財務活動によるキャッシュ・フローは24百万円の支出とな

Top PDF 財務活動によるキャッシュ・フローは24百万円の支出とな:

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

当中間期に関しまして、全国的に公共防食工事物件数が大幅に増加し、それに伴い当社受注件数も大きく 増加したため、売上高防食工事関連で 1,142,515 千(前年同期比 66.3%増) 、防食工事増加に伴い、関連する 材料販売も堅調に出荷量が増加したため、建設材料販売関連売上高 864,363 千(前年同期比 12.9%増) りました。混和剤関連売上高、関西圏大型公共工事減少により生コン出荷量減少しましたが、高機能 薬剤へ切り替えを推進し、主要生コン工場シェアアップを図ったことで、236,334 千(前年同期比 6.9%増) なりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

[ 第 3 四半期の財政状態 ( 連結 ) の変動状況に関する定性的情報等 ] 1 財政状態の変動状況当期より連結財務諸表を作成しており 当第 3 四半期末における総資産は5,065 百万円 株主資本は3,676 百万円 株主資本比率は72.6% となっております 2キャッシュ フローの状況 ( 営

[ 第 3 四半期の財政状態 ( 連結 ) の変動状況に関する定性的情報等 ] 1 財政状態の変動状況当期より連結財務諸表を作成しており 当第 3 四半期末における総資産は5,065 百万円 株主資本は3,676 百万円 株主資本比率は72.6% となっております 2キャッシュ フローの状況 ( 営

 かかる状況中、当社平成17年7月19日付で株式会社エー・アイ・ピーを連結子会社いたしました。当社グ ループとして、潜在需要が認められる新規顧客開拓および既存顧客取引拡大に注力するとともに、海外調 査サービス拡大普及をはかることで、売上高および市場シェア拡大に取り組んでまいりました。また、独自 開発ネットリサーチシステムAIRs(Automatic Internet Research System : エアーズ)を全面再構築、新たに第 三世代システムAIRs3へ刷新し、サービスを開始いたしました。当社グループとして、基幹システムに大幅バ ージョンアップを加え、さらに付加価値高いリサーチサービス提供に取り組むことで、今後売上高および市 場シェア拡大に対する積極的施策を講じてまいりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

本マニュアルについて 本マニュアルでは間接法のキャッシュフロー計算書にて マスタ設定だけでは集計できない項目例と 集計金額を調整する場合の操作方法について解説しています 間接法でキャッシュフロー計算書を作成する場合 業務活動によるキャッシュ フロー は 当期純利益から現金支出を伴わない金額を調整して

本マニュアルについて 本マニュアルでは間接法のキャッシュフロー計算書にて マスタ設定だけでは集計できない項目例と 集計金額を調整する場合の操作方法について解説しています 間接法でキャッシュフロー計算書を作成する場合 業務活動によるキャッシュ フロー は 当期純利益から現金支出を伴わない金額を調整して

※注意※ ☆ 上記処理一例です。今ある項目に調整定数を使用し調整する方法もあります。 ☆ 雑支出行を追加し処理する方法、P6「雑支出・雑収益等行作成について」を参照してください。 ☆ 今ある項目に調整定数を使用し調整する方法、P2「調整定数入力方法について」を参照してください。 ☆ 貸方が未収金・引当金・貯蔵品等、「Ⅰ業務活動によるキャッシュフロー」に設定されている科目場合調整
さらに見せる

20 さらに読み込む

簡易版ファクト シート ( 決算データに基づく財務指標 財務健全性検証 ) 215 年 11 月 17 日 会社発表決算データに基づくスプリングキャピタル社試算経営指標等 ( 単位 : 百万円 % 倍 ) 会社発表決算データに基づく財務指標及びキャッシュフロー ( スプリングキャピタル社算出 ) 会

簡易版ファクト シート ( 決算データに基づく財務指標 財務健全性検証 ) 215 年 11 月 17 日 会社発表決算データに基づくスプリングキャピタル社試算経営指標等 ( 単位 : 百万円 % 倍 ) 会社発表決算データに基づく財務指標及びキャッシュフロー ( スプリングキャピタル社算出 ) 会

・ 本レポートにおける「経営指標総合」(SC社ポイント)、大項目である「成長性」、「資本利益率」、「売上高利益 率」、「健全配当性向」総合評価点であり、各配分30%、25%、20%、25%なっている。 ・ 各大項目を構成する中・小項目P9、P10に記載している。また、各小項目、最高偏差値80、最低偏差値2 0なるように極端値(極値)補正を行っている。また、中項目、大項目小項目に基づくSC社ポイントであり補 正行っていないが、数度偏差値を求める作業により、大項目SC社ポイント平均点50なっている。また、平均 順位における大項目SC社ポイント、それぞれ、「経営指標総合」:49.7、「成長性」:49.8、「資本利益率」: 49.2、「売上高利益率」:48.3、「健全配当性向」:49.5なっている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

1 ○添付資料目次 1.経営成績等概況 ……………………………………………………………………………………P.2 (1)当期経営成績概況 …………………………………………………………………………P.2 (2)当期財政状態概況 …………………………………………………………………………P.2 (3)当期キャッシュフロー概況 ……………………………………………………………P.2 (4)今後見通し ……………………………………………………………………………………P.3 2.会計基準選択に関する基本的考え方 …………………………………………………………P.3 3.連結財務諸表及び主注記 …………………………………………………………………………P.4 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………P.4 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………P.6 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………P.8 (4)連結キャッシュフロー計算書 ………………………………………………………………P.9 (5)連結財務諸表に関する注記事項 ………………………………………………………………P.10 (継続企業前提に関する注記) …………………………………………………………………P.10 (会計方針変更) …………………………………………………………………………………P.10 (セグメント情報等) ………………………………………………………………………………P.10 (1株当たり情報) …………………………………………………………………………………P.10 (重要後発事象) …………………………………………………………………………………P.10
さらに見せる

12 さらに読み込む

第 部 B/S とキャッシュフロー 表 B 金満家この 1 年間の投資と調達の内容 ( 昨年末 ~ 本年末 )( 単位 : 百万円 ) 車 15 家 5 銀行借入 5 内部留保 ( 注 ) 昨年末と本年初は同じ B/S この結果 本年末の B/S は表 C のようになります 表 C

第 部 B/S とキャッシュフロー 表 B 金満家この 1 年間の投資と調達の内容 ( 昨年末 ~ 本年末 )( 単位 : 百万円 ) 車 15 家 5 銀行借入 5 内部留保 ( 注 ) 昨年末と本年初は同じ B/S この結果 本年末の B/S は表 C のようになります 表 C

この結果、運転資金、固定資金源泉別状況が明らかになります。運転固定資金不足や余剰を どのように調達した財務資金欄が示します。運転面で売上が伸びたため運転資金不足が生じ ました。固定面で新た設備投資を現金利益で賄えませんでした。これら不足を借入金で調達し ましたが、不足を上回る額を借り入れたため現金・預金積み増しなりました。

8 さらに読み込む

キャッシュ・フロー経営とキャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー経営とキャッシュ・フロー計算書

基本財務諸表が貸借対照表、損益計算書、だけであった時代よりも、CFSが基本財務諸表に 加えられたことにより、CF 経営実践程度も、より分析・評価しやすくなったので、経営者 、CF 重視経営姿勢を強めざるを得ない情勢になっている考えられる。 米国で、CFSが導入される過程で、証券アナリストや金融機関などから、直接法による営 業 CF 計算を求める意見が多く出された。SFAS95 、直接法を採用し、別個明細表におい て純利益営業活動による正味 CF 調整を提供することを推奨している(par.119)。 2001 年 10 月、IASB 第 6 回会議が開催され、CFS原則である IASB 原則書案原則 10 、 事業活動について、直接法により CF を報告すべきである提言している 51 ) 。
さらに見せる

18 さらに読み込む

簡易版ファクト シート ( 決算データに基づく財務指標 財務健全性検証 ) 218 年 12 月 14 日 会社発表決算データに基づくスプリングキャピタル社試算経営指標等 ( 単位 : 百万円 % 倍 ) 会社発表決算データに基づく財務指標及びキャッシュフロー ( スプリングキャピタル社算出 ) (

簡易版ファクト シート ( 決算データに基づく財務指標 財務健全性検証 ) 218 年 12 月 14 日 会社発表決算データに基づくスプリングキャピタル社試算経営指標等 ( 単位 : 百万円 % 倍 ) 会社発表決算データに基づく財務指標及びキャッシュフロー ( スプリングキャピタル社算出 ) (

・ 本レポート、客観的視点に立った経営指標ランキングを企業がモニタリングすることを目的に作成されており、投資勧誘 等を意図したものでない。そのため、投資判断、投資行為投資家自ら意思で行われることであり、同社及びSC社、 その行為、結果等に一切責任を負わない。 ・ SC社、本レポート配布について、同社に制限を定めないが、経営指標ランキング、及び比較レポートに関する全てデー タ著作権を含む知的所有権SC社に帰属する。そのため、本レポート閲覧者などが、SC社許可なく、本レポート及びデータ 等を無断で掲載、転載、公表する等行為(電磁媒体による行為も含む)を一切禁止する。
さらに見せる

16 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

士業向け広告代理店業において、クライアント新規顧客層開拓ため出張無料法律相談会企画・運営サ ポートおよびポスティング・新聞折込広告案件受注に向けた積極的営業活動を引続き展開するとともに、美 容事業に関する広告出稿など、同社グループ各社広告代理店業務を実施した。 コンサルティング業において、デジタル認証システム「STAMP」導入先拡大ミュゼプラチナム協業に よる新しいO2O来店送客サービス展開、ソーシャルコマースサービス「Fancy」企業向けブランド・マーケ ティング・コンサルティング実施、国内企業に対するマーケティングリサーチ事業展開、アジア圏における 海外有名俳優、タレント芸能PR事業開始に向けた取り組みなどを推進した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

ロバート・ボッシュ GmbH 株主 出資比率 ボッシュ・グループ、グローバル規模で革新テクノ ロジーサービスを提供するリーディングカンパニーで す。従業員数約 40 2,000 人( 2017 年 12 月 31 日現 在)を数え、 2017 年度売上高 781 億ユーロを計上 しています。事業モビリティ ソリューションズ、産業 機器テクノロジー、消費財、およびエネルギー・ビルデ ィングテクノロジー 4 事業セクター制で運営していま す。ボッシュ IoT テクノロジーリーディングカンパニ ーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッ ドモビリティ、さらにコネクテッドマニュファクチャリ ングに関する革新的ソリューションを提供していま す。ボッシュセンサー技術、ソフトウェア、サービス に関する豊富専門知識「 Bosch IoT cloud 」を 活かし、さまざま分野にまたがるネットワークソリ ューションをワンストップでお客様に提供することが できます。コネクテッドライフにつながる革新技術を 提供することを、ボッシュ・グループ戦略目標に掲 げています。私たち革新的で人々を魅了する製品 サービスを通じて、全世界人々生活質を向上さ せることを目指しています。この方針に基づき、ボッシ ュ 「 Invented for life 」をスローガンに掲げ、人社 会に役立つ革新的テクノロジーを提供し続けていま す。ボッシュ・グループ、ロバート・ボッシュ GmbH その子会社約 440 社、世界約 60 カ国で事業を展開する 現地法人で構成されており、販売/サービスパートナー を含むグローバル製造・エンジニアリング・販売ネッ
さらに見せる

68 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

アマゾンウェブサービスで大型商談を獲得 (1)eセールスマネージャー関連事業 「eセールスマネージャー関連事業」外部顧客へ売上高前期比3.9%減 2,165、セグメント利益同15.5%増352なった。2013年12月 期より「システム開発事業」が分離され別セグメントなったため、売上高で 減収なった。スマートフォンやタブレット端末普及が企業営業部門で も浸透したことで、営業ツールなる「eセールスマネージャーRemix Cloud」 販売が好調に推移した。また、付帯機能として交通費精算(3月)、Web会議 (5月)、名刺デジタル化入力(7月)、ワークフロー(7月)など営業支援に 関連する様々サービスメニューを追加拡充したことも販売押し上げに寄与し た。
さらに見せる

13 さらに読み込む

ポストアナウンスメントドリフトとキャッシュフロー

ポストアナウンスメントドリフトとキャッシュフロー

中 川 豊 隆 1. じ め に ポストアナウンスメントドリフト(post−announcement drift)呼ばれる現象がある。その大意, 決算発表後における株価変化ないしは動向いうほど意味合いであるが,より厳密に言えば,決 算発表後における決算発表で開示されたある財務情報整合的株価変化を意味する。例えば,利益 額ないしは営業活動によるキャッシュフロー金額が前期よりも増加した(期待を上回った)という 情報が公表された後しばらく間生じる市場リターンを超える株価上昇や,前期よりも減少した(期 待を下回った)場合に生じる株価下落といった現象ことである。なお,財務情報が発表される前 そのよう株価動向,プレアナウンスメントドリフト(pre−announcement drift)呼ばれ,それら 二つをあわせてアナウンスメントドリフト(announcement drift)呼ばれている。ポストアナウン スメントドリフト現象,Ball and Brown(1 9 6 8)がこの現象を裏付ける証拠を示して以来,実証的
さらに見せる

12 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

○添付資料目次 1.経営成績等概況 ……………………………………………………………………………………2 (1)当期経営成績概況 …………………………………………………………………………2 (2)当期財政状態概況 …………………………………………………………………………3 (3)当期キャッシュフロー概況 ……………………………………………………………3 (4)利益配分に関する基本方針及び当期・次期配当 …………………………………………4 (5)今後見通し ……………………………………………………………………………………4 2.会計基準選択に関する基本的考え方 …………………………………………………………4 3.連結財務諸表及び主注記 …………………………………………………………………………5 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………5 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………7 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………9
さらに見せる

20 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(注1)三井不動産物流施設事業において、三井不動産グループ(注2)が掲げる「共生・共存」及び「多様価値観連繁」理念 もと、オフィスビル事業及び商業施設事業等において培ってきた専門性が高くかつ先進的管理・運営ノウハウ等に加えて、総合不 動産会社として街づくりをはじめする革新的先行事例を通じて培ったノウハウ等を取り入れるとともに、物流施設に関わる 様々主体(テナント、物流施設で働く従業員及び地域社会)時代に応じて変化する多様ニーズを取り込み、物流施設空間提 供にとどまらず、既存枠にとらわれない価値づくりを目指した取組みを続けています。本投資法人、このよう取組みから実現 した物流施設クオリティを「三井不動産クオリティ」呼称しています。
さらに見せる

38 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

  (次期見通し) ① 次期運用環境 世界主要先進諸国で低金利下で緩やか成長を継続する見通しです。ただし、短期的に米国金利引き 上げや大統領選挙よう不確定要因を控えており、経済不透明性継続する考えられます。ただし、積極 的金融・財政政策が継続することによって、日本経済個人消費を中心に底堅く推移する予想されます。不 動産投資市場で、低金利長期化を背景として旺盛投資意欲が持続するほか、資本市場ボラティリティ上 昇も安定インカムを生む不動産へ投資需要を支えるもの想定されます。ただし、経済および資本市場に関す る不確実性が長期化する場合に、優良不動産へ投資意欲が一段と高まり、一方で地方低グレード不動産 へ投資意欲が弱含む可能性がある点に留意が必要です。不動産施設市場で、先進的物流施設に対するテナ ント旺盛賃借意欲が引き続き見込まれますが、平成29年に向けて新規供給が増加する中でエリア別需給バ ランス格差がより鮮明になることが予想されます。
さらに見せる

35 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

  1口当たり 利益超過分配金 ・1口当たり利益超過分配金、本投資法人規約及び資産運用会社社内規程である資産運用 ガイドラインに定める方針に従い算出しています。2019年2月期利益超過分配金総額(継続 的利益超過分配金及び一時的利益超過分配金合計)、179を想定しています。2019 年2月期について、賃貸事業収益一時的減少により、2019年8月期における1口当たり 分配金(利益超過分配金含まない)に比して、一時的に1口当たり分配金(利益超過分配金 含まない)額が減少することが見込まれるため、1口当たり分配金(利益超過分配金を含 む)を平準化することを目的に継続的利益超過分配金145(当該期間に発生する減価償 却費30.0%)に加えて一時的利益超過分配金34(当該期間に発生する減価償却費 7.0%)を分配することを前提しています。2019年8月期利益超過分配金総額(継続的利 益超過分配金)、当該期間に発生する減価償却費30%を分配することを前提として算出し ており、146を想定しています。いずれも税法上出資等減少分配に該当する出資払 戻しであり、一時差異等調整引当額から分配ありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

  〔インソーシング〕 売上高 45,119  BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)による業務効率化やリスク管理、人材に関わる管理コス ト軽減等企業ニーズを背景に、インソーシング引き続き拡大しました。コンタクトセンター等を運営する ビーウィズ株式会社で、AI技術オペレーションノウハウを活かし、既存・新規顧客旺盛需要に対応し て大きく業績を伸ばしました。また、特許・知財分野で株式会社パソナナレッジパートナーが本格的展開 を始めています。その他各社においても、事業拡大とともに案件ノウハウが蓄積され、収益性改善が進みま した。またパブリック分野で、行政事務代行など自治体案件が堅調に推移したほか、中央省庁から大型案件 により業績が伸長しました。これら結果、売上高45,119(前年同期比15.1%増)増収なりまし た。
さらに見せる

6 さらに読み込む

全 3 ページ 2 問 3 問 4 問題 3 及びにおいて金額がマイナスとなる場合は, 金額の前に を付けること なお, においては, すべての空欄 ( ) が埋まるとは限らない キャッシュ フロー計算書 ( 直接法による作成 ) ( 単位 : 千円 ) 営業活動によるキャッシュ フロー 営業収入

全 3 ページ 2 問 3 問 4 問題 3 及びにおいて金額がマイナスとなる場合は, 金額の前に を付けること なお, においては, すべての空欄 ( ) が埋まるとは限らない キャッシュ フロー計算書 ( 直接法による作成 ) ( 単位 : 千円 ) 営業活動によるキャッシュ フロー 営業収入

正誤 固定資産減損損失,帳簿価額これを下回る回収可能価額差額として測定されるが,回収 可能価額,使用価値正味売却価額うち低い方価額される。 理由 正誤 支払手形,買掛金,借入金,社債その他債務,債務額をもって貸借対照表価額する。ただし, 社債を社債金額よりも低い価額又は高い価額で発行した場合など,収入に基づく金額債務額が 異なる場合に,償却原価法に基づいて算定された価額をもって,貸借対照表価額しなければ らない。
さらに見せる

30 さらに読み込む

我が国におけるキャッシュ・フロー情報の開示と利用 : 百分率キャッシュ・フロー計算書に関連して

我が国におけるキャッシュ・フロー情報の開示と利用 : 百分率キャッシュ・フロー計算書に関連して

このように,染谷教授(1982)がいう「それぞれ必要する情報」に,債務返済能 力等企業存続に関わる資金保有高その収支について会計情報も含まれる解す ること適切である。すなわち,財務会計目的を果たすために,損益計算書による利 益情報に加えて,資金収支という尺度によって計算されたキャッシュフロー情報を開示 しなければならない。この点について,染谷教授,これら発生主義会計に内在する問 題について,簿記目的にもともと財産計算的職分,損益計算的職分および資金計算的 職分が与えられていたことに言及し,「収益費用認識基準が現金主義から発生主義へ移 行したことによって,損益計算的職分のみが発生主義会計における損益計算書に引継がれ,
さらに見せる

63 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

○添付資料目次 1.経営成績等概況 ……………………………………………………………………………………2 (1)当期経営成績概況 …………………………………………………………………………2 (2)当期財政状態概況 …………………………………………………………………………2 (3)当期キャッシュフロー概況 ……………………………………………………………3 (4)今後見通し ……………………………………………………………………………………3 2.会計基準選択に関する基本的考え方 …………………………………………………………3 3.連結財務諸表及び主注記 …………………………………………………………………………4 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………4 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………6 連結損益計算書 …………………………………………………………………………………6 連結包括利益計算書 ……………………………………………………………………………7 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………8
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...