トップPDF 韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「-을게요運用に関する考察 한국어 교육의 시점에서 본 「-을게요」의 운용에 관한 일고찰 秦 秀美  본 고 에 서 는 한 국 어 교 육 에 서「화 자 의 의 지」나 「청 자 에 대 한 약 속」을 나 타 내 는 표 현 으 로 설 명 되 고 있 는 종 결 어 미「 - 을 게 요」에 대 해 이 두 분 류 의 설 명 만 으 로 는 학습자의 이해를 도모하기 어려운 점이 많음을 지적하고 , 구체적인 상황에서의 쓰임에 주 목 해 고 찰 했 다 . 그 결 과 , 「 -을게요」는 화자의 의지를 청자에게 알리는 데 중요한 의미가 있으며 청자의 상황이나 청자로 부터 얻은 정보에 대한 이해를 바탕으로 결정된 화자의 의지행위라는 점에 그 특징이 있다 . 화자의 의지에는 청자에 대한 충분한 이해가 고려되어 있으므로 화자의 일방적인 결심의 선언이나 경고 , 협박 등에는 쓰일 수 없으며 이러한 운용적인 특징이 약속 , 청자를 위한 제의, 청자의 요구에 대한 승낙 등 커뮤니케이션 기능으로서의 사용과 연관되어 있음을 지적했다 .
さらに見せる

13 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)について  ここで、 をはじめとする CEPE で用いられている教科書、およびスペインで出版さ れ教科書大半が基礎としている、ヨーロッパ共通参照枠について触れておきたい。  ヨーロッパ共同体(EU)諸国では現在、複言語主義をとっている。その背景には多文化、多 言語というヨーロッパ独自土壌がある。複言語主義は、EU 諸国が経済的、政治的統合を目 指すなか、言語ひいては文化までが画一化して地域が備える多様性を失わないように制定され 理念である。EU 諸国ではこの複言語主義にのっとっ外国教育が推進されている。  「エラスムス計画」導入もその例である。これは EU 加盟国間各種人材養成と科学・ 技術分野における人物交流を促進するもので、大学間交流協定等による共同教育プログラム (ICPs:Inter-University Co-operation Programmes)を積み重ねることで「ヨーロッパ大学間 ネットワーク」(European University Network)を構築し、EU 加盟国間学生流動を高めよ うする留学制度である。この事業を通じて EU 経済力と結束強化を達成するため、以下
さらに見せる

14 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 さらに WH 句は疑問素性を得るために移動するではなく疑問素性はないので there 構文に おける虚辞と同様最終的な区全体を形成するため Sabel(2000)意味する WH 虚辞である と主張することによってさらなる確証句定式化を図っ。  第 4 節では SQ 4 タイプをそれぞれ生起位置で範疇ごとに認可する事を可能にし、[+WH] 素性を持つ WH 要素が確証句指定部へと移動する事で [+confi rm] 素性を付与される。このこと で確証を受けるため [+WH] 素性は満たされ複合体(Wh[-WH]-[+confi rm])が形成されるものと し。この複合体は最終的に各句指定部へと移動する事によって WH 虚辞(WHAT)として具 現化される事を主張することで、SQ type1-4まで各例におえる派生過程を提案し。  最後に SQ-type4に関して返答となる that 節など CP 部分さらなる分類分けができるか検証 するためにも住吉(2005)を取り上げ。そこでは返答が疑問文における省略構文となるタイ プと逆に疑問文に対して情報追加機能を持つタイプもの(ゼロによる代用)と、遊離付加詞 となるタイプとに分類分けし本稿 SC 分析へどのような帰結をもたらすかについても考察を することで SQ 分析が今後いかなる展開をすべきかその可能性を検証し
さらに見せる

24 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ということは、何らかの理由があると判断せざるを得ない。次節において再度検討したい。 4 :実施面課題  以上 YouTube を活用し授業プロジェクトについて、実施準備と問題点を中心に概観し てき。全体としてプロジェクト実施に大きな問題はなかっが、予行練習を 2 回実施するな ど十分な準備期間を設けにもかかわらず、Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得など学習者個 人問題が見受けられ。また、プロジェクト内における発音改善について、学習者において も教員においても改善すべき点が明らかとなっ。今後も YouTube を用い発音プロジェク トを授業に取り入れていくことを視野に、本項ではこうした問題防止策などに言及する。  第に Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得について、アナウンス回数よりもアナウンス方法に 気を配るべきであっと考えている。筆者は授業毎に口頭でアナウンスを行うと同時に、授業 支援システムに掲示することで周知徹底を図ってき。しかし、授業支援システムを活用して
さらに見せる

12 さらに読み込む

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

熊谷明泰 (2011/2015) 『アリラン』朝日出版社. 窪園晴夫,太田聡 (1998) 『日英語比較選書10 音韻構造とアクセント』研究社. 河野六郎 (1955/1979) 「朝鮮」『河野六郎著作集』1, 平凡社. 秋美鎬,O Grady, W.,山下佳江 (2008) 『韓国発音ガイド ― 理論と実践』白帝社. 田中伸一 (2005) 『英語学モノグラフシリーズ14 アクセントとリズム』研究社. 前間恭作 (1924/1974) 「龍歌故箋」『前間恭作著作集』下巻, 京都大学国文学会.
さらに見せる

11 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1 .中国初級段階課題 1 − 1  中国初級教育 2) 指導目標  周知ように、初級段階における教育成否が教養中国教育効果に大きい影響を与えてい る。大学における初級段階学習目標については、近年、共通している意見として、基本文法 構造、基本語彙、及び中国発音など習得が挙げられている。この基本文法、基本語彙 具体的な範囲については、瀬戸(1990)が述べているように曖昧なものであるが、初級段階 学習目標が基本文法構造、基本語彙、中国発音であるという点は共通認識を有している。  しかし、いままで、殆ど教育者は中国年間授業時間が少ないため、年間で中国 基礎をすべてを教えることが不可能だと考え、それぞれ初級段階指導目標を主張している。 その代表的なものとしては、立石(1983)は、大学における語学教育は口頭言語教授ではな く、言語について学問に重点を置くべきであると主張し、瀬戸(1990)は、初級段階は口頭 言語教授を中心とするべきだと主張している。他方、宮本(1993)は、文法学習を中心に することを主張している。
さらに見せる

14 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 鷗外翻訳第 1 回が掲載される前日、即ち明治22(1889)年 1 月 2 日に、美妙斎主人作「瑚 蝶」が雑誌『國民友』第37号春季附緑として掲載され。そして作品中には、渡辺省亭女 主人公裸体図が挿入されてあっ。当時、これに関して論争が起っ。そして鷗外も、これ に加わっである。鷗外は 1 月12日、16日、18日と『讀賣新聞』「寄書」欄に「裸で行け や」(鷗外漁史)、「見立てちがひ」(艮崖馨生)、「此刺中には」(艮崖)と題して 3 回意見を述 べている。これに対して他者掲載文は、先ず 1 月11日「書中裸蝴蝶」(刺笑生)、13日「裸 で道中がなるものか」(嘉遯坊)、「ドーデモ裸で……」(K. N 生)、17日「裸蝴蝶に付て」(月 や三五)、「ドクトル柳下恵へ」(巖々法史)、「胡蝶不用心」(冷笑居士)、18日「世世話焼裸 史諸君」(岡焼裸史)、「氣遣ひ玉ふな」(鶯渓翁)、「冥土便り」(美狂生)如く、多く評 者による論争が起こっ。そして遂には、新聞社側が 1 月18日「寄書」欄に、これ以上議論 を長びかせまいと「裸蝴蝶美術説につき議論百出何れも寸鉄人を殺すべき名文確論ながら凝 ては思按に能はずとやら餘りに脳を熱くし筆戦極端決闘論に變症せん事を恐れ今日を限り編 者預りて勝負なしと定めぬ」(編者: 3 )という文を掲載し終結とし。この論争には、鷗外 どんな事にでも真険に対処するという性格的なものもあってか、幾つか文章にはそんな鷗外 を、椰楡嘲弄する文が見受けられる。そしてここで思い出されるが、美妙中裁文にあっ 「殊にいはゆる美術に道徳をあてはめるという偏頗な見識」文章である。もちろんこの論争で 気分を慨して掲載を中断しとは定かには言えないが、その理由 1 つとも考えられよう。ま これ以外に、当時日本演劇界にあっては、美妙も指摘しが、鷗外翻訳が革新的過ぎ 、高尚過ぎと言う評もあっ。なお『音調高洋箏曲』各幕終りである 1 月11日、24 日、 2 月14日には鷗外がドイツで購入しドーム批評が掲載されている。また中断理由を
さらに見せる

14 さらに読み込む

ロシア語学習者の初期動機づけ要因に関する考察:R によるデータ解析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ロシア語学習者の初期動機づけ要因に関する考察:R によるデータ解析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 もし統合的志向性が本来意味,すなわちロシアやロシア話者と同化志向であるならば, それは強い学習動機づけ要因となり,学習成果と関係があるとするならば,当然ポジティブ な関係を有するはずである。ところが我々分析において当初統合的志向性と解釈されてい 因子は学習成果と統計的に有意に,ネガティブな関係を有してい。我々が統合的志向性を念 頭において設定し質問項目と高い相関を示し因子は,実は統合的志向性ではなく,新しい 友だち,新しい学習仲間と関係を求める関係志向性であっと考え方が適切であろう。こ 関係志向性がロシア学習から離れ方向に向いてしまっ結果,学習成果とネガティブな 関係が現れてしまっように思われる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

プロジェクト授業の実践と課題 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

プロジェクト授業の実践と課題 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 前節で紹介しプロジェクト授業を通して、 2 つの大きな問題を指摘することができる。第 は学習者間におけるモチベーション差異、第二は評価困難さである。  第について、グループ内にモチベーション低い学習者がいることはグループ全体学習 効果に影響を及ぼしかねず、教員としてそうした事態は可能な限り避けたいところである。こ れに対して齊藤は、クリスマス・マーケット紹介を実施しクラスにおいてプロジェクト授業 後に学生から改善点を尋ねところ、教員がグループを作っ方がよいと指摘を受け。ま プロジェクト準備過程を可能な限り可視化させ、プロジェクトへ貢献度を評価してほしい という意見も見受けられ。その理由として、まじめに取り組まない学生存在をあげている ものが大半であっ
さらに見せる

12 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ために用い文書が異なっているためである。さまざまな読みやすさ指標数値は異なっ 方法論もとに計測されている。ただし、異なる計測式から得られ数値を参照しながら、分 析対象文書読みやすさを考察することは有効なことと言わなければならない。その際、個々 計測式意味を考慮し、その指標範囲なども考慮することが求められる。実用で使われる 場合には個別利用者にとってはこのような方法論まで考察をし比較は煩雑となるため、単 にいくつか読みやすさ指標値を参照するにとどまることが多くあると思われる。実際、学 年別においては 5 つ程度読みやすさ指標を算出し、その平均をとってより適切な学年を示 すオン・ラインウェブ・サービスもかなりある(e.g. readability-score.com)。このような場 合、個々計測式方法論を抜きにして、結果のみを加減しているわけであり、その信頼性が ある程度高まる場合もあるだろうが、結局、異なる計測式で算出され数値はその方法論にお いて異なっ意味があり、それらを加減することは大きな方法論的瑕疵が存することとなる。 読みやすさ異なる指標に対しては、それら「数値」を参照することにとどめるべきであり、 加減をし数値は方法論にまで立ち至らなければならない別ことであることと認識しなくて はならない。
さらに見せる

15 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壶茶碗” について 鈴  木  慶  夏 体词性联合结构“茶壶茶碗” (记作“AB型” )与“茶壶、茶碗” (记作“A、B型” ) 、 “茶 壶和茶碗” (记作“A和B型” )有何不同 ? 以往的研究主要描写并列成分的先后顺序和不同 连词的异同或用法 , 似乎没有对不同类型联合结构的语义差别做出研究。 本文着重讨论无并 列标记的“AB型”联合结构之语义特点和语法性质。文章指出 , A、B型“茶壶、茶碗” 是说话者逐一举出所关心的语义对象 , 也有可能在说话者心目中还有其他并列成分的存在 ; A和B型“茶壶和茶碗”是说话者举尽所关心的语义对象 ; 而AB型“茶壶茶碗”是构成 套或组概念的几个成员都齐全时所出现。也就是说,说话者所关心的语义对象经过何种心理 过程就影响不同类型联合结构的形式选择。文章还论及 , 有些AB型联合结构在提出个上 位概念的“典型例示”这语法特点上与比况型联合结构有共同之处。
さらに見せる

9 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、流音化と鼻音化表記である。流音化を発音通りに転写している例は3巻刀部から4 巻、6~7巻、9~ 12巻、16巻、18巻に見られ、24例ある。鼻音化場合は‘ㅅ+ㄴ’例で、 17巻火部にのみ14例ある。また、この17巻には、‘熾불니러날 pu-ruiro-naaru’ように発音 通りに転写し、‘니러날’‘ㄴ’脱落を表わす例も見られる。一方、各音節発音に忠実に 転写している例は、流音化場合、出版期間前半に出され1~4巻に13例ある。2巻‘佽 날 narunairu’は18巻では‘猤날 narurairu’と発音通りに転写しており、他にも同様例 が見られる。鼻音化例は1~3巻、6巻、13巻、17巻に9例ある。‘ㄱ+ㄴ’例は13例で、 2~3巻、5巻、8巻、12~ 13巻、18巻に、‘ㅂ+ㄴ’は13巻に1例のみある。流音化と鼻 音化についても、傾向を異にしはするが、文字通りに転写しているものが多い。そして、最終 回に出版され17巻に実際発音通りに転写しものが多数あることから、初期に出版され 巻と違いが現われていることがわかる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

から構成される。一方、言語パスポートには、ヨーロッパ共通参照枠「自己評価ため表」 Grille฀pour฀l’auto-évaluation฀フランス語版と英語版が載っていて、各レベル・分野目標に 達成したらその欄を塗りつぶしていくため縮小サイズ表が 6 外国分ついている。また、 学校や語学講座、留学等記録を記入する表が同じく 6 外国分あり、最後に取得し卒業証 書や資格を書き込む表がある。もちろん、このポートフォリオは外国を学ぶフランス人 めに開発されものであって、日本外国教育現場にそのまま導入することは不自然で無理 がある。しかしながら、ヨーロッパから遠く離れ日本においても、無視できない基本的な考 え方がある。たとえば、明瞭・具体的に記述されレベル設定は、透明で首尾一貫しプログ ラム開発へとつながっていくだろう。 3 章ではこのレベル設定について論じるが、レベル分 類・評価に関する記述はすべて筆者による和訳引用とする。
さらに見せる

16 さらに読み込む

授業の活性化に向けて—グループによる学生参加型授業の実践的考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

授業の活性化に向けて—グループによる学生参加型授業の実践的考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

7 .座席と教室  Johnson(2002) は、グループメンバー好ましい座席について次ように記載している。 Members of a learning group should sit eye-to-eye, knee-to-knee or in other words, close enough to each other that they can share materials, maintain eye contact with all group members, talk to each other quietly without disrupting the other learning groups. The groups should be arranged that the teacher has a clear access lane to every group.

12 さらに読み込む

携帯で英語 −携帯サイトを使った英語授業支援の実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

携帯で英語 −携帯サイトを使った英語授業支援の実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生コメントからは「教科書でもできるものを、わざわざお金を払って、めんどうで見づ らい携帯電話で勉強する必要はない」という学生気持ちがうかがえる。 学生にとってサイト魅力がなかっ理由ひとつに、教科書内容と、サイト内容に、 あまり大きな相違がなかっことが考えられる。単語帳ように苦手な語句だけを繰り返し学 習できる機能(例えばwww.supermemo.comように、語句を自分で入力、間違える頻度高 いもだけが何度も繰り返し練習問題に出てくる)や、英文が載っておりわからない語句にカ ーソルを当てると意味が出る辞書機能(例:www.rikai.com)など学習支援機能があると、 もっと携帯サイト使用率は高くなるではないだろうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

かっ学生も、このように書かせてみると各人がそれぞれに意見を持っていることがよくわか る。また、単に意見を持っているだけではなく、たいへん鋭い分析を提示している例も少なか らず見受けられ。たとえば、図 1 に引用しワークシートでは、5 ページ 4 行目にある「私 はそれを見ていたら、∼と思わず考えてしまっ」という箇所とその英訳 “My fi rst thought when I saw that . . . ” を取り上げ、「原文は『思わず考えてしまっ』と、意識せずに思ってし まっ様子であるに対し、英文では『最初に考えは』と意識的であり、さらに他にも何 か考えようにもとらえられ、少し原文とずれてしまう」というコメントが加えられている。 さらに、6 ページ 10 行目「エレベーターを降り、廊下に響き渡る足音を気にしながら∼」と いう箇所とその英訳“Getting off the elevator, I was alarmed by the sound of my own footsteps . . . ”シフトを指摘し上で、「原文では(足音を)『気にしている』程度であるに対 し、英文では『おびえさせる、はっとさせる』と書いているため、大げさな表現になり、この シーンと合わなくなっている」というコメントが付されている。いずれも、一見些細なこと ように見えるが、このような細部にこそ問題本質が宿っているものであり、テクストを深く 読み込むという観点からすれば、まさに慧眼というべきであろう。なお、図 1 ワークシート 上には、“My fi rst thought when I saw that . . .”に対する代替案として“A thought occurred to me . . . “と い う 英 文 が、“Getting off the elevator, I was alarmed by the sound of my own footsteps . . . ”に 対 す る 代 替 案 と し て“Getting off the elevator, and a bit annoyed by the sound of my own footsteps, I rang the bell. ”という英文がそれぞれ追記されているが、これは、 これら問題をめぐるクラス内議論中で提案されものである。
さらに見せる

30 さらに読み込む

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

遇有情况,我们则根据动词一般不受程度副词“很”“太”等修饰,能 受“不”“没”限定或者能带表示支配、关涉对象的成分这原则进行分析判定。   第四,为分析词素组合方式,我们把表动作行为的词素称为“动”词素,把表人、事物、时 间、处所名称和抽象概念的词素称为“名”词素 ; 把表人、事物的性状或动作行为状态的词素称 为“形”词素 ; 把能从时间、范围、程度、否定、频度、方式方面修饰动作和性状的词素称为“副” 词素 ; 把表数量的词素称为“数量”词素 ; 把表方向或相对关系位置的词素称为“方位”词素 ; 把单独使用时作介词的词素称为“介”词素。词素的判定也是根据《词典》对单个词素本身的首 项释义,不考虑其他转义。例如 :“保温 保持温度,通常指使热不散出去 : 保温杯”,“温  不 冷不热 : 温带 | 温水。 温度 : 气温 | 体温。 稍微加热 : 把酒温下。 ……”根据判断原则, “温”为“形”词素而不视为“名”词素。
さらに見せる

17 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになっであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較して, 積極的に授業参加しているように見られ。  また,英語歌も学生興味を引いと考えられる。学生意見にあっが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できと感じことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習し学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感していると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 期待に添えないことで聞き手に心理的な迷惑をかける恐れがあるものや依頼で聞き手に負担 をかける恐れがあるものは、謝罪「定型表現」が向けられる off ense 存在が比較的に明確で あると言えるが、エチケット違反や挨拶では off ense がほとんど存在しない場合もある。  では、このような状況を韓国と比較し場合、両言語にどのような相違が見られるだろう か。生越(1993)では日本語と韓国謝罪について「悪いことを相手にしてしまったり、迷 惑をかけたり、勘違い、人を借りたり、人に何かを依頼したり、人期待にそえなかっ り、こういっ場面で謝罪するは日韓共通である」(p.34)と述べ、問題になるは「呼びか け」「挨拶」「感謝」と分析している。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、同じ理由から、「本物教材」textes authentiques、すなわち、フランスで生活すれ ば必ず身近に遭遇する(機械など)使用説明書、案内、広告、ちらし、パンフレット、メニ ューなどを授業に取り入れることも、B 1 段階には重要な意味を持つ。その際には、辞書を用 いずに内容を理解するように指示し、文脈から意味を推論する学生能力を高めたい。実際に フランスに滞在する時に備えて、問題処理能力・人で切り抜ける力を獲得するのに大いに役 立つであろう。なんとなれば、B 1 目標は前述しように「もしもそう望むならば、実際に 敷居 (threshold) をまたいで戸口から世界に踏み出すことができる」敷居段階にあたるか らである。辞書を用いて全訳させることは、本来授業目的からは逸脱する。学生に対して も、わからないや表現があることに欲求不満を感じること無いよう、「細部よりも全体を 理解する授業であり、問題処理能力を高め、更なる理解力を養うため」と十分納得してもらう 必要があるかもしれない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題