• 検索結果がありません。

資料シリーズNo.196全文 資料シリーズNo.196「組織変動に伴う労働関係上の諸問題に関する調査―労使ヒアリング調査編―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2018

シェア "資料シリーズNo.196全文 資料シリーズNo.196「組織変動に伴う労働関係上の諸問題に関する調査―労使ヒアリング調査編―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)"

Copied!
234
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

組織変動に伴う

労働関係上の諸問題に関する調査

-労使ヒアリング調査編-

独立行政法人 労働政策研究・・研修機構

The Japan Institute for Labour Policy and Training

No.

6

年 月

JILPT

資料シリーズ

N

o

.1

9

6

2

0

1

8

調

使

調

(2)

組織変動に伴う

労働関係上の諸問題に関する調査

― 労使ヒアリング調査編 ―

独立行政法人 

労働政策研究・研修機構

(3)

による会社分割制度が創設され、それに合わせて会社分割に伴う労働契約の承継等に関 する法律が制定された。その後、10 年以上経過したが、規制改革実施計画などを受け、 農協、医療法人といった会社以外の法人類型についても分割法制の導入が検討されてい る。この間、会社法において法整備がなされ、労働関係の判例が蓄積されている。

本調査研究は、厚生労働省の要請により、企業及び労働組合を対象に組織変動の実態 を把握し、組織再編に伴う労働関係上の諸課題を整理することによって、組織変動に伴 う労働関係に関する政策的対応(立法措置の必要性の有無や指針策定・改正)の議論に 資することを目的として実施したものである。

調査では、企業及び労働組合を対象としたアンケート調査によって全体の傾向を把握 し、並行してヒアリング調査によって企業及び労働組合に直接接して組織再編の背景と 意図、課題を整理するようにした。

ヒアリング調査の結果、会社分割に対応する労働契約承継法に関する労使の評価が概 ね高いが、信頼に基づく良好な労使関係がその基盤となっている。その労使関係には何 よりも過半数組合の存在意義・役割が重要である。過半数組合がないところでは、同法 の適法性の確保に向けて従業員の過半数代表者選出問題等の解消、まずは過半数代表者 が適切に選出される方策や的確な役割、さらには従業員代表制の整備の必要性を検討す ることが求められる。また、労使関係の信頼度に応じた規制の柔軟な適用も求められる。 そして、労働組合は、組織変動を組織化・組織拡大のチャンスと捉えて、組合員を増や し信頼に基づく良好な労使関係の領域を広げる運動を目指し、企業もそれに理解を示し ていく対応が求められる。

本調査研究の対象となった各企業の労使の方々には、お忙しい中時間を割いてアンケ ート調査及びヒアリング調査にご協力いただいた。本調査研究の結果が、企業組織再編 に関わる企業労使の方々、行政担当者やこの問題に関心のある研究者の方々に参考とな れば幸いである。

2018 年 3 月

(4)

第 1章 研 究 の 趣 旨 ・ 目 的

第 2章 研 究 の 方 法

第 2 部

企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 7 事 例 )

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 A 事 例 」 、 分 割 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 企 業 組 織 変 動 の 背 景 と 内 容

第 節 組 織 変 動 を め ぐ る 労 使 の 協 議

. 労 働 組 合 と の 協 議

. 労 働 者 個 人 と の 協 議

. 他 の 組 織 変 動 ― 移 籍 を 中 心 に ―

第 節 組 織 変 動 後 の 労 使 関 係 の 形 成 と 進 展 お よ び 労 働 条 件 の 統 一

第 節 労 働 組 合 の 組 織 化 と 組 織 統 合

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 B 事 例 」 、 譲 渡 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 企 業 組 織 変 動 の 内 容

第 節 組 織 変 動 を め ぐ る 労 使 の 協 議 お よ び 団 交

. 非 公 式 労 使 会 合

. 労 働 協 議 会

. 団 体 交 渉

第 節 組 織 変 動 後 の 労 働 条 件 低 下 と 労 使 関 係

第 節 工 場 閉 鎖 を め ぐ る 動 き

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 C 事 例 」 、 分 割 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 最 近 の 企 業 組 織 再 編 の 動 向 と 再 編 の 雇 用 原 則

氏 名 所 属 執筆担当

呉 学 殊

おう はくすう

(5)

第 1 部

研 究 の 趣 旨 ・ 目 的 と 方 法

··· 3

第 1章 研 究 の 趣 旨 ・ 目 的 ··· 3

第 2章 研 究 の 方 法 ··· 7

第 2 部

企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 7 事 例 )

··· 13

第 1章 A社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 A 事 例 」 、 分 割 ) ··· 13

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 13

第 2節 企 業 組 織 変 動 の 背 景 と 内 容 ··· 14

第 3節 組 織 変 動 を め ぐ る 労 使 の 協 議 ··· 15

1. 労 働 組 合 と の 協 議 ··· 15

2. 労 働 者 個 人 と の 協 議 ··· 17

3. 他 の 組 織 変 動 ― 移 籍 を 中 心 に ― ··· 18

第 4節 組 織 変 動 後 の 労 使 関 係 の 形 成 と 進 展 お よ び 労 働 条 件 の 統 一 ··· 20

第 5節 労 働 組 合 の 組 織 化 と 組 織 統 合 ··· 22

第 6節 ま と め ··· 25

第 2章 B社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 B 事 例 」 、 譲 渡 ) ··· 29

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 29

第 2節 企 業 組 織 変 動 の 内 容 ··· 29

第 3節 組 織 変 動 を め ぐ る 労 使 の 協 議 お よ び 団 交 ··· 30

1. 非 公 式 労 使 会 合 ··· 30

2. 労 働 協 議 会 ··· 31

3. 団 体 交 渉 ··· 32

第 4節 組 織 変 動 後 の 労 働 条 件 低 下 と 労 使 関 係 ··· 34

第 5節 工 場 閉 鎖 を め ぐ る 動 き ··· 37

第 6節 ま と め ··· 39

第 3章 C社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 C 事 例 」 、 分 割 ) ··· 43

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 43

第 2節 最 近 の 企 業 組 織 再 編 の 動 向 と 再 編 の 雇 用 原 則 ··· 44

氏 名 所 属 執筆担当

呉 学 殊

おう はくすう

(6)

2. 分 割 と 労 使 協 議 の 実 態 ··· 47

(1)A事 業 ··· 47

(2)B事 業 ··· 48

(3)C事 業 ··· 50

第 4節 ま と め ··· 51

第 4章 D社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 D 事 例 」 、 分 割 ) ··· 55

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 55

第 2節 直 近 の 企 業 組 織 再 編 の 流 れ と そ の 原 則 ··· 56

1. 再 編 の 流 れ と 原 則 ··· 56

2. 再 編 時 の 雇 用 と 労 働 条 件 の あ り 方 お よ び 労 使 関 係 ··· 58

第 3節 会 社 分 割 ・ 統 合 の 事 例 :DHパ ワ ー シ ス テ ム ズ ··· 60

1. 分 割 ・ 統 合 の 趣 旨 ··· 60

2. 分 割 を め ぐ る 労 使 協 議 ··· 61

(1) 中 央 労 使 協 議 の 展 開 ··· 61

(2) 職 場 に お け る 労 使 協 議 の 実 際 ··· 65

3. 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 承 継 と 相 手 企 業 と の 統 合 ··· 66

4. 労 働 組 合 の 再 編 ··· 68

5. 労 働 政 策 へ の 要 望 ··· 68

第 4節 ま と め ··· 69

第 5章 E社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 E 事 例 」 、 分 割 ) ··· 73

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 73

第 2節 事 業 再 編 の 展 開 と 労 働 組 合 の 関 与 ··· 73

1. 在 籍 出 向 か ら 解 約 型 転 籍 ··· 73

2. 事 業 譲 渡 で の 解 約 型 転 籍 ··· 77

3. 会 社 分 割 と 解 約 型 転 籍 ··· 79

第 3節 分 割 を め ぐ る 労 使 協 議 の 展 開 ··· 80

1. 前 段 協 議 ··· 80

(1) 労 使 協 議 会 1 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 1回 ··· 80

(2) 労 使 協 議 会 2 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 2回 ··· 81

(3) 労 使 協 議 会 3 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 3回 ··· 82

2. 本 協 議 ··· 83

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 回

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 回

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 回 最 終 回

第 節 企 業 組 織 再 編 と 労 働 組 合 の 組 織 化

. ヨ コ の 組 織 化 ( 子 会 社 の 組 織 化 )

. タ テ の 組 織 化 ( 非 正 規 労 働 者 の 組 織 化 )

. 組 織 化 の 効 果

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 F 事 例 」 、 分 割 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 企 業 組 織 再 編 の 展 開 と 労 使 関 係

. 企 業 組 織 再 編 の 流 れ

. 会 社 分 割 と 労 使 関 係 ~ 事 業 を 中 心 に ~

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 G 事 例 」 、 分 割 ・ 合 併 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係

. 分 割 ・ 統 合 に よ る 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係

( ) 企 業 組 織 再 編

( ) 企 業 組 織 再 編 を め ぐ る 労 使 協 議

( ) 労 働 組 合 の 活 動 お よ び 組 合 員 へ の 対 応

( ) 承 継 後 の 人 事 ・ 処 遇 制 度 の 一 元 化 と 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 変 化

( ) 労 働 組 合 の 組 織 統 合

. 合 併 ・ 統 合 に よ る 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係

( ) 企 業 組 織 再 編

( ) 企 業 組 織 再 編 を め ぐ る 労 使 関 係

( ) 統 合 後 の 構 造 改 革 と 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 変 化

( ) 労 働 組 合 の 組 織 統 合

第 節 企 業 組 織 再 編 に 対 す る 評 価 と 課 題

. 企 業 組 織 再 編 に 対 す る 低 評 価 の 要 因

(7)

. 分 割 と 労 使 協 議 の 実 態

( ) 事 業

( ) 事 業

( ) 事 業

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 D 事 例 」 、 分 割 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 直 近 の 企 業 組 織 再 編 の 流 れ と そ の 原 則

. 再 編 の 流 れ と 原 則

. 再 編 時 の 雇 用 と 労 働 条 件 の あ り 方 お よ び 労 使 関 係

第 節 会 社 分 割 ・ 統 合 の 事 例 : パ ワ ー シ ス テ ム ズ

. 分 割 ・ 統 合 の 趣 旨

. 分 割 を め ぐ る 労 使 協 議

( ) 中 央 労 使 協 議 の 展 開

( ) 職 場 に お け る 労 使 協 議 の 実 際

. 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 承 継 と 相 手 企 業 と の 統 合

. 労 働 組 合 の 再 編

. 労 働 政 策 へ の 要 望

第 節 ま と め

第 章 社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 E 事 例 」 、 分 割 )

第 節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

第 節 事 業 再 編 の 展 開 と 労 働 組 合 の 関 与

. 在 籍 出 向 か ら 解 約 型 転 籍

. 事 業 譲 渡 で の 解 約 型 転 籍

. 会 社 分 割 と 解 約 型 転 籍

第 節 分 割 を め ぐ る 労 使 協 議 の 展 開

. 前 段 協 議

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 回

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 回

( ) 労 使 協 議 会 回 目 = 分 割 ・ 転 籍 の 労 使 協 議 会 回

. 本 協 議

(3) 労 使 協 議 会 6 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 3回 ··· 86

(4) 労 使 協 議 会 7 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 4回 ··· 86

(5) 労 使 協 議 会 8 回 目 = 分 割 ・ 承 継 の 労 使 協 議 会 5回(最 終 回) ··· 87

第 4節 企 業 組 織 再 編 と 労 働 組 合 の 組 織 化 ··· 89

1. ヨ コ の 組 織 化 ( 子 会 社 の 組 織 化 ) ··· 91

2. タ テ の 組 織 化 ( 非 正 規 労 働 者 の 組 織 化 ) ··· 92

3. 組 織 化 の 効 果 ··· 94

第 5節 ま と め ··· 95

第 6章 F社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 F 事 例 」 、 分 割 ) ··· 99

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 99

第 2節 企 業 組 織 再 編 の 展 開 と 労 使 関 係 ··· 99

1. 企 業 組 織 再 編 の 流 れ ··· 99

2. 会 社 分 割 と 労 使 関 係 ~FA事 業 を 中 心 に ~ ··· 99

第 3節 ま と め ··· 104

第 7章 G社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 「 G 事 例 」 、 分 割 ・ 合 併 ) ··· 107

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要 ··· 107

第 2節 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ··· 108

1. 分 割 ・ 統 合 に よ る 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ··· 108

(1) 企 業 組 織 再 編 ··· 108

(2) 企 業 組 織 再 編 を め ぐ る 労 使 協 議 ··· 110

(3) 労 働 組 合 の 活 動 お よ び 組 合 員 へ の 対 応 ··· 113

(4) 承 継 後 の 人 事 ・ 処 遇 制 度 の 一 元 化 と 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 変 化 ··· 114

(5) 労 働 組 合 の 組 織 統 合 ··· 115

2. 合 併 ・ 統 合 に よ る 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ··· 116

(1) 企 業 組 織 再 編 ··· 116

(2) 企 業 組 織 再 編 を め ぐ る 労 使 関 係 ··· 117

(3) 統 合 後 の 構 造 改 革 と 雇 用 ・ 労 働 条 件 の 変 化 ··· 119

(4) 労 働 組 合 の 組 織 統 合 ··· 122

第 3節 企 業 組 織 再 編 に 対 す る 評 価 と 課 題 ··· 124

1. 企 業 組 織 再 編 に 対 す る 低 評 価 の 要 因 ··· 125

(8)

2. 労 働 契 約 承 継 法 に 対 す る 評 価 ··· 129

第 4節 ま と め ··· 131

第 3 部

ま と め ― 労 使 関 係 メ リ ッ ト の 最 大 化 に 向 け て ―

··· 137

1. 企 業 組 織 再 編 の 形 態 と そ の 背 景 ··· 137

2. 企 業 組 織 再 編 の プ ロ セ ス と そ の 適 法 性 お よ び 課 題 ··· 138

3. 企 業 組 織 再 編 後 の 雇 用 お よ び 労 働 条 件 の 実 態 ··· 140

4. 企 業 組 織 再 編 に お け る 労 働 組 合 の 役 割 ・ 存 在 意 義 ··· 142

5. 労 働 組 合 の 組 織 化 ··· 144

6. 企 業 組 織 再 編 の 望 ま し い あ り 方 に 向 け て ··· 145

(1) 法 的 ・ 制 度 的 側 面 ··· 145

(2) 労 使 関 係 の 側 面 ··· 147

(3) 企 業 経 営 の 高 度 化 や 産 業 競 争 力 の 向 上 の 側 面 ··· 148

【 参 考 資 料 1】 質 問 項 目 ( 企 業 向 け ) ··· 150

【 参 考 資 料 2】 質 問 項 目 ( 労 働 組 合 向 け ) ··· 151

【 付 録 1】 会 社 分 割 に 伴 う 労 働 契 約 の 承 継 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 百 三 号 ) ··· 155

【 付 録 2】 商 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 九 十 号 ) ( 抄 ) ··· 158

【 付 録 3】 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 に つ い て ( 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 検 討 会 報 告 書 ) ··· 159

【 付 録4】 会 社 分 割 に 伴 う 労 働 契 約 の 承 継 等 に 関 す る 法 律 ( 労 働 契 約 承 継 法 ) の 概 要 ··· 163

【 付 録5】 分 割 会 社 及 び 承 継 会 社 等 が 講 ず べ き 当 該 分 割 会 社 が 締 結 し て い る 労 働 契 約 及 び 労 働 協 約 の 承 継 に 関 す る 措 置 の 適 切 な 実 施 を 図 る た め の 指 針 ( 平 成 十 二 年 労 働 省 告 示 第 百 二 十 七 号 ) ··· 191

【 付 録6】 事 業 譲 渡 又 は 合 併 を 行 う に 当 た っ て 会 社 等 が 留 意 す べ き 事 項 に 関 す る 指 針 概 要 ( 平 成 二 十 八 年 八 月 十 七 日 ) ··· 215

(9)

第1部

( ) 主 体 性 の 不 足

( ) 経 営 者 の あ り 方

. 労 働 契 約 承 継 法 に 対 す る 評 価

第 節 ま と め

第 3 部

ま と め ― 労 使 関 係 メ リ ッ ト の 最 大 化 に 向 け て ―

. 企 業 組 織 再 編 の 形 態 と そ の 背 景

. 企 業 組 織 再 編 の プ ロ セ ス と そ の 適 法 性 お よ び 課 題

. 企 業 組 織 再 編 後 の 雇 用 お よ び 労 働 条 件 の 実 態

. 企 業 組 織 再 編 に お け る 労 働 組 合 の 役 割 ・ 存 在 意 義

. 労 働 組 合 の 組 織 化

. 企 業 組 織 再 編 の 望 ま し い あ り 方 に 向 け て

( ) 法 的 ・ 制 度 的 側 面

( ) 労 使 関 係 の 側 面

( ) 企 業 経 営 の 高 度 化 や 産 業 競 争 力 の 向 上 の 側 面

【 参 考 資 料 】 質 問 項 目 ( 企 業 向 け )

【 参 考 資 料 】 質 問 項 目 ( 労 働 組 合 向 け )

【 付 録 】 会 社 分 割 に 伴 う 労 働 契 約 の 承 継 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 百

三 号 )

【 付 録 】 商 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 九 十 号 ) ( 抄 )

【 付 録 】 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 に つ い て

( 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 検 討 会 報 告 書 )

【 付 録 】 会 社 分 割 に 伴 う 労 働 契 約 の 承 継 等 に 関 す る 法 律 ( 労 働 契 約 承 継 法 ) の

概 要

【 付 録 】 分 割 会 社 及 び 承 継 会 社 等 が 講 ず べ き 当 該 分 割 会 社 が 締 結 し て い る 労 働

契 約 及 び 労 働 協 約 の 承 継 に 関 す る 措 置 の 適 切 な 実 施 を 図 る た め の 指 針

( 平 成 十 二 年 労 働 省 告 示 第 百 二 十 七 号 )

【 付 録 】 事 業 譲 渡 又 は 合 併 を 行 う に 当 た っ て 会 社 等 が 留 意 す べ き 事 項 に 関 す る

指 針 概 要 ( 平 成 二 十 八 年 八 月 十 七 日 )

【 付 録 】 事 業 譲 渡 又 は 合 併 を 行 う に 当 た っ て 会 社 等 が 留 意 す べ き 事 項 に 関 す る

(10)

1

1

研 究 の 趣 旨 ・ 目 的 と 方 法

1

研 究 の 趣 旨 ・ 目 的

日 本 に お け る 企 業 組 織 の 再 編 等 ( 事 業 部 門 の 縮 小 等 を 含 む )1は 、2000 年 直 前 に 活 発

に 行 わ れ た 後 、 少 し ず つ 沈 静 化 し て い る 。 厚 生 労 働 省 の 「 労 働 組 合 活 動 等 に 関 す る 実 態

調 査 」に よ れ ば 、「 過 去3 年 間 、組 合 員 が 所 属 す る 事 業 所 に お い て 企 業 組 織 の 再 編 が 実 施

さ れ た 」と 答 え た 労 働 組 合 の 割 合 は 、2000年 45.7% 、2005年 42.2% 、2010年 37.9% 、

2013年 31.5% 、そ し て 2015年 21.1% と 減 り 続 け て い る 。労 働 組 合 が 、企 業 組 織 の 再 編

に「 関 与 し た 」と 答 え た 割 合 は そ れ ぞ れ 82.2% 、87.6% 、85.8% 、66.5% 、そ し て 46.6% 2

で あ っ た 。 最 近 、 そ の 割 合 が 急 減 し て い る3。

労 働 組 合 の 関 与 の 仕 方 に つ い て 、2013 年 厚 生 労 働 省 の 調 査 結 果 を も と に み て み る と 、

「 労 使 協 議 機 関 で 協 議 し た 」 と 答 え た 労 働 組 合 の 割 合 は75.8% 、「 団 体 交 渉 」20.5% 、「 そ の

他 」11.9% で あ っ た 。 ま た 、 「 関 与 し た 」 と 答 え た 労 働 組 合 に 、 「 企 業 組 織 の 再 編 等 に あ た

り 労 使 間 で 十 分 な 話 合 い が 尽 く さ れ た か 」 と 聞 い て み る と 、「 十 分 行 わ れ た 」16.6%(2012

年 の 場 合 、11.8% 。 以 下 、 同 じ )、 「 お お む ね 十 分 で あ っ た 」38.9% (32.9% )、 「 ど ち ら と

も い え な い 」24.6%(28.1% )、「 や や 不 十 分 で あ っ た 」9.4%(11.9% )、「 不 十 分 で あ っ た 」

7.6%(11.9% )、そ し て 「 話 合 い が 行 わ れ な か っ た 」1.2%(0.0%)で あ っ た4。55.5% の 組

合 が 労 使 間 の 話 合 い が 「 十 分 」 ま た は 「 お お む ね 十 分 」 に 行 わ れ た と 回 答 し た が 、 そ の 割 合

は 1 年 前 に 比 べ て 10.8 ポ イ ン ト 増 加 し た 。 し か し 、 「 不 十 分 」 ( 「 や や 不 十 分 」 「 不 十 分 」 )

と 答 え た 割 合 も 17.0% に の ぼ り 、 ま た 、 話 し 合 い そ の も の が 行 わ れ な か っ た と こ ろ も あ

り 、 企 業 組 織 再 編 を め ぐ る 労 使 の 話 し 合 い に 少 な か ら ぬ 問 題 が あ る の で は な い か と 思 わ

れ る 。

企 業 組 織 再 編 は 、 労 働 組 合 の 組 織 拡 大 、 組 織 縮 小 、 消 滅 等 を も た ら し う る が 、 既 存 の

労 働 協 約 が 再 編 に 伴 っ て 他 の 企 業 に 承 継 さ れ る か ど う か が 注 目 さ れ る 。 企 業 組 織 再 編 に

伴 い 、労 働 協 約 の 承 継 に つ い て 労 使 間 の 話 合 い が 持 た れ て い る か を み る( 複 数 回 答 )と 、

労 働 条 件 そ の 他 労 働 者 の 待 遇 を 定 め る 「 労 働 協 約 の 規 範 的 部 分 」 で は 77.6% の 組 合 が 「 話

1 厚 生 労 働 省 の 「 労 働 組 合 活 動 等 に 関 す る 実 態 調 査 」 で は 、 「 企 業 組 織 の 再 編 等 」 の 定 義 を 「 企 業 の 合 併 、 営 業 ・ 資 産 の 譲 受 、 会 社 の 買 収 、 他 社 と の 合 併 、 会 社 分 割 、 子 会 社 の 売 却 ・ 清 算 、 施 設 の 撤 去 及 び 事 業 部 門 の 撤 退 ・ 縮 小 等 」 と し て い る 。 こ こ で 厚 生 労 働 省 の 資 料 に 言 及 す る 際 、 「 企 業 組 織 再 編 」 は 上 記 の 定 義 内 容 を 指 す 。

2 2015年 の 場 合 、 「 労 働 協 約 の 承 継 に つ い て の 話 合 い が 持 た れ た 」 と 回 答 し た 組 合 の 割 合 で あ る 。

3 企 業 組 織 再 編 に 対 す る 労 働 組 合 の 対 応 お よ び 労 使 関 係 の 変 化 に つ い て は 、呉 学 殊(2013)『 労 使 関 係 の フ ロ ン テ ィ ア ― 労 働 組 合 の 羅 針 盤【 増 補 版 】』 労 働 政 策 研 究 ・ 研 修 機 構 、呉 学 殊 (2015)「 企 業 組 織 再 編 へ の 労 働 組 合 の 対 応 と 課 題 」仁 田 道 夫 ・ 連 合 編 著『 こ れ か ら の 集 団 的 労 使 関 係 を 問 う ― 現 場 と 研 究 者 の 対 話 ― 』 エ イ デ ル 研 究 所 を 参 照 さ れ た い 。ま た 、企 業 組 織 再 編 の 労 働 組 合 へ の 影 響 に つ い て は 、坂 幸 夫 編 著(2015) 『 現 代 日 本 の 企 業 組 織 再 編 と 労 働 組 合 の 課 題 』 学 文 社 。

(11)

2

合 い が 持 た れ た 」 と 回 答 し 、 非 組 合 員 の 範 囲 、 ユ ニ オ ン ・ シ ョ ッ プ 、 チ ェ ッ ク ・ オ フ 等 の

「 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 」 で は 50.2% で あ っ た 。 さ ら に 、 こ の 「 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 」 の

項 目 別 に 、 労 働 協 約 の 承 継 に つ い て 話 合 い の 有 無 や 労 使 の 合 意 の 有 無 に つ い て 回 答 し た

内 容 を み て み る と 、 [ 図 表 1-1-1] の 通 り で あ る 。 労 使 の 話 合 い が 最 も 多 く 持 た れ る 事 項

は 「 団 体 交 渉 に 関 す る 事 項 」 で 、61.8% で あ っ た 。 次 い で 「 争 議 に 関 す る 事 項 」46.8% 、 「 就

業 期 間 中 の 組 合 活 動 」45.7% 、「 チ ェ ッ ク ・ オ フ 」43.5% 、「 ユ ニ オ ン ・ シ ョ ッ プ 」43.1%

と 続 き 、 こ こ ま で が 40% 以 上 で あ る 。 そ れ 以 下 は 、 「 組 合 の 企 業 施 設 利 用 ( 組 合 事 務 所

除 く )」38.8% 、「 組 合 事 務 所 の 供 与 」37.5% 、そ し て 「 組 合 専 従 者 の 取 扱 い 」 が29.2% と 最

も 少 な か っ た 。 労 働 協 約 の 承 継 に つ い て 労 使 の 話 合 い が 持 た れ 、 そ し て 労 使 の 合 意 が な

さ れ る 割 合 は 「 チ ェ ッ ク・オ フ 」 が98.0% と 最 も 高 く 、次 い で 「 組 合 の 企 業 施 設 利 用( 組 合

事 務 所 除 く ) 」92.8% 、 「 組 合 事 務 所 の 供 与 」91.0% と 続 く 。 こ れ ら の 項 目 は 、 企 業 が 組 合

に 便 宜 を 供 与 す る 内 容 で あ る 。 「 争 議 に 関 す る 事 項 」58.3% 、 「 団 体 交 渉 に 関 す る 事 項 」

63.8% と い っ た 組 合 の 権 利 行 使 に 関 わ る 項 目 で は 、 労 使 の 合 意 の 比 率 が 相 対 的 に 低 い 。

[ 図 表 1 - 1 - 1 ] 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 事 項 の 承 継 に つ い て の 労 使 の 話 合 い ・ 合 意 の 有 無

就 業 期 間 中 の 組 合

活 動

組 合 の 企 業 施 設 利 用 ( 組 合 事 務 所 除

く )

組 合 事 務 所 の 供 与

組 合 専 従 者 の 取 扱

ユ ニ オ ン ・ シ ョ

ッ プ

チ ェ ッ ク ・ オ フ

団 体 交 渉 に 関 す る

事 項

争 議 に 関 す る 事 項

話 合 い 有 り (A)

45.7 38.8 37.5 29.2 43.1 43.5 61.8 46.8

合 意 有 り (B)

38.4 36.0 34.1 21.1 30.7 42.6 39.4 27.3

合 意 率 (B/A)

84.1 92.8 91.0 72.2 71.1 98.0 63.8 58.3

注 ) 数 字 は 原 資 料 の ま ま 。

出 所:厚 生 労 働 省 (2014)「 平 成 25(2013)年 労 働 組 合 活 動 等 に 関 す る 実 態 調 査 の 概 況 」。

と こ ろ が 、 企 業 組 織 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 の 話 合 い 、 労 働 協 約 の 承 継 の 有 無 等 労 使 関 係

の 展 開 は 、 再 編 の 種 類 に よ っ て 異 な る 可 能 性 が 高 い 。 例 え ば 、 会 社 分 割 で は そ れ に 対 応

す る 労 働 契 約 承 継 法 の 中 で 、 労 働 者 の 理 解 と 協 力 、 労 働 協 約 の 承 継 等 労 使 関 係 に 関 す る

規 定 が 設 け ら れ て い る が 、 事 業 譲 渡 の 場 合 、 そ れ に 対 応 す る 法 律 が な く 、 労 使 関 係 に 関

す る 規 定 も 設 け ら れ て い な い 。 そ う い う 意 味 で 、 企 業 組 織 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 関 係 に つ

い て は 、 再 編 の 形 態 別 に み る こ と が 必 要 で あ ろ う 。

ま た 、 企 業 組 織 再 編 を め ぐ っ て 展 開 さ れ る 労 使 の 話 合 い 、 組 合 の 再 編 へ の 関 与 、 労 働

協 約 の 承 継 等 は 、 再 編 の 最 初 か ら 終 了 ま で そ の 展 開 プ ロ セ ス を 立 体 的 に 追 わ な い と そ の

因 果 関 係 が 明 ら か に な ら ず 、 再 編 に 関 す る 法 的 対 応 の 課 題 等 を 解 明 す る こ と も 困 難 と な

る 。 そ う い う 意 味 で 、 事 例 研 究 は 必 須 で あ る 。

他 方 、 企 業 組 織 再 編 に 関 す る 法 的 対 応 は 、 既 述 の と お り 、 事 業 譲 渡 、 合 併 、 会 社 分 割

等 に よ っ て 異 な る 。 少 し 具 体 的 に 見 て み る こ と に す る 。 事 業 譲 渡 は 会 社 法 上 の 定 義 規 定

は な い が 、 「 事 業 の 全 部 又 は 重 要 な 一 部 の 譲 渡 」 ( 会 社 法 条 ) に つ い て は 原 則 と し て

株 主 総 会 の 特 別 決 議 を 要 し 、 労 働 契 約 の 承 継 に 関 し て は 民 法 条 に よ り 労 働 者 個 人 の

同 意 が 必 要 と な っ て い る ( い わ ゆ る 「 特 定 承 継 」 と い う )。 合 併 は 商 法 の 規 定 に よ り 、 合

併 に よ る 存 続 会 社 が 消 滅 会 社 の 権 利 義 務 の 全 部 を 包 括 的 に 承 継 す る こ と に な る 。 そ の た

め 、 存 続 会 社 が 消 滅 会 社 の 労 働 者 の 労 働 契 約 も 包 括 的 に 承 継 す る こ と に な り 、 そ れ に 伴

う 労 働 者 の 同 意 は 不 要 と な っ て い る( い わ ゆ る 「 包 括 承 継 」 )。会 社 分 割 の 場 合 、会 社 法 に

よ り 、 分 割 会 社 が そ の 事 業 に 関 し て 有 す る 権 利 義 務 の 全 部 又 は 一 部 を 承 継 会 社 ( 吸 収 分

割 ま た は 新 設 分 割 の 承 継 会 社 ) に 承 継 さ せ る こ と が で き る 。 そ し て 、 分 割 契 約 等 の 定 め

に 従 い 包 括 的 に 承 継 さ せ る こ と が で き る 。ま た 労 働 契 約 の 承 継 は 、承 継 さ れ る 事 業 に 「 主

と し て 従 事 し て い る か 、し て い な い か 」 に よ っ て も 異 な る 。前 者 の 場 合 、承 継 に 対 す る 異

議 申 出 権 が な い が 、後 者 の 場 合 、異 議 申 出 権 が あ る( い わ ゆ る 「 部 分 的 包 括 承 継 」 )。な お 、

会 社 分 割 に 対 応 す る 労 働 契 約 の 承 継 に 関 し 労 働 者 の 保 護 を 図 る こ と を 目 的 に 年 に

制 定 さ れ た の が 労 働 契 約 承 継 法 で あ る 。

こ の よ う に 、再 編 の 形 態 に よ っ て 法 的 対 応 が 異 な る 。こ こ で は 、対 応 す る 法 律 が 「 労 働

契 約 承 継 法 」 お よ び 商 法 等 改 正 法 附 則 第 条 で あ り 、 労 働 契 約 の 承 継 に 関 す る 手 続 き の

流 れ に お い て 株 主 総 会 の 承 認 を 要 さ な い 会 社 分 割 ( 簡 易 分 割 等 ) を 見 て み よ う 。 分 割 会

社 は 、 分 割 の 効 力 発 生 日 の 少 な く と も か 月 前 に 分 割 契 約 を 締 結 す る 。た だ し 、① 分 割

契 約 の 締 結 の 前 に 、 分 割 の 背 景 ・ 理 由 、 主 従 事 労 働 者 か 否 か の 判 断 基 準 等 に つ い て 、 分

割 会 社 に あ る 過 半 数 組 合 ( そ れ が な け れ ば 従 業 員 の 過 半 数 を 代 表 す る 者 ) と 協 議 し て 理

解 と 協 力 を 得 る ( 「 条 措 置 」 )。 と 同 時 に 、 労 働 契 約 の 債 務 的 部 分 の 承 継 に 関 す る 労 使 の

同 意 を 得 る 。 ② 労 働 承 継 対 象 の 労 働 者 個 人 と 、 分 割 後 の 勤 め 先 企 業 の 概 要 や 主 従 事 労 働

者 か 否 か の 考 え 方 等 に つ い て 協 議 す る ( 商 法 等 改 正 法 附 則 「 条 協 議 」 )。 ③ 承 継 さ れ る 事

業 の 概 要 、 分 割 効 力 発 生 日 、 労 働 契 約 の 承 継 の 有 無 、 労 働 条 件 の 承 継 等 を 記 載 し た 通 知

を 労 働 組 合 お よ び 該 当 労 働 者 に 行 う 「 条 通 知 」 。通 知 は 、分 割 契 約 の 締 結 か ら 起 算 し て

商 法 第 条 「 合 併 後 存 続 ス ル 会 社 又 ハ 合 併 ニ 因 リ テ 設 立 シ タ ル 会 社 ハ 合 併 ニ 因 リ テ 消 滅 シ タ ル 会 社 ノ 権 利 義 務 ヲ 承 継 ス 。 」

会 社 分 割 制 度 が 年 の 商 法 等 改 正 に よ り 創 設 さ れ た 際 、 会 社 分 割 を 行 う 際 「 会 社 は 労 働 者 と の 協 議 を し な け れ ば な ら な い 」 、 と す る 規 定 が 商 法 等 改 正 法 附 則 に 併 せ て 設 け ら れ た 。

(12)

合 い が 持 た れ た 」 と 回 答 し 、 非 組 合 員 の 範 囲 、 ユ ニ オ ン ・ シ ョ ッ プ 、 チ ェ ッ ク ・ オ フ 等 の

「 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 」 で は % で あ っ た 。 さ ら に 、 こ の 「 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 」 の

項 目 別 に 、 労 働 協 約 の 承 継 に つ い て 話 合 い の 有 無 や 労 使 の 合 意 の 有 無 に つ い て 回 答 し た

内 容 を み て み る と 、 [ 図 表 - - ] の 通 り で あ る 。 労 使 の 話 合 い が 最 も 多 く 持 た れ る 事 項

は 「 団 体 交 渉 に 関 す る 事 項 」 で 、 % で あ っ た 。 次 い で 「 争 議 に 関 す る 事 項 」 % 、 「 就

業 期 間 中 の 組 合 活 動 」 % 、「 チ ェ ッ ク ・ オ フ 」 % 、「 ユ ニ オ ン ・ シ ョ ッ プ 」 %

と 続 き 、 こ こ ま で が % 以 上 で あ る 。 そ れ 以 下 は 、 「 組 合 の 企 業 施 設 利 用 ( 組 合 事 務 所

除 く )」 % 、「 組 合 事 務 所 の 供 与 」 % 、そ し て 「 組 合 専 従 者 の 取 扱 い 」 が % と 最

も 少 な か っ た 。 労 働 協 約 の 承 継 に つ い て 労 使 の 話 合 い が 持 た れ 、 そ し て 労 使 の 合 意 が な

さ れ る 割 合 は 「 チ ェ ッ ク・オ フ 」 が % と 最 も 高 く 、次 い で 「 組 合 の 企 業 施 設 利 用( 組 合

事 務 所 除 く ) 」 % 、 「 組 合 事 務 所 の 供 与 」 % と 続 く 。 こ れ ら の 項 目 は 、 企 業 が 組 合

に 便 宜 を 供 与 す る 内 容 で あ る 。 「 争 議 に 関 す る 事 項 」 % 、 「 団 体 交 渉 に 関 す る 事 項 」

% と い っ た 組 合 の 権 利 行 使 に 関 わ る 項 目 で は 、 労 使 の 合 意 の 比 率 が 相 対 的 に 低 い 。

[ 図 表 1 - 1 - 1 ] 労 働 協 約 の 債 務 的 部 分 事 項 の 承 継 に つ い て の 労 使 の 話 合 い ・ 合 意 の 有 無

就 業 期 間 中 の 組 合

活 動

組 合 の 企 業 施 設 利 用 ( 組 合 事 務 所 除

く )

組 合 事 務 所 の 供 与

組 合 専 従 者 の 取 扱

ユ ニ オ ン ・ シ ョ

ッ プ

チ ェ ッ ク ・ オ フ

団 体 交 渉 に 関 す る

事 項

争 議 に 関 す る 事 項

話 合 い 有 り ( )

合 意 有 り ( )

合 意 率 ( )

注 ) 数 字 は 原 資 料 の ま ま 。

出 所:厚 生 労 働 省 ( )「 平 成 ( )年 労 働 組 合 活 動 等 に 関 す る 実 態 調 査 の 概 況 」。

と こ ろ が 、 企 業 組 織 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 の 話 合 い 、 労 働 協 約 の 承 継 の 有 無 等 労 使 関 係

の 展 開 は 、 再 編 の 種 類 に よ っ て 異 な る 可 能 性 が 高 い 。 例 え ば 、 会 社 分 割 で は そ れ に 対 応

す る 労 働 契 約 承 継 法 の 中 で 、 労 働 者 の 理 解 と 協 力 、 労 働 協 約 の 承 継 等 労 使 関 係 に 関 す る

規 定 が 設 け ら れ て い る が 、 事 業 譲 渡 の 場 合 、 そ れ に 対 応 す る 法 律 が な く 、 労 使 関 係 に 関

す る 規 定 も 設 け ら れ て い な い 。 そ う い う 意 味 で 、 企 業 組 織 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 関 係 に つ

い て は 、 再 編 の 形 態 別 に み る こ と が 必 要 で あ ろ う 。

3

ま た 、 企 業 組 織 再 編 を め ぐ っ て 展 開 さ れ る 労 使 の 話 合 い 、 組 合 の 再 編 へ の 関 与 、 労 働

協 約 の 承 継 等 は 、 再 編 の 最 初 か ら 終 了 ま で そ の 展 開 プ ロ セ ス を 立 体 的 に 追 わ な い と そ の

因 果 関 係 が 明 ら か に な ら ず 、 再 編 に 関 す る 法 的 対 応 の 課 題 等 を 解 明 す る こ と も 困 難 と な

る 。 そ う い う 意 味 で 、 事 例 研 究 は 必 須 で あ る 。

他 方 、 企 業 組 織 再 編 に 関 す る 法 的 対 応 は 、 既 述 の と お り 、 事 業 譲 渡 、 合 併 、 会 社 分 割

等 に よ っ て 異 な る 。 少 し 具 体 的 に 見 て み る こ と に す る 。 事 業 譲 渡 は 会 社 法 上 の 定 義 規 定

は な い が 、 「 事 業 の 全 部 又 は 重 要 な 一 部 の 譲 渡 」 ( 会 社 法 467 条 ) に つ い て は 原 則 と し て

株 主 総 会 の 特 別 決 議 を 要 し 、 労 働 契 約 の 承 継 に 関 し て は 民 法 625 条 に よ り 労 働 者 個 人 の

同 意 が 必 要 と な っ て い る ( い わ ゆ る 「 特 定 承 継 」 と い う )。 合 併 は 商 法5の 規 定 に よ り 、 合

併 に よ る 存 続 会 社 が 消 滅 会 社 の 権 利 義 務 の 全 部 を 包 括 的 に 承 継 す る こ と に な る 。 そ の た

め 、 存 続 会 社 が 消 滅 会 社 の 労 働 者 の 労 働 契 約 も 包 括 的 に 承 継 す る こ と に な り 、 そ れ に 伴

う 労 働 者 の 同 意 は 不 要 と な っ て い る( い わ ゆ る 「 包 括 承 継 」 )。会 社 分 割 の 場 合 、会 社 法 に

よ り 、 分 割 会 社 が そ の 事 業 に 関 し て 有 す る 権 利 義 務 の 全 部 又 は 一 部 を 承 継 会 社 ( 吸 収 分

割 ま た は 新 設 分 割 の 承 継 会 社 ) に 承 継 さ せ る こ と が で き る 。 そ し て 、 分 割 契 約 等 の 定 め

に 従 い 包 括 的 に 承 継 さ せ る こ と が で き る 。ま た 労 働 契 約 の 承 継 は 、承 継 さ れ る 事 業 に 「 主

と し て 従 事 し て い る か 、し て い な い か 」 に よ っ て も 異 な る 。前 者 の 場 合 、承 継 に 対 す る 異

議 申 出 権 が な い が 、後 者 の 場 合 、異 議 申 出 権 が あ る( い わ ゆ る 「 部 分 的 包 括 承 継 」 )。な お 、

会 社 分 割 に 対 応 す る 労 働 契 約 の 承 継 に 関 し 労 働 者 の 保 護 を 図 る こ と を 目 的 に 2000 年 に

制 定 さ れ た の が 労 働 契 約 承 継 法 で あ る 。

こ の よ う に 、再 編 の 形 態 に よ っ て 法 的 対 応 が 異 な る 。こ こ で は 、対 応 す る 法 律 が 「 労 働

契 約 承 継 法 」 お よ び 商 法 等 改 正 法 附 則 第 5 条6で あ り 、 労 働 契 約 の 承 継 に 関 す る 手 続 き の

流 れ に お い て 株 主 総 会 の 承 認 を 要 さ な い 会 社 分 割 ( 簡 易 分 割 等 ) を 見 て み よ う 。 分 割 会

社 は 、 分 割 の 効 力 発 生 日 の 少 な く と も2 か 月 前 に 分 割 契 約 を 締 結 す る7。た だ し 、① 分 割

契 約 の 締 結 の 前 に 、 分 割 の 背 景 ・ 理 由 、 主 従 事 労 働 者 か 否 か の 判 断 基 準 等 に つ い て 、 分

割 会 社 に あ る 過 半 数 組 合 ( そ れ が な け れ ば 従 業 員 の 過 半 数 を 代 表 す る 者 ) と 協 議 し て 理

解 と 協 力 を 得 る ( 「7条 措 置 」 )。 と 同 時 に 、 労 働 契 約 の 債 務 的 部 分 の 承 継 に 関 す る 労 使 の

同 意 を 得 る 。 ② 労 働 承 継 対 象 の 労 働 者 個 人 と 、 分 割 後 の 勤 め 先 企 業 の 概 要 や 主 従 事 労 働

者 か 否 か の 考 え 方 等 に つ い て 協 議 す る ( 商 法 等 改 正 法 附 則 「5条 協 議 」 )。 ③ 承 継 さ れ る 事

業 の 概 要 、 分 割 効 力 発 生 日 、 労 働 契 約 の 承 継 の 有 無 、 労 働 条 件 の 承 継 等 を 記 載 し た 通 知

を 労 働 組 合 お よ び 該 当 労 働 者 に 行 う(「2条 通 知 」)。通 知 は 、分 割 契 約 の 締 結 か ら 起 算 し て

5 商 法 第 103 条 「 合 併 後 存 続 ス ル 会 社 又 ハ 合 併 ニ 因 リ テ 設 立 シ タ ル 会 社 ハ 合 併 ニ 因 リ テ 消 滅 シ タ ル 会 社 ノ 権 利 義 務 ヲ 承 継 ス 。 」

6 会 社 分 割 制 度 が 2000年 の 商 法 等 改 正 に よ り 創 設 さ れ た 際 、 会 社 分 割 を 行 う 際 「 会 社 は 労 働 者 と の 協 議 を し な け れ ば な ら な い 」 、 と す る 規 定 が 商 法 等 改 正 法 附 則 に 併 せ て 設 け ら れ た 。

(13)

4

2週 間 を 経 過 す る 日 ま で に な さ れ る 。④ 通 知 日 か ら 少 な く と も 13日 間 の 異 議 申 出 期 間 を

設 け る 。 主 従 事 労 働 者 は 不 承 継 に 、 従 従 事 労 働 者 は 承 継 に 異 議 申 出 を す る と 、 労 働 契 約

の 承 継 ・ 不 承 継 が 覆 る 。 そ れ が な け れ ば 、 分 割 効 力 発 生 日 に 、 分 割 契 約 に 含 ま れ て い る

労 働 者 の 労 働 契 約 は 承 継 会 社 に 承 継 さ れ る 。

労 働 契 約 の 承 継 に 関 す る 手 続 き が 実 際 ど の よ う に 行 わ れ 、 ま た 、 手 続 き ( 労 働 者 の 理

解 と 協 力 、 労 働 者 と の 協 議 、 労 働 条 件 の 承 継 等 ) の 内 容 が ど う い う も の で あ る か を 明 ら

か に す る に は 、 既 存 の ア ン ケ ー ト 調 査 で は 限 界 が あ り 、 個 別 の 事 例 を 調 査 す る 必 要 が あ

る 。

厚 生 労 働 省 で は 、労 働 契 約 承 継 法 の 制 定 か ら 10年 余 り が 経 過 し 、ま た 、そ の 間 、組 織

の 変 動 に 伴 い 労 働 関 係 を め ぐ る 裁 判 例 も 蓄 積 さ れ て い る 状 況 を ふ ま え 、 企 業 組 織 再 編 に

伴 う 労 働 関 係 に つ い て 諸 課 題 を 整 理 し 、 新 た な 対 応 を 行 う 必 要 性 に つ い て 検 討 す る こ と

に し た 。そ の 一 環 と し て 、厚 生 労 働 省 は 、平 成 28年 に「 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関

す る 対 応 方 策 検 討 会 」 を 開 催 し 、 報 告 書 を と り ま と め 、 報 告 書 で 提 言 さ れ た 内 容 等 を 踏

ま え て 、 承 継 法 施 行 規 則 や 承 継 法 指 針 の 改 正 及 び 事 業 譲 渡 等 指 針 の 策 定 を 行 っ た と こ ろ

で あ る ( 平 成 28年 9月 1日 施 行 ・ 適 用 ) 。

本 調 査 ・ 研 究 は 、 ア ン ケ ー ト 調 査 で は 明 ら か に す る こ と が 難 し い 企 業 組 織 再 編 の プ ロ

セ ス 、 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 関 係 の 展 開 等 に つ い て 、 個 別 企 業 の 労 使 へ の ヒ ア リ ン グ 調 査

を 行 い 、 厚 生 労 働 省 の 検 討 に 資 す る こ と を 目 的 と す る も の で あ る8。

8 ヒ ア リ ン グ 調 査 の 一 部 は 、既 に 厚 生 労 働 省 の 検 討 会( 「 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 検 討 会 」 )の2016年3月18日 の 会 議 で 発 表 さ れ た 。そ の 結 果 、そ の 内 容 が 同 検 討 会 の 報 告 書 や 指 針 等 に 反 映 さ れ た 。 な お 、 同 報 告 書 や 指 針 等 は 厚 生 労 働 省 ホ ー ム ペ ー ジ の 次 の サ イ ト で 閲 覧 す る こ と が で き る (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudouseisaku.html?tid=324511)。

ま た 、 本 報 告 書 の 巻 末 に 付 録 と し て 掲 載 さ れ て あ る 。

2

研 究 の 方 法

本 研 究 は 、 研 究 方 法 と し て 個 別 企 業 の 労 使 に 対 す る ヒ ア リ ン グ 調 査 を 用 い た 。 ヒ ア リ

ン グ 調 査 へ の 協 力 企 業 ・ 労 働 組 合 を 確 保 す る の は 非 常 に 困 難 で あ る 。 そ の た め に 、 ま ず

労 使 の 団 体 に 、 企 業 組 織 再 編 を 行 っ た 企 業 ・ 労 働 組 合 の 紹 介 を お 願 い す る こ と に し た 。

代 表 的 な 団 体 は 次 の と お り で あ る 。 使 用 者 団 体 と し て は 日 本 経 団 連 、 中 小 企 業 家 同 友 会

全 国 協 議 会 ( 中 同 協 )、 労 働 団 体 と し て は 電 機 連 合 、 、 生 保 労 連 、 損 保 労 連 で あ る 。

そ れ ぞ れ の 団 体 か ら 社 ・ 組 合 ~ 社 ・ 組 合 を ご 紹 介 頂 い た 。 そ の 他 、 個 人 的 な 繋 が り

の あ る 労 働 組 合 お よ び 知 人 を も 調 査 の 対 象 と し た 。 ご 紹 介 頂 い た 団 体 の 関 係 者 に こ の 場

を 借 り て 感 謝 申 し 上 げ る 1 0

以 上 の 団 体 等 の 紹 介 に よ り 調 査 を 行 っ た 先 は [ 図 表 - - ] の 通 り で あ る 。 こ れ ら 調 査

先 は 、 企 業 規 模 と し て は 大 企 業 か ら 中 小 企 業 ま で 、 ま た 、 産 業 ・ 業 種 も 製 造 業 か ら サ ー

ビ ス 業 ま で 網 羅 す る よ う に 選 定 し た 。

調 査 期 間 は 、 年 月 か ら 年 月 ま で で あ る 。 調 査 先 に よ っ て は 、 当 該 企

業 の 労 使 が 別 の 日 に そ れ ぞ れ 対 応 し た と こ ろ も あ れ ば 、 同 じ 日 に 同 席 し て 対 応 し て 頂 い

た と こ ろ も あ る 。 ま た 、 企 業 ま た は 労 働 組 合 の 一 方 の み が 対 応 し た と こ ろ も あ る 。 そ の

場 合 、 当 該 企 業 に 労 働 組 合 が な い こ と も あ る 。 労 使 双 方 か ら ヒ ア リ ン グ を 得 ら れ る こ と

が 望 ま し い が 、 調 査 す る 側 の マ ン パ ワ ー や 時 間 の 都 合 等 に よ り 、 そ う す る こ と が で き な

か っ た 。

調 査 の 方 法 は 半 構 造 化 面 接 を 採 択 し た 。 事 前 に 質 問 項 目 ( [ 参 考 資 料 ( ペ ー ジ )

ま た は ( ペ ー ジ ) ] ) を 送 り 、 ヒ ア リ ン グ 調 査 日 に 関 連 す る お 話 を し て 頂 い た 。 調

査 先 に よ っ て 質 問 項 目 に 関 連 す る 内 容 に 大 き な 違 い が あ る た め 、 質 問 項 目 に そ っ て 機 械

的 に 質 問 す る よ り は 、重 要 だ と 考 え る と こ ろ に 焦 点 を あ わ せ て 集 中 的 に お 話 し て 頂 い た 。

ま た 、 可 能 な 限 り 関 連 資 料 の 提 供 を お 願 い し た が 、 事 例 に よ っ て ば ら つ き が あ る 。 こ う

し た 諸 事 情 の た め 、 ヒ ア リ ン グ の 内 容 は 調 査 先 に よ っ て 大 き く 異 な っ て い る 。

今 回 、 全 調 査 先 の 中 で 7 事 例 の み を 執 筆 す る こ と に な っ た 。 マ ン パ ワ ー や 時 間 的 制 約

の 中 で そ の よ う に な っ た が 、 ご 協 力 頂 い た の に 執 筆 で き な か っ た 調 査 先 の 協 力 者 に は 心

よ り お 詫 び 申 し 上 げ る 。 別 の 機 会 に 活 用 さ せ て 頂 く こ と に し た い 。 執 筆 し た 7 事 例 は 主

に 会 社 分 割 の 事 例 で あ る が 、 そ れ は 労 働 契 約 承 継 法 の 実 行 内 容 を 検 証 す る こ と が 優 先 的

な 課 題 と 考 え た 結 果 で あ る 。

こ の 報 告 書 で は 、 「 組 織 再 編 」 と 「 組 織 変 動 」 は 同 義 語 で あ る 。 会 社 ・ 組 合 に よ っ て 使 わ れ る 用 語 が 違 う の で 、 で き る だ け 、 当 該 の 会 社 ・ 組 合 が 使 っ た も の を 重 視 す る こ と に す る 。

(14)

週 間 を 経 過 す る 日 ま で に な さ れ る 。④ 通 知 日 か ら 少 な く と も 日 間 の 異 議 申 出 期 間 を

設 け る 。 主 従 事 労 働 者 は 不 承 継 に 、 従 従 事 労 働 者 は 承 継 に 異 議 申 出 を す る と 、 労 働 契 約

の 承 継 ・ 不 承 継 が 覆 る 。 そ れ が な け れ ば 、 分 割 効 力 発 生 日 に 、 分 割 契 約 に 含 ま れ て い る

労 働 者 の 労 働 契 約 は 承 継 会 社 に 承 継 さ れ る 。

労 働 契 約 の 承 継 に 関 す る 手 続 き が 実 際 ど の よ う に 行 わ れ 、 ま た 、 手 続 き ( 労 働 者 の 理

解 と 協 力 、 労 働 者 と の 協 議 、 労 働 条 件 の 承 継 等 ) の 内 容 が ど う い う も の で あ る か を 明 ら

か に す る に は 、 既 存 の ア ン ケ ー ト 調 査 で は 限 界 が あ り 、 個 別 の 事 例 を 調 査 す る 必 要 が あ

る 。

厚 生 労 働 省 で は 、労 働 契 約 承 継 法 の 制 定 か ら 年 余 り が 経 過 し 、ま た 、そ の 間 、組 織

の 変 動 に 伴 い 労 働 関 係 を め ぐ る 裁 判 例 も 蓄 積 さ れ て い る 状 況 を ふ ま え 、 企 業 組 織 再 編 に

伴 う 労 働 関 係 に つ い て 諸 課 題 を 整 理 し 、 新 た な 対 応 を 行 う 必 要 性 に つ い て 検 討 す る こ と

に し た 。そ の 一 環 と し て 、厚 生 労 働 省 は 、平 成 年 に「 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関

す る 対 応 方 策 検 討 会 」 を 開 催 し 、 報 告 書 を と り ま と め 、 報 告 書 で 提 言 さ れ た 内 容 等 を 踏

ま え て 、 承 継 法 施 行 規 則 や 承 継 法 指 針 の 改 正 及 び 事 業 譲 渡 等 指 針 の 策 定 を 行 っ た と こ ろ

で あ る ( 平 成 年 月 日 施 行 ・ 適 用 ) 。

本 調 査 ・ 研 究 は 、 ア ン ケ ー ト 調 査 で は 明 ら か に す る こ と が 難 し い 企 業 組 織 再 編 の プ ロ

セ ス 、 再 編 を 取 り 巻 く 労 使 関 係 の 展 開 等 に つ い て 、 個 別 企 業 の 労 使 へ の ヒ ア リ ン グ 調 査

を 行 い 、 厚 生 労 働 省 の 検 討 に 資 す る こ と を 目 的 と す る も の で あ る 。

ヒ ア リ ン グ 調 査 の 一 部 は 、既 に 厚 生 労 働 省 の 検 討 会( 「 組 織 の 変 動 に 伴 う 労 働 関 係 に 関 す る 対 応 方 策 検 討 会 」 )の 年 月 日 の 会 議 で 発 表 さ れ た 。そ の 結 果 、そ の 内 容 が 同 検 討 会 の 報 告 書 や 指 針 等 に 反 映 さ れ た 。 な お 、 同 報 告 書 や 指 針 等 は 厚 生 労 働 省 ホ ー ム ペ ー ジ の 次 の サ イ ト で 閲 覧 す る こ と が で き る

( )。

ま た 、 本 報 告 書 の 巻 末 に 付 録 と し て 掲 載 さ れ て あ る 。

5

2

研 究 の 方 法

本 研 究 は 、 研 究 方 法 と し て 個 別 企 業 の 労 使 に 対 す る ヒ ア リ ン グ 調 査 を 用 い た 。 ヒ ア リ

ン グ 調 査 へ の 協 力 企 業 ・ 労 働 組 合 を 確 保 す る の は 非 常 に 困 難 で あ る 。 そ の た め に 、 ま ず

労 使 の 団 体 に 、 企 業 組 織 再 編9を 行 っ た 企 業 ・ 労 働 組 合 の 紹 介 を お 願 い す る こ と に し た 。

代 表 的 な 団 体 は 次 の と お り で あ る 。 使 用 者 団 体 と し て は 日 本 経 団 連 、 中 小 企 業 家 同 友 会

全 国 協 議 会 ( 中 同 協 )、 労 働 団 体 と し て は 電 機 連 合 、JAM、 生 保 労 連 、 損 保 労 連 で あ る 。

そ れ ぞ れ の 団 体 か ら 1 社 ・ 組 合 ~3 社 ・ 組 合 を ご 紹 介 頂 い た 。 そ の 他 、 個 人 的 な 繋 が り

の あ る 労 働 組 合 お よ び 知 人 を も 調 査 の 対 象 と し た 。 ご 紹 介 頂 い た 団 体 の 関 係 者 に こ の 場

を 借 り て 感 謝 申 し 上 げ る 1 0

以 上 の 団 体 等 の 紹 介 に よ り 調 査 を 行 っ た 先 は [ 図 表 1-2-1] の 通 り で あ る 。 こ れ ら 調 査

先 は 、 企 業 規 模 と し て は 大 企 業 か ら 中 小 企 業 ま で 、 ま た 、 産 業 ・ 業 種 も 製 造 業 か ら サ ー

ビ ス 業 ま で 網 羅 す る よ う に 選 定 し た 。

調 査 期 間 は 、2015 年 10 月 か ら 2016 年 4 月 ま で で あ る 。 調 査 先 に よ っ て は 、 当 該 企

業 の 労 使 が 別 の 日 に そ れ ぞ れ 対 応 し た と こ ろ も あ れ ば 、 同 じ 日 に 同 席 し て 対 応 し て 頂 い

た と こ ろ も あ る 。 ま た 、 企 業 ま た は 労 働 組 合 の 一 方 の み が 対 応 し た と こ ろ も あ る 。 そ の

場 合 、 当 該 企 業 に 労 働 組 合 が な い こ と も あ る 。 労 使 双 方 か ら ヒ ア リ ン グ を 得 ら れ る こ と

が 望 ま し い が 、 調 査 す る 側 の マ ン パ ワ ー や 時 間 の 都 合 等 に よ り 、 そ う す る こ と が で き な

か っ た 。

調 査 の 方 法 は 半 構 造 化 面 接 を 採 択 し た 。 事 前 に 質 問 項 目 ( [ 参 考 資 料1(150ペ ー ジ )

ま た は 2(151ペ ー ジ ) ] ) を 送 り 、 ヒ ア リ ン グ 調 査 日 に 関 連 す る お 話 を し て 頂 い た 。 調

査 先 に よ っ て 質 問 項 目 に 関 連 す る 内 容 に 大 き な 違 い が あ る た め 、 質 問 項 目 に そ っ て 機 械

的 に 質 問 す る よ り は 、重 要 だ と 考 え る と こ ろ に 焦 点 を あ わ せ て 集 中 的 に お 話 し て 頂 い た 。

ま た 、 可 能 な 限 り 関 連 資 料 の 提 供 を お 願 い し た が 、 事 例 に よ っ て ば ら つ き が あ る 。 こ う

し た 諸 事 情 の た め 、 ヒ ア リ ン グ の 内 容 は 調 査 先 に よ っ て 大 き く 異 な っ て い る 。

今 回 、 全 調 査 先 の 中 で 7 事 例 の み を 執 筆 す る こ と に な っ た 。 マ ン パ ワ ー や 時 間 的 制 約

の 中 で そ の よ う に な っ た が 、 ご 協 力 頂 い た の に 執 筆 で き な か っ た 調 査 先 の 協 力 者 に は 心

よ り お 詫 び 申 し 上 げ る 。 別 の 機 会 に 活 用 さ せ て 頂 く こ と に し た い 。 執 筆 し た 7 事 例 は 主

に 会 社 分 割 の 事 例 で あ る が 、 そ れ は 労 働 契 約 承 継 法 の 実 行 内 容 を 検 証 す る こ と が 優 先 的

な 課 題 と 考 え た 結 果 で あ る 。 9

こ の 報 告 書 で は 、 「 組 織 再 編 」 と 「 組 織 変 動 」 は 同 義 語 で あ る 。 会 社 ・ 組 合 に よ っ て 使 わ れ る 用 語 が 違 う の で 、 で き る だ け 、 当 該 の 会 社 ・ 組 合 が 使 っ た も の を 重 視 す る こ と に す る 。

10

(15)

6

今 回 の ヒ ア リ ン グ 調 査 は 、 企 業 と 労 働 組 合 に 対 す る ア ン ケ ー ト 調 査 と あ わ せ て 実 施 さ

れ た 。同 ア ン ケ ー ト 調 査 の 結 果 は 、『 組 織 変 動 に 伴 う 労 使 関 係 上 の 諸 問 題 に 関 す る 調 査 ―

企 業 ア ン ケ ー ト 調 査 ・ 労 働 組 合 ア ン ケ ー ト 調 査 編 ― 』JILPT 調 査 シ リ ー ズ No.163 と し

て 既 刊 さ れ て い る 。

[ 図 表1 - 2 - 1 ] ヒ ア リ ン グ 先 の 業 種 、 従 業 員 数 、 組 合 有 無 、 組 織 再 編 形 態 等

N o

ヒ ア リ ン グ 先

業 種 従 業 員 数 組 合 員 数

組 織 再 編 形 態

対 応 者 ヒ ア リ ン グ 日

1

Nユ ニ オ ン 同 ユ ニ オ ン の 組 合 員

再 編 先 : 製 薬 会 社 ( 外 資 系 )

約2 2 0名 ( 再 編 先 )

約5 0人 事 業 譲 渡

委 員 長 、 書 記 長 M氏

2 0 1 5 . 1 0 . 9 ( 1 回 目 ) 2 0 1 5 . 1 0 . 1 3( 2 回 目 )

2 労 働 組 合

半 導 体 の 製 造 、試 験 サ ー ビ ス

8 5 0名 約7 5 0人 分 割 委 員 長 2 0 1 5 . 1 0 . 2 9

3 労 働 組 合 通 信 サ ー ビ ス

2万2 0 0 0 名

約4千 人 合 併 委 員 長 ら6人 2 0 1 5 . 1 0 . 3 0

4

労 働 組 合 連 合 会

各 種 半 導 体 に 関 す る 研 究 、開 発 、設 計 、 製 造 、販 売 お よ び サ ー ビ ス

約2万 1 1 0 0名 ( 連 結 )

約1万 人

分 割 ・ 合 併

会 長 2 0 1 5 . 1 1 . 4

5

労 働 組 合 連 合 会

情 報・通 信 シ ス テ ム 等 の 製 造

3 3万 3 1 5 0名 ( 連 結 )

約2万9 千 人

分 割

事 務 局 長 、中 央 執 行 委 員

2 0 1 5 . 1 1 . 2 4

6

労 働 組 合 支 部

半 導 体 後 工 程 受 託 ( 外 資 系 )

約7 2 0名 約6 7 0人 事 業 譲 渡

支 部 委 員 長 、書 記 長

2 0 1 5 . 1 1 . 2 6( 1 回 目 ) 2 0 1 6 . 1 . 2 6 ( 2 回 目 )

7

労 働 組 合 子 会 社 労 働 組 合

制 御 シ ス テ ム 等 の 製 造 ・ サ ー ビ ス

1万9 6 0 1 名( 連 結 )

約1 9 0 0 人

分 割 ・ 合 併

委 員 長 委 員 長

委 員 長 、副 委 員 長

2 0 1 5 . 1 1 . 2 7 2 0 1 6 . 1 . 1 9 2 0 1 6 . 2 . 9

8

会 社 ・ 労 働 組 合

自 動 車 関 連 機 器 製 造

3 7 0 0名 約3千 人 分 割

人 事 部 ス タ ッ フ 組 合 書 記 長 、副 委 員 長

2 0 1 5 . 1 2 . 2

9 会 社

情 報 シ ス テ ム の サ ー ビ ス 、ソ フ ト ウ ェ ア 、 ハ ー ド ウ ェ ア 、 フ ァ イ ナ ン シ ン グ の 提 供 ( 外 資 系 )

不 明 不 明

分 割 ・ 譲 渡

人 事 労 務 部 長 2 0 1 6 . 1 . 1 3

1 0 労 働 組 合

ウ ェ ハ ー フ ァ ウ ン ド リ サ ー ビ ス 事 業 お よ び 、ウ ェ ハ ー 試 験 サ ー ビ ス 事 業 の 運 営 を 統 括

約6 0 0名 約6 0 0名 分 社 化 委 員 長 2 0 1 6 . 1 . 1 5

1 1 会 社 労 働 組 合

電 気 機 器 製 造

1万3 1 7 0 名( 連 結 )

4 0 0 0人 分 割

労 政 グ ル ー プ 総 括 課 長 ら3人 委 員 長 、 書 記 長

2 0 1 6 . 1 . 1 9 2 0 1 6 . 2 . 1 6

1 2 会 社 労 働 組 合

エ ネ ル ギ ー ・ 環 境 、 機 械 ・ 設 備 シ ス テ ム 、交 通・輸 送 、防 衛 ・ 宇 宙

8万1 8 4 5 名( 連 結 )

約3万 人 分 割

人 事 労 政 部 次 長 ら2人

書 記 長

2 0 1 6 . 1 . 2 0 2 0 1 6 . 4 . 1 3

1 3 会 社

建 築 物 の 改 修 工 事・新 築 工 事 に 関 わ る 施 工 管 理

3 8名 な し 分 社 化 代 表 取 締 役 2 0 1 6 . 2 . 9

1 4 会 社

水 処 理 施 設 維 持 管 理 な ど

4 0 2名 な し 分 社 化 会 長 、 総 務 部 長 2 0 1 6 . 2 . 1 7

1 5 会 社

企 業 の 基 幹 シ ス テ ム の 設 計 開 発 お よ び シ ス テ ム 運 用 コ ン サ ル テ ィ ン グ な ど

1 1名( グ ル ー プ 計 2 2 0名 余 )

な し 分 社 化 顧 問 2 0 1 6 . 2 . 1 8

1 6 労 働 組 合

各 種 コ ン ベ ヤ お よ び そ の 付 帯 設 備 の 設 計 、 製 作 、 販 売 、 並 び に 関 連 工 事 の 施 工

1 1 0名 約1 0 0人

資 本 業 務 提 携

委 員 長 、 書 記 長 2 0 1 6 . 2 . 1 9

(16)

今 回 の ヒ ア リ ン グ 調 査 は 、 企 業 と 労 働 組 合 に 対 す る ア ン ケ ー ト 調 査 と あ わ せ て 実 施 さ

れ た 。同 ア ン ケ ー ト 調 査 の 結 果 は 、『 組 織 変 動 に 伴 う 労 使 関 係 上 の 諸 問 題 に 関 す る 調 査 ―

企 業 ア ン ケ ー ト 調 査 ・ 労 働 組 合 ア ン ケ ー ト 調 査 編 ― 』 調 査 シ リ ー ズ と し

て 既 刊 さ れ て い る 。

[ 図 表 1 - 2 - 1 ] ヒ ア リ ン グ 先 の 業 種 、 従 業 員 数 、 組 合 有 無 、 組 織 再 編 形 態 等

N o

ヒ ア リ ン グ 先

業 種 従 業 員 数 組 合 員 数

組 織 再 編 形 態

対 応 者 ヒ ア リ ン グ 日

1

Nユ ニ オ ン 同 ユ ニ オ ン の 組 合 員

再 編 先 : 製 薬 会 社 ( 外 資 系 )

約2 2 0名 ( 再 編 先 )

約5 0人 事 業 譲 渡

委 員 長 、 書 記 長 M氏

2 0 1 5 . 1 0 . 9 ( 1 回 目 ) 2 0 1 5 . 1 0 . 1 3( 2 回 目 )

2 労 働 組 合

半 導 体 の 製 造 、試 験 サ ー ビ ス

8 5 0名 約7 5 0人 分 割 委 員 長 2 0 1 5 . 1 0 . 2 9

3 労 働 組 合 通 信 サ ー ビ ス

2万2 0 0 0 名

約4千 人 合 併 委 員 長 ら6人 2 0 1 5 . 1 0 . 3 0

4

労 働 組 合 連 合 会

各 種 半 導 体 に 関 す る 研 究 、開 発 、設 計 、 製 造 、販 売 お よ び サ ー ビ ス

約2万 1 1 0 0名 ( 連 結 )

約1万 人

分 割 ・ 合 併

会 長 2 0 1 5 . 1 1 . 4

5

労 働 組 合 連 合 会

情 報・通 信 シ ス テ ム 等 の 製 造

3 3万 3 1 5 0名 ( 連 結 )

約2万9 千 人

分 割

事 務 局 長 、中 央 執 行 委 員

2 0 1 5 . 1 1 . 2 4

6

労 働 組 合 支 部

半 導 体 後 工 程 受 託 ( 外 資 系 )

約7 2 0名 約6 7 0人 事 業 譲 渡

支 部 委 員 長 、書 記 長

2 0 1 5 . 1 1 . 2 6( 1 回 目 ) 2 0 1 6 . 1 . 2 6 ( 2 回 目 )

7

労 働 組 合 子 会 社 労 働 組 合

制 御 シ ス テ ム 等 の 製 造 ・ サ ー ビ ス

1万9 6 0 1 名( 連 結 )

約1 9 0 0 人

分 割 ・ 合 併

委 員 長 委 員 長

委 員 長 、副 委 員 長

2 0 1 5 . 1 1 . 2 7 2 0 1 6 . 1 . 1 9 2 0 1 6 . 2 . 9

8

会 社 ・ 労 働 組 合

自 動 車 関 連 機 器 製 造

3 7 0 0名 約3千 人 分 割

人 事 部 ス タ ッ フ 組 合 書 記 長 、副 委 員 長

2 0 1 5 . 1 2 . 2

7 9 会 社

情 報 シ ス テ ム の サ ー ビ ス 、ソ フ ト ウ ェ ア 、 ハ ー ド ウ ェ ア 、 フ ァ イ ナ ン シ ン グ の 提 供 ( 外 資 系 )

不 明 不 明

分 割 ・ 譲 渡

人 事 労 務 部 長 2 0 1 6 . 1 . 1 3

1 0 労 働 組 合

ウ ェ ハ ー フ ァ ウ ン ド リ サ ー ビ ス 事 業 お よ び 、ウ ェ ハ ー 試 験 サ ー ビ ス 事 業 の 運 営 を 統 括

約6 0 0名 約6 0 0名 分 社 化 委 員 長 2 0 1 6 . 1 . 1 5

1 1 会 社 労 働 組 合

電 気 機 器 製 造

1万3 1 7 0 名( 連 結 )

4 0 0 0人 分 割

労 政 グ ル ー プ 総 括 課 長 ら3人 委 員 長 、 書 記 長

2 0 1 6 . 1 . 1 9 2 0 1 6 . 2 . 1 6

1 2 会 社 労 働 組 合

エ ネ ル ギ ー ・ 環 境 、 機 械 ・ 設 備 シ ス テ ム 、交 通・輸 送 、防 衛 ・ 宇 宙

8万1 8 4 5 名( 連 結 )

約3万 人 分 割

人 事 労 政 部 次 長 ら2人 書 記 長

2 0 1 6 . 1 . 2 0 2 0 1 6 . 4 . 1 3

1 3 会 社

建 築 物 の 改 修 工 事・新 築 工 事 に 関 わ る 施 工 管 理

3 8名 な し 分 社 化 代 表 取 締 役 2 0 1 6 . 2 . 9

1 4 会 社

水 処 理 施 設 維 持 管 理 な ど

4 0 2名 な し 分 社 化 会 長 、 総 務 部 長 2 0 1 6 . 2 . 1 7

1 5 会 社

企 業 の 基 幹 シ ス テ ム の 設 計 開 発 お よ び シ ス テ ム 運 用 コ ン サ ル テ ィ ン グ な ど

1 1名( グ ル ー プ 計 2 2 0名 余 )

な し 分 社 化 顧 問 2 0 1 6 . 2 . 1 8

1 6 労 働 組 合

各 種 コ ン ベ ヤ お よ び そ の 付 帯 設 備 の 設 計 、 製 作 、 販 売 、 並 び に 関 連 工 事 の 施 工

1 1 0名 約1 0 0人

資 本 業 務 提 携

委 員 長 、 書 記 長 2 0 1 6 . 2 . 1 9

(17)

8 1 8 会 社

温 浴 施 設 の 運 営 お よ び コ ン サ ル テ ィ ン グ 業 な ど

5 4 3名 な し 買 収 代 表 取 締 役 、部 長 2 0 1 6 . 2 . 2 5

1 9 労 働 組 合 保 険 業 ( 外 資 系 )

約1万 3 5 0 0名

約1万2 千 名

合 併 委 員 長 、 書 記 長 2 0 1 6 . 3 . 1

2 0 労 働 組 合 損 害 保 険 業

2万7 1 4 4 名

約1万5 千 人

合 併 委 員 長 2 0 1 6 . 3 . 2 2

2 1 労 働 組 合 損 害 保 険 業

1万4 8 5 9 名

約2万 人 合 併 委 員 長 、副 書 記 長 2 0 1 6 . 3 . 3 0

2 2 労 働 組 合 食 品 製 造 業

約1万7 千 人

(18)

1 8 会 社

温 浴 施 設 の 運 営 お よ び コ ン サ ル テ ィ ン グ 業 な ど

5 4 3名 な し 買 収 代 表 取 締 役 、部 長 2 0 1 6 . 2 . 2 5

1 9 労 働 組 合 保 険 業 ( 外 資 系 )

約1万 3 5 0 0名

約1万2 千 名

合 併 委 員 長 、 書 記 長 2 0 1 6 . 3 . 1

2 0 労 働 組 合 損 害 保 険 業

2万7 1 4 4 名

約1万5 千 人

合 併 委 員 長 2 0 1 6 . 3 . 2 2

2 1 労 働 組 合 損 害 保 険 業

1万4 8 5 9 名

約2万 人 合 併 委 員 長 、副 書 記 長 2 0 1 6 . 3 . 3 0

2 2 労 働 組 合 食 品 製 造 業

約1万7 千 人

約7千 人 分 社 化 前 書 記 長 2 0 1 6 . 4 . 2 6

(19)

9

2

企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係 ( 7

事 例 )

1

A

社 の 企 業 組 織 再 編 と 労 使 関 係

1 1

( 「 A

事 例 」 、 分 割 )

第 1節 会 社 お よ び 労 働 組 合 の 概 要

A社 は 、1915年 に 創 業 し 、制 御 事 業 や 計 測 事 業 等 を 展 開 し て き た 大 手 電 機 メ ー カ ー で

あ る 。2014年 度 売 上 高 4058億 円 、 営 業 利 益 298億 円 を 記 録 し た 。 従 業 員 数 は 2871名

で あ る 。 同 社 は 、2011 年 度 中 期 経 営 計 画 を 策 定 し 、 制 御 事 業 グ ロ ー バ ル No.1 カ ン パ ニ

ー を 中 長 期 目 標 に 掲 げ 、 制 御 事 業 を 中 心 と す る 成 長 戦 略 の 推 進 に よ る 収 益 性 の 向 上 と 財

務 体 質 の 健 全 化 に 取 り 組 み 、 売 上 目 標 の 前 倒 し 達 成 と 営 業 利 益 の 過 去 最 高 値 を 更 新 す る

成 果 を あ げ た 。

同 社 の 連 結 会 計 基 準 の 業 績 を み て み る と 、[ 図 表 2­1­1] の と お り で あ る 。2008 年 の

リ ー マ ン ・ シ ョ ッ ク の 影 響 に よ り 、 翌 年 度 売 上 高 、 営 業 利 益 、 純 利 益 と も 急 減 し た 。 純

利 益 は 2010年 か ら 増 加 に 転 じ た が 、 売 上 高 と 営 業 利 益 は 、2010 年 ま で 減 少 し 、 翌 年 度

か ら 回 復 に 向 か っ た 。

[ 図 表 2 - 1 - 1 ] A社 の 経 営 実 績 の 推 移

出 典 : 同 社 ホ ー ム ペ ー ジ 。

11 同 社 の 事 例 研 究 の た め に 、2015年11月27日 、2016年1月19日 にA社 労 働 組 合 の 委 員 長 に 、 ま た 、

2016年2月9日 に 新 会 社AJP社 労 働 組 合 の 委 員 長 と 書 記 長 に ヒ ア リ ン グ 調 査 を 行 っ た 。 ご 多 忙 の と こ ろ 、 多 く の 資 料 を 交 え て 貴 重 な お 話 を し て く だ さ っ た 諸 氏 に こ の 場 を 借 り て 心 よ り お 礼 を 申 し 上 げ る 。

-500 -400 -300 -200 -100 0 100 200 300 400

0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 4,000 4,500 5,000

2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015

億円 億円

年度

売上高(左目盛) 営業利益(右目盛) 当期純利益(右目盛)

参照

関連したドキュメント

[r]

この問題をふまえ、インド政府は、以下に定める表に記載のように、29 の連邦労働法をまとめて四つ の連邦法、具体的には、①2020 年労使関係法(Industrial

(実 績) ・協力企業との情報共有 8/10安全推進協議会開催:災害事例等の再発防止対策の周知等

4 アパレル 中国 NGO及び 労働組合 労働時間の長さ、賃金、作業場の環境に関して指摘あり 是正措置に合意. 5 鉄鋼 カナダ 労働組合

⑥法律にもとづき労働規律違反者にたいし︑低賃金労働ヘ

②障害児の障害の程度に応じて厚生労働大臣が定める区分 における区分1以上に該当するお子さんで、『行動援護調 査項目』 資料4)

④資産により生ずる所⑮と⑤勤労より生ずる所得と⑮資産勤労の共働より

さらに国際労働基準の設定が具体化したのは1919年第1次大戦直後に労働