諸種植物病原菌々絲の伸長並分生胞子及菌核形成に及ぼす2,4-D濃度の影響(其二)-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

縫物病庶野瑠維輝長並分生胞子及

形成樗盈嫁す・亭,4rfD壊隊の影響(其ご)

内 藤 中 人・谷 Eff叫Of2,4−DincultuIe禦ediaopmycelialgIOWth・

澗9rulationandsclerotialform頑Onbyvar・iousphyto・

pat鱒enichngi・(2)

By

nd Toshikazu TANI byto声血0logy)

ノ筆者等(11)は前報告に於・て13瞳薪の穐物病原革一々轟の伸長に対して2,4−Dが高濃度に於てはす

べ冤−の鄭こ抑制教典を萌し,或瞳の菌では俸濃度に斡て促進効琴を示すことを報思し,叉,南瓜串絹

病菌ぷ呼物毎鱒関頭′肋g〝沼(痛Ⅴ・)おRES・,英軍商卒病菌Scg抑才古癖ぶCJ卵油r〝仰′(FuCK・)

MASSEEの鼠核形成及びオリー紫鞄乳

郵射坤轡中華隼華甲轡ALM・

の合生胞子の形成に対しては抑制効果を 示すことを述べた. 筆者等略さ、らに≦増量顆の

軌椎

茸薗及び抵抗力の強いと鳳ほれた背轡l 種合計1ユ種斯の菌の菌淋の伸長に及ぼす

宰,4rpの影掛こついて琴瞼を行ふと琴

に,3種額の精義核病菌の薗顔形成をこ認

ぼす影響ヤこついて2,3観察的笑顔を待つ

たので報告サる次第である.

本文に入るに先立ら,本実験に供した

均如血糊牒卿姉牒桓坤吻り痴桓

動鋸飯川,5.¢町2αグーざ〃助α及び月緑・

班7日イ加ド♪りJイJJ研ぎJgJ耕一J(加り,=し・ごミ、.芸さ れた九州大学植物病理学教室青井教授に 対して深甚なる謝意を表する.

正 諸種病原菌Å耗の伸長に

及ぼす2,4−Dの影響

供試菌は左の11硬質である.実験方法▲

ほjセク滋如〝研5久ゐ接種に胞子を用し、

た他は前報普(11)に準じた:即ち,ペ

策士家 僕 試 薗 稜 顆

疲、 故相当抵抗性の強いものではあるまいかと推測して分離供試し 柔=.

(2)

5王

ワ∵トン加周合成寒天培蕃準に襲優しで,250Cで新定期問培養し,伸長した菌叢の直経を測定した.筆

者等(’10)略さきに−Gわ相中グ■Z%弼0物αr〟叩の薗蹄伸長かざ・及嘩す2,章一D甲抑制効果咤渇筆日数?

長い芳が著しいこと・を指摘しち・腐って本葉駄句如く多数の薗を供試する場合㌢こも当然培養日数を均 叫ならしめるのが安当であらうが,薗の啓類により伸長に相当の差異を有するちめ培養日数を均一・な

らしあることが出来なかった.実験結果は第2,第3表の如くである.

さきに筆者等(9)の行った実 験によれば,4種願の鋳病菌貰胞 子・の発芽に・及ぼす2,4・−Dの抑 制度ほ′薗の種願蘭に・於ける差 異があまりみられなかったが, 前報告(11)の1∂種願の菌ゐ培 養試験でほ薗の種願に.より抑制 度に相当の懸隔を示した.本実 験に用いた11隆の菌忙於ても, 抑制度の強弱にかなりのへだた りがあった.両極端を此奴すれ ばl第3表),5cJgグ・Oオブ〝桝わ,如 ♪力〟Jり机上し/′′ゾ〃//加=机.・11. 32%で対腰準区指数50以上を 示したに対し七coグ・路那薇那 Sカグg才αゑg,,励g∽f;:Z才ゐ05少甜■ね瑠 5fg班Ofdgα∽ほ同濃度で菌淋の 伸長が仝くみられなかったばか りか,前者に.於ては0.0000三i%の 源虔でもまだ伸長が叩制帽れセ ゐる.∵供試菌の種願が寡凛・のキ め,抵抗力の差異から病原菌を 高等柏物笹於ける程剖然と顆糾 することほ困難であるが,琴1報 にしたがつで一応の分筆をこ1\ ろみれば次の如くなる. 抵洗性強いものニ5cわグOfわ′沼 牒頑わ銅弗珊,や頑適物仰 頭. 抵抗性精々強いものご且∠払ヶ グ粥少or£〝研jわグ’デブ,御0・ 第2表 各種病原菌顆菌諌の伸長に及ぼす 2,4−−Dの影響(単位∵粍)

管協2】。莞8l。莞2l。.‰。.‰5t。.品帽

・甲横澤 贋藁‡ 契 回 賢】 肋cタOS♪0グ桓叩 動タγグ GわβOSjわタ’如鯛 力磁厄通知 44..5 5亡J3一b 00830 ハV827 よU′0ハV7 33.43 O14(i.8 り85nO、2 557′0 1111 GわIナノぐタぞJJ〃 d〝gI〟加厄 8▲‖、8 見てb4 44.4 035′○ 餅肌阻隠 00255 祁鴎訂65 788の0 槌戯曲由 nV爪V9J00 軋乳笹軋 父U︿=Vり∂7 励材γfグぶ 5♪.. 月如鋸カ宛%5 5〃gα鬼才g &わクα揉肌明 わ血叫血/〃… &ルナOJJ〟J〃 Oryヱα¢一封〟力■・α 挽JJ〃fJJ抽0一 5♪0γ飯沼 劇gタ乃〃≠(お〟∽ .Rわ」J〃/J〃〝〃 ∴妙. 70074 1−4ウJ3 2222 二∴− nO 73へa4 4354 1111 3326 3.L CbJJJナノぐJ/JJ5 ぷ妨ね如 り∂75 52爪V 7.77 Oノq﹂7 OhUO 5一♭一.∂ 77q∂ 0∧V1 211 ′0′0′0 8・7・q′ ′りnV O 777 ■斗、‖V1 属動転此ね〟≠α 如揖加Y〃〃 68.2172.0 14.215S.0 平均171.2 備考:※供試ベトリ皿【9箇申5箇薗練の伸長がみられた。 rれJJ!ぎ∫′・Jざ(7慮れ尺JJJ:・}−、/り一JんJナノチアJノ吊′〝川、ゴ′イげり/如ノ川ノ丁ニ(Jいざ‘イオ∫ハ/、(Jh“べ♪げ血Jjり1,JJJ(、りJJJ浴, 風励少庖 頭. 抵抗性精々房凱、ものごGgo研g柁gJαCg;Zg〝7αね 抵挽性弱いもの:月初b戎Zタメわぶ如γg鋸柁ざグg〝2¢gdg〝研,Coγ才ど乃おJg〝5S鬼才グ才αゑβ 前回の報告でほ,伸長に・及ぼす促進効果は抑制効果雇普遍的ではなかったが,■本実験でも供試菌1冬

(3)

層願中伸長の促進された薗は職級であった・即ち,3回行った実験中,均如助削減血鱒が0・駿

%ノ・で3臥0.005%及び0・0005%で2臥0・00005%−で3臥Scわダ0オブ〝畑¢γγZαg・・Sαめαの0・02%,0・005

%及び0.0005%で3回∴焼飯壷舶加ゎね冊=薇初め桓仰が0・00005%で3回促進効果を明らかに・示

tた1その中,駄Jgグりf言お桝、0空γZα之−ざα伽

第3表各経病原菌類薗諌の伸長は及ぼす2.4−う

の0.00005%で示した対標準区指数138.8が最

も顕著な促進効果であった・備前報及本報の

実験は,すべて固体増蕃で待ったため,平面

的な伸長の郷党笹よる促進効果を明らかに・し

たにとゞまるが,実験中の朝薬によれば,2,3

の薗では標準区に放し2,4−D区の薗叢が著

しく厚いものもみと.められた.したがらて1

液体療養での促進効果ほ周体増養におらわれ

た以外のものに.もあらわれると思考され卑

が,この点は追って笑験を行ふつも,りであ

る.

次に2,4⊥Dが菌の肉眼的外観に・黎鱒す影

恕セあるが,時に目耳ったものは,前報,本

報共炭痔病菌忙属する薗であって,“如ち,

dgo研gγggJ占めg卯g〃才虜く2系統共),G申g郎・

J,′リブ…、んy八/−、‖叫一び冊雨≠/(〉//れ−・

g〝沼は高濃度区では空中菌顆を発生せず,い

の影響.対梗準区指数(3回平均)

。.急5!0.‰5至。.品05

遠軽額】。讐2l。篭sl

っれも白色がかった半透明色を呈し,表面が袴曲し漁潤状態を嘉していたことである・叉,オリーザ

衆隠病菌Gわgo頭〝g〝研Og如グ〝班、で・も同様な状態が観車出来たのはきさに認著等(】0)の報告した

射である.前報及本報に供試した他の病原菌坪,如わ毎小品嘩0γ%鱒坤5%の濃度で(未発

表),耳,αγ血Jg犯S励αゑβがd・「b8%で表面郎旺憩を呈したが,上記炭隠病菌矧こみ坤るよ

ぅな相曲はみられなかった.したがつで商業の外観よわしたるかゝる変仙阜,2,トDに・よってうけ

る茨隠病鼠特有の異状発育ともみられよう・

肋肌)5如勿沼動グγ吉の0、08,0.32%区に於てほ,榛準区では培養後10日位しなければ形成され

ない橙褐色の色素がわづか3日位で,しかも多量に・薗恭周辺の寒天嗜卿こ観察きれたが,如TI)の菌

体生野こ及ぼす影響の−・増を暗示す.る−もの塵iまなかろうかと′臥はれる・

Ⅱ 栢菌核病菌の蘭核形成に及ほす影響

耳妙cゐ〃〝ざざαざα姉助ダ0才f〝沼あ.γ抽助川及びScねγ抽研0グ.γZαβ−・云α伽を処定の濃度の

2,4−・Dを添加したペ・ブトン加用合成寒天培褒基に接覆し,2うOCに10日間埠賛して形成された薗核に

ウき観察を行った.結果ほ第4表に示す如くである・

薗横形成までた・要した期間ほ.5cggグ0才去■〝沼0わ之αβでは各濃度共棲準区と同じであったが,御〃・

祓御針如如捕の0.08%,一Scね和地鯛みγ血豆物言J〝仰の0・32%では2月遅延した・前報く‖)に於て

も,Scge和才グ7‡fαざCJe畑ゐ摘仰の薗核形成が2,4−Dに・よりやゝ遅れることを報告したが,本実験に・於

ても後者才菌では同棲の傾向を示してゐる∴菌核の形成蟄は2,4−・Dの浪費の高くなるにしたがって

減じ御0血〝gざαざα姉5¢J椚才Z〝桝0りZαg−・由めαの0・32%区では全々形成しなくなる・傭・

々好伽如拙い氾陥紘は0・08%,0・02%で薗核の形状が他区のものに此し精々大となっているが,こ

(4)

53

れも前報の Cの㌧わね∽菅(2;:かが〝gα桝∴でみられた所である.又,鼠ゝゐ.γ血妙ゐ肋あ,1rs.くわ秒gゐg一 郎放ね曙が低濃度の2,4−Dにより形成がむしろ促進されているのも「,前報で述べた5cJgγOオブ乃gα5Cお柑・ 才i♭〝㌫の場合と釈似してゐる. 以上の点よりノ考察して,薗核形成に 及ぼす2,4−Dの影響も菌惑わ伸長の 場合と同様に・,高濃度に於てほ.いづれ

も抑制効果を示し,低濃度に・於ては種

掛こ・より促進効果を示すも、のと結線㌧ で大過ないように思はれる. 本報告,筆者等の既往の敵告(10,11) 及び海外の多くの研究(1,2,3,4,5,7, 町2,13,14)により軍,4・−Dが多くの 菌琴及び細菌の凛養基上に於けろ伸長 に対し抑制乃至促進効果を有すること は明らかである.実際圃場に・之を用ひ た場合,病者発生に㌧如何なる結果を現 わしてくるだらうかといふことが当然 閉ま議に.なってくる.然し,此の方面の 報告咋室内琴験に比較′して非常に少い 棟であり,最近若干此等に・関する報告 第4表 薗横形成に及ぼす2,4−−−Dの影響

ん・こ三・′ご:一丈ニ1∴′・:り票、よ′:ごニニご:;ミ:.′

勒クOCゐ〝〟5 5αS〃鬼才才 薗核は全面に散在 するも中心部に.稗 ≠5日目に形成 々多し ≠9月昌に形成 菌板は COnCentric r・ingをなしで形成 される − +7日冒に形成 中心部に密藁 + 標準区に同じ †ト 標準区に同じ 寸借 ■ 標準区に同じ 標準区に同じ ≠ 鰍こ同じ 標準同に同じ 標準区に同じ 標準区に同じ 備考:十,土,廿,≠,榊は蔚核形成の程度を示し,・−は形成し ないことを示す. がみられてきた程度である∴従って,−一定の傾向を見出せるだけの資料に乏しく,叉報告されている 結果も 〆邦吉βgγα彷わ;どぶαがgク7αβの夏胞子形成が減少したが,燕麦に・ほ何等の害がなかったと報告してゐる のに・対し,YU・・TほN HsIA等(15)は2,4・−Dを小麦に・撒布すると.鱒血繭抽頑財物射感触祓 に・よる被者が大きくなり,これほ・寄主自体に2,4−−Dが影響を与へた結果によると指摘してゐる・兎 に卜角i発病は寄畠と小病原鼠の相互関係によるものである以上,2,4−D使用が発病に及ぼす影響ほ種 々複雑多岐を痙めるこ心ま怨敵亀尭るが北の方面の成績の集額カミ今野)此の一方屈の耕変わ壷宴課題 の丁つでほなかろうか,埼Y隼TほN由工A(15)は彪勿由朝明細吻如ざα物〝翻が′2ノ1rD琴力口 の培養基上で奨腰変異を起すことを観察しでゐるが,筆者等も本実験施行掛飴ねわ才グα,βね碑タグ多 が顛似の甥象を起すこどを観察し,目下これ力戦験を施行中であるが,2,か−Dの様な合成植物ホプレ モンが按ずる新しい研究分野でほなかろうかと思考する.

血 摘

要 く1)肋c和頭¢ダブ捉沼力フグ・rZ,G加朋動那加れ加商加血元,Gわ沼g紺地c査わg〝わオα,β0わ・〆ぉ頭;伽か rJ∴−J′∫ざ′/ご−/八〃、S−・/りりむ.・ⅢJJり●−JJ●り/〉7.・JJJ川J,ごl、J川イJJ川Jurl・こ(/い∫′J/J川、晶J′jJJ.ご川りJ,tけJJ†〝i ざgg仰グdgお印,ヱセ.グ虎猫α血頭,C0γ才よ−′:β肋sSゐ査■存dね,忍屁甜〟鋸滋=地物わわ仰 の11 用い,培養基上に於ける乱調の伸長に及ぼす2,4・−D Na塩の影響につき実験を行った.ペナト ン加用合成寒天培養基に2うOCで新定期由培養し,菌鼓直経をもって伸長を測定しキ. も2)金供試菌其高濃度でほ伸長を抑制されたが,菌の種薪により抑制度の強易者に相当の懸隔を示 した.抑制効果の強弱より分黙すれば,・強いもの:5cわク℃f言祝鱒わ身0♪ゐgg〃沼,fセク3gd肪〟研声九 梢火強いもの:肋c和ざ加グ・よト〝刑月フγγg,朋OCゐ乃多娼ぶαざα克之一首,凡は肌加適dね城知れ酬,5cね和一

(5)

才ざ鋸沼0り′gαg■・ざβオブぴα,GわβOj汐¢ダ’ね朔り仏協細物抑,β0わ「〆お旦夕.

柏木軌、もの

掛、もの:戯励め沼購如戒抑=庵Ⅶぬ肋仰,αγ助g〝〝ざSゐヂgタαゑβとなる・椎茸菌(Cor牢・ 餓蛸奴sS加須扱如)は0.00605%の濃度でもまだわづかに伸長が抑制された・ 、(3)伸長促進効果は翻oc如才〟ざざα5αゑオズが0・02,0・0僧,0・0005,0.00005.%で,Scgg和才才〝鯛 OrγZαβ・ざα助α ̄が0.02,0.005,0.0005.%で助J郡わ7才加頭¢γ■如町頑叩感知ゆが0・00005%で 、みられた. りI〟、♪川・んノJ/Jざ∫′/ざ.沃〃、ふ、J.J・り///′;メナりノ∴.・/−・−ヾ.J/ん・〃−− ● ざ・、ノミ・ハイ/JりJJJ川れ∫♪入〃J〃〃 ∴∴;√ミ 形成咤高濃度の2,4−Dにより抑制されたが,前者2菌は低濃度で鎗々促進された・助如率禦 釦敏感滋の菌核は0.08,0.02一%の濃度で形歌が精々標準区より大であった.

引 用 文 献

(1)BEV甲.tVA¥NEM,addF・L・Si・IF包:EffeGtOf21・4rDinculturemedium on the g■rOWth ofE

thr・eePathogenicLungi・Phytopath,38(12),1037∼1038,194・S

(2)BB;RDUCOU(Jeanne):Diff6i・enCedesensibilit6dePhciyiagalligenaetdeNectria c

al,action del’acideindol−β−aCetique.C.R.Acadl・Sci・Paris.,231(5),367∼369,1950

(3)DEFiGO,G.…EffectsdeL・aneurine,desescomposantset del・h6t6ro−auXinegu;1よcr・Ois∴

sance de trois par・aSites dub16.Phytopoth.Zeitschrl・,13(3),293−315,194・L

@)FBNNER,L.M..,andL.・R・,FATE:CerIatOStOhlellま雨mionelmbar・ktr・eatedwith2.4Tdichlr

or・OPhenoxyaceticacid・Phytopath・,37:925−928,1947

(5)GUISCRAFR丘・・・ARRILLAGA,T・:Inhibitoryactionof2・紅dichlorIOPhendxyacetic acidon月多niclt一 存姉御’成g如才〟研and創∂仰少鍬SC呼≠(一Al)St・)Pbytopatb−,卵;8,19姐 (寧)I・A.IBRAllInI:Elffectof24−・Donstelp−r・u?tやvelopmen主inoats・Phytopathり41:951−953・ 1一. (7)MANIL・PAU工・and革OFrASrRAS女EWSEA:Actiondel●atidedichloroph6noxyチCetique(2u4−1)) surlesmoisisヲui・eS・Compt・・Rend”Soc・Biol・・1勅(%):313・−315,19弧

(81MICfIA肛SON,MB:RLEE,L.Al・SCfrAAL,andJESSL・:、FULrS⊥:Some effects of2・4・・dichlorophe−

noxyacetic aci郎てits salts andester.s(,n SeVeralphysiologicstr’ains oま■thepotato scabor’ga−

nism.Aciinom.γC占sscabies(Thaxt)Guss.SoilSci・Soc・・Amer・pTO占.,13.267∼270,1948. (9)内藤中人.谷利一・:鍔病菌塞胞事の発穿に汲慮す髄物ホル云ソの影響について,播川顔料大学学術報告. 廃2巻,療3号,167γ177其i昭和26年・ (10)内藤中人..谷利一・:オ・アーブ茨疫病菌々練の伸長に及ぼす2・4−Dの影響について,香川農科大学学術報 告.第3巻,第2替,81こ91罠昭和26年・ (11)内藤中人.谷利一・:諸種植物病原菌々鰊の伸長並分生胞子汲薗横形成に及ぼす2叫4−D強度の膠響(英一ウ.

香川典科大学学術報賃,第3巷,第3琴ト119−125貫,昭和宰棒

(12)、R・H・GA竺BER,L・A・SCEAAL,andJESS L・FULrS:・The selectiveチCtion ofpentachlor’0−

phenoxyaceticacidagainstSiYePiomycesscabies(Thaxt・)WAKSユ1A2q&= HENRIC町in cultur−e

media.Phytopath.,4・1,:991∼996,19Sl・

(13)RIC}ⅡARDS.ROBEEA=RUTII‥RespQnSeSOf representative fungito certa阜n gr.owth−regulating substanc占s・Bot・Gazり110(4),やS23∼SSO・1949・●

(14)鱒EVBNSOZq,E・C血,andJoENW・朋叩EEちL・:写?CteT−iostaticand t)aCteri?Ci申1proper■ties of 2.4−dichlorIOPhenoxyaceticacid・Science,101‥6竣−6射,194S

(15)YtJ・−TLENHSIAandJ・J・CERISTENSEZT

(6)

55

Rgs11m占

1・Inthi阜paPer thetextswer?madeontheeffec昼Of2,4qdichlorophenoxyacetic acid to the mycelialgrowth byllspeciesofbhitopathogeni占funglaSWellastothesclerotialforma. ′− tion by3speciesof fungpicauslng SClerotium disease.

2・Growi咤themyceliumon〉Syntheticpeptonagar℃Ontaihing2,4−・Dinthe・range ofRO.32

too.00005%,them31celialgTOWthoftTariotlSfungpisu云hasA4&crodoriummrriELL.,Gloeos・ boriumJbliicolum NISHIDA,Gわmenlla cingulata(SroN宜M.)SPAULD.●et v.ScHR.,

Botvtis頭・,喝,Pochiw Sclerotium,h.ydWhilum SACC・,Sclerotium OryZae・・SativaSAWADA・mlmiIli sigmbideurlC4V・,肋icilliums?・・CortineHus

ShiitakeP.HENNING孟and−Rhizoqto?さiai・ul沙w・um.(Ki.EBl)W.etA.wasstudiedattemq

perature25OC.

8.Theinhibitingactionwasnotid品ticalfor・thelltest organismus.h gpeneral,they Wereinhibitedin\ther・ange betweenO.32to O.005%,thedegreeofねhibitionincreasingwith

叩increasein the concentration.

4・Fromthe畠tandpoipt of resistanCe、to2,4・D these fungiwi11be classified as follows. most resistant:Scle7Vtium h.yゐ′O少hilum,月2nicillium頭.

resistant :朋血れ画廊勿卿肋γグ,照婚印加鱒卜錨猫秘,鼎娩鱒わ感材わ劇如叩朋,

Scgβ和才Z〝研Orγgαg⊥ざαめβ,Gわgo∫如γオ〝沼.拘商わ鞘卿,β0わてγ才ゐ∫久 moderate :Gわ!7t(,rt!lla ci:TgtLla[a

weak :鱒御車坤硝物や吻扉即叫鱒御町α牢摘郷甲鱒坤α如.

5・StimulatingeffectwasobservedinO・02,0・005,0・00O5・0・00005%for Hyphchnus sqsakii,

foI・立Jg和才ゐ‘タカ一0グッZαβ・ざαめαin O・02巨0.0りあq・0085,ノ0沿0005%,fdI・月セム乃gノ舶0ぶわrg〝沼ざZg研0オー 頑鱒弼inl、0.00005%−.

6・In翻q¢ゐク3〝ざぶαざαゑ玖Scgg和才g〝明Orγgαβ一軍路叩and S丑別漬勿如力γめ′亜ゐ〆〝沼ther・?

wasa tendency toward the decre甲e Of the sclerotialformation at higher conpentrations of 2,4−p,increasingatlower concentrations.Sclerotiaof桝OChnus盲asakiiwerel年rgqralittl主

Updating...

参照

Updating...