第94期定時株主総会招集に際しての

Top PDF 第94期定時株主総会招集に際しての:

第188期定時株主総会招集ご通知に際しての

第188期定時株主総会招集ご通知に際しての

工事契約に係る収益計上基準は、「工事契約に関する会計基準」(企業会計基準 15 号 平成 19 年 12 月 27 日)及び「工事契約に関する会計基準適用指針」(企業会計基準適用指針 18 号 平成 19 年 12 月 27 日)によっている。 ただし、平成 21 年3月 31 日以前に着手した長期・大型請負工事(工期1年超、請負金額 30 億円以 上)に係る収益計上については工事進行基準(工事進捗率見積りは主として原価比例法)を、 その他工事については工事完成基準を採用している。なお、引渡受注工事売上金額が決定せず 及び(又は)売上原価集計が完了していない工事については、いずれも見積り計上を行っている。 10.消費税及び地方消費税会計処理は、税抜方式によっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

第33期 定時株主総会招集ご通知

第33期 定時株主総会招集ご通知

離島事業者を対象とした、 販路拡大・商品PR講座「しまもラボ」を開始  当社は、2015年12月より、離島活性化を目指す「しまも プロジェクト」を開始しています。プロジェクト一弾では「au‌ WALLET‌Market」を通じた離島産品販売を実施し、プロジェク ト二弾として、昨年10月には鹿児島県喜界町にて、離島事業者向 け販路拡大・商品PR講座「しまもラボ」を開催しました。「し まもラボ」では、「auスマートパス」商品モニターサービスを 活用したマーケティングやその結果を元にした専門家による講義を 行い、商品アピールポイントを言葉でどう伝えていくか等を学ん でいただきました。今回、「しまもラボ」に参加した事業者扱 う商品うち3品目が、「au‌WALLET‌Market」「しまもマル シェ」で販売されており、全国auショップでもお買い求めいただ
さらに見せる

56 さらに読み込む

第31期 定時株主総会招集ご通知

第31期 定時株主総会招集ご通知

 株主皆さまにおかれましては、平素より格別ご高配を賜り、 厚くお礼申し上げます。  ここに、31定時株主総会招集ご通知をお届けいたします。  当社は31を、「新たな成長ステージを目指す」1年として、 戦略柱である3M戦略(マルチネットワーク・マルチデバイ ス・マルチユース)を推進するとともに、「au‌WALLET開始」 や、グローバル戦略として「ミャンマー通信事業へ参入」等、 事業成長に向けた新たなチャレンジも進めてまいりました。  31業績面におきましては、3M戦略をベースに通信料収 入と付加価値売上が増加したこともあり、30に続いて、2 連続で営業利益2桁増益を達成することができました。これ も日頃から、株主皆さまにご支援をいただきましたおかげであ り、厚く御礼申し上げます。
さらに見せる

56 さらに読み込む

第32期 定時株主総会招集ご通知

第32期 定時株主総会招集ご通知

 当社は、このような事業環境変化に対応し、競争力さらなる強化を図り、中長期で事業成長を目指し ていくために、「3M戦略(マルチネットワーク、マルチデバイス、マルチユース)」と「グローバル戦略」を推 進しています。  国内については、「3M戦略」に基づき、ネットワーク・端末・サービス・お客さまサポート・料金等あらゆる 面で「auらしさ」を磨き上げ、さらなる顧客基盤拡大、auスマートバリュー及びスマートフォン普及、マ ルチデバイス及びマルチユース推進を図っています。マルチデバイスでは、タブレット等利用促進を成長 新たな推進力としています。マルチユースでは、「au経済圏拡大」に向けて、物販事業、金融・決済事業 強化に加え、本年4月からは電力小売事業に参入しました。当社連結子会社である株式会社ウェブマネーが 事業展開している「au WALLET プリペイドカード」と当社連結子会社であるKDDIフィナンシャルサービス 株式会社が事業展開している「au WALLET クレジットカード」有効発行枚数 ※3 が合計約1,800万枚に到達 する等、順調に「au WALLET」会員基盤を拡大しています。なお、マルチデバイス及びマルチユース推 進に伴い、マルチデバイスによる収入を反映したお客さま一人当たり「au通信ARPA(Average Revenue Per Account) ※4 」と、お客さま一人当たり「付加価値ARPA」を当期重要KPIとし、両ARPA最大化を 図りました。
さらに見せる

64 さらに読み込む

2016年定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

2016年定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

営業債権である受取手形及び売掛金は、販売管理規程等に従い債権管理を行っており、必 要に応じて信用調査を行う等、財務状況等悪化等による回収懸念早期把握や軽減を図っ ております。また、投資有価証券は株式及び債券であり、定期的に時価や発行体(取引先企 業)財務状況等を把握し、市況や取引先企業と関係を勘案して保有状況を継続的に見直し ております。

15 さらに読み込む

第92期定時株主総会招集ご通知 招集ご通知|ミヨシ油脂

第92期定時株主総会招集ご通知 招集ご通知|ミヨシ油脂

 当連結会計年度における我が国経済は、企業収益改善と雇用・所得環境改善が続き、景気は緩やかな回復 基調で推移したものの、アメリカ政策動向および中国経済先行きが懸念され、依然として不透明な状態で推 移いたしました。  当油脂加工業界におきましては、市場成熟化による需要伸び悩みと生活必需品に対する節約志向や低価格 志向が継続するなか、各種原材料価格や物流コスト上昇を受け、厳しい経営環境で推移いたしました。  このような状況なかで当社グループは、「中期経営計画(2016~2018年)」2年目として、既存製品品 質向上と市場ニーズに即応した高付加価値製品開発を通じて、お客様に満足いただける製品提供に努めると ともに、きめ細かな営業活動を行い、新たな市場開拓と用途開拓に取り組みました。また、安全、安心を一に 設備投資を行い、品質管理体制強化に努める一方で、生産体制効率化等コスト削減を推し進め、収益改 善に努めました。
さらに見せる

43 さらに読み込む

第28期定時株主総会招集ご通知

第28期定時株主総会招集ご通知

書面とインターネットにより重複して議決権を行使された場合は、イ ンターネットによる議決権行使内容を有効として取り扱わせていた だきます。 インターネットにより複数回数にわたり議決権を行使された場合は、 最後に行使された内容を有効として取り扱わせていただきます。また、 パソコン等(スマートフォンを含む)向けサイトと携帯電話向けサイト で重複して議決権を行使された場合も、最後に行使された内容を有効 として取り扱わせていただきます。
さらに見せる

48 さらに読み込む

第49期定時株主総会招集ご通知

第49期定時株主総会招集ご通知

 監査においては、計算書類及びその附属明細書金額及び開示について監査証拠を入手するため 手続が実施される。監査手続は、当監査法人判断により、不正又は誤謬による計算書類及びその附 属明細書重要な虚偽表示リスク評価に基づいて選択及び適用される。監査目的は、内部統制 有効性について意見表明するためものではないが、当監査法人は、リスク評価実施に際して、 状況に応じた適切な監査手続を立案するために、計算書類及びその附属明細書作成と適正な表示に 関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに 経営者によって行われた見積り評価も含め全体として計算書類及びその附属明細書表示を検 討することが含まれる。
さらに見せる

48 さらに読み込む

第29期定時株主総会招集ご通知

第29期定時株主総会招集ご通知

  取締役報酬は、各事業年度における業績向上並びに中長期的な企業価値増大に向けて職責を負うことを考慮し、定額報酬と 役員賞与で構成しております。定額報酬は、各取締役職位に応じて、経営環境等を勘案して決定しております。役員賞与は、当事業 年度当社グループ業績・担当部門業績並びに個人業績評価に基づいて決定しております。なお、取締役経営責任を明確にし、 業績向上に対するインセンティブを一層高めるため、役員賞与については当該事業年度連結当期純利益0.1%以内業績連動型 変動報酬といたしております。この変動枠につきましては、当社グループを取り巻く環境変化に迅速に対応しながら、持続的成長及 び新たな時代を先導していくと経営目標に対する取締役責任を考慮して設定したものであります。
さらに見せる

48 さらに読み込む

第30期 定時株主総会招集ご通知

第30期 定時株主総会招集ご通知

  取締役報酬は、各事業年度における業績向上並びに中長期的な企業価値増大に向けて職責を負うことを考慮し、定額報 酬と役員賞与で構成しております。定額報酬は、各取締役職位に応じて、経営環境等を勘案して決定しております。役員賞与 は、当事業年度当社グループ業績・担当部門業績並びに個人業績評価に基づいて決定しております。なお、取締役経 営責任を明確にし、業績向上に対するインセンティブを一層高めるため、役員賞与については当該事業年度連結当期純利益 0.1%以内業績連動型変動報酬といたしております。この変動枠につきましては、当社グループを取り巻く環境変化に迅速 に対応しながら、持続的成長及び新たな時代を先導していくと経営目標に対する取締役責任を考慮して設定したものであり ます。
さらに見せる

48 さらに読み込む

第53期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

第53期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

 監査においては、計算書類及びその附属明細書金額及び開示について監査証拠を入手するため手続が 実施される。監査手続は、当監査法人判断により、不正又は誤謬による計算書類及びその附属明細書重 要な虚偽表示リスク評価に基づいて選択及び適用される。監査目的は、内部統制有効性について意 見表明するためものではないが、当監査法人は、リスク評価実施に際して、状況に応じた適切な監査手 続を立案するために、計算書類及びその附属明細書作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。ま た、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積り評価も 含め全体として計算書類及びその附属明細書表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

39 さらに読み込む

第82期定時株主総会招集ご通知

第82期定時株主総会招集ご通知

① 普通株式(上位10名) (年度末現在) 株 主 名 当 行 へ 出 資 状 況 持 株 数 等 持 株 比 率 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 68,421千株 5.86% 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 61,435千株 5.26% オリックス銀行株式会社(信託口5200011) 39,969千株 3.42% STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505225 30,942千株 2.65% STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 29,538千株 2.53% STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234 16,765千株 1.43% STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505224 15,159千株 1.29% GOLDMAN, SACHS & CO.REG 14,281千株 1.22% 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 13,867千株 1.18% 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口6) 13,782千株 1.18% (注)1.「持株数等」は千株未満を切り捨てて表示しております。
さらに見せる

52 さらに読み込む

abu syosyu net 第68回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項PDF

abu syosyu net 第68回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項PDF

株式会社支配に関する基本方針 (1)基本方針内容 当社は、「正道」「和」「独創」「安全」という社是もと、会社発展は、社会福祉、 世界進運に寄与しうるものでなければならない、また、お客様一に徹し、品質・技術西 川ゴムと社会から信頼され、いかなる環境中でも成長し続ける「たくましい企業」「存在感 ある企業」を目指し、「和心」をもって全社員が一丸となって、自ら仕事に誇りと責任 を持ち、常に正道に立って社業を運営してまいりました。現在ある当社を支え形成する有形無 形諸々財産が当社企業価値源泉と認識しておりますし、それら財産上に当社将 来が在ると確信しております。当社企業価値を高め、株主共同利益に資するためには、当 社企業価値源泉を理解し、それに立脚した上でさらなる企業成長を目指す必要がある、と 考えます。従いまして、当社は、「当社財務および事業方針決定を支配する者は、当社 社是、当社経営理念を理解し、当社企業価値源泉、当社ステークホルダーと信頼 関係を尊重した上で、当社企業価値および株主共同利益を確保し、中長期的に向上させる 者でなければならない」と考え、これを基本方針として決定しております。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第108回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 株主総会 | 株主・株式情報 | 株主・投資家情報 | 株式会社メディパルホールディングス

第108回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 株主総会 | 株主・株式情報 | 株主・投資家情報 | 株式会社メディパルホールディングス

平成78年度税制改正 係 減価償却方法 変更 関 実務上 取扱い 適用 法人税法 改正 伴い 平成78年度税制改正 係 減価償却方法 変更 関 実務上 取扱い 実 務対応報告87号 平成78年 月67日 当連結会計年度 適用 平成78年 月 日以後 取得 建 物附属設備及び構築物 係 減価償却方法 定率法 定額法 変更

17 さらに読み込む

abu syosyu net 第67回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項PDF

abu syosyu net 第67回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項PDF

株式会社支配に関する基本方針 (1)基本方針内容 当社は、「正道」「和」「独創」「安全」という社是もと、会社発展は、社会福祉、 世界進運に寄与しうるものでなければならない、また、お客様一に徹し、品質・技術西 川ゴムと社会から信頼され、いかなる環境中でも成長し続ける「たくましい企業」「存在感 ある企業」を目指し、「和心」をもって全社員が一丸となって、自ら仕事に誇りと責任 を持ち、常に正道に立って社業を運営してまいりました。現在ある当社を支え形成する有形無 形諸々財産が当社企業価値源泉と認識しておりますし、それら財産上に当社将 来が在ると確信しております。当社企業価値を高め、株主共同利益に資するためには、当 社企業価値源泉を理解し、それに立脚した上でさらなる企業成長を目指す必要がある、と 考えます。従いまして、当社は、「当社財務および事業方針決定を支配する者は、当社 社是、当社経営理念を理解し、当社企業価値源泉、当社ステークホルダーと信頼 関係を尊重した上で、当社企業価値および株主共同利益を確保し、中長期的に向上させる 者でなければならない」と考え、これを基本方針として決定しております。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第71回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 株主総会について | IR情報 | 水戸証券株式会社

第71回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 株主総会について | IR情報 | 水戸証券株式会社

金融負債主なものには借入金、預り金、信用取引負債、受入保証金があります。借入金につ いては、金利変動リスクがありますが、主に短期借入れとすることによりリスクを抑制してお ります。また、資金調達ができなくなる流動性リスクについては、借入枠確保や自己融資から 信用取引借入金へ振り向けることにより対応しております。預り金、信用取引負債および受入保

12 さらに読み込む

第56期定時株主総会招集ご通知 株主総会 | IRイベント | 株主・投資家の皆さまへ | HARADA

第56期定時株主総会招集ご通知 株主総会 | IRイベント | 株主・投資家の皆さまへ | HARADA

又 業報告 載 れ いる 締役 職 執行 法 及 定款 適合 る を確 保 る 体制 株式会社 業 適 を確保 る 必要 会社法 施行規則100条 項及 項 定 る体制 整備 関 る 締役会決議 容及 当 決議 基 整備 れ いる体制 部統制クケゾヘ い 締役及 使用人 等 ら 構築及 運用 状況 い 定期的 報告を 必要 応 説明を求 意見を表明い 子会社 い 子会社 締役及 査役等 意思疎通及

56 さらに読み込む

第55期定時株主総会招集ご通知 株主総会 | IRイベント | 株主・投資家の皆さまへ | HARADA

第55期定時株主総会招集ご通知 株主総会 | IRイベント | 株主・投資家の皆さまへ | HARADA

(法人税率 変更等 よる繰延税金資産及 繰延税金 債 金 修 ) 経済社会 構 変 対応 税制 構築を る 所得税法等 部を改 る法 平年 法 11ィ 及 東日曓大震災 ら 復興 施策を実施 る 必要 源 確保 関 る特 措置法 平年 法 11可 平年 1平暻 日 れ 平ィ 暻 日 開始 る連結会計 度 ら法人税率 引 及 復興特 法人税 課税 行われる り れ 伴い 繰延税金資産及 繰延 税金 債 計算 使用 る法定実効税率 来 ィ0.可 ら 平ィ 暻 日 開始 る連結会計 度 ら 平① 暻 日 開始 る連結会計 度 解消 見込 れる 時差 異 い 年拠.0 平可 暻 日 開始 る連結会計 度 降 解消 見込 れ る 時差異 い 年イ.① り
さらに見せる

52 さらに読み込む

第51期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

第51期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

 各監査役は、監査役会が定めた監査役監査基準に準拠し、監査方針、職 務分担等に従い、取締役、内部監査部門その他使用人等と意思疎通を図り、 情報収集及び監査環境整備に努めるとともに、取締役会その他重要な会 議に出席し、取締役及び使用人等からその職務執行状況について報告を受け、 必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所 において業務及び財産状況を調査いたしました。また、事業報告に記載され ている取締役職務執行が法令及び定款に適合することを確保するため体 制そ他株式会社業務適正を確保するために必要なものとして会社法施行 規則100条1項及び3項に定める体制整備に関する取締役会決議内容 及び当該決議に基づき整備されている体制(内部統制システム)について、取 締 役 及 び 使 用 人 等 か ら そ 構 築 及 び 運 用 状 況 に つ い て 定 的 に 報 告 を 受 け、 必要に応じて説明を求め、意見を表明いたしました。子会社については、子会 社取締役及び監査役等と意思疎通及び情報交換を図り、必要に応じて子会 社から事業報告を受けました。以上方法に基づき、当該事業年度に係る事 業報告及びその附属明細書について検討いたしました。
さらに見せる

47 さらに読み込む

第52期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

第52期定時株主総会招集ご通知 株主総会情報 | 一正蒲鉾株式会社

 監査においては、計算書類及びその附属明細書金額及び開示について監査証拠を入手するため手続が 実施される。監査手続は、当監査法人判断により、不正又は誤謬による計算書類及びその附属明細書重 要な虚偽表示リスク評価に基づいて選択及び適用される。監査目的は、内部統制有効性について意 見表明するためものではないが、当監査法人は、リスク評価実施に際して、状況に応じた適切な監査手 続を立案するために、計算書類及びその附属明細書作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。ま た、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積り評価も 含め全体として計算書類及びその附属明細書表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

39 さらに読み込む

Show all 10000 documents...