自家生産の米を使用したこう

Top PDF 自家生産の米を使用したこう:

( 巻頭の続き ) した純米吟醸酒 DEWA33 平成 21 年からは県産酒造好適米 出羽の里 ( でわのさと ) を使用した山形セレクションが立ち上がり それぞれ審査会で合格した酒のみが認定を受けています ( 今後 これらの認定酒は GI 山形の認定審査を受けることになります ) さらに 昭和 6

( 巻頭の続き ) した純米吟醸酒 DEWA33 平成 21 年からは県産酒造好適米 出羽の里 ( でわのさと ) を使用した山形セレクションが立ち上がり それぞれ審査会で合格した酒のみが認定を受けています ( 今後 これらの認定酒は GI 山形の認定審査を受けることになります ) さらに 昭和 6

 平成 29 年、本県では新たな酒造好適「雪女 神(ゆきめがみ)」がデビューます。平成 13 年に山形県農業総合研究センター水田農業試験場 にて交配され、大粒で高心白発現、かつ低タンパ ク質含有特性持ち、高精白にも耐える大吟醸 酒用酒造好適として開発されまし。キレ 良いクリアで透明感ある酒質が特徴で、 今年は県内 30 酒蔵から新商品が誕生ます。 今後発売される「雪女神」による商品も、いずれ GI 山形認証審査受けることになるでしょう。  今回指定により、県産清酒については山形県 酒蔵が独占的に「山形」使用できることにな りまし。国からお墨付きいただいことにな りますから、国内外流通関係者や消費者に対し、 県産清酒 “ やわらかくて透明感ある味わい ” という特徴よりアピールやすくなると思われ ます。県産清酒評価が一層向上するよう、これ からも山形県は応援ます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

基地使用協定は 日米地位協定とは別に 航空機などの具体的な米軍の運用を細かく規定するもので 日米合同委員会で合意された 嘉手納飛行場における航空機騒音規制措置 も基地使用協定の一種であり具体的な例を列挙して作成することとした 平成 17 年 10 月米軍嘉手納基地の運用を規制する協定を日米両政府に締

基地使用協定は 日米地位協定とは別に 航空機などの具体的な米軍の運用を細かく規定するもので 日米合同委員会で合意された 嘉手納飛行場における航空機騒音規制措置 も基地使用協定の一種であり具体的な例を列挙して作成することとした 平成 17 年 10 月米軍嘉手納基地の運用を規制する協定を日米両政府に締

平成 17 年 10 月軍嘉手納基地運用規制する協定両政府に締結さ せること目的と「嘉手納基地使用協定に関する町民会議」発足させ、 議会、自治会、婦人会、学校関係、 PTA など 17 団体で構成する 20 人と嘉手納 基地に関する三市町連絡協議会から出され基地被害に対する要望各団体ご とに持ち寄り議論重ね、騒音軽減や飛行ルート、航空機から臭気、深夜早 朝騒音など規制する手作り要望が集約され、 嘉手納基地周辺 17 万人が独 自に使用協定案作成するという初試みとなっ
さらに見せる

9 さらに読み込む

図解 お米が消費者に届くまで - 生産 流通 価格形成についてー Ⅰ. 主食用米の流通と制度 主食用米の流通経路 お米の流通に関係するおもな法律 Ⅱ. お米の生産 主食用米の生産の仕組み 非主食用米 ( 加工用米 飼料用米 米粉用米 ) 生産の仕組み Ⅲ. 主食用米の価格形成 流通段階ごとの価格形成

図解 お米が消費者に届くまで - 生産 流通 価格形成についてー Ⅰ. 主食用米の流通と制度 主食用米の流通経路 お米の流通に関係するおもな法律 Ⅱ. お米の生産 主食用米の生産の仕組み 非主食用米 ( 加工用米 飼料用米 米粉用米 ) 生産の仕組み Ⅲ. 主食用米の価格形成 流通段階ごとの価格形成

注)生産者などが自社製粉や委託製粉することで直接製パン業者などに販売たり、粉製品直接消費者に販売することもあります。 (3)粉用     粉用は年間3.5万トン程度(2012年産)生産されています。栽培には収穫量多い多収性専用品種も使われますが通常主食用品種も使われます。用途限定「用途限定米穀」として、同じ粉でも上新粉 など従来からある粉には 使用・販売はできず、小麦粉など穀物代替となる新規用途原料のみに使用・販売が限定されています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 23 年度第 1 回認定 加工 農業生産法人株式会社相川ファーム ( 秋田県湯沢市 ) レストラン 農事組合法人美郷サンファーム ( 秋田県美郷町 ) 新規需要米 ( 米粉用 ) を活用した米粉パンの開発と直接販売による経営改善

平成 23 年度第 1 回認定 加工 農業生産法人株式会社相川ファーム ( 秋田県湯沢市 ) レストラン 農事組合法人美郷サンファーム ( 秋田県美郷町 ) 新規需要米 ( 米粉用 ) を活用した米粉パンの開発と直接販売による経営改善

自家栽培「菌床しいたけ」と「トマト」商品開発と販売事業 ◆認定事業概要 自社生産しいたけ、トマト使用加 工品(乾燥しいたけ、ドライトマト)製造、 主に直売所、インターネットショップなどで 販売行う。また、廃棄てい使用済み 菌床花卉・野菜培養土として商品化、 花卉苗栽培農家等に販売することにより、 安定的な収益確保する。
さらに見せる

14 さらに読み込む

塩昆布ご飯 1 普通のグラスは約 200cc 分量の目安に左写真を使用 してください 2 二重にしたポリ袋の中に 米と水を入れて空気を 抜きます 米 100g 水 130cc 塩昆布 適量 3 沸騰した鍋のお湯の中に材料入ったポリ袋を浮かべ 米は無洗米でなくても良いです 30 分間煮ます 普通の米を

塩昆布ご飯 1 普通のグラスは約 200cc 分量の目安に左写真を使用 してください 2 二重にしたポリ袋の中に 米と水を入れて空気を 抜きます 米 100g 水 130cc 塩昆布 適量 3 沸騰した鍋のお湯の中に材料入ったポリ袋を浮かべ 米は無洗米でなくても良いです 30 分間煮ます 普通の米を

*ポリ袋まま器に被せて食べてください。 食器洗う水が節約できます。 ワンポイント 材料はさいころ状に切手使うと満遍なく熱が通ります。 気持ち薄味に作って後で自分好みに調整て下さい。 具材は少なくてもかまいません。基本は300gでコンソメ 1個割合です。

13 さらに読み込む

高品質米の生産のために

高品質米の生産のために

(2) 初期生育確保するため、栽植密度は1坪あたり 70 株が目安です。田植機 条間は 30cmなので、株間は 16cmが適切です。ただし、田植機 70 株植えに セットても、田植機使用条件や圃場条件によって実際栽植密度が異なる 場合があります。試しに 10m程度植え後、株間実測て既定株間になって ない場合は、田植機栽植株数再調整おこなってください。
さらに見せる

9 さらに読み込む

マルチメディア機材を利用した英米文学教育の試み

マルチメディア機材を利用した英米文学教育の試み

英文学的イントロクイズは、今まで簡便な使用形態取りにくかっ文学史関連 ほとんど作品が、インターネットを通して電子化テキストというかたちで簡便にかつ網 羅的に収録できることになっという状況変化に応じて考え出されもので、学生が多 く作品内容に触れること目的とものである。E-text 利便性は革命的なもので、 ノートパソコン中に多く著名作家全集が入っていてようなものであり、検索目的 個所も簡単に取りだすことができる。研究、教育形態にも変化が起きてくるであろう。 映画スクリプト利用は、インターネットで入手やすくなっので、英語教育中で これからますます注目される教材となる。映画会話は、スランギーな表現、会話 スピード、リエゾン、エリジョンなど短縮され語句音声など、自然なネイティヴ 会話が用いられているので、実践的英語力養成するためには欠かせないものとなる。 文学史資料として利用する作品梗概は、 「文学案内」利用するが原則であるが、文 芸作品朗読テープや映画化され文学作品解説などインターネットから入手て利 用することもできる。ブリタニカや平凡社など百科辞典文学史作品解説も学生 向けに簡約化文学史資料として全体像取りやすいという利点がある。CD-ROM 用 いて、該当する事項ホームページに紹介ておくことにより、簡便に多様な資料学生 に紹介することができる。ホームページを通して資料紹介たり、課題提示すること により、機械操作にアレルギー持っていて情報演習室から足が遠のいている学生がい としても、かれら再び呼び寄せコンピューター操作に習熟できるように指導する道が開 ける。
さらに見せる

14 さらに読み込む

飼料用米の取組状況 飼料用米については 生産量が拡大し 多収品種の導入や区分管理での取組も進展 また 飼料用米の生産の約 7 割が経営規模 ( 全水稲の作付面積 ) が5ha 以上の大規模農家により担われている 飼料用米の作付 生産状況 H26 H27 H28 H29 飼料用米作付面積 ( 万 ha

飼料用米の取組状況 飼料用米については 生産量が拡大し 多収品種の導入や区分管理での取組も進展 また 飼料用米の生産の約 7 割が経営規模 ( 全水稲の作付面積 ) が5ha 以上の大規模農家により担われている 飼料用米の作付 生産状況 H26 H27 H28 H29 飼料用米作付面積 ( 万 ha

○ 近年、日本酒国内出荷量は減少傾向であるものの、製品当たり使用量が多い特定名称酒(吟醸酒、純酒 等)が増加傾向にあることや、輸出量が増加傾向にあるため、日本酒原料使用量は堅調に推移。 ○ こうした中、酒造メーカー希望に見合っ酒造好適生産が行われるよう、平成26年産から酒造好適使用 量増加分について、生産数量目標枠外で生産可能とする運用見直し等実施。
さらに見せる

19 さらに読み込む

における日本の生産性が米国と比べてどの程度の水準にあるのか またその水準が過去にお いてどのように推移して来たのかを概観する 2. 日米労働生産性水準の計測に使用したデータと計測方法 以下では 労働生産性水準の計測に使用したデータとその計測方法について解説する まず データについては 日米両国に関し

における日本の生産性が米国と比べてどの程度の水準にあるのか またその水準が過去にお いてどのように推移して来たのかを概観する 2. 日米労働生産性水準の計測に使用したデータと計測方法 以下では 労働生産性水準の計測に使用したデータとその計測方法について解説する まず データについては 日米両国に関し

第一に、日本産業別名目及び実質付加価値額、従業者数、労働時間に関するデータは、 経済産業研究所ウェブ・ページにて公開されている日本産業生産性(JIP)2015 データベー ス使用 3 。JIP2015 データベースでは、産業 108 に分類、1972 年から 2012 年までに ついて、産出額、付加価値額に加え、生産性計測に必要な資本(K)、労働(L)、エネルギー (E)、エネルギー以外中間投入財(M)、中間投入サービス(S)系列からなる、一般に、 「KLEMS データベース」と呼ばれるデータセットが構築されている。なお、ここで用い JIP データベースは、EU 主要国、米国、韓国等について産業別に全要素生産推計行ってき EU KLEMS プロジェクト、後継プロジェクトである国際産業連関表データベース(WIOD) プロジェクト、アジア KLEMS プロジェクト、ハーバード大学中心とする World KLEMS プ ロジェクトに代表される、世界各国生産性計測及び成長性分析中心に行ってき KLEMS プロジェクト一部であり、日本含め生産性絶対水準国際比較可能にするこ と目的とている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3 小売業事例 地元の山ぶどうを使用したワインの販売 ( 差別化商品の開発 ) 13 純米大吟醸を原料にした無添加石鹸の開発 ( 差別化商品の開発 ) 14 生き残りをかけた日本酒の輸出 ( 新たな販売方式の導入 ) 15 地元特産品のきゅうりを使用した酒類の開発 販売 ( 差別化商品の開発 ) 1

3 小売業事例 地元の山ぶどうを使用したワインの販売 ( 差別化商品の開発 ) 13 純米大吟醸を原料にした無添加石鹸の開発 ( 差別化商品の開発 ) 14 生き残りをかけた日本酒の輸出 ( 新たな販売方式の導入 ) 15 地元特産品のきゅうりを使用した酒類の開発 販売 ( 差別化商品の開発 ) 1

Aは創業 300 年越す土産販売会社であり、特産品を通して、地元魅力全国に広め いと思いから、 「地域性・本物志向・おいしさ」にこだわり、厳選され特選品、スイーツな ど県内空港など8店舗とインターネットで全国的に販売ている。 Bは享保年間創業清酒製造業者であり、地元が発祥である酒使用て、こだわり持っ 酒造りに取り組んでいる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

11 自家玄そばを利用したそば乾麺 手打ちそば生麺の製造加工及び販売 自家栽培の玄そばを原料にした そば乾麺 手打ちそば生麺の製造 加工 販売により農業経営の安定化を図る 鈴木幸一芳賀郡益子町 H 地産の牛乳及び 地産のニンジンを活用 自組合の生産した牛乳とニンジンを使用した ニンジ

11 自家玄そばを利用したそば乾麺 手打ちそば生麺の製造加工及び販売 自家栽培の玄そばを原料にした そば乾麺 手打ちそば生麺の製造 加工 販売により農業経営の安定化を図る 鈴木幸一芳賀郡益子町 H 地産の牛乳及び 地産のニンジンを活用 自組合の生産した牛乳とニンジンを使用した ニンジ

自家生産そば焼き菓子&パン製造及び 「そば菓子工房かしこ」・「農家そば処 蕎香」等で販売事業 顧客等から土産品要望があっことから、商品コンセプトは「気品×素朴な焼き 菓子&パン~秘密は挽きたてそば~」と、素朴でなつかしい風味顧客に提供す る。自家生産玄そば製粉、そば焼き菓子(ガレットブルトンヌ、そばスコー ン、そばチョコチップクッキー等)及びそば粉パン(そばフランスパン、そばあん ぱん)製造、「そば菓子工房かしこ」や「農家そば処蕎香」等で販売すること により、所得向上図る。
さらに見せる

5 さらに読み込む

11 自家玄そばを利用したそば乾麺 手打ちそば生麺の製造加工及び販売 自家栽培の玄そばを原料にした そば乾麺 手打ちそば生麺の製造 加工 販売により農業経営の安定化を図る 鈴木幸一益子町 H 地産の牛乳及び 地産のニンジンを活用 自組合の生産した牛乳とニンジンを使用した ニンジンミル

11 自家玄そばを利用したそば乾麺 手打ちそば生麺の製造加工及び販売 自家栽培の玄そばを原料にした そば乾麺 手打ちそば生麺の製造 加工 販売により農業経営の安定化を図る 鈴木幸一益子町 H 地産の牛乳及び 地産のニンジンを活用 自組合の生産した牛乳とニンジンを使用した ニンジンミル

自家生産こだわり卵生かし「スイ ーツ&デリカ」開発・販売による卵 魅力発信拠点構築事業 顧客から「お土産」として加工品ニーズがあっことから、自社で生産する高級 卵「磨宝卵GOLD」用い新商品(プリン、たまごタルト、マヨネーズ、卵焼 き)開発・販売行い、女性中心と若年層新規顧客獲得目指す。また、 既存直売所リニューアル、新商品ほか地域農産物等直売も併せて行い、魅 力ある商品販売展開することにより、自社知名度・ブランド力高め、農業経 営更なる向上、雇用拡大及び地域活性化図る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

RIETI - 中国市場とタイ産香り米ジャスミン・ライス:なぜ、世界最大の米生産国中国がタイ米を輸入するのか?

RIETI - 中国市場とタイ産香り米ジャスミン・ライス:なぜ、世界最大の米生産国中国がタイ米を輸入するのか?

2001 年にタイ・ホーム・マリという輸出基準規則がタイ国で制定され は、タイ産 KDML105 や KKH15 といった香り品種に対し、他混入 て品質混乱させてきタイ側輸出業者や精米業者規制するためであっ。 しかしながら、タイ側で輸出基準厳格化ても、輸出先で、他ブレ ンド等がおこなわれる危険性は残されてい。事実、これは十分予想されたこ とであろうが、輸出地、特に、中国においては、他とブレンドがおこなわ れ後、タイ輸出基準で厳格に使用されるべき名称タイ・ホーム・マリ が用いられたり、その商標マークが使用されるという問題が頻発。特に、 2000 年にタイ農業・協同組合省自身が開発、やや香り弱い低価格タイ・ パトムタニーが、資料 6 で示しように、大量に中国に輸入され、タイ・ホ ーム・マリに混入されたり、あるいは、タイ・パトムタニーに中国 混ぜて、タイ・ホーム・マリとして袋詰めにて販売するという不正混入と
さらに見せる

28 さらに読み込む

した上で 日米間における生産性の比較を行う 一例として 日米のスーパーマーケットにおける生産性を比較する場合 店舗の広さなどは同等であったとして 日本のスーパーが従業員を米国よりも多く投入して きめ細やかなサービスを提供していたとしても 日米のサービスの質の差を考慮しなければ 労働時間当たりの付加価

した上で 日米間における生産性の比較を行う 一例として 日米のスーパーマーケットにおける生産性を比較する場合 店舗の広さなどは同等であったとして 日本のスーパーが従業員を米国よりも多く投入して きめ細やかなサービスを提供していたとしても 日米のサービスの質の差を考慮しなければ 労働時間当たりの付加価

本レポートでは、2016 年 12 月に日本生産性本部より公表され「日産業別労働生産性水準 比較」結果基礎的な情報として用いる。以下では、滝澤(2016)に従って、日労働生産性 水準計測に使用データと計測方法簡潔に述べる。 日本産業別名目及び実質付加価値額、従業者数、労働時間に関するデータは、経済産業研 究所と一橋大学が共同で作成ている「日本産業生産性(JIP)データベース 2015」使用 3 。 米国労働生産性準計測に必要なデータは、World KLEMS データベース April 2013 Release 版利 用 4 。具体的には、名目及び実質付加価値額、従業者数、労働時間使用 5 。次に、日 労働生産性水準比較可能な値に換算するために、産業別購買力平価(PPP)用い、日本生 産性水準ドルベースに変換。この際、PPP データは、EU KLEMS プロジェクトへデータ 提供ている GGDC(Groningen Growth and Development Centre) Productivity Level Database (1997 benchmark)における付加価値国際比較ため PPP(PPP for value added (double deflated))使用 6 。これらデータもとに、実質付加価値額総実労働時間で除することで1時間当たり付 加価値額計測上で、産業別 PPP 用いて、日比較行う。
さらに見せる

8 さらに読み込む

飼料用米の取組状況 飼料用米については 生産量が拡大し 多収品種の導入や区分管理での取組も進展 また 飼料用米の生産の約 7 割が経営規模 ( 全水稲の作付面積 ) が5ha 以上の大規模農家により担われている 飼料用米の作付 生産状況 H26 H27 H28 H29 飼料用米作付面積 ( 万 ha

飼料用米の取組状況 飼料用米については 生産量が拡大し 多収品種の導入や区分管理での取組も進展 また 飼料用米の生産の約 7 割が経営規模 ( 全水稲の作付面積 ) が5ha 以上の大規模農家により担われている 飼料用米の作付 生産状況 H26 H27 H28 H29 飼料用米作付面積 ( 万 ha

能向上支援。 (※単独施設で整備も可能だが、周辺に利用率が低い施設があれば、複数 施設再編行う。) ○ 産地で必要とされている飼料用保管施設(カントリーエレベーター、飼料保管タンク、飼料用保管庫等)整備 支援。なお、施設整備に伴う産地負担軽減する観点から地域既存施設有効活用図ることが基本。 ○ 畜産農家が飼料用利用するために必要な機械導入や施設整備支援。
さらに見せる

19 さらに読み込む

米 秋田県 JA 秋田おばこ コメ ( あきたこまち ) をロシアへ 主な品目 コメ ( あきたこまち ) ロシア ( ウラジオストク ) ロシアバイヤーとの契約締結を機に 直接輸出に取り組む バイヤーを招聘し 産地視察を実施したほか 生産者を現地に派遣し 現地の食材を利用した調理実演 試食等の P

米 秋田県 JA 秋田おばこ コメ ( あきたこまち ) をロシアへ 主な品目 コメ ( あきたこまち ) ロシア ( ウラジオストク ) ロシアバイヤーとの契約締結を機に 直接輸出に取り組む バイヤーを招聘し 産地視察を実施したほか 生産者を現地に派遣し 現地の食材を利用した調理実演 試食等の P

• 日本酒輸出は日本食材扱う商社や卸会社通じ輸出が大半占める 中、現地酒類専門業者に着目、独自に販売ルート開拓。 • 料理学校でセミナー等で日本酒と日本文化普及に努めている。 【連絡先】 担当者名:(株)秋田県酒類卸(担当:藤井) TEL:018-862-3876 【活用施策・支援】 フェニックスプラン21事業

9 さらに読み込む

米 〇米は 国民の主要食糧の一つであり 国内における米の安定的な生産とその継続を確保するため WTO 協定で約束したミニマム アクセスを超える数量について 高い二次税率によりその輸入 ( 枠外輸入 ) を抑制するとともに ミニマム アクセス米 ( 枠内輸入 ) については 国家貿易を通じて国が輸入差

米 〇米は 国民の主要食糧の一つであり 国内における米の安定的な生産とその継続を確保するため WTO 協定で約束したミニマム アクセスを超える数量について 高い二次税率によりその輸入 ( 枠外輸入 ) を抑制するとともに ミニマム アクセス米 ( 枠内輸入 ) については 国家貿易を通じて国が輸入差

※補給金制度契約肉用子牛が対象 ※発動基準は、出荷日齢早める合理化取組促進すること旨として算定 ・ 肉用子牛生産安定図るため、子牛価格が保証基準価格下回っ場合に生産者補給金交付(肉用子牛生産者補給金制度) ・ また補給金制度補完するため、肉専用種子牛価格が発動基準下回っ場合に差額3/4交付(肉用牛繁殖経営支援事業) ・ 肉用子牛生産安定図るため、子牛価格が保証基準価格下回っ場合に生産者補給金交付(肉用子牛生産者補給金制度) ・ また補給金制度補完するため、肉専用種子牛価格が発動基準下回っ場合に差額3/4交付(肉用牛繁殖経営支援事業)
さらに見せる

146 さらに読み込む

兵庫自治学会賞論文 酒米新品種を用いた県産酒米の生産安定と地域の活性化及び海外輸出用の日本酒新製品の開発支援 次世代酒米コンソーシアムの取組 杉本琢真 ( 県立農林水産技術総合センター ) 研究概要 本研究では 当センターで育成した酒米品種 兵庫錦 を兵庫県南西部に Hyogo Sake 85 を県

兵庫自治学会賞論文 酒米新品種を用いた県産酒米の生産安定と地域の活性化及び海外輸出用の日本酒新製品の開発支援 次世代酒米コンソーシアムの取組 杉本琢真 ( 県立農林水産技術総合センター ) 研究概要 本研究では 当センターで育成した酒米品種 兵庫錦 を兵庫県南西部に Hyogo Sake 85 を県

意見が掲載されている。そこで批判され岡田良平 文部大臣地方官会議で演説、はじめに引用 ておく。    諸學校に於ける入學難問題は最も憂慮すべ き、事項一にて、敎育上諸弊害、是に基因 するもの甚だ多し、元來我國中學校、高等女學 校如きは、その學校數と生徒數に於て歐諸國 に比し必ずしも、遜色あるにあらず、然も學校 無限増設と學級増加のみによりて、入學難問 題解決せんとするは、到底、之なし得べきに 非ず、抑も就學難一原因は、本邦敎育が、初等 中等を通じて、上級學校準備敎育に偏する甚 きにあり。從來何れ學校に於ても、卒業後、更 に上級學校に進入せんとするものはその一部に過 ぎざるを通例とするが故に、各學校は、それぞれ 完結充實たる敎育施す機關ならざるべから ず、然るに中學校、女學校如き動もすれば、準 備敎育に偏する結果、必ずしも上級學校卒業 する希望なきものに至る迄、一度は上級學校に進 入せんこと試み、ために入學難からしむ るものあり (26) 。
さらに見せる

14 さらに読み込む

「加茂川町における堆肥供給システムの構築とブランド米の生産」

「加茂川町における堆肥供給システムの構築とブランド米の生産」

これに合わせて、問題解決ため各地で様々な試みがなされているが、それ以前から町畜産業 生き残り賭けて先駆的に取り組んでいる岡山県加茂川町事例紹介たい。 3.畜産環境対策問題点 酪農家は町内に点在ており、一部では耕種農家と間で稲わら交換など有機的な連携による ふん尿処理及び利用が行われていものの、ほとんどが自己完結型ふん尿処理であっ。そ ため、昭和50年代初頭に行われ規模拡大に対応きれず、処理に苦慮ているが実状で あっ。併せて、集落混住化や労働力質的低下、ふん尿処理施設不備等により、畜産環 境汚染が問題視されるようになってき。特に、ほとんど酪農家が採用ている自然流下式牛 舎では、ふん尿堆肥化が困難であるばかりか、ふん尿散布に時期や圃場が制限されること、あ るいは散布時に広範囲に亘って悪臭が発生することなどが問題になってい
さらに見せる

5 さらに読み込む

1 調査趣旨平成 25 年 松江市は観光振興と地域活性化に向け 新たな産直市場の検討を開始しました 当時は 100 円市や無人市という形で 地域ごとに小さな店舗を設け 自家消費を目的として栽培した野菜や 規格外品など卸売り市場に出荷できない生産品を販売していたものが 農業者の自立を目的としたJA 設

1 調査趣旨平成 25 年 松江市は観光振興と地域活性化に向け 新たな産直市場の検討を開始しました 当時は 100 円市や無人市という形で 地域ごとに小さな店舗を設け 自家消費を目的として栽培した野菜や 規格外品など卸売り市場に出荷できない生産品を販売していたものが 農業者の自立を目的としたJA 設

夕方出荷と配送サービスについて 現状産直市場では午後から夕方にかけて品薄な状態が続いており、消費者が店舗訪れる 時間帯みても明らかである。夕方に出荷が可能とする方は無回答も含め全体 25%と低い 数値が示され。夕方出荷できない理由については「時間がない」が最も多く 28.0%、次いで 「夕方は(高齢ため)運転できない」20.0%、などであっ。一方、配送代行サービスにつ いて利用検討たいと答えは 40.1%であり、4 店舗以上に出荷ている出荷者が 45.8% ということ考えれば決して低い数値ではない。また、年間売上 100 万円超える出荷者約 半数が利用検討たいと答えていることも特筆すべき内容である。
さらに見せる

37 さらに読み込む

Show all 10000 documents...