管理化学物質の取扱事業者への規制

Top PDF 管理化学物質の取扱事業者への規制:

目次 1. 我が国における化学物質管理政策について 2. 化学物質審査規制法の改正について

目次 1. 我が国における化学物質管理政策について 2. 化学物質審査規制法の改正について

②上記届出内容や有害性に係る既知見等を踏まえ、優先的に安全性評価 を行う必要がある化学物質を「 優先評価化学物質 」に指定する。 ③必要に応じて、優先評価化学物質製造・輸入事業に有害性情報提 出を求めるとともに、 取扱事業にも使用用途報告 を求める。

42 さらに読み込む

環境報告事業活動と環境負荷NOKの環境マネジメントシステム環境方針・目標・実績のまとめ汚染防止・化学物質管理廃棄物削減省エネルギーへの取り組み環境に配慮した製品開発

環境報告事業活動と環境負荷NOKの環境マネジメントシステム環境方針・目標・実績のまとめ汚染防止・化学物質管理廃棄物削減省エネルギーへの取り組み環境に配慮した製品開発

生産・使用・廃棄まで、ライフサイクルを通じた環境負荷低減に配慮した製品開発を進めています。 最先端技術開発拠点 NOK 湘南開発センター  2005年5月、国内各地研究所に点在していた先進技術を集約した 研究開発拠点として「湘南開発センター」が開所しました。部門間垣根 をなくし、基礎技術研究から量産化技術開発までを一貫して行う「自己完 結型」をコンセプトに開発体制を整え、各分野専門知識や技術融合を 進めています。この湘南開発センターでは、環境に優しい燃料電池用部 品など、NOK シール技術をベースとした新しい製品が誕生しようとし ています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

対象化学物質一覧 PRTR の対象化学物質は 令別表第一 ( 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令第 1 条関係の別表第一 ) に掲げる 第一種指定化学物質 を指します このうち 同法施行令第 4 条で規定している 特定第一種指定化学物質 と呼ばれる物質もありま

対象化学物質一覧 PRTR の対象化学物質は 令別表第一 ( 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令第 1 条関係の別表第一 ) に掲げる 第一種指定化学物質 を指します このうち 同法施行令第 4 条で規定している 特定第一種指定化学物質 と呼ばれる物質もありま

以下事業所が分類される業種 1:主 として委託を受け、貨物積み下ろし または入出庫に際して長さ、質量、面 積、体積、熱量等を計量し、その結果 証明を行う事業所 2:主として委託 を受け、環境状態に関し濃度、騒音 レベル、振動レベル、放射能等を計量し、 その結果証明を行う事業所 3:主と して委託を受け、1、2以外物象状 態量に関し計量し、その結果証明 を行う事業
さらに見せる

25 さらに読み込む

事業活動と環境負荷 環境マネジメントシステム 環境目的・目標・実績のまとめ 揮発性有機化合物 (VOC) 削減への取り組み 廃棄物削減への取り組み 省エネルギーへの取り組み 化学物質管理への取り組み 環境に配慮した製品開発

事業活動と環境負荷 環境マネジメントシステム 環境目的・目標・実績のまとめ 揮発性有機化合物 (VOC) 削減への取り組み 廃棄物削減への取り組み 省エネルギーへの取り組み 化学物質管理への取り組み 環境に配慮した製品開発

NOK環境保全基本方針 環境保全管理体制 NOK株式会社は、オイルシール、Oリング等工業用ゴム・樹脂によるシール製品を主体にダイアフラム、ブーツ等工業 用機能部品、アキュムレータ、ソレノイドバルブ等油圧・空圧機器等を主要製品とする輸送用機械器具を製造・販売する企業 である。主要製品大部分が「漏れを防ぐこと」を主機能としており、輸送用機械器具環境保全対策一端を担っている。 企業が社会一員であることを前提に、事業活動・製品及びサービスが広く地球規模で環境影響に関わりを持つこと を全社員が認識し、更なる環境保全活動を充実するため会社環境保全管理基本方針及び行動指針を定め、次世代以降も 視野に入れた環境保全管理に努める。
さらに見せる

12 さらに読み込む

< 目次 > 1 化学物質審査規制法 ( 化審法 ) の概要 2 化審法の施行状況 3 化審法の改正 4 POPs 条約への対応

< 目次 > 1 化学物質審査規制法 ( 化審法 ) の概要 2 化審法の施行状況 3 化審法の改正 4 POPs 条約への対応

• 半数致死濃度が10mg/l以下であるもの • その他毒性学的に重要な影響がみられたもの ○ 化審法第41条第1項及び第2項 において、化学物質製造・輸入事業が、製造・輸入した 化学物質に関して、化審法審査項目に係る試験や調査を通じて難分解性、高蓄積性、人 や動植物に対する毒性など一定有害性を示す情報を得たときには、 国報告すること が義務づけられている。
さらに見せる

28 さらに読み込む

化学物質総合評価管理プログラム

化学物質総合評価管理プログラム

このような背景下、わが国全産業基幹となる化学品を持続的に生産、供給していくためには、こ れまで大量消費・廃棄型生産プロセスから脱却して、持続的な生産が可能なプロセスによる供給体制 構築が急がれる。そこで、これら資源、エネルギー、環境制約問題を克服し、高機能な化学持 続的製造を可能とする基盤技術確立を目指し、『部材分野技術戦略マップを活用し、将来部材 基盤技術方向性を見定め、材料関係だけでなく多様な連携による基盤技術開発支援で、部材分 野技術革新を促進すること』を目的とした「ナノテク・部材イノベーションプログラム」に位置付けて本事 業を実施する。また、資源生産性向上を目指すことを提言した「新経済成長戦略フォローアップと改訂」 (平成 20 年 9 月 19 日閣議決定)においても「地球温暖化、世界的な資源需給逼迫に対応して、抜本 的な省エネ、省資源技術確立を目指すべく、グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発 を推進する。」こととされている。
さらに見せる

27 さらに読み込む

化学物質総合評価管理プログラム

化学物質総合評価管理プログラム

④本事業ねらい 本事業は、環境を経由した人健康等悪影響が懸念される化学物質うち特に 代替が困難であるもの(以下「有害化学物質」という。)について、代替物質(有害 化学物質に替わる化学物質及び当該代替に伴う改良プロセス、改良製品等)を開発し、 これによって、当該物質による環境リスクを低減するだけでなく、厳格化する化学物 質規制により必要不可欠な物質が使用できなくなる企業経営上リスクを低減し、さ らに、諸外国に先駆けて代替化を行うことにより、我が国産業界国際競争力強化に 資することを目的とする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)の概要

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)の概要

届出要件考え方 ①  PRTR制度実施に際しては、事業所ごとに対象化学物質排出量等 を把握し届け出る義務がある。  しかし、これら届出義務を履行することは、指定化学物質取扱量が 尐量事業や規模が小さい事業等にとっては、過重な人的・経済 的負担となる恐れがある。

26 さらに読み込む

Microsoft Word - 化学物質管理計画作成の手引き(最終案)

Microsoft Word - 化学物質管理計画作成の手引き(最終案)

この条例規定により、「特定化学物質環境排出量把握等及び管理改 善促進に関する法律」(以下「化管法」という。)に基づく届出事業(第一種 指定化学物質取扱事業)は、次条例施行規則に掲げる事項を記載した「指定 化学物質管理に関する計画」を作成し、公表するよう努めなければなりません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 背景 1-1 環境法規制近年 化学物質を取り巻く環境は厳しくなってきています これは化学物質を適切に管理し 作業環境の改善と地球環境を保護するための世界的な取り組みとなっています 特に欧州圏は 世界に先駆けて化学物質の管理を進めており 各種環境規制 法規制を実施し さらに随時改正することで世界

1. 背景 1-1 環境法規制近年 化学物質を取り巻く環境は厳しくなってきています これは化学物質を適切に管理し 作業環境の改善と地球環境を保護するための世界的な取り組みとなっています 特に欧州圏は 世界に先駆けて化学物質の管理を進めており 各種環境規制 法規制を実施し さらに随時改正することで世界

MEKOフリータイプシリコーンFIPG開発 89 平成29年1月1日発行 はじめに••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 1 1.背景••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 2 2.FIPGについて••••••••••••••••••••••••••••••••••• 2 3.•求められる特性•••••••••••••••••••••••••••••••••• 3
さらに見せる

8 さらに読み込む

化学物質を取り扱う事業主の皆さまへ < 平成 27 年報告版 > 有害物ばく露作業報告 の 引き 厚 労働省では 労働者に重い健康障害を及ぼすおそれのある化学物質について リスク評価を実施し 必要な規制を実施しています このリスク評価を うに当たり 事業場において労働者が有害物にさらされる ( ばく

化学物質を取り扱う事業主の皆さまへ < 平成 27 年報告版 > 有害物ばく露作業報告 の 引き 厚 労働省では 労働者に重い健康障害を及ぼすおそれのある化学物質について リスク評価を実施し 必要な規制を実施しています このリスク評価を うに当たり 事業場において労働者が有害物にさらされる ( ばく

Q 10 リスク評価結果は、報告した事業にフィードバックされるですか。 10 A ステンレス鋼等合⾦であっても、ニッケルがその重量0.1%以上含まれるもの で、切削等でその粉じん等により労働がばく露するおそれある場合は、報告が必要 になります。ただし、ステンレス鋼等を固形かたまり状態ままで取り扱う場合に ついては、粉じん等により労働がばく露するおそれがないものは、報告必要はあり ません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次 1. 国際的な化学物質管理 2. OECDの化学品安全プログラム 3. 米国の化学物質管理 4. 欧州の化学物質管理 5. アジア協力について 6. AJCSDの紹介 7. 二国間協力 ( ベトナム タイ 韓国 台湾 ) ( 参考 )H28 年度アジア調査結果報告 2

目次 1. 国際的な化学物質管理 2. OECDの化学品安全プログラム 3. 米国の化学物質管理 4. 欧州の化学物質管理 5. アジア協力について 6. AJCSDの紹介 7. 二国間協力 ( ベトナム タイ 韓国 台湾 ) ( 参考 )H28 年度アジア調査結果報告 2

ある「健康に影響ある事業 定義明確化 をタイ政府に早急に要請。 化学物質管理制度未構築→日系進出企業安定操業に脅威 ○規制が不透明/未運用なことにより、担当官裁量で措置が決定 • ベトナムでは 突然新たな規制が導入 される事があり、一時的に多く企業が 違法状態になるが、日系企業だけが環境警察に査察に入られ指導を受けると いうケースあり。
さらに見せる

99 さらに読み込む

序文目的 化学物質の初期リスク評価書 は 独立行政法人新エネルギー 産業技術総合開発機構から委託された化学物質総合評価管理プログラムの一環である 化学物質のリスク評価及びリスク評価手法の開発 プロジェクトの成果である このプロジェクトは 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関す

序文目的 化学物質の初期リスク評価書 は 独立行政法人新エネルギー 産業技術総合開発機構から委託された化学物質総合評価管理プログラムの一環である 化学物質のリスク評価及びリスク評価手法の開発 プロジェクトの成果である このプロジェクトは 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関す

以上、マウス発がん試験で、肝芽腫、肝細胞腺腫とがん出現頻度が有意に増加し、ラ ット発がん試験で、ジンバル腺腺腫、腎臓腺腫とがんを合わせた出現頻度、肝細胞腺腫 出現頻度及び肝細胞腺腫とがんを合わせた出現頻度が、雄で有意に増加した。 なお、厚生労働省は、本物質について人に対するがん原性は確定していないが、労働が長 期暴露された場合将来においてがん等重篤な健康障害を生じる可能性を否定できないとし、 労働安全衛生法第 28 条第 3 項規定に基づき、厚生労働大臣定める物質として告示するとと もに、「1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼンによる健康障害を防止するため指針」を策定し、公示 している (厚生労働省、2006)。
さらに見せる

45 さらに読み込む

愛知県化学物質適正管理マニュアル

愛知県化学物質適正管理マニュアル

③ 常時使用する従業員数が21人以上事業(化管法届出と同じ考え方) ここでいう「常時使用する従業員数」とは、本社、支社、営業所など、対象業 種でない全て事業所も含めて、従業員数を合計した事業全体従業員数で す、把握対象年度4月1日時点(年度途中に事業を開始した事業においては 事業を開始した日)で従業員数で判断します。常時使用する従業員数は、期間 を定めずに使用されている人若しくは1か月を超える期間を定めて使用されてい る人、又は取扱量等把握対象年度前年度2月、3月中にそれぞれ18日以上 使用されている人をいい、嘱託、パート、アルバイトも含みます。
さらに見せる

66 さらに読み込む

平成22年度 海外の化学物質管理制度に関する調査 報告書

平成22年度 海外の化学物質管理制度に関する調査 報告書

2.4.2. 調査結果 (1) 背景 インドネシア経済状況は、以下ように概観される 3 。インドネシアは、石油収入に 依存した資本集約型重化学工業化を進めてきたが、1980 年代世界的な石油価格低下に よって、それが困難になった。このため、脱石油・経済効率化を目指して、外資優遇転 換や、各種規制緩和を図った。このような構造調整結果、経済は回復した。しかし、 1997 年アジア経済危機はインドネシアを直撃、マイナス成長に陥り、スハルト大統領 30 年以上開発独裁を終わらせる一因ともなった。その後インドネシアは、民主化ととも に、IMF 支援も受けながら銀行不良債権処理や国有企業民営化等改革を進めてきた。 その結果、経済は回復し、成長軌道に乗ることができた(4~6%)。
さらに見せる

51 さらに読み込む

大阪府化学物質管理制度について

大阪府化学物質管理制度について

リスクコミュニケーション普及 化学物質に関する理解を促進するために、行政・事業・府民等が集いリスク コミュニケーションを行う機会を設ける。また、リスクコミュニケーションを円 滑に進めるため人材を育成する。

46 さらに読み込む

化学物質管理基準_第12版

化学物質管理基準_第12版

<参考> 経済産業省ホームページ : http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/RoHSrev.html EU 委員会ホームページ : http://ec.europa.eu/environment/waste/weee/index_en.htm ※1-3 製品含有化学物質管理-原則及び指針(JIS Z7201:2012) 製品含有化学物質管理に取り組む全て組織が、その規模、種類、成熟度を問わず、適切かつ効率的に実施できるように、サプライチ ェーン全体で共有されるべき設計・開発、購買、製造、引渡し各段階における製品含有化学物質管理原則及び指針を定めた日本工 業規格。(2012 年 8 月制定)
さらに見せる

24 さらに読み込む

化学・生物総合管理の再教育講座 化学物質総合管理法学4 大気環境の保全

化学・生物総合管理の再教育講座 化学物質総合管理法学4 大気環境の保全

米国:高生産量プログラムから中生産量プログラム • 1998年からHPV(高生産量)チャレンジプログラムを開始、約 2200既存化学物質について自主的な情報収集。 • 2006年3月、17物質(その後1物質を取下げ)についてTSCA 第 4条に基づく試験規則を公布し、製造・加工事業に対して スクリーニングレベル試験実施を要求

40 さらに読み込む

化学物質管理ミーティング 2016 NITE-CHRIP 新機能と日 ASEAN 化学物質 管理データベース (AJCSD) の有効利用 平成 28 年 8 月 25 日 ( 木 ) 独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE) 化学物質管理センター情報業務課吉田しのぶ

化学物質管理ミーティング 2016 NITE-CHRIP 新機能と日 ASEAN 化学物質 管理データベース (AJCSD) の有効利用 平成 28 年 8 月 25 日 ( 木 ) 独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE) 化学物質管理センター情報業務課吉田しのぶ

Use and Standards of Exposure of Chemicals Hazardous to Health (USECHH) Regulation 2000 健康被害ある化学物質暴露使用や基準に関する規則:職場で健康被害ある化学物質暴露を管理 することを目的として2000年に制定された法律です。雇用主は職場で化学物質が適切に管理することを保証す る義務があります。健康被害ある化学物質暴露は、雇用安全や健康を十分に確保できるレベル以下 で保つ必要があります。
さらに見せる

67 さらに読み込む

Show all 10000 documents...