トップPDF 故河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

故河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

故河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

宇佐見 太 市  河合忠仁教授逝きて三か月になる。烏兎怱々感が深い。  約40年間、親しくおつき合いさせていただいた。  初めて出会いは、私が20歳、彼が25歳、奈良教育大学英語科主催行事においてあっ た。当時英会話ブームは凄まじく、大学生私も四六時中、英会話活動に没頭していたが、 高等学校教諭河合先輩英語がとても流暢あったこと覚えている。
さらに見せる

3 さらに読み込む

河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 1998年後期より、私が和歌山大学に移ることになり、河合先生に話したところ、自分も近 大やめて他大学に移りたいと言われた思い出す。私方は、 8 月割愛がうまく行か ず、半年転出が遅れた。その間に、河合先生も関西大学に移ることが決まり、19年間勤めた近 畿大学一緒にやめることになった。河合先生は関西大学へ移られてから、精力的に研究本 にまとめて出版したり、大学用テキスト何冊も書かれた。英語コミュニケーション学会 関西支部長から、副会長にもなられ、本当に、充実した研究生活送っていたと思われる。  しかし、運命いたずらあろうか、その後、癌入院されることになったある。見舞 いに行った時に、「癌が転移しているかもしれない」と悲壮な表情我々に語られたは今 も忘れられない。あれは、自分将来計画が台無しになるかもしれないという絶望感現れだ ったと思われる。というのも、河合先生は何事においても、きちんと計画立て、こつこつと 地道に実行して行く人だからある。つまり、あの時には既に自分これから人生計画し ていたと思われるからある。それは、授業準備みれば明らかある。河合先生は、私と 違い、授業準備完璧に行わないと気がすまなかった。時には、異常と思われるほど、きち んとするある。授業時間何倍も時間かけて準備していることも何度かあった。ま た、近畿大学時代は、いつもお会いするたびに、河合先生は自分将来計画語られてい た。将来、こういう本出版したいとか、こういう研究したいとか語られていた。それ考 えると、河合先生悲壮な気持ちが手に取るようにわかる気がする。
さらに見せる

3 さらに読み込む

齋藤榮二先生に心から感謝を込めて齋藤榮二教授略歴及び主要業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

齋藤榮二先生に心から感謝を込めて齋藤榮二教授略歴及び主要業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国教育研究13(2007年 3 月)  ようやく揺籃期脱したとはいえ、まだ十分に安定したとはいえない我々組織としては、 先生ご退職は大きな痛手あります。しかしながら、こればかりは抗えません。残された 我々は、先生が在籍された 5 年間に学ばせていただいた多く貴重な教え大切にし、研鑽 重ねながら着実に前進していきたいと思います。齋藤先生、本当にありがとうございまし た。そして、これからも我々組織と修了生暖かくお見守りください。
さらに見せる

8 さらに読み込む

言語研究の底を流れる思想を考える—推論様式を手掛かりとして— 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

言語研究の底を流れる思想を考える—推論様式を手掛かりとして— 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4 )推意取消し可能性については、Levinson (1983)、Thomas(1995)、山本(2002)参照こと。 5 )ブラック(1992:143)、および野内(2008:41)参照こと。 6 )木田(2007:35)、野内(2008:39)参照こと。 7 )チョムスキー著作はもちろんこと、彼人となりについても網羅的な記述ある『チョムス キー小事典』「記号論」、チョムスキーと西欧思想深いつながりについて解説がある (今井1986:238 40)。しかし率直なところ、その記述はわかりにくい。「(チョムスキー理論は〈言 記号論〉と読み取ることができ、)言葉実在表象ないしは代行・再現物とみなすものあって、 この立場とる記号論者は、ア・プリオリとしてロゴス現前疑うべからざるものとして措定す る」という解説からは、個別言語(ロゴス)が幻影どころか、真存在(現前)あるかように も受け止められる。もちろん、そうはないだが、「実在」という言葉意味も含めて、この解説 正しく理解するためには、結局チョムスキー背景にある西欧思想きちんと押さえていなけれ ばならない。やはり言語学世界にまともに 4 4 4 4
さらに見せる

15 さらに読み込む

W・ラーベと環境問題 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

W・ラーベと環境問題 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 文学においてこの環境破壊現象詳しく取り上げたものはこれまでほとんどなかった。そ れはこのテーマが最近にいたるまで文学として看過ごされていたこと、そして産業もしくは 工業化波に懐疑抱いていたはごく僅かなアウトサイダー的な存在だけしかなかっ たこと意味しているあろうし、また「環境保護」という概念が一般的に定着しだしたは この四半世紀前からしかないことから、この作家がこの点も19世紀後半「進歩」謳歌 する楽観的な時代精神越えていたこと示しいるあろうし、広く知られている小説家H. ヘッセ(      ∼)「恐らく後世ドイツ認められるあろう」 2) と いう言葉想い起し得ることもある。また一方20世紀後半に始まった再評価は「ラーベ 物語芸術が19世紀後半最も重要な文学表現一つあることが益々明瞭になってきた」 3) と H.ヘルマースがその成果一端表しているように元来言われてきた「詩的写実主義」なる 枠越えて現代にも十分通じ得る普遍な独自性明らかにするに足る専門的なテーマ追求し てきているが、環境破壊問題に関しては文芸学外問題も含むことからかまだ取り扱われ ていないと見受けられるある。小論は読者に背向けられていった中期(1867∼70)以後 作品2、3例主に取り上げながらラーベが現今時事問題と関連からも読まれ得る作 家あること指摘しようとするものある。
さらに見せる

11 さらに読み込む

中国語の構文分析法 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語の構文分析法 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

.上記の俗流的論法に対する最も有力な理論的な反論はこれまでの主語、述語、目的語 3文成分間の関係を総括する朱徳熙(1983)の論文であった。即ち「正常な状況下で は、「主語」は必ず「謂語」の前にあり、「賓語」は必ず「述語」の後にある。「主語」 と「謂語」の間の関係は緩やかであり、中間に停頓(ポーズ)を置くことができる。 「述語」と「賓語」は意味上と構造上の関係はいずれも[r]

17 さらに読み込む

メキシコにおける前衛主義 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

メキシコにおける前衛主義 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

トーレス = ボデーは、1928年に発表された「新しい詩」 9) と題する文章、同時代行 方について省察おこなっている。そのなか、トーレス = ボデーは、文学全体が危機にさ らされていること認めながら、しかし、死にかけているは詩だけにとどまらず、深刻な懐 疑主義に陥った文明精神そのものあり、その元凶は実証主義にほかならないと主張している。 さらに、高踏派、象徴主義、ダリオようなモデルニスモ詩人たち点検したうえ、従来 頽廃したロマン主義乗り越えた同時代生み出す必要性があること訴えた。“A través del poema se sienten los andamios que el artista no tuvo tiempo de destruir. El lector atento podría hacer, dentro de cada uno de ellos, la historia de una emoción romántica y su tránsito al esquemático juego de inteligencia en que se realiza. Lo que era aritmética, nú mero lleno de sugestiones y de promesas, se ha ido trocando en álgebra, fría ecuación de astucia.” 「詩を通して、芸術家に崩す暇なかったさまざまな足場があることが感じられる。 注意深い読者ならば、それぞれ裡にロマン主義的な感動物語作り上げ、その感動が成就 される図式的な知遊びへと移し変えることができるだろう。算術的なもの、つまり暗示と約 束満たされた数字あったものは、代数学に、狡知冷たい等式に転じてしまった」。トー レス = ボデーは、ここ示されたような変革意思が、まだ不完全なものあるにしても、ジャ ン・コクトーやルヴェルディ、ヘラルド・ディエゴ Gerardo Diego(1896‒1987)やアルベルティ Rafael Alberti(1902‒1999 )、フェルナン・シルバ = バルデス Fernán Silva Valdés(1887‒ 1975)やオリベリオ・ヒロンド Oliverio Girondo(1891‒1965)といった詩人たち作品に見 出せるとしている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中国新時代的来 留学生教育 −以北京大学 例 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国新時代的来 留学生教育 −以北京大学 例 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

近年来,在北大学习的日本学位生,主要是通过考试和政府奖学金渠道入学,总体来说,日本 学位生的生源质量比较好,研究生质量更优于本科生。 3、 “趋同管理”的同时, “严格要求、适当照顾” 。 也就是说,在考虑到留学生的特殊性的同时,强调教育质量的普遍性,尽量与中国学生统一 教学计划,统一教学大纲,统一考题,统一标准。 同时,考虑到外国留学生在语言、文化和知识 背景等方面的实际情况,为了更有效地培养他们,学校在语言和专业学习方面都采取了一些特殊 的措施和办法。在学习年限、补考重修等方面对留学生适当放宽,平时为他们安排教学经验丰富 的教师上课,课后安排有针对性的辅导活动。因此,在北大学习的日本学位留学生毕业率比较 高。不少人毕业后继续在北大或申请到其他学校攻读高一级的学位;有些毕业生回国后在大学或 研究机构任职,有些在日本驻华使领馆或其他机构工作。
さらに見せる

12 さらに読み込む

新時代の中国語教育 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

新時代の中国語教育 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国教育に限らないが、いまや「新しい」というは実質的な意味もっている。すな わち IT 革命進展により、新しいハードウエアは、それにふさわしい新しいコンテンツ 求めている。教育研究に従事するものは、意識変革が必要とされる。国民半数近くが 大学に入学する時代、これから外国教育が担う任務ゆずれない一点は「学生コミュ ニケーション能力養成」になる。しかし、それは単にことば発信と受信意味しない。 特に中国においては今後コミュニケーション文法解明し、異文化理解深めることが 求められる。本論は二三ケース取り上げるが、このような視点が重要度ますことは 疑いない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Designing a taskbased syllabus 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Designing a taskbased syllabus 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

本章は Brown(1995)カリキュラム構築モデルもとに、一企業英語プログラム 発展させるため実施した学習者と職場ニーズ分析、さらにニーズ分析結果用い、学 習項目設定行い、タスク中心シラバス構築させたケーススタディある。シラバス 作成には、Long and Crookes (1992)タスク中心シラバス構築(Task-based Syllabus Design, TBSD)アプローチ活用した。これは次3つ理由による。(1)学習内容と 目標言語使用分野できるだけ近づけることが可能ある。(2)タスク使って基準準拠 評価が可能ある。(3)TBSD は言語形態学習者に意識させること重要性認識した ものあり、これは受講者ニーズに合致するものあった。Part 1はニーズ分析結果 まとめ、Part2はタスク中心シラバス学習目標設定プロセス説明する。
さらに見せる

14 さらに読み込む

教師の専門能力開発をめぐる研究 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

教師の専門能力開発をめぐる研究 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

がもつダイナミックさと多面性を考慮すると同時に、文化的に多様な現代オーストラリアなら びに地球上のあらゆる文化に暮らす人々を理解することの重要性を認識させるためである ( :以下QSCC 2001) 14) 。初等・中等外国語教育に必要な組 織の枠組みとカリキュラム作成のために「オーストラリアの言語レベルに関するガイドライン ( :以下ALLガイド[r]

13 さらに読み込む

The Methodology of Taskbased Teaching 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Methodology of Taskbased Teaching 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Course฀design฀is฀concerned฀with฀the฀selection฀and฀sequencing฀of฀content̶the ฀‘ what ’฀ of฀teaching.฀฀ As฀such,฀it฀contrasts฀with฀ ‘ methodology ’ ,฀which฀addresses฀the ฀‘ how ’ ฀of฀teach[r]

23 さらに読み込む

マルチメディアを利用した外国語教育と情報ネットワークの展開 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

マルチメディアを利用した外国語教育と情報ネットワークの展開 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

えてくれたものある。そして今やこの働きは、文学に代わって、インターネット上自在に 繰り広げられる仮想現実世界が担っているかもしれない。実際ところ人はここ、かつ ては文学世界から体得しえた、あの遊び心満喫しているようある。  現に、インターネット社会展開される遊び空間は、厳しい現実世界生き抜かざるえ ない現代人にとってオアシス− 避難所− 役割果たしている。生き馬抜くか 如く苛酷な現実生活余儀なくされている大多数現代人にとって、匿名前提にネット上 展開される同趣味同志コミュニケーション場はさぞかし安住地にちがいない。これは、 現実から遊離求めて文学世界に耽溺したかつて文学青年たち志向と本質的に何ら変わ るところはない。インターネット社会も文学世界もそこに浸りきる者にとっては、虚構が即、 現実世界となる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

李氏朝鮮期中国語会話テキスト『朴通事』に見られる存在文について 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

李氏朝鮮期中国語会話テキスト『朴通事』に見られる存在文について 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

  “你那里有来?”文に対してはすでに解釈がなされている、つまり、 “有”が“在”意味あり、 “来”が“来着”に相当し、“你那里有来?”は“你在哪儿来着”意味あると認識する。 しかし、 このような解釈は“我有认色了”に適応できない。このタイプ文にはまた別解釈ができると考 えられる。つまり、“你那里有来”は“你那里来的”意味あり、この“来”は、後文“你来怎 么这般黄瘦 ”“来”と同じく動詞に属し、助詞“来着”とは見なせない。“黑夜道场里你有来么” は“黑夜道场里你来了(或いは‘的’)吗”と解釈でき、“我有认色了”方は“我认了色了”(“色” はお金品質指す)と解釈できる。このような解釈に基づけば、“有+動詞”は“動詞+了”ある いは“動詞+的”に相当する。
さらに見せる

12 さらに読み込む

フランス語動詞事象の意味分類に関する考察 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語動詞事象の意味分類に関する考察 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

完了点と重なるような事象表すある 9) 。 ฀ Vikner฀ (op.฀cit.),Martin฀(1988),Gosselin(op.฀cit.)はさらに進ん、意味素分析応用し て動詞グループ定義しようと試みる。用いられる概念は研究者によって異なる。Vickner は 点括性(ponctualité)、不均質性(hétérogénéité)、動性(dynamisme)3つ概念用いる。 点括性とは事象時間的広がりに関わる性質ある。動詞表す事象が点括的あるという時、 その事象は時間的広がりが無いものとして捉えられることになる。不均質性は事象進行状況 性質表す。不均質な事象は Elle฀a฀bu฀deux฀tasses฀de฀café฀ように行為が終了することに よって始めて動詞表す状況が成立する。故に courir という動詞ように、事象全体と事象 一 部 分 が 同 じ 文(ex.฀Elle฀a฀couru) 表 さ れ る こ と は な い。Martin 分 析 は 動 性 (dynamicité)、 境 界(bornage)、 移 行 性(transitionalité)、 瞬 間 性(Momentanéité) 4 つ 概念が用いられる。瞬間性は点括性と同様、事象が開始・終了など局面に分割できないこと 表す。境界は完了点に関する概念あり、境界ある事象は行為完了点内包する。Je฀ suis฀à฀Paris฀jusau’à฀15฀août ように、動詞表す事象そのもの(être฀à฀Paris)に完了点が含 まれなくても、時間限定など文要素が行為終了点示す場合は境界が設けられる。移 行性は状態変化表す概念ある。ある動詞事象が移行的あるとは、naître ように 動詞がある状態から別状態へ変化表すこと意味する。一方 Gosselin は境界(bornage) と変化(changement)という2つ概念援用する。Gosselin いう変化は多義的概念「安 定したある状況から別ある状況へ移行、または2つ状況間に決定的な変化もたらさ
さらに見せる

13 さらに読み込む

リキャスト −その特徴と第二言語教育における役割− 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

リキャスト −その特徴と第二言語教育における役割− 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

  (1993)の研究では、4種類のフィードバックが、与格文型の動詞の学習にお いて、文法指導の効果を発揮するか比較する実験を行った。対象となったフィードバックは、 誤りがあったとき( )誤りと伝え、何が間違っているのか簡単な説明をする、( )誤りがあ るとだけ伝える、( )誤りを正しい表現に修正する(リキャスト)、( )「それで正しいと思う か?」と[r]

14 さらに読み込む

ドイツ語圏スイスにおける言語状況:標準変種の規範化と方言の拡大 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ドイツ語圏スイスにおける言語状況:標準変種の規範化と方言の拡大 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

言うスイス人がいることからも 9) 、意識レベル標準ドイツ距離感がわかる。しかし ながら、スイス人が読み書きは標準ドイツ日常的に使用し、マスメディアはニュース 番組等標準ドイツが話されている現状考えるならば、標準ドイツ外国と称する は実態にそぐわない。むしろ方言がスイス人アイデンティティと強く結びついていることか ら、 2 番目に習得した言語変種ある標準ドイツこと外国と称してスイス国民として 自立性表現しようとしているものと考えられる。そうすると表 3 結果は、「スイス人に とって」は理念意識した回答、「自分にとって」は現実見つめた回答あるため結果 に大きな違いが生じたものと解釈されよう。そこは標準ドイツモデルがドイツにあると する単一中心地的言語観も影響しているだろう。このような状況から、スイス人ドイツ意識は、ダイグロシアが存在しないオーストリアやドイツ人ドイツ意識と異なるこ とが推論されるが、スイス人標準変種に対する態度はどうなっているだろうか。
さらに見せる

15 さらに読み込む

鳥井克之先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

鳥井克之先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 鳥井先生は昭和9年6月26日お生まれ、家業手伝われながら、昭和29年大阪府立今宮 高等学校卒業され、同年大阪市立大学経済学部に入学、同33年に卒業されました。中国経済 に関する卒業論文作成に際して、語学力必要性強く感じられ、卒業年に大阪市立大学文 学部に学士入学されました。

2 さらに読み込む

日本人大学生のEFL 学習者コーパスに見られるMAKEの使用 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本人大学生のEFL 学習者コーパスに見られるMAKEの使用 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 表 ₁ 見ると、むろん、過少使用する傾向がある高頻度動詞も散見されるが、おしなべて学 習者はFIND、BECOME、THINK、GET、WANTはじめとして多く高頻度動詞過剰使用 する傾向が見られる。しかし、L ₁ スウェーデンEFL学習者以外学習者はむしろMAKE 過少使用する傾向が見られる。LONGMAN GRAMMAR of SPOKEN and WRITTEN ENGLISH (1999:375)はレジスター別に高頻度動詞示しているが、会話はGETがトップ、これに GO、SAY、KNOW、THINK、SEE、WANT、COME、TAKEなどが続き、MAKEは11位にラ ンクされている。フィクショントップはSAY、これに GO、KNOW、SEE、COME、GET などが続き、MAKEは ₈ 位ある。ニュースでも同様にSAYがトップMAKEは ₂ 位
さらに見せる

15 さらに読み込む

中国語教育における習得語彙の広さと深さ 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語教育における習得語彙の広さと深さ 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

晚 喝 了 瓶 啤酒 在词汇学研究 ,连辞关系 并列关系又被 合关系 和 聚合关系 词语的 合 关系 虽然 种关系在汉语中很大程度 句法关系= syntax 相 合 简单地说就是搭配关系, 体 的是词语之间的 惯性选择 如汉语中的 药 打 在日语中分别 薬飲 傘 差す 合关系有 线性的,如 药 ,和逆线性的,如 本书 前者动词对 语 行 规定 者 词对量词 行规定 词语的 合关系所 有的 惯性和可 性对语言的 应用 有两类贡献, ,固化某 词 使意 化 减轻记 负担 高理解效率 在修饰部日益长 大的 汉语中尤 要 关于 点,偏离本文 , 展开
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題