暗キョ排水の機能増進に関する研究 III. ワサビ田の暗キョ排水工法-香川大学学術情報リポジトリ

29 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

暗キョ排水の機能増進に関する研究

Ⅲ ワサビ田の暗キョ排水工法

田地野直哉,弥永孝一

Ⅰ は し が き 著者は昭和39,40年にワサビ田に暗キョ排水工法を利用することを発表(1)したが,その後の調査および稗討の結果を 報告する。 市場価値の高い沢ワサビの栽培形式には気候,地形,土質,水温水量,水質などの違いによって各種あるが,一般 に畳石式,池沢式,渓流式があって水量の豊富な地区は畳石式,ついで池沢式となー)水量の少ない地区は渓流式が行な われている。 畳石式は一般に10ア・一ル当たり20g/8(0,7個)程度の水星を必要とし,水温は夏冬を通じて10−130cが適温とされてお り,夏160cを超えたり冬80c以下になるとワサビ特有の風味を損なう。水質は飲んでイヤ味のない中性∼微アルカリ性 の水が良いといわれている。 上記形式のほかに伏流水を利用した平地式があ為。また畳石式に準じた北駿式は暗キョ形式であ、る。、各形式の構造は F短・・1のようなものであるが,地形に応じて各形式の中間的なものもある。例えば地層の下部が漏水の多い所は地沢式 の中でも畳石式に近いものがある。徳島県山城耶にある地沢式ワサビ田はこれである。 ワサビ馴こ暗キョ排水工法を利用する場合,Figい1の嗜キョ式に示すように作土を2層にしなければ均一・な垂直浸透 が期待できない。上層士粒径Dと下層土粒径D′との間には後記のⅣの1に示した次式の関係を満足するようにしなけれ ば土砂が下方に流去することを防ぐことができない。 D′15/D85≦5<D′15/D15 また,浸透水畳に応じた管径および管の間隔を決めなければならない。全面鞘水形式の一つとしてFig一・1に示すよ うな排水7小口ソクを開発するとよ、いが,材料費め低廉化が問題である。 Ⅱ ワサビ田の作土(ザク)の水理(2) ワサビ田の構造において水深ん,水面コウ配J,ザクの厚さん′,ザク表面コウ配J′,ザク表面のぬ度係数乃,ザクの 透水係数ん,垂直浸透水畳9およびワサビ田の巾捌こ関して水理学的に均合う条件は多くの場今が考えられる。代表的 なtypeとしてTablelに示すように、Ⅰ・−Ⅳの4つがある。 Table l巾 ワサビ田の水理学的均合い条件

Hydraulic balanced conditions on thecultureland of wasa}bi

type 工 Ⅱ Ⅲ Ⅳ β C ぐ Coγぴ む ん C C む 即 ん′ C C C り J J=J′,む J=J′,CoγU J幸Jlむ J′ /′ アl C C Coヶひ ど ん C C む ぴ 9 C C C ぐ C:一定,ぴ:可変を示す。

(2)

Tablelのうちh=COnStant・q=?OnStantの条件を満足するのはⅠ,Ⅰのtypeであって計画が比較的簡単で施 工上有利である。Fig・2およぴTable5に示すように静岡県中伊豆町筏場のワサビ田(畳石式)はワサビの生育に合せ て葉柄と根茎のつけ根である頸部(ギンド)が水面近くの水中にあるように一定水深を約2cmに保っており,浸透水畳 も単位面積当たり約O102cc/sを保ってい寧。、したがってこのⅠ,Ⅱtypeに属している。以下,このⅠ,Ⅱtypeについて 検討せ加える。 畳石式,作土コウ配‰−宛 地沢式,作土コウ配‰ 渓流式,作士コウ配%以上 北駿式,作土コウ配宛、・‰ 暗キョ式,作士コウ配宛∼宛 排水アロソク ポリエチレン製多孔質板 」 塩ビ製箱

蒜。m」

Figい1・・ワサビ田の縦断面図

Longitudinalsections of the cultureland of wasαbl

Fig−2l静岡県中伊豆町筏場のワサビ田(畳石式)における狩野川台風被害(1958年)の修復状況 The view of disaster reconstruction of KANOGAWA typhoon(1958)on the cultureland Of wasabiof TATAMIエSHI−type(IKADABA,NAKAIZU−CHYO,SHIZUOKA Prefecture)

(3)

1Itypeの場合 不定流の連続方程式から ・=0 ワサビ田透水屑内の浸透洗およぴ日面地表流をモデル化したFよg・3において単位幅に関してつぎの式が考えられる。 1 ・・ . 九 んノは−定であるから

豊+慧≧甘

(1) Fig.3けワサビ田ザクの縦断面図

Longitudinalsectionofgravellaye工Oftheculturelandofwasabl

一方′運動プ5程式はManningの平均流速公式から ひ=1.んそJ+ γl

∴血=∫

J=tanαなるとき Da工Cyの式から 即′=ん・血彗讃奈 実際にはα<5度であるから直+ね獅≒1である。 u′≒か才αれα=た・J ∴dγ宝ゐ・dJ (1)式においてむ>>互(実際にはγ≒0.2m/s,ひ′−≒0.000006m/s) んあ ー= ̄9 (2)式を代入すると 憲「す豊−9 差Aとおくと A∫一{・=−1 (4)式を変数の一つが含まれない−階一次微分方程式の解として求める。積分すると 月(2Ji)=−∬+c ズ=0のときJ=J。とすれば 方=2月(JトJ与)

(4)

2 ∫=り一) (4)式から 月∫【ヰ・=一 ∫=であるから 月∫ ̄=

AJ4dJ=dy

封=号d∫阜+c y=飢のときJ=J。とすれば む y=弘+かり∫さ) (5)式を代入すると γ=帥+書中さ一芸)3司 =〟0十わり烹一針+諾2㌶2一宗一∫㌔▲) =師一冊・好一 (6) (5),(6)式はぴ′を無視した場合であるが,これを無視しなければ(1),(2),(3)式から

んトんそィ㌔dJ.ん‘良一トdJ

+∵=

−9 (7) 2γいd方 d尤 − 、り Jが可変であるからFig.3においてザクからの余水9′は可変であるが,表流水からの浸透による余水も加えた仝浸透量 9 は与えられた条件として一走にとれる。 二 ・・−−− − 9 ん音 = A,βとおくと d方=一一4・J一÷・d卜βdJ (8) (4)式の場合と同様に変数の一つが含まれない一階二次微分方程式の解として求める。(8)式を積分し,鴛=0のときJ=J。と すれば 方=−2月(J卓一丁さトβ(トム) =−2−4Jキ十2んに−エけ+以。 十βJo−ズ )2(9) (8)式から ニーA・∫ ̄+・一 ∫=一であるから 「

相+

軸=4J古dJ+以dJ y=号A∫阜十わ∫2+c γこ=0のとき ㌢=師 でかつJ=んとすれば y=y。+号月(∫喜一か書出」∫02) (川

(5)

(9)式を代入すれば 2 y=yo+♂ ・β (9),(11)式を電線機に掛けるために変形する。

ん与 月=拓,β=壁・C=(2月∫偏い, 9

とおくと(9),(11)式はそれぞれ 且=C−東 ∫=( J=㍉y、 +喜A〈

・・‡・.

一丁わ(用

別法として yを Simpsonの数値積分で解くと(9)式から X=0のとき y=y。とおけば

)2 d方 (14) ∬ (14)式において階差は例えば盃としで電界機に掛ける。 計算例α: 条件として ん=0.02m,ん乞0巾201れ,乃=0〟02,鬼=0.0002m/s,J。=0。0333,9=00002mソs,y。=1m (5),(12)式でJ,(6),(13),(14)式で訂を各先の他について電算機によって求めると Table2 を得る。 Table2…方に対するJおよび旬の倍

“J’’and“が values for“,Ⅹ

先 の 値 0 2 3 4 5 6 7 8 9 10

(5)式 口 0..0333 0.0323 0..0313 0.0304 0小0294 0い0285 0い0276 0.0267 0..0258 0,.0250 0.0241

(6)式 〝 1い000 0,967 0.935 0い905 0‖875 0,.846 0“818 0.790 0..764 0い739 0。.714

(12)式 J 0..0333 00323 0..0314 0、0304 0.0295 0い0286 0.0277 0い0268 0‖0259 0.0250 0‖0242

(13)式 〝 1..000 0“967 0小935 0.905 0。.875 0.846 0.818 0い790 0..764 0…739 0..714

(14)式 〝 1,ノ000 0.967 0‖935 0.905 0‖875 0い846 0.818 0..790 0い764 0.739 0‖714

Table2.を見るとγ′を無視した(5),(6)式から求めたJ,yの値とぴノを無視しない(吼(1凱(14)式から求めたJ,yの 値はよく一致するので〆を無視しても差支えない。したがってJ,yを求める場合に実用的には(5),(6)式で十分である。 ん′を無視してよいということはワサビの生育に必要な深さがありさえすればよいということであって普通20(m程度で ある。 2ⅠItypeでI=I’,COnStantの場合 Tablel.においてBを不定,I=I・で両者とも一億とし他はItypeと同一儀件とするとFig・3において単位面積 に関して次式が考えられる。 +㌘十篭賢二一9 ∂ β.尤

(6)

ん,んこぴ,ひ/は一定であるから +=一朗 (15) む≫むノであることと例題αの結果からu′を無視してよい。 一重些=一朗 ■ d方 d・方=一× これを積分すると 方=一logeβ+C 焉=0のときβ=β。とすれば 方=loge ■話語 ∴β=β。e ち

ただしγ=抽,A γ乙

(17)式を電算機に掛けるためつぎのように変形する。 1 =C′とおくと(1㊥式は 詔再 β=風e ̄∫‘ 計鼻例占: 条件として ん=0.02m,/舞0。20m,乃=0.02,ん=0.0002m/s,J=J。=0.0333,9=0.0002■m/s,y。=1m,β。=2m, 4m,6m,8m,10m,12m,14m,16m18m,20m (用式でβを各β。と芳の借について電算機によって求めると Table3 を得る。 Table3.完に対するβの借 “β’’value fof・“芳 ℃ の 値 0 2 3 4 5 6 7 8 9 10

β0=2m(19)式 のとき β 2・00q 1い970 1.941 1.913 1884 1.857 1い829 1,802 1.776 1‖749 1..724

β0=4m のとき 〝 4…000 3941 3い883 3.825 3.769 3713 3‖658 3.604 3.551 3..499 3.447 月0=6m のとき 〝 6い000 5小911 5…824 5.738 5.653 5,573 5.488 5り407 5.327 5.248 5…171 β0=8m のとき 〝 8.000 7り882 7。766 7.651 7い538 7..427 7。.317 7.209 7‖102 6998 6い894 月0=10m のとき 〝 10‖000 9。852 9.707 9.564 9.422 9‖283 9‖146 9り011 8878 8‖747 8…618 β0=12m のとき 〝 12い000 11.823 11..648 11.476 11‖307 11.140 10..975 10813 10654 10.496 10“341 β0=14m のとき 〝 14000 13793 13..590 13389 13.191 12。997 12い805 12.616 12‖429 12り246 12.065 β0=16m のとき 〝 16.000 15い764 15い531 15302 15.076 14.853 14ハ634 14‖418 14‖205 13.995 13い789 β0=18m のとき ” 18..000 17。734 17.472 17..214 16.960 16.710 16.463 16.220 15.981 15‖745 15.512 β0=20m 空 〝 20.000 19705 19.414 19..127 18‖845 18.566 18.292 18.022 17,756 17494 17い236

(7)

3IitypeでI=I’,Variableの場合 Tablelにおいてβを不定,J=/′で両者とも不定とし他はItypeと同一凛件とするとFig3において単位面積 に関して次式が考えられる。ただし明地状況に見られるように,また Fig,22にも示したように方=0の点の田幅βJこ 対して幅の変化畳が距離方に比例し,方ニ完の膚の田幅βを(晶+〝α)で表わす。ろ1・お肌は予め既知なる条件とする。 すなわちItypeとⅠItypeの−一・般的な場合である。

晋+欝1竺欝+竿欝=−9

ん,ん/は一定であってむ≫γ’であるから + =−β9 Manningの平均流速公式から 、ニ・・・ 71 餉

dむ=ん旭

一∴・.・ またβ=昆+mち したがってdβ=椚d芳である。 これらを(20)式に代入し,=Aとおけば A√をdJ十2刑A ノd方=−d鴛 (21) ー・方,全浸透畳について考えると次式が得られる。

芳=旦ヂ9=〃。β0ん一里βん

ぴ=軒即0=裾霊=摘るから 乃 ㍉旦土聖= 2 2A品Jさ_2Aβ上古 (2品十爪先)=射さ−βJ与 ¢Z) 月∫与=鋸才「(2品佃) ′=〔豆宝(射㌔−謹(2昆血相 拍 (Z3)式においてm=0なるときはItypeに相当し,Itypeの場合の(5)式と・一徹する。

鮒こおいて,′=溜であって一方ニ=0のときy=㍉的とすれば

封=yoイ〔反去†品∫さ一孟(2β0十m湖鴛伽 yは(24)式から Simpson の数倍積分によって求める。ただし階差をオ20とし電算機に掛けると例題cのごとく求められ る。隠凱(細式を電算機に掛けるためにつぎのように変形すればよい。 1

朝=ん

つぎのようになる。 =β,2β0+肌方=ββ,△封=yy,y=yと記号化しておくと朗」別式はそれぞれ ∫=〃=〔β(風∫才一か)〕2 牒

y=y=y。イズ〔β(品∫才一か)〕良・芳欄

(8)

計算例c:

条件としてん=0・02m,か=0い02m,乃=0..20,ん=0…0002m/ぶ,ム=0小0333,9=0..0002酌,帥=1m,β。=10m,

m=±0・・01,±0い03,±0・・06,±0・09,±0・12,±0‥15,土0…2,±0い4,±0・6,土08,±1…0 (29式でJ,(2㊥式でyを各mと.先の値について求めると Table4を得る。

Table・4・各mごとの2:に対するIおよtFyの借(mはFig。22 に示す)

“r’and“Y’’values for LLx/’every“m、’(“m’’mean asindicatedin Fig.22)

完 の 値 0 2 3 4 5 6 7 8 9 10 m=−1い00 J 0…0333 0…0399 0い0490 0.0620 0リ0818 0い1141 0小1726 0.2970 0.6462 2.4981 2.4130 y 1.0000 0.9636 0.9194 0.8643 0.7931 0.6966 0.5564 0.3303 0.1071 1.3809 8.7505 仇=−0い80J 0.、0333 0.0382 0一.0444 0.0526 0.0637 0‖0793 0い1021 0い1380 0.1994 0.3186 0..6033 〟 1.0000 0.9644 0.9232 0.8749 0.8170 0.7460 0.6561 0.5374 0.3716 0.1199 0.3180 m=−0小60J 0..0333 0…0366 0い0405 0..0452 00510 0.0582 0一0674 0..0794 0.0956 0‖1181 0い1508 ロ 1.0000 0.9651 0.9266 0.8839 0.8359 0.7814 0.7188 0.6456 0.5585 0..4523 0.3190 m=−0い40J 0り0333 0,0351 0..0370 0.0392 0.0417 00446 0.0478 0.0516 0い0559 0.0610 0。.0670 〟 〝l==−0..20J 〃 1.0000 0.9665 0.9327 0.8985 0.8639 0.8289 0.7934 0.7575 0.7212 0.6843 0.6468 仇=−0…15J 0..0333 0.0333 0血0333 0.0333 0小0333 0.0333 0..0334 0..0334 0.0334 0..0334 0.0334 〃 1.0000 0.9667 0.9334 0.9001 0.8667 0.8334 0.8000 0.7667 0.7333 0.6999 0.6665 m=−0..12J 0…0333 0.0331 0り0329 0…0327 0.0325 0.0323 0‖0321 0.0319 0‖0316 0.0314 0.0312 〝 1.0000 0.9668 0.9338 0.9010 0.8684 0.8360 0.8038 0.7718 0.7401 0.7086 0.6773 m=−0小09J 0小0333 0…0329 0..0325 0い0321 00317 0.0313 0“0309 0‖0304 0,.0300 0‖0296 0..0291 〟 1.0000 0.9669 0.9342 0.9019 0.8700 0.8385 0.8074 0.7768 0.7465 0.7167 0.6874 m=−0−06J 0い0333 0。0327 0い0321 0.0315 0..0309 0…0303 0.0297 0..0291 0..0285 0.0279 0.0273 〟 1.0000 0.9670 0.9346 0.9028 0.8715 0.8409 0.8109 0.7815 0.7527 0.7244 0.6968 仇=−0..03J 0一.0333 0小0325 0.0317 0…0309 0.0302 0‥0294 0.0286 0、0279 0い0271 0い0264 0い0256 〟 1.0000 0..9671 0.9350 0.9036 0.8731 0.8433 0.8143 0.7860 0.7585 0.7317 0.7057 m=−0い01J 0い0333 0.0324 0い0315 0い0306 OhO297 0日0288 0.0280 0.0271 0..0263 0.0254 0い0246 y 1.0000 0.9672 0.9352 0.9042 0.8741 0.8448 0.8164 0.7889 0.7622 0.7364 0..7113 仇=O J 0..0333 0,0323 0..0313 0..0304 0.0295 00285 00276 0い0267 0‖0258 0.0250 0。.0241 y 1.0000 0.9672 0.9354 0.9045 0.8746 0,8456 0,8175 0.7903 0.7640 0.7386 0.7141 m=0い01 J 0..0333 0い0323 0…0312 0−.0302 0.0292 0い0282 0.0273 0.0264 0.0254 0…0245 0い0237 〃 1.0000 0.9672 Ov9355 0.9048 0.8751 0小8463 0.8186 0..7917 0,て658 0..7409 0.7168 m=0..03 J 0.0333 0…0321 0い0310 0…0299 0い0288 0.0277 0=0267 0い0256 0.0246 0=0237 0.0227 ロ 1.0000 0.9673 0.9357 0.9053 0.8760 0.8478 0.8206 0.7945 0.7693 0.7452 0.7220 m=0い06 J 0い0333 0‖0319 OuO306 0“0293 0い0281 0い0269 0.0257 OhO246 0..0235 0.0225 0.0215 〝 1.0000 0.9674 0.9361 0.9062 0.8774 0.8500 0.8236 0.7985 0.7744 0.7514 0.7294 m=0…09 J 0..0333 0.0317 0..0302 0..0288 0.0274 0り0261 0.0249 0い0237 0‖0225 0..0214 00203 〝 1.0000 0.9675 0.9365 0.9070 0.8788 0.8521 0.8266 0.8023 0.7792 0。7573 0.7365 mニ0‖12 J 0..0333 0.0316 0..0299 0.0283 0…0268 0.0254 0い0240 0。0227 0,.0215 0.0203 0.0192 〝 1.0000 0.9676 0.9369 0.9078 0.8802 0.8541 0.8294 0.8060 0.7839 0.7630 0.7432 〝l==0い15 J 0..0333 0。.0314 0い0295 0.0278 0,.0262 0.0247 0。.0232 0..0219 0.0206 0..0194 01.0182 Ⅳ 1.0000 0.9677 0.9372 0.9085 0.8815 0.8561 0.8321 0.8096 0.7883 0、.7683 0.7495 m=0小20 J 0.0333 0い0311 0.、0290 0い0271 0‖0253 OJo236 0.0220 0..0206 0.0192 0…0179 0い0168 斗 1.0000 0.9678 0.9378 0.9098 0.8837 0.8593 0.8365 0.8152 0.7953 0.7768 0.7594 m=0..40 J 0.0333 0い0299 0..0269 0‖0242 0.0219 0.0198 0..0180 0い0163 0..0148 0..0135 0.0123 〟 l 1.0000 0.9684 0.9401 0.9146 0.8915 0.8707 0.8518 0.8347 0.8192 0.8050 0.7921

m=0,.60 J 0..0333 0.0288 0.0250 0..0218 0い0192 0..0169 0,0149 0.0133 0い0118 0..0105 0.0094 』_‡ 1.0000 0.9690 0.9422 0.9189 0.8984 0.8804 0.8645 0.8505 0.8379 0.8268 0.8168

仇=0い80 J 0小0333 0‖0277 0..0233i 0..0198 0い0169 0い0146 0‖0126 0..0110 0..0096 0..0084 0.0074 〃 1.0000 0.9696 0.9442 0.9227 0.9044 0.8887 0.8752 0.8634 0.8531 0.8441 0,.8362

仇=1小00 J 0い0333 0…0267 0い0218;0…0180 0.0150 0.0127 0.0108 0.0092 0い0080 0..0069 0..0060 〝il.0000 0.9702 0.9460!0.9262 0.9098 0・8960i 0.8843 0.8743 0.8657 0.8583 0.8518

(9)

4 yに関する(24)式に代る完全解 ¢l)式から

_ ー_ −−_ニーー

. ∫=一であるから ・

− 「−一二

月−2仇A=1

A∫与d卜2㈹A品dy=dy

dy=“㌔丹2m月品d鴛

(2乃式に(23)式を代入して積分すると (27) 3 五誌轟正一謹(2β0佃))ぬ+c l y=号∫与イ 2J4,与.′、 2mA (晶+m方) (βg∫サー3鮎孟(2β0抽) _. r十2mA 晶+m尤) +3β0∫さ孟(2β0+m津一志(2β0十m方)3)かc

−こ− .

一十・・−  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ‥丁 ̄ ̄■ 十旦欝焉3十過重 16ノ42

鴛4一告が一等・が一署芳S一品佃+c

=号∫阜十2mイ㌫

iβgか諾k%一普(ふ一号)芳2 十意(3∫㌻m一意)焉3十蓋(151吉m一笠

)ズ4一芸ガー志木れ

別に得たつぎの(2賦の関係を使って(2拭を積分して(細式を得る0ただし占≒0であって,ここでは積分定数を省略する。

J務=一恵拍十軒3

/品=一意拍+折詰(α十玩)て /震㌫=一昔(α+占方)づ一諒(α+占・芳)つ一志(α十か J蕗=一計α十研一蒜(α+毎)1一意(α十蝉+かg(α十占‡) J詰=一意(α十ゐ・芳)づ一諒(α十ムけ2 一昔(α十蝉+ま5−−α十占一㍍−α′og(α・古淵 /諸=一意(α瑚一3一諾(α十ぁが一昔(α十軒 +昔〈与(α+占・方)2−如+抽+α2毎(α+占一方))

/震缶=一志

は十占が一意 (α+研一誓(α十軒十別号′og(α・占芳) 伽g(α十ムか‖

一封平版(α+ムか‖一半

ト 憫 +α2(α+∂芳)=og(α十ム・方)−1‡

(10)

y=号〔瓦去㌃(β0∫さ一志ほβ0十m瑚 +2mA旺一髪(β0+m…蓋〔摘+mが+去(β0十m焉)づ 〕 +霊偏一昔)〔鵬+m方)3十意(β0+m鴛)づ+ふ(射肌けl 〕 十盲意(31Jm一芸)ト音(月0十mが一孟(β0十m㌶)づ一意(β0十mが

十忘舶+m+丁

り孟(151㍍一号)卜÷(β0+mけ3 一驚(β両尤)て一憲 (β0十仇か十急抽十m方一柚(β0+刷 〕 十言誤〔号(β0+mか十器(β0廟)2十豊(β0+仇け1 一意(‡(β0+仇方)2−2β0(β0+肌かβ吉堀β0十瑚 +孟瞳(β0+mけ3+意(β0+仇けク+笠(β0十吼け1 一票〔軸(β0佃トふ《⊥㌔牢 妬(β0+m州 β。(β。+m∬) )澗十C 鋤 ほJog(β。十m鴛)−1ぎ+ββ(β。十m焉)=og(β。十敗鴛ト1‡ 方=0のときy=yoとすればβ。+m方=β,m≒0とおいて(鋤式はつぎのようになる。 y=yo十別〔帥0∫さ−か・β0))〕し∫さ刀

+障空 ̄釣響1鮎(新吉β−2)一昔

+空(ふ号汀納言g㌧忘(β→一部1) 〕

ト音

十蓋(3ふ一身)β−3一芸且っ一意β−1+か0か購)〕 −Z

+(15

)〔−÷β−3一芸月一芸β−1十嘉一(β一β0′が) −飢一個)小欝〔‡β−3十芸β−2十雰β−1 一笠(孝一2月0β+β棚−βg(−÷十棚0))〕 月−1一票陣購一意i苦(3棚一1) ・孟〔号β一3十意β一2+慧 ー (2極婚−1)+月釦0か1ト豊(6購一11)))り刀 (31)式は求める完全解である。例題cを鋸式で解くと㈹式で解いたときの結果と山致する。したがって実用的には(Z6)式 で十分である。 伽)式においてム=0のときは(3Z)式になる。

(11)

、/■サー−

ノ●−+−

/藷

.一 エ2  ̄ ご(†・ 3α4 ズ4 す訂 l・ ガ

/詰=

/震㌫=

/藷=

十J−・ (3Z) ㈹式に(32)式を代入すると ヰ

y=′+c

x=0のときy=裾JこJ(−とすると ■ ・ 干 ̄・・・− (23)式を代人すると − −− −_− .l・l =帥−∫・トX+ズー となって(6)式と一致する。 Ⅲ 静岡県中伊豆町のワサビ田の調査結果(2) 1現地調査結果と検討 静岡県中伊豆町筏場における畳石式ワサビ田の主として水温,水の動き,土質・地形などについて現地調査を昭和45 年7月5日∼11日におこなったものであって,測定地点の概略図をFig‖4に示した。Fig・、4において同地区の中流部 (ワサビ苗定植後9ヵ月のA,3ヵ月のB)と下流部(定植後1ヵ月のC)の3地点で実施したものである。 Fig.4..静岡県中伊豆町筏場ワサビ琵現地

Spots of sampling on the cultureland of wasabl

(IKADABA,NAKAIZU−CHYO,SHIZUOKA Prefectur・e)

(12)

Table 5. 測定地点の結果 Results on the measured point

(中伊豆町筏場現地調査,昭和45年7月7日∼9日,蜃,気温15∼180c) A B C 備 考 田 の 大 き さ m 8..8×9.1 6…3×9い8 4.9×21h3 いづれも南北に長辺

田 の 方 位 NW120 NW120 NElOO

上 1/33 1/46 1/69 田 の コ ウ 配 下 1/36 1/50 1/69 上 2.8 2..0 2い0 A,Bは2点の平均 田 の 水 深 /′ 値,上流中流下流お qn 下 2..3 1…8 2い5 よび平均 平均 2巾6 1‖9 2.2 上 25.0 22リ3 19‖6 Bは2点の平均値 田の表面流速 20..0 雷万 24.4 cm/s 下 33…3 24,9 25い0 平均 26“1 25..2 23.0 上 12、.0 12い4 12‖5 Bは2点の平均値

田の水温

12。0 12、7 Oc 下 // 13,0 平均 12い0 12.4 12小7 上 19.0 20…3 18い0 A,Bは2点の平均 田作土の厚さ 15.5 18‖9 値 Cm 下 18..5 21…8 16、5 平均 17.7 20い3 18小2 上 田作土の浸透水量 cc/s/cm2 値 平均 0い0180 0.0182 0、0255 上 1…55×10 ̄2 1.66×10 ̄2 2.31×10 ̄2 A,Bは2点の平均 田作土の透水係数 Cm/s 下 2.47 〝 4…60 〝 2、19 〝 平均 1…93 〝 2り85 〝 =11 ′′ 上 121.1 12い5 12.5 Bは2点の平均値 田作土の浸透水温 12い0 12い7 Oc 下 ′ /′ 13い2 平均 12..0 12い5 12.8 測定地点の作土および地山の比重 A B C 地 山 仮 比 重 1‖32 1..24 1り40 1い12 其 比 重 2。.60 2“48 2.49 2い37 (A,B点は6点,C点は3点の平均値で他山は1点である。)

(13)

︵訳︶掛照輝要一責

Figり 5一.静岡県中伊豆町筏場ワサビ田ザクの粒度試験結果

Grading curve of gravellayer of the cultureland of u)a5abl

(IKADABA,NAKAIZU−CHYO SHIZUOKA Prefecture)

調査結果を整理したのがTable5およぴFig“5である。Table5のワサビ田作士の浸透水量は次項に記述する方法 で測定した。なおTable5を見ると仮比重,真比重(ともに2澗肋通過分)がそれぞれ他山が小さい。これは軽石レキが 多く含んでい多ためで,レキの中の軽石の壷屋眉分率は15試料の平均でワサビ田作士は2・17%,また地山は12・9%を示 している。粒度は他山と地区下流部田の下流作土は小粒径部分が他の作土に比較して多い。他はほぼ同一粒度分布を示 し,レキ混り砂である。Fig・・5の点線は作土を支えるレキの過当な粗径の範周を示し,鎖線はその平均を示したもので 後記のⅣの1で述べる。 凹面コウ配については垂直層透屈および上流からの給水最によって或る一定の水深を保つための条件が必要になる0 ニのことについては前項で記述したが,そ・のうちで本地区の場合はItypeに当てはまる。したがって田面コウ配たっい て水深ん,単位面横当たり浸透水遍月,作土厚さん・をすべて一定とし,作土層最深部が大気圧に等しいときは上流起ノ古 から任意点までの距離を‡,その点における標高を〟,コウ配をJとして前項の(5),(6)式が成一)立つ。 (5),(6)式は前記測定点A,B,Cの田面の実測値とよくd・致することがFigl6,7,8によって明らかである◇ なお必要水量についてはワサビ田が正方形なら10アール当たり約12個(1個は27・8♂/s)の水運(地表流水5・7個, 浸透水6.3個)となるが反複利用するので地区全体では一般に10アール当たり07個といわれている0水温上昇や濁り の影響を考えて敷か所で取水し10アール当たト)07個の水量は静岡県中伊豆町筏場の場合に取水系統が4づあることを 意味する。 1.0 0‖9 y (m)0‖8 †0・7 0.6 0 2 4 6 8 10 →■・.方(m) Fig.7. ワサビ田Bの縦断コウ配(Fig.4d)B点)

Longitudinalgradientof the culturelanaof wasab

plotedinせ1e Fig4 れ .よ‘. 0 2 4 6 8 10 −−・・●■方(叫 Fig小6.ワサビ田Aの縦断コウ配(Figlr4のA点)

Longitudinalgradientofthe culturelandoiwarsablA,

plotedinthe Fig小 4

(14)

1.0 0い9 y (m)0り8

卜7

0い6 0 2 4 6、、白 10 12 14 16 18 20 −→・・∬(m) Fig”8.ワサビ田Cの縦断コウ配(Fig… 4のC点)

Longitudinalgradient ofthe cultureland ofwasablC,

plotedinthe Figu 4 2 砂レキ層の現場透水係数の簡易測定(3) 水田の垂直浸透について士層の透水係数の現地測定をおこなう場合はN型減水探測定器および携帯用土中水圧計を使 って実施する方法がある。その概略はFig,9に示す通りで,N型減水探測定着引こよって浸透水量Qを得,携帯用土中水 圧計で水位差んを得れば次式から現地透水係数ゐを求めることができる。 = AはN型減水深測定器の面積(24×48cmZ)である。水田土壌のように透水係数が105cm/s程度の場合はこの方法で測 定するのがよいが,砂レキ層のように10.2cm/s程度の場合はFigり10およびFig”11に示す円筒型減水探測定器のよう な簡単なもので十分測定できる。特にワサビ田の中で測定するときは田やワサビを破損しないように単純な方法がよい。 これは−・般に使用されている採土円筒(直径5.00cm,高さ5,.08em)を利用したものである。 Fig.9..N型減水深測定器

N−type apparatuS for measuring water requirement in depth

ピンチコソク

q.・・きf仰ビニ_ル管

Figい10. 円筒型減水探測定器

Cylinder−type apparatuS for measuring water requirementin depth

(15)

Fig小11.円筒型減水探測定器による透水係数測定状況

Field view of measuIing the coefficient of water perme−

ability used by Cylinder・−type apparatuS for measuring water requirementin depth

測定にはまず円筒を静かに土屑表面に深さ4cmまで押し込んだ後,あらかじめ氷のうに500cc定量の水を入れ,氷の う内の空気を除いてピンチコソクで閉じたものをFig..10のBに差し込む。測定開始と同時にAの両端を指で閉じ,ピ ンチコソクを開く。Cのビニール管内の水位か円筒内の水圧を示すので外水位と一一・致するように氷のうの先端を上下し て位置を加減する。−一定時間後ピンチコノクを閉じBから氷のうを取りはずして氷のう内の水量を計り,その減水鼻が 浸透水鼻Qである。水位差および浸透路長は前記の土中水圧計で測定する。 この円筒型減水探測定器のおよその精度を知るために室内実験で士相中の暗キョ排水によって求めた豊浦標準砂の通 水係数と比較し.たのがつぎの結果である。暗キョ排水による透水係数の測定はFig.12の実験土糟について暗キョ排水 量Qを得,(33)式からんを計算で求めた。 γ(エ2十γ2)(グ+2(ゴ)払2+(γ+2(g)2‡(4〃+2d−り Q=2伸一ん)トge (2〟一川エ2十(2〃−γ)2I(2〃十2d+州エ2+(2ガ+2(ま十γ)2i は2+(4〃+2d−γ)2i i〕1 tお1 (2〃+2(レア)仏2十(2〃十2(ト†)2 円筒型減水探測宝器は暗キョ喧上部と,暗キョと壁間中央部との位置に設置し前記の方法で測定したを求めた。なお 水位差はFig.13のように差庄測定管によって得た。結果はTable6に示す通りで円筒型減水探測宝器によるkの値が 高精度であることがわかる。 円筒型減水探測宝器によってワサビ田(静岡県中伊豆即筏場における畳石式)のザク(表層作士)の垂直浸透を現地 測定した結果はTable5で見るようにkの価として測定数15偶について1.55×10−2∼460×10−2cm/s,平均233×10−2 cm/sを得ている。

(16)

F、igい13..∴減水患および水位差の測定

Measur6hlentS Of wate工requirementin depth and

difference of waterlevel

Q

Fig‖12… 浸透実験士糟

Test tank of drainage effectiveness

Table6・豊浦標準砂の砂層において測定した透水係数値の比較,円筒型減水探測走器によるkの値と排水量か

ら待たゐの計算値の比較

Comparison between the two values of coefficient oiwater permeability,the measured value dy the Cylindeトtype apparatuS 董or measuringふater requirementin depth and the calculated value on undefdrainage discharge,On the sandlayer of ToYOURA Standard sand

測定番号 水 温 暗キョ排水量によるんの倍 円筒型減水探測定器【こよるんの値

4.15×10 ̄2cm/s

2 250c ′′

3.97×10 ̄2cm/s 385 〝 ′′

3.77 〝 〝 3 4.16 〝 〝 370 〝 /′ 金平均 3・99 〝 〝 3…92 ′′ ′′ (注)円筒型減水探測定器によるんの倍は測定1は6串の平均帆 2,3はそれぞれ3点の平均値であって, 測定値は分散分析およぴThompsonの棄却検定をおこなって仝平均値を求めた。 実験は専攻生の笠井満生がおこなった。 ⅣIty匹の時キョ式ワサビ田の計画(4) 山砂層(ザク) レキ層

Fig‖14‖ ワサビ田の縦∩横断面図

(17)

Fig.14に示すような1typeのワサビ田でん,ゐ′,ゐ′二 9かそれぞれ一志になるような場合のコウ舵と田面標高および 暗キョl吸水管の大きさをi汁画するっ 1 既設データをもとにした条件 静岡据中伊ち≠利枝場明地調査ク)結果からザグの才裾三引まFig5に示す納経群の洩りこ桑なった部分の粒径加科曲報を標準 とし,1■able5から透水係数んは2×10 ̄㌔m/s(変水頭試験法で測定しながら標準粒径分和二整える1を標準とする。 ザクを支えるレキ屑の粒径については次式を満足するように決める。 ≦5< (二役上武雄・・士ノ托力学54P), て三木ま1三郎“士鐸力学1崩習46主)) ロー”⊥㌦はFig・5のザク標準粒径分布の15%,85%のところの粒径,D′1=,D′賞こはレキ唱のレキの15%,85%のところ の粒径,dはPVC pipe(暗キョ管)のノコ目の幅或いは丸孔の直径を示す。 今,d=1m叫 D,こ=0加叫.D吊=7・Ommとすると上式から35mm≧D′Ⅰう≧1mm,Dニ。>2mmを満足するレキを使えばよ い。すなわちFig.5の点線の範囲かよい, しかし鎖線のような粒径分舶こ近いことか望ましい。 Table5から水深hは2cm,ザクの厚さh’ほ20(1rnを標準として,レ考屑の呼さh”lまh:と同一の20(mを標準とする。また 1■able5のデータからザクの垂直浸透水鼠9は単位面相当たり0‖00021Ⅵ3/s,ザク表面の租雌係数乃は逆算して求めると 0.05,ザク表面コウ配の初期条件んは1/35∼1/70(水還多、少1の範囲である。 2 設計例 つぎの値を条件としてItypeのワサビ田におけるザクの任昔点のコウ配Jまたは任音鼠の標高yおよぴPVCpipe (暗キョ管)の大きさ(内径〃)を求める。

ん=0.02m,ん′=0“20m,ん〝=0.20m,ザク(土砂屑),レキ屑は前記の粒度のものを使用する。ゐ=2×10u4m/s,

q=0”0002m3/s/m(,n=0.05,L=1/35,y。=1m(任意に決めてよい),X上=15m,PVC pipe(暗キョ管)の間 隔エ=0.6 m,ワサビ田の幅βは−一定。 βが−・一・定であるから(5),(6)式を使ってJおよびyを求める。前記条件を代入すると

0.82j

月= =」73.68 2×0,05×0.0002 ∫=((1/35)+−

)2=(0・169−0一.006786ズ)2

2×73′′68 (1/35)与 ェ3 y=1一(1/35)芳+ =1−0..02857方十0OGl147.鴛2−000001535.が 2×73・68”【− 12×(73‖68)2 結果は Table 7 となり,図示すると Fig.15となる。 Table 7. れ二対するJおよびyの伯 “才一■ and ‥y values for −z

∫ 0 2 3 5 6 8 9 10 12 13 14 15

y 1000 0973 0947 0924 0.903 0884 0′′867 0851 0837 0825 0814 0804 0796 0−789 0783

ロ 粁」 .=00286 と00263 00242 002亭1 0小0201 0.0182 0..0165 00148 00132 00116 00102 00089 0007‘7 00065 00055

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415m 方仁=ニ Fig.15.縦断コウ配各点の標高

(18)

PVCpipe(時キョ管)1本からの排水量Qは Q=り悠×上×9=15×0…6×0..0002=0.0018ml/s Manningの式から PVC pipeの通水能力Q′は

Q・=‡(×(∫上

であってPVCpipeの町は0。008,またIEはγL;のコウ配をとり0。0045である。ここでQ=Q’のDカゞ必要なPVC pipeの直径で,つぎのようになる。

0い0018=j二㌘2五誌((0㈱)

2 ∴β=0・065m Table7,Fig..15で標高とコウ配を示し,暗キョ吸水管には¢65mmを使えばよい。 つぎに給・排水の関係およぴレキ層の厚さの検討を加える。 a 給・排水の検討 給水Q月と排水Q点が等しくなければならない。 与

Q4=ん・即。A=0・02す志(0・・02)ち(去)=01・00498mソs

号 与=

Q上司・γg・=0い02す志(0・02)×(0“0045)哨讐0・00498mソs

∴ Q4=QE b レキ層の厚さの検討 レキ層も含めて金屑(ん′+ん”)をザクと仮定し,その時キョ排水量Q。とすればQ。≧0‖6×9(=0..00012mソs/m)で あればよい。でなければ暗キョ間隔⊥を小さくするか,ん”を更に大きくする必要がある。 脚式からQ。を計算する。 γ==0・0325m 〃=0い4−0.0325=0.3675m Q。=2×31・14×2×10・叫(0‖0325−0..3675) )J、〈_〈0・0325(0・36+0.001056)p.975(0.36十0.粥06)2.445(0.36+5.97803) × =oge 0・7025(0い36十0.49351)08975(0・36+0.80551)0.8325(0。36十069306) =0.000362mソs/m Q。≧06×9 3 ワサビ田の大きさの限界 ワサビ田の大きさの限界は給水量と地形によって決まる。縦断方向,焉(長さ)の限界芳cは主として地形によって制限 をうけ,芳と直角方向β(幅)の限界は給水量によって制限をうける。 a ∬の限界 vh=qとなるようなIをMdnningの式v=ih阜I÷で求め,(5)式に代入してそのときのxの値を限界X・cとし,ワ 花 サビ田の生育条件を考えて最下流端の流速をゼロとしないで流速りによって溢流させた方が望ましい。 ち=2右信 一1・1・ ………・84) 前項の設計例の条件では ち=2×73い68×信一1=23い9m b βの限界 暗キョ間隔エについて延長芳に関する給水量Q4は次式で得られる。 Q月=.焉エ9 したがって全給水量をQとすれば限界幅βはつぎの式で得られる。 β=上

(19)

ここで∬の限界値.焉cからQ4を知りβを求めれば,このβが最小限界幅である。 前項の設計例の条件では仝給水量Qが1個(1立方尺/秒,27い8g/s)のとき1万上=15mでは上式からQ4=01・00287 mソsであってβ=5い8mとなって,この値がβの最小限界幅である。 4 ワサビ田のコウ配Jの限界 ザクのコウ配はその表面流水の掃流力によってザクの浸食を生じないようなコウ配にする必要がある。実際にはワサ ビの植生根やワサビ首の安定のための「重し石」および垂直浸透などによって浸食に対してプラスマイナスの影響を与 えるが,ここでは相殺するものと考えて無視することとし,掃流力のみによってコウ配の限界を求める。ろ:■が重し石」 は平面のある長径10一∼15emの石を3.3mZ当たり30∼40個を千鳥に並べて1石2本あて押え植えにし,苫や床砂が流され たり深植えにならないようにしている。 流水によって砂レキを−・斉に移動開始させる限界掃流力/cは実験公式としてKramer,安芸,岩垣など多くのもの がある。また−・般の流水における押流力/は次式である。 /−=βgRゐ β:水の密度(1000g/cmり,g:980cm/s2,R:径深,ゐ:エネルギーコウ配 ワサビ田の場合はR=ん,Je=Joと考えてよい。したがって/c=/のときのJoが限界コウ配である。 a Krameごの/c ヱ ノc=豊×告×β(g/cmz) 7b:砂レキの比重(2..52g/cm3),γ:水の比重(100g/cm3),M:砂レキの混合比で例えばFig・16に示す粒径加横曲線 の50%を境としたときの上下の面積比4/βである,∂:砂レキの平均粒径でFig..16に示す粒径加積曲線の全面積(A +β)をy軸で除した借 (2.52−1.00) ・−/・c=× ×0.32=57。90g/cmど

A/β=0…14 Fig・16… Fig.5の粒度試験結果の平均値を

もとにした粒径加積曲線

β=0.32(m

The grading curve,Obtained on the basis

of the mean of grading curves of Fig巾 5

0 1 2 (m = b 安芸の/c 摩=55.7(ゎーγ)人β 入= 100%一Pβ% P∂% P:Fig小16のβ=0.32cmの%也geであって67%である。

.入=土壁二旦=0.49

67 ./c=55.7×(2.52−1.00)×0‖49×0.32=1328g/cm∼ C 岩垣のノc ノ・c=抑01505(♂/β−1)g〉誓リー貴か鵠 J/β=γ=2…52, g=980cm/s2,リ:水の動粘性係数で150cのとき0い011cmソs

∴./c=1×(0..01505×1..52×980)誓×0、.011一畠×0・・32塾=23・・54g佃

以上の結果からつぎのTable8の借を得る。

(20)

rabIe8い 限界掃流力/cと限界コウ酉己Jc Criticaltractiveforce“fc”ardcriticalsIope“Ic’’ KI・乱mer 安 芸 岩 垣 平 均 /c(g/cm≧) 5..790 1328 23小54 31…24 ん=2emのときの 0…0295 0.0068 00120 0“0159 限界コウ配 =1/34 =1/147 =1/83 =1/63 ん=1cmのときの 0…0591 00136 0“0240 0.0319 限界コウ配 =1丑7 =1/74 =1/41 =1/31 Table8から限界コウ配は水深hが2cmのとき1/60,hが1cmのとき1/30である。Table8のデpタからh=2cmの ときJoの條は1/30∼・1/70であること,また実際には笛を安定させるための「重し石」や垂直浸透などの効果があるので ん=2cmのときに限界コウ配のんとして1′′30,ん=1cmのときJoは1/15としてよい。 これらのコウ配より急コウ配にするときは限界コウ配を超える上流部を小石や網で押え,砂レキの流亡を防ぐ配慮が 必要になる。 5 全給水量Qと地形コウ配ん1からヱtypeのワサビ田の大きさを求める図表 前記各限界の関係を図表化したのがFig17,18である。血は平均コウ配であって次式で示される。ろ一お現地の地形 コウ配と玩とを一・致させることが切盛土工に有利である。(6)式から

y。−y y。一肌+∫。ズー嵐尤2十

,l・ミ I l二:.・巨 =い芳+ Jm= t■ l■ 方c,月を求める式は前項に示してある。ワサビ毘の大きさ,コウ配が決まれば前項のように任音点の高さを計算する が,Fig小19,20から求めてもよい。 計算例d: 現地の地形平均コウ配玩が1/35(=0.0286),全給水量Qが10りsのときワサビ田の延長尤と幅月を求める。 a 静岡県中伊1ラ地方のワヤヒl冒ザクと同 条件,すなわちゐ=2(‖1,ん=2×104m/S Fig..17においてワサビ田の初期コウ配Joを1/30として,血軸上の1/35から水平に引いた線との父点を ̄下に引きズの値4・O mを得る。X==4‖Omの垂線とQ=10j/sの交点からB=13mが得られる。位高差についてはFig.19から求め,γ.,=1 mとするとTable9が得られる。 Table9γに対するyの値 y value for“尤 あるいは尤を10mと決めるとβは5mとなり,Jを1/30とすれば.‡=10mの垂線とん=1/30の線の交点を求め,これか ら血に引いた繚と血の交点1/40が得られる。また方cはん=1/30の線上で諾cの鎖線との交点を・下に引き・完c=26mが得 られるが,この∬cの車線とQ=10りsの交点からβ=1.9mとなる。 b 中伊豆地ノブのワサビ=ザクに比較して水深および透水.ぎti.を半分にした粂イれ すなわちん=1(m,ん=1×104m/S Fig・・18においてワサビ田の初期コウ配Joを1/15として血軸上の1/35から水平に引いた線との交点を下に引きズの値18 5mを得る。で=18“5mの垂線とQ=10∠/sの交点から月=5..4mが得られる。 以上のほかに条件を種々変えて計画に使用することができる。Figり17,18の鎖線は方の限界を示し,この値を超える と水深んを一兎に保てなくなり,ザク表面が露出することになる。またRg・・17の1/30>Joの曲線およぴFig.18の1/15 >ゐの曲線を使用するときはザク上流部の表面を小石や網な・どで保護することが必要である。

(21)

Fig小17一.仝給水量Qと地形コウ配丸から求めるワサビ田の大きさ,

(ん=2.Ocm,ゐ=2×10 ̄4m/sの場合)

Nomograph for ar・eaOfthe culturelandofwasab左obtainedfrom

totalquantity ofsuppliedwater‘rQ’andgroundgradientatthe sites

(22)

_→_.焉(m)

∬の限界(鴛C)

Figい18.全給水量Qと地形コウ配玩から求めるワサビ田の大きさ, (ん=1.Ocm,か=1×10 ̄4m/sの場合)

Nomograph for area Of the cultureland of wasabi,Obtained from total

quantity of supplied water rr’Qりand ground gradient at the sites“bnl

with h=1”Ocm and k=1×10,4m/s

(23)

帥一骨(m) † 5 10 50 100

→か1)

Fig..19.ワサビ田の初期コウ配んを与えたときの任隠如の位高差肌一一γ,

(ん=2‖Ocm,ゐ=2×10 ̄‰/sの場合)

Nomograph for difference ofgroundheights■y・・−y on anypointLr’xI

whenitwas given early grOundgradientIoof the culturelandof

(24)

t】 Jo

/1

す =J・′ 5 10 50 100 =ニ【方(m) Fig爪 20. ワサビ田の初期コウ配んを与えたときの任意眉鳥の位高差yo−y, (ん=1.Ocm,か=1×10 ̄4m/sの場合)

Nomographfor difference of ground heightsy。_γ On any pOint −.x1, whenit was given early ground gradient“lol’of the cultureland of wasabi,With h=1.Ocm and k=1×10 ̄4m/s

(25)

6 暗キョ式ワサビ田の横断面 ワサビ田のザク(山砂層)とレキ層を条件通りに作るために例えばコンクリート構造でF短,21のように施工するこ

とが望ましい。特に収穫後や首相付け直前の作土洗いには作業しやすく整地も要易な構造である。Fig..21の壁の肩Bを

使ってレキ層の表面と一一・致するように定規でカキ均す。縦断面は前項で得たように(6)式を使う縦断面計掛こよるか, Fig。.19,20によって計画すればよい。 01 Fig.21小 暗キョ式ワサビ田の横断面図

Cr。SS SeCtion of the cultureland of wasabi,Of the

Underdrai血由一type ⅤItype,Ⅱtypeの検討(5) Ⅱtypeの場合のワサビ田の縦断方向庸(長さ)の限界Xcほつぎのように考える。I=Y=Ioでそれぞれ一定,およ ぴβが不定のときβと芳の関係が(18)式で表わされ,このときの∬cは理論的に∞大であるが実際には下流末端の幅β を決めて(18)式から求められる。つぎにJ=アでそれぞれ不定おきぴβが不定のとき(34)式を求めたときと同様にし

て月。んu。】β。=墨色吉草方q,すなわち最下流の流速む=ヴ/んとなるような′をManningの平均流速公式で求め(23)式に

代入して,そのときの%が㌶cである。 1 リ」・方c=(+m十瑚=β0(2ん炉⊥1) (35) 計算例e: 静岡県中伊豆耶のワサビ田の例からつぎに示す条件を定めワサビ田の形状とコウ配に検討を加える。 条件としてh=002m,h’=0”20m,n=0.02,k=0.0002m/s,Io=00333,q=O10002mt/s,Bo=2m,yO= ユm,m=+01,0,−−01 (34)式から・尤eを求めると66m,(18)式から方cを66mとしてβを求めると0・75m,(35)式からmを+0・1として方c を求めると35mとなる。㌶を10mとし,他は前記の条件にとればワサビ田の形状は跨.22のごと〈なる。なお(6),(24) 式からそれぞれ標高を求め縦断面図を示したのがFig.23である。ここで給水量Qlは次式で求められる。 Q㍉Ⅷβ。ん=㌔丁子 以上のように幅が∴定でない場合でも現地地形に合せてワサビ田の帽やコウ配および標高を上記各式を使って計画す ることができる。

(26)

2[‖‖U724

∬﹂

2[〓‖‖〓U 1 0 Figい 22..計農例eの条件のときに尤==10mの場合のβの値

Width of the cultureland ofwasabi,”B’,ObtainedwithX=10m, calculated with conditions of exercise of section V

m=十0.1

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10m →て

Figり 23.計算例eの条件のときにX=10mの場合の縦断面図 Longitudinalsections of the cultureland ofwasabL,Obtainedwith X=10m,Calculated with conditions of exercise of section V

Ⅵ ま と め ワサビ田の構造および形状に関してはワサビの生育条件を保つために適度の浸透水と一局水深を有する表流水の水理 学的な均合いが必要であって,ここではFig..24に見るように静岡県中伊豆地方に広くおこなわれている畳石式を主対 象として調査・検討した。したがって他の諸型式には幾分条件の違う点が為るので計画施エのときは注意が必要となる。 特にFigい25に見られるような長野県穂高・豊科地方七広くお.こなわれている平地式(小石作りおよび砂作り)は湧水 の利用によっているので水の動きが下から上方向であって,ここで解析したのと全然逆の方向である0 平地式の場合はFig・・3においてq,q′,q−9′が下から上に逆方向を示すので(1)式の右辺がqとなり・結果は(5),(6) 式がそれぞれつぎの式のように符号が変ってくる。 ∫=(Jチ+)2 2 y=yo ̄Joェ ̄芳 ̄ 月=

(27)

(5)′,(6)′式から田面コウ配を検討すると中凸となって長野県穂高小豊科の平地式ワサビ田の場合と一散する。静岡県中 伊豆地方の畳石式の場合は中凹であった。 ワサビは過去270年の間の経験から栽培技術を開発し,特にワサビ田の構造および形状は水理学的に見て理に過って いることが明らかになった。レキ耕栽培の技術がわが国においては既にワサビ悶に見られるのであるが,このようなレ キ耕栽培が他の作目にも十分応用できると考える。 作目たよっては前述したFigい3において表流水が無い場合があるので,このときは(1)式のんがゼロであって結果は(5), (6)式がそれぞれつぎの式になる。 ∫±い一− .芳2 y=弘 ̄J¢汁訂 (5)〝,(6)”式から田面コウ配を検討するとqの傾が作目に関して過当な範囲で小さくゼロに近くなければならない。なお ヴがゼロのときは田面コウ配ほ−】一山定となる。 ワサヒ瀾の構造および形状に関しては各栽培地域の調査を重ねて実際に計画実施し,栽培して良質のワサビが生産さ れるためになお多くの検討が望まれる。昭キョ式ワサビ田による理想的な構造および形状を計画するとき,ここに示し た例題が参考にされることを期待している。 Fig… 24.静岡県中伊豆町筏場における畳石式ワサビ田(1971年7月) The view of the cultureland of wasab乙,Of TATAMエ工SHI−type

(IKADAJ3A,NAKAIZU−CHYo,SHIZUOKA Prefecture)

Fig・25い・長野県豊科町における平地式(小石作り)ワサビ田(1973年8月)

Theview of the cultureland of u/aSabl,OfHEICH−type (ToYOSHINA−CHYO,NAGANO Prefecture)

(28)

引 用 文 献 (1)田地野直哉ほか3名:農業土木試験場報告(5),123 (4)田地野直哉,弥永孝一・:昭和47年度農楽土木学会講 (1967)。 演要旨,337一∼338(1972)( (2)領地野直哉,弥永孝一・:昭和45年第25回農業土 (5)田地野直哉,弥永孝】・:昭和47年第27回農業土木学 木学会中国四国支部講演会要旨,36、37(1970)。 会中国四国支部講演会安居,14′・・一15(1972)。 (3)田地野直哉,弥永孝山二昭和45年第36回農業土木学 会九州支部講演会要旨,49∼50(1970)。

STUDIES OF ENLAGED PROPERTY OF UNDERDRAINAGE

Ⅲ The Underdr・ainage Wor・ksin a GravelCulture Land of wasabi, or Horse−radish Fields

Naoya TAJINO and KoichiIYANAGA

Summary

InJapan,itis said that the plant of wasabi愉S Star・ted from about A.D.1700.The

wasabiis aJapanese unique taste food.When Japanese eats fresh fishin the raw,

takes grated wasabland soy.

The production ofwasabi,inA・D・1971,WaS250ton and arりOuntS tO 560,000,000

yen.Besids,about50%of productionis occupied on SHIZUOKA Prefecture.The result

of hydraulicinvestigation on the structure and the form of,graVelcultureland ofwasabi,

inNAKAIZU−CHYO,SHIZUOKA Prefecture,is showninthis paber∴Moreover,it was hyd−

raulically examined about seepage and fixed depth of flowing

How to gr・OW waSabihas many types.In this paper・,itis、eXamined about the type of

fixed quantity of water・Seepage and fixed depth of flowing water10nL the gravellayer.We

have obtained next equations which e女plation between ground height“y”and gradient“J’’

on the surIface of the gr・aVellayer.Fur・thermore,We descr・ibe with respect to the under−

drainage wor・ksin the gravellayer of cultureland of wasabi.

.ーユ

一 ニー ーーーー J=り㌔【一)2

The terms used herein mean as follows;

y:ground height of any point

yO:ear・1y ground height

I:ground gradient of any point

I。:early ground gradient

X:distance from early to any point

h:depth of water

n:MANNINGS,coefficient of r・Oughness

q・Seepage Water・quantlty per unit area

(29)

Updating...

参照

Updating...