HP Client Security のために Intel Authenticate または有効な Intel Authenticate ポリシーが適用され

In document HP Manageability Integration Kit ホワイトペーパー (Page 119-122)

Authenticate ポリシーが適用されているシステム

HP Client Security(HP MIKサポート付き)がインストールされているすべてのHPシステムでは、

CM_IntelAuthenticatePoliciesのプロパティStateとIsValidPolicyInstalledのWMIクラスはConfiguration Managerハー ドウェアインベントリ拡張機能を介して取得できます。

CM_IntelAuthenticatePoliciesをConfiguration Managerの既定のクライアント設定に追加するには、次の手順を実行 します。

1. Configuration Managerで、[管理]→[クライアント設定]の順に選択します。

2. [デフォルトクライアント設定]を右クリックし、[プロパティ]を選択します。

3. デフォルト設定ウィンドウで、[ハードウェアインベントリ]を選択し、[クラスの設定]を選択します。

4. ハードウェアインベントリクラスウィンドウで、[追加]を選択します。

5. ハードウェアインベントリクラスの追加ウィンドウで[接続]を選択します。

6. HP MIKクライアントがインストールされているHPシステムにConfiguration Managerがインストールさ

れている場合、デフォルトのコンピュータ名(コンソールがあるシステム)をそのまま使用します。

それ以外の場合、HP MIKクライアントがインストールされているシステムの名前を指定してくださ い。

7. WMI名前空間に root\HP\InstrumentedServices\v1 を入力します。

8. [再帰]を選択し、指定したシステムのWMIに接続するためのユーザー名とパスワードを入力します。

9. [CM_IntelAuthenticatePolicies]クラスを追加します。[OK]をクリックしてハードウェアインベントリに追

加します。

10. [OK]をクリックします。再度[OK]をクリックしてすべてのウィンドウを閉じます。

クライアントコンピュータが更新されたコンピュータポリシーをダウンロードしてハードウェアインベントリ サイクルを実行した後、拡張データはConfiguration Managerに報告されます。データはその後、コレクション を作成するために利用可能です。

次の図は、クライアントコンピューターのCM_IntelAuthenticatePolicies WMIクラスを示しています。

© Copyright 2018 HP Development Company, L.P. Systems with HP Sure Start support 120

Figure 58 CM_IntelAuthenticatePolicies WMI Class

次のクエリは、HP Client SecurityのためのIntel Authenticateポリシーを受け取る準備ができているすべてのHPシ ステムを選択します。

select SMS_R_SYSTEM.ResourceID, SMS_R_SYSTEM.ResourceType, SMS_R_SYSTEM.Name,

SMS_R_SYSTEM.SMSUniqueIdentifier, SMS_R_SYSTEM.ResourceDomainORWorkgroup, SMS_R_SYSTEM.Client

© Copyright 2018 HP Development Company, L.P. Systems with HP Sure Start support 121

from SMS_R_System inner join SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM on

SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.ResourceId = SMS_R_System.ResourceId and SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.Manufacturer like 'HP%'

inner join SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies on SMS_R_System.ResourceId =

SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies.ResourceId and SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies.State = 'Active'

システムにIntel Authenticateがインストールされていない場合、StateはNotInstalledを返します。これは、Intel

Authenticateがインストールされていないか、インストールに失敗したことを意味します。 Intel Authenticateを

インストールしてクライアントコンピュータを再起動し、HP Client Securityがステータスの変化を検出できるよ うにします。

同様に、HP Client Securityのための有効なIntel Authenticateポリシーが有効になっているすべてのHPシステムを 選択するためのクエリは次のとおりです。

select SMS_R_SYSTEM.ResourceID, SMS_R_SYSTEM.ResourceType, SMS_R_SYSTEM.Name,

SMS_R_SYSTEM.SMSUniqueIdentifier,

SMS_R_SYSTEM.ResourceDomainORWorkgroup,

SMS_R_SYSTEM.Client from SMS_R_System inner join SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM on

SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.ResourceId = SMS_R_System.ResourceId and SMS_G_System_COMPUTER_SYSTEM.Manufacturer like 'HP%'

inner join SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies on SMS_R_System.ResourceId =

SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies.ResourceId

and SMS_G_System_CM_IntelAuthenticatePolicies.IsValidPolicyInstalled ='True' システムにHP Client Security用の有効なIntel認証ポリシーがない場合、IsValidPolicyInstalledプロパティはFalse を返します。

© Copyright 2018 HP Development Company, L.P. Appendix B—Troubleshooting 122

24 付録 B—トラブルシューティン

In document HP Manageability Integration Kit ホワイトペーパー (Page 119-122)