連結売上高 180億円

Top PDF 連結売上高 180億円:

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報 当第 2 四半期の売上高は 8,368 億円 営業利益は 2,521 億円 経常利益は 2,373 億円 四半期純利益は 1,448 億円となりました 売上を事業の種類別に見ますと レジャー機器部門において 携帯型ゲーム機関連では ニンテ

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報 当第 2 四半期の売上高は 8,368 億円 営業利益は 2,521 億円 経常利益は 2,373 億円 四半期純利益は 1,448 億円となりました 売上を事業の種類別に見ますと レジャー機器部門において 携帯型ゲーム機関連では ニンテ

3.連結業績予想に関する定性的情報 当社グループは、提供する娯楽を通じて関わる多くの人々を笑顔にしたいとの考えの下、継続的な「ゲーム人 口の拡大」に取り組み、老若男女を問わず多くの方々に楽しんでもらえる製品の提供に努めています。 「ニンテンドーDS」においては、「一人に一台」という究極の普及目標に近づけるべく、本体保存メモリを搭載し 自分専用の「マイ DS」を作れる「ニンテンドーDSi」を日本で 2008 年 11 月1日に発売します。また、「Wii」においても、 引き続きゲーム初心者や熟練者の両者にとって魅力的なソフトウェアや新しい遊びを発見できる周辺機器の開発 に取り組んでいきます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

主要KPI一覧 24 セグメント 3/’16 6/’16 増減 3/’17 連結 au累計契約数 (万) 4,591 4,659 +68 4,871 パーソナル au累計契約数 (万) 3,824 3,846 +22 3,924 一人当たりモバイルデバイス数 (台) 1.41 1.42 +0.01 1.44 スマートフォン浸透率 (%) 58.2 58.9 +0.7pt -- auスマートバリュー(モバイル) (万) 1,155 1,183 +28 -- auスマートバリュー(固定) (万) 572 585 +13 -- バリュー auスマートパス (万) 1,447 1,464 +17 --
さらに見せる

28 さらに読み込む

連結経常利益 連結当期純利益の推移 連結経常利益および連結当期利益は 5 期連続増益を達成 連結経常利益は過去最高水準の114 億円規模を達成 連結当期純利益は9 期ぶりに過去最高を更新 (59.3 億円 74.8 億円 ) 2

連結経常利益 連結当期純利益の推移 連結経常利益および連結当期利益は 5 期連続増益を達成 連結経常利益は過去最高水準の114 億円規模を達成 連結当期純利益は9 期ぶりに過去最高を更新 (59.3 億円 74.8 億円 ) 2

電子材料関連用途等の堅調な国内需要に加え、海外向け医薬品原料用途の新規案件の 受注に注力。  飲料 西日本地域を中心とした猛暑等により売上が堅調に推移。レジン価格の低下による原価 低減や多品種小ロットへの対応が、収益性の向上に寄与。

25 さらに読み込む

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

新たに参入したコントラクトは約 13 兆の市場規模 (4) 業界構造 ガーデニング用品に限定すれば、 中小規模の同業者がひしめき合う中で、 唯一の上場会 社である同社が国内で最大級の規模を誇っている。 また、 本格参入したエクステリア (門 扉、 フェンス等の外構) の市場規模は約 6,000 (同社推定) と推定され、 全国エクス テリア工業会の会員 5 社 (同社のほか、 三協立山 <5932>、 四国化成工業、 LIXIL<5938>、 YKKAP エクステリアが上位を占めていると考えられる (5 社合計で約 2,000 )。 一方、 新たに参入したコントラクト (非住宅市場の建材、 外装) については、 建築業界を中心に約 13 兆と大きな市場を形成している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

 「JOSEPH・GIBO’CO.」の世界戦略を加速  自社開発ブランドによる中国を中心としたアジアでの 売上拡大 総合リゾート事業として収益化の実現を目指す 総合リゾート事業として収益化の実現を目指す

14 さらに読み込む

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

営業増益になるとみていた。こうした見方に大きな変更はないものの、国内 の美容用コラーゲンペプチドや衛生材料用接着剤の販売苦戦に加え、インド での洪水の影響もあり、売上の見通しを小幅減額した。これらは営業利益 の面でもマイナス要因となるが、北米のコラーゲンペプチドが大きく出荷を 伸ばしているほか、今後は遅れていた製品価格引き上げが進むことで採算も 改善し、通期で従来想定通りの営業増益を達成できよう。上期に発生した為 替差益の影響を織り込んで、経常利益は見通しを増額。特別利益も予想を上 回ったため、純利益は大きく上方修正した。なお、会社側は、上期の決算発 表にあわせて従来見通しを売上 382 →371 、営業利益 13 → 12 へ修正している。
さらに見せる

9 さらに読み込む

業績推移 ( 連結 ) と中期経営計画 ( 億円 ) ( 億円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 期計 期計 11/3 期以前はザ トーカイの連結業績 伪決算動向伪 売上高は半期ベースで 5 期連続の増収となり過去最高を更新 (1) 2015 年 3 月期の

業績推移 ( 連結 ) と中期経営計画 ( 億円 ) ( 億円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 期計 期計 11/3 期以前はザ トーカイの連結業績 伪決算動向伪 売上高は半期ベースで 5 期連続の増収となり過去最高を更新 (1) 2015 年 3 月期の

㻝㻟㻛㻟期㻠㻽 㻝㻠㻛㻟期㻝㻽 㻝㻠㻛㻟期㻞㻽 㻝㻠㻛㻟期㻟㻽 㻝㻠㻛㻟期㻠㻽 㻝㻡㻛㻟期㻝㻽 㻝㻡㻛㻟期㻞㻽 (千件) アクア顧客件数 ○その他事業 その他事業においては、 売上が 22 、 営業損失が 26 とそれぞれ前年同期並 みの水準となった。 介護事業で 7 月に 「リフレアみずほ (デイサービス施設)」 (静岡市)、 8 月に 「リフレア上土 (介護付き有料老人ホーム及びデイサービス施設)」 (静岡市) を開設し、 合計で 7 施設となっている。 各施設とも利用者数は順調に増加し、 売上は増収となったが、 一方で先行投資負担が増加したことで営業損失が拡大する形となっている。 また、 婚礼催事 事業は挙式数の減少傾向が続いており、 売上の減少傾向が続いている。 現在婚礼式場と して静岡県内に 3 拠点を有しているが、 このうち 1 拠点を 2015 年 3 月末に閉鎖することを決 定している。
さらに見せる

15 さらに読み込む

2012 年 3 月期連結決算実績 震災 タイの洪水 円高の影響により 情報電子 合成樹脂 化学品の主要 3 分野が伸び悩み 売上高 営業利益共に 減 一方で 持分法投資損益は改善し 経常利益 当期純利 益は計画を上回る 2012 年 3 月期連結業績 対計画比 売上高 : 4,644 億円 256

2012 年 3 月期連結決算実績 震災 タイの洪水 円高の影響により 情報電子 合成樹脂 化学品の主要 3 分野が伸び悩み 売上高 営業利益共に 減 一方で 持分法投資損益は改善し 経常利益 当期純利 益は計画を上回る 2012 年 3 月期連結業績 対計画比 売上高 : 4,644 億円 256

スペシャリティケミカル 自動車部品から電子材料まで多岐にわたる業界に機能化学品をグローバルに展開。 パフォーマンスケミカル 塗料、インキ業界向けを中心としたコーティング原材料と製紙関連薬品、接着剤原料および製品等、幅広 い商品をタイムリーに提供。 住宅建材 住宅メーカー・建材メーカー向けパーティクルボード 木材 集成材 建材 プラスチック製品などの販売 住環境

32 さらに読み込む

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

米ドル 105 103 104 ▲87 120 ▲16 105 ▲1 ユーロ 118 113 116 ▲147 133 ▲17 120 ▲4 インド ルピー 1.58 1.57 1.58 ▲323 1.85 ▲0.27 1.60 ▲0.02 インドネシア

26 さらに読み込む

1. 第 4 期中期経営方針の振り返り 世界中の人々に 貼って手当てすることの良さを伝える 振り返り - 売上高 ( 最終 ) 年度目標 :1,900 億円 結果 :1,506 億円 (79.3%) 売上高 < 主な差異 > 1,246 1,900 1,506 医療用医薬品

1. 第 4 期中期経営方針の振り返り 世界中の人々に 貼って手当てすることの良さを伝える 振り返り - 売上高 ( 最終 ) 年度目標 :1,900 億円 結果 :1,506 億円 (79.3%) 売上高 < 主な差異 > 1,246 1,900 1,506 医療用医薬品

世界中の人々に、貼って手当てすることの良さを伝える 9 1-6. 振り返り -配当・資本政策- • 配当およびROE(自己資本純利益率) 連結配当性向 30%以上の維持 [2013(最終)年度 100/株] 連結ROE 15%以上の維持

14 さらに読み込む

業種 サービス業 直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員数 1000 人以上 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社以上 50 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指

業種 サービス業 直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員数 1000 人以上 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社以上 50 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指

根本 豊 ○ 独立役員に指定しております。 日本電気株式会社において国内外を含めた関 係会社の経営管理に従事し、監査役も歴任し ており、さらに公認内部監査人の資格を有する など、豊富な経験と幅広い見識を有しておりま す。当社は、同氏が当グループの国内外会社 の経営体制に対し、十分な理解を有し、取締役 の業務執行に対する監査を有効に実施するも のと考え、同氏を社外監査役に[r]

10 さらに読み込む

直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員 500 人以上 1000 人未満数 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針 5. その他

直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員 500 人以上 1000 人未満数 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針 5. その他

――― 【インセンティブ関係】 取締役へのインセンティブ付与に関する 施策の実施状況 実施していない 該当項目に関する補足説明  経営陣が、報酬の増大化を図るため、不当な決算処理や株価対策などモラルの低下をもたらす可能性があるため、現在においては実施してお りません。 ストックオプションの付与対象者 該当項目に関する補足説明 ――― 【取締役報酬関係】 (個別の取締役報[r]

11 さらに読み込む

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

5 自己資本当期純利益率 % 11.25%以上 × 10.6 % 12.0 13.7 14.5 16.3 6 自己資本構成比率 % 60%以上 ○ 76.5 % 73.0 69.7 58.9 59.1 7 インタレスト・カバレッジ 倍 20倍以上 ○ 750.6 倍 455.8 319.6 217.3 152.9 8 総売上増加率 % 10%以上 × 9.5 % 11.2 5.5 5.0 9.2

27 さらに読み込む

ブラザー工業の概要 称号 : ブラザー工業株式会社 ( 東証 1 部上場 ) 創 業 :1908 年 4 月 売上高 :5,664 億円 ( 連結 )(2007 年度 ) 従業員 :23,809 名 ( 連結 ) (2008 年 3 月 31 日現在 ) 拠点 :40 の国と地域 (2008 年 9

ブラザー工業の概要 称号 : ブラザー工業株式会社 ( 東証 1 部上場 ) 創 業 :1908 年 4 月 売上高 :5,664 億円 ( 連結 )(2007 年度 ) 従業員 :23,809 名 ( 連結 ) (2008 年 3 月 31 日現在 ) 拠点 :40 の国と地域 (2008 年 9

メッセージは各端末のルーティングテーブルに従って転送 1万 1万 / / 100万 100万 / / 1端末 1端末 3.32 3.32 / / 4.98 4.98 / / 6.64回 6.64回 最適な配置

24 さらに読み込む

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

基本方針 ■ 「安全」と「確かなものづくり」を徹底した 「CSR」を推進 する。 ■ 「競争に勝ち、生き残る」ための強靭で柔軟な グループ連携体制 を構築する。 当3年間は、基本方針を踏まえ、 「中核連結体制の事業基盤」 を さらに確立させる 「事業期間」

27 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

取締役 髙 た か 野 の  由 ゆ 美 み 子 こ ホテル事業管掌、経営戦略部担当、 株式会社ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役社長 取締役 か た  山 や ま  雄 ゆ う  一 い ち テーマパーク統括本部長 取締役 横 よ こ  田 た  明 あ き  宜 よ し 経理部・広報部・ビジネスソリューション部・ 関連事業部担当、関連事業部長 取締役 た か  橋 は し    渉 わたる 社会活動推進部・シアトリカル事業部管掌、 総務部・事業法務部・IT戦略推進部・食の安全監理室・ 監査部担当、事業法務部長
さらに見せる

28 さらに読み込む

中期経営目標 経営目標数値 ( 連結ベース ) 2016 年度 (2017 年 3 月期 ) 実績 2017 年度 (2018 年 3 月期 ) 予想 2020 年度 (2021 年 3 月期 ) 目標 売上高 447 億円 470 億円 550 億円 経常利益 10 億円 11 億円 20 億円

中期経営目標 経営目標数値 ( 連結ベース ) 2016 年度 (2017 年 3 月期 ) 実績 2017 年度 (2018 年 3 月期 ) 予想 2020 年度 (2021 年 3 月期 ) 目標 売上高 447 億円 470 億円 550 億円 経常利益 10 億円 11 億円 20 億円

4 4.中期経営目標達成のための3つ経営資源 (1)「人事・人材プラン(人) 」人の視点から経営の目標達成に貢献する 当社グループとして活躍出来る人材の確保と能力開発を行うことで「人的資源の創出」 を行います。 グループ会社で横断的に人材活用、積極的なプロフェッショナル人材の中途採用、並 びにM&Aによる人材確保を行い、「機能的・均一的・横断的な人員配置」を図り[r]

7 さらに読み込む

概要 創立 代表取締役会長 代表取締役社長 1934 年 ( 昭和 9 年 )1 月 20 日 古森重隆中嶋成博 連結売上高 連結営業利益 2012 年度 2 兆 2,147 億円 2012 年度 1,141 億円 2013 年度予想 2 兆 4,000 億円 2013 年度予想 1,400 億円

概要 創立 代表取締役会長 代表取締役社長 1934 年 ( 昭和 9 年 )1 月 20 日 古森重隆中嶋成博 連結売上高 連結営業利益 2012 年度 2 兆 2,147 億円 2012 年度 1,141 億円 2013 年度予想 2 兆 4,000 億円 2013 年度予想 1,400 億円

2018 年以降には 年以降には 9 9 つのパイプラインから新薬が貢献、収益の柱の事業へ つのパイプラインから新薬が貢献、収益の柱の事業へ <事業 会社 による売上・収益貢献> 長年培ってきた解析技術・生産技術など、さまざまな技術や経験を 活かした、既存の製薬会社とは異なる新しいアプローチで開発を加速。 -9つの新薬候補(パイプライン)を開発中

46 さらに読み込む

会社紹介 社名 : 住友商事株式会社設立 :1919 年業態 : 総合商社資本金 : 2,193 億円売上高 (2009 年度 ): 7 兆 7,672 億円連結純利益 (2009 年度 / 米基準 ):1,552 億円連結子会社 :566 社 ( 海外 420 社 国内 146 社 ) 従業員数

会社紹介 社名 : 住友商事株式会社設立 :1919 年業態 : 総合商社資本金 : 2,193 億円売上高 (2009 年度 ): 7 兆 7,672 億円連結純利益 (2009 年度 / 米基準 ):1,552 億円連結子会社 :566 社 ( 海外 420 社 国内 146 社 ) 従業員数

WLBの成果 従業員意識調査(2007年11月) ●フリーコメント(計1,762件) WLBコンセプトを会社が導入したことに対しては、大部分(約1,700件)が肯定的 ◆WLB全般に関するコメント ・「滅私奉公」時代の終焉を感じる ・会社としてWLBを提唱・推進している点が非常に評価できる ・会社が社員を大切にしてくれることにより、会社への忠誠心が増した ・無駄な仕事が[r]

20 さらに読み込む

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

米ドル 99 95 97 +65 83 +14 96 +1 ユーロ 130 125 127 +139 107 +20 126 +1 インド ルピー 1.70 1.60 1.65 +76 1.54 +0.11 1.65 - インドネシア

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...