最近の更新履歴 radmonitor311

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Radmon311Strategy20110406C  To:  radmonitor311@googlegroups.com 

From:  峠 暢一  一宮 亮 

Subject: radmonitor311 今後 活動展開流 共通 策定 い    

0.

じめに

2011/3/11 東 関東大震災 付 東京電力福島原子力発電所 故発生以来 ネ

ワ ン 環境放射線強度や関連 電子

非常 活発 進 集積 立

 https://sites.google.com/site/radmonitor311/home 現在 情報

極 要 役目 果 い  

 

一方 動機 う 自然発生的 思い思い 行わ 電子

作業 選択 張性 入出力 雑多

性 側面 現在 属人的 要素 色濃 い わ 定型業務

   

(1) 入力帳票  → (2)  入力業務  → (3) DB→ (4)  出力業務  → (5) 出力帳票   

いう う (1)  元 い 除外 (2), (3), (4), (5) 

全 複線 い いう 諸作業間 共 点

多少 点 見 場合 あ 少人数 数ヶ 中長期 活

動持 懸念 感 場合 あ 考え  

 

 関 各 多大 力 積 電子 資産

効 活  

 適 張 能性 集積作業 半 自動 集積 幅広い長期的

共 担保  

 

 radmonitor311周 志 間 (2)~(5) 今後 う い ? い 中長期

的 活動展望 共  

 い(2)→(3)  場合  (3)→(4)  う 作業 中

間 干 構造共通 行う  

 

い必要 考え  

(5) い 作成 人 数 種類 あ 良い 思い

本 示 連携 作成 行う ン 幾 示

意味 あ 思い  

 

本 Radmon311Strategy20110406C radmonitor311 今後 ワ 整備 中

間 構造 共通 開発 維持 点 い 案

出 い 大方 批 仰 今後 活動方向性 議論 活性 実

(2)

方々 相談 乗 頂 多 意見 入 文責 峠  暢一, 

一宮 亮 あ  

 

1. radmonitor311

今後

クフロ

整備

 

述 う radmonitor311周 志 間 中長期

的 活動展望 共 必要 出 い う 見え 叩

私 業務 ワ 整備 以 う 段 行う 案い

い 思い  

 

1.1

1

-

タベ

化ま

◆目標 

 

 放射線 一括 得 機能強 認知度

向  

 共通 構造 表作成コ 減 

 外部 情報 供 充実 最終利用者利便性 向  

 

◆概要 

 

 得:現状 手動コ & 中心 得 一部 共通

構造 次項 記載 入力 皆様 個 使用 電子 変換

経由 い 直接 入力 供

い  

 

 集積場所:中間 置 場 googleSpreadSheet 利用

googleSpreadSheet googleDocAPI 利用 得 行い 整形 RDBMS 格納  

 

自動 得 開発 一 脇 置い 良い

並行作業?? 

 

 公開方法:RDBMS API 公開 形式

JSON,JSONP,XML,CSV,TSV 対応 前節 方式 い 並行 検討 API

慣 人 作成 得 や い う  

 

 視覚 : API公開 外部IT技術者 参加 進研究者 学術的知見 入

表等 供 

 

(3)

 得先 :現在googleSpreadSheet 集積 い    

◆考察 / ToDo   

 体制再構築:あ 堅 必要 い 思わ 全体 進捗管

理や 管理等誰 や ? い 決 う 手

各人 負担 少 う  

 

 確保: 次々項 記載  

 

 開発環境構築:複数人 開発 い あ ン管理 進

捗管理等 必要 案? 

 

 公開用API開発:googleSpreadSheet 得 開発

googleDocAPI 得 能 各 異

毎 処理 必要  

 

作業的 一番 い 思い 各 毎 手 担

思い  

 

◆補足 

 

現在 googleSpreadSheet方式 極力 コ & 少 行え う

考え い 手動 行う以 方式 思わ 本来

コ 部 自動 い ン ワ 的 い 目指

時間 思わ 得部 コ

案 い  

 

◆参考 

https://spreadsheets.google.com/feeds/cells/tSc4EaYnOD5AD8fW3yHugKg/ody/private/value s 

↑↑ 

googleDocAPI 得用URL ン    

https://spreadsheets.google.com/feeds/worksheets/tSc4EaYnOD5AD8fW3yHugKg/private/bas ic 

↑↑↑ 

各 API公開URL等 得用URL 

 

1.2

2

-

自動取得ま

◆概要 

 

 得: 自動 得 ン 運用 能 持

(4)

4   

 集積場所:手動 場合 中間 置 場 googleSpreadSheet

利用 ン 整 直接RDBMS ほ

   

 

◆Todo 

 得先一覧 作成:現在googleSpreadSheet 得 い い

信頼 あ 検討対象  

 

 開発者応募呼  

 

方 便宜的 実際 参加者

並行 開発 い あ 思い  

 

2. 中間

タ構造

共通化につい

2.1

提案骨子:

radmonitor311  扱う大方 測定情報 東電 文科省 etc  問わ 放射線  Sv/h Bq/kg 風速 etc  問わ あ 物理 時系列配列 従

情報 原則  

 

‐ 測定 物理 毎 測定者  

‐  部  

‐  引 時刻‐数値 配列 

 

整理 能 う 単純 構造

い前 書式 効 や解析 構成 論理

利 蛇足 高 ネ や原子核物理 いう DST

Data SummaryTape)  近い 概念  

2.2

タ構造概念:

 

え 以 う 構造 考え  

 

項目    個数  値      (コ ン ) 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

  1  文 列 

出     1  文 列   ( 供者情報  

出 URI    1  文 列 

種ID  1  種 ID 

  1  文 列 

(5)

観測局   1  文 列 

観測局ID  1  測定値ID 

観測局情報  2  緯度 経度 

更新情報  n  更新者‐更新年 時刻‐URI‐入力者 

    n  時刻‐測定値 

 

例: 

=========   

:  福島第一原発 門前放射線  

出 :    東京電力 

出 URI:  http://www.tepco.co.jp/cc/press/index‐j.html 

種ID:  放射線  

:    福島第一原発 門前放射線  

単 :    microSv/h 

観測局 :  福島第一原発 門前 

観測局ID:  FukushimaNPS1‐Seimon 

観測局情報:  xxx.xxx, yyy.yyy 

更新情報:    2011/3/18 05:30 http://www.tepco...,   dokozo_no_dareka 入力  : 

2011/3/12 4:00   0.069  2011/3/12 4:40   0.866  2011/3/12 4:50   1.002  2011/3/12 5:00   1.307  2011/3/12 5:10   1.59  2011/3/12 6:30   4.92  2011/3/12 7:50   4.97  2011/3/12 8:00   4.89  2011/3/12 8:10   5.08  2011/3/12 8:20   4.77  ... 

 

注記 項: 

 

 記 構造 測定 物理 測定地 一 一 独立

扱う 実際 え 東電

第一原発 放射線 測定値 門前 務本館 混

在 供 い 本 案 単一

物理測定 扱え 一 一 供 う いう

う 方針 想定 付録1 書い

   

 記 色々 意見 伺う必要 あ う 思い え

一地点 線 風向 風速 複数 物理 時 測定

統合 構造 望 場合 あ

(6)

得 意見 案 求  

 

 う 構造 共通 最終的 RDBS XML DBS

形 格納 い 想定 え 対応

規 済 構造例

https://spreadsheets.google.com/ccc?key=0AtZFn4ZUF2Z6dFZuT0Q5M3Q2dG5XeTFMSH UydERYcHc&hl=ja 見 出来  

 

う 体的格納方法 決定詳細 言え 実

装詳細 属 問題 方面 専門担当者 断 任

思わ 入 出 構造 関

色々 背景 持 方達 幅広い参入 必 規

わ いほう 好 い いう あ う 出力時 構

造 え決 い 内部 実装 極端

場合複数通 あ 構わ い いう視点  

 

 現時点 大  

 

- 構造 基本概念 い 基幹的 部 合意  

- 管理責任者 適 考え  DBS  入出力 作

 

- 入力作業支援者 従 Excel  ン 使 元

供 良  

- 作業者 い あ 基本的 構造概念

準 供 いう 前

ン 整合  

 

いう前 各作業 境界毎 確立 今後 通常業務 負担

ン 皆様 部 入力 整理作業 一部

維持 う 起 比較的容易 作業能力 補填

う 担保 いう あ いう う 考え  

 

 放射線 以外 物理 記 基本的 構造 扱う

能 物理 以外 え ン ン 記録 炉 水素爆発 ン

水 布開始 停 記 比較的 張 扱

う 能 う  

 

 念 記 構造 共通 ン ン

解析手法 単一標準  ( 解析 ?)  推進

目的 行う 全 あ ン や

解析 い 複数 手法 析 並列 行

前 強 ン 推奨 主眼 い

   

(7)

案 あ web経由 API 用意 互換性 維持

自動 や い環境 実現 い 考え  

 

 構造 い 必 絶対 共通 概念 従わ

い いう 共通 概念 ン

ン 小 や あ い 複数種類 時

供 う API 在 良い 考え  

   

3. シ

開発

維持上

リソ

につい

 

い 案 ML radmonitor311 出 い ML以外 通信

伺 意見 あ 干繰 返 望 思わ

簡単  

 

 ン ン :矢 案 hack for japan http://googledevjp.blogspot.com/2011/03/hack‐for‐japan‐hackathon.html SourceForge http://sourceforge.jp/  技術 持 協力者 募

う 開発体制整備  

 

 :長い期間維持 う 属人的 力 依

無理 あ 個々人 能 範 貢献 採

う 計算機資源 程度 必要 大雑把 見積

必要 計算機 要求 様 原案 付録2 記載  

 

UNIX系OS,Apache,PHP,Perl,Ruby,MySQL 稼働 構成 専門家

沢山居 う 適宜議論 良 う 意見 多い う

国立研究所 能 情報あ あ い 外部 安い 借

う 一法 VPS 綿村 案

VPS 512 512 HDD 20GB OS 標準Red Hat EnterpriseLinux

CentOS5 供 能 OS Ubuntu FreeBSD Debian Fedora 利用 ほ 各OS 32bit/64bit版 選択 能 管理担

当 力必要 由 震災時特例 無料 供 い 商用VPS 利用

場合 無償期間 過 後 出口戦略 考え 必要 あ 故 十

沈静 後 残 必要 あ  

 

ほ 意見 案? 

(8)

付録 1:

タ構造共通化にまつわる

リッ

リッ

につい

考察

リッ

 負担軽減 1:  開発者 担当者 供者

書式 変更 追従 都度 整形入力 負担 解放  

 負担軽減 2:  供者 入力作業 原理的

項目 一点 集約 複 入力作業 排除  

 

 解析 利便 1: 必 完全 期 収録 い い 時系列表

示 容易  

 

 解析 利便 2: 共通 書式 採用 当初想定 い

物理測定 間 相関 析 柔軟 対応 特定 優

い 当初対応 前 い 物理 容易

対応  

リッ

 起動時 :移行 伴い 過去 作成用 互換

性 持 幾 異 形式 用意 必要 あ

整備 変換 希望的観測 一

過性 あ 時間的 発生  

 

 ワ :共通 入力作業時点 あ

場合 被害 流 担当者 及ぶ

入力 確 期 労力 大 現時点 留意点

あ  

 

 冗長 : 供者  time vs data1, data2, data3 ... 

う 形 え い い 干 冗長性 発生  

(9)

付録 2:

タベ

要求仕様

原案

 

ア:

 Linux 走 コン  

 CPU: Core2Duo 2GB程度相当以 :512MB程度以 HDD容 :512GB程 度以 RAID5相当以 HDD 保護  

 ネ ワ 幅:GbE相当 LANWAN接 間数千件程度以

耐え 数 増大 時

ン 追加 技術的 能 (費用 い 途相談)  

 

ソフ

ア:

 Redhat Enterprise 等 CentOS等 動作    httpd ftpd sshd 走  

 MySQL PostgreSQL 採用合意 走  

 付 適 ネ 対策 装備  

 必要 応 javaほ 装備 能 あ  

 

運用要件:

 Radmon311 対応 相談 うえ機能増強 技術的 対応

頂 加え 数年以 わ 運用 能 あ

短期 ン 留 場合 移転 い 支援 能 あ

   

 開発者(数人程度 想定) 個人 ン 作 ssh ン

能  

 運用 web 管理用 ン 用い radmonitor311 ン web ン 経由 更新  

   

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :