• 検索結果がありません。

「新入社員意識調査」に関するアンケート調査結果

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "「新入社員意識調査」に関するアンケート調査結果"

Copied!
7
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

2018 年度県内新入社員の「入社半年後の意識調査」

企業との認識のズレが明確に

入社半年後の新入社員の意識と採用した側の企業の考えを比較したところ、そこから見えてき たものは・・・ 調査では栃木県内の企業の 2 割近くですでに新入社員が退社しており、さらに、転職を考える 新入社員の半数近くが 5 年以内の転職を考えていることがわかった。新入社員が転職したい理由 は「自己の成長のため」だが、企業側は仕事や会社の雰囲気との不一致が原因と捉えており、そ こには大きな認識のズレがあった。 新入社員は残業の多さや仕事の忙しさは想像以上であったものの、半数以上が「やりがいがあ る」と答えており現状にはおおむね満足している様子。転職を考える理由は現状への不満という より将来の働き方への不安などからで、キャリアアップとして転職を考えている姿が窺える。企 業側には職場全体の処遇の改善、若手社員への成長につながるキャリアパスの提示などが求めら れている。 <調査概要> 新入社員向け「入社半年後の意識調査」(以下新入社員調査) ●調査期間 :2018 年 10 月 2 日~18 日 ●調査対象 :あしぎん新入社員フォローセミナー受講生、新入社員向け出張研修受講生 (セミナー開催回数 栃木県 4 回、出張研修 2 回) ●調査方法 :セミナーにてアンケート方式 ●有効回答数:219 名(回答率 100.0%) 内 訳 男性 女性 合計 有効回答数 98 121 219 回答率 44.7% 55.3% 100.0% <調査概要> 企業向け「新入社員及び採用に関するアンケート調査」(以下企業調査) ●調査期間 :2018 年 8 月下旬~10 月上旬 ●調査対象 :2018 年あしぎん新入社員セミナー及び 2017 年同フォローセミナー受講企業 ●調査方法 :郵送によるアンケート方式 ●有効回答数:71 社(回答率 39.9%) 内 訳 製造業 建設業 サービス業 卸売・小売業 その他 合計 有効回答数 21 14 13 10 13 71 回答率 29.6% 19.7% 18.3% 14.1% 18.3% 100.0%

(2)

1.仕事が始まって今の状況はどうか(新入社員調査) 「やりがいがある」が過半数を超え1 位(52.8%)。続いて「仕事が難しい」(30.3%)、「仕事 が楽しい」(24.3%)の順で、順調な様子が窺える。 24.3 52.8 22.9 21.6 11.9 16.1 8.7 30.3 12.4 1.8 0 20 40 60 仕事が楽しい やりがいがある 思ったより厳しい 想像どおり厳しい 仕事がつらい 体がきつい 仕事がつまらない 仕事が難しい 思っていた仕事、会社と違う その他 (%) 仕事が始まって今の状況はどうですか?(3つまで) <新入社員調査:全体> 2.就職してみて想像と違った点(新入社員調査) <想像より良かった点> 1 位は「確実な休日取得」(34.4%)、次いで「人間関係」(31.1%)、 「給料」(29.2%)の順となった。「給料」については想像より悪かった点の 3 位にも上がってお り、男女の受け止め方が違っている。想像より「給料が良かった」では男性 22.8%、女性 34.2% に対し、「悪かった」では男性 31.0%、女性 16.5%となり、女性は給料に満足し男性は不満に感 じている様子がわかる。 29.2 34.4 22.0 14.8 16.7 5.7 27.8 31.1 24.9 5.7 10.0 12.4 3.3 8.6 2.9 8.1 0.0 0 10 20 30 40 給料 確実な休日取得 有給休暇の取りやすさ 残業の状況 仕事の内容 仕事の忙しさ 会社の雰囲気 人間関係 上司や先輩とのコミュニケーション 会社の業績 職場環境 福利厚生 多様な働き方(勤務体系など) 女性や若手の活躍 評価・昇格制度 指導や教育体制 その他 (%) <想像より良かった点> 3つま で <新入社員調査:全体>

(3)

<想像より悪かった点> 1 位は「残業の状況」(38.2%)、次いで「仕事の忙しさ」(25.6%)、 3 位は「給料」と「有給休暇の取りやすさ」(各 22.6%)となっている。男女差が大きいのは「給 料」「人間関係」「確実な休日取得」。「給料」では男性が女性を大きく上回り、逆に「人間関係」 「確実な休日取得」では、ともに女性が男性より高い割合となった。特に「人間関係」について は、良かった点の 3 位にもなっており、女性にとって「人間関係」は微妙なようである。 22.6 13.6 22.6 38.2 17.1 25.6 14.1 17.1 11.1 7.0 11.6 7.0 7.0 2.5 6.5 15.1 1.0 31.0 8.3 25.0 36.9 21.4 28.6 17.9 10.7 9.5 9.5 8.3 4.8 7.1 1.2 7.1 15.5 1.2 16.5 17.4 20.9 39.1 13.9 23.5 11.3 21.7 12.2 5.2 13.9 8.7 7.0 3.5 6.1 14.8 0.9 0 10 20 30 40 給料 確実な休日取得 有給休暇の取りやすさ 残業の状況 仕事の内容 仕事の忙しさ 会社の雰囲気 人間関係 上司や先輩とのコミュニケーション 会社の業績 職場環境 福利厚生 多様な働き方(勤務体系など) 女性や若手の活躍 評価・昇格制度 指導や教育体制 その他 (%) <想像より悪かった点> 3つま で <新入社員調査:男女別> 全体 男性 女性

(4)

3.転職等について <入社半年までの退職率>(企業調査) 退職率については「0%」が82.6%と 8 割以上の企 業では退職者なしとなった。しかし、すでに入社半年で新入社員が退職している企業が 12 社 (17.4%)あり、中には半数近くの新入社員が退社してしまったという企業もあった。 82.6 7.2 4.3 4.3 0.0 1.4 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0 20 40 60 80 100 0% 1%~10%未満 10%~20%未満 20%~30%未満 30%~40%未満 40%~50%未満 50%~60%未満 60%~70%未満 70%~80%未満 80%~90%未満 90%~100%未満 100% (%) こ の春採用した新入社員(転職者を含む)の退職率はいかがですか? <企業調査> <今後の転職等について>(新入社員調査)新入社員に対して今後の転職等について尋ねたと ころ、今の会社で「定年まで働きたい」は3 割以下(28.6%)となり春の調査から激減。替わっ て「ぜひ転職したい」(12.4%)、「いずれは転職したい、してもよい」(41.9%)などが増え、入 社半年で転職を考える新入社員が過半数の54.3%となった。 51.8 4.3 25.6 1.6 4.0 9.1 3.5 28.6 12.4 41.9 0.5 5.5 6.5 4.6 0 20 40 60 (今の会社で)定年まで働きたい ぜひ転職したい いずれは転職したい、してもよい ぜひ独立したい いずれは独立したい いずれは家庭に(専業主婦・夫に)入りたい その他 (%) 勤務・転職等についてどう考えますか?(1つを選択) <2018年度 春・秋 比較> <新入社員調査:全体> 全体(2018春) 全体(2018秋) 上記の質問で「ぜひ転職したい」「いずれは転職したい、してもよい」と答えた人にその時期 を聞いたところ、「5 年以内」までを選んだ人が計 44.0%と半数近い。一方、「良い転職先があれ ばいつでも転職する」は 13.8%となっている。 8.6 6.0 10.6 7.8 8.0 7.6 12.9 8.0 16.7 14.7 18.0 12.1 13.8 24.0 6.1 37.1 26.0 45.5 5.2 10.0 1.5 0 20 40 60 80 100 全体 男性 女性 (%) いつ頃、転職したいですか?(1つを選択) <新入社員調査:男女別> 1年以内 2年以内 3年以内 5年以内 良い転職先があればいつでも転職する 特に時期は決めていない その他

(5)

<企業調査:離職した理由 / 社員調査:転職したい理由> 企業調査では、新入社員の離職の理由 1 位は「思っていた仕事と違った」(63.2%)。一方、新 入社員調査では、今後転職したい理由として「思っていた仕事と違った」と回答した割合は 10.8% で、企業調査と 52.4 ポイントという大きな差が開いた。次の「会社の雰囲気と合わない」(企業 26.3%、新入社員 7.2%)、「上司や先輩とのコミュニケーション不足」(企業 21.1%、新入社員 3.6%)も企業が思うほど新入社員は理由に挙げておらず、両者の差が大きい。 一方、新入社員の転職したい理由 1 位は「自己の成長のため」で 30.6%に上がったのに対し、 企業側は 0.0%。2 位「残業が多い」(企業 5.3%、新入社員 17.1%)、3 位「休みが取れない・欲 しい」(企業 10.5%、新入社員 16.2%)、4 位「賃金への不満」(企業 0.0%、新入社員 14.4%) といった処遇に対する不満も企業との差が大きい。企業は新入社員自身の現状への不満を離職理 由と考えているが、新入社員は自己の成長と将来の働き方を見据えて転職を考えていることがわ かる。 15.8 63.2 10.5 21.1 5.3 0.0 5.3 10.5 0.0 0.0 0.0 15.8 26.3 21.1 0.0 0.0 0.0 0.0 10.5 15.8 10.5 14.4 10.8 10.8 12.6 5.4 10.8 17.1 16.2 14.4 2.7 5.4 14.4 7.2 3.6 1.8 3.6 30.6 1.8 1.8 0.9 14.4 0 20 40 60 80 そもそも入りたい会社・やりたい仕事ではなかった 思っていた仕事と違った 仕事がきつい 仕事が合わない 能力不足 やりがいがない 残業が多い 休みが取れない・欲しい 賃金への不満 福利厚生が不十分 多様な働き方(勤務体系など)ができる環境がない 人間関係 会社の雰囲気と合わない 上司や先輩とのコミュニケーション不足 女性や若手が活躍できない 指導や教育体制が不十分 自己の成長のため もっと条件の良い会社があった 家庭の事情 体調不良・病気 その他 (%) <企業調査>新入社員が離職した理由は何だと思いますか?(3つまで) <新入社員調査:全体>転職したい理由は何ですか?(3つまで) 企業側 社員側

(6)

<企業の離職防止策>(企業調査) 新入社員が転職したい理由に「自己の成長」「残業が多 い」「休みが取れない」「賃金への不満」を挙げる中、企業が必要と考える離職防止策は「上司や 先輩とのコミュニケーションの充実」(39.1%)、「職場の雰囲気の改善」(36.2%)、「研修など人 材育成の充実」(34.8%)でややズレている印象がある。新入社員が転職したい理由から考えると 「やりがいの創出」(27.5%)、「長時間労働の是正」(20.3%)、「(有休など)休日取得促進」(31.9%)、 「初任給・賃金の引き上げ」(13.0%)について対策を検討する必要がありそうだ。 20.3 31.9 1.4 36.2 34.8 13.0 2.9 14.5 11.6 4.3 1.4 2.9 15.9 10.1 27.5 39.1 10.1 1.4 0.0 0 10 20 30 40 50 長時間労働の是正 (有休など)休日取得促進 育児や介護制度の導入促進 職場の雰囲気の改善 研修など人材育成の充実 初任給・賃金の引き上げ 多様な働き方(勤務体系など)の環境整備 福利厚生の充実 会社のブランド力向上 評価制度の明確化 昇格昇進制度の明確化 女性や若手の活躍推進 ていねいな指導 適材適所の配置 やりがいの創出 上司や先輩とのコミュニケーションの充実 (上司や先輩向け)部下指導やOJTの研修 特にない その他 (%) 新入社員の定着率を高めるためにどんなことが必要だと思いますか?(3つまで) <企業調査> 4.出世について(新入社員調査) 入社時と入社半年を経過した 10 月の時点で比較すると、全体では「平社員のままでいい」 (26.9%→35.0%)、「係長ぐらい」(16.1%→17.8%)が増え、逆に上位職である「課長・店長な どリーダー職ぐらい」「部長ぐらい」「役員以上」が減る結果となった。 男女別では若干傾向が違い、男性は「部長ぐらい」を目指す人が増加。女性は「平社員のまま でいい」が大幅に増え、それ以外はすべて減少している。 26.9 35.0 12.5 13.4 43.2 53.0 16.1 17.8 12.8 16.5 19.9 18.8 26.9 20.1 30.1 22.7 23.3 17.9 14.5 14.0 21.2 27.8 6.9 2.6 11.8 5.6 19.2 9.3 3.5 2.6 3.7 7.5 4.2 10.3 3.2 5.1 0 20 40 60 80 100 全体(2018春) 全体(2018秋) 男性(2018春) 男性(2018秋) 女性(2018春) 女性(2018秋) 全体 男性 女性 (%) (最終的に)どのくらいまで出世したいですか?(1つを選択) <2018年度 春・秋 比較> <新入社員調査:男女別>

(7)

5.企業の採用状況(企業調査) 4 割以上の企業が 2019 年度の新入社員の採用を増やす計画にも関わらず、採用状況は「例年よ り悪い」が約 4 割(37.7%)の回答となった。企業側の意見として「合同説明会、セミナーでの 学生動員力が目に見えて落ち込んでいる」(サービス業)、「積極的に前に出ていかないと採用でき ない。工夫が必要」(製造業)などがあった。特に建設業は「専門性があり入社希望者がなかなか 現れない」「土木職などの技術職の採用に苦慮している」と厳しい状況のようだ。 <来春の採用予定数> 41.4 8.6 31.4 15.7 2.9 0 10 20 30 40 50 増やしている 減らしている 変わらない 採用予定はない その他 (%) 来春(2019年度入社)の新入社員の採用予定数は前年に比べてどうですか?(1つだけ) <企業調査> <来春の採用状況> 20.8 37.7 34.0 7.5 0 10 20 30 40 50 例年より良い 例年より悪い 変わらない その他 (%) 来春(2019年度入社)の新入社員の採用状況は例年と比べてどうですか?(1つだけ) <企業調査> <強化した取り組み> 31.4 31.4 41.4 35.7 2.9 30.0 14.3 5.7 0 10 20 30 40 50 自社ホームページの刷新 就職関連サイトの利用 学校との連携 合同説明会や就職フェアへの参加 人材紹介会社の利用 インターンシップの受け入れ 特にない その他 (%) 採用のために強化した取り組みはありますか?(3つまで) <企業調査> 以上

参照

関連したドキュメント

(ア) 上記(50)(ア)の意見に対し、 UNID からの意見の表明において、 Super Fine Powder は、. 一般の

このほか「同一法人やグループ企業など資本関係のある事業者」は 24.1%、 「業務等で付 き合いのある事業者」は

中央防波堤内の施工事業者間では、 「中防地区工

 学年進行による差異については「全てに出席」および「出席重視派」は数ポイント以内の変動で

調査地点2(中央防波堤内側埋立地)における建設作業騒音の予測結果によると、評

証拠として提出された UNID Jiangsu Chemical の組織図 255

通関業者全体の「窓口相談」に対する評価については、 「①相談までの待ち時間」を除く

63  EP及びCI反論書 2. (2) (a) . 64  EP及びCI反論書 2. (2)