者負担の適正な見直し

Top PDF 者負担の適正な見直し:

利用者負担に関する基準に基づく見直し方針 別表

利用者負担に関する基準に基づく見直し方針 別表

利用負担に関する基準に基づく 見直し 方針・ 現状負担割合( H19年度ベース) 別 表 無料 音楽文化活性化事業( 小学校出張コ ンサート ) 無料 図書館 無料 野外彫刻( 野外彫刻めぐ り など) 無料 公衆ト イ レ 無料 消防・ 救急 役務提供費 無料 就職相談 無料 保健センタ ー 無料 人権擁護・ 人権同和( 識字学級など) 無料 公園 無料 小学校・ 中学校 施設運営費 無料 法律相談・ 悩みごと 相談 無料 給食センタ ー・ 共同調理場 無料 男女共同参画活動支援( セミ ナー講師派遣など) 無料 公民館施設 無料 障害・ 児童相談
さらに見せる

1 さらに読み込む

定員適正化計画の見直し 第2次実行計画  西尾市役所 syousaihyou

定員適正化計画の見直し 第2次実行計画 西尾市役所 syousaihyou

千円 千円 千円 千円   画見直し ・H12年度実施 完 了 - 155, 984 ・実職員数 定員適正化計画見直   (H8年度∼H12年度) H12. 4   H10- H11=5人減 しについて   旧計画職員数933人を見直し   H11- H12=16人減

1 さらに読み込む

当日配布資料 都市計画マスタープランの見直しと立地適正化計画の作成に取り組んでいます  松阪市ホームページ

当日配布資料 都市計画マスタープランの見直しと立地適正化計画の作成に取り組んでいます 松阪市ホームページ

松阪市では、平成 28 年度から平成 30 年度にかけて、都市計画マスタープラン(H 20.3 策定)中間見直しと立地適正化計画作成に取り組んでいます。 都市計画マスタープラン 都市計画マスタープランは、都市計画法第 18 条 2 に定められる「市町村都市計 画に関する基本的方針」であり、住民に最も身近立場にある市町村が、市民意見 を反映させながら、地域独自自然、歴史、生活、文化、産業等特性を踏まえて、都 市将来像や土地利用方向、まちづくり方針等を示した長期的計画として策定す るものです。
さらに見せる

1 さらに読み込む

指定就労継続支援A型における適正な運営に向けた指定基準の見直し等に関する取扱い及び様式例について

指定就労継続支援A型における適正な運営に向けた指定基準の見直し等に関する取扱い及び様式例について

指定就労継続支援A型における適正運営ため、 障害日常生活及び社会生活を総合 的に支援するため法律に基づく指定障害福祉サービス事業等人員、 設備及び運営に関 する基準(平成 18 年厚生労働省令第 171 号。以下「指定基準」という。 )一部を改正する 障害日常生活及び社会生活を総合的に支援するため法律施行規則等一部を改正す る省令(平成 29 年厚生労働省令第5号。以下「指定基準改正省令」という。 )が平成 29 年 2月9日に公布されるとともに、 「障害日常生活及び社会生活を総合的に支援するため 法律に基づく指定障害福祉サービス事業等人員、 設備及び運営に関する基準について」 (平成 18 年 12 月6日障発第 1206001 号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知。 以 下「指定基準解釈通知」という。 )一部改正通知を平成 29 年3月 30 日に発出したところ ですが、 指定基準見直しに関する具体的取扱い及び事業指定に関する取扱い等につい ては、下記とおりとし、平成 29 年4月1日から適用しますので、御了知上、貴管内市 町村、 関係団体、 関係機関等に周知徹底を図るとともに、 その運用に遺漏ないようにお願 いします。
さらに見せる

11 さらに読み込む

負担軽減の見直しについて(リーフレット) 介護保険サービス利用者負担の軽減 | 函館市

負担軽減の見直しについて(リーフレット) 介護保険サービス利用者負担の軽減 | 函館市

・生活保護等を受給されている方 ・世帯全員(世帯を分離している配偶を含む。)が  市区町村民税を課税されていない方で合計所得金額  と課税年金収入額と非課税年金収入額合計が年間  80 万円以下

2 さらに読み込む

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

(略) 【周術期口腔機能管理料(Ⅰ)】 注1 がん等に係る手術を実施する 患者周術期における口腔機能 管理を行うため、歯科診療を実施し ている保険医療機関において、周術 期口腔機能管理計画に基づき、当該 手術を実施する他病院である保 険医療機関に入院中患者又は他 病院である保険医療機関若しく は同一病院である保険医療機関 に入院中患者以外患者に対し て、歯科医師が口腔機能管理を行 い、かつ、当該管理内容に係る情報 を文書により提供した場合は、当該 患者につき、手術前は1回を限度と して、手術後は手術を行った日属 する月から起算して3月以内にお いて3回を限度として算定する。
さらに見せる

91 さらに読み込む

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

注1 歯科疾患管理料又は歯科疾患 在宅療養管理料を算定した患者 うち、主治歯科医師又はその指示 を受けた歯科衛生士が、歯科疾患 管理を行っているもの(周術期等専 門的口腔衛生処置、訪問歯科衛生指 導料又は歯科矯正管理料を算定し ているものを除く。)に対して機械 的歯面清掃処置を行った場合は、2 月に1回に限り算定する。ただし、 初診料、再診料又は歯科訪問診療料 に規定する歯科診療特別対応加算 を算定する患者及び妊婦について は月1回に限り算定する。 注2 区分番号B000-4に掲げる歯科
さらに見せる

76 さらに読み込む

HOKUGA: 2015年度介護保険制度の改正と第6期介護保険の課題 : 地域包括ケア,給付の抑制,利用者負担引き上げ,保険料問題,補足給付の見直しを中心に

HOKUGA: 2015年度介護保険制度の改正と第6期介護保険の課題 : 地域包括ケア,給付の抑制,利用者負担引き上げ,保険料問題,補足給付の見直しを中心に

高齢収入や所得についてみてみると ,高齢世帯(65歳以上のみで構成するか,または これに 18歳未満未婚が加わった世帯)年間所得(2011年平 所得)は 303.6万円と なっており,全世帯平 (548.2万円)半 強になっている。また,世帯主年齢が 65歳以 上世帯平 と全世帯平 (いずれも2人以上世帯,単身は除外)貯蓄額を比較すると, 前者ほうが貯蓄額が大きい。ただし,前者貯蓄目的大部 が「病気や介護備え」, 「生 活維持」となっており(図表4),近年厳しくなってきている年金支給状況を反映し,つつまし やかな生活をして老後備えを行っていることが示されているである。さらに,着目しなけ ればならないことは,高齢においては他世代に比べて所得格差が大きいことである。高額 所得高齢が存在する一方で,少額年金で暮らす高齢が少なくないである。生活保護 を受給している高齢についてみると,年々増加しており,2011年における 65歳以上生活保 護受給数は 78万人で,2002年(45万人)よりも 1.7倍増加しているである。65歳以上人 口に占める 65歳以上生活保護受給割合は 2.63%であり,全人口に占める全生活保護受 給割合(1.58%)をはるかに上回っているである(図表5)。
さらに見せる

31 さらに読み込む

ます そのため 今後の公共建築物のあり方を示した 鎌倉市公共施設再編計画 ( 平成 27 年 3 月 ) に即し 施設の適切な規模やあり方を見直し 適正な公共建築物の再編を推進します また インフラの維持管理についても 将来のあり方について検討し 公共建築物と共に 次の世代に過大な負担を残さない都市

ます そのため 今後の公共建築物のあり方を示した 鎌倉市公共施設再編計画 ( 平成 27 年 3 月 ) に即し 施設の適切な規模やあり方を見直し 適正な公共建築物の再編を推進します また インフラの維持管理についても 将来のあり方について検討し 公共建築物と共に 次の世代に過大な負担を残さない都市

1)エリアマネジメント導入 歴史的遺産と共生した都市空間形成や賑わい ある市街地形成、良好住環境維持、まち 並み形成、徒歩と公共交通を中心とする交通ネ ットワーク形成などを実現するためには、地域 に関わるさまざま主体が担い手となって、地域 における価値や魅力を維持・向上させる取り組み (エリアマネジメント)が重要となります。 自治・町内会、NPO、事業多様主体が役 割分担を行い、対象とする地域や空間、施設、資 源維持・管理・活用を図るエリアマネジメント を推進するために、市は組織設立や活動に対し て、支援・協働を行います。
さらに見せる

9 さらに読み込む

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

注1 保険医療機関に入院中患者 について、地域において当該患者 退院後在宅療養を担う保険医療 機関保険医又は当該保険医指 示を受けた看護師等が、当該患者が 入院している保険医療機関に赴い て、患者同意を得て、退院後在 宅で療養上必要説明及び指導 を、入院中保険医療機関保険医 又は看護師等と共同して行った上 で、文書により情報提供した場合 に、当該入院中1回に限り、地域に おいて当該患者退院後在宅療 養を担う保険医療機関において算 定する。ただし、別に厚生労働大臣 が定める疾病等患者については、 当該入院中2回に限り算定できる。
さらに見せる

63 さらに読み込む

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

2 重症度 医療 看護必要度の判定基準の見直し 療養病棟入院基本料の評価体系の見直し 医療区分の適正化 在宅復帰機能強化加算 療養病棟における夜間看護体制の充実 高度な放射線治療機器の効率的な利用の推進 医

(ヌ)(ル) (略) に該当すること。 ※ (ロ)~(リ)に移動 (イ) 過去1年間に、介護保険に よるリハビリテーション(介護保 険法第8条第8項に規定する通 所リハビリテーション又は同法 第8条2第8項に規定する介 護 予 防 通 所 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン)、介護保険法第8条第6項に 規定する居宅療養管理指導、同法 第8条2第6項に規定する介 護予防居宅療養管理指導、同法第 8条第 10項に規定する短期入所 療養介護、同法第8条2第 10 項に規定する介護予防短期入所 療養介護若しくは同法第8条第 23項に規定する複合型サービス を提供した実績があること、介護 保険法第8条第 29項に規定する 介護医療院を併設していること、 又は介護保険法第 46条第1項に 規定する指定居宅介護支援事業 若しくは同法第 53条第1項に 規定する指定介護予防サービス 事業であること。
さらに見せる

492 さらに読み込む

目 次 1 使用料 手数料の見直しの基本的な考え方 1 2 見直しの対象となる使用料 手数料の考え方 2 3 原価の考え方 3 4 受益者負担割合の考え方 5 5 使用料 手数料の算定方法 7 6 その他の取扱いについて 9

目 次 1 使用料 手数料の見直しの基本的な考え方 1 2 見直しの対象となる使用料 手数料の考え方 2 3 原価の考え方 3 4 受益者負担割合の考え方 5 5 使用料 手数料の算定方法 7 6 その他の取扱いについて 9

※1室あたり年間原価…市民体育館競技場、武道場、トレーニング室等は 一室を貸切で利用する以外にも、一般開放日として 利用に開放しています。 個人利用施設使用料を算定する際は、ア算定方 法を基に算定した競技場、武道場、トレーニング室 等1日あたり基準額に一般開放日を乗じたもの を原価とします。

12 さらに読み込む

審査概評 第三者委員 堀美智子 今回の広告審査会より 医薬品等適正広告基準 ( 平成 29 年 9 月 29 日 ) の改正にともな い見直しが行われ 新たに作成された OTC 医薬品等の適正広告ガイドライン (2018) に そって審査を行うことになりました 複数の効能効果を有するOTC 医薬品等

審査概評 第三者委員 堀美智子 今回の広告審査会より 医薬品等適正広告基準 ( 平成 29 年 9 月 29 日 ) の改正にともな い見直しが行われ 新たに作成された OTC 医薬品等の適正広告ガイドライン (2018) に そって審査を行うことになりました 複数の効能効果を有するOTC 医薬品等

該当基準:効能効果等又は安全性を保障する表現禁止〔基準3(5)〕 参考意見等:「ありがとう・もう大丈夫」は効果保証にあたります。       根本は完治を示唆し効果保障にあたります。 見  解:<注意>

7 さらに読み込む

組織の見直し及び定員の適正な管理(行政管理課) 沖縄県行政運営プログラム(平成30年度~平成33年度)/沖縄県

組織の見直し及び定員の適正な管理(行政管理課) 沖縄県行政運営プログラム(平成30年度~平成33年度)/沖縄県

行政運営変化 (県民目線)  21世紀ビジョン実現に資する諸施策を着実に推進する組織体制を整備することによ り、県民ニーズに対応したきめ細やか行政サービス提供が図られます。

2 さらに読み込む

利用者負担に関する基準に基づく見直し方針

利用者負担に関する基準に基づく見直し方針

松代文化ホール使用料を類似施設等と 比較検証のう え見直し 【 庶務課】 H23.4 各種講座事業を目的・ 対象・ 講座内容で整理上、 同種同等講座で利用 負担均衡を図るよう 受講料あるいは講座内容を見直し <資料1 参照> 【 男女共同参画推進課 ほか】

13 さらに読み込む

行政サービスの利用者の負担に関する基準

行政サービスの利用者の負担に関する基準

6 使用料等見直し ( 1) 利用率向上、コスト削減取り組み 市は、サービス利用状況や現状で利用負担割合を示すとともに、この基準に基づき使 用料等を見直す場合は、見直しに先立ってサービス提供方法・提供内容見直し、積極的利 用促進など、サービス利用率、施設稼働率向上を図るため取り組みによる収入増加と、 コスト削減具体的目標を定め、利用負担増加を最小限に抑制したうえで、利用に負 担を求めるものとします。
さらに見せる

11 さらに読み込む

食費・部屋代の負担軽減の見直しについて 介護保険負担限度額認定について まつどDEいきいき高齢者|松戸市

食費・部屋代の負担軽減の見直しについて 介護保険負担限度額認定について まつどDEいきいき高齢者|松戸市

○ 食費・部屋代利用負担段階判定に用いる収入には、現在は課税年金(老齢年金 など)収入のみが対象になっておりますが、平成 28 年8月からは非課税年金(遺族年 金と障害年金)収入も含めて判定することになります。  このことにより、現在、利用負担段階が第2段階である方うち、非課税年金を一 定額受給されている場合には、利用負担段階が第3段階になる場合があります。
さらに見せる

2 さらに読み込む

資料11 行政サービスの利用者の負担に関する基準のあり方(検討部会とりまとめ) 受益者負担に関する検討部会開催経過  長野市ホームページ

資料11 行政サービスの利用者の負担に関する基準のあり方(検討部会とりまとめ) 受益者負担に関する検討部会開催経過 長野市ホームページ

これに対し、市が 供給提供 するサービスでは、サービスを利用することで直接的に発生する 費用を中心に利用負担額を設定してきました。 施設建設費は、その施設を設置した市責任を重くみたとき、税によって負担すべきである と考え方もありますが、世代間で負担適正配分観点から、施設建設費をコスト範 囲に含めたうえ、施設性質によって利用負担と税による負担割合を設定することで、 公平に負担を分け合う必要があると考えます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

3 窓口での一部負担金 ( 自己負担割合 ) 一部負担金の割合 ( 毎年 8 月 1 日に見直します ) お医者さんにかかるときは かかった医療費の 1 割 現役並み所得者は 3 割 を自己負担します 一部負担金の割合は 住民税の課税のもととなる額 ( 課税標準額 ) で判定します 課税標準額は 前

3 窓口での一部負担金 ( 自己負担割合 ) 一部負担金の割合 ( 毎年 8 月 1 日に見直します ) お医者さんにかかるときは かかった医療費の 1 割 現役並み所得者は 3 割 を自己負担します 一部負担金の割合は 住民税の課税のもととなる額 ( 課税標準額 ) で判定します 課税標準額は 前

※これまで国民健康保険税(料)を口座振替にされていた方が、引き続き、後期高齢医療保 険料口座振替を希望される場合でも、改めて口座振替手続きが必要です。 ※保険料を「特別徴収」されている方は、申出により「口座振替」に変更できます。ただし、 確実納付が見込まれない方については、認められない場合があります。

12 さらに読み込む

り支援夜間の見守りの補助として 機器事業者 団体名 株式会社アートデータ 東京都世田谷区代田 F Tel: 機器の目的 介護者の負担を軽減人による夜間見守りは 介護側にとって大きな負担とな

り支援夜間の見守りの補助として 機器事業者 団体名 株式会社アートデータ 東京都世田谷区代田 F Tel: 機器の目的 介護者の負担を軽減人による夜間見守りは 介護側にとって大きな負担とな

⑥ 失報による対応状況確認:失報回数を 記録  ※発見きっかけ及びその時間も記録  ⑦巡視時状況:巡視時状況を記録 ヒルズ新里は、もともとインシデント数をカ ウントしていなかったので、インシデント件数 比較検討はできないため、効果測定期間にイ ンシデント・ヒヤリハット件数を記録すること にした。通常施設で使用されている「夜勤レ ポート」と「職員申し送り記録」で確認してカ ウントした。②③については、許可もと参考 までに記録することにした。④⑤⑥について は、施設でいまイルモ離床通知機能正確 性検証中心となるので、測定期間中、離床 通知件数とその際センサー感知動きなど を記録した。今回、離床通知が発生した場合、 可能限り部屋に駆け付けていただき、被介護 状況について、新たに「夜勤対応日報記 録」をつけていただき、把握することにした。 また、今回実証事業(いまイルモ離床セン サー導入)前後状況を、実証事業測定期 間終了後に、施設利用と介護方数名にイ ンタビューを実施した。
さらに見せる

130 さらに読み込む

Show all 10000 documents...