• 検索結果がありません。

年 3 月

ドキュメント内 平成 (ページ 146-150)

PFI事業推進自治体

平成 16 年 3 月

株式会社 NTT データ経営研究所

アウトソーシング( Outsourcing

コスト削減を目的として、その業務の一部を外部に委託することをいう。

関心表明書( LOI: Letter Of Intent

プロジェクトファイナンスなどでは、詳細な条件が未定の段階で、金融機関が一定の 条件を前提として融資する意思を表明する場合に、事業者に対して LOI を出すこと がある。なお、本行は、 PFI 事業において、 PFI を推進する立場の政策金融機関とし て、そのスタンスを幅広く各入札予定者に知って頂くことを目的に、公共に対して LOI を発出している。

現在価値( PV: Present Value

想定される期間の総費用を現在の価値に換算したもの。この場合に用いられる割引 率は、一定期間の長期金利の推移を基にして設定される。

行政財産

国及び地方公共団体の行政のために用いられる財産で、原則として処分(売却、交 換等)や私権の設定はできない。

業務要求水準書

発注者が事業者に要求するサービスの水準書。 PFI の場合、仕様発注ではなく 性能発注が原則である。

公募型プロポーザル方式

公募により提案書を募集し、あらかじめ示された評価基準に従って優先順位を決め た後、最優先順位の者と契約を締結するもの。随意契約の方法であり、予定価格の 範囲内での契約金額の交渉を行う。

コンセッション( Concession

フランスの地方自治体で古くから採用されてきた民間資金活用によるインフラ整備

が SPC の受け皿となる共同企業体を結成する。

サービス購入型

民間事業者が公共施設を整備・運営し、公共が利用者に代わって公共サービス料 金を支払うことによって、民間事業者が整備費用を回収するもの。

債務負担行為

国、地方公共団体が複数年にわたる債務の履行に関して設定することが多い。国の 債務負担行為の設定限度は従来 5 か年度であったが、 PFI 事業については 30 ヵ年 度まで延長されている。また、地方公共団体には、地方自治法上の期限の定めはな い。なお、債務負担行為の設定には議会の承認を得る必要がある。また、当該年度 の支出額は、歳入歳出予算に計上する必要がある。

実施方針

公共施設の管理者等が PFI 事業を行うにあたって定めなくてはならない特定事業の 選定、民間事業者の選定等に関する方針。

受益者負担型

民間事業者が公共施設を整備・運営し、利用者から徴収する料金収入によって民間 事業者が整備費用を独立採算により回収するもの。

ステップインライト( Step-in Right : 介入権)

債務不履行発生など非常の場合に、プロジェクトに対して貸し手が介入できる権利。

性能発注

発注者が、施工方法、資材などを詳細に規定した設計書及び仕様書等を事業者に 示す発注方法(仕様発注)ではなく、事業者の創意工夫を十分に生かすために、最 終的なサービスの内容・水準を示すことにとどめる発注方法。

折衷型

公共施設と民間施設とを一体的に整備することにより、公共施設整備を単独で実施 するよりも効率が向上するもの。利用者から徴収する料金収入及び補助金等の公 的支援により、民間事業者が整備費用を回収するもの。

総合評価・一般競争入札方式

PFI 事業者の選定方法は、一般競争入札(予定価格の範囲内で、最低価格の入札

者が落札者となる。)が原則であるが、予定価格の範囲内で申し込みをした者のうち、

価格だけではなくその他の条件(維持管理・運営のサービス水準、技術力等)を総合 的に勘案し、落札者を決定するもの。(地方自治法施行令 167 条の 10 の 2 )

総合評価一般競争入札を採用する場合の留意点は次のとおりである。

(1) 落札者を設定するための基準(落札者決定基準)を定めること。

(2) 総合評価一般競争入札の適否及び落札者の決定又は落札者決定基準を定 めようとするときは、 2 名以上の学識経験者の意見を聴かなければならない。

(3) 入札方法は総合評価一般競争入札であること及び落札者決定基準について も公告しなければならない。

多段階選定方式

PFI 事業はプロジェクト期間が長期にわたるため、リスク分担やファイナンス条件を 含め事前に検討すべきことが多い。入札に際して民間事業者の要する作業量やコ スト負担を軽減するためには、一次選定、二次選定などを含む多段階方式を採用し て、最終段階では事業推敲能力のある少数の事業者に絞り込む方法が望ましい。

直接契約( Direct Agreement

直接契約。民間事業者に事業を委託している公共と民間事業者に対する貸し手で ある金融機関との間で直接結ばれる契約。民間事業者の経営が行き詰まった場合、

公共が民間事業者との事業契約を解除する前に、貸し手である金融機関が直接そ の事業に介入する権利( Step-in Right )を与えることによって、事業再建を図る機会 を与えること。また、公共にとっても金融機関の資金供給停止や担保権の実行に際 し、事前に調整する機会を持つことによって急な公共サービスの停止を防ぐことがで きる。

特定事業

PFI として実施することを公共施設の管理者等が決定した事業のこと。実施方針公

表後、当該事業の実施可能性を検討し、民間の資金、経営能力及び技術能力を活

用することにより効率的かつ効果的に実施されると検証された場合に、当該事業を

モニタリング

事業開始後における事業者のサービス提供の水準が要求水準を満たしているか否

かについてチェックを行うこと。モニタリングの結果、要求水準を満たしていないとい

うことになれば、サービス対価の減額等が行われることとなる。

ドキュメント内 平成 (ページ 146-150)

関連したドキュメント