血小板減少症を伴う、新規の角化異常症の病因を解明 研究活動 | 研究/産学官連携

Free

0
0
4
1 year ago
Preview
Full text
(1)成 29 血小板減少症 伴う 新規 角化異常症 病因 8月 日 解明 古屋大学医学部附属病院 病院長 石黒 直樹 皮膚科 武市 拓也 けい くや 助教 大学大学院医学系研究科 研究科長 門 健治 皮膚病態学 秋山 真 志 あ やま まさ 教授 St John’s Institute of Dermatology King’s College London Guy’s Hospital John A. McGrath 教授 海道大学大学院薬学研究院 木 原 章雄 あ 教授 研究 角 異常症 道 師様魚鱗癬様 重症魚鱗癬 ま 掌蹠 肛囲 限局 角 症 血小 減少症を伴う新規 症 候群 病因遺伝子 KDSR あ こ を解明 ま 本研究 血小 減少症を伴う道 師様魚鱗癬様 重症魚鱗癬患者 く血小 減少症を伴う掌蹠 肛門周囲 角 異常を め 患者 い 全エ KDSR 遺伝子変異を複合 テロ接 ソ エン 解析を行い 全 患者 KDSR 遺伝子 さ - ヒ ロ フ ン ン還元 合体 定 ま 酵素 セ 新生合成経路 け 重要 酵素 一 定 変異体 い 培養細胞を用い - ヒ ロ フ ン ン還元酵素 活性測定 酵母を 用い 相補試験を行い 患者 持 い 遺伝子変異 - ヒ ロ フ ン ン還元酵素 活性 低下 い こ 分 ま セ 皮膚 最外層 あ 角質層 存在 脂質 一 皮膚 バ 機能 や水分保持機能 重要 役割を持 こ 知 いま 今回 研究成果 セ 新生合成経路 遺伝子変異 皮膚 角 異常 け く 血小 減少 引 起こさ こ 明 ま 本研究 成果 角 異常症 血小 減少症 こ ま 知 い 病態 解明 セ 新生合成経路を標的 新規治療法 開発 期待さ ま 本研究成果 米国 科学雑 Journal of Investigative Dermatology (2017 7 月 31 日付 米国時間 ) 掲載さ ま

(2) 血小板減少症 伴う 新規 角化異常症 ポ ン ○角化異常症 道化師様魚鱗癬様 重症魚鱗癬 ま 血小板減少症 伴う新規 症候群 病因遺伝子 ○KDSR 遺伝子 生合 経路 け 遺伝子変異 ま ○ 研究 果 合 経路 標的 さ 重要 酵素 角化異常 ケ 一 け 掌蹠 KDSR 病因 解明 肛囲 あ 限局 こ 角化症 解明 ま ヒ フ ン ン還元酵素 セ 新 今回 発見 セ 新生合 経路 く 血小板減少 引 起こさ こ 明 角化異常症 血小板減少症 新 新規治療法 開発 期待さ ま 病態 解明 セ 新生 背景 近年 分子生物学技術 歩 魚鱗癬 遺伝性角化異常症 病因遺 伝子 病因分子 続々 明 いま そ 一方 今 遺伝子 定 こ 病気 原因 分 い 診断 治療 渋 い 患者さ くさ い いま 今回 研究 既知 原因遺伝子 変異 い 血 小板減少症 伴う道化師様魚鱗癬様 重症魚鱗癬患者さ く血小板減少症 伴い掌蹠 肛門周囲 角化異常 患者さ い そ 原因 突 止 全エクソ クエン 解析 行いま 皮膚 最外層 置 角層 脂質 多く含 い 皮膚 バ 機能 水分保持 機能 重要 役割 持 こ 知 いま 角質 主 脂質 セ テ ま 伝子 遊 こ 脂肪酸等 形 さ セ 代謝経路 報告さ いま 関わ そ 約 % 様々 遺伝子 セ 変異 研究 果 全エクソ クエン 解析 行 全 患者さ 合ヘテ 接合体 定 ま KDSR 遺伝子 さ ン還元酵素 セ 新生合 経路 け 重要 酵素 採取 皮膚 角層 い 脂質 分分析 対照健常人 含 量 下 ま 次 患者 ケ ヒ 素 担 いま 遺伝性魚鱗癬 こ 原因遺 KDSR 遺伝子変異 複 ケ ヒ フ ン 一 患者さ 角層 比較 セ フ ン ン還元酵 機能 確 定 変異体 い 養細胞 用い ケ ヒ フ ン ン還元酵素 活性測定 酵母 用い 酵素活性 相補試験 行いま そ 結果 患者さ 持 い 遺伝子変異 ケ ヒ フ ン ン 還元酵素 活性 下 い こ 分 ま 今回解析 患者さ KDSR 遺伝子変異 ケ ヒ フ ン ン還元酵素 活性 下 セ 新生合 経路 障害 来 皮膚 角化異常 血小板減少 引 起こさ い こ 示唆さ ま

(3) 今後 セ 展開 皮膚 最外層 水分保持機能 重要 役割 新生合 経路 遺伝子変異 こさ こ 明 病態解明 新展開 セ 用語説明 血小板減少症: 小板 産生 下 血小板数 鼻血 頻度 持 あ 角質層 こ 知 いま 皮膚 角化異常 ま 研究 果 新生合 経路 標的 脂質 一 ABCA12 皮膚 バ 機能 今回 研究 果 セ け く 血小板減少症 引 起 角化異常症 血小板減少症 新規治療法 開発 期待さ ま 梢血液中 血小板数 準値 下 い 破壊 様々 可能性 あ 血小板 主 少 い 怪 時 血 止ま くく 増え 等 症状 見 重症例 脳出血 道化師様魚鱗癬:先天性魚鱗癬 中 全身 皮膚 分厚い角層 覆わ 吸不全等 生後二 間以内 死 質輸送蛋白 あ 知 い 存在 最重症型 臨床症状 呈 深い亀裂 眼瞼外反 例 多い 表皮 層板顆粒 ABCA12 遺伝子 変異 疾患 原因 血 役割 止血作用 内出血 多く 来 こ あ 魚鱗癬 胎生期 伴い 感染症 呼 存在 主要 脂 発症 こ 発表雑 Takuya Takeichi, Antonio Torrelo, John Y. W. Lee, Yusuke Ohno, María Luisa Lozano, Akio Kihara, Lu Liu, Yuka Yasuda, Junko Ishikawa, Takatoshi Murase, Ana Belén Rodrigo, Pablo Fernández-Crehuet, Yoichiro Toi, Jemima Mellerio, José Rivera, Vicente Vicente, David P.

(4) Kelsell, Yutaka Nishimura, Yusuke Okuno, Daiei Kojima, Yasushi Ogawa, Kazumitsu Sugiura, Michael A. Simpson, W. H. Irwin McLean, Masashi Akiyama, John A. McGrath " Biallelic mutations in KDSR disrupt ceramide synthesis and result in a spectrum of keratinization disorders associated with thrombocytopenia " The Journal of Investigative Dermatology (米国時間 2017 年 7 31 日付け 電子版 DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.jid.2017.06.028 English ver. https://www.med.nagoyau.ac.jp/medical_E/research/pdf/Investigative_D_20170804en.pdf 掲載)

(5)

Tags

直径100Mの気球で天体からの硬X線の偏光情報を世界初検出 研究活動 研究/産学官連携