特定建設作業等に関する振動の規制基準

Top PDF 特定建設作業等に関する振動の規制基準:

(2) 騒音 振動の防止対策 1 工場 事業場の規制基準工場 事業場の騒音及び振動は 騒音規制法 振動規制法及び静岡県生活環境の 保全等に関する条例によって規制されており 市長 ( 平成 23 年度までは県知事 ) が生活環境を保全する必要があるとして指定した地域内にあって 騒音や振動の発生が著しい

(2) 騒音 振動の防止対策 1 工場 事業場の規制基準工場 事業場の騒音及び振動は 騒音規制法 振動規制法及び静岡県生活環境の 保全等に関する条例によって規制されており 市長 ( 平成 23 年度までは県知事 ) が生活環境を保全する必要があるとして指定した地域内にあって 騒音や振動の発生が著しい

建設作業規制基準 建設作業に伴う騒音や振動は、工場、事業場と異なり、その作業場所に代替性が ないことから防止対策は極めて困難な場合が多い。また、騒音や振動発生は一時 的であるものそのレベルが高いため、届出時には、低騒音、低振動型重機使用 や付近住民に対する工事期間周知作業実施時配慮を指導しています。 なお、地域指定区域内において騒音規制法、振動規制法及び静岡県生活環境保 全に関する条例に基づく特定建設作業を行う場合は、届出と規制基準遵守が義 務づけられています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目 次 1 騒音 振動に関する規制等の概要 1-1 特定施設 届出 規制基準

目 次 1 騒音 振動に関する規制等の概要 1-1 特定施設 届出 規制基準

3 1−7 電気・ガス工作物である特定施設取扱い 電気事業法第2条第7項に規定する電気工作物、ガス事業法第2条第12項に規定するガス工作 物又は鉱山保安法第8条第1項に規定する建設物、工作物その他施設である特定施設(法)は、 電気事業法又はガス事業法相当規定が適用されますので、特定施設(法)設置・変更届規 定は適用されません。

15 さらに読み込む

目 次 1. 騒音 振動規制の全体像 規制地域について 規制基準について... 3 (1) 特定工場等の規制基準... 3 (2) 特定建設作業の規制基準... 4 特定建設作業の規制の適用除外となる事由 届出の対象について... 5 (1) 届出が必

目 次 1. 騒音 振動規制の全体像 規制地域について 規制基準について... 3 (1) 特定工場等の規制基準... 3 (2) 特定建設作業の規制基準... 4 特定建設作業の規制の適用除外となる事由 届出の対象について... 5 (1) 届出が必

・届出先は安中市役所環境推進課です。 。 7.その他 像。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。. 。。。。 (1)改善勧告及び改善命令について 特定工場及び特定建設作業において発生する騒音・振動が、法規制基準に適合しないことにより周 辺生活環境が損なわれると認められるときは、発生源対策に関する改善勧告(勧告に従わないときは改 善命令)を行う場合があります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

1 建設作業振動に係る規制 (1) 振動規制のあゆみ建設作業振動の規制は 第二次世界大戦以前から法令により開始されましたが 振動測定法が存在せず 主として警察官による取締りが中心でした 戦後は 戦前の法令が失効したのを受けて 地方公共団体において条例が制定されることになりましたが 振動測定機器がまだ

1 建設作業振動に係る規制 (1) 振動規制のあゆみ建設作業振動の規制は 第二次世界大戦以前から法令により開始されましたが 振動測定法が存在せず 主として警察官による取締りが中心でした 戦後は 戦前の法令が失効したのを受けて 地方公共団体において条例が制定されることになりましたが 振動測定機器がまだ

振動規制法令規制基準値は、直接的には、苦情有無と関係ありません。当該 地方公共団体は、計画的にあるいは届出に関係して任意に振動測定を行い、調査 確認を行うことになっています。 なお、振動規制法第 19 条は下記ように規定されていますが、指定地域における振 動大きさを測定するもので、個々特定建設作業について測定を行うと規定では ありません。市町村は、この第 19 条で定める測定により規制基準を超えていることが判 明すれば個々発生源に対して測定その他措置をとることになります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

≪建設作業編≫騒音・振動規制の手引き(H30.3)

≪建設作業編≫騒音・振動規制の手引き(H30.3)

1 1. 建設作業により発生する騒音・振動規制について 騒音規制法 (昭和 43 年 6 月 10 日法律第 98 条) 、振動規制法 (昭和 51 年 6 月 10 日法律第 64 号) 及び福島県生活環境 保全に関する条例 (平成 8 年 7 月 16 日福島県条例第 32 号) では、建設工事として行われる作業うち著しい 騒音・振動を発生させる作業特定建設作業及び騒音指定建設作業(以下、特定(騒音指定)建設作業 という)とし、騒音・振動大きさ、作業時間及び作業期間について規制基準を定め、かつ事前届出 制度を定めています。特定建設作業に伴う騒音・振動規制基準に適合せず、周辺生活環境が著しく 損なわれると認められる場合は、騒音又は振動防止方法改善、又はその他必要な措置をとるべき こと勧告又は命令を行うことがあります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Microsoft Word - 騒音・振動規制のしおり

Microsoft Word - 騒音・振動規制のしおり

第2章 「振動規制について」 1. 設置者義務・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7頁 2. 関係法令に基づく届出について・・・・・・・・・・・・・・・・・7頁 3. 特定施設について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9頁 4. 指定地域及び規制基準について・・・・・・・・・・・・・・・・10頁 5. 罰則について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10頁
さらに見せる

15 さらに読み込む

目 次 〇 < 騒音に係る環境基準 > 1 騒音に係る環境基準 1 2 騒音に係る環境基準の地域指定 2 < 騒音規制法に基づく規制 > 1 特定施設 3 2 特定施設に係る規制基準 4 3 特定建設作業 5 4 特定建設作業に係る規制基準 6 5 事務手続き 7 6 自動車騒音の要請限度 8 <

目 次 〇 < 騒音に係る環境基準 > 1 騒音に係る環境基準 1 2 騒音に係る環境基準の地域指定 2 < 騒音規制法に基づく規制 > 1 特定施設 3 2 特定施設に係る規制基準 4 3 特定建設作業 5 4 特定建設作業に係る規制基準 6 5 事務手続き 7 6 自動車騒音の要請限度 8 <

(騒音計:5年ごと、振動計:6年ごと、レベルレコーダー:3年ごと) ○公害防止管理者選任 騒音・振動指定地域内において、新たに「特定工場における公害防止組織整備に関する法律(昭 和46年法律第107号)」に基づく特定工場となる場合は、騒音・振動に係る公害防止統括者(常時使用 する従業員数が20人以下小規模事業者場合は選任しなくてもよい。)及び公害防止管理者並び にそれぞれ代理者を選任し、市町村長(騒音・振動のみ場合)に届出ることとされている。 <特定工場となる対象施設>
さらに見せる

28 さらに読み込む

工場や事業所から発生する騒音や振動, 並びに, 建設工事にともなう騒音や振動については, 市民の健康と, 生活環境の保全を図るため, 法律や岩手県の条例により, いろいろな規制が課せられています この案内書は, 建設工事にともなう騒音や振動に対する規制について解説したものです 騒音に関する規制 騒音

工場や事業所から発生する騒音や振動, 並びに, 建設工事にともなう騒音や振動については, 市民の健康と, 生活環境の保全を図るため, 法律や岩手県の条例により, いろいろな規制が課せられています この案内書は, 建設工事にともなう騒音や振動に対する規制について解説したものです 騒音に関する規制 騒音

5 改善勧告及び改善命令 指定地域内で行われる特定建設作業に伴って発生する騒音,振動が,規制基準に 適合しないことにより,周辺生活環境が著しくそこなわれると認めるときは,期 限を定めて,その事態を除去するために必要な限度において,騒音,振動防止 方法を改善し,又は作業時間を変更すべきことを勧告することができます。

8 さらに読み込む

~ 説明の内容 ~ 見直し事項 これまでの経緯 規制地域等見直しの内容 1 騒音環境基準 2 騒音規制 3 振動規制 4 悪臭防止

~ 説明の内容 ~ 見直し事項 これまでの経緯 規制地域等見直しの内容 1 騒音環境基準 2 騒音規制 3 振動規制 4 悪臭防止

振動規制法から抜粋(騒音規制法・条例についても同じ) 第九条 市町村長は、第六条第一項又は前条第一項規定によ る届出があつた場合において、その届出に係る特定工場におい て発生する振動規制基準に適合しないことによりその特定工場 周辺生活環境が損なわれると認めるときは、その届出を受 理した日から三十日以内に限り、その届出をした者に対し、その 事態を除去するために必要な限度において、振動防止方法又 は特定施設使用方法若しくは配置に関する計画を変更すべき ことを勧告することができる。
さらに見せる

68 さらに読み込む

騒音・振動規制法の手引

騒音・振動規制法の手引

2 第六条第二項規定は、前項規定による届出について準用する。 (計画変更勧告) 第九条 市町村長は、第六条第一項又は前条第一項規定による届出があつた場合におい て、その届出に係る特定工場において発生する騒音が規制基準に適合しないことによ りその特定工場周辺生活環境が損なわれると認めるときは、その届出を受理した 日から三十日以内に限り、その届出をした者に対し、その事態を除去するために必要な 限度において、騒音防止方法又は特定施設使用方法若しくは配置に関する計画 を変更すべきことを勧告することができる。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 1 特定 建設作業 1 特定 建設作業の種類 (1) 騒音関係 (2) 振動関係 2 特定 建設作業に伴って発生する騒音 振動の規制に関する基準 3 騒音規制法 振動規制法の指定地域 三重県生活環境の保全に関する条例の規制地域

目次 1 特定 建設作業 1 特定 建設作業の種類 (1) 騒音関係 (2) 振動関係 2 特定 建設作業に伴って発生する騒音 振動の規制に関する基準 3 騒音規制法 振動規制法の指定地域 三重県生活環境の保全に関する条例の規制地域

津市、四日市市、伊勢市、松阪市(旧松阪市区域のみ)、桑名市、鈴鹿市、名張市、亀山市、 鳥羽市、いなべ市(旧員弁町区域のみ)、伊賀市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町及び 川越町区域うち、都市計画法第 8 条第 1 項第 1 号に掲げる第 1 種低層住居専用地域、第 2 種低層住居専用地域、第 1 種中高層住居専用地域、第 2 種中高層住居専用地域、第 1 種住居地 域、第 2 種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域及び工業地域並びに 津市、伊勢市、尾鷲市及び熊野市区域うち市長が指定した地域
さらに見せる

11 さらに読み込む

4 騒音 振動の概要 (1) 概況 無いほうが良い音 不快な音 などが一般的に騒音と呼ばれている 昭和 43 年 6 月に制定された騒音規制法には 特定工場や特定建設作業から発生する騒音の規制のほか 道路交通騒音に対する道路管理者への要請限度値等が盛り込まれている 神奈川県では 昭和 46 年に県公

4 騒音 振動の概要 (1) 概況 無いほうが良い音 不快な音 などが一般的に騒音と呼ばれている 昭和 43 年 6 月に制定された騒音規制法には 特定工場や特定建設作業から発生する騒音の規制のほか 道路交通騒音に対する道路管理者への要請限度値等が盛り込まれている 神奈川県では 昭和 46 年に県公

(2)地下水採取規制 神奈川県では、地盤沈下が起きている地域及び起こる可能性がある地域を条例で指定し、 表−67 とおり地下水採取を規制している。 本市では一部地域が「指定地域」となっており、この地域内で対象となる揚水施設を 設置して地下水を採取しようとする事業者は、あらかじめ市長許可を受けなければなら ない。また、指定地域以外地域(周辺地域)においても、揚水施設規模によっては、 年に一度採取量報告が必要となる場合がある。 (届出件数は「1 公害行政概要」を参照)
さらに見せる

20 さらに読み込む

特定施設設置届出書 騒音規制法及び振動規制法に基づく特定施設 東京都府中市ホームページ

特定施設設置届出書 騒音規制法及び振動規制法に基づく特定施設 東京都府中市ホームページ

接支持基礎 ( 板ばね、コイルばねを使用するもの ) 、空気ばね設置振動 防止に関して講じようとする措置概要を明らかにするとともに、できる限 り図面、表を利用すること。      3  ※印欄には、記載しないこと。

1 さらに読み込む

7-2 建設リサイクル法 ( 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 ) (1) 特定建設資材を用いた建築物等の解体工事 特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事 ( 対象建設工事 ) については工事着手前の届出などが義務づけられています (2) 対象建設工事の施工に際しては 特定建

7-2 建設リサイクル法 ( 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 ) (1) 特定建設資材を用いた建築物等の解体工事 特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事 ( 対象建設工事 ) については工事着手前の届出などが義務づけられています (2) 対象建設工事の施工に際しては 特定建

ウムを主剤)としています。 (薬液注入工事による建設工事施工に関する暫定指針、昭和 49 年) (2) 特定施設(水質汚濁防止法) ① 特定施設を設置した敷地内における工事 有害な廃液を生じるおそれある工場および濁水を排出するおそれある一定規模以上病院、飲食店、旅 館など約 100 種類施設が、特定施設と定められています。この施設を設置した工場特定事業場)構内 において、工事排水を構内水処理施設に排水する場合は、施設管理責任者指導に従わなければなりませ ん。また、特定事業場構内から排水に厳しい基準(一律排水基準)が適用され、発注者(特定事業場)管 理責任となることに留意する必要があります。 一律排水基準 http://www.env.go.jp/water/impure/haisui.html ② 建設工事における水処理を伴う設備設置
さらに見せる

7 さらに読み込む

1. 騒音及び振動の規制について騒音規制法 振動規制法及び宮城県公害防止条例に基づき 指定地域内において工場 事業場に騒音 振動の発生する施設 ( 以下 特定施設 という ) を設置する場合は 予め届出ることが義務付けられています また 特定施設を設置した特定工場等 ( 県条例では特定事業場という

1. 騒音及び振動の規制について騒音規制法 振動規制法及び宮城県公害防止条例に基づき 指定地域内において工場 事業場に騒音 振動の発生する施設 ( 以下 特定施設 という ) を設置する場合は 予め届出ることが義務付けられています また 特定施設を設置した特定工場等 ( 県条例では特定事業場という

1 特定施設種類欄には,公害防止条例施行規則別表第1に掲げる番号及び名称を記載すること。 3 騒音防止方法については,消音器設置,音源室内防音措置,遮音壁設置,吊り基礎,直接支  持基礎(板ばね,コイルばねを使用するもの),空気ばね設置騒音防止に関して講じようとす  る措置概要を明らかにすること。

23 さらに読み込む

4 騒音 振動の概要 (1) 概況 無いほうが良い音 不快な音 などが一般的に騒音と呼ばれている 昭和 43 年 6 月に制定された騒音規制法には 特定工場や特定建設作業から発生する騒音の規制のほか 道路交通騒音に対する道路管理者への要請限度値等が盛り込まれている 神奈川県では 昭和 46 年に県公

4 騒音 振動の概要 (1) 概況 無いほうが良い音 不快な音 などが一般的に騒音と呼ばれている 昭和 43 年 6 月に制定された騒音規制法には 特定工場や特定建設作業から発生する騒音の規制のほか 道路交通騒音に対する道路管理者への要請限度値等が盛り込まれている 神奈川県では 昭和 46 年に県公

地盤沈下防止に関する法律は、工業用水法や建築物用地下水採取規制に関する法律 があるが、本市は規制地域外となっている。 本市周辺で地盤沈下は、昭和 37 年頃から海老名市大谷地区において発生したものが 最初であると言われている。この地区は、東側洪積台地と西側相模川沖積低地と境 界部に相当し、台地に沿った地割れなど被害が生じた。地盤沈下原因は、沖積低地に おける地下水位低下によるものと判断され、この地域に急激に進出してきた工場・事業 所過剰揚水が原因とされた。
さらに見せる

22 さらに読み込む

騒音・振動規制.indd

騒音・振動規制.indd

特定工場から発生する騒音・振動については、 「規制基準」(表6)が定められて おり、特定工場敷地境界上において規制基準を遵守しなければなりません。 また、特定施設設置に際しては、市町村長に対して特定施設設置届出を行なわな ければならず、特定工場から発生する騒音及び振動規制基準に適合しないことに より、周辺生活環境が損なわれている場合は、改善勧告対象となります。 表4 騒音に係る特定施設
さらに見せる

42 さらに読み込む

解体工事の配慮事項 特定建設作業の実施届出について  上越市ホームページ

解体工事の配慮事項 特定建設作業の実施届出について 上越市ホームページ

工事を実施する際には、関係法令を遵守するとともに、下記事項を実施し、周辺生活環 境保全について配慮うえ、適正に施工してください。 1. 事前に近隣住民に工事内容、工期を周知すること。 2. 建設機械使用にあたっては、低騒音・低振動型で、作業に適した大きさものを使 用すること。

1 さらに読み込む

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準 新旧対照条文

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準 新旧対照条文

(1)(略) (1)(略) (2)(略) (2)(略) (3)「第2条第6項第5号政令で定める物品を販売し、又は貸し付け (3)「第2条第6項第5号政令で定める物品を販売し、又は貸し付け る部分」とは、場所的区画をいうではなく、営業自体部分をい る部分」とは、場所的区画をいうではなく、営業自体部分をい う。例えば、営業所内一角にアダルトコーナーを設けて特定性風俗 う。例えば、営業所内一角にアダルトコーナーを設けて特定性風俗 物品販売営業を営む者が、営業停止を命じられることを予測し、こ 物品販売営業を営む者が、営業停止を命じられることを予測し、こ れを免れようとして当該コーナーを撤去したとしても、公安委員会は れを免れようとして当該コーナーを撤去したとしても、公安委員会は なお営業停止を命ずることができる。したがって、営業停止を命じら なお営業停止を命ずることができる。したがって、営業停止を命じら れた特定性風俗物品販売営業を営む者が、アダルトコーナーを撤去 れた特定性風俗物品販売営業を営む者が、アダルトコーナーを撤去 したまま客依頼に応じてアダルト物品を販売し、又は貸し付けた場 したまま客依頼に応じてアダルト物品を販売し、又は貸し付けた場 合、営業停止処分に違反することになる。また、販売や貸付けはしな 合、営業停止処分に違反することになる。また、販売や貸付けはしな くても、例えば近日に入荷する旨表示して展示するなど営業宣伝を くても、例えば近日に入荷する旨表示して展示するなど営業宣伝を 行っているとみられる場合には、やはり営業停止処分に違反すること 行っていると見られる場合には、やはり営業停止処分に違反すること
さらに見せる

59 さらに読み込む

特定建設作業の種類 ( 法施行令第 2 条別表第 2, 条例施行細則第 34 条別表第 12) 騒音条例規制法 1 1 騒音特定建設作業 くい打機 ( もんけんを除く ) くい抜機又はくい打くい抜機 ( 圧入式くい打くい抜機を除 く ) を使用する作業 ( くい打機をアースオーガーと併用する作業を除

特定建設作業の種類 ( 法施行令第 2 条別表第 2, 条例施行細則第 34 条別表第 12) 騒音条例規制法 1 1 騒音特定建設作業 くい打機 ( もんけんを除く ) くい抜機又はくい打くい抜機 ( 圧入式くい打くい抜機を除 く ) を使用する作業 ( くい打機をアースオーガーと併用する作業を除

5.バックホウ・トラクターショベル・ブルドーザーを使用する作業で、法・条例対象建設機械を複数使用する場合には、 法、条例別に届出が必要である。 《例》 バックホウ、80kW と 60kW を使用する作業場合→法 6 、条例 9 届出が必要 6.環境大臣が指定する、平成 9 年から基準に適合している低騒音型及び超低騒音型建設機械(バックホウ・トラクタ ーショベル・ブルドーザー)を使用する作業は、法届出対象からは除かれるが、条例届出対象となる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...