• 検索結果がありません。

2,276人 1,306人 932人 38人 症状受診者数

受診者数 重症 中等症 軽症

2,276人 4人 1,085人 1,187人

受診者数 診療日数 1日平均

3,155人 3人

3,155人 71日 44.4人 科目別受診者数

受診者数 内科 小児科 外科

746人

340千円 その他 52,767千円

1,769人 30人

721人 症状受診者数

受診者数 重症

494人

決算書P127

決算 365,888千円

一般財源 312,781千円

1,239人 1,913人 中等症 軽症

国県支出金

東京ベイ・浦安市川医療センター 順天堂大学医学部附属浦安病院 浦安中央病院

浦安病院 医療機関名

3,155人 1,356人

940人 患者受け入れ数

急病診療事業

当初予算 369,110千円 予算現額 369,110千円

特定財源

内容

成果

内容

成果

内容

成果 受診者数

年末年始状況 内訳)

症状別 内訳)

内容

成果

1,159人 浦安中央病院 1,504人

休日における歯科急病患者の診療に対応するため 歯科医師会と薬剤師会に業務を委託し 日曜・祝日・年末年始の昼間に休日救急歯科診療所を運営しました。

市民を対象に健康・医療・介護・育児・メンタルヘルスに関する電話相談を365日24時間 医 師・保健師・助産師・看護師等の有資格者が相談に応 る専門業者に業務を委託して実施し ました。

救急医療体制の充実を図りスムー な受け入れ体制を確保するために 浦安病院・浦安中央 病院に救急隊や診療時間外の救急患者の受け入れを委託しました。

1日平均

191人

191人 71日 医療機関名

患者受け入れ数

5日 受診者数 診療日数 4.救急診療運営費

5.休日救急歯科診療所運営費 浦安病院

2.7人

71人 107人 受診者数 診療日数 1日平均

62人

13人

12.4人

相談件数 22,633件

受診者数 重症 中等症 軽症

6.急病医療電話相談経費 3.救急医療運営費

3次医療の特殊科目や高度医療を必要とする患者に対してスムー な受け入れが行えるよ う 順天堂大学医学部附属浦安病院に4床 東京ベイ・浦安市川医療センターに3床ベット 確保を行いました。

医療機関名 外来患者受け入れ数 入院患者受け入れ数 順天堂大学医学部附属浦安病院 7,027人 1,571人 東京ベイ・浦安市川医療センター 4,744人 850人

健康福祉部 健康福祉部

所 管

内容

成果

内容

成果

7.周産期救急医療運営費

母体・新生児を対象とした 救急医療体制の充実を目的に 順天堂大学医学部附属浦安病院 周産期医療センターに 母体胎児集中治療室2床と新生児集中治療室2床を 市民優先ベッ トとして確保しました。

事  業  の  内  容  と  成  果

8.災害医療対策事業

災害時に関係機関との連携の下 医療救護活動が 滑に実施 きるよう 災害時に必要な医 療材料の購入 災害医療対策会議の運営 災害医療対策マニュアルの作成を行いました。

作成したマニュアルを庁内 関係機関に配布しました。

新 生 児 集 中 治 療 室 3.(:)

 産科入院患者数

母 体 胎 児 集 中 治 療 室 2切.(:)

23人 407人 13人

所 管

・ こ

国県支出金

一般財源 4,326千円 特定財源

ファミリー・サポート・センター事業 14,012千円

内容

子 もを育てる環境と児童の福祉の向上を図るために 子育ての援助を受けたい方と援助を 行いたい方によって組織するファミリー・サポート・センターの運営を浦安市社会福祉協議 会に委託しました。その委託内容 次のとおり す。

成果

委 託 内 容

事  業  の  内  容  と  成  果

決算書P109

当初予算

決算

8,648千円

。4) 会員相互の交流と会員と非会員の交流

予算現額 12,974千円 12,974千円

198人 2,438人

。1) 会員の募集 登録 管理

。2) 会員の相互援助の調整

。3) 研修及び指導

。5) 関係機関との連絡調整

。6) センターの業務内容の周知・啓発

6,198件 保護者等の買い物等外出の際の援助

保育園・学校等休みの時の援助 会員数 平成29年3月31日現在)

まかせて会員 お がい会員 っちも会員 計 365人 1,875人

86件

その他。習い事への送迎 習い事終了後からの預かり等)

42件 20件 18件 1,621件 保護者等の病気 その他急用の場合の援助

リフレッシュ

2件 26件 内     容

保育園・幼稚園・児童育成クラブ等への送迎及び保育時間前後の預かり

派遣件数 4,020件

68件

合     計 活動内容及び派遣件数

昨年度と比較し 会員数 40人の増加 派遣件数 258件の増加となり 子育ての援助を受け たい方 お がい会員)と 行いたい方 まかせて会員)の相互援助活動により 子育て家 庭の支援を充実させることが きました。

また 特別まかせて会員による新生児・宿泊預かりを行うことが き 利用者の利便性の向 上が図れました。

保護者等の習い事・講習受講 新生児・宿泊等

109件 保護者等の短時間・臨時就労の場合の援助

保護者等の求職活動中の援助

保護者等の冠婚葬祭による外出や他の子 もの学校行事の際の援助

186件

こども部 こども部

所 管

養成講座実施状況

子育て支援員研修実施状況

地域子育て支援コース 利用者支援事業

-地域保育コース

地域型保育 3人

一時預かり事業 22人

ファミリー・サポート・センター 22人

※過年度の不足単位を平成28年度に履修し 認定された者も含む。

コース名 専門科目 28年度修了者

3級 5月13日。金) 7月29日。金) 36名 30名。単位履修者1人含む) 2級 10月7日。金) 12月9日。金) 20名 22名。単位履修者5人含む) 内容

地域の子育て力の向上のため 講義 実習等を通 子育て・家族支援者を養成しました。

集団 の一時保育やファミリー・サポート・センターのまかせて会員等になるための3級講 座のほか 自宅 の新生児 宿泊預かりが きる2級講座と それ れの講座修了者のため のバックアップ研修を実施しました。

また 厚生労働省 子育て支援員研修 を兼 て実施しました。

成果

実施状況 下記のとおり す。3級認定者 市 開催する託児付事業のための保育者や保 育園時間外サポーター また 2級認定者 団体 の子育てサロン活動や新生児 宿泊保 育を行うファミリー・サポート・センターの特別まかせて会員な として それ れ活動に つな ています。

区  分 開講式 認定式 受講者 認定者 ※

一般財源 】,393千円 特定財源

国県支出金 1,338千円

その他 88千円

当初予算 8,833千円

予算現額 8,833千円 決算 8,819千円

】9千円 内容

疾病 出産 看護等の理由 一時的に養育が困難となった家庭の児童や保護が必要な母子等 を施設 養育・保護するため 社会福祉法人に委託をしました。

成果

7世帯10名 延べ70泊と日 り3日の利用がありました。

子育て・家族支援者養成事業 実施計画

決算書P109

予算現額 2,04【千円 決算 1,803千円

一般財源 1,394千円 事  業  の  内  容  と  成  果

子育て短期支援 ショートステイ 事業

決算書P109

当初予算 2,04【千円

特定財源

国県支出金 330千円 その他

成果

子育てケアマネジャーによる相談を 子育て支援センター内の 子育て相談室 及び 庁舎 内の 子育て総合窓口 の2ケ所 実施しました。また 各公民館 実施している ほのぼ のタイム に隔月参加し 相談を受けました。

子育て相談室 集合事務所3階子育て支援センター内

月~金。祝祭日 年末年始及び指定した日を除く) 9時~12時 13時~16時 面談および電話による相談

子育て総合窓口 庁舎2階

月~金。祝祭日 年末年始及び指定した日を除く) 9時~12時 13時~16時 面談による相談

国県支出金

予算現額 985千円

1,814千円 内容

一般財源 5,441千円

740千円 予算現額 8,614千円 決算 7,255千円

成果

子育て相談室・子育て総合窓口の存在が広く浸透し 市民のより ころとなっています。相 談内容をお聞きした上 関係機関と連携を取り 担当機関を案内するワンストップサービス を実施し 相談者の精神的安定を図りました。

相談件数 子育て相談室 293件 子育て総合窓口 55件 計 348件

託児保育者派遣事業

決算書P109

当初予算

託児保育者として登録された子育て・家族支援者養成講座認定者・準認定者を活用して 託 児が必要となる市主催事業に保育者を派遣しました。

決算 1,355千円

予算を集約し 担当課に保育者を派遣すること 事務の効率化が図れました。また 子育 て・家族支援者養成講座認定者・準認定者の方々の活動の場として保育を提供することが きました。

託児保育者登録者数 52名

11課 21事業 託児付事業を実施し 延べ 735時間 235名が活動しました。

内容 こ

子育てパートナー事業

決算書P109

当初予算 8,629千円

特定財源

こども部 こども部

所 管

・ 内容

子育て・家族支援者養成講座認定者を活用して 妊婦と生後6ヵ月ま の親子の交流の場と して 公民館7館 月1回開催しているほのぼのタイムを運営しました。

成果

妊婦 生後6ヵ月ま の親子に交流の場を提供し 月齢の近い保護者たちの仲間づくりに寄 与しました。また 子育て・家族支援者養成講座認定者をほのぼのタイム運営委員及び協力 員として活用し 認定後の活動の場を広 ることが きました。

運営委員 7名 各公民館に1名) 協力員 34名 合計 83回開催し 延べ1,265組が来場しました。

の のタイム運営経費

決算書P109

当初予算 1,821千円

予算現額 1,【30千円 決算 1,【01千円

運営状況 平成28年6月13日~平成29年3月31日)

開所日 延べ保護者数 延べ児童数 平均利用時間 196日 867人 1,030人 48.6分

市役所に以下の用務がある保護者のお子さん 概 生後3カ月以降から就学前ま のお子さん)

 。1)市役所に各種届出や申請の用務がある保護者  。2)市役所 実施する相談窓口に用務がある保護者 成果

新庁舎の開庁とともに運営を開始し 月平均 100人以上のお子さんが利用しています。

託児室にお子さんを預けること 保護者 安心して 気兼 をすることなく 各種手続き や相談をすることが き 好評を得ています。

予算現額 】,553千円 決算 】,2】4千円

内容

内容

事  業  の  内  容  と  成  果

庁舎託児室運営事業

決算書P109

当初予算 8,288千円

各種手続きや相談窓口等へ用件があり 市役所に来庁された方に対して 庁舎内 一時的に お子さんをお預かりする 庁舎託児室 を運営しました。

開 所 時 間 平日 午前8時30分~午後5時

対 象

決算書P109

当初予算 1,050千円

予算現額 1,292千円 決算 1,233千円

乳幼児を連れて外出する際の負担感を減らし 気軽に外出 きる環境を提供するため 公共 施設にあかち んほっとすてーしょん 授乳・おむつ交換が きる場所)を設置しました。

また 基準を満たした施設 公共施設・民間施設)を登録する制度へ移行し 乳幼児を持つ 保護者が安心して外出を楽しめる環境づくりを推進しました。

成果

市役所1階・10階 日の出公民館 運動公園野球場 浦安音楽ホールにあかち んほっとす てーしょんを設置しました。また 平成28年7月より 基準を満たした施設 公共施設・民 間施設)を登録する制度へ移行し 登録施設と箇所数 以下のとおりとなりました。

登録施設・箇所数 平成29年3月31日現在)

あかち ん っとすてーしょん

関連したドキュメント