重大事故等の

Top PDF 重大事故等の:

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(美容サービス(ネイル)での重傷事故等)

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(美容サービス(ネイル)での重傷事故等)

平成 29 年3月2日 消費者安全法重大事故に係る公表について 消費者安全法に基づき、平成 29 年2月 20 日から平成 29 年2月 26 日まで に関係行政機関から生命・身体被害に関する消費者事故として通知され た事案は 81 件、うち重大事故として通知された事案は 44 件でした。

11 さらに読み込む

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第2部 SPARKLE-2)改訂

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第2部 SPARKLE-2)改訂

4.8.2 節に示すとおり、LOFT 試験解析および実機プラントにおけるATWS解析においては、加 圧器逃がし弁及び安全弁下流は、圧力境界条件として背圧を設定した1つノードで模擬している が、以下にその妥当性について述べる。加圧器逃がし弁及び安全弁下流配管は、圧力損失が十分低 く、弁下流圧力は弁上流圧力半分以下となるため、ATWS重要現象である加圧器から冷却材 放出は臨界流として放出され、弁下流背圧影響を受けない。具体的には、 LOFT 試験設備加圧 器逃がし弁/安全弁下流側は、配管径は臨界点である弁のど部より大きく設計されており、また、 配管を経由して十分な容量を有するサプレッションベッセルに接続されているため、背圧を低く維持 できる。また実機プラントにおいても、加圧器逃がし弁/安全弁下流側配管は、 LOFT 試験設備と 同様に弁のど部より大きい配管径であり、配管接続先である加圧器逃がしタンクは、タンク圧力が 一定以上高くなればラプチャーディスクが破損するため、背圧は低く維持できる。このことから、 LOFT L9-3 試験解析および実機プラントにおけるATWS時加圧器逃がし弁及び安全弁から
さらに見せる

162 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1170111-06 平成29年1月4日 平成29年1月11日 電気敷毛布 火災 当該電気敷毛布を焼損する火災が発生。発火源も 含め、現在、原因を調査中。 愛知県 G1170111-08 平成29年1月5日 平成29年1月11日 普通乗用自動車 火災 当該普通乗用自動車を焼損する火災が発生。発火 源も含め、現在、原因を調査中。 神奈川県 G1170111-09 平成29年1月6日 平成29年1月11日 電気ストーブ(ハロゲンヒー
さらに見せる

7 さらに読み込む

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第1部 M-RELAP5)

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第1部 M-RELAP5)

図 4-30には複数ロッド表面温度試験データを示している。試験では、ループシール期間 中は高温側配管から炉心へ均一に落水せず、分布を持って落水する影響で、炉心内で冷却が不 均一となっており、ヒーターロッドごとにヒートアップ有無、ヒートアップ量が異なる。図 4-31に示す通り、蒸気発生器でリフラックス冷却時において、高温側配管から落水影響を 受けにくい位置ヒーターロッドがヒートアップしている。M-RELAP5では、3.3.2(1)に 記載した通り、リフラックスによる炉心冷却に不均一性が存在した場合でもヒートアップ挙動を 模擬できるモデルである改良 AECL-UO Look-up Table を組み込んでいる。そのため、図 4-30 においても、M-RELAP5では試験においてリフラックスによる落水が全く無いロッドであ る、最もヒートアップしているロッドより高い温度を計算している。実機スケールにおいても、 リフラックスによる炉心冷却に不均一性が存在すると考えられる。リフラックス冷却で炉心冷 却不均一性は燃料棒(燃料集合体)へ落水有無のみに依存する。実機では ROSA よりも スケールが大きいため、リフラックスによる炉心冷却不均一がより顕著になる可能性がある。 しかし、冷却不均一がより顕著になったとしても、最もヒートアップするは落水無い燃料 被覆管であり、落水無いロッド及びそれによるヒートアップについては ROSA 試験で確認で きている。従って、実機スケールで炉心冷却不均一による燃料被覆管ヒートアップは ROSA スケールでヒートアップと同じであり、ヒートアップ量に対するスケール影響は 無い。ROSA 試験解析で妥当性を確認した炉心冷却不均一による燃料被覆管ヒートアップ に対するM-RELAP5予測については、実機解析に適用できる。
さらに見せる

142 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

本公表内容については、 速報段階ものであり、 今後追加情報、 事故調査 進展により、変更又は削除される可能性があります。 関係行政機関及び地方公共団体から通知に関する問合せ 消費者庁消費者安全課 菊地 岸 岡田

5 さらに読み込む

泊発電所3号機 重大事故等対策有効性評価 操作および作業の成立性 評価説明資料

泊発電所3号機 重大事故等対策有効性評価 操作および作業の成立性 評価説明資料

 給水確保ため作業として屋外で数多くある、ホース敷設・接続作業について、手順10 「蒸気発生器へ給水確保」作業ステップ10-a-3「ホース敷設・接続」について比較した結果、 放射線防護装備装着有無で有意差がないことを確認した。  放射線防護装備を装着した状態では、作業者はタングステンベストを装着していることから作業服と 比較すると疲労感は感じるものの、高負荷作業が尐ないこと、且つ、重量物を人力にて昇降 するような作業が尐ないことから、作業時間に有意な影響を与えることはなかった。
さらに見せる

105 さらに読み込む

. 分析 ヘリコプター事故等の発生状況 ヘリコプター事故等は平成 9 年 月から平成 30 年 9 月までの 0 年強の間に 73 件 ( 事故 45 件 重大インシデント 8 件 ) 発生しています 本号では このうち事故等調査報告書が公表されている 63 件の事故等 ( 航空事故 40 件 航空

. 分析 ヘリコプター事故等の発生状況 ヘリコプター事故等は平成 9 年 月から平成 30 年 9 月までの 0 年強の間に 73 件 ( 事故 45 件 重大インシデント 8 件 ) 発生しています 本号では このうち事故等調査報告書が公表されている 63 件の事故等 ( 航空事故 40 件 航空

ヘリコプター事故について、安全運航確保が機長判断に一元的に委ねられるという面は あるものの、他乗組員や地上支援者による協力や連携が事故防止に果たす役割も大きいと感じま す。その要因一つとして、空港管制や運航会社地上局からサポートが比較的少なく、運航 時判断すべてを、操縦士を含む乗組員に任されていることに課題があるように感じています。 課題解決にあたっては、運航を始める前に必要な準備を全て整え、乗組員が余裕を持って運航 を行えるような環境づくりも重要だと思います。日々運航に携わるすべて皆様が、安全最優 先を念頭に置かれて、航空事故や航空重大インシデントには縁無い航空業務に邁進できるように なることを願ってやみません。
さらに見せる

28 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

概要について、以下とおり公表します。 1 . 消費者事故として通知された事案( 37 件) (1)関係行政機関より 36 件(食品- 11 件、製品- 24 件、運輸-1件) (2)地方公共団体より1件(役務-1件)

6 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(プール施設の脱水機での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について(プール施設の脱水機での重傷事故等) 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1170427-03 平成29年4月22日 平成29年4月27日 ガストーチ 火災 当該ガストーチを焼損する火災が発生。発火源も含 め、現在、原因を調査中。 埼玉県 G1170427-04 平成29年4月25日 平成29年4月27日 普通乗用自動車 火災 当該普通乗用自動車を焼損する火災が発生。発火 源も含め、現在、原因を調査中。 長野県 E3170501-01 平成29年4月28日 平成29年5月1日 運輸サービス(乗合バス) 重傷1名(80歳代)
さらに見せる

9 さらに読み込む

消費生活用製品の重大製品事故:リコール製品で火災(扇風機(無償製品交換・設置))等

消費生活用製品の重大製品事故:リコール製品で火災(扇風機(無償製品交換・設置))等

施 設 ソ ッ コ シ ス テ ム 株 式 会 社 法 人 番 号 : 8 1 8 0 0 0 1 0 7 5 」 8 8 輸入し ソ ッ 株式会社 販売し 扇風機 使用中 当 製品及び周辺 焼損 す 火災 発生し し 当 事故 原因 現在 調査中 す 当 製品 モーター組 付け工程 い モ ー タ ー ー 線 首 振 部 部 品 挟 込 芯 線 一 部 断 線 し 使用時 首振 運転 伴い断線 進行し 接触不良 異常発熱し モーター ー

6 さらに読み込む

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

消費者安全法の重大事故等に係る公表について 公表資料 2017年|消費者庁

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1170405-05 平成29年4月2日 平成29年4月5日 ガスふろがま 火災 当該ガスふろがまを焼損する火災が発生。発火源 も含め、現在、原因を調査中。 大阪府 G1170405-06 平成29年4月5日 平成29年4月5日 ノートパソコン 火災 当該ノートパソコンを焼損する火災が発生。発火源 も含め、現在、原因を調査中。 滋賀県 G1170405-07 平成29年2月22日 平成29年4月5日 普通乗用自動車 火災 当該普通乗用自動車を焼損する火災が発生。現
さらに見せる

7 さらに読み込む

消費生活用製品の重大製品事故:除雪機についての注意喚起、リコール製品で負傷事故等(自転車、電動アシスト自転車)

消費生活用製品の重大製品事故:除雪機についての注意喚起、リコール製品で負傷事故等(自転車、電動アシスト自転車)

消費生活用製品安全法重大製品事故報告・公表制度が施行された 2007 年(平 成 19 年)5月以降、報告あった除雪機事故については、これまでに 28 件 死亡事故及び 13 件重傷事故が発生しています(本件を含む。) 。 除雪機に誤って巻き込まれるなどした場合には、死亡又は重傷事故につながる おそれが高いことから、消費者皆様におかれては、取扱説明書記載や表示に 従い正しく使用してください。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 1 立入検査の状況 2 2 命令に係る事項 3 3 その他輸送の安全に重大な関係を有する事項 (1) 船舶事故等の発生状況 6 (2) 船種別事故等の発生状況 7 (3) 主な指導内容 9

目 次 はじめに 1 1 立入検査の状況 2 2 命令に係る事項 3 3 その他輸送の安全に重大な関係を有する事項 (1) 船舶事故等の発生状況 6 (2) 船種別事故等の発生状況 7 (3) 主な指導内容 9

事故概要】 平成28年6月27日、旅客船が着岸する際、陸上作業員により船首側 係船索を取り、続いて船尾を岸壁に寄せようとしたが、風を受け船尾が岸壁 から離れ始めたため、後進を掛け体制を立て直したうえで再度着岸を試みよ うとしたが、行き足がない状態で風に流され、停泊していた他船舶に接触 した。

13 さらに読み込む

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付3 溶融炉心とコンクリートの相互作用について

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付3 溶融炉心とコンクリートの相互作用について

一方、炉心デブリとコンクリート熱流束についても、水と熱伝達場合と同様 であり、炉心デブリ冷却に時間を要することから、コンクリートへ熱流束が僅か に大きいが、長時間継続することはないため、コンクリート侵食量へ影響は僅か であり、継続的なコンクリート侵食が発生する状況ではない。なお、炉心デブリとコ ンクリートと熱伝達については、基本的には炉心デブリ側からコンクリート側 に熱が流れるが、熱が逆向きに流れることもある。これは、コンクリート表面温度は 炉心デブリが落下した後に急激に上昇し、その後、炉心デブリが上面水に冷却され るためコンクリート表面温度も低下するが、その際一時的にコンクリート表面温度と 炉心デブリ温度が逆転する場合があり、そのときに炉心デブリとコンクリートと 熱流束が負値となるためである。MAAP 解析モデルでは、溶融プールとクラス ト界面は対流熱伝達を仮定する。 クラスト内部は2次関数温度勾配を持つと仮定 し、クラストとコンクリート界面がコンクリート表面温度となる。コンクリート内 では、深さ方向に1次元熱伝導方程式により温度分布を持つ仮定としている。炉心 デブリとコンクリート熱伝達には不確かさが存在するが、接触面積が小さくな る場合には、コンクリートへ伝熱量が小さくなり、コンクリート侵食は抑制される 方向となるため、不確かさ観点では問題とならない。
さらに見せる

73 さらに読み込む

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付3 溶融炉心とコンクリートの相互作用について 改訂

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付3 溶融炉心とコンクリートの相互作用について 改訂

3.3-57 一方、キャビティ水量に関しては、水深が浅い方が、溶融炉心細粒化量が小さく なる傾向がある。MAAP 解析モデルでは、格納容器内流動は、ノード−ジャンク ションモデルによって、ブローダウン水、スプレイ水キャビティへ流入量を計 算し、キャビティ幾何形状に基づき、水位(水深)を計算している。すなわち、格 納容器形状とスプレイ開始タイミング(事故シーケンス)で決まる。格納容器形状 に関してはプラント設計データにより設定されることから不確かさは小さい。一方で、 溶融炉心落下時にもキャビティへ注水が継続した状態であることから、キャビテ ィへ注水や溶融炉心落下タイミングによっては、キャビティ水深が変化し得る ことから、事故シーケンスに基づく不確かさは存在すると考えられる。キャビティ水 深が浅い場合には、細粒化量が少なくなる傾向になり、キャビティ床に堆積する炉心 デブリうち、十分に冷却されないまま液滴が凝集するかあるいは連続相として堆積 する割合が増大する。水深が深い場合には、細粒化及び固化する量が多くなり、デブ リベッドとして堆積する割合が増大する。定性的には、前者状態では、炉心デブリ は冷却されにくくなるといえる。また、炉心デブリが段階的にキャビティに落下する 場合、溶融デブリが落下するたびに、一部が細粒化し、残りが連続相としてキャビテ ィ床に堆積し、キャビティ内水が蒸発してキャビティ水深が浅くなることを繰り返 す。炉心デブリが段階的にキャビティに落下することによるキャビティ水深減少は、 炉心デブリ冷却観点で厳しくなる。このように、キャビティ水深については不確か さが存在するため、代替格納容器スプレイ作動タイミング感度を確認することに よって、水深不確かさ影響を把握する。
さらに見せる

121 さらに読み込む

泊発電所3号機重大事故等対策有効性評価 操作および作業の成立性 評価説明資料(第26回審査会合 改定版)

泊発電所3号機重大事故等対策有効性評価 操作および作業の成立性 評価説明資料(第26回審査会合 改定版)

16. 建屋内操作および作業現場へアクセス性について 1. 常設・仮設物状況  現場における常設・仮設品配備に当たっては、地震発生時に設備へ影響を与えないこと'転 倒、散乱、スケーティング(および操作・巡視点検時に影響を与えないような距離をとることを社 内規定に定めており、下記写真ように固定・固縛をしている。また、仮に転倒・散乱したとして も、通行に支障を来たすようなものは置いていないため、操作・作業現場へアクセスに影響を 与えることはない。
さらに見せる

117 さらに読み込む

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付2 溶融炉心と冷却水の相互作用について 改訂

重大事故等対策の有効性評価に係るシビアアクシデント解析コードについて(第3部 MAAP)添付2 溶融炉心と冷却水の相互作用について 改訂

3.2-28 定する。なお、推奨範囲とは、FCI 大規模実験に対するベンチマーク解析におい て検討された範囲ことである。FCI 大規模実験条件として、水プール水深 は 0.87∼2.05m、水プールサブクール度は飽和∼124K、雰囲気圧力条件は 2∼ 5.8MPa(高圧条件)、0.2∼0.5MPa(低圧条件)を考慮している。一方、溶融炉心 がキャビティへ落下する時点特徴的な条件では、キャビティ水位は 1∼2m 程度、 キャビティ内冷却材サブクール度は数十℃、雰囲気圧力は 0.2∼0.3MPa(abs) 程度であり、実験条件は有効性解析特徴的な条件を包絡する。したがって、実験 で検討された範囲に対して感度を確認すれば十分といえる。なお、デブリジェット 径については、実験条件と実機条件に差があり、実機条件方が、径が大きい。こ ため、実機条件では細粒化される溶融炉心は一部であり、残り大部分は連続相 ままキャビティ床に堆積すると考えられる。実験ではジェット径に対して水深が 深いため、ジェット先端が床に到達せず、ほとんどすべて炉心デブリが細粒化 されており、この条件に対してエントレインメント係数幅が評価されている。し たがって、実機条件ように、ジェット径に対する水深が浅い場合には、エントレ インメント係数はより小さく評価されると考えられる。実機条件に対して当該変数 推奨値最大値を与えて感度解析を実施することは、実現象よりも FCI 影響を過 大に評価することになる。
さらに見せる

44 さらに読み込む

消費生活用製品の重大製品事故:リコール製品で負傷事故等(電気洗濯乾燥機、タブレット端末、電気ストーブ(オイルヒーター)、電動アシスト自転車)(3月30日)

消費生活用製品の重大製品事故:リコール製品で負傷事故等(電気洗濯乾燥機、タブレット端末、電気ストーブ(オイルヒーター)、電動アシスト自転車)(3月30日)

消費者庁及び経済産業省では、ハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車及 び電動アシスト自転車において、走行時に錠が誤作動し、ハンドル操作ができなく なり転倒するなど事故が発生していることから、注意を喚起しています。 〇消費者庁 (令和元年6月 24 日、 消費者安全法第 38 条第1項規定に基づく公表) ハンドルロック「一発二錠」ケースが破損していたらすぐに自転車使用を中 止してください!
さらに見せる

17 さらに読み込む

News Release 平成 27 年 4 月 2 日 消費者安全法の重大事故等に係る公表について 消費者安全法に基づき 平成 27 年 3 月 23 日から平成 27 年 3 月 29 日までに関係行政機関等から生命 身体被害に関する消費者事故等として通知された事案は 63 件 うち重大事故等と

News Release 平成 27 年 4 月 2 日 消費者安全法の重大事故等に係る公表について 消費者安全法に基づき 平成 27 年 3 月 23 日から平成 27 年 3 月 29 日までに関係行政機関等から生命 身体被害に関する消費者事故等として通知された事案は 63 件 うち重大事故等と

管理番号 事故発生日 通知受理日 製品名 被害状況 事故内容 事故発生 都道府県 備考 G1150323-01 平成27年3月17日 平成27年3月23日 電気冷凍庫 火災 当該電気冷凍庫を焼損する火災が発生。発火源も 含め、現在、原因を調査中。 石川県 G1150323-02 平成27年1月13日 平成27年3月23日 バッテリー(携帯端末用) 火災 当該バッテリー(携帯端末用)を焼損する火災が発 生。発火源も含め、現在、原因を調査中。 群馬県

7 さらに読み込む

航空輸送の安全にかかわる情報の中間報告 ( 平成 23 年度上半期 ) 平成 23 年 12 月国土交通省航空局 1. 航空事故 重大インシデントの発生の概況 1-1 航空事故 重大インシデントの発生の概況平成 23 年度上半期においては 以下の本邦航空運送事業者の運航に伴う航空事故及び重大インシデ

航空輸送の安全にかかわる情報の中間報告 ( 平成 23 年度上半期 ) 平成 23 年 12 月国土交通省航空局 1. 航空事故 重大インシデントの発生の概況 1-1 航空事故 重大インシデントの発生の概況平成 23 年度上半期においては 以下の本邦航空運送事業者の運航に伴う航空事故及び重大インシデ

運輸安全委員会により調査中 当該エンジンにおいて高圧タービン2段目 ブレード破断により他ブレードが破 損していたことが発見されるとともに、破断 した高圧タービン2段目ブレードうち1枚 ブレード根元部肉厚が薄いことが発見 さ れ たため 、 予 防 的 措 置 と し て 、 当 該ブ レードが修理された時期と同時期に修理さ れた他73枚ブレードを装着しているエ ンジン(2台)について交換を実施 今後も運輸安全委員会調査状況を踏 まえ、必要により更なる対策を実施
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...