クリックしてタイトルを入力

20 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

アイティメディア株式会社

○○○○部 ○○○○統括部 ○○○○部

○○ ○○

@IT セキュリティセミナー

東京・大阪 ロードショー

~迷宮からの最短脱出法~

ITインダストリー事業部 営業統括部

TEL:03-6824-9374 FAX:03-5413-0889

Mail:sales@ml.itmedia.co.jp

開催:2016年6月開催予定

申込締切:2016年4月22日(金)

Ver.6.0

(2)

開催趣旨

企業のIT・セキュリティ担当者がカバーすべきことは、防御からインシデントレスポンスまで多岐にわたります。

しかし、セキュリティは「難しい」と言われる分野でもあります。それゆえ一般企業では、人材不足もしばしば

叫ばれ、@ITセキュリティセミナーの来場アンケートからも、「セキュリティ技術者、管理者の不足」を課題とする

企業の姿がうかがえます。

この状況下でポイントとなるのは、セキュリティ運用負荷を軽減するソリューションやサポート体制です。

本セミナーでは、自社の弱点に気づいていただくと同時に、「日々のセキュリティ運用を簡素化したい」

「脅威を可能な限り水際で食い止めたい」「有事の際にも被害拡大を防ぎ、迅速に復旧できるようにしたい」

といった様々なフェーズの課題に対し、その助けとなるソリューションを紹介したいと考えております。

標的型攻撃

不正アクセス

不正ログイン

Web改ざん

本セミナーのキーワード

インシデント

レスポンス

CSIRT

ログ管理・監視・解析

統合脅威管理

セキュリティ

マネジメントサービス

ファイアウォール

エンドポイント

セキュリティ

脆弱性対応

@IT読者調査で41%が「標的型攻撃や不正アクセス等を受けたことがある」

でも、「セキュリティ管理者は足りてない」そんな今だから知りたい、セキュリティ課題からの最短脱出法

(3)

東京会場

開催日時

2016年6月23日(木)

会場

青山ダイヤモンドホール

目標来場者数

約360名(事前申込数:650名 予定)

参加費

無料

大阪会場

開催日時

2016年6月28日(火)

会場

第二吉本ビルディング

目標来場者数

約120名(事前申込数:200名 予定)

参加費

無料

主催

アイティメディア株式会社 @IT編集部

運営

アイティメディア株式会社 セミナー運営事務局

想定来場者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方

企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、 SIerなど

告知/集客

@ITを中心とした当社IT関連媒体

開催概要

2015年2月 開催風景 (東京コンファレンスセンター・品川 大ホール)

(4)

【決定】東京 Aトラック午後一講演(バグ・脆弱性対応)

@ITの人気連載「セキュリティクラスター まとめのまとめ」の筆者

バグハンター

東内 裕二氏

猫と一緒に自宅の警備をする傍ら、「twitterセキュリティネタまとめ」というブログを日々更新。

ゲヒルン株式会社

技術開発部 分析局

平澤 蓮氏

高校生のころから脆弱性を見つけ続け、ゲヒルンではWebセキュリティ診断における分析を担当。

株式会社リクルートテクノロジーズ/週末バグハンター

西村 宗晃氏

ブラウザやWebプラットフォームにおけるセキュリティ保護の仕組みを調査し、

その抜け穴や悪用方法を見つけ出すことが生き甲斐。

凄腕のバグハンター、そろいました

バグハンターにお世話にならないWebサイトを作るコツは?

脆弱性と無縁なソフトウェア、Webアプリケーションはあり得ません。それをゼロに近づける努力は、開発者に

とって必須と言えるでしょう。しかし、セキュリティのプロではない開発者にとって、脆弱性に対応する作業は

正直かなり面倒くさい。納期までの限りある時間、コスト、人的リソースの中で、いかにして脆弱性をつぶして

いけばよいのでしょうか。

本セッションでは、脆弱性を含んだソフトウェア、Webアプリケーションを作らないための具体策を議論します。

サイボウズ株式会社

グローバル開発本部品質保証部

伊藤 彰嗣氏

脆弱性発見コンテスト「cybozu.com Security Challenge」や、「cybozu.comバグハンター合宿」

を運営。発見した脆弱性の数や深刻さに応じて評価ポイントを付け、ポイントに応じて賞金を配分。

(5)

【決定】東京 Bトラック午後一講演(サイバー攻撃の実態・人の脆弱性)

サイバー空間では、国家が有能なハッカーを雇い攻撃を仕掛けるといった行動も見

えており、サイバー戦争が常時行われているといっても過言ではない状況です。

攻撃は、「人の脆弱性」にも向けられます。全く怪しくないメールや、本物そっく

りに作られたWebサイト、言葉巧みに情報を引き出すコミュニケーション術など、

一般社員が気をつけるだけでは防ぎきれるものではありません。

本セッションでは、これまでサイバー空間で起きたさまざまな脅威を見てきた安藤

氏が、「サイバー攻撃の実態」「ソーシャルエンジニアリングの心理学」を解説。

そして「安藤氏自身が攻撃されちゃった」事例から、何を学び、次にどう生かせた

かお話いただきます。

攻撃者の視点と事情を含め、大変生々しい実態を知ってください。

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)

セキュリティアーキテクチャ研究室 主任研究員

安藤 類央氏

安藤 類央氏 経歴

慶應義塾大学政策・メディア研究科卒業(政策・メディア博士)。2003年米国空軍科学研究所との情報セキュ リティ

の研究開発プロジェクトに参加。2006年から独立行政法人情報通信研究機構にて、ネットワークセキュ リティの研究

に従事。主な研究としてはトレースバック、 P2Pネットワークの情報漏洩の調査解析、仮想ネッ トワーク上のセキュ

リティシステムの大規模テストベッド上での検証、モバイル端末アプリケーションの セキュリティ等。現在、情報通信

研究機構ネットワークセキュリティ研究所主任研究員、総務省一種技官。

(6)

【決定】東京 Aトラック特別講演/大阪 基調講演(法律・ログ・フォレンジック)

裁判においても、デジタルフォレンジックによる捜査が当たり前に行われていた

り、調査技法の説明を求められるケースが多くなってきています。

訴訟におけるデジタルフォレンジックで見るポイントを学ぶことは、

企業がサイバー犯罪に巻き込まれた場合に備え、ログ収集、管理をどうするべきか

考えるヒントとなるでしょう。

本セッションでは、攻撃者からシステムそして企業を法律面でも防護する基本的な

テクニックをお話いただきます。

デジタルフォレンジック研究会 会員

ハッカー検事

大橋 充直氏

大橋 充直氏 経歴

平成元年4月、検事に任官。ハッキング・テクニックの習得とウイルスプログラムの作成に執念を燃やす。平成8年10

月、インターネット環境が整うと同時にネットワークにのめり込み、ハイテク犯罪知識を加速度的に収集。平成12年6

月より、警察大学や東京高検を皮切りにハイテク犯罪の外部講師を務めるようになる。平成14年4月、法総研研究官と

なり、犯罪白書の執筆のかたわら、ハイテク犯罪の研究と『捜査研究』や『研修』等の連載執筆に専念し、米国出張で

は司法省とペンタゴンへ合法的に侵入。平成15年4月、検察庁の現場に復帰し、公判実務に忙殺されながらも、ワシン

トンで司法省、FBI及びペンタゴンのハイテク部署で意見交換調査を実施したり、ラスベガスでデフコン11の調査を行

うなど、「ハッカー検事」としての活動も精力的に行っている。

(7)

【決定】東京 Bトラック特別講演/大阪 特別講演(トレンド・ランサムウェア)

@IT連載「川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ」筆者

株式会社ラック チーフエバンジェリスト/CISSP

川口 洋氏

セキュリティアナリストとして、日々セキュリティインシデントに立ち向かいながら、

セキュリティオペレーションに関する研究、ITインフラのリスクに関する情報提供、啓発活動を行う

@IT連載:川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/index/index_kawaguchi.html

@IT連載「セキュリティ・ダークナイト」筆者/ソフトバンク・テクノロジー株式会社

辻 伸弘氏

セキュリティエンジニアとして、主にペネトレーション検査などに従事。

自宅では、趣味としてのハニーポットの運用、IDSによる監視などを行う。

@IT連載:セキュリティ・ダークナイト ライジング

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/index/index_dknight.html

@IT人気筆者/株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティ情報統括室

根岸 征史氏

セキュリティサービスの責任者として、セキュリティ診断などこれまで数多くの案件を担当。

セキュリティインシデント対応チームに所属し、主にセキュリティ情報の収集、分析、対応にあたる。

レポートの「オモテ」と「ウラ」を読み込む:再考・APT~Mandiantレポートを基に~ (1/4)

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/09/news004.html

セキュリティ時事ネタをやわらか~く語りまSHOW!

いまだ猛威をふるう「ランサムウェア」、ニュースが途切れることがないさまざまな「情報漏えい事故」、よく分からないまま

恐怖だけが煽られる「脆弱性」……ITセキュリティに携わるものたちは、いったいどうこのITの世界をのぞいているのでしょうか?

@ITセミナーで恒例となった筆者陣が集まり、今回もパネルディスカッションを開催します。参加メンバーが気になること、

事故対応から見える苦渋の選択、いまのセキュリティ意識に対して皆さんに言いたいこと――そんなトピックを“柔らかく”取り上げます。

(8)

東京:タイムテーブル

※ 6社以上の参加が企画実施の前提条件となります。 ※ タイムテーブルは、スポンサー企業様のご参画状況等により変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。 ※ スポンサーセッションは、お申込み順にお選びいただきます。 ※ 個別アンケートを実施されない場合は、「個別アンケート回収」の5分間も講演時間としてご活用いただけます。

時間

Aトラック

Bトラック

A

M

9:55 - 10:00

5

開会挨拶

10:00 - 11:00

60

基調講演

サテライト基調講演

11:00 - 11:15

15

休憩

11:15 - 12:05

50

プラチナスポンサーセッション[A-1]

プラチナスポンサーセッション[B-1]

12:05 - 12:20

15

昼休憩

12:20 - 12:50

30

ランチスポンサーセッション[A-2]

ランチスポンサーセッション[B-2]

12:50 - 13:10

20

昼休憩

P

M

13:10 - 14:00

50

午後一講演

午後一講演

14:00 - 14:15

15

休憩

14:15 - 14:55

40

ゴールド/シルバースポンサーセッション[A-3]

ゴールド/シルバースポンサーセッション[B-3]

14:55 - 15:10

15

休憩

15:10 - 15:50

40

ゴールド/シルバースポンサーセッション[A-4]

ゴールド/シルバースポンサーセッション[B-4]

15:50 - 16:05

15

休憩

16:05 - 16:45

40

ゴールド/シルバースポンサーセッション[A-5]

ゴールド/シルバースポンサーセッション[B-5]

16:45 - 17:00

15

休憩

17:00 - 17:50

50

特別講演

特別講演

(9)

大阪:タイムテーブル

※ 3社以上の参加が企画実施の前提条件となります。

※ タイムテーブルは、スポンサー企業様のご参画状況等により変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

※ スポンサーセッションは、お申込み順にお選びいただきます。

※ 個別アンケートを実施されない場合は、「個別アンケート回収」の5分間も講演時間としてご活用いただけます。

時間

講演者

講演内容

12:30 - 13:00

30

受付

13:00 - 13:10

10

開会挨拶

13:10 - 14:00

50

基調講演

14:00 - 14:40

40

ゴールドスポンサーセッション①

講演枠(35分)

個別アンケート回収(5分)

14:40 - 14:50

10

休憩

14:50 - 15:30

40

ゴールドスポンサーセッション②

講演枠(35分)

個別アンケート回収(5分)

15:30 - 16:10

40

ゴールドスポンサーセッション③

講演枠(35分)

個別アンケート回収(5分)

16:10 - 16:20

10

コーヒーブレイク

16:20 - 17:00

40

ゴールドスポンサーセッション④

講演枠(35分)

個別アンケート回収(5分)

17:00 - 17:50

50

特別講演

(10)

メニュー

プラチナプラン

(2社限定)

ゴールドプラン

シルバープラン

ランチプラン

(2社限定)

スポンサーセッション

セミナー当日のセッション枠をご提供いたします。

50分

40分

40分

30分

スポンサーアンケート

講演時間中に独自のアンケートを実施していただくことが可能です。 (アンケートを実施する場合は、講演時間の残り5分を用紙回収の時間にあててください)

申込者/来場者データのご提供

セミナー申込者/来場者の「会社名」「部署名」「役職」「電話番号」「メールアドレス」など、 名刺情報を提供します。

約650件

※事前申込者全リスト (自セッション申込みフラグ) (当日来場者フラグ)

約500件

※自セッション申込者リスト ※基調講演の申込者リスト (当日来場者フラグ)

約200件

※自セッション申込者リスト (当日来場者フラグ)

約500件

※自セッション申込者リスト ※基調講演の申込者リスト (当日来場者フラグ)

事前アンケート結果

申込時に立場や選定状況等を尋ねます。これらの回答内容を付随したデータを後日納品します 。 見込み客の選別やアポイントを取るときの事前情報としてお役立てください。 (設問は弊社設定)

スポンサーロゴ掲載

セミナー告知ページに掲示(社名/貴社サイトへのリンク)します。

当日資料配付

当日セミナー来場者全員に、カタログなど、3点まで配布することが可能です。 (サイズ最大A4、1資料あたり12ページ以内、または合計36ページまで)

イベント開催レポート記事への掲載

イベント全体を包括的にご紹介するイベント開催レポートを掲載いたします。 (1社独占のタイアップレポートはオプションにて賜ります)

当日アンケート結果・開催レポート

当日に行う来場者アンケートの集計結果を後日ご提供します。(個人情報は含みません)

¥4,500,000-

(消費税別)

¥3,900,000-

(消費税別)

¥1,800,000-

(消費税別)

¥3,500,000-

(消費税別)

東京:スポンサーメニュー/料金(セッション登壇あり)

※簡易展示コーナー:3社限定(ご相談ください)

当日、会場展示スペースにて、長机(1.8m程度)をご提供することも可能です。

貴社製品・サービスの詳細なご紹介を直接来場者に行うことが可能です。

企画書巻末の注意事項を必ずご覧ください。

※ 協賛のお申込みが申込締切日以降となった場合、

各プランとも上記の申込者/来場者データ数に達しない可能性がありますので、ご了承ください。

(11)

メニュー

ブロンズプラン①

ブロンズプラン②

ブロンズプラン③

カタログプラン

スポンサーセッション

セミナー当日のセッション枠をご提供いたします。

スポンサーアンケート

講演時間中に独自のアンケートを実施していただくことが可能です。 (アンケートを実施する場合は、講演時間の残り5分を用紙回収の時間にあててください)

申込者/来場者データのご提供

セミナー申込者/来場者の「会社名」「部署名」「役職」「電話番号」「メールアドレス」など、 名刺情報を提供します。

約650件

※事前申込者全リスト (当日来場者フラグ)

約280件

※基調講演の申込者リスト (当日来場者フラグ)

約140件

※@IT主催講演のうち1講演の 申込者リスト (当日来場者フラグ)

事前アンケート結果

申込時に立場や選定状況等を尋ねます。これらの回答内容を付随したデータを後日納品します 。 見込み客の選別やアポイントを取るときの事前情報としてお役立てください。 (設問は弊社設定)

スポンサーロゴ掲載

セミナー告知ページに掲示(社名/貴社サイトへのリンク)します。

当日資料配付

当日セミナー来場者全員に、カタログなど、3点まで配布することが可能です。 (サイズ最大A4、1資料あたり12ページ以内、または合計36ページまで)

イベント開催レポート記事への掲載

イベント全体を包括的にご紹介するイベント開催レポートを掲載いたします。 (1社独占のタイアップレポートはオプションにて賜ります)

当日アンケート結果・開催レポート

当日に行う来場者アンケートの集計結果を後日ご提供します。(個人情報は含みません)

¥3,000,000-

(消費税別)

¥1,400,000-

(消費税別)

¥700,000-

(消費税別)

¥500,000-

(消費税別) ※ 協賛のお申込みが申込締切日以降となった場合、各プランとも上記の申込者/来場者データ数に達しない可能性 がありますので、ご了承ください。

東京:スポンサーメニュー/料金(セッション登壇なし)

(12)

大阪:スポンサーメニュー/料金

メニュー

ゴールドプラン

(6社限定)

ブロンズプラン

カタログプラン

スポンサーセッション

セミナー当日のセッション枠をご提供いたします。

40分

スポンサーアンケート

講演時間中に独自のアンケートを実施していただくことが可能です。 (アンケートを実施する場合は、講演時間の残り5分を用紙回収の時間にあててください)

申込者/来場者データのご提供

セミナー申込者/来場者の「会社名」「部署名」「役職」「電話番号」「メールアドレス」など、 名刺情報を提供します。

約200件

※事前申込者全リスト (当日来場者フラグ)

約200件

※事前申込者全リスト (当日来場者フラグ)

事前アンケート結果

申込時に立場や選定状況等を尋ねます。これらの回答内容を付随したデータを後日納品します。 見込み客の選別やアポイントを取るときの事前情報としてお役立てください。(設問は弊社設定)

スポンサーロゴ掲載

セミナー告知ページに掲示(社名/貴社サイトへのリンク)します。

当日資料配付

当日セミナー来場者全員に、カタログなど、3点まで配布することが可能です。 (サイズ最大A4、1資料あたり12ページ以内、または合計36ページまで)

イベント開催レポート記事への掲載

イベント全体を包括的にご紹介するイベント開催レポートを掲載いたします。 (1社独占のタイアップレポートはオプションにて賜ります)

当日アンケート結果・開催レポート

当日に行う来場者アンケートの集計結果を後日ご提供します。(個人情報は含みません)

¥1,800,000-

(消費税別)

¥1,000,000-

(消費税別)

¥500,000-

(消費税別)

※簡易展示コーナー:社数制限なし(ご相談ください)

当日、会場展示スペースにて、長机(1.8m程度)をご提供することも可能です。

貴社製品・サービスの詳細なご紹介を直接来場者に行うことが可能です。

企画書巻末の注意事項を必ずご覧ください。

※ 協賛のお申込みが申込締切日以降となった場合、各プランとも上記の申込者/来場者データ数に達しない可能性

がありますので、ご了承ください。

(13)

ゴールドスポンサーセットプラン

●東京会場ゴールドスポンサー

開催日時

2016年6月23日(木)

セッション枠

40分

申込者/来場者データ

500件想定

(その他、ゴールドスポンサー提供商品含む)

●大阪会場ゴールドスポンサー

開催日時

2016年6月28日(火)

セッション枠

40分

申込者/来場者データ

200件想定

(その他、ゴールドスポンサー提供商品含む)

提供リスト総数:700件想定

定価合計: ¥3,900,000- (東京) + ¥1,800,000- (大阪) = ¥5,700,000-

⇒ パッケージ価格 ¥5,000,000- (税別)

(14)

前回実績:2016年2~3月 開催 @ITセキュリティセミナー東京・大阪・福岡

■東京会場

開催日時

2016年2月26日(金)

会場

青山ダイヤモンドホール

申込・来場 事前登録 792名 来場 421名(集客目標達成率123.7%)

■大阪会場

開催日時

2016年3月8日(火)

会場

ブリーゼプラザ

申込

事前登録 238名 来場136名(集客目標達成率119%)

■福岡会場

開催日時

2016年3月10日(木)

会場

レソラNTT夢天神ホール

申込

事前登録 132名 来場79名(集客目標達成率110%)

2016/2/26(金)開催 @ITセキュリティセミナー東京会場

■ご協賛企業様

(15)

製造業 金融業・保険業・証券業 官公庁・自治体 出版・放送・その他メディア トヨタ自動車株式会社 株式会社三菱東京UFJ銀行 外務省 一般社団法人共同通信社 本田技研工業株式会社 株式会社みずほフィナンシャルグループ 防衛省 株式会社静岡朝日テレビ 本田技術研究所 四輪R&Dセンター 株式会社新生銀行 警察庁 株式会社時事通信社 三菱重工業株式会社 株式会社ジャパンネット銀行 防衛省 陸上自衛隊 オリコン株式会社 三井造船株式会社 労働金庫連合会 内閣法制局 東宝株式会社 キリン株式会社 東京海上日動システムズ株式会社 内閣サイバーセキュリティセンター 株式会社シーズ・クリエイト

出光興産株式会社 オリックス生命保険株式会社 東京都 株式会社Impress Professional Works

ソニー株式会社 ジブラルタ生命保険株式会社 埼玉県庁 クロスコ株式会社 パナソニック株式会社 ソニー生命保険株式会社 東広島市役所 株式会社鎌倉新書 株式会社東芝 プルデンシャル生命保険株式会社 神奈川県警察 株式会社廣済堂 株式会社リコー ほけんの窓口グループ株式会社 北海道警察情報通信部 株式会社オリコム アルプス電気株式会社 株式会社しんきん情報システムセンター 埼玉県警察 Webサービス・ゲーム かもめプロペラ株式会社 東京証券取引所 茨城県警察本部 株式会社バンダイナムコエンターテインメント 株式会社日本製鋼所 野村ホールディングス株式会社 喜多方市役所 株式会社セガ ホールディングス 楠本化成株式会社 さわかみ投信株式会社 オーストラリア大使館 株式会社サイバーエージェント 新日鉄住金化学株式会社 株式会社日本信用情報機構 国立研究開発法人 電子航法研究所 株式会社ネクソン 東ソー株式会社 楽天投信投資顧問株式会社 国立印刷局 株式会社ゲームオン 住友金属鉱山(株) ブロードマインド株式会社 国立研究開発法人科学技術振興機構 株式会社コロプラ 大日本印刷株式会社 ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 株式会社FLAMA 共同印刷株式会社 イオン・リートマネジメント株式会社 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 CROOZ株式会社 凸版印刷株式会社 株式会社マネーフォワード 独立行政法人情報処理推進機構 株式会社パオン・ディーピー 日経印刷株式会社 建設業 電気・ガス・熱供給・水道業 株式会社モバイルファクトリー オリンパス株式会社 ミサワホーム株式会社 中部電力株式会社 イー・旅ネット・ドット・コム株式会社 株式会社ニコン 住友林業株式会社 三菱ガス化学株式会社 アットホーム株式会社 株式会社サムスン日本研究所 東芝プラントシステム株式会社 教育業 エンターテインメント 株式会社ヤマトヤ商会 東亜建設工業株式会社 東京工業大学 東宝株式会社 パナソニックヘルスケア株式会社 三菱電機冷熱プラント株式会社 東京電機大学 株式会社東急レクリエーション 新光電気工業株式会社 東芝プラントシステム(株) 学校法人法政大学 通信サービス業・ISP 日本ケミコン株式会社 日本コムシス株式会社 富山大学 日本電信電話株式会社 米玉堂食品株式会社 千代田システムテクノロジーズ株式会社 専修大学 株式会社NTTドコモ パラマウントベッド株式会社 流通業(卸売・小売) 千葉大学 株式会社KDDI研究所 立山科学工業株式会社 伊藤忠商事株式会社 明治大学 ソフトバンク株式会社 日油株式会社 三井物産株式会社 運輸・倉庫業 東日本電信電話株式会社 株式会社フジクラ 住友商事株式会社 SBSホールディングス株式会社 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 株式会社小笠原計器製作所 株式会社ファミリーマート 日本航空株式会社 株式会社トヨタデジタルクルーズ 富士電機株式会社 イオンペット株式会社 株式会社日新 ニフティ株式会社 那須電機鉄工株式会社 住友商事マシネックス株式会社 医療業・福祉業 その他サービス業 カシオ計算機株式会社 株式会社メタルワン鋼管 医療法人社団白羽会つばさ在宅クリニック セコム株式会社 日本メジフィジックス株式会社 合同会社 西友 総合メディカル株式会社 株式会社杉孝グループホールディングス トーヨーカネツ株式会社 サニーヘルス株式会社 不動産業 新日本有限責任監査法人 ヨシモトポール株式会社 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 株式会社ハウスメイトパートナーズ JR東日本コンサルタンツ株式会社 UDトラックス株式会社 株式会社エービーシー商会 株式会社ジェイエーアメニティーハウス 税理士法人山田&パートナーズ ソニービジュアルプロダクツ株式会社 株式会社オークローンマーケティング 株式会社ウィーブ あずさ監査法人 株式会社ナカヨ 株式会社Looop 株式会社リロ・ホールディング 志賀国際特許事務所

前回実績:2016年2月開催 @ITセキュリティセミナー東京 申込企業実績

(16)

製造業 官公庁・自治体 運輸・倉庫業 その他のIT関連業 パナソニック株式会社 奈良県 京阪電気鉄道株式会社 トッパン・フォームズ・オペレーション株式会社 京セラ株式会社 兵庫県庁 神姫バス株式会社 日通情報システム株式会社 住友電気工業株式会社 三重県企業庁 株式会社ヒガシトゥエンティワン 一般財団法人関西情報センター 住友電工情報システム株式会社 香川県善通寺市役所 Peach Aviation 株式会社 セイコーソリューションズ株式会社 小林製薬株式会社 近畿管区警察局 医療業・福祉業 株式会社東レシステムセンター 花王株式会社 大阪府警察本部 医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム 株式会社豊通シスコム 株式会社ホッカイ 流通業(卸売・小売) 株式会社愛安住 株式会社ケイ・オプティコム 株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ 淀鋼商事株式会社 不動産業 株式会社NTTネオメイト 株式会社ミカミ 水上金属株式会社 近鉄不動産株式会社 SI・リセラー 大八化学工業株式会社 株式会社エディオン 出版・放送・その他メディア パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 株式会社ジーエスフード 株式会社大西 日本放送協会 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社 古野電気株式会社 ダイトエレクトロン株式会社 飲食業・宿泊業 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 旭硝子株式会社 株式会社フェリシモ 株式会社あきんどスシロー 関電システムソリューションズ株式会社 凸版印刷株式会社 シャディ株式会社 その他サービス業 日本電通株式会社 ヤンマー株式会社 株式会社MonotaRO 大栄環境株式会社 株式会社日立システムズ アストラゼネカ株式会社 電気・ガス・熱供給・水道業 株式会社井村電気商会 日本ユニシス株式会社 株式会社島津製作所 関西電力株式会社 宗教法人神慈秀明会 NTTデータ先端技術株式会社 株式会社デンソー 大阪ガス株式会社 株式会社乗馬クラブクレイン 株式会社さくらケーシーエス 新明和工業株式会社 日光エナジー開発株式会社 通信サービス業・ISP 株式会社アシスト 神東塗料株式会社 教育業 西日本電信電話株式会社 富士ゼロックス大阪株式会社 三菱電機エンジニアリング株式会社 国立大学法人大阪大学 ソネット株式会社 NECソリューションイノベータ株式会社 株式会社エム・システム技研 国立大学法人神戸大学 一般財団法人移動無線センター JBCC株式会社 中西金属工業株式会社 大阪工業大学 ソフトウェア受託開発業・情報処理 株式会社CIJ AVCネットワークス社 島根県立大学 スミセイ情報システム株式会社 キヤノンITソリューションズ株式会社 金融業・保険業・証券業 大阪障害者職業能力開発校 株式会社中電シーティーアイ コベルコシステム株式会社 ソニー生命保険株式会社 株式会社公文教育研究会 近鉄情報システム株式会社 SCSK株式会社 建設業 株式会社アップ クボタシステム開発株式会社 情報技術開発株式会社 有限会社旭電工 甲南学園 高等学校・中学校 京セラコミュニケーションシステム株式会社

前回実績:2016年3月開催 @ITセキュリティセミナー大阪 申込企業実績

(17)

注意事項

キャンセル料について

申込書受領後のキャンセルは下記のキャンセル料が発生いたします。予めご了承下さい。

・開催日41日前まで

:50%

・開催日40日以内

:100%

簡易展示コーナーについて

本セミナーの簡易展示コーナーは、会場の機材を利用して準備するため、大掛かりな展示は対応できません。

下記内容を予めご確認の上、お申込み下さい。

・展示スペースは会場により異なりますが、おおむね長机1本(1,800mm×450mm)程度です。

・会場でご用意できる電力は、最大0.5Kwとなります。

・当日、お持ち込み以外での搬入作業(チャーター便など)が必要な場合は、事務局までご連絡ください。

・LAN回線は原則有料となります。なお、料金は会場により異なるため、利用を希望の場合は、事務局へ

早めにご相談ください。なお、会場によっては有料でも準備出来ない場合がございます。

配布資料について

本セミナーでは、当日の配布資料としてカタログなどを3点まで下記規定内で配布することが可能です。

規定外の資料配布をご希望の場合、別途料金をいただく、もしくは同梱ではなく机置きとさせていただきます。

・資料のサイズ

:最大A4

・資料のページ数

:1資料あたり12ページ以内、または合計36ページまで

(18)

個人情報データの取り扱いについて

本イベントの個人情報または個人情報を含むデータの提供に際し、以下の点をご確認下さい。

1. (データ授受手続き)

提供する個人情報または個人情報を含むデータ(以下「個人データ」という)を受け渡しの際は「個人情報受領書」に署名をいただきます。

2. (利用目的の制限)

個人データは当該イベントに関連した貴社製品/サービスの情報提供に限定してご利用下さい。

本利用目的以外で当該個人データを利用される場合は、貴社の責任において、個人情報の情報主体に対し新たな利用目的を事前通知し同意を得ることを

お願い申し上げます。

3. (問合せ先、個人情報変更/削除方法の明示)

個人データを元に情報提供する際は、必ず「貴社内の連絡先」「個人データ収集元となったイベント名」および「個人データの変更、削除、情報提供の停

止方法」を明示してください。

4. (管理責任者)

個人データについては管理の責任者を定めご利用下さい。

5. (安全保管)

個人データの記録媒体を紛失・流出等から保護するように安全管理をお願いいたします。

6. (再提供)

本個人データの再提供は原則として行わないで下さい。再提供が必要な場合は事前に情報主体の承諾を得た上でご利用下さい。

7. (委託)

貴社で、個人データを業務委託する際には委託先の監督をお願いいたします。

8. (苦情の解決)

貴社による利用により、情報主体から苦情が寄せられた場合、その解決は貴社側で解決いただきますようお願い申し上げます。

また、弊社に苦情が寄せられた場合、貴社にその解決をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

9. (損害の賠償)

貴社による利用が情報主体の権利を侵害したという理由で、貴社が情報主体から損害賠償を請求された場合、弊社での責任は負いかねます。

あらかじめご了承下さい。

(19)

個別アンケートの集取について

個別アンケートの実施(配布、収集)は各社様の責任にて実施をお願いいたします。

【各社にて実施いただくこと】

・ アンケートの主体の明記

※ 「本アンケートはセッションA-1○○株式会社が実施するもので、主催社であるアイティメディア株式会社とは関わりがありません」等、

来場者にわかるよう明記して下さい。

・ アンケート用紙はカタログと併せて受付にて配布いたしますので、事前に弊社までご送付下さい。

※ アンケート用紙の回収は、貴社スポンサーセッション後の「個別アンケート回収」枠にて回収をお願いします。

(ノベルティをお渡しする場合もこの枠内で配布して下さい)

・ 回収したリストの管理をお願いします

(講演冒頭に来場者へのアナウンスをして頂くとアンケート回収率の向上に繋がります)

※ 回収したアンケートは、貴社側で保管、運搬等の管理をお願いします。

※ 回収リストの使用用途を明記したプライバシーポリシーの提示をお勧めいたします。

【アイティメディアでのサポート】

・講演終了後、司会によるアンケート実施及び回収のアナウンスをいたします。

(20)

ITインダストリー事業部 営業統括部

TEL:03-6824-9374 FAX:03-5413-0889

Mail:sales@ml.itmedia.co.jp

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :