も っ と 多 く の 人 に 伝 え た い

11  Download (0)

Full text

(1)
(2)

弦 楽 四 重 奏 曲の 最 初 と最 後 の 作 品 を 入れ ま し た

︒ま た 各 シ リ ー ズの 一曲 目 に 焦 点 を 合 わ せま し た︒ 作品 十八 の一 曲 目︑ 作 品五 十九 シリ ーズ の一 曲 目︑ そし て︑ 作品 百三 十五

︒こ の作 品 は

︑シ リ ー ズ と し て 完 成 出 来 ず にベ ー ト ーヴ ェン は 亡 く なっ てし まい まし たが

︒そ もそ も シ リ ー ズ の一 曲 目 と い う の は︑ 新し いア イデ ィア の最 初の も の で

︑と て も 重 要 だ と 思 い ま す︒ それ らを 一つ のプ ログ ラ ムに して 演 奏 する こ とに 意 味 があ ると 考 えた んで す︒ 玉 越   な る ほ ど

︑素 晴 ら しい コン セプ トで す ね︒ 今回

︑春 に 三 日 間 公 演 さ れ て

︑秋 に も ま

弦 楽 四 重 奏 は

︑ア ン サ ン ブ ル の 基 本 で あ り

︑音 楽 の 根 源 で す︒

︱︱

︱︱

︱︱

︱︱

玉 越   昨 日の コン サー ト は 大 変 素 晴 ら し かっ た で す ね

︒演 奏 曲 は 三曲 と もヘ 長 調の 曲 で し た が

︑特 別 な お 考 え が あ っ て選 曲 され たの でし ょう か? シ ュミ ット   そ う で す

︒今 年 は ベー ト ー ヴ ェン の 弦 楽 四 重 奏曲 チク

ルス

︵全 曲 演奏

︶だ け をし てい ます

︒プ ログ ラミ ング は

︑単 に 年 代 順 に 並 べる こ と はせ ず に︑ 我々 にと って の意 味 合い を持 た せ よ う と 考 え たの です

︒そ れで

︑大 阪で のプ ログ ラム は三 曲と もヘ 長調 です が︑

た公 演 さ れ る予 定 なの で す よ ね? シュ ミ ッ ト   そ う で す

︒秋 に も 三日 間

︑残 り 半 分 の 曲 を 演 奏す る予 定で す

︒ 花 田   そ も そ も チク ルス を 演 奏 され るの は

︑ハ ー ゲン

・ク ァ ルテ ット とし ては 珍し いこ とな ので はな いで すか

? シュ ミ ッ ト   今 回 が 初 めて で すね

︒今 まで はあ まり チク ルス をや ろう とは 思わ なか った ので すが

︑今 年は ベー ト ーヴ ェン の チク ルス を是 非や って みた いと 思っ たん です よ︒ 玉 越   昨 日 は 大 盛 況 で し た が︑ 通常 の室 内 楽コ ンサ ート は そ ん な に 聴 衆 が 多 く な い の で︑ 関西 はて っき り 室内 楽フ ァ ンは 少な いの かと 思っ てい まし た︵ 笑︶

︒ シュ ミ ット   私 も た く さ んの お 客 様 に 来て いた だ け て

︑本 当

に 嬉 し かっ たで す

︒弦 楽 四 重奏 は︑ アン サン ブル の基 本中 の 基 本 で あ り

︑音 楽 の 根 源 だ と思 って いま すの で︑ その 素 晴 ら しさ を 多 く の 人に 伝 え る こ とが

︑私 たち の使 命だ と思 って 活動 して いま す︒ 審 査 委 員 の お 願 い を で き た 我 々 は

︑本 当 に 運 が 良 かっ た です ね︒

︱︱

︱︱

︱︱

︱︱

玉 越   先 生 は イ タリ ア・ ボ ル チア ーニ のコ ンク ール の審 査委 員や

︑ミ ュン ヘン 国際 音楽 コン クー ルの 審 査 委 員 も さ れて い ま す が

︑聴 衆 の 数 は どの よ う な感 じで すか

? シュ

ミッ ト ミ  ュン ヘン の聴 衆 は多 いの です

が︑ ボル チア ーニ は

︑そ も そ も ホ ー ル 自 体 が 小 さい の で 聴 衆 が 多 いよ う に 見 え ま す が

︑実 際 は そ う 多 く な いと 思い ます

︒ 玉 越   聴 衆 を 集 める とい う の

は︑ 私共 コン クー ル主 催 者側 に とっ てと ても 重要 なこ とで す︒ それ と︑ 世界 一流 の審 査委 員を 集 める こ とと

︑優 秀 な 団 体 を 集め るこ と

︒こ の三 つの

﹃集 め るこ と﹄ が︑ コン クー ルの 永 遠 の重 要課 題で すね

︒ 花 田   今 ま で あま り チ クル ス をや ろ う と 思 われ な かっ たの に︑ なぜ 今回 する こと にな った ので しょ う? シ ュミ ッ ト   三 年 程 前

︑ベ ー ト ーヴ ェン チク ルス は︑ 一生 に 一度 で き れ ば 幸 せ な こ と だ と 気づ いた んで す ね︒ それ で︑ す ぐ にメ ンバ ー に 提 案 し たと こ ろ

︑全 員 意 見 が一 致 し 実 現 す るこ とが でき まし た︒ 思え ば︑ 私 達 は この 時 を 待っ て い たの かも しれ ませ ん︒ 玉越

  そん な時 はい つも

︑ク ァ ルテ ット のメ ンバ ー四 人で 話し 合っ て決 める ので すか

? シュ ミッ ト え 

え︑ 勿論 です

︒ とに かく 何で も 話し 合い

︑全 員 で 結 論 を 出 し てい ま す ね

︒来 年は 話し 合い の結 果

︑八 ヶ月 間 のサ バテ ィカ ル︵ 長 期休 暇

︶を とる こと にし まし た︒ その 八ヶ 月間

は︑ クァ ルテ ット とし ての

演 奏活 動は しな い予 定で す︒ 玉 越   今 回 初 め てサ バテ ィ カ ルを とら れる ので すか

? シュ ミッ ト  いえ

︑三 度目 です

︒ 玉越 七  年毎 とい う 計算

? シュ ミッ ト   そ う で す

︒だ か ら︑ 来年 のコ ンク ール は 審査 す るこ とが でき ます

︒ 玉 越   な る ほ ど︒ 第 八 回の 次 のコ ンク ール とな ると

︑先 生は クァ ルテ ット の活 動で お忙 しい です から

︑来 年の コン クー ルの 審 査 を お 願 いで き た 我 々 は

︑ 本 当に 運が 良か った です ね︒ シュ ミッ ト  そう です ね︒ クァ ルテ ット の 演 奏 会 が あ り ま し たら

︑残 念な がら お受 け する こ とが でき なか った と思 いま す︒ 花 田   そ ん な サ バテ ィカ ルの 間︑ コン クー ル以 外に は何 をさ れて いる んで すか

? 玉

越  先生 はハ ーゲ

ン・ クァ ル テッ ト 以 外 に も バー ゼル 大 学 で教 鞭を 執っ たり

︑ピ アノ トリ オ な ど も さ れて お ら れる ん で

すよ ね︒ シュ ミッ ト え 

え︒ バー ゼル 大 学と ザル ツブ ルグ 大学 で教 えて いま す︒ 教え るこ との 比重 が大 きく なっ て きて いる のと

︑ク ァ ルテ ット でや らな けれ ばな らな いこ とが 多く な り︑ 最近 はピ ア ノ トリ オに 割 く 時 間 が 少 な く なっ てし まい まし

た︒ サ バテ ィ カル の数 ヶ月 間は

︑指 導 して い る 学 生 達 の教 育 に 力 を 入 れる 予定 です

︒彼 等に とっ て最 終学 年と なっ てい るの で可 能 な限 り 時間 を注 いで いく つも りで す︒ 新 しい 可 能 性 を 秘 めた 若い 音 楽家 を育 てる とい うの はや りが いの あ るこ とで す

︒ま た

︑そ れ 以外 には 新 しい 作 品に つい て勉 強し たい と考 えて いま す︒ 自分 自 身 の勉 強 す る時 間 を 持つ こ とは

︑私 にと って とて も大 切な こと なの です

︒ 玉 越   長 期 休 暇 とい うの にお 忙し いで すね

︵笑

︶︒ シュ ミッ ト そ  うで すね

︵笑

︶︒ で も

︑あ ま り 遠 出 は し な いよ うに して はい るん です

よ︒ まだ 子供 が小 さい ので

︑で きる だけ 自 宅 で 家 族 と一 緒 にい る よ う にし てい ます

花田さん

玉越さん

太 陽の 光が

︑春 の訪 れを 感じ させ てく れる よう な三 月最 初の 日︒ 前日 の二 月二 十 八日

︵木

︶に いず みホ ール で 行わ れた コン サ ート に出 演さ れた ヴァ イ オリ ニス トの ラ イナ ー・ シュ ミッ ト 氏 をお 招き

し︑ コン クー ル& フェ スタ のプ ロデ ュー サー であ る玉 越 邦彦 氏と ヴァ イ オリ ニス トの 花 田和 加 子氏

が︑ 室内 楽の 魅 力や シュ ミッ ト氏 の 室内 楽へ の思 いな どを お 伺い しま した

敬称略 1972年3月、一橋大学商学部卒業。

1972年4月、住友生命保険相互会社に入社。

1997年1月、日本室内楽振興財団に出向。

2012年3月、住友生命保険相互会社を退職。

引き続き日本室内楽振興財団に勤務。

第3回(1999年)〜第8回(2014年)大阪国際室内楽 コンクール&フェスタのプロデューサー。

【玉越 邦彦】

5歳よりヴァイオリンを始め、15歳で渡英。英国王立音楽カレッジのディプロマを得て、オックスフォー ド大学にて音楽学を学ぶ。卒業後帰国し、東京藝術大学大学院修士課程を修了、同大学院博士課 程にて学ぶ。ヴァイオリンを石井志都子、李亮才、ジョルジュ・パウク、澤和樹の各氏に、室内楽をア マデウス弦楽四重奏団のメンバーに師事。1999年度村松賞受賞。アンサンブル東風、アンサンブル・

ノマド等のメンバーとして演奏活動を行うほか、各地でマスタークラスや音楽祭の通訳を務める。

東京藝術大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。サントリーホール室内楽アカデミーファカル ティ。また、(財)地域創造コーディネーターとして公共ホール音楽活性化事業にも携わっている。

【花田 和加子】 【ライナー・シュミット】

ライナー・シュミットさん

人気・実力共に世界最高の弦楽四重奏団として評価の高いハーゲン・クァルテットの第2ヴァイオリン奏者。

ハノーヴァー音楽大学でヴァイオリンを学び、シンシナティ音楽院でラサール・クァルテットのワルター・

レヴィン氏と出会い、室内楽に目覚める。1987年ハーゲン・クァルテットに加わり、世界各国で演奏活動を 続けている。1989年にはラヴィニア・トリオを設立し、ピアノ三重奏団としても活動している。

若手音楽家に教えることにも熱心で、これまでザルツブルグのモーツァルテウム音楽院、マドリードのソフィア王妃音 楽院で教鞭をとる。現在バーゼル市音楽アカデミー教授。当コンクールの第5回・第6回で優勝したベネヴィッツ・クァ ルテット、ドーリック・クァルテットの指導者でもあり、第8回大阪国際室内楽コンクールの審査委員に決定している。

インタビュー

(3)

チャ リ ティ ーコ ン サ ー ト の 収 益 金 を

︑岩 手の 児 童 養 護 施 設 に贈 りま した

︒︱

︱︱

玉越 前  回の コン クー ルは

︑東 日 本 大 震 災の 二ヶ 月 後 だっ た ので

︑開 催す るか どう か︑ 非常 に悩 みま した

︒ シ ュ ミ ッ ト   そ う で し ょ う ね

︒私 も 複 数の 参 加 予 定の 団 体 か ら

︑参 加 す る べき か ど う か と 相 談 を 受 け ま し た

︒コ ン クー ルの 開 催 地 は 大 阪 だっ た の で

︑同 じ 日 本 と いえ ど も 被 災 地 から か なり 距 離が あ るか ら 大 丈 夫 だ と 伝 え ま し た

︒た だ︑ ヨー ロッ パに いる 若 者や そ の 家 族 が不 安 に 思 う 気 持 は理 解 で きる し

︑辞 退 も 仕 方 が な いこ とだ と思 いま した

︒当 時の 情 報 は

︑そ れ ぞ れの 国 の 専 門

家 に よっ て か な り 違っ た 見 解 が 流 され て お り

︑人 々 は 動 揺 して いま した ね︒ 正し い情 報を 早く 提 供す るこ とが

︑一 番大 切 だっ たの では ない でし ょう か︒ 玉 越   実 際

︑私 達 日 本 人 も か な り惑 わさ れま した から

︑そ の 通 りだ と思 いま す︒ そん な状 況 にも 関わ らず

︑先 生は あの 時︑ スイ スで チャ リテ ィー コン サー トな ども 実施 され まし たよ ね︒ シュ ミッ ト は  い︒ その 収 益金 を 岩 手 県一 関 に あ る 児 童 養 護 施設 にお 贈り しま した

︒そ の施 設で はド イツ 人の シス ター が園 長を され てい ます が︑ 地震 によ る 被 害 が 大 変 大 き く

︑子 供 た ち の 安 全 が 確 保 で き ない とい う 情 報 が 私 達 の所 に 届い て き ま し た

︒収 益 金 は 施 設 の再 建 に活 用し てい ただ いた と聞 いて いま す

︒チ ャリ ティ ーコ ンサ ー ト に 協 力 して く れ た 若い 音 楽 家 と聴 衆の 心 が 義 援 金と い う 形で

︑そ の施 設に 送ら れた わけ です ね︒ 私 達音 楽 家に とっ ても 貴重 な経 験と なり まし た︒ 花 田   私 達日 本 人 は

︑様 々 な 国 の 方 々 が 心 配 し て チ ャ リ テ ィー コン サ ー ト を 実 施 し て

く だ さっ た こ とに 感 激 す る と 共に

︑心 から 感謝 しま した

︒ シュ ミ ット   世 界 を 大き く 変 える 事は でき なく ても

︑一 人ひ と り の人 間 が 思 いや りの 気 持 ち を 忘 れ ず

︑小 さ な 事 を 積み 重ね て︑ 世界 中が 繋 がっ て行 く とい いで すね

︒ 玉

越   前 回 のコ ンク ール の 開 催に あた って

︑関 係者 全員 で頭 を 悩 ま せた ので す が

︑何 も し ない のは 却っ て良 く ない ので は ない かと いう こと で︑ 開催 する こ とに し ま し た

︒参 加 団 体 に チャ リテ ィー コン サー トの 計画 を 伝 え た と ころ

︑た く さ ん 参 加 希望 があ り︑ とて も 嬉し かっ たで すね

︒結 果と して は︑ 開催 して 本 当に 良か った と感 じて い ま す し

︑あ の よ う な 時 に 開 催 す る こ とこ そ 意 義 が あっ た よ うに も思 って いま す︒ シュ ミッ ト   とて も 難 し い決 断 を 下 さ れ て

︑良 い 結 果 を 得

ら れ た とい う の は

︑非 常 に 素 晴ら しい こと です ね︒ 舞 台 に 上 がっ て ベー ト ー ヴ ェ ン を 弾 く と い うの は

︑至 福 の 時な ので す︒

︱︱

︱︱

玉 越   先 生 は 普 段 か らハ ー ド な 活 動 状 況 だ と 思 う の で す が︑ 一年 の半 分 位は ツア ーに 出 掛 け てい る よ う な 状 態 な ので しょ うか

? シュ ミッ ト い  えい

え︒ 一年 の う ち ツ ア ー は 四 ヶ 月 程 度 で す

︒あ ま り 多い 方 で は ない と 思い ます

︒た だ︑ あま りに も演 奏回 数が 少な いと

︑ハ ーゲ ン・ ク ァル テッ ト は 解 散 し たの か と思 われ てし まい ます ので

︑そ う 思 わ れな いよ う な ギ リギ リ の 線で やっ てい ま す︵ 笑︶

︒で も

︑年 間 五 十

〜 六 十 公 演 程 度 は行 って いる んで すよ

︒や ろう と 思 え ば

︑百

〜 二百 公 演 も 可 能で しょ うが

︑私 達に は︑ そ う し たい とい う 思 いは 全 く ない です ね︒ それ なら ば︑ もっ と練 習 時 間 に 費 や して

︑よ り 良い 演奏 をし たい と思 って いま す︒ 花 田   ツア ー 以 外 にも 練 習 や 勉強

で︑ お 忙し そう です ね︒ 玉 越   聞い てい る だけ で も 大 変そ うで す︵ 笑︶

︒ シュ ミッ ト   そ う で す ね

︒で も

︑舞 台 に 上 がっ て ベー ト ー ヴェ ンを 弾 く とい う の は 至 福 の 時 で あ り

︑こ れ ほど 素 晴 ら しい こと はな いと 思っ てい るん です よ︒ また

︑ハ ーゲ ン・ クァ ルテ ット のメ ンバ ーと して 舞台 で 演 奏 す る とい う の は

︑私 に とっ て とて も 幸 せ な こと で す ので

︑そ のた めに 練習 する こと は 全 く 苦 痛 に は 感 じ てい な い です ね︒ 音

楽 を追 及 する 情 熱 と喜 び が 一番 重 要 で な い な ら

︑音 楽 の 道 に は最 初 か ら 進ま ない 方 が 良い

︒︱

︱︱

︱︱

︱︱

花 田   と ころ で

︑バ ー ゼル 大 学 で は

︑ど ん な こ と を 教 えて おら れる ので すか

︒ シュ ミッ ト   ま ず

︑ど の 様 な 形で クァ ルテ ット を続 けて いく か とい う

︑基 本 的 な こと か ら 指 導し てい ま す︒ 一昔 前の クァ ルテ ット のあ り 方 は︑ 一人 のい わゆ る リー ダー 的 な 存 在の 人

がい て︑ その 他の メン バー はそ れに 従っ てい くと いう スタ イル が 多か った よう に思 われ ます

︒ です が︑ 今日 では もっ と民 主的 な 方法 でや って いか なけ れば

︑ 若い 人 た ち は 簡 単 に解 散 して し ま う でし ょ う

︒ど う す れ ば 長く 続 けて いけ るか

︑メ ンバ ー 間の コミ ュニ ケー ショ ンの 取 り 方な

ど︑ いろ いろ なこ とを 指 導 しな けれ ばな らな いの です よ︒ 花

田   先 生 がお っし ゃ る よ う に

︑ア ンサ ンブ ルを 組ん でい て も 長 く 続 け てい く のは 非 常 に 難 しい で す よ ね

︒長 年 活 動 を 続け られ てい るハ ーゲ ン・ クァ ルテ ット では

︑ど のよ う に工 夫 され てい るの です か? シュ ミッ ト 一  番 大切 にし てい るの は︑ お互 いに 尊 重し 合 うと

い うこ とで す

︒例 えば

︑一 人の メン バー が提 案 する アイ デア に 対 し 他の 三人 が 納 得 でき な く ても

︑と りあ えず 全員 で試 して みる

︒最 初か ら拒 否 する ので は なく

︑互 いの 意 見や 考え を受 け 入れ て尊 重し

︑皆 で取 り 組む と いう こと を大 切に して いま す

︒ たっ たの 四人 です が

︑小 さな 社 会の 始ま りの よう なも ので す

︒ 一人 ひと りの 声 に 耳を 傾 け︑ 一 緒 に 取 り 組 む 姿 勢 で す ね

︒そ して

︑人 と人 との 相性 も 大切 だ と 思い ま す

︒ハ ー ゲン

・ク ァル テッ トの 場 合は

︑三 人が 兄弟 と いう 特 殊な ケー スで すが

︑相 性 はと ても 良い と思 って いま す

︒ 外 部か ら私 が入 った こと で︑ よ り上 手 くバ ラン スが 取れ てい る よう な気 もし てい ます

︒ 玉 越  兄弟 とい って も

︑そ れぞ れ性 格は 違 うで しょ う ね︒ シュ ミッ ト  そう

︑ま った く違 い ます

︵ 笑︶

︒た だ

︑同 じ 両親 か ら 生 ま れて 同 じ 環 境 で 育っ てい ま す か ら

︑物 事 に 対 す る 姿 勢 や 考 え 方 に共 通 点 は 多い と 思い ま す

︒そ んな 彼 等 と 家 族 外 の 人 間 が 加 わ り

︑長 年 クァ ルテ ット を 続け てい られ る

のは

︑各 自 が音 楽の こと を一 番 に考 え︑ キャ リア は二 の次 にし てい るか らだ と思 いま す

︒一 人 ひと りが 音 楽 を 最 重 要課 題 と して 向 き 合 え ば

︑迷 った 時 で も 必 ず 解 決 して い け ま す

︒全 員 が 同 じ 方 向 を 向 き

︑一 緒 に 成長 でき ると いう のは

︑と ても 幸運 なこ とだ と思 って いま す︒ こ う し た こ とは

︑若 い 人 達 に もい つ も 話 し てい ま す

︒音 楽 を 追 及 す る 情 熱 と 喜 び が︑ 自 分 に とっ て さ ほ ど 重 要 で ない な ら

︑音 楽の 道 に は 最 初 か ら 進 ま な い 方 が 良 い と 思 い ま す︒ キャ リア のた めに やる ので は な く て

︑音 楽 の た めに や る こと が 最 重 要 であ る と いつ も 教え てい ます

︒ 日

本の アン サン ブル 育 成 機 関 はわ ずか です が︑ ある とい うだ けで 大 変意 味 があ る︒

︱︱

玉 越   先 生は パリ の プロ ク ァ ルテ ット でも

︑教 えて おら れる んで すよ ね? シュ ミッ ト   ええ

︒プ ロク ァル テ ット での 活 動 は

︑毎 年 実 施 して いま す

︒こ れ は も う 何 年

スイスでのチャリティーコンサート チラシ

(4)

若 く て 魅 力 的 なア ンサ ン ブル が 育 って く れ ば

︑自 然 と 聴 衆 も増 えて くる

︒︱

︱︱

シュ ミッ ト 私  がザ ルツ ブル グ のモ ーツ ァル テウ ムで 教 え始 め てか

ら︑ かれ これ 二十 五年 程に なり ま すが

︑そ の当 時

︑室 内楽 教 育 は そ れほ ど 重 要 視 され て いな かっ たよ うに 思い ます

︒で もこ の数 年で

︑ヨ ーロ ッパ の音 楽 大 学 では

︑室 内 楽の 重 要 性 が 再 認 識 さ れ

︑大 学 院 修 士 課 程 に 室内 楽 科 も 設 置さ れる よ うに なり まし

た︒ こう した 流れ は︑ スペ イン のマ ド リー ドか ら 始 まっ たの だと 思っ てい ま す

︒ 私が 二〇

〇二 年 にマ ドリ ード の ソフ ィア 王妃 音楽 院の

︑弦 楽四 重 奏 専 門コ ース で 指 導 し 始 め た当 時は

︑ヨ ーロ ッパ に ある 音 楽 大学 での 室内 楽専 門コ ース

︑ また は修 士課 程の コー ス等 はま だ設 置さ れて いま せん でし た︒ ソフ ィア 王 妃音 楽院 は︑ 他の ど こよ り も 先 に 室 内 楽 専 門コ ー ス を 作 り 上 げ たこ と を 誇 り に 思っ てい ます

︒以 前︑ 大 阪や ボ ルチ アー ニの コン クー ルで お世 話 に な り

︑現 在

︑若 手 ク ァル

テッ トと して 活 躍し てい るベ ネ ヴ ィッ ツ︑ カザ フス タン

︑ア ル デ オ

︑キ ロ ー ガ

︑そ し て ド ー リッ ク等

は︑ マド リー ド時 代に 指導 して いた 教 え子 です

︒今 で は

︑ケ ル ン や ザ ル ツ ブ ル グ

︑ バー ゼル にも あ りま す が︑ あの マド リー ドの コー スか ら 広ま っ てい った のだ と思 って いま す︒ 花 田   室内 楽 専 門 学 科の 重 要 性 は

︑マ ド リ ー ド か ら 波 及 し たの です ね…

︒ シュ ミ ッ ト   そ う だ と 思い ま す︒ 昔は

︑バ イオ リン

︑ビ オラ

︑ チェ ロの 先 生と いっ た室 内 楽の 専 門で ない 先 生 方 が 室 内 楽 を 教え てい るよ うな 状 態だ った の です が︑ あの 辺り から 変化 した よ うに 思い ま す

︒今 では

︑ヨ ー ロッ パの 多 くの 学校 で室 内 楽専 門 学 科 が 設 置 さ れ る よ う に なっ てき まし た︒ 花 田   ま だ ま だ 遅れ ては いま す が

︑日 本 で も 同 じよ う な 動 きが 見ら れま すね

︒ シュ ミ ッ ト   個 人的 にも 室 内 楽を 学ぶ とい うの はと ても 重要 だ と 思 う し

︑オ ー ケス ト ラ の オー ディ ショ ンに もぜ ひ 取り 入 れ るべ き だと 思っ てい ま す

︒で も︑

オー ケス トラ のオ ーデ ィシ ョ ンに 行 くと

︑当 たり 前の よう に モー ツァ ルト の協 奏曲 やシ ベリ ウ スの 協 奏 曲

︑ブ ラー ムス の協 奏 曲を 弾か され ます

︒で も︑ シベ リ ウス や ブラ ーム スの 協 奏 曲 は︑ オー ケス トラ 団 員に とっ て必 要 か とい う と︑ 特に そ うで はな い よう に思 って いま す︒ オー ケス ト ラの 団員 にと って 本 当に 必要 な こと は

︑聴 く 耳

︑柔 軟 性

︑協 調 性 など

︑ア ンサ ンブ ル奏 者 とし て必 要と され る特 性だ と思 うの です

︒で もな ぜか オー ケス トラ の 入団 資 格に はこ れら が入 って い ませ ん︒ 室内 楽が

︑オ ーケ スト ラ のオ ーデ ィシ ョン に取 り 入れ ら れる こと を期 待し てい ます

︒ 玉 越   先 生 の お 話 し を 聞 い て︑ とて も心 強く 感じ まし た︒ 私 共 もコ ンク ー ルの 充 実 を 通 し て︑ さ ら に 室 内 楽 の 普 及 に 努め てい きた いと 思い ます

︒ シュ ミッ ト  学生 達が

︑共 に演 奏す る楽 しさ を感 じる

と︑ どん どん 興味 が沸 き︑ 自ら の世 界を 広 げ て 行 く 原 動 力 に な り ま す

︒若 いク ァル テッ トが

︑各 自 の パー ト の 役 割 を ま だ 理 解で きな くて も︑ 追 求す るス リル

発見 する 喜び

︑四 人で 一つ の 音 楽 を 作 り あ げ る 感 動 に きっ と 虜に なっ てし ま うで しょ う︒ 時 間 はか かる と思 いま す が︑ 必 ず そ うな って 行く と思 いま す︒ 玉 越   な る ほ ど

︒あ と は

︑日 本の 聴 衆 が もっ と室 内 楽 を 楽 しむ よう にな って くれ たら

︑と いう こと です ね︒ シュ ミッ ト 若  い魅 力的 なア ン サン ブル が育 って く れば

︑自 然 と聴 衆も 増 える と思 いま す

︒結 局

︑私 たち がス テー ジの 上で し てい る事 は︑ コミ ュニ ケー ショ ン です

︒作 曲家 は譜 面を 通し て︑ 演 奏家 は音

でコ ミュ ニケ ーシ ョン を して いま す

︒そ して

︑そ の 作 品 に込 めら れて いる メッ セー ジ とエ ネル ギー が︑

﹃ 波動

﹄と して 聴衆 の耳 に 届き

︑そ して 心に 響 くの です

︒演 奏 家は 仲 介者 とし て︑ 作 曲 家の メッ セー ジに 感 動 し︑ 音と して 聴衆 に届 けら れる 感動 も 頂戴 でき る︒ 二重 の感 動 を 感 じ ら れ る 我 々 演 奏 家 は

︑ ラッ キー だと 思い ませ んか

? 玉 越   お 話 し を お 伺い して い ると

︑と ても ワク ワク して きま し た

︒本 日 は 本 当 に あ り が と うご ざい まし た︒

も し てい て

︑お 互 い 信 頼 関 係 が 築 け てい ま す か ら

︑必 ず 毎 年一 回行 って いま す

︒も っと 回 数 を 増 や して 欲 しい と 言 われ てい るの です が︑ まだ 今の 状態 では 難 しい です

ね︒ 二人 の子 ど も 達 がも う 少 し 成 長し て独 立 した ら

︑も っと いろ いろ なプ ロ ジェ クト に も 参 加で き る よ う にな るの では ない かと 思っ てい ます

︒そ の時 には

︑是 非︑ 妻と 一緒 に取 り組 んで みた いと 思っ てい ま す

︒彼 女 は 本 当 に 素 晴 らし い音 楽家 だし

︑一 緒に 何か を す る と

︑と て も 上 手 くい く と確 信 して いる んで す︒ 玉 越   素 晴 ら しい ご 夫 婦で す ね︒ とこ ろで

︑ヨ ーロ ピア ンチ ェ ンバ ーミ ュー ジッ クア カデ ミー でも 教え られ てい たの では

? シュ ミッ ト は  い︑ 素晴 らし い 学校 です

︒確 か二

︑三 度教 えた こと が あ り ま す

︒と て も 重 要 な 役 割 を 担 当 す る 予 定 だっ た ので すが

︑辞 退し まし た︒ とい う の は

︑す で に 素 晴 ら しい 指 導 者 も た く さん お られ ま した し︑ 一度 に四 人も 五人 もの 先生 が 指 導 す る のは

︑室 内 楽 を 始 め た ば か り のア ン サン ブ ルに

とっ て︑ 危 険な こと だと 思っ た か らで す︒ 少 なく とも 一︑ 二年 は一 人の 先 生に つい て勉 強し

︑ 次の ステ ップ とし て︑ 複 数の 先 生か らの 指 導 を 受 け る とい う 方 が 良い ので は ない か と 考 え てい ます

︒ 玉

越   な るほ ど

︒日 本 で は サ ン ト リ ー の チェ ン バ ー ミ ュー ジ ック アカ デ ミー が 室 内 楽 の 育 成 機 関 と して 活 動 して い ま す ね

︒日 本で は ま だ わ ず か で すが

︑で も

︑あ ると いう だけ で 大 変 意 味 が ある と 感 じ てい る ので

︑頑 張っ て欲 しい です ね︒ 花 田   私 も サ ント リ ーの チェ ンバ ーミ ュー ジッ クア カデ ミー に 携 わっ てい ま す

︒数 年 後 に は︑ ここ から プロ の弦 楽四 重 奏 団や ピ アノ ト リオ な ど が 出 て く れ れ ば 嬉 しい で す よ ね

︒室 内 楽 専 門 の 指 導 シス テ ムと し ては

︑日 本で は初 の試 みで

︑始 まっ たば かり です が

︑頑 張っ て いき たい と思 って いま す︒

第8回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

参加団体募集の記者発表

 第8回大阪国際室内楽コンクール&フェスタの実施内容の詳細が決まり、3月13 日ホテルグランヴィア大阪で、記者発表が行われました。当日は、コンクール審査 委員長の堤剛氏が、8回を迎えるコンクールの意義と課題曲等の変更点を、日下部 吉彦審議委員長からは、フェスタの聴衆審査の意義について説明しました。

●実施期間 2014年5月13日〜2014年5月21日

●会  場 いずみホール

●コンクール部門

1.演奏部門と賞金

2.応募資格 3.課 題 曲

16〜35才の演奏家のアンサンブル。

弦楽四重奏、ピアノ三重奏及びピアノ四重奏の中か ら、各審査委員からアイデアを募り、コンクールに相 応しい曲を選定しました。

4.審査委員 日本からは堤剛、藤原浜雄、川本嘉子、梅本俊和の各 氏が、海外からはライナー・シュミット、シャンドー ル、デヴィッチ、パスカル・ロジェ、ジェイムズ・ダナム 氏等、室内楽に造詣が深く世界的に著名な音楽家が 就任されています。

●フェスタ部門

1.編成と賞金

2.応募資格 3.課 題 曲 4.審  査

参加者の年齢・国籍は問いません。

自由。但し、演奏時間は、30分以内。

約1,000名の一般聴衆による審査を行います。

部  門 編  成 賞  金

1 位  300万 2 位  150万 3 位  100万 弦楽四重奏

第1部門

部  門 編  成 賞  金

1 位  300万 2 位  150万 3 位  100万 ピアノ三重奏

及び ピアノ四重奏 第2部門

部  門 編  成 賞  金

メニューイン金 賞  200万          銀 賞  100万

    銅 賞  60万 フォークロア特別賞  30万 2〜6人のアンサンブル

楽器の組み合せは自由 フェスタ

第8回コンクール&フェスタの概要

(http://www.jcmf.or.jp/competition)

(5)

半導 体メ ーカ ーの ロー ムと 音楽 文化 との かか わり は︑ 今か ら約 五十 年前 に遡 りま す︒ 一  九六 五 年の 音 楽 冊 子﹁ 目 で 見る 音楽 史﹂

︵全 五巻 ソノ シー ト 付︶ をス ター トに

︑一 九七

〇年 に

﹁楽 器 の歴 史﹂

︵全 五巻 ソノ シー ト 付︶

︑そ し て一 九 八一 年 に﹁ ア ジア の音 楽 史﹂

︵全 四 巻カ セッ ト テ ープ 付︶ を 発 行 し ま した

︒こ れら はロ ーム 株 式 会 社︵ 一九 六 五年 当 時は 株 式 会 社 東 洋電 具 製 作 所︑ 一九 八一 年 にロ ー ム株 式会 社に 社 名変 更︶ の企 業 広報 誌と して

︑音 楽を 多 くの 方々 に 気軽 にお 楽し みい ただ きた いと の思 いか ら 発 行 しま した

︒一 九 八九 年に はロ ーム 株 式 会 社 創 立三 十周 年 を記 念 して

﹁ロ ーム 君の 音楽 会  バッ ハス ペシ ャル P

LA Y  BA CH

﹂を 開 催 し︑ そ の後 も継 続し て各 種コ ンサ ート 等を 開催

・支 援し てい ます

︒ そ  して

︑継 続的 な音 楽文 化へ の支 援 を 行っ てい く た め︑ 一九 九一 年に 音楽 文 化の 普及 と発 展 に 寄 与 す るこ と を 事 業の 目 的 と し た 財 団 法 人ロ ー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ン︵ 現 在︑ 公益 財 団法 人ロ ーム ミュ ージ ッ クフ ァン デー ショ ン︶ を︑ 佐 藤研 一郎

︵当

時︑ ロー ム 株 式 会 社 社 長・ 現 在︑ ロー ム株 式 会 社 名 誉 会長

︶と ロー ム株 式会 社が 主 体 とな って 設立 しま した

︒ ロ  ー ム ミュ ー ジ ッ ク フ ァ ン デー ショ ンの 活 動の 基本

は︑ 音 楽家 の育 成と 音楽 ファ ン︵ 聴衆

︶ の 拡 大 で す︒ こ れ ら 双 方 が 相 まっ て 音 楽 文 化 の普 及 と発 展

がつ なが ると 考 えて いま す︒ で  は︑ ロー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ンの 特 徴 的な 活 動 をい くつ か紹 介さ せて いた だき ます

︒ まず

︑京 都・ 国際 音楽 学生 フェ ステ ィバ ルで す

︒ こ  のフ ェス ティ バル は一 九九 三 年 よ り 毎 年︑ 開 催 して いま す︒ 音 楽 を 通じ た国 際 交 流 と音 楽 家の 育 成を 目 的に

︑世 界 の音 楽学 校で 学ぶ 学生 た ち を 毎 年 五 月 に 京 都 に 招 き︑ 二十 回 を迎 えた 二

〇一 二 年 ま でで

︑日 本 を 含 む 世 界 二 十 か 国 か ら 約 二千 三百 名の 音 楽 学 生が 参 加し ま した

︒こ の フェ ステ ィバ ルの 特 色は

︑ 異 な る 音 楽 学 校 の 学 生 同 士 が アン サ ン ブ ル や

オー ケス トラ のメ ンバ ーと して

︑ コミ ュニ ケー ショ ンを 図り なが ら 演奏 を作 り上 げる とこ ろに あり ます

︒あ えて 指 導 者は 置い てい ませ ん︒ 異な る教 育 を受 けて き た 音楽 学校 の学 生た ちが 一緒 に 演奏 する こと は︑ 学生 たち にと っ て学 ぶこ とも 多く 大変 意義 深い もの とい えま す︒ また フェ ステ ィ バル に は 多 く のお 客 様に ご 来 場い ただ い て い ま す︒ 当 初︑ この フェ ス テ ィバ ルの 企 画に あた って 一 番 気に 止め て い たの は 学 生 のコ ン サ ー ト に どれ だけ の お

客 様 にご 来 場い た だ け るの か? 満 席に でき るの か? 不 安 を 抱え たま まの スタ ート でし たが 危 惧に 終わ りま した

︒音 楽学 生 の若 さ溢 れる 純粋 な 演奏 が︑ 多 くの お客 様の 共 感を 呼び

︑そ し てお 客 様の 若い 音楽 学 生た ちを 応援 する 暖か い気 持ち 溢れ るコ ンサ ート と し て︑ 毎 回︑ 多 く の 方々 にご 来場 いた だい てい ます

︒ 次に ロー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ン音 楽セ ミナ ーで す︒ こ  のセ ミナ ーは 世界 的に 活躍 して いる 音 楽 家 を 講 師に 迎 え︑ プロ の音 楽 家の 育 成を 目的 に開 催し てい ます

︒一 九九 二年 より 弦 楽器 クラ ス︑ 一九 九八 年か ら管 楽 器ク ラス

︑そ して 二〇

〇三 年か ら は 指 揮 者ク ラス を 各々 開 催︑ 二

〇一 二年 まで で二 十二 回︑ 約四 百 名が セミ ナー を受 講し まし た︒ こ  のセ ミナ ーも 約二 十年 を経 て︑ 過 去の 受 講 生の 方 が 現 在︑ 国 内外 のプ ロの オー ケス トラ の コン サー トマ スタ ーや 首 席 奏者 とし て︑ また 指 揮 者や ソリ スト とし て世 界 各国 で活 躍さ れて い ます

︒   小 澤 征 爾 音 楽 塾の 公演 の支 援も 音楽 家 育成 活 動の 一つ とし て二

〇一 一年 より 実 施︵ ロー ム株

式 会社 は二

〇〇

〇年 より 実 施︶ して いま

す︒ 小 澤 征 爾氏 の﹁ 若 き 音楽 家た ちに

︑今 まで の自 分 の音 楽経 験を ぶつ け 育て てい き たい

︒﹂ との 思い に賛 同し 支援 し てい ます

︒ そ

し て音 楽 を 学 ぶ 学 生 たち に 奨学 金を 給付 して いま す︒ こ  の制 度 は︑ 一九 九一 年 よ り 開 始︑ 現 在 まで 約 四 百 名 の 音 楽 学 生に 奨 学 金 を給 付 して き ま し た︒ 音 楽 学 生 た ち に 経 済 面で の不 安 を 少 しで も 軽 く し 勉 学に 集 中 でき る環 境 を作 る こと で︑ 優れ た才 能あ る音 楽 家 を一 人で も 多く 育て たい との 思 いか

ら︑ 現 在︑ 一人 に対 し 年 間 三 百六 十 万 円 を最 高 額 とし 奨 学金 を給 付し てい ます

︒過 去に 奨学 金を 給付 させ てい ただ いた 方に

は︑ 樫本 大進 さん

︑神 尾 真 由子 さん

︑下 野竜 也さ んは じめ

世界 を舞 台に 活躍 され てい る多 くの 方々 がお られ ま す︒ この よ う なロ ーム ミュ ージ ック ファ ン デー ショ ンの 音 楽家 を育 成す る 活 動と の繋 がり のな かで

︑世 界 に羽 ば たか れ た 皆さ

ん一 人一 人 が︑ ロー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ンの 誇り であ り 宝で す︒   音楽 ファ ンの 拡大 に向 けた 活 動の 一つ は二

〇〇 八 年よ り 実施

︵ロ ーム 株 式 会 社 は一 九 九九 年 より 実 施︶ して いる 新 国立 劇場 高校 生の ため のオ ペラ 鑑賞 教 室 への 支援 です

︒感 受 性豊 かな 高 校生 に本 物の オペ ラに 接し ても らい

︑音 楽を 親し み・ 愛す るフ ァ ンを 増や した いと の思 いか ら支 援 して いま す︒ また

︑指 揮 者小 林 研一 郎氏 がス テー ジか ら演 奏 曲に 関 する エピ ソー ド など につ いて 直接 語り かけ られ

︑音 楽 を より 親し みを もっ て楽 しん でい ただ け る日 本フ ィル ハー モニ ー 交 響 楽 団﹁ コバ

ケン

・ワ ール ド﹂ シリ ーズ への 支 援を 二〇

〇九 年 より 実 施︵ ロー ム株 式会 社は 二

〇〇 四年 より 実 施︶ して いま す︒ ロー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ンは

︑こ れか らも 音 楽を 愛 す る人 た ちを 増 や す 活 動を 続 けて いき ます

ロ  ーム 株 式会 社は

︑こ れ まで 五 十 年 に 渡 り 京 都 の文 化 の殿 堂 とし て皆 様 に親 しま れて き た貴 重な 文化 遺産 であ る﹁ 京 都 会 館﹂ が︑ 日本 を代 表 する 文 化 の 殿 堂 とし て 再 整 備 され る 事 業の ため

︑再 整備 後五 十 年間 の 命 名 権 を五 十二 億 五 千 万 円で 取 得 し ま し た︒ 命 名 権 取 得 の 理 由 は︑ 京 都 市 に 本 社 を 置 き 継 続 的 に社 会 貢 献 とし ての 文 化 支 援 活 動 を 行 う ロー ム株 式 会 社 のニ ー ズ に 合っ た こ とで す︒ 再 整備 後の 京 都会 館が

︑今 まで 以上 に 多 くの 皆 様 に 愛 さ れ 活 用 され る 施 設 に なる こと を願 って いま す︒ そ  の他

︑ロ ーム 株式 会社 の本 社の 所 在 地 で ある 京 都で の 音 楽 文 化 支 援 活 動 と して

︑京 都 市 交 響 楽 団 の 演 奏 会︑ 京 都 の 秋 音 楽 祭 開 会 記 念 コン サ ート 等へ の継 続 的 な支 援 を通 じて

︑ 地 域の 音 楽 文 化の 普及 に 取 り 組ん でい ます

︒ ロ  ーム 株 式 会 社 そ して 公 益 財 団 法 人 ロー ムミ ュー ジッ ク ファ ンデ ーシ ョン

は︑ これ か ら も︑ 音 楽 文 化 活 動 を 通 し て 豊 か な 文 化 を 作 るこ とを 目 指 し ます

【プロフィール】

1982年  ローム株式会社入社 現在、ローム株式会社メセナ推進室室長

公益財団法人ロームミュージックファンデーション事務局参事

ロー ム株 式 会社 メ  セナ 推進 室  室長  

谷 口   享

化 を さ さ え る 化 を さ さ え る 音 楽 文 化 を さ さ え る

  公 益財 団 法人 ロー ム ミュ ー ジッ クフ ァン デー ショ ンは 佐 藤研 一郎 氏︵ 現︑ ロー ム株 式 会 社名 誉 会 長

︶︑ ロー ム株 式 会 社及 びロ ーム グル ー プ各 社 から の基 金の 拠出 によ り 設立 され たの

が一 九 九一 年︵ 平成 三年

︶二 月の こ とで す︒   音 楽 文 化 活 動 を 支 援 し て い くこ と を 目 指 し た 財 団 の 活 動 は

︑﹁ 京 都・ 国 際 音 楽 学 生フ ェス テ ィ バル

﹂や

﹁ロ ー ム ミュ ー ジッ クフ ァン デ ーシ ョン 音 楽 セミ ナ ー﹂ など の多 彩 な 事 業の 展開

︑音 楽 を 学 ぶ学 生 に 対す る 奨 学金 の 給 付な ど を活 動の 柱 にし て 地道 では ある が︑ 盤石 の態 勢で 着 実に その 成 果を 上げ て いま す︒ ロ  ー ムの メセ ナ活 動と ロー ムミ ュー ジッ クフ ァン デー ショ ンの 運 営に 携わ って こら れ た谷 口 享 氏に 筆を 執っ てい た だ き まし た

京都・国際音楽学生フェスティバル2012(フィナーレ)

ローム ミュージック ファンデーション 音楽セミナー2012(指揮者クラス)

音楽冊子「目でみる音楽史」

(6)

一  般 論 とし てサ ラリ ーマ ンの 定 年 は 殆 ど 避 け られ ない 人 生 にお ける 一大 イベ ント とい え よ う︒   よく 音 楽フ ァン から

﹁オ ーケ スト ラも 定 年っ てあ るの

?﹂ と 訊か れる が﹁ 皆さ んと 同じ です よ

﹂と い う と 意 外 な 顔 を さ れ る︒ まだ まだ 市民 権を 得て いな い証 かも しれ ない

︒   元 来 プロ の 音 楽 家 とい う も のは 日頃 の生 活そ のも のが 大変

厳し い修 業と 鍛錬 の世 界だ

︒例 えば オー ケス トラ の楽 団 員を 目 指そ うと する なら

ば︑ 血が 滲む よ う な 努 力 を し なけ れ ばな ら ない

︒楽 器に よっ ては 一人 の 募 集に 対 して 百 人 前 後 の応 募 が あ る こ と も 珍 しい こ とで は な い︒ 入 団 後も 大変

だ︒ 特 にソ ロ 楽器 であ る管 楽器 は入 った から とい って 安心 して 練磨 を 怠る と すぐ に通 用し なく なる

︒こ の様 な 輩 が 増 え ると 結 局 楽 団 その

もの の評 価が 落ち るば かり か︑ 個 人 的 にも 定 年 どこ ろか 年 齢 に関 係な く 肩 た たき が 行 な わ れか ねな

い︒ 日頃 から ミス が目 立つ 楽 員 は とて も 可 哀 想 な 立 場に なる が 誰も 同情 しな い︒ 下 手 な 技 術 を 聴 衆 の前 でさ らけ 出 す こ と に よっ て

︑誇 り

︑見 得

︑外 聞 も吹 っ飛 んで し まう

︒ 逆 に 優 秀 な 奏 者 は 楽 団 員

︑お 客 様 か ら 羨 望と 尊 敬 の眼 差 し で見 つめ られ

︑喝 采を あ びる こ とと なる

︒弦 楽 器で いえ ばコ ン サー トマ スタ ーが 奏で る素 晴 ら しい ソロ に対 して 惜し みな い拍 手 を受 ける が︑ その 他の 楽 員に 対し ても 同 様に コン サー ト終 了 後

︑お 客 様か らの ブラ ボー

!は 音 楽 家 とし て 最 高の 生き 甲 斐 を感 じる 瞬間 だ︒   人間 誰し もだ んだ んと ベテ ラ

ンに なり 定年 が見 えて くる と︑ ど う して も 体 力

︑気 力 が 衰 え て きて 今 ま での 努 力 が 続 か な くな る︒ その 分生 活の こと もあ り 身 を 守る ため か 定 年 延 長 を 主張

し始 める

︒若 くて 元気 な頃 は あ れ程 定 年 制 発 足 を 熱 望し てい たは ずが

︑い ざ 自分 の番 が くる と抵 抗 する

︒も っと 困る の は 定年 が近 づく

と︑ オレ はも う この 年に なっ たの だか らク ビに はな

らな いだ ろう

︑と 思い 始 め ると 厄 介だ

︒そ れま での 精 神的 プ レッ シャ ー が そ れ ほ ど きつ かっ たと いえ ばそ れま でだ が

︑ 同 情も して おれ ない

︒か とい っ て楽 団側

は︑ 今更 クビ にも 出来 ない とい うこ とで 演 奏レ ベル を 落と さな いた めに やむ なく

﹁窓 際 楽団

員﹂ を作 るこ とに なる

︒ つま り 楽 団 員 で あ り な が ら 肩 書 きは そ の まま

で︑ コン サー トに はそ れ以 降い っさ い出 演 す る 必 要 な し とい うレ ッテ ルを 貼ら れ︑ 基 本 給 のみ で 自 宅 待 機 さ せ ら れ る

︒当 然 欠 員 が 出 た と同 じ にな るわ け だか ら︑ その セク ショ ンは 再 募 集せ ざる を得 ない

︒楽 団側 も大 変な 出 費と なる

︒こ こま です れ ば 彼 らは 誇 り 高 い音 楽 家 なの だか ら﹁ 月給 泥棒

!﹂ と陰 口を 叩か

れ︑ この 屈辱 的な 扱い に耐 え 切 れず 自 主的 に 退団 す る だ ろ う と 周 り は 期 待 す る

︒だ が

﹁窓 際⁝

﹂は 叩 かれ 慣 れし てい るの か精 神も タフ で決 して 弱音 を吐 かず

︑辞 めよ うと しな いど ころ か定 年の 最後 まで 踏ん 張っ

て給 料は 無 論

︑ボ ーナ

ス︑ 退 職 金を ガッ ポリ

?受 けと って 退団 ナサ ル! だ  が忘 れて はい けな いの は音 楽 家 全 体 にい え る こと だ が

︑ 我々 の 仕 事 は 誰 のた めに 存 在 す るの か? とい うこ とだ

︒何 の た めに 株 式 会 社で はな く て 芸 術 団 体の 多 く は公 益 法 人 なの か

︒無 論 株 式 会 社 に も 社 会 的 役 目 と い う も の は そ れ な り に あ る と 思 う が

︑公 益 法 人 の 役 割

︑目 的に つい てど のオ ーケ スト ラに も 定款

に﹁ この 法人 は 交 響 楽の 普及 向上 に関 す る 事 業を 行な い︑ わが 国芸 術 文化 の 発 展に 寄 与 す るこ とを 目 的 と す る︒

﹂と はっ きり 明記 して あ る︒ 何処 にも 音 楽家 を守 るた め にこ の団 体が ある とは 掲げ ては いな い︒ まぁ 元々 採算 は度 外 視 せざ るを 得 ない 業種 だが

︑そ の 分日

頃︑ まだ まだ 足り ない と文 句ば かり いっ て噛 み 付い てい る とは いえ

︑国 は及 ば ずな がら 芸 術団 体 を 助 成し たり 免 税 措 置 を もっ て優 遇し てく れて いる

平た くい えば

︑我 々の 演 奏会 の 目 的 は 自 己満 足で は な く て聴 き にき てく だ さ るお 客 様 が 満 足し てお 帰り いた だく こと に全 力を 傾け なく ては なら ない とい う こ と だ︒ 定 年 制 が 発 足 し た 当 初 は六 十 歳か ら 年 金が 支 給 され てい たが

︑ご 存 知の 如 く今 や 年 金 支 給 年 齢 は この と ころ ジリ

︑ジ リと 繰 り上 がり

︑そ の 対 応 に日 本 中の 企業 が 四 苦 八 苦し てい ると か⁝

︒無 論オ ーケ スト ラも 例 外で はな く︑ この ま まで は貧 困な 退 職 用 財 源 も ジ リ貧 にな るこ とは 目に 見 えて お り︑ 先の 見通 し も立 たな いの が 現 状 だ

︒そ ん な 事 情 も あ り 最 近耳 にす るこ とは

︑定 年時 すぐ に退 職金 を支 払わ ない でお 互い 話 し 合っ て 定 年 退 職 延 長 を 持 ちか ける

︒だ が今 まで 音 楽し か やっ たこ とが ない 楽員 に苦 し紛 れに 無 理 や り 事 務の 手 伝い み たい な こ と を さ せよ う と す る と︑ 事務 局側 から すか さ ず︑ 冗 談じ ゃな いよ

︑幹 部連 中は 俺 た ちの 仕 事 を 何 と心 得 てい るの だ

! そ んな に 軽 々し いも の か よ︑ とソ ッポ を向 く︒   そも そ も 日本 にお け る芸 術

文化 はヨ ーロ ッパ のよ うに 自然 発生 的民 意の 発想 では なく て︑ 戦 後 音 楽 家 自ら 自 分 達の 意 志 で 設 立 され た 団 体 が 大 部 分で ある

︒い うな れば 国民 的コ ンセ ンサ スを 得な いで 芸術 家主 導の 元で 設立 され た︒ 案の 定

︑世 間 から は自 分 達が 好き につ くっ た 団 体 なの だか らど う ぞ ご 自 由 にと 思わ れて いる のか

︑何 十 年 にわ たっ て永 田町

︑財 界に 足し げ く 助 成 金ア ッ プや 寄 付 をお 願い に行 って もい まだ に満 足な 答 え が 得 ら れ ない こと と 無 関 係と も思 えな い︒ しか し長 年経 済 大 国 を 自 負 して き た 日本 が 肝心 の経 済に ほこ ろび が見 えは じめ た今

日︑ この 際芸 術 文化 を 全面 に出

し︑ いう なれ ば﹁ 文 化 維新

﹂を 詠い

︑希 望に 満 ちた 文 化 国 家を 目 指 す 坂本 龍 馬 みた いな 御仁 が出 現し ない もの か︒ 一方 我々 自 身の 責 務と して 日本 のオ ーケ スト ラが より 発展 を目 指 し 世 界に 羽 ば たこ う とす る には

︑定 年制 の充 実も 大切 なが ら︑ 楽 団 員一 人一 人が 如 何に し て個 人の 責任 を自 覚し

︑自 らを 厳し く管 理出 来る かに 関わ って いる かと 思う 昨今 であ る︒

ロビーコンサート

奏でる よろこび

パ ロ デ ィ

・ オ ー ケ ス ト

ラ っ て 定 年 あ

る の

公益 社 団法 人 日本 演 奏連 盟 専務 理 事 公益 財 団法 人 東京 交響 楽 団 最 高顧 問

︑評 議員 長

                      金 山 茂   人

【金山茂人(かなやま しげと)プロフィール】

1940年富山県生まれ。

1963年国立音楽大学を卒業後、ヴァイオ リン奏者として財団法人(現、公益財団法 人)東京交響楽団に入団。1976年4月代 表代行(統括責任者)。翌年代表に就任。

1980年9月より2005年2月まで専務理 事・楽団長を歴任後、理事・最高顧問とな り、2011年4月より最高顧問、評議員長 となる。

一方、2005年4月に社団法人(現、公益 社団法人)日本演奏連盟専務理事に就任。

その他、多くの関連団体で要職に就任して いる。

各種受賞歴あり。著作、講演活動も多い。

東京交響楽団

Figure

Updating...

References

Related subjects :