況の主な確認項目

原子力改革の取り組み- 1

 原子力安全に関する経営層向けの研修や原子力発電所幹部の安全意識を抜本的に向上させるための取り組みなどを 開始。

 「原子力安全監視室」を設置。原子力安全を最優先とした議論がなされているかを監視するなどの活動を開始。

 安全文化の浸透状況等を客観的に把握するため、WANO(世界原子力発電事業者協会)等の第三者機関による外部 評価を計画。

 「ソーシャル・コミュニケーション室(以下、SC室)」を設置。社会の捉え方に沿った情報公開やリスクコミュニ ケーターによる対話活動への取り組み。

 柏崎刈羽原子力発電所における福島第一事故の教訓を踏まえた設備面の対策(津波対策、冷却・除熱機能の確保、

フィルターベント設備)。緊急時対応能力の向上への取り組み。 など

一方、本プランの実施を加速し、実効性を上げる努力の必要性が提言された主な点

 福島第一の汚染水漏えい問題の解決に必要な対策を迅速に行うこと。

 事故・トラブル発生時のリスクコミュニケーションについては、社内の情報流通・共有を根本的に改善させるととも に、リスクコミュニケーター、SC室を機能させ、迅速かつ適切な情報公開に努めること。

 福島第一の廃炉作業の円滑な推進にあたっては、技術力のたゆまぬ向上に努めるとともに、立地地域や国と連係・対 話しつつ、全体的なリスクの最小化を図ること。

 これまで柏崎刈羽において実施した防災訓練で明らかとなった問題点を踏まえ、今後は経営層の意思決定事項や対外 対応時の本店の役割分担を明確化させた上で、外部との共同訓練の実施に向けた取り組みを具体化すること。 など

【原子力改革監視委員会から当社取締役会への答申】

(14)

【参考】原子力改革に向けた体制について 11

提言

原子力改革監視委員会

監視・監督

監督 付議 報告

報告

 2012年9月11日、経営体質や安全文化の改革を推進するため、取締役会の諮問機関として「原子力改革監視委員

会」、社長をトップとする「原子力改革特別タスクフォース」を設置し、「世界最高水準の安全と技術を有する原 子力発電所運営の実現」および「東電全体の経営・組織・企業文化の改革の実現」を迅速かつ強力に実行。

 「原子力改革監視委員会」:当社の原子力改革の取り組みについて監視・監督し、取締役会に報告・提言。

「原子力改革特別タスクフォース」:「原子力改革監視委員会」の監視の下、改革を実行。

 本年4月10日に、社長直轄の「ソーシャル・コミュニケーション室」を設置し、社会的感性に適合した行動を社内 に徹底させるとともに、日常的に潜在リスク情報の収集・分析を行い、迅速かつ適切な情報開示を促進。

 本年5月15日に、取締役会直轄の「原子力安全監視室」を設置し、執行側から独立した第三者の専門的知見を効果 的に活用し、原子力安全に関する取締役会の意思決定を補佐。

原子力改革の取り組み- 2

執行役社長 取締役会

原子力部門

諮問

原子力改革[新組織の設置]

原子力改革の体制

・デール クライン委員長(国際面、廃炉)

・バーバラ ジャッジ副委員長(自主規制面、ソーシャルコミュニケーション)

・大前 研一 委員(技術面)

・櫻井 正史 委員(危機管理・倫理面、リスクコミュニケーション)

取 締 役 会

本年5月15日 新 設

原子力安全監視室

ソーシャル・

コミュニケーション室 本年4月10日

新 設 原子力改革特別

タスクフォース

ソーシャル・コミュニケーション室 原子力安全監視室

原子力・立地本部

(15)

Ⅱ. 2014 年 3 月期第 1 四半期決算

(詳細データ)

(16)

損益計算書(連結) 12

(単位:億円)

増減 比率(%)

14,377 13,097 1,280 109.8

14,612 14,185 426 103.0

-234 -1,088 853

280 250 30 112.3

持 分 法 投 資 利 益 79 60 18 131.6

340 404 -63 84.3

-294 -1,242 947

22 -22

0 0 -0 48.8

6,662 62 6,600

1,936 1,610 326

38 56 -18 67.3

12 13 -0 97.2

4,379 -2,883 7,263

特 別 利 益

特 別 損 失

営 業 外 費 用

四 半 期 純 損 益

法 人 税 等

少 数 株 主 利 益 渇 水 準 備 金 引 当 又 は 取 崩 し

原子力発電工事償却準備金引当又は取崩し

営 業 損 益

経 常 損 益

営 業 収 益

営 業 外 収 益

2014年3月期 1四半期

2013年3月期 1四半期

比較

営 業 費 用

原子力損害賠償費1,610億円

災害特別損失100億円 原子力損害賠償費1,836億円 原子力損害賠償支援機構資金 交付金6,662億円

有価証券・関係会社株式売却益 62億円

(17)

収益等の内訳(単独) 13

(単位:億円)

増減 比率(%)

14,172 12,807 1,364 110.7

13,938 12,545 1,392 111.1

13,657 12,317 1,340 110.9

12,810 11,737 1,073 109.1

電 灯 料 5,083 4,799 284 105.9

電 力 料 7,726 6,938 788 111.4

262 247 14 106.0

141 77 63 181.2

444 255 189 174.2

280 228 52 122.9

233 261 -27 89.3

6,662 118 6,543 -

地 帯 間 販 売 電 力 料 他 社 販 売 電 力 料

そ の 他

特 別 利 益

附 帯 事 業 営 業 収 益

営 業 外 収 益

2013年3月期 第1四半期

比較

経 常 収 益

電 気 料 収 入

売 上 高

電 気 事 業 営 業 収 益

2014年3月期 第1四半期

(18)

費用等の内訳(単独) 14

(単位:億円)

増減 比率(%)

14,589 14,149 440 103.1

14,260 13,761 499 103.6

13,988 13,549 438 103.2

人 件 費 844 960 -115 87.9

燃 料 費 6,363 6,246 117 101.9

修 繕 費 579 806 -227 71.9

減 価 償 却 費 1,557 1,465 92 106.3

購 入 電 力 料 2,182 1,862 320 117.2

租 税 公 課 915 832 83 110.0

原 子 力 ハ ゙ ッ ク エ ン ト ゙ 費 用 122 129 -6 94.8

そ の 他 1,420 1,245 174 114.0

272 211 60 128.6

328 387 -58 84.8

287 301 -13 95.4

40 85 -45 47.5

1,936 1,610 326 -

20143月期 第1四半期

20133月期 第1四半期

比較

経 常 費 用

特 別 損 失

支 払 利 息

そ の 他

営 業 費 用

電 気 事 業 営 業 費 用

附 帯 事 業 営 業 費 用

営 業 外 費 用

(19)

費用等の対前年同期比較(単独) - 1 15

人件費(960億円→844億円)

給料手当(657億円→629億円) -28億円 

退職給与金(93億円→26億円) -66億円 

数理計算上の差異処理額 -28億円(5億円→-22億円)

燃料費(6,246億円→6,363億円)

消費量面

融通他社受電の増 -380億円 

発受電電力量の減 -60億円 

水力発受電の減(出水率103.6%→94.0%) +90億円  価格面

為替レートの円安化(80.19円/$→98.79円/$) +1,120億円  CIF価格の低下など(全日本通関原油CIF価格:$122.56/b→$107.75/b) -650億円 

-115億円 

+117億円 

<数理計算上の差異処理額> (単位:億円)

発生額

(A) 処理額 (再掲) 処理額 (再掲) (A) (B)

1Q処理額 1Q処理額

2011年3月期発生分 45 15 3

2012年3月期発生分 25 8 2 8 2 6

2013年3月期発生分 -292 -97 -97 -24 -170

合  計 -73 5 -88 -22 -164

(注)「数理計算上の差異」は、発生年度から3年間で定額法により計上。

2013年3月期

2014年3月期 1Q末処理額 2014年3月期

各期の費用処理額(引当額) (B)

(20)

費用等の対前年同期比較(単独) - 2 16

修繕費(806億円→579億円)

電源関係(276億円→162億円) -114億円 

水力(18億円→18億円) +0億円 

火力(193億円→130億円) -63億円 

原子力(63億円→12億円) -51億円 

新エネルギー等(1億円→1億円) -0億円 

流通関係(521億円→409億円) -112億円 

送電(49億円→39億円) -10億円 

変電(41億円→32億円) -9億円 

配電(429億円→337億円) -92億円 

その他(8億円→8億円) -0億円 

減価償却費(1,465億円→1,557億円)

電源関係(570億円→697億円) +126億円 

水力(92億円→87億円) -4億円 

火力(278億円→409億円) +131億円 

原子力(198億円→197億円) -0億円 

新エネルギー等(1億円→1億円) +0億円 

流通関係(862億円→834億円) -28億円 

送電(404億円→392億円) -11億円 

変電(162億円→155億円) -7億円 

配電(296億円→286億円) -9億円 

その他(31億円→26億円) -5億円 

-227億円 

+92億円 

主な増減要因

配電:変圧器取替工事費用の減    高圧電線取替工事費用の減 など

主な増減要因

火力:タービン設備修理関連費用の減 など

<減価償却費の内訳>

2013年3月期 第1四半期 2014年3月期第1四半期

普 通 償 却 費 1,447億円  1,416億円  特 別 償 却 費       −       − 試 運 転 償 却 費 18億円  140億円 

主な増減要因

火力:常陸那珂火力発電所2号機増設、広野火力    発電所6号機増設による試運転償却費の増 など

(21)

費用等の対前年同期比較(単独) - 3 17

購入電力料(1,862億円→2,182億円)

地帯間購入電力料(354億円→498億円) +143億円 

他社購入電力料(1,507億円→1,684億円) +176億円 

租税公課(832億円→915億円)

固定資産税(204億円→256億円) +51億円 

道路占用料(216億円→243億円) +27億円 

原子力バックエンド費用(129億円→122億円)

使用済燃料再処理等費(123億円→116億円) -6億円 

その他(1,245億円→1,420億円)

委託費(486億円→413億円) -73億円 

原子力損害賠償支援機構負担金(−億円→141億円) +141億円 

再エネ特措法納付金(−億円→160億円) +160億円 

附帯事業営業費用(211億円→272億円)

エネルギー設備サービス事業(3億円→3億円) +0億円 

不動産賃貸事業(9億円→8億円) -1億円 

ガス供給事業(189億円→253億円) +64億円 

その他附帯事業(9億円→6億円) -2億円 

支払利息(301億円→287億円)

期中平均利率の低下(1.48%→1.47%) -1億円 

有利子負債残高の減による影響(期末有利子負債残高 7兆9,743億円→7兆6,982億円) -13億円 

営業外費用−その他(85億円→40億円)

雑損失(82億円→35億円) -46億円 

特別損失(1,610億円→1,936億円)

災害特別損失(−億円→100億円) +100億円 

原子力損害賠償費(1,610億円→1,836億円) +225億円 

+326億円  +83億円 

-6億円 

-45億円  -13億円  +174億円 

+60億円  +320億円 

主な増減要因

固定資産税:償却資産税の納付時期変更などに伴う増 など 主な増減要因

地帯間購入電力料:被災した電源の復旧などによる受電増 他社購入電力料:太陽光発電設備からの購入増 など

主な増減要因

ガス供給事業:LNG価格の上昇に伴う原材料費の増 など 主な増減要因

委託費:原子力発電所の耐震安全性調査委託の減

原子力損害賠償支援機構負担金:一般負担金の計上による増 再エネ特措法納付金:全量買取制度開始による増 など

(22)

貸借対照表(連結・単独) 18

42,799 44,038 42,796 44,036 34,382 35,097 34,090 34,788

113 112

95 95

- -

- -

(注)上段:連結、下段:単独。

短期借入金

C   P

(単位:億円)

社   債

長期借入金

2014年3月期 第1四半期末

2013年 3月期末

(連)

(単)

<有利子負債残高の内訳>

(上段:連結、下段:単独) (単位:億円)

2014年3月期 2013年

第1四半期末 3月期末 増減 比率(%)

(連) 147,570 149,891 -2,320 98.5

(単) 143,593 146,197 -2,604 98.2

124,260 122,481 1,779 101.5

122,584 120,996 1,588 101.3

電 気 事 業 固 定 資 産 73,101 73,795 -694 99.1

附 帯 事 業 固 定 資 産 428 443 -14 96.7

事 業 外 固 定 資 産 36 45 -9 79.3

固 定 資 産 仮 勘 定 10,222 9,533 689 107.2

8,058 8,076 -17 99.8

投 資 そ の 他 の 資 産 30,737 29,102 1,634 105.6

23,309 27,410 -4,100 85.0

21,008 25,201 -4,192 83.4

131,628 138,513 -6,884 95.0

130,968 137,880 -6,911 95.0

113,409 118,042 -4,632 96.1

112,413 116,947 -4,533 96.1

18,170 20,422 -2,251 89.0

18,506 20,885 -2,378 88.6

48 47 0 101.0

48 47 0 101.0

15,941 11,378 4,563 140.1

12,624 8,317 4,307 151.8

16,014 11,634 4,379 137.6

12,642 8,334 4,308 151.7

-307 -467 160

-17 -16 -0

234 211 23 111.2

(*)固定資産の内訳は単独

77,294 79,248 -1,953 97.5

76,982 78,920 -1,937 97.5

10.6 7.5 3.1

8.8 5.7 3.1

( 連 ) そ の 他 の 包 括 利 益 累 計 額 ( 単 ) 評 価 ・ 換 算 差 額 等

有 利 子 負 債 残 高 自 己 資 本 比 率 (%)

比較

原 子力発電工 事償却準 備引当金

(*)

「投資その他の資産」には、未収原子力損害 賠償支援機構資金交付金10,645億円を含む。

(23)

セグメント情報 19

(注)上記数値は、プロジェクト各社(連結子会社以外のプロジェ クト会社含む)の売上高・利益に当社の持分比率を乗じて算定し た値を合計したものであり、セグメント情報・持分法投資損益の 合計値と一致しない。

<参考:海外発電事業の持分売上高・利益>

(単位:億円)

売上高 営業利益 四半期純利益

2014年3月期第1四半期

223 78 61 14,377

6,784 67 3,713 180 13,900 13,395 1,849 295 973 438 14,612

7,251

3,545

カ ス タ マ ー サ ー ビ ス 13,919

1,853

899

-234

-467

168

カ ス タ マ ー サ ー ビ ス -18

-4

74

(注)売上高の下段は、外部顧客に対する売上高。

カ ス タ マ ー サ ー ビ ス

(単位:億円)

2014年3月期 第1四半期

<附帯事業の主な内訳> (単位:億円)

対前年 増減

対前年 増減

ガス供給事業 247 57 -5 -7

不動産賃貸事業 16 -2 8 -1

海外コンサルティング事業 1 -1 1 -1

(注)附帯事業は、コーポレートに帰属している。

2014年3月期第1四半期 売上高

2014年3月期第1四半期 営業損益

<その他の主な内訳> (単位:億円)

対前年 増減

対前年 増減

東電工業 124 -18 -5 -10

東京ティモール・シー・リソーシズ(米)社 80 8 54 4

東電フュエル 156 -3 4 2

東電広告 42 0 6 2

2014年3月期第1四半期 売上高

2014年3月期第1四半期 営業損益

(24)

【参考】カンパニー等収支(単独) 20

カンパニー等の収支

カンパニー等の概要と社内外における主な取引

※1:2013年3月末従業員数

※2:2013年3月末資産規模(固定資産勘定)

※3:お客さまにお届けする電気の品質(周波数や電圧)を一定に保つこと

カスタマーサービス・カンパニー

お客さまのご要望に沿った最適なトータルソリューションの提案、充実した お客さまサービスの提供、安価な電源調達

パワーグリッド・カンパニー

送電・変電・配電による電力の供給、水力発電による電力の販売、送配電・

通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全 フュエル&パワー・カンパニー

火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業へ の投資

アンシラリーサービス

(8,000人程度※1, 数十億円程度※2 コーポレート

原子力・立地 本部 福島復興本社

福島本部 経営補佐 共通サービス

10,000人程度

5兆円程度

※1

※2

(16,000人程度※1, 5.5兆円程度※2

3,000人程度※11.5兆円程度※2

ビジネス サポート等 原子力電力料

水力電力料 社内託送料

火力電力料

※3

ビジネス サポート等

ビジネス サポート等

燃料費

(社外へ)

購入電力料

(社外へ)

電気料収入

(お客さまより) お金の流れ(社内取引)

お金の流れ(社外取引)

(単位:億円)

フュエル&パワー

・カンパニー

パワーグリッド

・カンパニー

カスタマーサービス

・カンパニー コーポレート 四半期(個別)

損益計算書計上額 売上高

 外部顧客への売上高

  (社外取引) 67 180 13,395 295 13,938

 カンパニー等間の内部  売上高又は振替高

  (社内取引) 6,717 3,532 505 1,553 − 

6,784 3,713 13,900 1,849 13,938

営業損益 -467 168 -18 -4 -321

※:社内取引を控除して表示

(25)

【参考】社債償還スケジュール(単独) 21

社債償還予定額 (2014年3月期第1四半期末時点)

499 6,355

4,464 4,381

3,668

5,210

2,865

2,100

300 692

40 6,724

250

12,983

1,342

0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000

6,355 4,464 4,381 3,668 12,983 5,210 2,865 2,100 300 0 1,600 350 200 0 250

(億円)

外債

国内債(私募債)

国内債(公募債)

※2

※1

※2

※1

※2

1,600

350 200 250

2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2028 2029 2030 2040

(注)2014年3月期第1四半期における償還額は1,932億円 (年度)

1:外債(内数)

※2:私募債(内数)

※2

Updating...

参照

関連した話題 :