Microsoft PowerPoint - ★【音声付】2-2-1_ICD-O-3概論2020

全文

(1)

国際疾病分類-腫瘍学 ICD-O

International Classification of Deseases for Oncology

1

国立がん研究センター がん対策情報センター

がん登録センター

ICDICD-O

ICDとは

*腫瘍に限らず

全ての疾病、傷害、死因の分類

ICD-O とは

*腫瘍(新生物)のためにつくられた分類

ICD の関連分類)

*腫瘍の局在(部位)と

形態診断(病理組織診断)の組み合わせで 用いる。

2

国際疾病分類 腫瘍学 第3版(ICD-O-3)

International Classification

of Diseases for Oncology

3rd Edition

2000年 WHOが改訂〈Revision〉

(2003年に日本語版出版)

2012年 WHOが改正〈Update〉

(2014年に日本語版(2012年改正版)を出版)

2016

WHO

が改正(第

3.1

版)

2018

年に日本語版(第

3.1

版)を出版)

2019年 IARCが改正(第3.2版)

3

院内がん登録では第

3.2

版を

2020

年症例から適用

ICD-O-3.1 版の構成

 目次

 まえがき

 使用上の注意(日本版のみの項目)

 謝辞

 歴史

 コーディングガイドライン

 番号順リスト(局在、形態)

 索引(日本語、英語)

 付録

4

ICD-O のコード構造

 局在コード( T 分類・4桁コード)

C##.#

形態コード(M分類・6桁コード)

(M-)####/##

完全なコード構造は

局在コード+形態コードの 10 桁 C ## . # #### / ##

5

T/M分類という表現は、病期分類と混同しやすく、使用しないこと

形態コードの「M-」という表現も、がん登録では使用しない

局在コードの構造

C## . #

がん登録では、

原発部位を表現する

〈例〉

C16.0~.9

(3.1年版 P79)

C16.0 噴門 C16.1 胃底部 C16.2 胃体部 C16.3 胃前庭部

6

臓器・組織 詳細部位

(2)

形態コード全体の構造

(M-)####/# #

組織/細胞型 性状 分化度

など

形態コード 性状コード 分化度コード

[形態コード P117~] [性状 P110~] [分化度 P112~]

7

形態コード (第1~4桁目) 〈組織型〉

####/##

4桁の数字で、特定された組織型を示す

多くの場合、

上3桁で 大きな分類を

1 桁で より詳細な組織型を表現

〈例〉

8010~8046

上皮性新生物

8011

上皮腫

8050~8084

扁平上皮性腫瘍

8070

扁平上皮癌

8076

扁平上皮癌、微小浸潤性

8

形態コード (第 5 桁目) 〈性状コード〉

9

コード 性状を表す表現 (英語)

/0

良性 Benign

/1

良性・悪性の別不詳境界悪性 低悪性度

Uncertain whether benign or malignant

Borderline malignancy Low malignancy potential

/2

上皮内がん

上皮内 非浸潤性 非侵襲性

Carcinoma in situ Intraepithelial Noninfiltrating Noninvasive

/3

悪性、原発部位 Malignant, primary site

/6*

悪性、転移(続発)部位 Malignant,

metastatic (secondary)site

/9*

悪性、原発・転移の別不詳 Malignant,

uncertain whether primary or metastatic site

がん登録では /6, /9は使用しない

形態コード (第6桁目) 〈異型度・分化度〉

10

6桁目 異型度 分化度 (英語)

1

異型度

高分化型分化型、NOS Well differentiated Differentiated, NOS

2

異型度

中分化型中等度分化型

中程度の分化

Moderately differentiated Moderately well differentiated Intermediate differentiation

3

異型度

低分化型 Poorly differentiated

4

異型度

未分化型退形成 Undifferentiated

Anaplastic

9

異型度/分化度が未決定、未記載、適用外

★固形がんなどの場合

形態コード (第6桁目) 〈免疫学的表現型〉

11

6桁目 リンパ系細胞の種類 (英語)

5 T細胞

T cell

6 B細胞

前B細胞

B前駆細胞

B cell Pre B cell Precursor B cell

7

ヌル細胞非T・非B細胞 Null cellNon-T/Non-B cell

8 NK細胞

ナチュラルキラー細胞 NK cellNatural killer cell

9

細胞型が未決定、未記載、適用外(リンパ球以外)

★リンパ腫・白血病(いわゆる造血器腫瘍)の場合

組織型により6桁目が決定されるもの

 組織型に分化度を含んだ形態コード

(未分化型:6桁目)+未分化癌のように重複する表現となるため 組織型

(英語)

組織型

(日本語)

~2015年症例 形態コード

2016年以降の 院内がん登録ルール Carcinoma,

undifferentiated 未分化癌 8020/34

8020/39

Follicular adenocarcinoma,

well differentiated 高分化型

濾胞腺癌 8331/31

8331/39

Liposarcoma, well differentiated

高分化型

脂肪肉腫 8851/31

8851/39

組織型の表現に含まれる分化度等の情報によって、

形態コードの頭4桁が決定される組織型については

表現に含まれる分化度は6桁目には反映させない

(3)

組織学的 Grade6 桁目の対応表

 自施設で用いられている分類で判断する

 2段階

 3段階

 4段階

13

表 現 6桁目

Low grade 1

High grade 3

表 現 6桁目

Low grade 1

Intermediate grade 2

High grade 3

表 現 6桁目

GradeⅠ/ Well differentiated 1

GradeⅡ/ Moderately differentiated 2

GradeⅢ/ Poorly differentiated 3

GradeⅣ/ Undifferentiated 4

6 桁目の部位特異的決定基準

 腎実質癌は、

Fuhrman Nuclear Grade の4段階分類

 軟部組織は、FNCLCC分類

 軟部組織以外から発生した肉腫は、

記載されている Grade をそのまま用いる

14

細胞型から形態コードを決定する場合

15

 診療記録を元に決定すること

コードに含まれる情報から、6桁目を決定しない

慢性リンパ性白血病

索引で引くと

9823/3

番号順リストを見ると、「B細胞性」

9823/36

情報がないのにB細胞と決めつけない!

9823/39

9823/3 B細胞慢性リンパ球性白血病/小リンパ 球性リンパ腫(M-9670/3も参照)

慢性リンパ球性白血病、B細胞型

(BCLLのすべての変異体を含む※2 慢性リンパ球性白血病 慢性リンパ性白血病

完全なコードの構造

C##.# ####/# #

=10桁コード

〈例〉 肺上葉の低分化型扁平上皮癌

(poorly differentiated squamous cell carcinoma, upper lobe of lung)

C34.1 8070/3 3

肺 上葉 扁平上皮 原発悪性 低分化

16

番号順リストの配列例

 第一選択用語(見出し語)

 同義語

 同等語

C16.0 噴門,NOS ←第一選択用語(太字)

胃噴門 ←同義語(同じ意味)

噴門食道接合部 ←同等語(別のコードを振るほど違わない)

食道胃接合部 ←同等語の同義語 胃食道接合部 ←同等語の同義語 8460/3 乳頭状漿液性のう胞腺癌 ←第一選択用語

乳頭状漿液性腺癌 ←同義語(同じ意味)

微小乳頭状漿液性癌 ←同等語

17

NOS( Not Otherwise Specified )の意味

 「他(のコード)に特定されていない」という意味

修飾語を伴っていない場合

広い(一般的な)意味で用いられている場合

その分類に現れていない修飾語を伴っている場合

18

Adenocarcinoma(see also carcinoma) 腺癌(癌腫も参照)

8140/3 NOS NOS

8140/6 metastatic, NOS 転移性

8160/3 NOS, 《C22.1》 NOS肝内胆管原発の場合

8280/3 acidophil 好酸性

8550/3 acinar 腺房

・・・ ・・・ ・・・ 中略 ・・・

8570/3 with squamous metaplasia 扁平上皮化生を伴うもの 英語索引 P336左

(4)

索引の形式

 日本語版索引

《局在用語索引》

《形態用語索引》の二つに分かれている

ヘッダーの違いで確認できる、

 英語版索引

局在・形態が一体になった構成となっている

局在用語か形態用語か分からなくても、

索引から引くことができる

19

日本語索引 《局在用語索引》

局在用語索引 P207

胃:

・NOS C16.9

・リンパ節 C77.2

・~後壁,NOS (C16.0-C16.4

に分類されないもの) C16.8

・~小弯,NOS (C16.0-C16.4

に分類されないもの) C16.5

・食道~移行部 C16.0

・・・ 中略 ・・・

・境界部病巣 (73ページの注も参照) C16.8

20

日本語索引 《形態用語索引》

形態用語索引 P260右

移行上皮癌

・ NOS 8120/3

・ 上皮内 8120/2

・ 肉腫様 8122/3

・ 乳頭状(C67. _) 8130/3

・ 乳頭状,非浸潤性(C67._) 8130/2

・ 微小乳頭状(C67._) 8131/3

・ 紡錘形細胞 8122/3

21

英文索引 (アルファベット順)

22

A

Abdomen 腹部

C76.2 NOS NOS

C47.4 autonomic nervous system 自律神経系 C49.4 connective tissue 結合組織

C49.4 muscle

C47.4 peripheral nerve 末梢神経

C44.5 skin 皮膚

C49.4 subcutaneous tissue 皮下組織 M-8822/1 Abdominal desmoid 腹部デスモイド M-8822/1 Abdominal fibromatosis 腹部線維腫症

Abdominal 腹部の

C49.4 aorta 大動脈

C15.2 esophagus 食道

C77.2 lymph node リンパ節

C49.4 vena cava 大静脈

ALPHABETIC INDEX P335

英文索引利用の注意点

 ○○ ,

××という記述は、

「××という○○」を意味している

急性骨髄性白血病に伴うものという異常骨髄好酸球

異常骨髄好酸球を伴う急性骨髄性白血病

 「 see SNOMED

SNOMED:病理学的な分類を参照すること

(腫瘍だけでなく、炎症や変性などもコード化されている)

23

M-9871/3 Abnormal marrow eosinophils, acute myeloid leukemia with (includes all variants)

M-9871/3 Abnormal marrow eosinophils, acute myelomonocytic leukemia with (includesall variants)

M-8075/3 Acantholytic squamous cell carcinoma M--- Acanthoma, clear cell (see SNOMED) M--- Acanthosis nigricans (see SNOMED)

診断根拠が病理組織学的でない(顕微鏡的確認がない)時に 用いてよい形態コード (日本のがん登録でのルール)

形態コード 組織診断名 形態コード 組織診断名

8000 新生物・腫瘍, NOS 9350 頭蓋咽頭腫

8150‐8153 膵内分泌腫瘍

ガストリノーマ 9380 グリオーマ

8154/3 膵内分泌・外分泌細胞

混合腫瘍 9384/1 上衣下巨細胞性

アストロサイトーマ

8160/3 胆管細胞癌* 9500 神経芽腫(神経芽細胞腫)

8170 肝細胞癌 9510 網膜芽腫(網膜芽細胞腫)

8270‐8281 下垂体腫瘍/癌 9530-9539 髄膜腫

8720 黒色腫(眼または皮膚に

原発) 9590 悪性リンパ腫, NOS

8800 肉腫,NOS 9732 多発性骨髄腫

8960 腎芽腫 9761 ワルデンストレーム

マクログロブリン血症

9100 絨毛癌 9800 白血病, NOS

9140 カポジ肉腫

24

(p.59)

(5)

ICD-O-3.2 版 院内がん登録実務用

院内がん登録支援からダウンロード https://ctr-info.ncc.go.jp/

25

ICD-O-3.2 版 形態,番号順リスト

 8000/0 からコード番号の小さい順に掲載

 診断名は、英語と日本語 並列表記

 PDFとExcelの2種類を提供

26 コード 形態用語 和訳形態用語 局 在 [obs] 備考1 備考2 NCC注釈 801-804 Epithelial neoplasms, NOS 上皮性新生物,NOS

8045/3 ★ Combined small cell carcinoma 小細胞混合癌

混合型小細胞癌

Mixed small cell carcinoma 小細胞混合癌 8045/3 Combined small cell-adenocarcinoma 小細胞・腺混合癌 Combined small cell-large cell carcinoma 小細胞・大細胞混合癌 Combined small cell-squamous cell carcinoma 小細胞・扁平上皮混合癌 8046/3 Non-small cell carcinoma 非小細胞癌 (C34._)

ICD-O-3.2版 形態,アルファベット順リスト

 掲載されている英語の形態用語を ABC順に掲載

 診断名は、英語表記のみ

 PDF と Excel の2種類を提供

27

コー ド 形態用語 局 在

A

8822/1 Abdominal desmoid 8822/1 Abdominal fibromatosis

8730/0 Achromic nevus (C44._)

8280/3 Acidophil adenocarcinoma (C75.1)

8280/0 Acidophil adenoma (C75.1)

8280/3 Acidophil carcinoma (C75.1)

8551/3 Acinar adenocarcinoma of lung (C34._) 8140/3 Acinar adenocarcinoma of prostate (C61.9) 8480/3 Acinar adenocarcinoma, mucinous variant

がん登録における登録時のルール

 UICC TNM 分類の版の改定に伴い、

新規採用の分類やルールに対応するため

 新しい診断名や分類の考え方などに対応する ため

標準化専門委員会で検討され、決定されたもの

原発不明 頸部リンパ節

(頭頸部)原発不明―頸部リンパ節 UICC TNM分類第8版から採用の分類

これに該当する症例の局在コードは、

→ 局在コード C76.0

眼内腫瘍の局在コード

眼内腫瘍(眼球内部の腫瘍)の場合は、

下記のいずれかの適切な局在コードを付与

「眼内」 であること以上詳細が不明な場合は、

「C69.4」を用いる。

眼球内での発生を明確にするため、

可能な限り「C69.9 眼NOS」は用いない。

局在コード 亜部位

C69.2 網膜

C69.3 脈絡膜

C69.4 毛様体、水晶体、虹彩、強膜、ぶどう膜、眼内器官、

眼球

(6)

悪性として扱う組織型 ①

胸腺腫

ただし、医師の診断で「良性」または「境界悪性」と 明示があれば、その限りではない。

褐色細胞腫(Pheochromocytoma)と 傍神経節腫(Paraganglioma)

病理医が「良性」と明記していれば、その限りではない。

※どちらも悪性と扱い性状コード(5桁目)は

「3」とする。

悪性として扱う組織型 ②

 膵の充実性偽乳頭状腫瘍

( Solid pseudopapillary neoplasm of pancreas )

*ICD-O-3.1版では、「8452/1」としているが、

腫瘍に対する考え方が変わってきていた。

*ICD-O-3.2版では、膵の充実性偽乳頭状腫瘍は

「8452/3」に分類された。

悪性として扱う組織型 ③

 卵巣の成人型顆粒膜細胞腫瘍

(Adult granulosa cell tumor of ovary)

*ICD-O-3.1では、「8620/1」だったが、

WHO分類や取扱い規約では、悪性(/3)の扱い。

*院内がん登録では、2019年症例から

「8620/3」 として 「登録対象」に含めている。

*ICD-O-3.2版では、「8620/3」に分類された。

神経内分泌腫瘍の形態コード

診断名 ~2017年 2018年~

膵以外

2018年~ 備考

NET ― 8150/3_ 8240/39

NET G1 8240/3_ 8150/31 8240/31 NET G2 8249/3_ 8150/32 8249/32

NET G3 ― 8150/33 8249/33 *NEC G3とは別のものか確認し、

別ということであれば、膵であれば、

8150/33、膵以外では8249/33を付与 NEC G3 8246/3_ 8246/3_ 8246/3_ *small cell NEC 8041/3_

*large cell NEC 8013/3_

MANEC 8244/3_ ― 8244/3_

神経内分泌腫瘍(NEN)の分類

ポリープ内癌の形態コード

 2018年症例までは、

「ポリープ内に癌があるという状態」を優先してコード。

 2019年症例からは、

「ポリープ内にある癌の組織型」を優先してコード。

よって、8210/_、8261/_、8263/_のコードは 使用しない。

〔例〕 ポリープ内の管状腺癌

2018年症例までは、 8210/3

(状態を優先)

2019年症例からは、 8211/3

(組織型を優先)

前立腺 腺癌の形態コード

 前立腺 腺癌

記載されている分化度も反映させず

8140/39

2017 年症例までは、

Gleason score から得られる G 分類を、

6桁目に反映。

2018 年症例からは、

Gleason score の情報を 6 桁目に

反映させず、「9」とする。

(7)

単形性移植後リンパ増殖異常症について

単形性PTLD(monomorphic post transplant

lymphoproliferative disorder)と診断されたら、

特定のリンパ腫の組織型情報が得られる場合

特定のリンパ腫の形態コードを登録

特定のリンパ腫の組織型情報が得られない場合

⇒ 9590/3_の形態コードを登録

※いずれであっても、【699腫瘍情報テキスト】に

「単形性PTLD」の診断であることを残す。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP