粗利益と当期純利益の推移

Top PDF 粗利益と当期純利益の推移:

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

【連結】平成30年3月期 業績予想 (平成29年4月~平成30年3月) 平成30年 3月期 前期実績 (前期比) 前期比較 売上高 205,000 199,479 (102.8%) +5,521 営業利益 18,000 17,612 (102.2%) +388 経常利益 18,500 18,325 (101.0%) +175

26 さらに読み込む

連結経常利益 連結当期純利益の推移 連結経常利益および連結当期利益は 5 期連続増益を達成 連結経常利益は過去最高水準の114 億円規模を達成 連結当期純利益は9 期ぶりに過去最高を更新 (59.3 億円 74.8 億円 ) 2

連結経常利益 連結当期純利益の推移 連結経常利益および連結当期利益は 5 期連続増益を達成 連結経常利益は過去最高水準の114 億円規模を達成 連結当期純利益は9 期ぶりに過去最高を更新 (59.3 億円 74.8 億円 ) 2

設備材事業 業績 設備・土木用途向けガラスクロス販売は伸び悩むも、住宅向け断熱材堅 調な需要に対応し、シェア拡大や新規顧客獲得に努めた。 物流費をはじめするコストアップはあったものの、生産計画精度向上による 生産効率化や、原料、燃料原価低減を進めたことにより、前年同期並み収益を 確保した。

25 さらに読み込む

(mus$) 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 売上高当期純利益売上高利益率 Anglo American: 財務状況の推移 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % (mus$) 6, 5, 4, 3, 2,

(mus$) 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 売上高当期純利益売上高利益率 Anglo American: 財務状況の推移 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % (mus$) 6, 5, 4, 3, 2,

Anglogold Ashanti: 埋蔵量(Proven+Probable:2006 年 12 月 31 日付)年産金量(2006 年) ※AngloGold Ashanti 社アニュアルレポート埋蔵量データは鉱山毎では無く、国単位記載である。 ※Anglogold Ashanti 社埋蔵量は資源量内数である。 アフリカにおいては南ア Vaal River5鉱山、West Wits3鉱山、ガーナ Obuasi 及び Bibiani などで 生産しているほか、Morila、Sadiora、Yatela(以上マリ)、Navachab(ナミビア)、Geita(タンザニア)、 Freda-Rebecca(ジンバブエ)各鉱山に権益を有する。なお、Free State 地域金山は 2002 年 1 月 に Harmony Gold Mining 社 ARM(African Rainbow Minerals)社 JV に売却している。南アで尾鉱 処理を行っていた Ergo は 2004 年度で閉鎖された(1978 年 2 月~2005 年 3 月)。2006 年南アで 同社産金量 79.4t は、同社総計 175.3t 45%に相当するが、下図とおり南ア産金量割合は 減少しつつあり、その一方でその他アフリカ躍進が目立ち、南アで減少を補って同社産金量は 2003 年を底に持ち直しつつあったが 2006 年は 2003 年当時水準に戻した。
さらに見せる

24 さらに読み込む

1. 利益 年度の当期純利益 ( 単体 ) は 金利低下の影響等により資金利益が減少したものの 役務取引等利益や有価証券関係損益の増加などにより 前年比 4 億円増加し 億円となりました 年度 前年度比 コア業務粗利益 億円 億円 資金利益 うち貸出金利息 投信解約益 役務取引等利益 経 費 コア業

1. 利益 年度の当期純利益 ( 単体 ) は 金利低下の影響等により資金利益が減少したものの 役務取引等利益や有価証券関係損益の増加などにより 前年比 4 億円増加し 億円となりました 年度 前年度比 コア業務粗利益 億円 億円 資金利益 うち貸出金利息 投信解約益 役務取引等利益 経 費 コア業

中間配当 期末配当 年間配当 1株あたり配当金 円 - 円 - 円 年度中間配当予想は、 円させていただきます。なお、期末配当については、平成 年月日付で株式会社第四銀行共同持株会社設立による経営統合を行う予定であるた め、現時点では未定ですが、持株会社による配当予定額開示が可能なり次第、速やか に公表いたします。

12 さらに読み込む

業績データ 事業の状況 主要な経営指標等の推移 項目 正味収入保険料 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常収益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 保険引受損益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 当期純利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 年度 2013 年度 2

業績データ 事業の状況 主要な経営指標等の推移 項目 正味収入保険料 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常収益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 保険引受損益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 当期純利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 年度 2013 年度 2

4. 売却した満期保有目的債券 該当ありません。 6. 減損処理を行った有価証券  前連結会計年度において、その他有価証券(時価を把握することが極めて困難認められるものを除く。) について8,653百万 円(うち、株式68百万円、外国証券6,099百万円、その他2,485百万円)、その他有価証券で時価を把握することが極めて困難 認められるものについて1,100百万円(うち、株式752百万円、外国証券347百万円、その他0百万円)減損処理を行っています。  当連結会計年度において、その他有価証券(時価を把握することが極めて困難認められるものを除く。) について6,824百万 円(うち、外国証券4,321百万円、その他2,502百万円)、その他有価証券で時価を把握することが極めて困難認められるもの について245百万円(うち、株式12百万円、外国証券232百万円)減損処理を行っています。
さらに見せる

96 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

・情報コミュニケーション部門 出版関連事業うち、出版メディア関連は、出版市場低迷が続くなか、積極的な営業活動を推進 し、書籍は前年並みに推移しましたが、雑誌減少影響が大きく、前年を下回りました。教育・ 出版流通関連は、平成28年10月に、作家や書店員などが独自テーマで選んだ本を、利用者 興味・関心などに合わせて表示するサービス「ブックツリー」を開始するなど、書店で販売ネッ ト通販、電子書籍販売サービスを連携させたハイブリッド型総合書店「honto」事業拡大に 努めました。また、図書館サポート事業も運営受託館数が増加して前年を上回りましたが、出版関連 事業全体としては前年を下回りました。
さらに見せる

37 さらに読み込む

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

• 2005年度業績見通しを以下理由により上方修正: (1) 第3四半期為替レートが、想定よりも円安で推移したこと (2) エレクトロニクスおよび金融分野第3四半期実績が見通しを上回ったこと 液晶テレビ“BRAVIA<ブラビア>”は、全世界で好調な売上を記録。米国では導入以降、 市場シェア1位をキープ、期末時点で金額シェア約30%。 日本市場シェア(金額)は、 第3四半期を通じて約25%まで上昇。                      (直近データより)
さらに見せる

15 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

任天堂㈱ (7974) 平成 20 年 3 月期 第 1 四半期財務・業績概況 【定性的情報・財務諸表等】 1.連結経営成績に関する定性的情報 当第1四半期(平成 19 年 4 月 1 日から 6 月 30 日まで)レジャー機器部門は、携帯型ゲーム機関 連で、「ニンテンドーDS」が全世界で引き続き好調な売れ行きなり、当期間に 698 万台(累計販売台 数は 4,727 万台)を販売しました。対応ソフトウェアにおいても、国内で昨年発売した「ポケットモンスタ ー ダイヤモンド/パール」を米国でも 4 月に販売を開始して順調に売上を伸ばし、当第1四半期全 世界販売本数は 355 万本(累計販売本数は 876 万本)なったほか、「ニンテンドッグス」や「脳を鍛える 大人 DS トレーニング」シリーズ、「New スーパーマリオブラザーズ」など、発売後も長く売れ続けるタイ トルが多く、売上は好調に推移しました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

・米州・欧州 売 上 高: 2,411億円  前期比 + 3.6%(+ 1.4%) 営業利益:    95億円  前期比 +12.9%(+16.5%)   北米では、出版用インキ及び新聞用インキ需要は減少しましたが、パッケージ用インキ出荷が伸びたことなどによ り、前期並なりました。欧州では、出版用インキ及びパッケージ用インキ堅調な出荷が新聞用インキ需要減少をカ バーし、増収なりました。中南米では、パッケージ用インキ出荷が好調に推移し、増収なりました。以上結果、 増収なりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

静岡よみうりカントリークラブは、オープンコンペ開催数を増やし、コンペ誘致を積極的に実施いたしました。 また、レディスティを新設したほか、女性をターゲットにしたイベント「レディスゴルフフェスタ2016」などを開 催し好評を博しました。これら結果、入場者は増加いたしました。 千葉よみうりカントリークラブは、昼食付き料金など料金施策が順調に推移したほか、女性向け料金「女子 割」や、女性用アメニティグッズ充実など、女性をターゲットした施策を強化いたしました。これら結果、 悪天候による影響があったものの入場者は前年並みに推移いたしました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

 コンタクトレンズ市場はグローバルにおいて、1日使い捨てコンタクトレンズ・定期交換タイプコンタクトレンズ いったディスポーザブルレンズ需要伸長が続いており、市場全体は堅調に推移するもの考えております。  このような環境中で当社は、ディスポーザブルレンズラインアップ拡大及び生産能力拡大に取り組んでおりま す。これら施策により、グローバル市場におけるディスポーザブルコンタクトレンズシェア拡大を図る所存です。 主要事業であるメルスプランにおいては、販売促進強化及び販売チャネル強化に取り組むため、メルスプラン会員数 増加が継続する予測しております。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

「経営体質強化」につきましては、生産能力強化効率向上ため、IoTを活用した原価低減活動、製 造革新活動手法を用い間接部門業務改善によるコスト削減を図ってまいりました。引き続き更なる原価低減 コスト削減を推進してまいります。 当連結会計年度業績につきましては、売上高は前年度ほぼ同様に推移し、18,865百万円(前期比0.2%増) なりました。利益面は、業務効率向上経費を抑制できたため、営業利益は862百万円(前期比111.1%増)、 経常利益は933百万円(前期比81.3%増)、親会社株主に帰属する当期利益は609百万円(前期比92.4%増)な りました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

■ セグメント利益︓624億円 前期⽐ ▲105億円( ▲14%)  前期⼤⼝キャピタルゲイン影響により減益、サービス収⼊は堅調に推移 ■ セグメント資産︓6,202億円 前期末⽐ ▲375億円(▲6%)  賃貸不動産が売却により前期⽐では減少するも、第3四半期末からは145億円増加

44 さらに読み込む

記 2018 年 10 月期 営業収益営業利益経常利益当期純利益 12,077 5,683 4,980 4,977 1 口当たり ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金利益超過分配金は含まない ) を含む ) 2019 年 4 月期 12,135 6,366 5,626 5,624 1,495-1,

記 2018 年 10 月期 営業収益営業利益経常利益当期純利益 12,077 5,683 4,980 4,977 1 口当たり ( 利益超過分配金 ( 利益超過分配金利益超過分配金は含まない ) を含む ) 2019 年 4 月期 12,135 6,366 5,626 5,624 1,495-1,

合併前後において SHR 営業期間から変更ありません。 (注2) 2018 年 10 月期及び 2019 年 4 月期予想期末発行済投資口総口数は、いずれも 3,762,091 口です。 (注3) 上記予想数値は別紙「2018 年 10 月期及び 2019 年 4 月期運用状況及び分配金予想前提条件」に記載前 提条件下に算出した現時点ものであり、今後不動産等追加取得又は売却、不動産市場等推移、又は 両投資法人を取り巻くその他状況変化等により、実際営業収益、営業利益、経常利益当期利益、1 口 当たり分配金(利益超過分配金は含まない) 、1 口当たり利益超過分配金、及び 1 口当たり分配金(利益超過分 配金を含む)は変動する可能性があります。また、本予想は分配金額を保証するものではありません。 (注4) 本投資法人合併に伴い、のれん又は負のれんが発生することが見込まれていますが、本日現在において当該
さらに見せる

5 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

以上結果、マーケティングソリューションセグメント売上高は1,599百万円(前年同四半期比10.0%減)、 セグメント利益は113百万円(前年同四半期比68.6%減)なりました。 (コンシューマサービスセグメント) コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品拡充会員数 増加に注力し、主力有償サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移しております。また、前第 2四半期連結会計期間より損益を取り込んでおりますファッションECサイト「MUSE&CO.」売上貢献もあり、売上 高は堅調に推移しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

以上結果、マーケティングソリューションセグメント売上高は1,801百万円(前年同四半期比24.4%増)、 セグメント利益は360百万円(前年同四半期比74.3%増)なりました。 (コンシューマサービスセグメント)   コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品拡充会員数 増加に注力し、主力有償サンプリングサービス「ちょっプル」が堅調に推移しております。また、前期に実施し ておりましたTVCM終了により、広告宣伝費が減少しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

紙パルプ業界では、情報伝達媒体電子化や少子化進行など紙需要構造変化に伴い、国内市 場規模が漸減傾向で推移するなか、企業間競争は日々厳しさを増すなど、先行き不透明な状況が続いて おります。 このような状況下、当社グループは、中長期成長戦略プラン「ネクストステージ50」に邁進する もに、生産効率向上・安定操業確保による製造コスト縮減、拡販・新規需要開拓による販売数量 確保、木質バイオマス燃料発電設備を中心する発電事業継続に注力してまいりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

金融市場において長期金利は、米国金利上昇を受け、平成30年2月に10年国債金利は一時0.1%近辺まで上 昇したものの、その後は株安に伴う債券買い等により、小幅に金利低下が進みました。日経平均株価は、企業 好業績へ期待感から上昇し、平成30年1月には一時24,000円台まで上昇したものの、その後は米国株安を 受けて下落基調なり、概ね21,000円台で推移なりました。為替は、株高基調を受け110円前半で推移が 続きましたが、平成30年3月には、米中貿易摩擦へ懸念等から約1年4カ月振り円高水準なり、年度末 には106円台で推移なりました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

業績総括 (1) 当期純利益は 799 億円 ( 前年同期比 11% 減 ) ROE( 年換算 ) は 11.9% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) 1, 13.2% 14.3% 11.9% 7 11.% Q Q Q 当期純利益

業績総括 (1) 当期純利益は 799 億円 ( 前年同期比 11% 減 ) ROE( 年換算 ) は 11.9% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) 1, 13.2% 14.3% 11.9% 7 11.% Q Q Q 当期純利益

(注1)17.3 1Q「事業」には、旧ハートフォード生命関連期中損益は含まれておりません。 (注2)18.3 1Q「事業」には、フーリハン株式売却益旧ハートフォード生命関連期中損益は含まれておりません。 (注3)19.3 1Q「事業」には、フーリハン株式売却益旧ハートフォード生命関連期中損益は含まれておりません。 19.3 1Qホテル売却益は「現物投資」に含めています。 事業: 生命保険やコンセッションが堅調に推移
さらに見せる

36 さらに読み込む

年 4 月期の運用状況の予想 (2018 年 11 月 1 日 ~2019 年 4 月 30 日 ) 及び 2019 年 10 月期の運用状況の予想 (2019 年 5 月 1 日 ~2019 年 10 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

年 4 月期の運用状況の予想 (2018 年 11 月 1 日 ~2019 年 4 月 30 日 ) 及び 2019 年 10 月期の運用状況の予想 (2019 年 5 月 1 日 ~2019 年 10 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

オフィスビル、レジデンスともに物件供給が少ない状況が続いており、数少ない売却物件に対する取得競 争は過熱しています。キャップレートは低水準で推移し、取引価格は高止まり状況が続いています。 (ウ)このような投資環境中、当期において本投資法人は新たな不動産物件取得及び売却を行っておらず、 2018年10月31日現在、本投資法人が保有する資産は、オフィスビル26物件、レジデンス33物件、優先出資証券 1銘柄(注)計60物件であり、取得価格総額は246,464百万円、用途別投資比率はオフィスビル59.5%、 レジデンス32.4%、その他(優先出資証券)8.1%なっています。
さらに見せる

51 さらに読み込む

Show all 10000 documents...