発 売 年 月 日:2018年(平成30年) 4月23日

Top PDF 発 売 年 月 日:2018年(平成30年) 4月23日:

別 紙 1 青 春 18 きっぷ の 発 売 について 1 発 売 期 間 とご 利 用 期 間 春 季 発 売 期 間 : 平 成 28 年 2 月 20 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 利 用 期 間 : 平 成 28 年 3 月 1 日 ~ 平 成 28 年 4 月 10 日 夏

別 紙 1 青 春 18 きっぷ の 発 売 について 1 発 売 期 間 とご 利 用 期 間 春 季 発 売 期 間 : 平 成 28 年 2 月 20 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 利 用 期 間 : 平 成 28 年 3 月 1 日 ~ 平 成 28 年 4 月 10 日 夏

別紙2 北海道新幹線開業以降の「青春 18 きっぷ」のお取扱いと「青春 18 きっ ぷ北海道新幹線オプション券」の発売について 平成 28 3月 26 北海道新幹線の開業に伴い、江差線の木古内~五稜郭間が「道南いさり び鉄道」に経営移管されるなど、JR在来線区間が変更となります。これに伴い、「青春 18 き っぷ」のご利用可能区間が変更となりますのでご注意ください。

8 さらに読み込む

連結財務ハイライト 株主の皆さまへ 売上高 経常利益 2018 年 4 月 1 日から 2018 年 9 月 30 日まで 12,477 1, 年 9 月 30 日まで 10, 年 3 月 31 日まで 23,582 2,114 最新技術を取り込んだ モノづく

連結財務ハイライト 株主の皆さまへ 売上高 経常利益 2018 年 4 月 1 日から 2018 年 9 月 30 日まで 12,477 1, 年 9 月 30 日まで 10, 年 3 月 31 日まで 23,582 2,114 最新技術を取り込んだ モノづく

「Zuken Innovation World 2018」は、アメリカ、 ドイツ、インド、イタリア、フラ ンス、スイス、イギリスと、世界各地で開催。本年最後を飾る最大規模のカンファ レンスを、1018と19に横浜で行いました。通算で26回目となる「Zuken Innovation World 2018 YOKOHAMA」では、海外企業7社・国内企業14社の お客さまによる事例発表や、 「AI(人工知能)」 「システムズエンジニアリング」 「モデ ルベース開発」 「IoT(モノのインターネット)」といった注目の最新モノづくり動向 に関連した特別講演、図研からは最新ソリューションや製品ロードマップなどを 紹介。2日間で過去最多となる約1,700名のお客さまにご来場いただきました。 4つの会場で開催した50のセッションに加え、 「実際に触って確かめられる」 と好評 の体験型プログラム「エクスペリエンス」も12セッション開催。昨年に続き、昼食時や 休憩時間を利用して行う 「ホワイエセッション」も実施し、今年は12のセッションで 表のみならず、実際の環境を体験していただく試みも実施し好評でした。 「他社の先 進的なモノづくりは、良い刺激になりました」 「タイムリーな特別講演の聴講や業界 情報収集のため、ここ数毎回参加しています」といったお声が寄せられるなど、 「Zuken Innovation World」は、モノづくりの今と未来を、聴いて、見て、体験して、
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成24年3月期中間(平成23年4月1日~平成23年9月30日)DREPORT 株主通信(DREPORT)|株主・投資家の皆様へ|会社情報|DAIKEN-大建工業

平成24年3月期中間(平成23年4月1日~平成23年9月30日)DREPORT 株主通信(DREPORT)|株主・投資家の皆様へ|会社情報|DAIKEN-大建工業

通期の 見通し  床材を中心とする内装材事業につきましては、平成225 に業務提携を行ったパナソニック電工株式会社と連携し、両社 にて床基材のエコ化推進に取り組むとともに、国産材を活用し た製品の拡販に努めました。また、品目別に生産拠点の見直し を行うことで、歩留まり改善を含めた生産の効率化を図りました。  住機製品事業につきましては、物流費の削減や海外調達の 安定化を含めた総合的なコストダウンに取り組むとともに、主 にビルダー市場への生産対応強化策として、造作材のジャスト サイズカットの設備増設への着手や、受注品・特注品の短納期 体制の構築による在庫削減などを進めました。販売面におい ては、前期に発売したサイズ・デザインをイージーオーダーで きる、自分だけのドア「Myドア」に続き、「Myクローク」・「My 玄関収納」を追加発売し、お客様の多様な志向に対応する販 戦略で顧客満足のさらなる向上を図りました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成30年3月期中間(平成29年4月1日~平成29年9月30日) DREPORT

平成30年3月期中間(平成29年4月1日~平成29年9月30日) DREPORT

Topics Consolidated Financial Statements ト ピ ッ ク ス 連 結 財 務 諸 表 20153より発売している特定天井 ※ 対応の耐震天井工法「ダイケンハイブ リッド天井」は、優れた施工性と高い安全性で市場から高い評価を得ています。 特定天井以外の天井についても、安全性向上やBCP対策などの観点から設計者 の判断により天井の安全を確保する事例が増加するなど、吊り天井に一定の耐 震安全性を求めるニーズがあることを受け、今年4、「ダイケンハイブリッド 天井」に新たに3グレードの耐震対策製品を追加しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2018年1月12日 四半期報告書(第71期第3四半期)平成29年9月1日~平成29年11月30日

2018年1月12日 四半期報告書(第71期第3四半期)平成29年9月1日~平成29年11月30日

靴事業におきましては、プライベートブランド商品の販売強化を最大のテーマとし、主力ブランドは、品揃えと 場作りから販売促進施策までが連動した取り組みを全国で展開し、ライセンスブランドは立地・業態ごとに適正な商 品展開をすることで、それぞれ販売は堅調に推移いたしました。特に、新たな婦人靴ブランド「fuwaraku (フワラク)」のパンプスは、インターネット調査や一般女性による試し履き会の声をもとに商品開発を行い、陳列 や接客といった販売方法の標準化やきめ細かいサイズ管理により、当第3四半期連結累計期間の販売数が23万足を超 えるヒット商品となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成25年3月期中間(平成24年4月1日~平成24年9月30日) DREPORT

平成25年3月期中間(平成24年4月1日~平成24年9月30日) DREPORT

 一方、体質強化につきましては、総人件費の抑制をはじ めとする固定費の削減を図りましたが、新製品発売を5に 行ったことに伴い、販管費が増加しました。  この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高 763億91百万円(前年同期比5.1%増)、営業利益17億3 百万円(前年同期比18.8%減)、経常利益19億10百万円(前 同期比7.9%減)、四半期純利益5億12百万円(前年同期比 24.2%減)となりました。

5 さらに読み込む

平成26年3月期中間(平成25年4月1日~平成25年9月30日) DREPORT

平成26年3月期中間(平成25年4月1日~平成25年9月30日) DREPORT

四半期純利益 512 1,278 床、ドア、収納などをラインアップする「日本の樹」シ リーズは、杉や栗、栃(とち)などを表面化粧材に使用し、 国産材の価値向上や国内林業の活性化などをコンセプトとし て開発された内装建材シリーズ。821、その「日本の樹」 シリーズに、最高級グレードの床材「エクオス日本の樹 至 高」を追加発売いたしました。

5 さらに読み込む

平成27年3月期中間(平成26年4月1日~平成26年9月30日) DREPORT

平成27年3月期中間(平成26年4月1日~平成26年9月30日) DREPORT

通期の見通し 住空間事業につきましては、新設住宅着工戸数の減少に伴 い苦戦を強いられましたが、比較的好調な賃貸住宅市場、近 攻略に向け取り組んでいる高齢者住宅・施設市場での売上 拡大に努めました。特に、高齢者住宅・施設市場向けに対し ては、車いすでの入室や介助をラクにすることができる業界 初の開閉機構のドア「ひきドア」を新たに発売するとともに、 同市場での拡大に向け新たな体制を整備しました。

5 さらに読み込む

平成29年3月期中間(平成28年4月1日~平成28年9月30日) DREPORT

平成29年3月期中間(平成28年4月1日~平成28年9月30日) DREPORT

 このような経営環境のもと、当社グループは、長期ビジョ ン『GP25』で目指している10後のありたい姿の実現に向 けて、3ヵ年の中期経営計画『GP25 1st Stage』をスタート させました。将来想定されている日本国内の新設住宅の着工 減に備え、住宅リフォーム市場、公共・商業建築分野、海外 市場を重点市場と捉えて、新たな取り組みを推進しております。  住宅リフォーム市場では、TOTO㈱、YKK AP㈱と共同 でTDYコラボレーションショールームを4には金沢に、7 には高松にオープンし、リフォームを予定しているエン ドユーザーへの提案の場を充実させるとともに、住宅リ フォーム向けの製品のラインナップを拡充し提案の幅を拡 げました。公共・商業建築分野では、当社の強みである「防 音」や「国産木材」などをキーワードとした新製品を発売し、 同分野での実績づくりを推進いたしました。海外市場では、 インドネシアにおいてドア工場を本格稼働させ、同国内及 び周辺国への内装建材の供給体制の整備を行いました。また、 主にオセアニア地域で要望の多い高吸音の天井材を市場投
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成30年4月号 広報やいた 2018年4月1日号  栃木県矢板市公式ウェブサイト

平成30年4月号 広報やいた 2018年4月1日号 栃木県矢板市公式ウェブサイト

ऽठभਵ਻ ऽठभਵ਻ ൥ౠেभ৅਀ভ  矢板公民館・文化会館・図書館で、24 (土)から 2 間にわたり、「フェスタ in YAITA」が開催されました。 このイベントは、市民講座生による作品展や体験教室、 作品即売会などを行うことで、日ごろの成果を発表する 場を提供するとともに、市民同士の交流を図るものです。  このほか、おでん・つきたてお などの模擬店や、図 書館でのリサイクル市・寄席の開催、矢板ウィンドオー ケストラによる特別演奏会も行われ、多くの方がイベン トを楽しんでいました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成28年3月期中間(平成27年4月1日~平成27年9月30日) DREPORT

平成28年3月期中間(平成27年4月1日~平成27年9月30日) DREPORT

今後につきましては、金融資本市場の変動や世界景気の下 振れによる国内景気の減速、為替の変動等による原材料コス トの高騰に注意が必要であります。 住宅建設分野においては、資材価格・工事費等の先高観や 各種政府の住宅取得・リフォーム等の支援策による消費者マ インドの向上により、緩やかな回復が見込まれることが予想 されます。一方、公共・商業建築分野においては、民間建設 工事受注が上向いており、また、今後も宿泊施設などを中心 として東京オリンピック等を見越した需要が期待されます。 そのような環境のもと、当社グループにおきましては、創 立70周年を機に次の10を見据えて新たに策定した長期ビ ジョン「GP25」に基づき、重点市場である住宅リフォーム 市場、産業資材分野、公共・商業建築分野、海外市場に対し さらなる経営資源の投入を行い、新設住宅着工に依存しない 経営体質へ強化してまいります。また、さらなる合理化に加 え、全カタログ製品の8割超の刷新というかつてない規模で 発売する70周年記念新製品を早期に立ち上げることで、 上・利益の拡大に努めてまいります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 30 年 12 月分 西暦和暦基準日 申込書ダウンロード期間 2018 年平成 30 年 12 月 14 日から 12 月 25 日まで 在留実績 1 年以上 2017 年平成 29 年 12 月 26 日以前から日本に在留している 16 歳以上 23 歳未満 1995 年平成 7 年 12

平成 30 年 12 月分 西暦和暦基準日 申込書ダウンロード期間 2018 年平成 30 年 12 月 14 日から 12 月 25 日まで 在留実績 1 年以上 2017 年平成 29 年 12 月 26 日以前から日本に在留している 16 歳以上 23 歳未満 1995 年平成 7 年 12

①営業した年月 ② 収 入 − 必要経費 = 所得金額         −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =              −      =     
さらに見せる

47 さらに読み込む

平成 30 年 (2018 年 )7 月 23 日開会 平成 30 年 (2018 年 ) 第 9 回 茨木市教育委員会定例会 会議録 写 茨木市教育委員会

平成 30 年 (2018 年 )7 月 23 日開会 平成 30 年 (2018 年 ) 第 9 回 茨木市教育委員会定例会 会議録 写 茨木市教育委員会

次に、中学校道徳についてでございます。 本市教育委員会では、茨木市立義務教育諸学校教科用図書採択規則及び茨木市立義 務 教 育 諸 学 校 教 科 用 図 書 選 定 委 員 会 規 則 に の っ と り 、 ま ず 、 平 成 3 0 1 8 に 茨 木 市 立 義 務 教 育 諸 学 校 教 科 用 図 書 選 定 委 員 会 選 定 委 員 ( 中 学 校 道 徳 ) 及 び 諮 問 事 項 を 決 定 し 、 5 に 選 定 委 員 の 任 命 及 び 委 嘱 と 諮 問 を 行 い ま し た 。 次 に 、 選 定 委 員 会 で の 決 定 を 受 け 、 5 2 5 に 調 査 員 を 決 定 し 、 5 2 9 に 任 命 い た し ま し た 。 選 定 委 員 会 で は 、 調 査 員 会 か ら の 報 告 等 を 含 め て 慎 重 に 審 議 を い た だ き 、 7 に 教 育 委 員 会 が 選 定 委 員 会 委 員 長 よ り 答 申 を 受 け 取 り ま し た 。 答 申 の 中 の 選 定 教 科 用 図 書 と そ の 他 の 教 科 用 図 書 に つ い て は 、 別 表 3 に ま と め て お り ま す 。 中 学 校 道 徳 に つ い て は、1者の教科用図書の採択をお願いするものであります。
さらに見せる

31 さらに読み込む

平成30年3月23日記者発表資料

平成30年3月23日記者発表資料

※ 矢板都市計画区域に ける土地利用方針 ら抜粋 P4. 参考.[r]

26 さらに読み込む

第61期 中間報告書(平成23年4月1日~平成23年9月30日)

第61期 中間報告書(平成23年4月1日~平成23年9月30日)

…(注) … …当社は自己株式2,776千株を保有しておりますが、上記 大株主から除いております。また、持株比率は自己株式を 控除して計算しております。 株  主  名 (千株) 持株数 持株比率 (%) 有 限 会 社 ツ ル ミ 興 産 1,940 7.74 ツ ル ミ 共 栄 会 1,454 5.81 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 1,242 4.96 株 式 会 社 三菱東京UFJ銀行 760 3.04 鶴 見 製 作 所… 社 員 持 株 会 657 2.62 デ ン ヨ ー 株 式 会 社 648 2.59 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 605 2.41 株 式 会 社 有 伸 興 産 518 2.07 THE…BANK…OF…NEW…YORK…-…JASDECTREATY…ACCOUNT 474 1.89 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 465 1.86
さらに見せる

8 さらに読み込む

第61期 報告書(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

第61期 報告書(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

当社グループにおきましては、被災地の一 も早い復興に向け、できる限りの協力、支援を行 っ て まいりますと共に、 新 中 期 3ヶ 経 営 計 画 「Acceleration 2015」のもと、従来のグローバ ル戦略の加速度的な発展を通じ、世界市場のポジシ ョニングを狙うことを目標として、業績の向上に努 めてまいります。

12 さらに読み込む

第60期 報告書(平成22年4月1日~平成23年3月31日)

第60期 報告書(平成22年4月1日~平成23年3月31日)

国内部門につきましては、主力市場のひとつである建設機械 市場におけるレンタル業界では、数に及ぶ厳しい環境下にお いての機械、機材の買い控えの反動による入替需要があり、小 型汎用水中ポンプ、高圧洗浄機を中心に実績は順調に推移し、 建設機械市場向け商品の売上は前連結会計年度に比べ増加しま した。

12 さらに読み込む

2018年11月の地震活動の評価(平成30年12月11日)

2018年11月の地震活動の評価(平成30年12月11日)

2018 11 の地震を ○ で表示 領域a内の断面図(A-B投影) 領域b内のM-T図及び回数積算図 2018 11 16 時53 分 に 紀 伊 水 道 の 深 さ 44kmでM5.4の地震(最大震度4)が発生した(今 回の地震①)。また11にも紀伊水道の深さ 45kmでM4.6の地震(最大震度3)が発生した(今 回の地震②)。これらの地震はいずれも、発震機 構が東北東-西南西方向に張力軸を持つ横ずれ 断層型で、フィリピン海プレート内部で発生した。 199710以降の活動をみると、今回の地震の 震源付近(領域b)では、M4.0以上の地震が時々 発生しているが、M5.0以上の地震は今回の地震① が初めてであった。
さらに見せる

28 さらに読み込む

security 88th1st 第88期第1四半期 四半期報告書(平成23年4月1日から平成23年6月30日まで)

security 88th1st 第88期第1四半期 四半期報告書(平成23年4月1日から平成23年6月30日まで)

行使価額修正条項付新株予約権付社債券等 行使状況等 ……………………………………………… 1ィ ィ メイゼプメン 内容 ………………………………………………………………………………………… 1ィ イ 発行済株式総数 資曓金等 推移 ………………………………………………………………………… 1ィ ① 大株主 状況 ………………………………………………………………………………………………… 1ィ

65 さらに読み込む

四半期報告書 第118期第2四半期(自平成23年7月1日 至平成23年9月30日)

四半期報告書 第118期第2四半期(自平成23年7月1日 至平成23年9月30日)

(3)新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数 組織再編成行為の条件等を勘案の上、 上記(注)1に準じて決定する。 (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額 交 付 さ れ る 各 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 し て 出 資 さ れ る 財 産 の 価 額 は 、 以 下 に 定 め る 再 編 成 後 払 込 金 額 に 上 記 (3)に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数を乗じて得られる金額 とする。 再編成後払込金額は、 交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編 成対象会社の株式1株当たり1円とする。
さらに見せる

29 さらに読み込む

Show all 10000 documents...