減災に向けた取組を促進します

Top PDF 減災に向けた取組を促進します:

狭山市入曽地区防災計画 目次 はじめに 計画の対象となる災害及び地域の範囲 入曽地区の現状と課題 防災 減災に向けた取組み 防災 減災に向けた地域の合言葉 気象情報 防災情報の入手方法 入曽地区避難所等一

狭山市入曽地区防災計画 目次 はじめに 計画の対象となる災害及び地域の範囲 入曽地区の現状と課題 防災 減災に向けた取組み 防災 減災に向けた地域の合言葉 気象情報 防災情報の入手方法 入曽地区避難所等一

狭山市入曽地区防災計画 【目次】 はじめ ...................................................................................................................................... 1 1.計画の対象となる災害及び地域の範囲 .................................................................. 2 2.入曽地区の現状と課題 .................................................................................................. 2 3.防災・向け取組み ........................................................................................... 3 4.防災・向け地域の合言葉............................................................................. 6 5.気象情報・防災情報の入手方法 ................................................................................ 7 6.入曽地区避難所等一覧 .............................................................................................. 14 7.避難情報発令の際の情報伝達の流れ ................................................................. 15 8.市の「避難準備・高齢者等避難開始」発令基準(不老川流域) .................... 15 9.避難情報の種類と発令され場合取るべき行動 ......................................... 15 10.計画の充実化図るための取組み ....................................................................... 16
さらに見せる

30 さらに読み込む

九都県市首脳会議「障害者の積極的な就労促進に向けた取組について」に係る要望の実施について

九都県市首脳会議「障害者の積極的な就労促進に向けた取組について」に係る要望の実施について

障害者の積極的な就労促進向け取組について 障害者雇用をめぐっては、現状では首都圏域含め全国規模においても、 民間企業の実雇用率は法定雇用率下回っている現状ある。また、福祉的 就労における月額工賃は全国平均で1万4千円程度であり、依然として低い

3 さらに読み込む

公共交通事業者等による外国人に対する案内標識等による外国語等での情報提供の拡充に向けた取組について促進を図る () 地域における多文化共生の取組の促進 地方自治体における多文化共生の取組を促進するため 平成 8 年 月に策定した 地域における多文化共生推進プラン について 各地方ブロックごとに地域国

公共交通事業者等による外国人に対する案内標識等による外国語等での情報提供の拡充に向けた取組について促進を図る () 地域における多文化共生の取組の促進 地方自治体における多文化共生の取組を促進するため 平成 8 年 月に策定した 地域における多文化共生推進プラン について 各地方ブロックごとに地域国

・ 公共交通事業者等による外国人に対する案内標識等による外国語等での情報提供の拡充 向け取組について促進図る。 ・「外国人観光旅行客の旅行の容易化等の促進による国際観光の振興に関する法律」第7条等基づき公共 交通事業者等による外国語等での案内情報提供の拡充向け取り組み引き続き促進ていく。 ・外国人観光客などもわかりやすいものとなるよう、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令において ローマ字併記基本とすることとており、観光地等案内する標識についても、ローマ字併記行っている。 また、中国語やハングル語などその他の外国語についても、歩行者用の地図用い案内標識において多言 語での案内実施たり、絵文字(ピクトグラム)活用するなどて、わかりやすい標識の整備積極的 行っている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1 目 次 1. はじめに 2. 地層処分とその安全性 3. 地層処分の制度と相互理解促進に向けた取組 4. 最後に ~ いい残したことも含めて

1 目 次 1. はじめに 2. 地層処分とその安全性 3. 地層処分の制度と相互理解促進に向けた取組 4. 最後に ~ いい残したことも含めて

1963(昭和38) 日本原子力研究所が動力試験炉の発電試験成功。 1966(昭和41) 日本原子力発電(株)東海発電所が営業運転開始(国内初の商業用原子炉) 1973(昭和48) 原子力委員会環境・安全専門部会放射性固体廃棄物分科会 報告書にて 「高レ ベル固体廃棄物の処分方法」として「保管方式採用」することと、「国際的な技 術の進展注目つつ研究開発進めることが適当」 であると
さらに見せる

36 さらに読み込む

Ⅰ 静岡 - 鹿児島路線に係る取組実績概要 1. 取組目標 利用者の利用目的 属性等の課題を整理し 産業交流 観光交流などによる新たな需要の掘り起こしを図る また 訪日外国人旅行者の増加など 利用者拡大に向けた機会を着実に捉える 産業交流 両県共通の産業に着目した交流の促進 観光交流 富士山と桜島

Ⅰ 静岡 - 鹿児島路線に係る取組実績概要 1. 取組目標 利用者の利用目的 属性等の課題を整理し 産業交流 観光交流などによる新たな需要の掘り起こしを図る また 訪日外国人旅行者の増加など 利用者拡大に向けた機会を着実に捉える 産業交流 両県共通の産業に着目した交流の促進 観光交流 富士山と桜島

・サッカー協会などスポーツ団体間の交流について、 28年度以降の実施向けて協議継続する。 ・鹿児島県企業の中は、運賃補助(キャッシュバック)路線利用の動機付けとする企業もあり、一定の成果があっ。 ・鹿児島県内の経済団体、企業から、利用可能性のある企業紹介されるなどの実績があり、今後も継続的な訪問等連携が必要。 ・事前調査により、鹿児島県民における当該路線認知度が低かっことから、主鹿児島県内で広報展開、周知努め。その結果、
さらに見せる

8 さらに読み込む

訪問の目的近年に大災害を経験したタイ及びフィリピンにおいて 災害からの復旧 復興の課題や防災 減災の取り組み状況について 行政機関等へのヒアリングや現地調査を行い より効果的な国土強靱化の取組に向けた知見をとりまとめる 主な質問項目 1 国土強靱化の取組について 2 大災害に対する事前防災 減災にか

訪問の目的近年に大災害を経験したタイ及びフィリピンにおいて 災害からの復旧 復興の課題や防災 減災の取り組み状況について 行政機関等へのヒアリングや現地調査を行い より効果的な国土強靱化の取組に向けた知見をとりまとめる 主な質問項目 1 国土強靱化の取組について 2 大災害に対する事前防災 減災にか

◆タイ政府治水プロジェクト 2011年の洪水後、一元的対策進めるため設置され首相が委員長務める「水資源管理戦略委員会(SCWRM)」等は、「水資源管理マスター プラン」策定(2012 年1 月公表)。このマスタープランでは、2012 年の洪水期備えて緊急対処すべき水管理行動計画(事業規模500 億 バーツ)とチャオプラヤ川水系8 河川で貯水ダム、放水路の建設など含む8 つの事業計画、その他の17 河川でダム、水路などの新設・改良など6  つの事業計画からなる「流域統合的・持続的洪水被害軽減行動計画」(事業規模3,000 億バーツ)示し。これ基づき、2012 年7 月、タイ国政府 は、チャオプラヤ川等25 河川対象と概念設計(conceptual design)に関する国際コンペ実施、5年以内の整備目指し
さらに見せる

10 さらに読み込む

藤沢市都市農業振興基本計画の策定にあたり本市では 郷土愛をより高める取り組みとして シティプロモーションを推進しておりますが 都市農業の分野では 藤沢産の農畜産物の市内流通 利用促進を図り地産地消を推進するとともに 地域資源を活用した新たな産業創出の促進のため 6 次産業化に向けた取組を進めています

藤沢市都市農業振興基本計画の策定にあたり本市では 郷土愛をより高める取り組みとして シティプロモーションを推進しておりますが 都市農業の分野では 藤沢産の農畜産物の市内流通 利用促進を図り地産地消を推進するとともに 地域資源を活用した新たな産業創出の促進のため 6 次産業化に向けた取組を進めています

市街化区域内あって「保全する農地」と区分され農地については、平成 3 年以降、 生産緑地地区として指定され、生産緑地法基づき長期間農地としての管理が求められる こととなりまし。このこと受け、市街化区域内あっても生産緑地については、効用 が短期なもの限定せず農業施策実施できることとなりまし。しかしながら多くの生 産緑地が指定されてから 30 年が経過する平成 34 年(2022 年)は、それらの農地所有者 は市町村に対し買取の申出することが可能となり、市町村は特別な事情がない限り、時 価で買い取らなければならないと定められています。これまでも生産緑地は所有者が死亡 ときなど市町村に対し買取の申出がされてきましが、主財政的な理由でこれま で市町村が買い取るという事例はほとんど無かっといわれています。このよう、平成 34 年以降、一斉買取の申し出があっ場合、同様の理由で大部分が買い取られず、その 結果、生産緑地の指定が解除されて宅地化が進むことが懸念されています
さらに見せる

19 さらに読み込む

資料 2-2 別記 県中方部の減災に係る取組方針に基づく 主な 取組内容 及び スケジュール について ( 平成 29~33 年度 ) 平成 30 年 5 月 25 日 県中方部水災害対策協議会

資料 2-2 別記 県中方部の減災に係る取組方針に基づく 主な 取組内容 及び スケジュール について ( 平成 29~33 年度 ) 平成 30 年 5 月 25 日 県中方部水災害対策協議会

洪水時の河川氾濫の発生前提、河川管理者、市町村等が連携て、洪水時の 状況予め想定共有うえで、「いつ」、「誰が」、「何するか」着目て、 防災行動とその実施主体時系列で整理する防災行動計画。 水害対応タイムラインの作成スケジュール 水害対応タイムラインの作成促進ます

13 さらに読み込む

2 平成 29 年度の振返り 取組実績 (DO) ( 施策 28 ごみの減量と適正処理 ) 施策の成果向上に向けた主な取組実績 ( 基本的取組別に記載 ) R 推進によるごみの減量市報, 広報誌 ザ リサイクル, 出前講座等, 様々な媒体 機会を活用して, 市民や事業者への効果的なごみ減

2 平成 29 年度の振返り 取組実績 (DO) ( 施策 28 ごみの減量と適正処理 ) 施策の成果向上に向けた主な取組実績 ( 基本的取組別に記載 ) R 推進によるごみの減量市報, 広報誌 ザ リサイクル, 出前講座等, 様々な媒体 機会を活用して, 市民や事業者への効果的なごみ減

・自主的な3Rの取組推進するため,自治会や子ども会による資源物地域集団回収事業の実施や,生ごみ堆肥化講習会開催。 ・クリーンセンター機能の再編・移転向け,整備工事着手するとともに,施設の管理運営業務委託事業者候補選定。 ・環境フェアや味の素スタジアム感謝デーなど,各種イベントにおいて,粗大ごみ再生品の展示販売や水切りネット・エコバッグの 普及活動等実施。また,フリーマーケット活用,引き続きリユース促進
さらに見せる

6 さらに読み込む

ダイバーシティ 年に向けた政策展開のポイント テレワークが当たり前になる社会 の実現に向け 多様な主体と連携した普及啓発や導入支援への取組を強化 地域での就労支援やマッチング強化により 女性や高齢者の就業を推進 働き方改革と併せて時差 Biz の定着に向けた取組を推進 強化した政策

ダイバーシティ 年に向けた政策展開のポイント テレワークが当たり前になる社会 の実現に向け 多様な主体と連携した普及啓発や導入支援への取組を強化 地域での就労支援やマッチング強化により 女性や高齢者の就業を推進 働き方改革と併せて時差 Biz の定着に向けた取組を推進 強化した政策

■ 低所得者等の生活の安定向け支援 ➢ モデル事業として一部の区で実施てい、路上生活が長期化、高齢化ホームレス の自立支援区部全域拡大 ➢ 申請手続の簡素化、登録手数料の無料化など貸主の負担軽減策について、パンフレット の作成・活用などにより周知努め、住宅セーフティネット法基づく登録住宅の供給 促進 (再掲:31 頁)

5 さらに読み込む

高度防災都市づくりに向けた取組

高度防災都市づくりに向けた取組

住宅政策審議会での での での意見 での 意見 意見 意見 ○ 必ずしも、正確な統計データの裏付けがなくても、耐震化促進する方法は考えられる。例えば、高層 住宅管理業協会が、今回の震災における旧耐震の建物と新耐震の建物の被害割合ある程度出している。 こうしたもの活用、都と管理業協会やマンション管理センターが協力て、耐震化の必要性や、その ための方策についてマンション居住者認識てもらう。また、耐震補強や耐震診断の費用については、 修繕積立金は一切入っていないということデータで明確知ってもらい、だからこういうことやっ ていきましょうというよう、耐震化向け気運高めて行くことができるのではないか。そのこと自 体はお金がかかる話ではないと思うので、早急行う必要があるのではないか。
さらに見せる

18 さらに読み込む

高度防災都市づくりに向けた取組

高度防災都市づくりに向けた取組

・ ・ ・ ・防災都市 東京都震災対策条例基づき、市街地火災の延焼防止する延焼遮断帯の整備、木造住宅密集地域等の不 防災都市 防災都市づくり 防災都市 づくり づくり推進計画 づくり 推進計画 推進計画 推進計画( ( (平成 ( 平成 平成 22 平成 22 22 22 年 年 年 1 年 11 1 月改定 月改定 月改定) 月改定 ) ) ) 燃化・耐震化促進など、防災都市づくりの諸施策展開するもので、 「基本方針」と「整備プログラム」で 構成。震災に対する危険性の高い地域「整備地域」(28 地域、約 7,000ha)、「重点整備地域」(11 地域、 約 2400ha)指定、優先的整備。
さらに見せる

22 さらに読み込む

主な取組項目 平成 29 年度の取組状況 分野 2: 両大会に向けて機運を醸成し 大会を盛り上げます 1 機運の醸成と両大会を盛り上げるための広報 イベントの実施 所管局 : 市民局 交通局 各区局等 2 来訪者をおもてなしするボランティアの育成 活用に向けた取組 所管局 : 市民局 国際局等 3

主な取組項目 平成 29 年度の取組状況 分野 2: 両大会に向けて機運を醸成し 大会を盛り上げます 1 機運の醸成と両大会を盛り上げるための広報 イベントの実施 所管局 : 市民局 交通局 各区局等 2 来訪者をおもてなしするボランティアの育成 活用に向けた取組 所管局 : 市民局 国際局等 3

  歩数計 やスマホアプリ 活用「よこはまウォーキングポイント」や、様々な健康行動促す健康イベントな   ど、日常生活の中で楽しみながら継続て取り組める仕組みにより、市民の健康行動の習慣化図り、地域とも   連携ながら健康づくり推進ます。 ・スポーツを通じて生きがいづくりや社会参加促進するため、シニアスポーツの展開図るとともに、健 康・体力づくり運動推進、暮らしの一部として習慣化すること支援ます。また、スポーツ等親 しむことのできる機会や場の提供推進ます
さらに見せる

74 さらに読み込む

2 各高専における入学説明会 体験入学 オープンキャンパス 学校説明会等の取組について調査し その結果を各高専に周知する また 女子中学生向けに パンフレット等を活用した広報活動を行うとともに 各高専における女子中学生の志願者確保に向けた取組状況を調査し その結果を各高専に周知する 本校における入学

2 各高専における入学説明会 体験入学 オープンキャンパス 学校説明会等の取組について調査し その結果を各高専に周知する また 女子中学生向けに パンフレット等を活用した広報活動を行うとともに 各高専における女子中学生の志願者確保に向けた取組状況を調査し その結果を各高専に周知する 本校における入学

○人事委員会で「高専・両技科大間教員交流制度」の活用について検討する。 人事委員会 ③ 各高専に対して、専門科目(理系の一般科目含む)については、博士の学位持つ 者や技術士等の職業上の高度の資格持つ者、一般科目については、修士以上の学 位持つ者や民間企業等における経験を通して高度な実務能力持つ者など優れ教 育能力有する者の採用の促進図り、専門科目担当の教員については全体として7 0%、理系以外の一般科目担当の教員については全体として80%それぞれ下回らな いようする。
さらに見せる

13 さらに読み込む

水防災意識社会再構築ビジョン に基づく 神奈川県 横浜市管理河川の減災に係る取組方針 平成 30 年 1 月 30 日 神奈川県大規模氾濫減災協議会

水防災意識社会再構築ビジョン に基づく 神奈川県 横浜市管理河川の減災に係る取組方針 平成 30 年 1 月 30 日 神奈川県大規模氾濫減災協議会

目次 第1部 共通編 1-1.はじめ…………………………………………………………………………1-1 1-2.本協議会の構成員………………………………………………………………1-2 1-3.のための目標………………………………………………………………1-4 1-4.目標達成向け主な課題と取組……………………………………………1-4 1-5.フォローアップ…………………………………………………………………1-5 第2部 地域編 ①横浜・川崎地域
さらに見せる

52 さらに読み込む

提言:防災・減災に関する国際研究の推進と災害リスクの軽減―仙台防災枠組・東京宣言の具体化に向けた提言―

提言:防災・減災に関する国際研究の推進と災害リスクの軽減―仙台防災枠組・東京宣言の具体化に向けた提言―

被害の増加は先進国、発展途上国双方みられ、科学・技術や経済の成長、発展が必ず しも災害リスクの減少はつながっていない。学術の世界ではハザードや災害に関する理 解が深まっており、被害軽減する具体的方法についての研究開発も進んでいるもかか わらず、実際の被害は増加続けているのはなぜかという疑問が呈されている。これらの 課題の解決は、ハザードの種類や研究分野超えて、データや情報体系化、統合化、 これ研究者および政治家・行政官・民間企業・市民団体等の関係当事者間で共有、知 識や経験、考え方相互交換、熟議を通して、災害リスクの軽減実践移す努力 取り組むことが必須である。
さらに見せる

28 さらに読み込む

天塩川上流減災対策協議会規約 ( 案 ) ( 名称 ) 第 1 条この会議は 天塩川上流減災対策協議会 ( 以下 減災対策協議会 とい う ) と称する ( 目的 ) 第 2 条この減災対策協議会は 過去の出水の教訓を踏まえ 天塩川上流における堤防の決壊や越水等に伴う氾濫に備え 河川管理者 北海道

天塩川上流減災対策協議会規約 ( 案 ) ( 名称 ) 第 1 条この会議は 天塩川上流減災対策協議会 ( 以下 減災対策協議会 とい う ) と称する ( 目的 ) 第 2 条この減災対策協議会は 過去の出水の教訓を踏まえ 天塩川上流における堤防の決壊や越水等に伴う氾濫に備え 河川管理者 北海道

■ 天塩川上流対策委員会において策定に関する取組方針の「概ね5年で実施する取組基づき、地域 防災力の向上及び災害強いまちづくり目指すこと目的と防災訓練実施。 ■ 大雨等による河川及び内水の氾濫が発生、日没頃の避難想定、複合型の防災訓練実施。 訓練は、下川町と下川町公区長連絡協議会と共催、関係実施機関等と協力図り実施。 【下川町】天塩川水系名寄川上流のに関する取組の実施状況 水害想定地域住民等対象と防災訓練実施
さらに見せる

40 さらに読み込む

復興計画の策定 震災記録誌「東日本大震災の記録」~発災から復興に向けた取り組み~を発行しました  福島市

復興計画の策定 震災記録誌「東日本大震災の記録」~発災から復興に向けた取り組み~を発行しました 福島市

最先端医療研究機関・企業等の誘致 東北中央自動車道整備促進 元気プロジェクト 1. 復興のシンボル事業として、街なか広場イベントやマルシェ ( 市場 ) のスペース整 備するなど、市民自らの取り組み中心元気創出する復興進めます

6 さらに読み込む

感震ブレーカーの普及に向けた取組状況

感震ブレーカーの普及に向けた取組状況

なお、マンション等の集合住宅についても設置の働きかけ行っているが、これまでのところ設 置は至っておらず、自治会として今後の課題となっている。 3.2.3.千葉県佐倉市ユーカリが丘 4 丁目 自治会による取組 同自治会は、複数のマンション管理組合の自主防災組織が連携、防災活動推進ている。 平成 25 年 12 月公表の「首都直下地震の被害想定と対策について(最終報告)」注目、マンシ ョン居住者の高齢化が進行、震災時電源ブレーカー落としてから避難するという原則が徹底 されず、火災発生の可能性が高まっていくと予想されこと、さらに、消火活動が難航延焼止 められない事態も予測されことから、感震ブレーカー設置による出火防止対策行うことと
さらに見せる

96 さらに読み込む

石狩川上流減災対策協議会規約 ( 案 ) ( 名称 ) 第 1 条この会議は 石狩川上流減災対策協議会 ( 以下 減災対策協議会 とい う ) と称する ( 目的 ) 第 2 条この減災対策協議会は 過去の出水の教訓を踏まえ 石狩川上流における堤防の決壊や越水等に伴う氾濫に備え 河川管理者 北海道

石狩川上流減災対策協議会規約 ( 案 ) ( 名称 ) 第 1 条この会議は 石狩川上流減災対策協議会 ( 以下 減災対策協議会 とい う ) と称する ( 目的 ) 第 2 条この減災対策協議会は 過去の出水の教訓を踏まえ 石狩川上流における堤防の決壊や越水等に伴う氾濫に備え 河川管理者 北海道

■ 石狩川上流対策委員会において策定に関する取組方針の「概ね5年で実施する取組基づき、地域 防災力の向上目的と土のう演習及び排水ポンプパッケージ操作訓練実施。 ■ 水害発生現場での応急対応力強化のため、現場作業想定される町職員と消防団対象、土のうの基本的な作成 と効果的な積み方の演習実施、また、昨年引き続き、排水ポンプパッケージの設置演習行っ
さらに見せる

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...