革新的バイオ素材による

Top PDF 革新的バイオ素材による:

自動車業界の技術革新による素材・化学業界へのインパクト | アクセンチュア

自動車業界の技術革新による素材・化学業界へのインパクト | アクセンチュア

また、アメリカでは、TaaSの台頭を受けて自動車保有 台数は2017年から2030年までに2.4億台から0.4億台 まで80%減ると予測されています。これにより、原油価格 の下落や新サービスの勃興・既存サービスの没落が起こる 可能性が高くなります。例えば、世界のガソリン・軽油需 要は2020年をピークに減少、原油価格も25ドルまで下 がると予想されています。また、自動車台数が減ることに よる遊休駐車場スペースを活用した新サービス・運転時 間の代替される時間/移動データなどを活用した新サー ビスが発生。一方で事故率の低下による自動車保険の 市場減少等、多様な影響が想定され、かつてない産業 構造の変革が発生する可能性も高いと考えられます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

接着性バクテリオナノファイバーによる微生物プロセスの革新

接着性バクテリオナノファイバーによる微生物プロセスの革新

注目されている。バイオフィルムは,微生物が固体表面 に付着し,EPS と呼ばれる細胞外高分子を分泌しながら 形成するもので,身近な例では“ぬめり”とか“水垢”と 呼ばれるものがある。医療現場や公衆衛生の分野では,薬 剤耐性などを示す病原菌のバイオフィルムが問題になって いるが,水処理の分野では生物膜法として古くから利用さ れてきた。近年は,水処理だけでなく,特定の微生物のバ イオフィルムをつくらせ,化学物質の生産に利用しようと いう研究も行われている。自然固定化法,受動固定化法 などと呼ばれることもある 2–4) 。しかし,通常のバイオ フィルムは幾種類もの微生物種で構成される微生物コ ミュニティであるのに対し,物質生産で利用されるバイ オフィルムについては,反応に関わる微生物を一種類の み含む純粋培養系,または一連の反応に関わるせいぜい 3,4 種ぐらいまでの数種からなる混合培養系である。 よって,微生物生態学者が取り上げる一般バイオ フィルムとは,だいぶ,趣も異なる。実際,一つの化学 反応にバイオフィルムを利用するには,特定の反応を触 媒する能力とバイオフィルム形成能力を併せ持つ微生物 種をスクリーニングせねばならず,かなりの時間と労力
さらに見せる

8 さらに読み込む

シュガープラットフォームを構築する環境バイオ技術: Clostridium cellulovoransセルロソームによるソフトバイオマス完全糖化

シュガープラットフォームを構築する環境バイオ技術: Clostridium cellulovoransセルロソームによるソフトバイオマス完全糖化

山本,田丸 84 スなどを目的生産物の前駆体である C5・C6 糖などの単 糖類にまで分解する必要がある(図 1)。しかしながら, セルロース系バイオマスはそれぞれの構成成分が複雑に 絡み合っており,その糖化は容易ではない。そこで微粉 砕や爆砕,高圧熱水処理,酸・アルカリ処理などさまざ まな前処理法が開発されてきたが,大量処理とコスト削 減が問題となっている。一方,糖化に関してはバイオマ スの種類はもとより,バイオマスの構成成分は季節や産 地によって変動することから,それに伴って糖化用の酵 素成分を調整する必要がある。我々が研究対象とする C. cellulovorans は,未処理の稲わらやバガスを炭素源 として生育することができ,かつ,これらバイオマスを 分解することができる。また,与えられたバイオマスに 対応してより分解活性の高いセルロソームを構築するこ とが知られており,上記のようなバイオマス特有の課題 に対して有効である 3) 。
さらに見せる

4 さらに読み込む

JAIST Repository: Spiber株式会社の新世代バイオ素材の事業化 : 農林水産業における産官学連携に関する一考察 ③

JAIST Repository: Spiber株式会社の新世代バイオ素材の事業化 : 農林水産業における産官学連携に関する一考察 ③

子を合成してライブラリー化を行っている。 データベースに蓄積されたデータをもとに性能や生産性をデザインされた候補分子は、その遺伝子を 合成したのち、微生物を用いた独自のタンパク質発現システムで試験に生産される。フィブロイン遺 伝子を導入された微生物は、クモ糸成分であるフィブロインの生産能力を獲得する。その後、小スケー ルで発酵生産条件、精製条件の検討を行い、紡糸条件の検討に移る。そして、必要に応じて培養のスケ ールアップを行い、タンパク質原料の取得を行う。発酵工程で生産された繊維の原料であるフィブロイ ンは、精製工程を経て独自の紡糸技術で繊維化される。創出された人工合成クモ糸繊維の特性は詳細に 解析されてデータベースにフィードバックされ、次の分子デザインに活かされる。Spiber にとって、独 自の遺伝子合成技術や日々蓄積されている膨大な情報データベースは、極めて重要な秘匿すべき知的財 産であると考えられる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

マーケティング管理会計の革新 : MAによる状況変化

マーケティング管理会計の革新 : MAによる状況変化

 顧客選別では,たとえば,送信メールの開封状況やメールに記載したURLのクリック状況 に応じて自動的に顧客をスコアリング(点数付け,評価)する。それぞれの顧客のスコアに 応じて,対応を変えることで長期に顧客を育成しながら,エンゲージメント(購買意欲と 企業・製品への関心を含めた概念)を高めることができる。十分にスコアがあがった場合には, 確度の高い見込み客として,営業へ引き継ぐなど顧客の状態に応じた対応をする。スコアリ ングには,業界や従業員規模,役職や位置情報をもとにした「属性スコア」,Webサイトの閲 覧やセミナー参加などによって付与する「行動スコア」,過去3 ヶ月間アクセスなしで0点に リセットするといった「鮮度」という3つの要素がある。自社の戦術に合致するように任意 の点数を加算・減算することで,顧客の温度感を「見える化」することができる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

CREST 革新的反応 領域 2020 年度募集説明 新たな生産プロセス構築のための 電子やイオン等の能動的制御による 革新的反応技術の創出 研究総括柳日馨 大阪府立大学特認教授

CREST 革新的反応 領域 2020 年度募集説明 新たな生産プロセス構築のための 電子やイオン等の能動的制御による 革新的反応技術の創出 研究総括柳日馨 大阪府立大学特認教授

5.推奨する提案① 電気や光等により、電子やイオンを能動に制御する化学 反応の 機構解明と新反応の設計と開拓 ・新反応の開拓のために各種計測法と理論・計算化学とのコラボによ る反応機構の解明とこれに基づく新反応の設計と開拓を推奨

21 さらに読み込む

RIETI - 中国による補助金供与の特徴と実務的課題―米中間紛争を素材に―

RIETI - 中国による補助金供与の特徴と実務的課題―米中間紛争を素材に―

37 が利用可能な世界市場価格を基礎としているのであれば、それは調査対象国市場の一般 状況(prevailing market conditions)の一部を形成するものと理解することも可能である。上 級委員会は、世界市場価格ベンチマークが代替手法に含まれ得るとだけ述べ、それ以上言 及していない。ただし、信頼に足る程度に調査対象国市場の一般状況を再現することは 難しいと明確に述べている第三国ベンチマークと比べると、「関連性」要件の観点から、優 先順位は高いと理解できる。例えば、融資利率、材料等の投入財の価格であれば、世界市 場価格ベンチマークを利用することも可能であろう。実際に、米国の対中相殺関税調査に おいては、Steel Benchmarker、Steel Business Briefing(熱延鋼板、ステンレスコイル)、World Trade Atlas(ラミネート加工済織袋用ポリプロピレン) 、International Rubber Study Group(オ フロードタイヤ用ゴム)といった国際市場価格を示す指標が用いられている。他方、物理 に、又は制度障壁によって国境を越えることができない財(土地や役務等。場合によ って融資や電力等もか)については、世界市場価格ベンチマークを用いることはできない。
さらに見せる

47 さらに読み込む

工芸教育における「素材」の造形的可能性の探究 : 陶芸素材を中心にして

工芸教育における「素材」の造形的可能性の探究 : 陶芸素材を中心にして

1.はじめに  近年、産業な手工業から近代な個人作家もの、モダンデザインにつながるデザイン作品 など多様化した工芸は、棲み分けを行いながらそれぞれの役割を果たしている。人間の生活と いう営みのなかで受け継がれ、生活の変化に伴い求められるものも変化してきた工芸は、もの と人間の関係性を追求することで時代の変化に順応してきた。たとえば日本の住居空間をみる と、食器は食生活の変化によって、手によって成形する陶器から機械を用いて成形することが 多い磁器へと需要が変わり、畳で使用する座卓はフローリングで使用するテーブルへと変化し てきた。工芸は衣食住に関わり、日本古来の形や技法を受け継ぎながらも現代の生活様式に合 わせた形や新たな技法の追求を行っている。技法の変化からみると、機械の導入により本来手 でつくられたものという概念をもつ工芸と工業の関係性の曖昧さを時代は生み、工芸は機械ロ クロや圧力鋳込みによってつくられた陶器や磁器をも含むボーダレスな領域となったといえ る。しかし、形や技法が変化するなかで、土や木といった工芸素材だけは変わらず存在し続け ており、形や技法の多様な変化にさらされているのである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

RSA Web Threat Detection:革新的かつ効率的なオンライン脅威の検出

RSA Web Threat Detection:革新的かつ効率的なオンライン脅威の検出

スコアはリアルタイムで計算されるため、ルールで使用することもできます。 たと えば、中間者攻撃(Man-in-the-Browser)やパラメータ・インジェクション・ス コアが特定のしきい値を上回ると自動にアラートを送信することができます。 サイトの正当な使用を特徴づける行為と利用者の行為との比較により、異常で不正 な可能性のある行為に関して注意を向けることができます。そして不正活動や脅迫 活動を際立たせることができます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

メタルバイオ技術による排水からのレアメタル回収の可能性

メタルバイオ技術による排水からのレアメタル回収の可能性

ことが知られ,特に微生物の引き起こす反応は多岐に渡 る。ある種の微生物は金属類を電子供与体として利用し エネルギーを得るが,その過程で金属類は酸化される。 逆に,酸素の代わりに電子受容体として用いて呼吸した 場合には,金属類は還元される。また,生合成に伴って 金属類を水素化・メチル化するものもある。微量栄養素 として特定の金属類を効率に摂取して蓄積する微生物 や,逆に有害金属類の取り込みを抑制したり,強制に 排出する機能を発達させている微生物は,細胞内外での 金属類の移動と濃縮に関わる作用に長けている。このよ うな微生物作用が結果として,液相からの金属類除去に 結びつく場合には(固化・気化・吸着濃縮など),これ を排水からの金属類回収に適用できる可能性がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ブラジルのバイオ・エネルギー政策と社会的包摂

ブラジルのバイオ・エネルギー政策と社会的包摂

1 .多元なエネルギー供給  ブラジルのエネルギー供給は多元である。それは,一つには多様なエネルギー源を保有して いるからであるが,もう一つにはかつて石油など化石燃料に制約があったためである。化石燃料 の不足がエネルギー源の多角化を促がしたのである。ブラジルは多様な資源をもつが唯一石油に は恵まれなかった。1973年の第一次石油危機によって大幅な貿易赤字に陥り,それまでの「ブラ ジルの奇跡」が頓挫した。国際収支危機に直面した軍事政権は,国内外で石油開発を進め,また 水力発電,アルコール,原子力など代替エネルギー開発を進めたが,それは対外債務累積と経済 破綻の一因となった。1990年代に開発政策が経済自由化へと転換するのに伴い,石油の国家独占 は廃止され,コンセッションによる石油開発,生産が進んだ。水力,火力発電は民営化された。  石油は,リオデジャネイロ沖の深海で次々に油田が発見され,ペトロブラス (石油公社) は深 海石油の開発で高い技術を蓄積した。2011年末でコンセッションは736地域となった。同年末の 石油埋蔵量は301億バレル (うち海上が285億バレル) に達した。石油生産は2011年に7億7000万バ レルとなり,ブラジルは世界第13位の産油国となった。2005年には国内生産が国内需要を上回り, ブラジルは念願の石油自給を達成し,小規模であるが石油輸出国にもなった。石油生産の91.4% はオフショアである。リオデジャネイロ州がブラジル全体の生産の74%,オフショア生産の81% を占める。天然ガスは自給から程遠い。それでも国内生産が着実に増加している。天然ガス生産 もオフショアが74.5%を占める。石油同様リオデジャネイロ州が主産地で,ブラジル全体の39.0 %,オフショアの52.4%を占める (ANP, 2011 : 57, 72, 85) 。ブラジルは,1973年の第一次石油危 機以降原子力開発を進めてきたが,その比重は小さい。2基の原子炉が運転中であり,3号機が 建設中で2015∼16年に完成予定であるが,福島原発事故を受けて2012年5月10日に2021年まで新 規原発建設を中止した。
さらに見せる

16 さらに読み込む

デザインと技術 : 技術による製品の意味の革新戦略

デザインと技術 : 技術による製品の意味の革新戦略

ここで、デジタルオーディオプレーヤの例を考えてみよう。デジタルオーデ ィオプレーヤの市場において、 意味のエクスプロレーションを行ったのが Apple であっただろう。しかし、Apple がデジタルオーディオプレーヤ市場に参入す る前に、いくつかの製品がすでに存在した。それらの製品は、デジタル技術と いう新しい技術を用いていたが、製品としての意味はウォークマンと同じであ った。つまり、この時点ではテクノロジーリサーチの結果創造された製品であ ったと見なせるであろう。デジタルの成果として、ウォークマンより多くの曲 を持ち出せるようにはなったが、お気に入りの曲を選択するために、曲数が増 えた分、ボタンを押す手間が増えるなど、決して使いやすいものではなかった。 Apple はこのような状況でデジタルオーディオプレーヤの開発を始めた。彼ら はデジタルオーディオプレーヤを構成する技術は外部から取り入れており、技 術のエクスプロイテーションを行ったと推測できる。しかし、彼らは既存のデ ジタルオーディオプレーヤにはなかった直観に使用できる外観デザインやユ ーザーインターフェイスを実現した。つまり、記号解釈に関する技術開発を 行っていた。そして何より重要であったのが「デジタルハブ」という概念の下
さらに見せる

126 さらに読み込む

SIP「革新的構造材料」研究開発計画

SIP「革新的構造材料」研究開発計画

( 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 グループリーダー) 金属材料の中で Ti 合金は航空機用エンジンのファンブレードなどの中高温部品、Ni 合金はさらに高温 度の部材用として欠かせない最重要金属材料である。また、軽量で耐熱性のある TiAl 金属間化合物も非 常に重要な材料であり、将来の適用部位の拡大が見込まれている。これらの材料を利用するときには、部 材形状への成形技術が材料の付加価値を著しく高め、さらに、航空機用エンジンの高性能化に直結する。 国内で高性能な素材自体が得られても部材形状に加工する技術が欠けていると実用化には結びつかない。 耐熱合金や金属間化合物の加工には鋳造や鍛造などの技術が必要であり、材料加工技術は部材のコ ストや信頼性と密接に関連している。近年のコンピュータ制御技術等の発展を背景に、国際にも常に最 新の材料加工技術を導入しようとする潮流が生じている。日本でもエンジン用材料の部材を短時間で精度 よく、かつ、製造コストを抑えて作製するための加工プロセス技術の研究開発が必要である。
さらに見せる

57 さらに読み込む

東日本大震災における漁業復興への政策的な取り組みの現状と課題 : 企業家による革新的な取り組みに着目して

東日本大震災における漁業復興への政策的な取り組みの現状と課題 : 企業家による革新的な取り組みに着目して

2011 年 12 月 26 日時点で「そだての住人」の申し込 み状況は、申し込み数 780 人、申し込み口数 2,015 口に 到達している 17) 。当初 2012 年 3 月末までに、2,000 口 を目標としていたことから現時点では順調だと言える。 漁師自らが養殖業を越え、加工、販売を担う主体として 活動していくという伊藤氏の構想は、これまでの漁師の あり方とは抜本に異なるという点で、まさに革新で はある。しかし、その反面、これまでとは違うノウハウ の蓄積や発展が不可欠になるため、軌道に乗るまでには 多くの課題が直面するだろう。もっとも、こうした「下 から」の創意工夫は、漁業復興において決して欠かすこ とはできない。伊藤氏の広がりのある発想は、被災地の 復興を越えてさらなる発展の可能性を秘めている。なお、 OH ガッツのこの事業に対しては、後にみる「アイリン ク」の復興支援制度が多額にのぼる資材提供をしている。 このような OH ガッツの取り組みは、協同事業化、生産 方法の革新、顧客との直接的結びつきといった点で、従 来の漁業のあり方を革新する可能性をうかがわせるもの である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

液体バイオ燃料の次世代革新技術

液体バイオ燃料の次世代革新技術

温暖化で代表されるエネルギー・環境問題が 21 世紀 に入って地球レベルで深刻化してきた。その結果,化石 資源から得られる化学物質や燃料を循環型,更新型バイ オマス資源から造り出そうとする動きが活発化し,バイ オマス資源によるポスト石油化学が注目されている。さ らに,2011 年 3 月の未曾有の東日本大震災により福島 原発の原子炉が被災したことを受けて,バイオマス資源 の有効利用の気運がさらに高まってきている。このよう な背景のもと,我々は環境負荷の小さい超臨界流体技術 を用いた独自の液体バイオ燃料の創製について検討を加 えてきた。そこで本講では液体バイオ燃料の次世代革新 技術として,加圧熱水・酢酸発酵・水素化分解によるリ グノセルロースからのバイオエタノールや超臨界カルボ ン酸エステルや超臨界中性エステルによる油脂類からの バイオディーゼルの次世代を担う新規な製造プロセスに ついて紹介する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

オリゴチオフェン,ポリチオフェンの革新的合成法:C-Hカップリング反応によるアプローチ [PDF :1.3MB]

オリゴチオフェン,ポリチオフェンの革新的合成法:C-Hカップリング反応によるアプローチ [PDF :1.3MB]

メタル化が可能かどうかまず検討した。10 mol% の TMP と 1 当量の EtMgCl を用いて 2 クロロ 3 ヘ キシルチオフェンを 60 ℃で 10 時間反応させ,続いてヨウ素を反応させたところ 5 位がヨウ素化した 化合物が 88% の収率で得られ,触媒にメタル化が進行していることが確認できた。  一方,基質としてブロモチオフェンを用いた場合には,5 位のメタル化はほとんど進行せず,80% の転化率で 2 位の臭素がヨウ素に交換されたものが得られるだけであった。これは,触媒量用いたア ミンは反応に関与することなく Grignard 反応剤による金属−ハロゲン交換反応が優先したものと推定 される(Scheme 17)。そこでクロロチオフェンを基質に用いアミンと Grignard 反応剤との組み合わ せの最適化を行った。この際,位置選択性の発現を要する 3 −ヘキシルチオフェンの 5 位選択メタ ル化反応とは異なり 2 クロロ 3 ヘキシルチオフェンのメタル化反応では,それほどかさ高いアミン を必要としないと考え,アミンとアルキル Grignard 反応剤を変えていくつか検討を行った。その結果, 塩素原子の置換基効果により無置換の 3 ヘキシルチオフェンと 2 クロロ 3 ヘキシルチオフェンでは 脱プロトン化反応の反応性が大きく異なることが判明した。特に EtMgCl とジシクロヘキシルアミン
さらに見せる

16 さらに読み込む

後発工業国企業による新市場の革新的創出 -- 台湾企業によるネットブック事業の分析

後発工業国企業による新市場の革新的創出 -- 台湾企業によるネットブック事業の分析

む す び 本研究では,「ネットブック」の事例に即し て,後発国・台湾の企業がノート型 PC 産業の なかから新たに切り出した革新な新製品が, 先進国のコア部品ベンダーの製品戦略を攪乱し, 先進国のブランド企業を巻き込みながら,一定 の市場を獲得するに至った過程を分析した。 ノート型 PC 産業に代表される IT 機器産業では, 先進国企業,後発国企業の双方を重要なアク ターとするグローバルな産業内垂直分業が高度 に発展している。このような産業における製品 イノベーションのダイナミクスは,産業内分業 を構成する企業群の行動の間の相互作用を視野 に入れない限り,的確に把握することができな い。本稿ではこのような認識を踏まえて,①コ ア部品の供給を通じてノート型 PC の中核技術 を掌握してきたインテルとマイクロソフト,② 製品販路を掌握してきたアメリカ・日本のブラ ンド企業群,③台湾の受託生産企業群,④台湾 のブランド企業,の行動と対応行動の連鎖に 沿って,ネットブックの出現に先立つ時期の ノート型 PC 産業の市場秩序を明らかにし,そ のうえでネットブック市場の発展過程を分析し た。
さらに見せる

26 さらに読み込む

大腸菌の食品加工・調理器具素材への付着とバイオフィルム形成

大腸菌の食品加工・調理器具素材への付着とバイオフィルム形成

2、大腸菌群の各種非生物素材に対する付着性 6株の大腸菌群について、各種非生物素材への付着性を調べた。図1に結果を 示す。菌株によって、それぞれの素材に対する付着性は少し異なるが、全体とし て大腸菌群の付着性の高さは、ステンレス>ガラス>ポリ塩化ビニル=アルミニ ウム=ポリスチレン=ポリエチレン=ポリプロピレンの順となった。この結果 は、大腸菌 O157 の場合と同様であり、大腸菌群は各種非生物素材に対する付着 性の点で類似の性質を有すると考えられた。
さらに見せる

11 さらに読み込む

錯体触媒による革新的化学品製造技術の開発

錯体触媒による革新的化学品製造技術の開発

錯体触媒によるイノベーションと将来の展望  水和反応は原理に副生成物が出ないため、本質に環境への負荷が少ない反応 です。この反応に適用できる高活性触媒を開発し、しかも溶媒なしでアミド製造が 実現できたことは大きなイノベーションです。さらに、これを出発点として、他の 化学品を省エネルギー型水和反応により製造する技術開発を民間企業との連携によ り現在進めています。岡山大学では、このような自然と人間の共生を目指した研究 を通じて、我が国の産業技術開発を担う人材育成に取り組んでいます。
さらに見せる

2 さらに読み込む

JAIST Repository: 中国バイオベンチャー革新のための事業評価モデルの構築について : オプションゲームの視点から

JAIST Repository: 中国バイオベンチャー革新のための事業評価モデルの構築について : オプションゲームの視点から

1.序 近年、世界バイオ医薬産業は高スピードで発展してきた。しかし中国のバイオ医薬産業の95%を中 小ベンチャーが占め、その大半はジェネリック製品を生産販売している。新薬開発は高リスクではあ るが、薬効によっては成果としての特許期間内での市場独占によって膨大な利益獲得が期待できる。 このようにむしろ創薬は医薬業界の原動力であるにも関わらず、なぜ現状にように開発意欲が低いの であろうか?このような問題意識の下で、中国バイオ医薬産業の現状・可能性をゲーム理論及びリア ルオプションから分析して、外資系VCやバイオベンチャー企業家の理解向上を促し、バイオ産業の 発展への貢献が研究目的である。オプションゲームアプローチの応用の結果、ベンチャーにとって、 資源制約の下で単独の開発・生産の場合、ジェネリック選択が最善である可能性が理解できた。しか し、製薬大手の生産とベンチャーの開発との提携によって、Win-Winの関係が可能になること を今後検討したい。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...